できない夫は一年戦争を駆け抜けるようです インターミッション 02  オペレーターからみたできない夫

3340◆BSVL8zPtdg2013/07/11(木) 16:13:29 ID:YhFL5FxM0
総統府|ω・`) (ふぃー……。 今日は早めに帰ってこれました)


33182板一休にて管理人の相談があります2013/07/10(水) 19:17:48 ID:v5vNA7T60
マゼラアタックは強すぎる

>>1さんに質問だけど、マゼラアタックの部隊ってもらえるの?



3341◆BSVL8zPtdg2013/07/11(木) 16:15:15 ID:YhFL5FxM0
>>3318

総統府|ω・`) (マゼラアタック部隊ですかー。 もし要望があれば、ガウ購入と同じような枠つくります)



33432板一休にて管理人の相談があります2013/07/11(木) 16:22:40 ID:X.LU/GQ60
支援があるのはいいことだ・・・
勝率+補正とかつくのかな?


33442板一休にて管理人の相談があります2013/07/11(木) 16:34:44 ID:P/iDhbIg0
整備兵|ω・`) 「ビバ!クラッカー!!」


3345◆BSVL8zPtdg2013/07/11(木) 16:37:10 ID:YhFL5FxM0
総統府|ω・`) (勝率補正、追加ダメ、外部ステ要因……。パッと思いついた候補こんな感じっす)


3347◆BSVL8zPtdg2013/07/11(木) 16:38:55 ID:YhFL5FxM0
総統府|ω・`) (早めに帰ってこれたし、ちょっと仕事中に妄想してた小ネタ纏めてみます)


33502板一休にて管理人の相談があります2013/07/11(木) 17:31:42 ID:GlZslfN.O
マシンガンは癖がなくEN消費が少ない、威力はお察し
バズは高威力とペリーヌのスキルで僅差では勝率が上がる、僅差以外では勝率にペナが入る
ヒートホークは格闘が高ければバズより効率がよい、勝率ペナは逃れられない
クラッカーは投げれば確定ダメージ、勝てば敵に勝率ペナ、欠点なし迷ったら投げるべし
各武器の利点欠点はこんな感じか?


3352◆BSVL8zPtdg2013/07/11(木) 17:33:23 ID:YhFL5FxM0
>>3350

総統府|ω・`) (そんな感じのつもりです)


33532板一休にて管理人の相談があります2013/07/11(木) 17:37:47 ID:7f6sVw1k0
その比較だと自分ならクラッカーを選ぶが


33542板一休にて管理人の相談があります2013/07/11(木) 17:40:04 ID:1JUouyVI0
クラッカーの修正?そんなの使用回数に制限をつけるだけでいい
つまり「搭載数」の事
それでも過剰に持ち歩くなら攻撃を受けた際に爆破炎上するリスクを記載するといい


3356◆BSVL8zPtdg2013/07/11(木) 17:50:25 ID:YhFL5FxM0
総統府|ω・`) (よしできた……と思います)

総統府|ω・`) (ぶっちゃけ、尻切れ状態感じは否めませんが許してください)


3357◆BSVL8zPtdg2013/07/11(木) 17:51:01 ID:YhFL5FxM0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   その人と出合ったのは、一週間戦争よりも少し前のこと
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━







                               / ̄ ̄\
                             / 「   へ  \
                    _           | (● ) (⌒ )  |      君がオペレーターの中野梓伍長だね。
                   | !        |     |       |
                   | !        |   __`___   |      始めまして、できない夫少尉だ。
                   | !   ,.-,    |   `ー'´    |
                  _,ノ ┴、/ ,/       ヽ       /
                  r `二ヽ ) i      ヽ _ _ ,  ト
                  |  ー、〉 /     _,,,,ノr  `   /i\,,,,_
                  |  r_,j j__,,.. r''''"/::;| \`'/   ,'::;;;r;;;;;;;;;;;;:: r ‐-、
                  |   ) ノ ::::::::;;;;;;;/::;;;;|  /\  /::;;; l;;;;;;;;;;:: ::;;;;;;;:: ヽ
                 ノニ-、 ,/::;;|:::;;;;;;;;;>::;;|/(::::ノ \/::;;;く;;;;;;;;;;;;:: i::;;;;;;;;;;;:: }
               √..:::;;; ヽ、〉;:;;|::::;;;;;;;;{ ::;;;;;|  "::く  /:::;;;;/;;;;;;;;;;;;:: |::;;;;;;;;;:. ノ }
              /..:::::;;;;;;;;;;;;;;;〉;;;;|::::;;;;;;;;;:{ ::;;;;| |:::::::| /:::;;;:/;;;;;;;;;;;;;:: |::;;;;;;;;;;;;;;;;:: }








                           ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                             第一印象は、ヒョロっと背が高くて―――ちょっと頼りなさそうな人
                           ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



.


3358◆BSVL8zPtdg2013/07/11(木) 17:51:41 ID:YhFL5FxM0



               ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                   そして、いざ戦いが始まってみれば予想は的中した。
               ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




               .          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
               .        / ;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';.\
               .      / ..;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';.. \         ま 待ってくれ!
               .    /   ;:::::: \:::::::::::::::::::::::::::::::::::: /::::::::;   \
                  │   ;::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::;   |       まだ……まだ  心の準備が!!
                  │ /=≡==、、\::::::::::::::,,/ ,,==≡=ヽ、 !
                  │ //      ヾ、 :;:;:;:;:; ツ 〃       ヾ,|
                  │           :;:;:;:           │
                  │ ``―==''" ":;:;:;:;:;:;:;:;゛ ゛ー=====彳 .!
                  │  ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;  │
                  │  ;::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::;   |
                  │  ;::::::::::::::::::::_____::::::::::::::::::::: U   !
                  │  ;::::::::::::::::::::|        |:::::::::::::::::::::::;  |
                  │  ;::::::::::::::::::::|        |:::::::::::::::::::::::;  |




                             ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                              なんとも情けない……、それが私が彼に懐いた感想だった。
                             ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 -‐    ̄ ̄   ‐- 、
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.丶、__ ノ
:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:i:.:.\
:.:.、:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.l:.:.,、:.:!:.:.:.:.:|:.:.:ヽヽ
:.:.:.\:.:.:.l_:.:.:.:.:.:!:.ハ:.:|:.:.:.:.:l、:.:.:.N
:.:.:.:.:.:.`7:.:ヽ:.:.:.:l.:し':.:|:.、l:.:ハ:.:.:.:!
:.:.:.:.::::::i:.:.:.:.i:ヽ::.!:.:.:.:.:!/ lメ、_,ハ:./
::::::::::::::|:.:.:.:.l:::::::h:.:.:.:l r三ュ| !′
::::::::::::::!:.:.:.:.|:::::〈〈:.:.:.:i. | l !└i
=‐---l:.:.:.:.:|:::ノヽ':i.:.:.! ! __ /
..:..:..:..:.!:.:.:.:.:!`丶!:.:.!:.:.l /  |′
..:..:..:..:l:.:.:.:.:l..:..:..:.ヽ:l:.:.l. { __l
..:..:..:..:!:.:.:.:.:!..:..:..:..:..}!:.:.! ̄
:.:..:..:..|:.:.:.:.:i..:..:..:..:..ハ:.l           ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
..:..:..:..|:.:.:.:.:|..:..:..:../  リ             けど――――事実は全くの逆だ。 情けないのは私のほうだった。
..:..:..:..|:.:.:.:.:l..:..:/              ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
..:..:..:..l:.:.:.:.:.l/
..:..:..:..l:.:.:.:.:.:!
..:..:..:..,!:.:.:.:.:.l


.


3359◆BSVL8zPtdg2013/07/11(木) 17:52:16 ID:YhFL5FxM0




                                               
                     /\
. /                   /   \                       
/          U           /           
             _,,,,..,,_                               
          ,. -''"´    `゙''-、       U             
        ,."          `ヽ.  ヽ\                      
       /              `、  Y、                       き 君は直接戦場へ出ないから
       ,'                  i.  | 〉
       !       ◎       l  i         /.:.:.:.:. . . . .          そう言っていられるのだろうけど
       ',               ,'  i.        /.:.:.:.:.:.. . . .
       丶             /  j      {.:.:.:.:.:.:.. . . :            警告音ならされて平静でいられる人間は、
       ヽ            ,.'    ハ       i.:.:.:.:.:.. . . .
         `'-、_      _,.-'´  ノ        .i.:.:.:.:.:.:.:. . .            そうはいないと思うよ!?
           `゙''ー-‐'''"´   イ         V.:.:.:.:.:. . .
                                ゝ.:.:.. . .
.                        /
                       /,
           l                /.:.:.:. .
          U               /:.:.:.. . .
                      ゝ .:







  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   そう言った時の彼は、多分必死すぎて

   私になんと言ったかなど、もう覚えてなどいないだろう。
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





.


