やる夫は皆の心に多くの花を育てるようです 第十二章 その3 ~晴~ ①

209アフタ ◆HBH2mpcmOk2017/02/18(土) 22:24:50 ID:47/Z5Wk.0

~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~

                                第十二章 その3 ~晴~

~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~ ・ ~


210アフタ ◆HBH2mpcmOk2017/02/18(土) 22:25:19 ID:47/Z5Wk.0

┌──────────┐
│週末 研究員 宿泊施設│
└──────────┘

                                          __________
               ___________________|__________|
.                |___________________|               /
                \  ___________________|  ̄ ̄ ̄|___/
                    \|                            |       |   |
                      |    | ̄ ̄ | |「||      | ̄ ̄ | |「||      |       |   |
                      |    |     | |l」|      |     | |l」|      |  []   |   |
                l´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄\     |   |
                |                            |      \.  |   |
                |___________________,|__       \|   |    /| ̄ ̄ ̄ ̄
                 `丶、┌―――――――――――――――‐`ー―\      ̄ ̄ ̄|//| ̄ ̄ ̄ ̄
                      |                            | \           |/  |   _
                      |    | ̄ ̄ | |「||      | ̄ ̄ | |「||      l   \____| : :  |  |_||_|
                      |    |  _  | |l」|      |  _  | |l」|      |  []   |   | : : : :  |  | || |
            __ l´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄\     |   | : : : :  |  | || |
―――――――┴ ‐ |                            |      \.  |   | : : : :  |  |_||_|
 [][]   [][]   [][]   |___________________,|__       \|   | : : : :  |
              ` ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄\      ̄ ̄ ̄| : :  |   _
 [][]   [][]   [][]   [][]  |    | ̄ ̄ | |「||      | ̄ ̄ | |「||      | \           | : :  |  |_||_|
     ,k     ,k        |    |  _  | ||」|      |  _  | ||」|      l   \        | : :  |  | || |
 [][] f辧 ][]   f辧   [][]  |    |     | |「||      |     | |「||      |  [] |       | : :  |  | || |
__湃彬__湃i彬_l´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄\   |  ┌┐ |_;_;_|  |_||_|
|_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_|||                             |      \.|  └┘ ||||||||||
|_||_||_||_||_||_||_||_||_||_||_|||                             |        | |       |||||||[|――――
二二二二二二二二二{三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三l l三三三三}llllllll二二二二


[タグ未指定]

やる夫は皆の心に多くの花を育てるようです 第十二章 その2 ~雷~ ⑤


107アフタ ◆HBH2mpcmOk2017/01/29(日) 21:02:57 ID:bfaADCxE0

┌─────────────┐
│研究員 モニタールーム     .│
└─────────────┘

   ______                        .|   \
  iヽ\/ ̄ ̄|「]    _____________.|.      \
  |, |二二二二|     |\                \      \||
  |, |___LI.|     |. |二二二二二二二二二二.|       \
  |, |___LI.|__ | .|  |;;;;;;;;;;;;; l二二二l;;;;;;;|  |.        \
  ヽ|____|   ..\|_|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; | | ,;;;;;;;;;; |_|           \||
      _ lilヾ二二l_r──、___ ./ | \     \
     ||\  !、l ___i_i`i__i  \.           \
     ||..__\._..,||\__\ .f'´ヽ::.. \.           \
      |\ _ ||/ ! i  | |、rt |:   \ l\        \
      |\. \ヾ\|__.i___/ ヽくヘj      \ il.          \
      |  i.\.\(D~^'   \         \.           \
        \|_,\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
       //ヽ   .|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
             ||_____|| |_____||


[タグ未指定]

