太眉 ◆BSVL8zPtdgの即興作品集 18 フェイトそんはホシイモノヲ勝ち取るために国を傾けるようです

263太眉 ◆BSVL8zPtdg2013/12/31(火) 19:45:53 ID:/G.tAx2k0
総帥府|ω・`) KUMOさんに触発されて、ちょっと小ネタ書いてしまった……。

総帥府|ω・`) お題は傾国……なんですが、これは傾国でいいんだろうか。


264太眉 ◆BSVL8zPtdg2013/12/31(火) 19:46:30 ID:/G.tAx2k0


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   私の国がまだ平和というものを謳歌していたとき――
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                         i    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                         ハ     私は、ある少女と出合った……
                         /ハ   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                        //ハ
                       ////∧     ,人
                i        「「「「「「|  /   \
                i|       ヾiiiiiiiiiiリ  「「「「「「「「「|
               ∧」_    人  |   |  Ⅵ^^^^Ⅳ
               /,'∧:|__ /   ▽ ̄ ̄ラ  :| ...゙|
               「 ̄L| //     V二ニ| _|____|_
             Li 「竹| |,//   。  VV∧ | |ハ ハ ハ/
             /ヾ竺竺:| ∧ ⅱⅱ / ∧,∧Ⅵ     |
             |_ノl   「 ̄Т ̄ ̄Т ̄|¨了i! i   i   |
             |  |___|:┴┴t皿皿 ┴┼┴:l      . |
        」!   /_仝以 lLi i ⅲ ⅲ ⅲr‐L.. :l      i |  ,∧
       非E  F| r∧i===[ ̄ ̄ ̄ ̄:r’  ゙┬l  i   i  :| / ,∧
    悲 シ三ヒ森|[[[[[[[[L_|   ⅲ ⅲr’    ゚‐|___.     | [[[[[[[[|
   〃⌒ヾ彡三林矧 i  l| ̄ih  i 「i| ̄||  ’  ||   lⅱ   | |   i |
  /: : : :ミj彡三杉引   |ii‐┴―┴Li._||_f^i_f^i_||_i__.|__...ツ| i   |
 γー彡ノ彡三ミl冊| i   从¨ ̄ ̄l| ̄[ラ¨|鬥|¨[ラ^l ̄ ̄ ̄¨|   i |、
 彡ミメ彡イ彡三ミrfミ|   イミヒ fifi :| fi |      |fi | fifi fifi| i   |ミミ
 Y´ミ刈不フハ7三rl| i  伐森   l _」   _  L. |     |   i |ミ刈 从 从
 冬刈ルイ二ミメYr「l|  彡仞仆 fi | f|  圭圭  | | fi  fi | i   |ミ刈彡ミミ林ミ
 天三彡ツ爻ミr―ト|__イ彡森.___l |  圭圭.._|_l____.|__.|ミメ彡木ミミ木ミ
 森ミメツ彡イミ|,.ィfミ|  彡森森森y彡ミ弐=ニ二ー―┴辷辷____|彬彡木杉ミ彡ミ从
 从森森ツ¨7 ̄ ̄ヾメ、シ爻森森爻彡林ミ  |    ̄ ̄ ̄ー―----二二二コL木ミY彡ミ
 爻彡イ  ,' _  )彡イ爻森爻爻ミ森ミ   |   | |   | |  | |  | |  | | |林ミ彡彩
 ]㌢ ノ .人   彡メ彡ミ森森林林彡林彡, | 从| |   | |  | |  | |  | | |林ミ刈爻
 ´ '´    ’ ノ 森ミ彡森爻森森彡ミ森ミ刈、森ミ. |   | |  | |  | |  | | |林杉爻ミ
       ノ彡’林森ミ刈森爻森ミ森彡爻三三ミ林ミメ、 | |  | |  | |  | | |森林杉ミ
 ,;;   <彡::;ノ彡三森杉林爻ミ森森ミ彡林杉彡ミ林ミメ、,|  | |  | |  | | |森森森杉
 ::: ::: ::   杉彡炎森森人彡ミ林杉ミ彡炎森彡三ミ刈森林辷t土__| |  |_r林ミ森森杉
  :: :: =   ノ彡イ林森ツ    `寸林 彡炎森杉三ミ三三森林杉林、| | 林森木ミy彡林
   :   Y从彡杉森Y彡 / ::: :: 杉彡森辷-、三ミ三三林林ミ刈トミメ彡杉ミミ森彡ミ林
 Y   V亜圭影彡 リ  /彡   ::彡ミ刈杉イ森森辷三ミ森林彡ミ ミ彡森杉彡ミ彡木林





.



266太眉 ◆BSVL8zPtdg2013/12/31(火) 19:46:50 ID:/G.tAx2k0


  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    黄金――というよりも陽光を浴びた御影石に似た静謐な輝きを発した髪……。
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

       ┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
         春に咲く花のような温かい笑顔
       ┗━━━━━━━━━━━━━━━┛



          ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
            彼女の身分を考えれば、普段の態度をとり続けることなど、難しいというのに
          ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   そんな、緊張を和らげてくれる何かが彼女には備わっていたのだろう……
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



      //      ,.へ          ー‐-、` 、:.:.::/  \ \
__ _,. ‐'´/      /                ヽ/ k'^ヽ、   ヽ ',
`ヽ、__/     /  / / / /            ヽ ∨ !:.:.:.:.:.ヽ、  ', !
     / /  /  ,' / / / /  , ヘ、       ',   |:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、 ', |
.    / /  /   l ,' | i_!__| |  | |__|_| !  |  i | ト、:.:.:.:.:.::.:|  |
    /|イ  /   ' | !  ィ'∧ハ∧!  |,ハト、ノノ`ヽ  ,' | ,' \:.:.::.:.::|  |
   ,'  |   !  | .| |  N,r‐=ト    斤―-、 / / N   ヽ、:.:|  |
   /  '., ト、 l  | ト、 〈 ヒ′;;|     ヒ′;;}ヾ//  !       ー'  |
.  /    ヽ|. \ト, |  ヽ| 辷_.リ     辷_.ソ 7  ∧          |
 /         | |   ', ::::::::::::  ′  ::::::::::: /  ,'  ',         |
./           /レ∧   ト、 ::::::  - ―  ::::: /   ,   !           |
       /  / ',   ! > 、     ,. イ   l    !           |
      /   , '   !  |  _├`-ー- ´┤_ |  |   |         |
    /   /    l   l'´r'::::::::::::::::::::::/ `|   |    !           ',
   /   /   _,.-¬   | ヽ_, -‐- 、_/  |   ト、_  ',         ヽ
 /   /   ,rヘ ', !   !   ', ,r' ㍉ /   |   |/ /ヽ、ヽ
/     /   | ヾ\∨  ,'   丶  /    |   レ' , ' |  \
   /    | \/   i    ,=∨=、,,  |  |/ |   \
 /      |  ,'   | ,..='",.=q=、、゛'' 、!  i|    !     \
/          |   !,ヘ、 ト!",.イ( /ハト、))\ リ  |.   l      ヽ、
         !  . リ ヽ !イ   ー7,':||:i |ー'、 / | ∧!  |        ' ,
         |     ヾ !   〈,'::! !L!! {::::|  レ′   |
         |       ' ,|  |::::| !:::| ヽノ         !
         |        ヽ. |::::| |:::| /        ,'
         |         k':::::| |:::Y        /
         l         ト┘└┤       イ