3360◆BSVL8zPtdg2013/07/11(木) 17:52:49 ID:YhFL5FxM0



                __
           ,  ´::::::::::::::::::::`  、
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ_
       /`i::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::i::ヽ         ━━━━━━━━━━━━━━
       i::::::|:::::::/:::::::::::::::::,ィ:::::::::::::!:l::::l::::::::::l:::::',           だけど、私には響いた。
      |::::::!::::::!:/::l:::::l::::/ |:::::::::::::|:l、:l::::::::::|::::::i        ━━━━━━━━━━━━━━
      l::::::l::::::|:i::::l:::::l:/  l:::::::::::::}ハ::|:::::::::li::::::l
      !:::::lヽ:::!:!::::!:::::!--‐'!:,::::::::/ー|::|:::::::::!l::::::l
     |:::l  `!:|::::l、:::|  、 lハW, - l/|::::::/ l::::::l
      |:::::l  |::l::::|cにニヽ    r ニヽ/::::/:i. l::::::l              ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      |:::::!  l::ヽ::!、 ////////// i.l/::::| !:::::l                 拳骨を貰うよりもずっと痛くて、心にきた。
      l:::::l  _!:::::`i:.`i 、 _(二コ _, ィく_!::::l:::l  !:::::l             ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      !::::l/:.:.ヽ:::::l:.:.:! \ ̄/ !:.l:.:.|::::l:/ヽ. l:::::l
     l:::::i:.:.:.:.、:.:.\l:.:.:lr/^^くv'^ヽ:.!:.:l/':.:.:.:} l:::::l
     !::::l|:.:.:.:.:.\:.:.:.ヽ{__   }  _{_':.:.:.:/:.:.:.i !:::::!
     i:::::l !:.:.:.:.::.:.:ヽ:.:./:.:.:.`.く!/:.:.:.i:.:/:.:.:.:.:.:.| l:::::l    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
.     l:::::l. ヽ:.:.:.:.:.:.:.:∨:.:.:.:.:.:.o〉:.:.:.:.:.V:.:.:.:.:.:.:/  !:::::!     人が死ぬ場所に、誰かを送り出す。 それをここで初めて自覚したんだ。
    /::::/   !:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.o〈:.:o:.:.:.:.:.\:.:.:.:.}  l:::::l    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ,/::::/   ヽ:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:./   l:::::l
  /::::/    i.Y:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/i:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〉    !:::::l



.


3361◆BSVL8zPtdg2013/07/11(木) 17:53:08 ID:YhFL5FxM0

















                 ━━━━━━━━━━━━━━━━
                    そして戦いが始まった。
                 ━━━━━━━━━━━━━━━━














.


3362◆BSVL8zPtdg2013/07/11(木) 17:53:37 ID:YhFL5FxM0

                               __
:.:.:.:.:.:.:、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ サ´
    ヽミ‐.、                        / ::/
    .\ ;ミ‐ 、                   ./ :/
       \  ` - _               /  :/
          \   `‐ _           /  /
           .\   `:‐、        ./  ./
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.::`.:‐、_.:.:.:.:.:./.:.:.:.:::/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ィ‐t__
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ミ.:‐、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: \    ` ‐:/   /                   / :/
       ` ‐ミ` ‐.、       \   /   / _                  /  :/
          `‐ミ ;` ‐、_     / `y    /  `:‐ .,_              /   :/
             `‐ミ  ` ‐、_´‐:/___;/      `ー― __     ./  ./   _,.... 、
               ` ‐ユィニ仁__/,.ィィュ――- _     ` -、_ :/   ::/ ,イ-、     ヽ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:` ‐ァ_  rイ´ `ヽ仁ヽ     ‐ュ      /   / ´   ヽ    i ル
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽミ :|  ;:   l三 |  :_,..__‐_    /    /     `‐、 ノ  l
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::ヽ_ヽ.:.:.:.:ノ三jr.:_,..イイ.:ュ、.:.: ̄ ̄/.:.:.:.:.:.:.:/.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:`‐ァレ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヾミミミミ;フ/ :r´  :ヽユ;i   /     /    ̄` ‐ 、    ';
                           `‐<:l ;:   :l三l  /      /      ― \  ';
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`マュ_ノ三ノ_ ィ    _;/      ` ‐、_  \ 〉
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`―式ス{_―― 、 ̄―― ュ、_       \ノ >
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:` ‐ミ \   \    ` ‐ _      \
             .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`.:マ`-、.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:`y:、.:.:.:.:.:.:.:.::\
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:              _______  / ̄/ k `‐ミ :\  /  ` ‐、_   :\
                          /          / / /   ` ‐ ` ‐ミ\ 式 ̄ ――` ‐、_   \
                         /          / /レ/ / ̄/      ̄          ` ‐、_ :\
                        /_____   /     / /             _从     ` ュ  \
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/  /     iY/              / / _从__   ̄ ―\
                              /  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/,.,// //  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::`
                      _____/  /                      " /,、/'´ /
                      /             /                          ゙ //
                   .  /_______/

.


3363◆BSVL8zPtdg2013/07/11(木) 17:54:16 ID:YhFL5FxM0



  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    幾つもの光が星のように瞬いて、消える。
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ _
                               /,/
                              / /
              ヘ             / ,/
      ___     ヽ\          / /
       l   \     _..-ヽ \        / ,/ |――_――__――_――__
      | _          ヽ \    /  /(。ノ
      | ヽ\        ヽ ヘ _イ_/   (。ノ。ノ ̄ ̄―――    ̄ ̄―――
 、-‐ ̄-.|= ヽ \         ヽ,/⌒ / 〉===,,|  ̄‐-___i、__           ___
  \   |   ヽ \       , r    / /,;;;;;;;;;;;;,'i-----=---──── =-'''´ ̄;;;il;;;;;;;; ̄`;;-,.__
   \__ ニ|    ヽ \,,_,,ィ、 ,ヽ / /,;;;;;;;;;;;;;;;;;/__----  -─"'' ̄ ̄ \、__;il;;;;;;;;;;;;;;;;;il;;;;;;;;;)゙゙─-....._
      ̄ニ|       ヽ/_  ̄ /|/,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ__  --- ─-.........._____ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄         ̄─-..__
      .|       /, ´  ` ヽ.|| ̄| ̄'i ̄ ̄           ---------.....__二i            _....--‐'"
      .|      〃/~\_ ‘i     !       -------,.---─"" ̄ ̄ _..-''''"  ̄ ̄" ̄ ̄ ̄" ̄ ̄
    ,--=ニニニニγ:</ ^ヾ\;;; |!!    !         _-‐'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;--" ̄
    /     , / .!::::ヾγ´.i:ヽ〈:: |!i    !      _- ̄----i、_"" ̄
   /    _//! :::!    ,,彡 ||      !    __-"   ̄ ̄ ̄i" ̄
    ̄‐--/ //i,:::!;;< ゞゾノ / i       !__-‐"
      'ー//,;;;;I:::ト< \;;/::/::i!       |''"    . /:::::::::::::::l  l:::::l l::::::l
        ^ ̄ ̄,|〃⌒ ` ヽ ノ      |   /::::::::::::::::::::::l  l::::l l::/ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            i!´     /       |  〈:::::::::../ l:::::::::l l:/      それは、誰かが今そこで死んだ、ということを意味していた。
            i!     ノ        ,!  ̄ヾ:/   l::::::::::l       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ――_――__ .ト-==ー ´       |        l::::::::::l  〉━___ ̄― ==  ̄
            .i::: :          !   ̄ ̄―‐l::::::::::l   /l ,/::l      /::::::ヽ
  ̄ ̄―――    |:: :          |   ___ ̄l::::::::::l  !::::l l:::::::l    /:::::::/―
            |:::              |         l:::::::::l    l:::::l .l::::::l   /::::::/―
             |:::.          |       /::::::::::l    l::::.l l:::::l /:::::/
             |::::            !      ./:::::::::::/    l:::::l l/,;::::/
             'i:::.        ,!   ―/:::::::::::/      l:::/ /:::/
             'i:::.       /    .〈:::::::::../          /::::/=  ̄ ̄ ̄  ―
              ゝ::.     ン                 /:::::/ ――_――__
               \::   /                  /:::::/
                 ^'=-'                  〈::::/__ ̄ ̄―――


3364◆BSVL8zPtdg2013/07/11(木) 17:54:48 ID:YhFL5FxM0




                __
           ,  ´::::::::::::::::::::`  、
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ_           ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       /`i::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::i::ヽ           恐かった。 泣きじゃくりたくなるぐらい恐くなった。
       i::::::|:::::::/:::::::::::::::::,ィ:::::::::::::!:l::::l::::::::::l:::::',        ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      |::::::!::::::!:/::l:::::l::::/ |:::::::::::::|:l、:l::::::::::|::::::i
       l::::::l::::::|:i::::l:::::l:/  l:::::::::::::}ハ::|:::::::::li::::::l
        !:::::lヽ:::!:!::::!:::::!--‐'!:,::::::::/ー|::|:::::::::!l::::::l
     |:::l  `!:|::::l、:::|  、 lハW, - l/|::::::/ l::::::l
      |:::::l  |::l::::|cにニヽ    r ニヽ/::::/:i. l::::::l
      |:::::!  l::ヽ::!、 ////////// i.l/::::| !:::::l
       l:::::l  _!:::::`i:.`i 、 _(二コ _, ィく_!::::l:::l  !:::::l    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       !::::l/:.:.ヽ:::::l:.:.:! \ ̄/ !:.l:.:.|::::l:/ヽ. l:::::l      次の瞬きをしたその瞬間、自分もあの光のように
     l:::::i:.:.:.:.、:.:.\l:.:.:lr/^^くv'^ヽ:.!:.:l/':.:.:.:} l:::::l
      !::::l|:.:.:.:.:.\:.:.:.ヽ{__   }  _{_':.:.:.:/:.:.:.i !:::::!     宇宙の闇の中に消えてなくなってしまうのではないか、と思ってしまった。
     i:::::l !:.:.:.:.::.:.:ヽ:.:./:.:.:.`.く!/:.:.:.i:.:/:.:.:.:.:.:.| l:::::l   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
.     l:::::l. ヽ:.:.:.:.:.:.:.:∨:.:.:.:.:.:.o〉:.:.:.:.:.V:.:.:.:.:.:.:/  !:::::!
    /::::/   !:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.o〈:.:o:.:.:.:.:.\:.:.:.:.}  l:::::l
   ,/::::/   ヽ:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:./   l:::::l
  /::::/    i.Y:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/i:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〉    !:::::l



.