やる夫は皆の心に多くの花を育てるようです 第十二章 その2 ~雷~ ④

27アフタ ◆HBH2mpcmOk2017/01/22(日) 21:00:55 ID:Tx7xsZXM0
  _________________________________
 |┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓|
 |┃                                                  ┃|
 |┃    |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;:;:;;:;:;:;::;;:;::;:;;::;:;:;;:::::;:::::::::;::;:::::::::::::::::::;;:::::::::::::::::::;::;::;:;:;:;:;;:;::;;:;;;;     ┃|
 |┃    |;;;;;;:::;;;::::::::: :┌───┬───┬───┬───┐:::::::::::::;;:;;::;;:;:   .┃|
 |┃    |;;:::;::::;::::::::: ::│::::;::::::;;;;;::|| ;; ;:::: : ::::|| ;; ;:: ::: ::::||::::: ;; ;:: : :|  : :::: :::::::::;:::     ┃|
 |┃    |::::::::::::::::::: :::│:: ::;:: ::::: :|| ;; ;:::: : ::::|| ;; ;:::: : ::::|| ::::: ::: ;; ::|  : :: :::::::::::::     ┃|
 |┃    |:::::::::: :: :  │:: ::;:: ::::: :|| ;; ;:::: : ::::|| ;; ;::::: : :::||::: : ;; ::: :::|  :: ::::::::: :::::     ┃|
 |┃    |:::::::: : : : │:: ::;:: ::::: :|| ;; ;:::: : ::::|| ;; ;::::: : :::||::: ::: : : ::::|    : :::::::::    ┃|
 |┃    |: : : :: :   │:: ::;:: ::::: :|| ;; ;:::: : ::::|| ;; ;::::: ::: :||:::: : :: :: :::|:    :: :::::::    ┃|
 |┃    |:   :    iニニニニニニニニニニニニニニニニニニi    :::::::   .┃|
 |┃    |     ,____ ____,__.                     : ::   .┃|
 |┃    |   ./ /     / /i   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| .             ┃|
 |┃    |__,||ニ |二二二二| ニ|| :|_ /:⌒:⌒´:ヽ⌒:⌒:⌒ハ______ ....┃|
 |┃  /   ::||ニ |/      | ニ||/ / ..:.; /.. ::.ノ ..:ヽ./丿..................::::::::::  ...┃|
 |┃  ::::::::::::...... ̄ ̄'       ̄ ̄  / :.;:...ヾヽ.::.::.( ...:... /::/ ............:::::::::::::::::::   ┃|
 |┃  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.............../..:.. ..:. ..::.:.  ..:..  /::/ ::::::::::::::::::::::::::::::::  ....┃|
 |┃  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l⌒'⌒´⌒'⌒´⌒'⌒´l,,;;/ :::::::::::::::::::::::::::::::::::   .┃|
 |┃                   |,,|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'|,,||,/               ┃|
 |┃          ___                                  ┃|
 |┃        /      \                                ┃|
 |┃       /  ─   ─ \                             ┃|
 |┃     /    (●) (●) \                           ┃|
 |┃     .|      (__人__)   |    __                         ┃|
 |┃      \     ` ⌒/ ̄ ̄⌒/⌒   /                         ┃|
 |┃     (⌒      /     /     /                       ┃|
 |┃     i\  \ ,(つ     /   ⊂)                         ┃|
 |┃     |  \   y(つ__./,__⊆)                         ┃|
 |┃     |   ヽ_ノ    |                               ┃|
 |┃     |           |_                             ┃|
 |┃      ヽ、___     ̄ ヽ ヽ                                ┃|
 |┃      と_______ノ_ノ                            ┃|
 |┃                                                  ┃|
 |┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛|
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


[タグ未指定]

やる夫は皆の心に多くの花を育てるようです 第十二章 その2 ~雷~ ③

942アフタ ◆HBH2mpcmOk2017/01/15(日) 21:08:07 ID:pbhXghOY0

                    / ̄/  ∧
                    / .//7 / /
                    / //./ /./
       ,i゙l゙.         / ./'〈/ '//
.      / .,!          / , ヽ、 V
.      / .!    .、.   / / \/
.   iリ ./  .|   ,iリ   /./
  / | ./   !.〟 / .l.  〈/   /\
.../ |./   .|/l゙./  !       \/ , イ _
/   !     / レ   l゙  ,.    r ' ´///
           / /′...   ヽ/ //
      __//./            /'
ニニニ―-、  ` ー -.:、       ○
       `、      ヽ_
 ̄ヽ      、    __
   ヽ__   ヽ !     ̄ ̄
  ==      !,!     ヽ
      リ    ====     ヽ
!     !  ――---   ノ )
.!      '、      '、  '´,.イ
. !    ---       , }--<´
 !      | ーニ-'´    |
  |  ー―'ノ ̄{ ヽ __)  ,ノ
ィ:'  ̄ ̄ ̄   ヽ---一'


[タグ未指定]