.


267太眉 ◆BSVL8zPtdg2013/12/31(火) 19:47:26 ID:/G.tAx2k0




  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    そんな体質とも呼ぶべき彼女の人柄の良さのお陰か。 彼女の周りには常に人の姿があった
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                  私は、そんな彼女を護衛する衛兵の一人として、彼女の護衛についていた。
                ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


          ::\ー-=ミ
        ::_≧=ミヽハハ\         __::
       ´    `ヽ ー'"´  ̄ ` 、__/厶二}___::
     ::⌒> ´   /`ヽ     ,へ、 寸´.::::::.>く::
     ::〃 /   //         \ ∨爪  ハ::
    ::ノ-‐ァ  //   ィヘ     `ヽ  Vハ:::ハ  |:
     .:'   / / / {  ハハ ハハヘ  レ'}:::::::|   |::
      ::| .イ'  { -{‐从   } }ァ‐-}ュ } ハ ル'ハ:::::{  |::
       ( ′ ハVxぅ示 ノノ テぅミ从ノ{_/,人::{  |:
       ::{  ト 从 Vツ   Vヒツ个 | )  `ヽ |::  チラチラ
        ::八八{ iハ ,, ′  ` ゚^ |  爪{      |::
         c ::| i i^ト  、 , ~゙ ィ / |ハ     | :
          :|イ い:::/` ー=≦=,' /i | j    |:   あ、あの私そろそろ行かないといけないので……。
           ::_/⌒ヽ:人 }::厂 ̄//⌒>く/     |::
       ::∠/   rァ〉 .ィ77h.//:::/:::::::::\    |::    その、ごめんなさい。
      ::/::::┴‐一'.:厶:;'    }/.:::{>==ニ::>   |::
       ::}:::::::::::::::::::/::::::{   .イ}:::/:.:::::::::::::::::/  |:
     .:ハ::::::::::::::::/,==∧__/.:::レ'.:::::::::::::::::::/   l::
     {::::::::::::::::/《__//∧::::::::::{:::::::::::::::::::;イ    l::
      ::V:::::::::::/|:::::/ {:'::::::::::::::ハ:::::::::::/|    l::
      ::ヽ:::::イ:::|::::j_八:::::::::::::::::::j:::::.イ{  l     l::
        ::`~ |::::|::::::::::::\:::::::::::::::/ 八  l     l::
            |::::|::::::::::::::::::\::;/{ / ハ l ∧i l::
          ::〉::|::::::::::::::::::::::::l:::::::∨/ ノ | / ハ|::





.


268太眉 ◆BSVL8zPtdg2013/12/31(火) 19:47:58 ID:/G.tAx2k0





                        お疲れ様でしたお嬢様。
    ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /   /   \   丶        今日のご予定は、これで終了ですので、
   │     /\     .|
   |    / ̄ ̄\    |        あとはお嬢様のお好きになさって構いません。
    \           /
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ        ですので、何処か行きたい場所などございましたら、
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |        なんなりとお申し付けください。
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |







           _z‐==ミ≦  ̄ ̄ `ヾ≦ `ヽ
          '⌒≧、/           \=x\
            _, ィ≦    _              ∨//\
         ,ィ/    / ヽ       / ヽ }////∧
          // /   ,  ,     _      | リ\/.| ̄
         .レ|/| |  | ./ .| | / .ハ |、 | | i|∧///|
           il/| |  | { {,z=ミ{  }ノリx}ノ i|'   ̄{
          八 {ヾ |八 |乂ソヾ ノ弋ソ》 |   i|
         /  ヾ/l   |ヽ:::::  '  ::: イ{ 八  .八
        /   /  i!  ハ_/ ≧ ¨ ≦)_》  ヽ    ≧=‐=ニ_
     ./   ,〈    i| .{    \,r≦  }  }ヽ         ニ=ミ、
     /        \._八 | ‘, 个  〈.八 ./ ノ、            )     うんありがとう……あれ? でも今日は確か……。
   八          ̄ヾ  ∨/Y./// }/}/ /  ≧=ミ、       /
   -=≧=-=ニ二___ ∧   ∨ ///    /     /ヽ     /       ダンスと刺繍の稽古があったような……?
                ヾ∧   ∨//   .イ     〃     ./  ,ィ
                }} }.,   V/   ./|    乂    ,< __ノ |
                、__ノノ∧   }'  .,/八_      ≧=ニ ___ ノ
              _////|   〈   {////≧=--ミ.
        r―‐‐=≦/////.〉_,ィ<___>//////////\
         〈////////////r==}ィ  }=ミ////////////}
        ∨/////////r' ー‐'―‐'―ァ{///////////
            }///////// |_\   /__|////////r‘
            ̄ゞ==≦///|.   `¨´   |///////ノ
                  |≧===―r,―‐=≦ / ̄ ̄
                  |´      |′  ̄  ̄.{_
                  |       .|      ハ}
               ;      |      ,′





.