3365◆BSVL8zPtdg2013/07/11(木) 17:55:23 ID:YhFL5FxM0



            .. -───‐-  ..                     ━━━━━
         ...:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:...、                    死
       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\                ━━━━━
      .:.´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
.    /.:.:.:./.:.:./.:.:..:.:/.:.:.:.:.:. |.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   /.:.:.:./.:.:./.:.:.: /.:|.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:l.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:\:!          その存在を身近に感じたのはいつのことだろう?
  〃.:.:.:/.:.:/.:.:.: /:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:l.:.:.:.l:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:|、     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 /|.:.:.:.:|.:.:.|.:.:./.:.:.:∧.:.:.:.:.:.:.|:. /|.:.:.:l∧.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:,.:|:.\
/ .:. |.:.:.:.:|.:.:」:.厶イ ∧:.:.:.:.:.:l/`ト:.⊥_|_.:!.:.:.:.:|:|//:.|.:.:.: \
.:.:.:.八:.:.:ハ.:.Ⅳ   |   V:.:.:.:/ ノ:.:.ノ j .:|.:.:.:/.:|:.:/:./\.:.:.:.:.ヽ
.:.:/   Y.:.:V ィ穴ミx  V.:./ xう穴㍉ .:|.:./.:.:.|V:./  丶.:.:.:.:.:..         ━━━━━━━━━
:/   |.:.:∧《 {///}  V  {///i} 》:ノノ:.:.:.:! V    ヽ:.:.:.:.:.:.          親戚のお葬式?
    |.:.:.:∧ ゞ少      ゞ少'  |.:.:.:.:.:.:.:|ノ        ',:.:.:.:.:..        ━━━━━━━━━
    |.:.:.:.:∧::::::..        .:::::::: |.:.:.:.:.:.:.:|          ':.:.:.:.:.:.
    |.:.:.:.:.:∧       ′       ノ.:.:.:.:.:.:.:|        i.:.:.:.:.:i
    ',.:.:.:.:.:.:.:ト     ‐ -    / |.:.:.:.:.:.:.:′       |.:.:.:.:.:|                  ━━━━━━━━━━━━━━━━━
     V:.:.:.:.:.:|ィ个:...、   _  イ  |.:.:.:.:.:./、       |.:.:.:.:.:|                    飼っていたペットが死んだとき?
     V.:.:i:.:.|::.:l::.:| V  ̄   /  ノ.:.:.:.:./::.:.丶        |.:.:.:.:.:|                  ━━━━━━━━━━━━━━━━━
    /\|ヽ|::.l::.::|  \  /  /}ノ};イ::.::.::.::.:.:\    |.:.:.:.:.:|
.  /::.::.::.::.::.::.::.|::.::|  く不>、  /::.::.::.::|::.::.::.::.::.::.:: \   |.:.:.:.:.:|
  {::.::.:::.::.::.::.::.::.:|::.::l/〃人ヾ\/::.::.::.::.::|::.::.::.::.::.::.::.::.::.}  j:.:.:.:.:ノ         ━━━━━━━━━━━━━━━
                                                多分、どれも正しいと思う。
                                              ━━━━━━━━━━━━━━━



.


3366◆BSVL8zPtdg2013/07/11(木) 17:55:50 ID:YhFL5FxM0















        ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            だけど、あのほど身近に感じたワケでもない。
        ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
















.


3367◆BSVL8zPtdg2013/07/11(木) 17:56:12 ID:YhFL5FxM0



                                            
                                            
                                            
  右腕および腹部損傷!                            
                                                
                                                
                   三三三三...                  
    三三                 ,----、 -、   三三三三三三    
        /;;;'''- .  三三三      {;;;;;;____} __}.               
三三     {;;;::::::__}      _,.- '' ̄"''ー-;;. ゝ_ン               
   / ̄~ Yヽ:: _ 〉   ,.- ''::::::::::/::::::::: ::.. ヾ.}    三三三.        
  /:::: .::ノ .: }'^〈"    ヽ/:::::::::::::i :::::::::::::::::..:}l.                 
 {::::: ;;;::::  .::  ヽ_,--、,.,.,/:::::::;;,,,:::::::::::::::;;;;__,イ \__               
  >、:::.ヽ   ノヽ、_{_,,,,,}.../::::::::::i ::::::::::::/=l:::: l======、ー、,.,._,.-'''"⌒ ー、..   
../:::::: ヽ、\'、____ll________/:::::::、:::,ヽ::::::::{ー--`ー',,,,.,.,.,.,,.,. )) "'' -       l ヽ、  
/:::::,,,,,,,/ヽ,,__)======={:::::::::::..ミ  、 ::)'::::.:::.::::.:.::_,.-'''"===ii;;;,,,;;,,;,;;,;,;,ヽ,___/ 
{::::ミ/;;;;;;l ;;;;;;;;;;;;;;;||;;;;;;;;;;::l::::::::::::::::::: イ::;;;:;:;_,,..-‐'' ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l   
.l;;;;;;;};;;;;;;;ヾ ̄ ̄:|| ̄ ̄ l:::::::::::::::::.ヽ \, -'": :: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄        


                              血が止まりません!



.


3368◆BSVL8zPtdg2013/07/11(木) 17:56:42 ID:YhFL5FxM0



             / ̄ ̄\
            / `ー    \
.         (○)(○。)    |
          |  |   o   |             ペリーヌ!!
          l___`___  0  |
             { __ヽ    |             ごめん……ごめんよ!
          {        /
          __\     /リ 厂`'‐- .._        俺のせいでッ!
      / :  : :介ーz<__」// |: : : : : : :ヽ
       | : : : : ::〈 「`乂/  / 丿: : : : : : : |
      | : : : : : /: | {::::} / `7: : : : : : : :│
      | : : : 〈: :│ {::::l /. :/. : : : : : : : : |


3369◆BSVL8zPtdg2013/07/11(木) 17:57:08 ID:YhFL5FxM0




ー―――――| |―――――――――――| |ー――''"
          .| |    _             .| |     .|
          ,レ-‐=Ξァ‐_>、           | |     .|
.         ,..'',r'',、-ヽ.(''_甲.''_         | |     .|
      /-,ュ.K_`〈='右つ´  廿         <ー'>    .|
     ,' ,<>ノ< ノ`ー''゛´  ,ィァlL        .|`¨´|.   .|
     V.(`.`        .{ トnイ       `冊" __. .|
                 、.、.i.`'''.,.'".ヽ. `个< i<ニ}_、 >、>
.     、,..-、      f.ャ._)i. ,>._ィ.,_. .l「.1 !...|「 しゝr' ̄||
.   .i ゝ<={     , ' ゝヒジ.i,'´ ゝ''  `、 ll、j._| |Li"`´..ヽll
    >'-<シ、   ,.‐.、 .i. ゙, i.i l   ∨...il|ネト.、`ニ.! .r ,イ>
.  .f 、 `´ .ト  {  ,.ァ{ ゝ .i.ii ゝ    ノ il|!\ |,.-_ニゝ,',' |
.  .li 、.レ   l〉  ,`ミジ-.,ィ、ー.、.〉、.,ィノ‐'".ヽ. \‐〈 ヽ  i |
.  .レ_^_‐r_ニヲ.'   .ヽ‐''" ̄゛´ `、"、.    ヽ .i-'‐_"ヽ'i..|
.   .l   .( .l  ヽ  ゙、 ._.,⊥  .', ',    .i l三
    !、_  l. ヽ!   `、 ソ¨.ノ¨  __,.!.-‐、   .i i-‐_''.-'.l
     l  ̄ll.l l   ' ,' i`「 .ィ‐''"        ヽ .i i イ-! .l¢
     l.   l.li l .l    i l   l ヽ _,.. .-‐''"~ i .i」 ィ .l  l
    l  イ ゝ! l      ,イ  l  l          .l‐''ト l l .l
    l   l ト `.l     L.|   l           l, ,-‐」,.ーィ
    l  'l. l  l      .lヽ.ゝ  l           i'`´ .`‐'"
     {__っ ヒ_.!     l`、ニ、 . l      _,.,ィ
.    .ヽ、_)`ヽl     ,..   `、!_,,...-‐'"  ¢
           .`トl..r'´      ¢
            .ヒヒ= つ