やる夫は皆の心に多くの花を育てるようです 第十二章 その2 ~雷~ ②

847アフタ ◆HBH2mpcmOk2017/01/10(火) 22:00:23 ID:UpsGRQgQ0

|  |! !  | !|  !l |!  !| ! !l|! !| ! | !l | !l |! |!l| !  |  |! !  | !|  !l |!  !| ! !l|! !|
  ! !  | !|  ! l |!  |! ! | ! |!l ||! !  | !|  !l  |!  |! l| ! |!l ||! !  | !|  !l  |!  |! l| ! |!l
| ! ! | ! |!l |!  _/__/_ //  !l |! ! | ! |!l |! !|  | !|!l |! !| !! ! | ! |!l |!l |! !| !|
 |! !  | !|     / /       ー―――――――――――     |! !  | !|  !l |!
!l |! !| !| !l |!    / ! |!l |! !| l | !| ! !l|! !| ! | !l | !l!l |! !| !| !l |! ! | ! |!l |! !|
 |! !  | !|  !l |!  !| ! !l|! !| ! | !l | !l |! |!l| !  |  |! !  | !|  !l |!  !| ! !l|! !|
!l |! !| !| !l |! ! | ! |!l |! !| l | !| ! !l|! !| ! | !l | !l!l |! !| !| !l |! ! | ! |!l |! !|
l ! | !  l | ! ! | !| | ! ! ゛ゞ.ヾ  ゞヾゞ;ゞゞヾ  ゞ;,.ゞ :,,  ゞ;ゞヾ;; !|  l|! !| !  |!  ! |  !|
   l  | !  !    .ヾ  ゞヾゞ;ゞゞヾ  ゞ;,.ゞ :,,ヾゞヾ;ゞゞノヾゞ:ヾヾ  ゛ゞ.ヾ  | !l | !l |! !| |
! !  | !| ! ! ヾゞ..ヾ .ゞ,'ヾ  ゞヾゞヾ ,,.ゞヾ::ゞヾ  .ゞ,'ヾ ゞヾゞ ;ゞヽ,.ゞ:,,ヾゞヾ !|   ! |  !|
  l  | !  ! ゛ゞ.ヾ  ゞヾゞ;ゞゞヾ  ゞ;,.ゞ :,,ヾゞヾ;ゞゞノヾゞ:ヾヾ  ゛ゞ.ヾ    ゞヾゞ; !| |  l
 |!  ! |  .ゞヾゞ;ゞ  ヾ;ゞゞゞ;ゞ:ヾゞ゛;ヾ;ゞ  ,',;:ヾゞ;ゞヾ.:   ゞヾ., .ゞヾゞ;ゞ  ヾ;ゞゞ |!  ! |  !|
! !  ., .ゞヾゞ;ゞ  ヾ;ゞゞゞ;ゞ:ヾゞ゛;ヾ;ゞ  ,',;:ゞヾゞ;ゞヾ.:    ヾ:ヾゞヾ., .ゞヾゞ;ゞ ヾ;ゞゞ; l | ! l
 !| !| ゛ゞ.ヾゞヾヽ,.ゞ:,,ヾゞヾ;ゞゞヽ,.ゞ:,  ,ヾゞヾ;ゞゞ\ヾゞ: ヾヾ゛ ゞ.ヾゞヾヽ,.ゞ:,,ヾゞヾ;ゞゞノ | ! l
| ! ! ゛ゞ.ヾ  ゞヾゞ;ゞゞヾ  ゞ;,.ゞ :,,ヾゞヾ;ゞゞノヾゞ:ヾヾ  ゛ゞ.ヾ    ゞヾゞ;ゞゞヾ  ゞ;ゞヾ;; !|
! ! ヾ., .ゞヾゞ;ゞ  ヾ;ゞゞゞ;ゞ:ヾゞ゛;ヾ;ゞ  ,',;:ゞヾゞ;ゞヾ.:    ヾ:ヾゞヾ., .ゞヾゞ;ゞ   ヾ;ゞゞ; l |
 | !|   ゞヾ ゞヾ  .ゞ;ゞヾ;ゞゞ; ,,ゞ.ヾ\\ ゞヾ:ゞヾ ノノ ゞヾ . ゞヾ ゞヾ  .ゞ;ゞヾ;ゞゞ;ゞ ヾ;ゞゞ !
! !  | !| ヾゞ..ヾ .ゞ,'ヾ  ゞヾゞヾ ,,.ゞヾ::ゞヾゞ:ヾ ゞ:.y.ノヾゞ..ヾ .ゞ,'ヾ ゞヾゞ ;ゞヽ,.ゞ:,,ヾゞヾ !|
| ! ! | ! |!l ゞヾゞ___\\ ゞ ゞヾゞ;ゞゞヾゞ;ゞiiiiii;;;;::::: イ.ヾゞ, .,; ゞヾゞ___// ;ゞゞゞ;ゞゞヾゞ;  | !|
 |! !  | !|  !l ;ゞヾゞ;ゞヾ;ゞゞヾ    ゞ;ゞ iiiiii;;;;;::::: :)_/ヽ,.ゞ:,,ゞヾゞ__;::/ ゞヾゞ;ゞヾ;ゞ  |!  !| !|!
!l |! !| !| !l |! ! | ! |!l |! !| lゞヾゞ;ゞ ヽ;iiiiii;;;;::::: :|;:/   ヾ;ゞゞ;ゞ ヾゞ ! | ! |!l |!l |!  l|!