269太眉 ◆BSVL8zPtdg2013/12/31(火) 19:48:33 ID:/G.tAx2k0






         ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
         /   /   \   丶
        │     /\     .|
        |    / ̄ ̄\    |
        \            /       あぁ、それでしたら先生方からご連絡がありまして、
 r、     r、/          ヘ
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ      『急な』どうしても外せないご予定が入ってしまい
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |      延期させてほしい、とのことでしたよ。
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
      |                |  |









      |\          _
    _!_ |  __   / /
   , ´=‐- `_、´    ` 、/, -、'
  / _/.:.:/,.:.:.:.:.:.,、.:.:` 、 ヽ ̄ \_
   ̄/,. / / .斗‐/ i./レ‐|-、|、ー--‐`
 _// |/|'/,k示   示ト,_/ |  |
    ||/!' .レ 弋.ノ  弋.ノi | ノ  |
   |` ` ||. !'''' __ '''''ノ |'|   |       ―――………。
   |   .||个 . __ ._イ| ||  i|
   |..:.:.:.:.:|ノ|´:::::V::::`、i !|.:.:.:.::.
   |   / /:::::::::::::::::::::} l|   i




.


270太眉 ◆BSVL8zPtdg2013/12/31(火) 19:49:08 ID:/G.tAx2k0





               / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
               |   /  \   |        しかも今日は旦那様も公務がお休みとの事です。
               |    /\    |
.           r─一'´ ̄`<ヽ/ ̄ ̄\  /        なんという偶然でしょう。
.          `ー‐ァ   ,    )     , -'~⌒ヽ、
           ノ   {.   ,ヘ    ,l. ゝ、_ .'ヽ).
.            /, 、 _   /. |    . ',  . ..  .ヽ、    お嬢様、この機を逃すてはありませんぞ。
        (/ / // / / ...|      ...|\..\\ \_)
          / // / /         . . \_\_)、_)
          ー' {_/ノ              ."´









      |\          _
    _!_ |  __   / /
   , ´=‐- `_、´    ` 、/, -、'
  / _/.:.:/,.:.:.:.:.:.,、.:.:` 、 ヽ ̄ \_
   ̄/,. / / .斗‐/ i./レ‐|-、|、ー--‐`
 _// |/|'/,k示   示ト,_/ |  |      ! うん、ありがとう
    ||/!' .レ 弋.ノ  弋.ノi | ノ  |
   |` ` ||. !'''' r─ャ''''.ノ |'|   |      どく夫。
   |   .||个 . __ ._イ| ||  i|
   |..:.:.:.:.:|ノ|´:::::V::::`、i !|.:.:.:.::.
   |   / /:::::::::::::::::::::} l|   i






.


271太眉 ◆BSVL8zPtdg2013/12/31(火) 19:49:51 ID:/G.tAx2k0






          \/                            ヽ   \
         //  /  /                      ヽ    \
        / :/i V :/                          ハ      \
 |:       /  :,' |: V /                        ハ }   ヽ
 |:     /   ; ト ,'                          ハ}  ハ
 |:   /    ./トミ、 ,'                                 ハ
 |: /   斗< .;  l ,     ,        〃     ./ヽ     l:   ハ   }
../斗<    ∧..:| l   {    l   |  li  /  } l |   | l   |    }    :}
. /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ハ |.:|  从   斗孑十─ト、 ハ  ;: 从i斗十ミ.  |   ,'     :}\
/             У|    人イ :|l  人  |人{ .ノイ /li 人l  ノ  /      l      じゃあ今日はオメカシして
          /l | l   l z斗孑示三下 `   | ム示云ミノ   / ハ    |
         /:∧:|:八   弐 ト_ノc//て      イ ト_ノc// )) l   / / ハ         お父様を驚かせないとね!
.           /  ハ 入  マ.乂以zラ         以/ラ イ /| / /  :| .', /
        /  / ハ  \ マ   ̄ ¨            ̄ ¨  ,' :lノ|/  ::| ノノ
    /    /  /l   ',.  介 、マ xxxxxx     ノ  xxxxxノ   l八  ::|          どく夫。 これから服を買いに行くから、
.   /    /  / :|   :} l  | >      f _ア     イ:   | |lヽ |
  /    /  /  |   :| |  |イ イ//>   ¨   イ   |::   | |l  \         貴方の感想を聞かせて頂戴!
. /    /  / .:ム斗 :| |  |  マ/////≧ ≦7  ̄  = |::   | |lハ. \\
../    /  /x≦.\  | |  |   マ'"     ハ     |::   |、:|l ハ  \\
    /  / \\\ | |   |    マ彡ニニミハ       |::   | \ハ   \
.   /   {   ヽ.\\ | |   |     マ   /         |::   | / } ハ
  /   .|     \\.| |   |    イニマ  /ニミメ.    |::   |  | ハ








.


272太眉 ◆BSVL8zPtdg2013/12/31(火) 19:50:18 ID:/G.tAx2k0




      ____
    /      \
   /   /   \  ヽ
   |     /\    |       え? 私でよろしいんで?
   ヽ   / ̄\  /
 ,,.....イ.\       /        なんでしたら、侍女をお連れしたほうが……。
 :   |  '; \_____ ノ.| ヽ 、
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||







. ー=ニ二 ̄    -‐─     `                ` ト: : / : : /        ヽ
 /   >        ─-            -─  ヽ:ー:く               \
./    /        /                      V∧: : :\
′  /   イ      / /        /           V∧: : : :ヽ
   ' / /   /    ′       /  ∧            |  |: : : : ∧
  | ′/  /    |│ /   |i   |  .' '. |  |   |  |  |: : : : : ∧
  |/ .′  ′   |│   i  |i ! _ _ノ|  | 、  } |   }  |  ト: : : : : : :}
    |   |   /  ! | i  _. 斗_弋_「ヽ|  |/|`7寸=‐-/  : /  \: : :./
    ∧  ∧ ∧  | ', ',   丕爪_ノ「      爪_ハ丕  /}」ヘ   ヽ/\
    / ヽ i ∧ l/ヽ从∧ヽ.《仆三三!      {三三} 》 // }  ヽ     ヽ
       ` ヽ  {  '. ヽ ゝ ヽ込:リ       込:ン 彳 'ノ     \    \       いいの!
  /     /  /   } ハ ∧   `¨´   ’    `¨´ ∧ |         ヽ
      /  /   |/  } 癶      r‐ 、     ム |        \         私は、どく夫と一緒がいいの!
/    /  /       ',   i≫            ≪   |
     ′ /          i   | | 」≧ ._ .≦L i   |              ∨
     /         _} │ |´ {三三三三三} `|   |‐-.         ’,
      /      r ´ /  | |/ ̄ Y⌒Y三三'  |   |   }ヽ         ∨
.     /      ∧  .′  j ./ /⌒ヽ.|{_>‐、    人 / ハ          ∨
   /      ′∨    / //´ ̄/⌒ヽ   |’,   ヽ
   /      i  {    ∧    //⌒ヽ     } }  !l }   !
.  /         !  |   {i ヽ   ,へ       ノ /   从 |   |





.