3370◆BSVL8zPtdg2013/07/11(木) 17:57:33 ID:YhFL5FxM0






 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      イエ
   同じ船に乗っていた仲間が堕ちた。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━




                           ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                             つい数時間前までは、笑いながら話し合っていた人が
                           ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                     …―
                            ミ
              /                 \
                                 .
            /             |  :|       :,
           ′ |      :  :|    |  :| : |  ′
           | |:   :|| .:|   .: | |  .:| :|  :|
           || |:|  ||| .:|   .: | |  .:| :|  :|   : |
           || |:|  |厶|:八 ー=|チ―| 从  |  :||
           |八 |:|≦|.:   /    ,斗弁-ミ |  :   ||
           |  Ⅳ八斗弁ミ      Vrリ ′|:|   ||
           |l :|  .:ト Vrリ  }⌒ゝ _ ..ノ^ |:|   ||
           八 :|  小. _ ..ノ ′      ,〟 |l |   .:||
            Ν.: :|∧ ,〟          /八| .:  |小.
            | |:|分 .   `     /|:| | :/ || ,
            |∧ :|/ :| :|〕iト  _.. イ { .:|:| |/  :|  ∧
            |/  .:|  | :| :Ⅳー}   .ノ⌒V .:/   |l  :∧
            /  八 厶斗 /. :/>rく`X : : .∨   :八 :   :、
.             /  /´≫ー…〈: :/ :/.ノ[∧ : \:/ . .:/>x._ .: \
          〈   : | : : : : : : : :≧介V⌒{Ⅳ≫′  .; ⌒¨^㌧   \
          / ,  :l|. : : : : : : : :〈 /  .:| ∨/  / : : : :/.|.:   \
        /  } 八: : :{ : : : : : ;     .:| ノイ 〃 : : : : : : : : |   \: \
         . ノイ. : : : : .∨ : : :/ ノ  . :|  :八人: : : :/ : : : :|.:  .: \  ,
.      {{  .:  ; | : : : : : : { : : 〈 〈__  .: } 》 : : : |/. : : : : : 〉.:   |: \
      人ぃ  : / :| : : : : : : |__: : : ⌒^}ー=彡イ: : _/ : : : : : :/|l |   :| :|  }
.         ), :/ .:〈 : : : : .: .:|¨¨i}: : : : :|{。 : : : : l{¨¨¨/ : : : : : : : 八|   :| :人 ノ



.


3371◆BSVL8zPtdg2013/07/11(木) 17:58:02 ID:YhFL5FxM0
━━━━
 恐い
━━━━
                                               ━━━━
                        ━━━━                  恐い
                         恐い                   ━━━━
                        ━━━━



                               ━━━━
                                恐い
                               ━━━━

     ━━━━
      恐い
     ━━━━             ━━━━━━━━
                          助けて!            ━━━━
              ━━━━    ━━━━━━━━        恐い
               恐い                         ━━━━
              ━━━━




                                        ━━━━
                                         恐い
                                        ━━━━



                     ━━━━
                      恐い
                     ━━━━

━━━━
 恐い                                             ━━━━━━━━━
━━━━                                             死にたくないッ!
                                                 ━━━━━━━━━


3373◆BSVL8zPtdg2013/07/11(木) 17:58:41 ID:YhFL5FxM0
































.


3374◆BSVL8zPtdg2013/07/11(木) 17:59:01 ID:YhFL5FxM0






                   ━━━━━━━━━━━━━━━
                     暫く眠れない日々が続いた。
                   ━━━━━━━━━━━━━━━




           /...:.:.:.:.:.:......  `}ミ:.:.:.:.....:.:.:...ヽ. `、    
   て人  , ,/..:.:/´ ..:.:.:.:.:....  ...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶:.‘,;   
    っ  ;' 〃V:/..:.:.:.:.:.:′:.:.:.... .....:.:.i:.:..ヽ:.:.:.:.:.:ヽ:}    
   ノ    /i`:///:/:.:.:.ノ:.:.:.:...........:.:.:.:|:.:.:.: i:.:.:...iミ/:ヽ   
   `ヽ.   .’:{ミ}i.i' :i:.:.:./|:∧...:.:.. ..:.:.:.:.:{:..i : |:.:.:...lニ{:.:...‘,  r
       i.八j:|i{.:.|_:厶斗七i:.:.:^乂}:.ハ:.|:.:.|}:.:.: |ノ!:.:.:.:.‘. ,
       |..:.:.}:|':!:.i/  {!ハ:l{:.:.:.:.:,介ー':!ーリ:.:.: {:.:}:.:.:. .. | ;}
       |.:.:ノ!.:八{ _、_‐ト 八:.:{/斗   }/};r‐v}:.,|.:. :.:.. |  
       }.:.:!:l :.:.:V'どうミx、 N ,z≦zミ/‘ソ 厂}、:.:.:.:.:.|  
      ;リ.:.:{:i:.:.:.:i} }!  ///// て ぅ'´ ‘ / 卜:.:.:. |  
       ,厶廴V .: 人 {{    ,   / {i’      'ノ:.:.:..|  
.      ハ r‐/´ ̄` (乂r‐ 、 _ _,{ イ⌒ヽ、 ,∠⌒ヽ:.:{  
    .′ V∨      ̄`i`ー一}       `く /⌒`i:|  〈
.     i   }  \≧.、 {′  {ヽ ̄´|       `く    }:{  
   |  ,′    ̄´`ス i j}ノ  j   。    ノ    ,:.:| 
   | ./       /}:ノ ノ′V /|   o    {     /:.:.i て人.
   ,j ./      ' 〈‘ ヘ /yヘ }         }、  ∧:.:‘, っ 
  .; }イ        八  V/}!:ハ/^}         トヽ./}:.:ト:.:.‘, ノ
    //       / o ∨/{ノ!:{〉Ⅵ!      ト  {イ:.:i} ヽ { `ヽ
   ∨         / O. {:{ /:j::∨}}{       ヽ.リ:|:. リ ハ{





.


3375◆BSVL8zPtdg2013/07/11(木) 17:59:48 ID:YhFL5FxM0





      ━━━━━━━━━━━━━━━━━
        それでも、日々は動き続ける。
      ━━━━━━━━━━━━━━━━━





                 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                   私がシーツに包まって震えていたときでも歩み続けていた人がいるように
                 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



              ________
           /) / .)  \
           / ./::/ ./:::/ ) \.
           l .l/ // ∠___ |
           l / / / _、,,.ノ |
          r      /___   |
          /     /    u.|
         /     ノ     /
       _∠⌒ヽ  j 'i, _、___ ィ/|\____
     / ...::::;;;:::ヽV;;;;l フiiiiく  /.:;;:l;;;;;:::´´''' 、、、 _
   / ...:::::;;;;;;;;;;;;:: 〉;;;;;:l/ iiiii \/.:;;;::l;;;;;;;;;;;;;::::::::..... i::..\
 / ...:::::;;;;;;;;;;;;;;;;:: /;;;;;;;;:::ヽ llllll /..::;;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::: l;;;;;;:: l



.


3376◆BSVL8zPtdg2013/07/11(木) 18:00:21 ID:YhFL5FxM0



|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |._ ._  | |  | : | | | | :l | | |:::::||/;;;;;;;;;::..    ..:;;;;;;;;;;| |:::::| |||:: | |||
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |l  ll  l | |  |__,l | | |_;l | | |                 | ||l:__ | ||l._
l,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,l | |  ||  ||  | | |  |_| | |_| | |                 | ||__| ||_
______________.| |  ||  ||  | | |  | _,,| | |  | | | :::......             ....::::| ||   | || _
._. _. _ ._ ._. _. _ ._ ._  | |  ||  ||  | | |  | : l | | |  | |. /;;;;;;;;;;;::.           .::;;;;;;;;;;;;;, ||   | ||l´
l  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  l | |  |l,__,ll,__,l | |  | : | | | |  | |/;;;;;;;;;;;;;:::::.       .::::::;;;;;;;;;;;;;,||   | |||
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  | ___| |  | : | | | |                         | |||
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |._ ._  | |  |__,l | | |                         | ||l._
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |l  ll  l | |  |_| | |                         | ||_
l,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,l | |  ||  ||  | | |  |  | | |                         | ||
______________.| |  ||  ||  | | |  |  | | |:::.....                      ......:::| ||
._. _. _ ._ ._. _. _ ._ ._  | |  ||  ||  | | |  |  | | /;;;;;;;;;;:::                   :::;;;;;;;;;;;, ||
l  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  ll  l | |  |l,__,ll,__,l | |  |  | |/;;;;;;;;;;;;::::::                  .:::::;;;;;;;;;;;;;:,||
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  | ___| |  |
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |       | |  |
|  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  | | |  |       | |  | :::::...
l,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,ll,__,l | |  |       | | /;;;;;;;;;;;;;..
______________.| |  |       | |/;;;;;;;;;;;;;;;;::::
                         | |  |






                      ___
                    /    `丶
           ,.. -‐---、....,.._/        \           ハンニバル……スピキオ……。
         ,r=‐‐‐-、   / ./  f´ ̄ `)   と´ヽ
        ,/'~      ヽ.  { i    !   j     }! )
       ノ.|         '! .{ .| y='==_:、,ノ   / )_!        ナポレオン……チンギスハーン……。
.      / ゝ       !ノ. 人ノ   `ヽ  /<ニ!,
     /   ヽ.      〈,>'<リ    〆f_.イ    s!
     ノ    ヽ、     `y'    O/テノ!    .q        うわ……俺、覚えること多すぎ……。
    /.      ゝ   r-イ     /' / .}    |
            、   ∫     ノ./'、  |    .|
            , .ゝ       //´  ヽ .}    |
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


3377◆BSVL8zPtdg2013/07/11(木) 18:01:05 ID:YhFL5FxM0






    ━━━━━━━━━━━━━━━
      それは本当に偶然だった。
    ━━━━━━━━━━━━━━━





                      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                        何かの気分転換にと、外に出てソコで彼を見かけたのは…。
                      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




.