[タグ未指定]

やらない夫は妹を探す旅に出るようです まとめ

                      ,- 、                                      _/´ `''ー‐、
                       |  |         _,-―、                         ′      `┐
                _,,-- 、   |. .|       _/  丿                         ヘ、      _)
             ,i′   ゝ、_丿  {,       ノ   _ノ                            \、  ,‐´
              |          ~ゝ、   /    `ヽ、 ,-‐'´ `゙'冖‐ 、_                   _ユ  ん   __ __
             |    __          )  .`┐   ,' 广        T              l´゙二ニニ´ 、 __ニ二ノ''´`、ヽ
               ∟  _ノ´ ∟     _ノ    .丨   lこ ヽ、       ./   __     ,-、  | l’ 厂 ̄リ .! │ `ゝ亅  ∠ニ
                 ̄"    `T に´、     ゝュ_   `l  `ー-、   /   i´ '、  ./  '、 ヘ 〕  `''‐'´ 」 ! ノ´`L
                 ノーーー‐'    /       │  _/    丿  (    ヽ_ `ナ ヘ_)   `  に´,} ノ t `ーー′
                 `ゝ....-ィ   ヽr'"       ` ´ .---、/    \    `´             r´  `ゝ 、
                    ,/ ,....  ,ヘ、  .ノ`‐ゝ_r´`ー' _ __J゙'、     二ニニコ                ヽ    __r「
                  _ノ'ン´ | |´゙` ゙ 、 ゝ   ノ\_../ ̄   ̄''ー一'''′                     ヽ  |_
                厂 , '´  │l   ’^ゝ ´`´                                  |′ `l、
                 ̄     .│|     `゙‐′        THE LEGEND OF HEROES IV  」   __丿
                    | .|                                          | |´
                      `’                                            リ

                                  
やらない夫は妹を探す旅に出るようです

原作『英雄伝説IV 朱紅い雫』


◆過去記事◆


予告編


プロローグ


第一部:王都の冒険者


第一話  第二話  第三話  第四話  第五話  第六話  第七話


登場人物紹介 1


第ニ部:遠い面影を求めて


第一話  第二話  第三話  第四話  第五話
  
登場人物紹介 2

第六話  第七話  第八話  第九話  第十話  第十一話

登場人物紹介 3

第十二話  第十三話  第十四話  第十五話  第十六話

第十七話  第十八話

登場人物紹介 4

第十九話  第二十話  第二十一話  第二十二話  第二十三話

第二十四話

◆関連記事(同一作者様の別シリーズ作品)◆

やる夫は巡礼の旅に出るようです まとめ

[タグ未指定]