273太眉 ◆BSVL8zPtdg2013/12/31(火) 19:51:05 ID:/G.tAx2k0



  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    正直、私程度の剣の腕もあまりない人間が、なぜ彼女ほどの人物の護衛を任されたのだろうか?
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


        ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          その理由は終ぞ知ることなく、彼女が結婚する当日まで、私は彼女の護衛を任された……。
        ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


   _____
 /        \
/    /   \   ヽ
|       /ヽ    |      分かりましたお嬢様。
|      / ̄丶   .|
/     ∩ノ ⊃  /       では、そのように馬も手配いたします。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /





.


274太眉 ◆BSVL8zPtdg2013/12/31(火) 19:52:08 ID:/G.tAx2k0



     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       そして彼女が、他国の王の下へ神輿入れしてから僅か1年後、この国は戦時体制にはいった。
     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

           ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
             この吹けば飛ぶような小さな国では、正直あと3年もつか分からない。 だが私には恐怖はあまり無かった
           ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     禄を食む身としては、主家を守るつもりだが、既に守るべき人は巣立った後なのだ。 身が軽い。
   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                              _,,
                  ____ .      l;l
              .  /       \   _,_,|,|_,
               /   /   ヽ  ヽ ト-=y  丶
              . |     /|     | ヽ `i, ̄‐^l
              . ヽ.   / ̄|    /   ヾ~ `  i,
                ヽ     _/   ヽ、   ;i,
                ,,_,i     y,ソト,,__  ヽ、   ;i,       さぁーて……。
               ,/r-'"j  / / ii, `ヽ、-x,,゜r  ;i
            ,,/'/__.L、    /ヾ、"i   `ヽ `;i  i,      旦那様を逃がす程度には、働かないとな。
          ,/  /_iーヘ,ヽ、 , /i" ヽ、 i     `、'i   iヽ、
         _,) ヽ "   ネメ、_ii"~        _Yri   l, ヽ、
        _,,,>t 、ヾ、    ゞ;;/         /  ,¬    V⌒l
       ,y`;,,__   ,i     /ii'         / r-/|    l l
    _/^,,,  ヘ  l    /iil        /  l"v' y     }  l
 v=4⌒ヽ、 j  --,,,if   /iii|       ,,  〈-ヘ_,、 <、    /  i|



.


275太眉 ◆BSVL8zPtdg2013/12/31(火) 19:52:48 ID:/G.tAx2k0



     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       彼女が嫁いだ先である大国――VIP帝国の援軍はアテにならない。
     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


              ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                大国であるからこそ数多の国との交友があり、その旨みを選り分け
              ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       どちらか、一方がの天秤が軽いなら、其方を切り捨てる。 そんな取捨選択が求められる。
     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                      そして私が属する国は、旨みの少ない小さな果実でしかない
                 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                         ____
                    ___/       \
                 ,, - '"r'.//    /  ヽ ヽ'レヽ、
               ./   / || |      /|   |"   l
             /-、  i   ヽヽ.    / ̄|   /   i !
            /   ヽ  |_ _\\____/  //    アッチもコッチも家計簿は真っ赤だ。
          /"     !      ̄ヽ\.\〃/  /   //
        ノ ̄ ̄ '''    l       \__/-、 /  / /       さあ戦費稼ぐための自転車回す作業を
       /          |        "~   `´ / ' >
      /  = 、         !               /_ -‐<-,    始めるぞー
      {     ニ\  /、 ヽ-           //     {
      ヽ_, -'" ̄   ` ´} _   _,-‐-=ゥ‐- イ >  r '  ̄ ト
      <_     _,, ィコ   ̄    、 -ノ_, /  \/\    l,-、,,-、_
        ヽ_ ヶ、'~   \,_, -,‐_T`‐--イ/ 、   _,, - +‐ti;;;;,、 ヽ , `、
         `''t‐t\  r ' '  i  >;}~ )ニ-i─ t'", -─| |-'┴/_l_/ノ
          ||/::::::::`{;;;i  i i__i__/''ヽ |:: ̄:l ̄l~:::ヽ   |_ ===--、__





.


276太眉 ◆BSVL8zPtdg2013/12/31(火) 19:53:34 ID:/G.tAx2k0



       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          この国はもはや、如何にして負けるか。 という段まできてしまった。
       ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          どれだけ、被害を抑え敵に文化侵食されず融和できるのか。
     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                      次代に自分の国の文化をだけ託せるか。 そんな段階だ。
                   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



            ____
           /      \
          /  /   \   ヽ
.         |   /\      |  _/^\
         ヽ  / ̄\   // ̄/ / _,,ノ,|           あ、そういやお嬢様から
           \_     /ヘ  / / / /^''-,,_
               ヽ、 !ノ  ∨ i/  、/r-''  ''-,,_      手紙が届いていたな……。
              //i:::| 、  `i フ'''"''-,,   ,   、''-,,_
              |ノ |::j`'i  ,/ ,>i | ヽ  `'- r'、r//、 、_>  はは、お優しいお嬢様が好きだったあの花畑。
              | : K l // | / |     ヽ ^'7  i  )
              レク |:ヽl / | _,,イ /     ,/ 〈,  l |  あの場所ぐらいは、お守りできるように頑張りますよっと。
              ,/ \|/-ニ/イ/   /ム    |  /  |
              `ー-ニ|,l| /   i   //_,,ノ=- 、|/   |
                 `''} i 、,  |^' //// ̄ ゙̄|、   i.|
                 ノニノ`,ノ ! l イ///⌒ヽ、_,| \ / |
                 `''" `i_ノノノ/_,, _,.::'::| {::::|  ヽ8'l,




.