3378◆BSVL8zPtdg2013/07/11(木) 18:01:49 ID:YhFL5FxM0




                     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                        それから、 あの人の事を目で追いかけるようになった。
                     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              ....::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..
           /:/:::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::>x
          /:/::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::\
.       /:/:::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',__
..    /:::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::j,:ヽ
.    /:::::/::::::::::::::::::l::!:::::::::::::::!:::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ:::ハ
   /:::::/:::::::::::::::::::::!:|:::::::::::::::|:::::::::'ヽ::::::l:::::::::::!::::::::V::::}:::Λ
   l::::/:::::::::::::::::::::/!:!:::::::::::::::!::::::/  V:::!::::::::::|:::::::::l:::::|::::::Λ
   l::::|:::::l::::::::::::::/ N::::::::::::::::!::::/⌒` l:::|!:::::::::|:::::::::}/::}::::::::Λ
.    V:|:::::l:::::::::::::l/ !:::::::::::::::!::/     }:ハ:::::::l:::::::::rV::l:、:::::::::\
.    N:::::::::::::::l:::|  V:::::::::::::!/  / ,斗ミ.l::::/\:/} }く代>-<
     |:::::::::::::Λ|__-V\:::::|    イ_)ノ.}'!:/::::::::|_ '::://
.    /\Λ:::ト.〃こテミ、 ヽ|     之こj|::::::::::::|ノ/
   /::::::::::/:::ヽ|::ヘ` 之こ}           |::::::::::::|/  /
.  !::斗イ:::::::::::::::Λ  ,,,,,,  ,     """ |::::::/-=二
 /   .乂:::::::::::::::Λ_       _  --―┴ ´
/       ̄`¨    _>'''"´
        v-/ ̄´
    / ̄/ /



.


3379◆BSVL8zPtdg2013/07/11(木) 18:02:46 ID:YhFL5FxM0

                     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                       断言できるが、これは恋なんかではない。
                     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
               ,  イ   ̄  ̄  `  、
              イ               ヽ
           __/                  \
         イ /   /  / /     |        ヽ-.、
       //  i  / /. / l   :|   ヽ        i ヽ
       / ./  l /  .|  ∧     |    ハ      |  .∧
       //   i |  : .| | l 、   |    :l ヽ  | l  |   .∧     ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     / l    l    .| l_i l斗     A i_l  |   l、   .∧      私は、その程度で転ぶような安い女ではないのだ。
     l| l  . ∧   l ∧|| レ ヽ   ノ レ   i ./    | ヽ   ∧    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     |/   / l  |  レヽ|   _` ヘ  |´_    レi    | ヘ   ∧
     /   /  |  |  i ィ=ぅ笊ミ  ヽ .| イぅ笊ミxl    l  ヘ  .∧
     /l  ./   i  | :ヘヽヒ::::ノ     `  ヒ::::ノノ ,  从i   ヘ  .∧
    i |  /    ,  :|: ヽ             ∧/ /l レ    〉   |
   l  | :/l , イ ´ l   l`丶""     '    ""ハノ  :| `ヽ、   |   :|
   /  | iイ    |   :ト 、_     _ _    , イ l / :|    \ |   :|
  /|  | 〈      i  :|   ` ー 、     ー ´ノ .l / i      i |   :i      
 l ,   |ヽ     l   ト‐、     ヘ´     孑 /  l     / ,   :|      
  i   :| i     .ヽl\|  T   .∧   イi´ / ノi/     i| |   ::|      
  |   :| l      ヽ / ヽ   l .ヘ  /  `  /     l  ,   ::i
  |   :| ヘ        /   \ ハ  ∨    ヽ/      ,l  |   :|
  |   ヘ ヽ      /        〈 o     ヘ      |  |/  :|




  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ただ――歯を食いしばって、歩み続けるあの人の姿が眩しかったから―――。
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


3380◆BSVL8zPtdg2013/07/11(木) 18:03:22 ID:YhFL5FxM0



                     __
                      ./   \-一ヽ、 __r‐- 、
                     ./   ノ  \ 7    7 } : : : :\__
                  |   ( ─)(─)/` ‐  / /: : : : : : : : : :` '' ‐-、__
                  | U     |  |‐-─≦/ : : : : : : : : : : : : : : : : :丶、
                  |     __´__ |    └‐-、__:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : : : : ヽ
                  |          |         `ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : }
                  } 、      /        _,. -<`丶、.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : :/
                  ハ、 `  ─ ィ--─一⌒V : : : : : : : : : : : : : : .:.:.:.:.:.:.:.:r´
              _ ,.-=〈:.:'、`ヽ、___  ヘヽ:.\: : : : : 、: : i:: : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:/
           _< : : : : ∧ :ヽ   /:::ヽ  Vヽ:ハ : : : : :ヽ: : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:./
       , -‐ '´: : : : : : : : : : :∧、 ∧::::::∧ l: : <:_: : : : :i: : : : : : .:.:.:.:.:.:.:.:_r'´
        /: : : : : : : : : : : : : /: : l V  !::::{ `!: : : : : : l: : : i:: : : .:.:.:_、-‐''゙´
      f : : ヽ : : : : : : : / : : : : l   l::::::i  l: : : : : /. : : :!/  ̄
      ゝ: : : i: : : : : : :〈: : : : : : : l  {::::::i !: : : : /: : : : :l
       j : : : : i: : : : : : : ヽ: : : : : : ゙、 !:::::::i l: : : :./ : : : : :!












       ヽ: : : : :,.. : : : : : : : : :./: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
   ト、 ___ >: :/ . : : : : : : : : :′: :ミミヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\
   ヽ .: : : : : : : :/. : : : : : / 三ミヽ彡三ミヽ: : : : : : : : ::!: : : : : :ヽ: : : :`ー---イ
    \: : : : ::/: : : : : : / ´  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ: : : : : : : ::!: : : : : : : :\.:.:.:.:.:.:.∠
  ヽ __>-イ: : : : : :.:/         _ ..',: : : : : : ::l\: : : : : : : : \:::::/
        /: : : : : : /,. -‐==、ニ二二_ ...,: ',: : : : : :.l  |.:.:.:.:.: : : : : : :\
       ././: : : : :.∧ 二ヽ   `¨¨¨ ,>=そ1: : : : :.l\|:.:.:.:.:.: : : : : : : : :\
      /:/: : : : : /: ハ Y心ヽ    ィイ 千rテ11: : l:l : ト、:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.::::::::::/
       /:/1: : : : /l:/: ハ.廴ソ     ヽ弋辷ソノ.:.:.:.l:l::::l  ):.:.:.:.:.:.: : : \ ̄
     /|/: l: : : :/:.:l: :/ 1, , , ,      , , , , , l.:.:.://.:.:レ': :.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : \
      ̄|:/ l: : : l: :::l:::l _人   ヽ        l.:.://.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : :/
          l: : : l: :::l:::l::::ノ ヽ  マ  ̄`ヽ   /::/.::::::::/.:.:.:.ヽ  ̄  ̄  ̄
          l: : : l: :::l:::l    l\ ヽ _ノ , イ::/.:::/l:/:::::::::::::::\
        \: l: :::lヽ!   ノ:: : >  _,. ィ´ //.:::/ニニ7⌒ヽ::::::::::\
         \: :l     ̄   「V //.::77/.::::::::〈     ̄ ̄
       /.::::::ヽl.:::::::::::::`ー---1::l//.:::://.:.::::,. -┴……‐- 、
       /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:://.::://.:, ィ´. :.:.:.::::::::::::::::::::::::::`ヽ
     /.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::://:::: //::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\



.