やらない夫は妹を探す旅に出るようです 第二部 第二十四話

843しまうー ◆yoBp.qYgVw2017/03/04(土) 17:30:36 ID:xmAuN/eY0

「翌朝・ヴァルクド大聖堂」

                                  i
                                  八
                                 f⌒i
                                _|]]][[[|
                              ,.ィ´/ハヽ`  、   チュン
            .                 ,イ/ / /:/ i{ ゚。\ ヽ
                            /:/ ′|::|  || i{ ヘハ      チュン
            .                j{_{,,,.{- lー|─||‐-}廴i{_}
                        ハ   .{{_{__,|__,|,,,|_||_}}_}_}   ハ
       アサチュン                ノiヘ、  「|| |:| |¨ lー| ̄||| ̄|:|^灯i  ノiヘ、
                      _/_{__}__゚。 |:|| |:| | 「|:::|「l |||「」|:|」|::|:| /_{__}_゚。
                冂ィ⌒ヽ.| | | l 冂jI斗r宀冖二二二冖宀=‐冂 |..::| |'⌒ヽ
                |≦ZZZZ|‐:|==::|‐|zzzzz≦三三三≧zzzzzT|====|ZZZZYzzf
     ,.;;;;;;、         ,|| | [] : | | ロ :| lロ.| || | 。s==s。 | |:|:|:ロ:|:|: ロ |::|  []  |:| :|zzzュ
;';';、  ,,;;';';';';';}         /:||二二二二|==::| |==| |r≦zzzzzzz≧ュ|:|==i|:|====|二二二lー「」| |
;';';';')'´;';';';';';';'ノ^^Y^Yミミx }i|:||‐:||ZZZl|‐:|YY:|ZZZZZ八竺竺竺竺|ZZZZ|ZZZZ」ニニニニ:|ニニ]
;';';'彡;';';';';';';';'彡ミ;';';';';';';';';';'||:|| ||Y^Yl| || || |::|| |l| || | |Y⌒|Y^| || :|'^':|::| 「|| | |「||:|| ||::| | ||彡ミ         ,,::::...、
::]冂;';';';';';'彡;';';'';' ┌┐;'/||:|| ||:ZZZ| | ̄::|::| ̄| || | | |^^:| lー| || :|^^:|::|^^:| lZZZZ| |ニ| | ||;';';';';';';';',ハ;';';';';';';';';';';';';';';';';'ミ
┴ィィ癶┸┸┸‐l┴┴┴rィ | ||:Y^Y| |ハ.:|::|^Y| || | | lニ:| lニ| || :lニ:|::|.s。| | |'⌒Y| |f「癶^\^,ィ癶|__|Д ff ff ff ff ff
ーィ´---ミニニニニlニニニ7||l | ||::| | | || || |::|;;;;|| || | | |f^|| f^| || :|f^||::| | l| | ||;;;;;;;||/======//\\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ニ7TITT:| | |:| |:| |:| |:::::| | ||||¨|‐:||::| | |‐:|二二|;;;;|| || | |_||;;;|| |;;;| ||‐||;;;||::|二二| |ニニ|| 冂T:::TTTニニニT:Tニニニニニニニニニ
::::||i|| |:| | | |:| |:| |:| |:::::| | |||/三三三「「-_-_-_-_-_-_-{ー:}-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_7| |f⌒Y..| || |::::| || | | |:| | | | |:::| | | |:::| ||:::| | | |
::::||i|| |:| | | |:| |:| |:| |:::::| | |/三三三三三三三三三三}-:{三三三三三三三三ニ|_|三三 | || |::::| || | | |:| | | | |:::| | | |:::| ||:::| | | |
::::||i|| |:| |三三三三三三三三三三三三三三三三=ノ- 乂三三三三三三三三三三三二二二ニ:| | |:| | | | |:::| | | |:::| ||:::| | | |
二|」|_|:|_|三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニ| | |:| | | | |:::| | | |:::| ||:::| | | |
 ̄-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━─────┘


[タグ未指定]