277太眉 ◆BSVL8zPtdg2013/12/31(火) 19:53:59 ID:/G.tAx2k0




     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       小さな果実の小さな国ではあるが、それでも私が愛した国だ。 彼女が育った国だ。
     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

           ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
             せめて、彼女が愛した場所が汚されないぐらいには、私も戦うつもりである。
           ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



               .........:::::::::::.... .......
         ____  .... .........::::::::::...r‐ ' _ノ.
     .   /      \ .... .........::::::::_ ) (_
       /   /   ヽヽ.. ..... ......:::(⊂ニニ⊃)
      . |       /|   | ..... ......: ::::`二⊃ノ
     .  \___/ ̄|  /..... ......: :::: ((  ̄
        r'ニニヽ._\_./.. ..... ......: ::::::  ;;
      r':ニニ:_`ー三`:く._           [l、.       さて、戦争だ戦争。
    /: : : : : : :`,ニ、: :_:_;>      /,ィつ
 .   /: : : : : : : : / : : : ヽ\     ,∠∠Z'_つ      弱者なめんなよ。
   | : :.:.:.:.:.: . :/: : : : : : l : ヽ.   / .r─-'-っ
 .   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.,' ''" ̄: : :l: : : :l   /  ):::厂 ´
    |:.:.:.:.::.:.:.:l -─-: : /:_:_:_:_l / ̄`Y´
 .   |:.:.::.:.::.::l.__: : : :/::: : : : :l/⌒ヽ: :
    |::.:::.::.::l: : : : : : /:::: : : : : |: : : : ゙/




.


278太眉 ◆BSVL8zPtdg2013/12/31(火) 19:54:29 ID:/G.tAx2k0






                          ,, -‐ 、
                          /'    ヽ
                         ./      i
                        /    ...........i
            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /   ..:::::::::::::::|
            |   /      ::/  ..::::::::::::::::::l
            |          :::./  ..::::::::::::::::::::!
            |      /\ /  .::::::::::::::::::::/
            \    / ̄ ̄/   .:::::::::::::::::::/
             |.     . ./  .:::::::::::::::::::/
         ,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/
       ..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/|         さあかかってこいや!!
       :,'      /       !.:::::::/:i..:..l
       r   、  /           !::::::::::: i..:..i
       l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:.i
       !  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i
       .! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ
       .ヽ ::::::|  `、   `、  .....::::::::::::l::::::::::::  `,
       / \:::l.   `、   ヽ::::::::::::::::::::l:::::::::::  /'''ー─----、
          `ヽ   `、  .::::\:::::::::::::::|::::::::: /,,   ,. ‐;''








         【 どく夫は、思い出の地を守る―――――――】












.


279太眉 ◆BSVL8zPtdg2013/12/31(火) 19:54:41 ID:/G.tAx2k0



―――━━―――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______―――――____ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____ ̄ ̄ ̄ ̄―━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
______――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄__
――――― ̄ ̄___ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄____  ――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
______―――━━――― ̄ ̄ ̄ ̄  ....|丶  __ ̄___ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____―━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄____
―――━━―――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ . !  |ヽ  | |....―――――____ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____ ̄ ̄ ̄ ̄―━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
______――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_   /|  | | ヽ.....━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄__
――――― ̄ ̄  ....i..  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ . / .|   ヽ. ――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
______―  ...|\.           / /    _____ ̄___ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____―━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄____
―――━━――  ....\\ , __ _,,,,... ー ニ -.....  ―――――____ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____ ̄ ̄ ̄ ̄―━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
____  _  ,,,,...ー-   _‐ -  / / ̄...._  ―━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄__
――――― ̄  .. ̄ ̄ ̄\ |   / /  __  ――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      ___ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
______―――━   .!   / /       ┌ー‐‐‐'''''''''''''''''ーー-- ,.,,..,.、.゙    __    ―━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄____
―――━━―――― ̄     ./ /        ー‐ー‐ー‐ ̄・'''''''''''ー‐‐‐--二=     「 / rー;   .  ̄ ̄ ̄ ̄―━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
______――― ̄ ̄   .//  ____―                  ______   |/ |/ /\   __――― ̄ ̄ ̄ ̄__
――――― ̄ ̄___ ̄  ./     _____――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______    .゙/.. -''". ____――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
______―――━   ./  ― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____ ̄___ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄___  ..../'"...  ― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄____
―――━━―――― ̄       ̄ ̄ ̄______―――――____ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____ ̄ ̄ ̄ ̄―━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
______――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄__
――――― ̄ ̄___ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
______―――━━――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____ ̄___ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____―━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄____
―――━━―――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______―――――____ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____ ̄ ̄ ̄ ̄―━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
______――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄__
――――― ̄ ̄___ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
______―――━━――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____ ̄___ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____―━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄____









.


280太眉 ◆BSVL8zPtdg2013/12/31(火) 19:54:54 ID:/G.tAx2k0






                       | | | |  ハ  | |
                       l j| |  / | .j ハ
         l               , //| / / j /  ハ
.          〈|                // j / / /   
                    / ソ /イ /|      
                     / /'/ ノ |              そう、そうですか。
       - ―‐-           ./  /   |     
                   /  |     .|              あの国が……。
                  /|     |     .|     
\               / |    |    ハ   
   、            , イ l   |    |    ヘ  /
    >        <   l  l   |   ハ
       ` - ´    |  l   |    ハ
               l  ハ  |    
               |  ハ. ハ   






.


281太眉 ◆BSVL8zPtdg2013/12/31(火) 19:55:20 ID:/G.tAx2k0






         ____
        /ノ   ヽ、_\    r ⌒j
      /( ○).  (○)\  /   /           だ、だお?
     /    (__人__)   \/   /   /  )
    | u    .` ⌒´     /  /  /  /       でも本当によかったのかお?
    \            /   '` ´  /
      r´  (⌒'ー―- イ′     ´廴        あそこはフェイトの生まれ故郷だし、
     /    > 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄)
    /        -、      }        (  ̄¨´     援軍の一つや二つ。 今からでも……。
   /           ヽ._       __  \
                `   --‐'´ `゙'