3381◆BSVL8zPtdg2013/07/11(木) 18:03:37 ID:YhFL5FxM0



       ┏┓┏┓
     ┏┛┃┃┗┓
     ┗━┛┗━┛ : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ、
     ┏━┓┏━┓ : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ、
     ┗┓┃┃┏┛: : : : : : : :|: :.|: : : : : : : : : : :.':,
       ┗┛┗┛ . : :./: : :./ : :|: :.|: : : l. . .l. . . : : :|
       .': :..|: : :l : : : :l: : :.:l: : :リ: :.|: : : |: : :|: : :|: : :|
       l: : :|: : :| : : : :|: : :.:| : /: : :| : : :|: : :|: : :|: : :|
       |: : :|: : :|: : : : |: :_,ィ´/:.:. :`ト、.: :|: : :|: : :|: : :|
       |: : :|: : :|7フア丁ハ八:_:_:⊥.ハ丁フ7ァリ: l :|
       |: : :|: : :|<灯カぅ       '灯カ>レ/.: :l :|
       |: :l | : :.|.∧ヒ少ノ、      _ ,ヒ少-/./ : :/ :|
       |: :|ハ: :.:|ヘ(  ::::::: )^⌒^( :::::::: )/: : イ : :|
       |: :|ハ: :|∧` ̄ ̄´  '   ̄ ̄´/: :.:/l: : :.|
       |: :|: /ヘj : :ヽ、   マ   7   ィ': : :/: l : : :|
       }: :|/: : ハ: : : :.:>.、 `=´ ,.<{: : : / :ハ: : :|
      厶:/:.:. : :.ハ ::/ :rく `≧r彡リ`Y: : :〈 : : :ハ.:.:|
.       /: :/ : : : :.ム:V :/  `7ァーヒ"´∨ : ハ: : :ハ.:ト、
     /: :/: : : : :厶__rく   ∧  ∧   ∨ : :ハ: : : :`ヽ:\
.     //V: : : : : :.{   l}\_/>ァ‐くハ__/{`ー‐!.: : : : :.}.: :.\
    //:/{.: : : l: : :| ̄ ̄ / /  ' \   ` ゙̄}: ! : : :.ハ: : : : \
.  //: : { \: :.l.: :.|   /  /   '.   \   /:/: : :/ /!.: : : : : :\
/: :/ : : :|   \ヾ :\  `ー'`ー---'ーーく  ノ:/:.:./ / .| : : :\ : : :)






                  , -‐― ‐- 、
                      /    u   ヽ
                    _'  u        i
               < _ \          i
              <__ \ \     u  i
             <__ \ \ ヘ /⌒/  ./
           └--ミ ヽ、\ - \ |  ./
             /   丶  -       〉/
         ,.-/|     ( \   u  !
       / | \ヽ    \_ヽ     {
     ̄<   !  `\   、ヘ   u ..> 、
    _ \   !    > ー-- イ\  .∠/ヽヘ
    !  ̄ ̄ ヽ /{  )\ | ..\(⌒)   ノ \
           \ /⌒\ 〉   ヾ、 /     \
             \ い /    \/ \(
              \ /     / \



.


3382◆BSVL8zPtdg2013/07/11(木) 18:03:59 ID:YhFL5FxM0


       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       ――その光が何なのか知りたくて、私もあの人にならって頑張ってみようと思ったのだ
       ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                 -――――-
             /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
            .:::::::::::::::/::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::ヽ
           /:::::::::::::::;':::/:::::::::::::::::j::::::::::::::::::::.
           ,':::::::: /:::/|:::::::::::::::::::::::|\::::|::::::::::i
          /|:::::::i::|::⌒|:::{::::::::i:::::::/|⌒i:::|:::::i::::|\
        /::::::|:::::::i::Ⅳ |:八::::::i:::::/ j/ V|:::::i::::|::::::\
          / :::::::|:::::::N,ィうテミハ :::!::/ィうiテト│::::::/\:::::::ヽ
       /:::::::::/ハ:::::i:::.、V::.ソ ヽレ' V::..ソ :::/V  ヽ::::::::::.
.      /:::::::::/  レ:V^7ゝ    ,       /:イ ::|    '::::::::::,
     /:::::::::/   {;:::{ { い、   、 ,   ∩/h::iト 、  i:::::::::,
      ::::::::::;′/∨トヽ丶.\     _ ノノ // リ  \ |:::::::::i
     i::::::::::| {   l::\    ` 、‐‐/   /:::/     }│:::::::|
     |::::::::::| |   ∨|/丶、  }_{   /∨|/    │|:::::::::|
     |::::::::::| |     ∨ ̄\ |八 / ̄│ /    |│:::::::|
     |::::::::││     /    o\「o     ∨     |│:::::::|
     |::::::::│ ∨     /       }|     ∨    /│:::::::|



.


3383◆BSVL8zPtdg2013/07/11(木) 18:04:30 ID:YhFL5FxM0


               ___
          ., -‐ '"::::::::::::::::::::::`> 、
.         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        /:::::::::::::::::::::::ィ:::::::::::::::::::l::::::::::::: \
       ,':::::::::l:::::::::::::/|:ト,:::::::::::::: ト,::::::::::::::::`ヽ
       イ::::::!:::|:::::::l ム+!-、:::::::::::| V::::|:::::::::::::トゝ
     /:::::::::: |:: |:::::::!/  _L  、::::イ厂l::/:::::::.:::::}
.  /::::::::ハ::: !:::lハ::::レ'朽.ヾ  ヽ/,チモミ〈|::::::::::::/          まだまだ気が抜けませんが
. /::::::::/ .ヽ }::::::::ヽト弋_ソ     ト' リ 〉l:::::::,イ
/::::::::/    Ⅵ::::::::: | ,,,,,,   ,  `´ イ レ':∧           哨戒拠点の建設の目処も立ちましたし
::::::::/       l:::::::::::|    __  "" j: |l::::::: |
:::: /         !::::::::::|    ヽ...ノ   ノ::::|ハ:::::: |          あともう一踏ん張りですよ、皆さん。
::./         l:::::::::|>、      イ:::::::::ハ::::: !
'         入:::: l`ヽ、`' ‐r<  |:::::::/  l:::::::!
       , -<  |ヽゝ  ,ィV,、 ト、_lイ/   !::::::l
     /      |  ト  / 〉仆、j  l>、_   !:::::}
.    /       \ ヽ' //l!!ト、v |;;;| >、 .!:::::l
.     {        く  V〈/.ハl } | |;;;|   } !::: |











                 -――――-  
             /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
            .:::::::::::::::/::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::ヽ
           /:::::::::::::::;':::/:::::::::::::::::j::::::::::::::::::::.
           ,':::::::: /:::/|:::::::::::::::::::::::|\::::|::::::::::i
          /|:::::::i::|::⌒|:::{::::::::i:::::::/|⌒i:::|:::::i::::|\              そういうわけでして、お三方
        /::::::|:::::::i::Ⅳ |:八::::::i:::::/ j/ V|:::::i::::|::::::\
          / :::::::|:::::::N,ィうテミハ :::!::/ィうiテト│::::::/\:::::::ヽ           崩れかけて危ない瓦礫の山があったそうです。
       /:::::::::/ハ:::::i:::.、V::.ソ ヽレ' V::..ソ :::/V  ヽ::::::::::.
.      /:::::::::/  レ:V^7ゝ    ,       /:イ ::|    '::::::::::,         それの撤去に協力してください。
     /:::::::::/   {;:::{ { い、   、 ,   ∩/h::iト 、  i:::::::::,
      ::::::::::;′/∨トヽ丶.\     _ ノノ // リ  \ |:::::::::i
     i::::::::::| {   l::\    ` 、‐‐/   /:::/     }│:::::::|
     |::::::::::| |   ∨|/丶、  }_{   /∨|/    │|:::::::::|
     |::::::::::| |     ∨ ̄\ |八 / ̄│ /    |│:::::::|
     |::::::::││     /    o\「o     ∨     |│:::::::|
     |::::::::│ ∨     /       }|     ∨    /│:::::::|

.


3384◆BSVL8zPtdg2013/07/11(木) 18:04:48 ID:YhFL5FxM0




                / ̄ ̄\
                 「   ヘ   \
               (ー)(● )   |
                 |  |      |
               |__`___    |
                   | `ー´    |                了解した、伍長。
                l       /_.{
                アニニ<//〉、__ __           これより、瓦礫撤去の作業に移るよ。
               ,./ /\  / : : : : : : > : :\
            _/ /|イ:::::/∨. : : :l: : : : : : : : : : :.丶
          /. : : : :| ./`Y / : : : 」: : : /: : : : : : : : }
         ,´ : :/: : : :| i::::::|/ : :/: : : /: : : : : : : : :|
          { : :/. : : : :|/:::::/ : : : : : : : | : : : : : : : : : ,'
        / : :,' : : : : : |::::/ : : : : : r---く´ニ\: ヽ:ノ
       、'ーr,_| : : : : : :|:/ : : : : :_/二ヽ V: : : : ` :´
      / :./ ̄>< :./ : : : : :/ 二 ヽ_」┘: : : ∨}
     / : : :ム / : : : : ̄ ̄ ̄ ̄~゙''-ゝ.」: : : : : ∨ :}
    { : : : : : :\、 : : : : : : : : : : : : : : : :\. : : :∨ : :l
    ヽ: : : : : : : : ̄"\ : : : : : : : : : : : : : : : / : : :{









            ,  -──‐-  、
           /.::::::::::::::::::::::::::::::::\
           /.:.:.:/::::::::::::::::::::::\::::::::.\
         /.:.:.:/:/:::::::/::::::::::::::::::::\:::::::::.\
       /.:.:.:/:/:::::::/::/.::l.: . |.:.:.:.|.:.:.ヽ.:.:.:.:. |
      ノ.:.::..:l.:.l.:.:.:.:l.:/.」_l.:.:. |.:.:._L_.:.:.|.:.:.: . |
     /.:.:.:{: : l:.:l.:.:.:.:l/´ |∧.:.:|.:∧∧`メ、.:.:.: |
    ./:.:.:.:∧.:.l.:.l.:.:.:/    VV    リ.:.l.:.l.: :|         はい!
    /.:.:.:.:/  V.:.l.:.:.}斗==    ィr=ミ、 :l .l:.:/
   ,'::.:.:.:.:l   l:.:.:.:V          VV::〈          よろしくお願いします。
   l.:.:.:.:.:.|   l.:.:.:.{  ''゙゙   '   ゙゙'' ∧.:.:.ヽ
   l.:.:.:.:.:.|   l.::|:.:.ヘ    r‐ァ   ノ.:.:l.::::ハ
   l.:.:.:.:. |   l.:.|.:.:.:.:V>     , イ.:. : l::/.:.:.|
   l.:.:.:.:. |   Ⅵ.:.:.:.:.| \ `二´ ト、/.:.:.:::∧.:.:.:|
   l.:.:.:.:. |,  -‐ \: |  \__ ノト、.::/V  }::::/
    ヽ.:.:/      \  //ハヽ }::::::\>く
    V          V//  } V \.:::::\ ヽ
     {          V C し'   ヽ.::::::〉 }


.