やらない夫が南北戦争を戦いぬくようです まとめ

up133081.jpg  NymXjhb.jpg
 
      ┏┓      ┏┓      ┏┓      ┏┓      ┏┓      ┏┓      ┏┓
┏━━┛┗┳━━┛┗┳━━┛┗┳━━┛┗┳━━┛┗┳━━┛┗┳━━┛┗┓
┗━┓  ┏┻━┓  ┏┻━┓  ┏┻━┓  ┏┻━┓  ┏┻━┓  ┏┻━┓  ┏┛
    ┃┃┃    ┃┃┃    ┃┃┃    ┃┃┃    ┃┃┃    ┃┃┃    ┃┃┃
┏━┛┃┃┏━┛┃┃┏━┛┃┃┏━┛┃┃┏━┛┃┃┏━┛┃┃┏━┛┃┃
┗━━┻┛┗━━┻┛┗━━┻┛┗━━┻┛┗━━┻┛┗━━┻┛┗━━┻┛
_∧∩∧_∧∧_∧∩∧_∧.∧_∧∩∧∧ ∧_∧,∧∧ .∧∧∩∧_∧_∧
∀・ ) ( ´∀`,,)・∀・ )ノ( ゚∀゚,,,( ´∀` )ノ(^Д^)( ・∀・,,)゚Д゚,,)(゙∀゙ ) ( ・Д・#)ω・)
∧.∧_∧∩∧∧ ∧_∧,∧∧∩/二二 ∧_∧□__∧∩∧_∧∧_∧∩∧∧∩/
゚,,,( ´∀` )ノ(^Д^)人ノし、_人ノし_人ノし、人ノし、_人ノし、人ノし、_・,,)・∀・ )ノ(゚Д゚,,)ノ(
..∧_∧∧∧∩ )                              (∧_∧,∧∧ ∧_      / ̄ ̄\
( ・∀・,,)゚Д゚,,) ( )  我が国から野蛮な慣習を除く時が来た! ( ・∀・,,)゚Д゚,,)( ゚∀     /ノ  ヽ、_  \
_∧_∧_∧  / )                          (∧∩ ∧_∧.∧_∧   ( ●)( ●)   |
( ・Д・#)ω・)( ´⌒VY⌒VY⌒VY⌒VY⌒VY⌒VY⌒V⌒VY⌒ ・ )ノ( ゚∀゚,,,( ´∀`    | (人__)     .|
_∧∩∧_∧∧_∧∩∧_∧.∧_∧∩∧∧ ∧_∧,∧∧ .∧∧∩∧_∧_∧∩    | ⌒ ´      |
∀・ ) ( ´∀`,,)・∀・ )ノ( ゚∀゚,,,( ´∀` )ノ(^Д^)( ・∀・,,)゚Д゚,,)(゙∀゙ ) ( ・Д・#)ω・)    i            i
∧.∧_∧∩∧∧ ∧_∧,∧∧∩/二二 ∧_∧□__∧∩∧_∧∧_∧∩∧∧∩/    |         |
゚,,,( ´∀` )ノ(^Д^)( ・∀・,,)゚Д゚,,) ( `Д´( =∀=,,)・Д・ ) ( ´∀`,,)・∀・ )ノ(゚Д゚,,)ノ(     丶       /
                                                      /.>_     /::::::i:::ヽ._
                                                _ ,,、-ー/ !// ー ヘ ̄/:::::::::l:::::::::::`:ー:.、
                                               ,´:::::::::::::く::::::::/ i  /   ヽ::::::::::!:::::::::::::::::::ゝヽ.
                                                /::{::::::::::::::::>:i   l7i   /:\:/::/:::/::::::::::::::::i
                                               ,'::::::i::::::::::/::::::l  /;;;;l  /::::::::〉::::://::::::::::::::::::::::!
                                               /:::;::::∨:::::l::::::::::i /;;;;;;l. /::::::::/:::::/:::::::::::::::::::::::::::/
                                              /::::ヽ:::::〉:::::l:::::::::l /;;;;;;;;l. /::::::/;;;;;;i:::i::::::::::;;;;::::::::::::::>
                                             <::::::::::ソi::::::::l:::::::::li;;;;;;;;;;;l/::/,、;;,、;;:l!::l_/´:::::::::::::::: ソ
                                             !:::::::ゝへ、;;;::::!::::::」--‐‐'''""゙゙`ヾゞMソ/::;;;;:::::::::::::::::l
                                             )::::::ゝ彳´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘノ/´ ̄::::::::::::::::::::l
                                            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ヘへ ̄:::: ̄:::::::::::::::::::::/
                                            l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/´::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::/



やらない夫が南北戦争を戦いぬくようです

題材『南北戦争』


◆過去記事◆

第1回  素人の軍隊

第2回  【東部戦域】ブル・ランの戦い

第3回  【ミシシッピ以遠戦域】ミズーリの争乱

第4回  【西部戦域】 風雲のケンタッキー

第5回  【西部戦域】 ヘンリー・ドネルソン砦攻略戦

第6回  【西部戦域】 アルバート・ジョンストンの憂鬱

第7回  【西部戦域】 血戦シャイロー(前編)

第8回  【西部戦域】 血戦シャイロー(後編)