                   /   /               ' \  > 、_   /
                /   /    /            ヘ   _  <
                  /   /    /                '     \   ヽ
              /   /    / /   / / / 、     ヽ l     ヽ\ ヘ
                /   /    / / l   .|  | ハ  ヘ.| | 、ヘ| 、 \  ヘ. ヽ ハ
             '    |    / / |   .|  | | ヘ || | ハハ  ヽ ヽ  '  ヘ '
          イ ,. |   |    トム_ハ  .|  | | ハ |λ| .||l  ト .|  ト 、ヘ}
.        /ムイ .l   j     λ斗示云ヾ{  | .ll 斗云十|‐ j||  lヘ .l、  | 、} ヽi     いけません陛下。
        /  イ/ |   /   /イK{ l::::J::::l  ヽハト、l::::c::灯 j   | || | ヽl ヽ | ヘ  ||
   , < /  / /  /.  /   /入トヘ ゝ益ソ       l:::J::リ イ / // ト、 {  リ リ j   |     今はこのVIP帝国も重要な局面です。
, <    ./   { /  /   /人ト、 `           ` ̄"/イ/∧ リ ヾ、    /  j
     ,イ    | ./   / >、            j    イィ |   ヘ        /  /     無闇に兵を動かし、隣国を刺激するのは
   , イ `ー―‐<        /  ヽ      _ _    ∧. ヘ   ヽ__/    /
  /  ヘ          >=―- | \           , イ |   ヽ   `ー―--ァ '       得策ではないと、私は愚考いたします。
. /   ハ         /       `ヽ、>    ,ィ |   、   `ー‐=一 '
../     L___,γー             ヽ   ` ー  八 |    ヽ      \____
'    /  , イ              ハ      j  ヾ、     \      \      ̄ >
    <  ̄ ̄ ̄ >  、          L_    ト、  .\    \      >‐‐-、       >
, イ´             \           ヽ、 | \  .\    \         \        ヽ、
                   \     l    \   >  ,_\    `ー=- 、     > 、      \
                    \    |      ヽ -―--= >- ,_   \ \       \      \




.


282太眉 ◆BSVL8zPtdg2013/12/31(火) 19:56:24 ID:/G.tAx2k0




         /  ̄ ̄ ̄ \:
      ::/   j :::::\:::/\;゚:
      ;: |     。<一>:::::<ー>| :    すまん……すまなないおフェイト。
       \...::::::。゚~(__人__)~゚j
       r "    ;゜.` ⌒´,;/゜     やる夫にもっと力があれば、
       i::: |::::      |::|:
      :|::: |::::.      :|::|:      フェイトの実家も守れたのに……。
     :_|::: |::::.      :|.´:
     :{:::  )::.     :',.:
      ゛‐-.`       i:










       , r- 、  , r- 、  __
     ∠__ ヽヒ'>”´ ̄   ̄`" ::、
     _.r"´ ̄/          -::、  ヽ    _
_, r "´ /  |// .,   、 、 へ, .:i   ゝ/´  `
  ̄`" 7 , :/ :i  |i A  i i . ハ   | 三iト`ヾ、
    , イ /  :|  |_| i | |: | | l:i .|  |彡|i:;:;:;:;:;`:; 、
   ∠ム|,ri  , | 丁|_!|`!| r十十!ト、|  :|彡|:|:;:;:;:;:;:;:;:;:
     ! | ,i| ヽ :|"鬥i'   'T于ミr、|  :|彡|:;:;\:;:;:;:;:;
       ;リ | i|.\,込l    b::心 >|  |´`ik:;:;:;:;:;`i 、:;    いいのです陛下。
       /;ム-|リ|  |`  、   ┴--! |  :| / `i、:;:;:{  `
     ´/ //|  :i、  _     彡|   K´   | \|      私の為に玉心を揺らがせてはいけません。
     / // :|   |,ゝ   ̄  ,/:i  :|う`i  :| :i
    :/ :/  |  |,/` -. イ:<:|   :|  :i,  | :i
  /  /, r ┤  |i  >´,|`""|   |   }  | .i      貴方は、王を統べる皇帝なのですから。
 /   /:i'  !  i | /::::/::辺i i|   |i   /`ヽ、| .i
    / :{ / ,r'" |/:::::/::.///:|   |:i  /    `ヽi
   / /´ r ' "´/゚!こつ。イ__  |   :!ヘ/             ┏━━━━━━━━━━━━━┓
  /  {  ,イ  /メ|/´;:::キ  ̄ゝ   \               汚らしい無能な豚め……。
 /  :i´ゝ!/ /i´::::::|'"´::\|   |\   :}             ┗━━━━━━━━━━━━━┛
   :| / /`ヽ;i::::::::|:::::::; r::|   |  :) :ノ         ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   | ://::::::::::::::::';::::::|r'"-ー:|  | i',r"´            お前がアレと似た体格、性格をしていなければとうの昔に首をもでいたぞ
   | i/ゝ,::::::::::::::::::\|::::::::::::::::|  |  リ           ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




.


283太眉 ◆BSVL8zPtdg2013/12/31(火) 19:56:55 ID:/G.tAx2k0






          ____
         /_ノ ' ヽ_\
       /(≡)   (≡)\
      / /// (__人__) /// ヽ
      |     |r┬-|      |
      \    `ー'´   /    あぁ……フェイト……。
       /   _ノ(ξ)、_ \
      (___/  \___)    やる夫は、こんなできた妻を持てて幸せだお。
        |         /
        |       /
        |   r   /
         ヽ  ヽ_/
          >__ノ;:::......



                    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                        ―――――妻。 そう私はこの男の妻となった。
                    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
           嫁ぎたくもない、愛することの無い男の下へ……
       ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


             ̄ ̄ ̄ ̄   、
       ,イ´              ヽ      , イ ̄ ̄ヽ
       /    /                 ヽ / ___ -- `ヽ
     /    /                        ヽ
     ,′   /                     ヽ    ヽ
    ,'     i     /                 ヽ } ヽ   \
    {    |    i  /  //  / / /l     ‘,i  \    ヽ
    i    |     |   i  //  / / / |   |    il   ‘,ヽ   \_
    l    |     |  |_ii_⊥ / / |  ! || ! }    i   ̄ ̄
    |    , i|    l l ´ | | || /| 丁,'  ! 廴 /} | |    ! |
    |  ,'  |     | |,≦芋斧圷| | i  /__ //ヽ| ! !   | |
    |  {  i|    | i|《 ら:::::::::/ ! i|リ ´え 7》 / /  i}   ! !
    |   ヽ |   | |  辷zzシ   |/   ら::/ // // /.!  |/    ――――……………。
    |    |   |ヾ、      /   ゞ-′〃/! / | 〃
    |    |   |               / / | /  i| /
    |    |   |           ´   イ /  |/  〃      陛下、私には勿体無いお言葉です。
    |    |   | ヽ     ` ―  /| | /  /   /
    |    |   |  >            | |/  |
    |  /::::|   |.       ><    /| |   i|
   イ |:::: : |   | ヽ、  / i\    /. |    |
<´    |::::::: |   |    / ヽ ヽ/ > . |    |





.