3385◆BSVL8zPtdg2013/07/11(木) 18:06:08 ID:YhFL5FxM0
総統府|ω・`) (と、いうアズにゃんのテコ入れ話だったのさ)


33862板一休にて管理人の相談があります2013/07/11(木) 18:07:45 ID:Ma30Kehc0
自分たちで徹底的にぶっ壊しておいて、自分たちで瓦礫を撤去する。
人間の物悲しさってものが現れている気がする。諸行無常


33872板一休にて管理人の相談があります2013/07/11(木) 18:13:22 ID:7f6sVw1k0
まあ悪であるジオンにもこういう苦労があるんだよということで>撤去作業


3388◆BSVL8zPtdg2013/07/11(木) 18:17:03 ID:YhFL5FxM0
総統府|ω・`) (>>3022辺りの時間軸だよ、ってことを伝えたかったの)


33902板一休にて管理人の相談があります2013/07/11(木) 18:24:39 ID:GlZslfN.O
別にジオンが悪でも連邦が正義でもないだろう
毒ガスとかコロニー落としはどうかと思うが、あれぐらいしないと国力差でどうしようもないしな


3392◆BSVL8zPtdg2013/07/11(木) 18:27:54 ID:YhFL5FxM0
総統府|ω・`) (そうだ、ちょっと質問といいますか普段ROMっている方々にもお願いがあります)


3393◆BSVL8zPtdg2013/07/11(木) 18:32:43 ID:YhFL5FxM0
ガンダムあまり知らないけど、このスレ見ているよ~とか
参加しているよ~って方いらっしゃいましたら、忌憚無くご意見が欲しいのです。

この話やレスの流れを見て、ガンダムという物語の枠組みは知っていただけたでしょうか?


3395◆BSVL8zPtdg2013/07/11(木) 18:37:09 ID:YhFL5FxM0
正直、私も一杯一杯の心境でここまでやってきましたが
ガンダムというものにあまり触れたことの無い方達を
置いてけぼりにしすぎてやしないか、とふと思いました。


33942板一休にて管理人の相談があります2013/07/11(木) 18:36:23 ID:iIhy0Pl.0

実はあまりわかってないww


3396◆BSVL8zPtdg2013/07/11(木) 18:38:32 ID:YhFL5FxM0
総統府|ω・`) (おぉ!意見ありがとうございます。 やっぱり説明不足か……。)


33972板一休にて管理人の相談があります2013/07/11(木) 18:39:59 ID:n6.baVy20
人口増加からの宇宙移民のとこからやんないと
正直置いてかれるわな


33982板一休にて管理人の相談があります2013/07/11(木) 18:45:55 ID:GlZslfN.O
なんでジオンが戦争しかけたか説明しないとただの悪の帝国になっちゃうからな


3400◆BSVL8zPtdg2013/07/11(木) 18:52:59 ID:YhFL5FxM0
>>1もなるべく噛み砕いた説明を心がけたいと思いますが、
ただ、事細かに描写していては、今の>>1じゃあ話が滞ってしまう可能性が非常に高いです。

なので大変心苦しい話でありますが、他の作者様のスレや
ガンダムに関するスレやサイトをみてセルフ保管していだけるならありがたいです。


34012板一休にて管理人の相談があります2013/07/11(木) 18:54:22 ID:SvLL1ae.0
ガンダムっていう舞台とスレのシステムの齟齬がアレだからそんなに気にするとこでも無いわな


34022板一休にて管理人の相談があります2013/07/11(木) 18:55:04 ID:J5NAPgKA0
逆にめちゃくちゃ詳しいんで説明あったら飛ばす気でいたけど
解らない人もいるのか・・・


3403◆BSVL8zPtdg2013/07/11(木) 18:57:13 ID:YhFL5FxM0
あと、ガンダムが知識がある方たちにも、
できればでいいのですが、ガンダム初心者もこの場に居るので
雑談の際は、分かりやすい噛み砕いた会話をお願いしたいのです。


34052板一休にて管理人の相談があります2013/07/11(木) 19:00:17 ID:iIhy0Pl.0
そういえばニコニコ動画の卓MAS系のガンダムTRPGって参考になるの?


3406◆BSVL8zPtdg2013/07/11(木) 19:00:43 ID:YhFL5FxM0
総統府|ω・`) (今更ながらの話で申し訳ないですが、どうかよろしくおねがいします)


34072板一休にて管理人の相談があります2013/07/11(木) 19:03:35 ID:GfPNskNU0
初代ガンダムをはるか昔に読んだ程度ですが見てるよー(参加はできてない


34092板一休にて管理人の相談があります2013/07/11(木) 19:05:32 ID:iIhy0Pl.0
DVDは劇場版3部作になったやつレンタルしてみた程度だから
あんまりわかってないんだよな―


3410◆BSVL8zPtdg2013/07/11(木) 19:08:24 ID:YhFL5FxM0
>>3409

総統府|ω・`) (十分だと思いますよ? 内緒の話ですが、>>1もそこまでガンダム詳しいワケじゃないんで)


34112板一休にて管理人の相談があります2013/07/11(木) 19:14:21 ID:n6.baVy20
少子化?ナニソレ?ってレベルで人口が増え続けたよ
地球に人がもう住めないから希望者(建前)には宇宙で暮らしてもらうよ
実際には見捨てられた民 棄民だよ
地球から一番遠くにあるコロニー サイド3がジオン公国を名乗ったよ
ジオンはこれまでの圧政に怒り独立戦争を仕掛けたんだね
人口差で真面に戦っても負けるからレーダーやミサイル誘導を阻害する不思議な粒子を作ったよ
不思議な粒子の中でも戦える様にでっかい人型マシンを作ったよ
それでも差は埋まらないから他のコロニーに毒ガス撒いて
コロニーを爆弾にして落としたよ 狙いは外れてオーストラリアに命中しちゃったんだ


34122板一休にて管理人の相談があります2013/07/11(木) 19:15:48 ID:iIhy0Pl.0
>>3411

最後の行が必死の抵抗で別の場所に落とさせたってやつか、把握した

ちなみにAAない機体を別ガンダム系AAでごまかして登場希望ってセーフ?


34132板一休にて管理人の相談があります2013/07/11(木) 19:16:08 ID:n6.baVy20
三等兵|ω・`)「ざっと纏めてみました!」


3414◆BSVL8zPtdg2013/07/11(木) 19:22:05 ID:YhFL5FxM0
>>3412

総統府|ω・`) (よほどAAがかけ離れてなければ、一考します)


>>3413

総統府|ω・`) (素晴らしいジオン十字勲章ものだ)


3415◆BSVL8zPtdg2013/07/11(木) 19:23:56 ID:YhFL5FxM0
総統府|ω・`) (さて、申し訳ない。 そろそろ寝なきゃアカン時間なんで落ちます)

総統府|ω・`)ノシ(おやすみなさい)


34172板一休にて管理人の相談があります2013/07/11(木) 19:28:09 ID:iIhy0Pl.0
おやすみなさいませ総統
次の作戦目標は――


34182板一休にて管理人の相談があります2013/07/11(木) 19:28:51 ID:YPipc9ws0
かつてジオン・ズム・ダイクンっていうカリスマ政治家がいましたよ
彼は宇宙という過酷な環境で過ごすことで人類は宇宙に適応した新しい種になると考えたよ(ニュータイプ)
そして宇宙の民は宇宙で自治権を持ち、地球の環境破壊はやめるべきだって地球の人に対話で訴えたよ

そんな彼が死亡してジオン共和国は彼の側近のザビ家が指導者になったよ
指導者になったザビ家は国を独裁体制にしつつも、英雄ダイクンの名を残したジオン公国にしたよ

その後、ザビ家の長男ギレンがジオン公国の独立を求めて宣戦布告をしたよ、これが一年戦争

ちなみに、ジオン・ダイクンの死亡はザビ家による暗殺であり
その際に息子のキャスバルと娘のアルティシアは生き残って
キャスバルはシャアと名前を変えてザビ家へ復讐を誓ったんだよ


34212板一休にて管理人の相談があります2013/07/11(木) 20:10:14 ID:hBNkJok.0
スパロボとブルーディスティニーで何となくわかるくらいであります
それと動画やらなんやらでネタにされてることが頭に残ってるくらい かな?
分からなかったり詳しく知りたいときは目の前の箱に答えを吐いてもらっております