第9回  出航、連邦艦隊

第10回 トレント号事件

第11回 港都強襲

第12回 【東部戦域】英雄志願

第13回 半島戦役 前編

第14回 半島戦役 後編

番外編 ボビー・リー

第15回 【東部戦域】 南軍反攻(前編)

第16回 【東部戦域】 南軍反攻(後編)

第17回 【東部戦域】 北へ

第18回 【東部戦域】 アンティータムへの道

第19回 【東部戦域】 激闘アンティータム

第20回 奴隷解放宣言

第21回 【西部戦域】 ターニング・ポイント 前編

第22回 【西部戦域】 ターニング・ポイント 後編

第23回 【西部戦域】 要塞都市ビックスバーグ

第24回 【東部戦域】 フレデリクスバーグの惨劇

第25回 【東部戦域】 チャンセラーズビル(前編)

第26回 【東部戦域】 チャンセラーズビル(後編)

第27回 【東部戦域】 六月の追撃戦

閑話 『愛の若草物語』

第28回 【東部戦域】 死闘ゲティスバーグ(その1)

第29回 【東部戦域】 死闘ゲティスバーグ(その2)

第30回 【東部戦域】 死闘ゲティスバーグ(その3)



第31回 【東部戦域】 死闘ゲティスバーグ(その4)

第32回 【西部戦域】 ビックスバーグ攻囲(前編)

第33回 【西部戦域】 ビックスバーグ攻囲(後編)

第34回 ニューヨーク燃ゆ

第35回 ジョージアへの門

第36回 【西部戦域】 総司令官グラント

第37回 南部連合の黄昏(前編)

第38回 南部連合の黄昏(中編)

第39回 南部連合の黄昏(後編)

番外編  鋼鉄の彼女

第40回 ゲティスバーグ演説

第41回 【西部戦域】 シャーマンの進撃

第42回 【西部戦域】 山と川を越えて

第43回 【西部戦域】 アトランタ炎上

第44回 【西部戦域】 海への進軍

第45回 【東部戦域】 両雄激突(その1)

第46回 【東部戦域】 両雄激突(その2)

第47回 【東部戦域】 両雄激突(その3)

第48回 【東部戦域】 両雄激突(その4)

第49回 戦場は議場

第50回 1864年大統領選挙

第51回 ピータースバーグ最終戦

第52回 憲法修正第13条

第53回 リッチモンド陥落

第54回 アポマトックスの再会

第55回 4月14日

第56回 再建と混迷(前編)

第57回 再建と混迷(後編)

最終回 アメリカ合衆国





◆関連記事(同一作者様の別シリーズ作品)◆

【完】AAで学ぶ南北戦争への道 まとめ

[タグ未指定]

やらない夫が南北戦争を戦いぬくようです 最終回 アメリカ合衆国  

319魚度★2017/02/23(木) 21:59:57 ID:???0


                       ──────────

                    ──────────────

               ─────────────────────

          ────────────────────────────

                  やらない夫が南北戦争を戦いぬくようです

                       最終回  アメリカ合衆国

          ────────────────────────────

               ─────────────────────

                    ──────────────

                       ──────────


[タグ未指定]

やらない夫が南北戦争を戦いぬくようです 第57回 再建と混迷(後編)

178魚度★2017/02/04(土) 22:00:42 ID:???0


                 /   ̄ \     「l「l「h
                /  -l⌒l 、}   __ | ||| |
                / /  人_ノ 仏 - └ 、ヽ  ̄ !
             (_  / c∠二≦二}つノ   } l / |
              /   ─     ― 、   h.__イ
            /     ( ●)  (●)'   |     |
            |         (__人__)  |  |ー一.|
            \        ` ⌒´ /   |     |
            /{\     ー  ノ'-、   |     |
        r=ニ,二| \` ー-r--イ |  }}   ̄ノ!    |
        /  |  ∟ _ \ /^\ |/_  }}  !      |
         人_  |   く  \〉-〈/ /  }} |  __/
        /    l r―― ト  _ У_/r―‐i} |/
     /   / ! |ー rー|    | |   |ーrf リ
    /     / !  l| |    | |  l l| l |
   {     /{  \ /   | |   \/ハ}
   \   '  |           | |       |


南北戦争終結後、ユリシーズ・グラントは連邦軍総司令官の職にとどまった。


[タグ未指定]