284名無しのやる夫だお2013/12/31(火) 19:57:18 ID:h2H9/aL20
う わ ぁ


285太眉 ◆BSVL8zPtdg2013/12/31(火) 19:57:30 ID:/G.tAx2k0






           *  _______
    / ̄|  +   /         ヽ   +     けど、これだけは安心しほしいお。
    | ::|    /⌒       ⌒   \
    | ::|x  / ( ●)    ( ●)   |  .人    フェイトの【生まれた故郷だけは】
  ,―    \   | ::::::⌒(__人__)⌒:::::     |  `Y´
 | ___)  ::| .!     l/ニニ|      /       絶対に戦火に巻き込まないよう
 | ___)  ::|+ヽ    `ー‐'      /     十
 | ___)  ::|   .>          \        相手の国にも厳重に申し付けておいたお。
 ヽ__)_/   /                 \









         / ̄ ̄ \             ― 、    ヽ、
        /      / ̄             `ヽ、  ヽ
.         イ       ./   /         \    .ヽ  ヽ
     /  /  /   /   /      /     ヽ、   i   i
―=´―</  /    ,'   ,'  /  |  / ∨ .l    ヽ   |   |
      /   /    i   |  |.  ,'.| ,'   i |、  | l i   |.  .|
.     ,'  〃     |    | ,'| _L_|_/  .| | |   | |、.|   |   |
     i  /|.     |   -‐卞´ |-ヽ| .   | |丁 ̄廾‐┼  |   |
     | ./ .|  ./ /|   .| .,イう ̄ト、|   リ .,イう云ュ、|  .|  |
     | |  .|  .|  | |.   〃.{::::::::う        {:::::::::ら〃  |ヽ.  |
.      N  | .|| .||.   | ` 辷__ソ        辷__ソ|  .| /.  |     ―――ありがとうございます陛下。
         ヽ.|.| ||  .|               |   .|/  .|
          l \| |    |        j          .|  .|   |       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
            | .|    |人                 ∠.  | .   |         当然だ。 そういう風になるよう私が仕込んだのだから
            |.|   |. \     ̄ ̄   .,イ |   |    |      ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
            | |   |  |.| `ト 、    .∠.| |.|  |    .|
.              | | .   |  || /.|. `><´  .|、 | |    |   .|
           |  |    | /:,' \     / ヽヽ   .|.     |
           |.  |     |:.:.:.:i!   \-‐"´  /:.:.|   |     |
           |  |    |:.:.:.:.:i!   / ヽ   /:.:.:.|   |.     |




.


286太眉 ◆BSVL8zPtdg2013/12/31(火) 19:58:17 ID:/G.tAx2k0




               _     _____
              ⌒\ \ /     ― 、   \
             /  ̄ ‐┐            \  \
       ___  /   /               \  \
       \ __/   / /     ハ     \   |
           / /   /   l|  | |l | |   |  |l   |    |
          / /  |/  _ 厶斗 |什十ー|--|l   |    |
           /l|l    | l| ´       ,z==ミ |l   |     |
          |/ |l    | l| ,z=ミ   ´       |l   |  |  |    王妃でもない私如きにココまで
            | /  |八´   ,         |l  「ヽ|  |
.              V |八 | |    ヽ         |l   | l|  |    骨を折っていただき、なんと言ってよいのか……。
               ヽ| 八   --       |l  Y |  |
                 |   \         |l   |l |  |
                 |l   |> 、    / |l   |l |  |        ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                 |l   |-―/`冖´-彡 |l   |ト‐- |          あの国は、一度何もかも灰燼と化せばいいのだ。
               _|l   |―/: l 小    |l   |_   ‐-      ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
               //-|l   |:::/ : :|/V\  |l   |::::ニ=- //ハ
               |:::::/   ノ:::|:.: : | ΧO〈\|r‐厂\::::::::::::::/:::::::::::|
              ∧/   /⌒〉┐:| L/、〉′(⌒\ ヽ::::::/::::::::::::::|









.


287太眉 ◆BSVL8zPtdg2013/12/31(火) 19:59:00 ID:/G.tAx2k0





                                      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                                         身分、法律、あらゆるものが、愛しいあの人の間の障害になる
                                      ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
           /        /       \ / 二ニ=‐―
          /           /    /         ̄ ヽ、         ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         .         i    / / / /    、   ヽ、____      きっとあの人は、私が幸せの中結婚し嫁いだのだ――
         ,′           |   / / / / /ヽ‘, ヽ____/    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
         ′    /  r 、 |   i/ ≧ュ、___/ /  .  ヘ             ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        i     /  {   :!    || 《えュ、/ / } l  l ヘ               そう思って疑いもしていないのだろう
        |:     /  ヘ  :|    |   ら /  r、/ /  }', i            ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
        |    /     :l  |    |   ゞ/  ん' / }  i i |
        |:   /  /   :l  |    |:      {/ / i  ! リ
        |  /  /     : |   !      ゝ/ :| /
        |: /  /    /  :|    |    ー,イ /  | /
        |/  /    /   |    |   /И   И
        |  /   ノ     |    | ___/ |            ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        |: /  /\    :|    ||   :!                冗談ではない。 あの人と一緒にいられない場所など地獄と変わらない
        |/‐=7: :{   \  !:  |   |            ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
     ,x≦    |: : ヘ    / |    | {   :|               ┏━━━━━━━━━━━━━━┓
,x≦    > ´:.:.:.:|: : :.ヘ  /ゞ !:  |i   :|                 私はそんなの真っ平御免だ
\  >:.:.´:.:.:.:.:.:.: : |: : :.:.:.Ⅵ〈 /|    |:. ‘, !、              ┗━━━━━━━━━━━━━━┛
:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ: : : : ヽ ¨ ノ    : ヽ:.ヽ:|:.:.\
:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \: : :.:.ヽ/    /: : :}:.:.ヽ:.:.|:.:i
:.:.:.:.:.:.:.:‘,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ: /   /|: : :,':.:.:.:.i、:.l:.:.l
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{  /ヽ: :|: :./:.:.:.:.:} ヽ:.:.|
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/二ニ=‐‐===---i 〃ヽ: :ヽ|: /:.__:.:/ /:.: !
:.:.:.:.:.:.:.:.//: : : : : : : : : : : : :| / ̄ ̄ヽヽ/: : :.//: :ヽ|





.