34222板一休にて管理人の相談があります2013/07/11(木) 20:18:44 ID:CtqNTphc0
現在のザビ家の面子はこうなってるよ。
父 デギン 元ジオン・ズム・ダイクンの片腕で公王だよ。でも実権はギレンに握られてるよ!戦争には反対だよ。
長男 ギレン 実質のトップはこの人だよ!ジオン・ズム・ダイクンの主張を曲解してスペースノイド至上主義を掲げて地球連邦に宣戦布告したんだ。モデルはヒトラーだよ!
長女 キシリア 諜報機関を抱え暗躍しまくる氷の女だよ!兄のギレンと政治的に、弟のドズルと軍事的に対立してるよ。
三男(もしくは次男) ドズル ガタイと顔がゴツい激情家だよ。でも無用な殺生を好まない人情家で弟のガルマを溺愛してるよ。奥さんはすっごい美人だよ!
末っ子 ガルマ 育ちが良くてイケメン、人を信じ過ぎるきらいがある「お坊ちゃま」だよ。父デギンからは「軍人に向いてない」と心配されてるよ。


34232板一休にて管理人の相談があります2013/07/11(木) 20:23:11 ID:nP4Am8rU0
まぁ、つらつらと語ってもわかりにくいと正直思うw

基本的に政治とかどうでもいい人多数だろうし
やっぱり参加するうえで一番わからない人はわからないものはMSの性能と発展系だと思うから

>>1がこんな感じのものがありますよーとか露骨に誘導したほうがいいかも?
詳しい説明や種類とか読者が語っても主観入り混じったり手に入る可能性低いのだったり
わけがわからなくなりそうですし


34242板一休にて管理人の相談があります2013/07/11(木) 20:23:38 ID:uG2gJgGo0
つまりギレンとキシリアを潰せばジオンも丸くなるのか?


3431◆BSVL8zPtdg2013/07/12(金) 16:33:54 ID:50IBSvKQ0
>>3423

ギレンの野望のプレイ動画挙げていらっしゃる方の動画をなぞって頂くのが一番手っ取り早いの、かな?


もう何年も前のうp動画なのうですが、今でも見返すぐらい好きな動画なんですよねぇ
ゲーム操作も普通に上手ですし、参考になります。 プレイスタイルも、ジオンの機体オンリー縛りと心擽られるところもあります。


34322板一休にて管理人の相談があります2013/07/12(金) 16:49:25 ID:iAhVOmYw0
プレイ動画も実は分かってること前提だったりする作品も多いですからねぇ
新しい機体を作るたび、この機体はこういう機体だとかの説明とかなかったら
プレイ動画だけだといまいち強さピンと来にくいですし

仮に強さがわかった場合でも、このスレとの能力差でのギャップを感じることにもなりかねないからなぁ

まぁ、でもあえて言うなら
話が面白ければ原作知らない人でも原作無視してても人は集まるもんです
集まって見始めたらいつのまにか自分でも気になることを調べたりするもんです
作者さんとして原作も見てくれるのは嬉しいでしょうが、目的を履き違えてたら後でモチベ保てなくなるかも?


3433◆BSVL8zPtdg2013/07/12(金) 16:53:35 ID:50IBSvKQ0
総統府|ω・`) (つまり私が面白い作品作れればそれで全て丸く収まると)

総統府|ω・`) (なんだ、当初の目標のままじゃないですかー………超プレッシャーだなぁ)


※この間、ガンダム世界をいかに初心者に説明するかいろいろ議論されていますが、中略。 ※まとめ管理人

3486◆BSVL8zPtdg2013/07/13(土) 16:34:26 ID:BtFaagbA0
            , ‐ 、
         乂_人
           \ヽ
                ヽ .
              V,
                  V,
                V,
               rfキ
             .     ̄ ̄   .
         /  __ハソ从    ヽ
.          / ト、´      ´^`V}   .          まあ、連邦の事なかれ主義ぶりや、
          { 以}     =  =   }
.        .人_ノ       /⌒ヽ.  ,          ギレンの地球をナメきった戦略は仕方ないです。
   x─¬=个<     {__丿 /
   └=圷」 j.   `二二三丸 . ´           だって、アニメですもん。
     _`二下ミx._ r仏_ノ 厂´
  . < ,〃⌒リヾ=ミ/ 叺ニミY
  {  {込,__,厶ヘ.ヽく └'^灯
  `ー=彡'     ̄`Tニ二T
               乂_彡'


3487◆BSVL8zPtdg2013/07/13(土) 16:36:24 ID:BtFaagbA0


         , ‐ 、
         乂_人
           \ヽ
             ヽ .
              V,
               V,
                V,
               rfキ
          .     ̄ ̄   .              それに、なんでしょうね。 ズム・シティーのあれ
         /  __ハソ从    ヽ
.          / ト、´      ´^`V}   .            私、あの建物見たとき
       { 以}     =  =   }
.        .人_ノ       /⌒ヽ.  ,            ドラえもんの海底鬼岩城を始めに思い浮かべましたよ。
   x─¬=个<     {__丿 /
   └=圷」 j.   `二二三丸 . ´             ガンダムで私が一番突っ込みたいのはソコですね。
     _`二下ミx._ r仏_ノ 厂´
  . < ,〃⌒リヾ=ミ/ 叺ニミY                 あれを設計した人のセンスを疑いたくなります。
  {  {込,__,厶ヘ.ヽく └'^灯
  `ー=彡'     ̄`Tニ二T
            乂_彡'


34892板一休にて管理人の相談があります2013/07/13(土) 16:47:49 ID:Ilj3W/yc0
>>3487
大丈夫、マカオのグランド・リスボア・ホテルを設計した人が合体事故でも起こせば
ズムシティ並みの建物が設計されるに違いないから

今の人類には早すぎるけど、ガンダム世界だとありなんだよ、きっとw


3490◆BSVL8zPtdg2013/07/13(土) 16:48:27 ID:BtFaagbA0
箇条書きしちゃえば、ジオンは擁護なんて到底できない悪の帝国ですが

それでも、と今のできない夫達の時代のずっと後でもジオンの名を御旗に戦う

宇宙に住むスペースノイドたちがいるように、一から百まで全てが悪ではないはずです。


34912板一休にて管理人の相談があります2013/07/13(土) 16:49:30 ID:VQjR6Ps.0
酷いと思うがそこまで悪の帝国とも思わないなあ


3493◆BSVL8zPtdg2013/07/13(土) 16:51:02 ID:BtFaagbA0
何がが言いたいか、といいますと

地球圏、宇宙含めできない夫たちの後の時代の市民がどうなったか知りたいならこれ

総統府|ω・`)つ「ユニコーンガンダム」

これを見るべし、というか見てください超お勧めです。

とステマしてみる


34922板一休にて管理人の相談があります2013/07/13(土) 16:50:24 ID:4Xue1XLA0
>>3487
大丈夫、ジオンの新型水中MSとか宇宙怪獣だから

「連邦の新兵器か!?」
「いや、宇宙怪獣だ!奴らは異星人と手を組んでいたんだ!」
「やはりそうか!でなければメガ粒子を実用化できるわけがない!」
「複眼を見るな!怪光線を出すぞぉっ!!」


3494◆BSVL8zPtdg2013/07/13(土) 16:53:05 ID:BtFaagbA0
>>3492

総統府|ω・`) (あれ、その流れガンダムAで見たぞ……。デギン公王様が杖を落としたばかりに起こった悲劇……。)


34962板一休にて管理人の相談があります2013/07/13(土) 17:01:24 ID:YH.56bRQ0
でも実際にコロニーが独立した頃にはジオンなにそれ?である


34972板一休にて管理人の相談があります2013/07/13(土) 17:07:01 ID:bXb.kHss0
>>3489
思わずググってしまったが確かに合体事故起こせばそうなりそうだわww


34982板一休にて管理人の相談があります2013/07/13(土) 17:13:09 ID:qkRl7kqM0
ジオンは偉大だよ。できない夫が乗ったのがセイバーフィッシュだったら今頃戦死してるw


3499◆BSVL8zPtdg2013/07/13(土) 17:14:13 ID:BtFaagbA0
>>3489

総統府|ω・`) (本当にあと少しで事故りそう。 というか何だろうこの胸に入ってくるモヤッと感)


関連記事
スポンサーサイト



[タグ] 太眉◆BSVL8zPtdg

正直、女に好意的に見られてることが理解できん。
お人よし以外の部分が雑魚すぎるだろこの主人公
[ 2015/05/19 23:34 ] [ 編集 ]

現代に当てはめると開けた戦場に正規のMBTで突っ込んで機動打撃部隊の歩兵分隊にぼこられるレベル
雑魚というかどうすればそんな事になるのかと首を傾げるレベル
[ 2015/11/21 08:02 ] [ 編集 ]

女コマすしか能のない無能隊長を操作するってのもアレだなぁ
ガンダム世界の宙間戦闘で同数の戦闘機に負けるとかただのカスを超えた何かだし

[ 2016/05/11 22:10 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yaruowohiroiyomi.blog.fc2.com/tb.php/806-fbd3f233