288名無しのやる夫だお2013/12/31(火) 19:59:38 ID:h2H9/aL20
どく夫が居る場所ピンポイントガード……


289太眉 ◆BSVL8zPtdg2013/12/31(火) 19:59:38 ID:/G.tAx2k0




                         ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                            だから私は一計を案じた。 あの人を手に入れるため
            __    ___    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
          , ´     \/ r<⌒`
.         ,:′       =ミ \_ノ     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        /           ; }ヾ. ̄        あの人が固執する全てを取り払い、私だけのモノにするために……
        ;          ト ハ       ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
        i           |イ/}ノ
        |            |/ /
        |            |{        ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        |            |i          そのためなら私は、最強の力を持つ男の子を孕み、母となってもいい。
        |           }t        ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
      _,.ィ             爪____,.
    「.:.:.:.:.:|             「.:.:.:.:.:.:.^1    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     |.:.:.:.:.:.|            |.:.:.:.:.:.:.:.:.|       王位継承権さえあれば――あとはどうとでもなる
     |.:.:.:.:.:.|            |.:.:.:.:.:.:.:.:.|    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
     |.:.:厂 |             「 ̄ 7ヽ:.{
    レ'   |            |i : /,  V
     | :.\|            |l //  |
    〈`:.ーミ|            |レィ:   |





.


290太眉 ◆BSVL8zPtdg2013/12/31(火) 20:01:03 ID:/G.tAx2k0



  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     だから、ドク夫。 私が赤ちゃん産むまでちょっと待っててね?
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          優しいドク夫なら、私がコブ付きでも愛してくれるもんね?
       ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



/   / /                                  \
  .  /            i       ,、       `
    ′   /         |   / ヽv′`:.     !         !        丶
   ‘    .'  /           l!     ゚.    i    :!   リ        '.
    、     !             i|      ┃   ハ   :!   /    :|        i
     . :!      、   i! ' j|、       !! , -‐=¬==‐-     .  i     :|
,イ     ' .┃  ト、   、 j|x<       |!   / }:__イ」j_ _ /:}     :! :|     |!
.:      ゙i!   ヽ   |/イi| :\゚:.      リ. /}〃 ,ハ 厂刈   .:|      ┃
′ /    ∧  ; 、γ,ィ゙| ,_.」jL:::::.\    ノ /ァィ灯j/匸刈_,-、  :  : !   ┃
  ,イ         ,|: V八|X´ 厶斗ミヘ 、     7´ {{.'.{:::}゚...}iア \′: |     :|!
/ |   .′  V}   |` iヽヽx灯匸`ヽ        ゞ==彡'{. \. \ー 、  ,
        V ′ !  '. }'{{.'.{:::}゚斗┐ .:::l    .::::::::::::::ー=彡  \. \ |  .
  :   :|   :i !  { \ト ゞ=''"/ /_ハ ::::ノ      r=‐ "  \  ヽヽ! :!
  .  ト、  リ |  ト≧=,.::::::/ /  ノ         ` ー=ニ入  ヽ  i | :|
   ',  |  :、 :|  !、ゝ  `:/ /  ,:'                ー=彡'^   '  | | :i
        ミ、!   ハ.  / /  /       _ _,    -‐'′  .} | |/  |
    、!    `ゝ、 i. ^\i  i   {     ー。´ __ ,ノ             /
         !  i .`.:..._  \ :、  `ヽ,.   ー-  ゚    /      /i     :
        ,:  |丶   \`)       ̄ 丶、      {     _  { |
       ,. < ̄ ̄`丶. i \          \     }       `ヽ |     :.
.     /⌒:、:\ : : : . . \ ヽ   、           `==‐-くj.       ∨,     '.
.    /   : .\ : : : : : : : iヽ    \          }  人          、    \
   /      : : : .ヽ : : : : : |.∧    :〕      ,ニ三{. \         \      、
.   /   :.   丶: : : : : : : : |ノ∧   /      /三三ニ:.  \         \
  i     : : : :.   \: : : : : :|   '  /      ∧三三ニj:   |\         \ー ¬‐-ミ
  |   : : : : : : : . \: : : :|    ∨       /  \ライ     |  \         \  | : : : `ヽ




                                       ホロボス
         【 フェイトそんはホシイモノヲ勝ち取るために国を傾けるようです 】


.


291太眉 ◆BSVL8zPtdg2013/12/31(火) 20:01:54 ID:/G.tAx2k0
総帥府|ω・`) ふぅ以上です。

総帥府|ω・`) 今年最後の吐き出しできてよかった


292名無しのやる夫だお2013/12/31(火) 20:02:26 ID:EKJC1y0k0
傾国というより、ヤンデレじゃないですかー!


293名無しのやる夫だお2013/12/31(火) 20:02:29 ID:h2H9/aL20
ドク夫が処女厨だったら……


295名無しのやる夫だお2013/12/31(火) 20:05:02 ID:FRFPW3vw0
ヤンデレじゃったか……


296太眉 ◆BSVL8zPtdg2013/12/31(火) 20:06:47 ID:/G.tAx2k0
総帥府|ω・`) 昔は王様のお手つきはステータスだってエロい人もいってた。

総帥府|ω・`) だから多分問題なっしんぐ


総帥府|ω・`) そして、そろそろ寝ます

総帥府|ω・`) 3日ぐらいから動き出せればいいなーと思っています。


297名無しのやる夫だお2013/12/31(火) 20:06:51 ID:FRFPW3vw0
おっと乙でしたー


298名無しのやる夫だお2013/12/31(火) 20:07:11 ID:EKJC1y0k0
乙でしたー


299名無しのやる夫だお2013/12/31(火) 20:11:15 ID:l.6x34VE0
残念、ドク夫は戦死してましたとさ
というオチが待ってそうだけどね!


300名無しのやる夫だお2013/12/31(火) 20:34:58 ID:j78b2P5o0
乙でした
なんでフェイトそんはどこのスレでもヤンデレかエロインかポンコツなん?


301名無しのやる夫だお2014/01/01(水) 02:05:03 ID:/cvos5A.0
そうでないスレもあるぞ……(遠い目)


302名無しのやる夫だお2014/01/01(水) 03:14:20 ID:mdeDVxEA0
いくつかのスレでそういうキャラとして使われる

支援でそういうAAが増える

さらにそういうキャラとして使われやすくなる

よくあるスパイラルやで


関連記事
スポンサーサイト



[ 2014/04/27 14:52 ] 短編集 太眉◆BSVL8zPtdg | TB(0) | CM(0)
[タグ] 太眉◆BSVL8zPtdg

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yaruowohiroiyomi.blog.fc2.com/tb.php/888-3ec53af6