【銀河英雄伝説】ダイスでやる夫の人生を! 07 スーパーエースたちの戦後 前編

997◆aZtyQTMW122019/09/04(水) 19:25:08.29 ID:Olb9qyQa



                           , -──────- 、      ____ 
                         /,.-‐-、     ,.-‐-、  \  / 
                        /                  \|  歴 
                      / /´'⌒`ヽ     /´'⌒`ヽ    |    史 
 __                 /   ヽ..   ノ     ヽ..   .ノ    |   上 
     \              l     ''""(____人____)´""'     |   最 
      |i  ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ       ヽ      ノ′     <   空 強 
 や    |i  〈 ●ノ\   /\ ●〉     |,/⌒'⌒ヽ|          |   戦 の 
 る 乙  |i   ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ         l     j           |  隊 
 夫 だ  |.   )    Y    (  \      ``ー--‐''´           |  だ 
  大 ね  |i /  γ⌒     ⌒ヽ  \      ー ‐             |    お 
 尉    |i/  r一 ヽ        |ヽ __、ゝー                 イ|  ! 
 !    |i|  |   i__人__ノ |                   \____ 
        |i \ |    i   `ー'´   /                       `ヽ 
       |i  〉|   |        く                         | 
       |i / i    i        ヽ                            l 
  __ / i               }                            l 
  

さて、この時代に伝説的武勲を残したリバティ空戦隊はルルーシュの反乱ののち、全員生きながらにして二階級特進を遂げました。
そして・・・帝国との間に和平が成立し、実戦的意義より戦意高揚の意義が強かったリバティ空戦隊は解体。
それぞれの隊員は民間人に戻るか、それとも戦争屋を続けるか、それぞれ選択することになりました

やる夫大佐【1D100:31】
きめえ夫中佐【1D40:35】
キリコ中佐【1D80:8】
スネーク中佐【1D30:20】
カカロット少佐【1D70:66】
古代少佐【1D2:1】
ベジータ大尉【1D70:32】
マイン中尉【1D2:1】
ミンツ中尉【1D5:5】
間桐少尉【1D2:1】
野比准尉【1D2:1】

(1で退役。それ以外で戦争屋継続)



998方舟の名無しさん2019/09/04(水) 19:35:07.00 ID:1+D6VaRh
「尊敬する義父兼、心の兄兼、尊敬する上司がロリコンになった事を忘れたい」と言わんばかりに高いユリアンの出目


999◆aZtyQTMW122019/09/04(水) 19:38:41.30 ID:Olb9qyQa


.      ∧::::::::::::::::::::::::::::::::l :::::::::: |::::∧::: ////|:::::::::::: l ::: |:.
       Ⅵ ::::::::::::::::::::::::/ :::::::::::::: |∧` ∨///∧:::::::::: |::::::l:::::::::::: |:::::::::::::::{
        Ⅶ ::::::::::::: / :::::::::::::i:::::::::|´: : :`´ : : : :..|::::::::::ノ ::: | :::::::::: l ::::::::::::∧
.         |:::/ :::::::: / :/:::::::: /| ::::: |: : : : :    .: :l::::::: l :::::: | ::::::::::::| ::::::::::::::: 〉
      / ::::::::::::::::: /:::::::: /. | ::::: l: :      /:::::::ソ:::::::::{、 ::::::: l ::::::::::::::/
     /::ノ ::::::: /::/:::::::: / ヽl ::::::廴     /::彡´ ヽ:::::::: }:::::::::::{、::::::: (
     `¨/ ::::::::::::::/ :::::: 〈   `ヽ;::: /    ヽ::: 〉_ ,,... -‐ 人::::::::::::ヽ::::::::::: 〉
.      /::::::::: / :::::ヽ、_::::ヽ - 、 l::/`.     ´〉/ - __/   `ヽ:::::: /:::: /
     `ヽ,::::::::::::::: 〈  }:ソ-=z___{´      /′,イ´ ̄¨`ミ、  /:::: /:::::::{
       Ⅴ:::::::::::::::ヽ//¨ ̄ ̄`゛        ″      ¨  /ハ::/ヽル′
.         }ハ:::rヽ:::: /¨         /l            //  l
.          j ヘl {:∨: : .       / :|            /′ |
            | ヘ:{ : : :       ヽ::::l           / / /
.          ヘ  `: : :   .r-     `     、      /  ./    頼む。胃薬をくれ
           ヽ  ',: :     丶f==========ソ     /  /
            ハ、_、: .     ` ̄ ̄ ̄ ̄´      /イ¨´
               }::.. : .              /::::}
               lハ:: l` 、            < l::::/
              _lハ|::::::>. 、       <    |/
             「ー.. |::_:::::::≧ 、 ≦.       l― - 、
.               |: : : : ̄|::::l>..― - ― ――.┴ ´  |
.               |: : : : : :|::::|::::::|                |
            , <´ノ: : : : : :|::::|::::::|               l
          : : : :{:. :. :. :. :.|::::|::::::|               廴
              : : : `ー -=-.|::::|::::::|      _  -=   ´  /L
            `ミ、   〈:::〈::::〈_ -=  ´  _   -=-  _/
           .: : : .     /:::/::::/ _  -= ´ -=-  _-=´
              `ミ、./:::/:::/   /
                   |::::l:::「   ′


【リバティ空戦隊撃墜スコアランキング11位 間桐退役少尉 通算撃墜スコア130】

リバティ空戦隊所属する、凄腕のエースパイロット。
……なのだが、同僚がエースとかいう次元を超えている連中ばかりであるため、あまり軍事に詳しくない人がリバティ空戦隊の伝説を知ると、雑魚だとよく勘違いされる不遇の人
スコア100オーバーって普通にエースだからね? 普通ならいろんな部隊から勧誘されまくる逸材だからね?
そんな扱いに疲れたのか、講和条約後に彼は軍を去り、そして・・・・・・・・


【1D10:8】
1.民間交通宇宙船のパイロットに
2.政界進出
3.軍役時代に稼いだ金で資本家をやる
4.民間交通宇宙船のパイロットに
5.政界進出
6.軍役時代に稼いだ金で資本家をやる
7.民間交通宇宙船のパイロットに
8.政界進出
9.軍役時代に稼いだ金で資本家をやる
10.熱烈歓迎



1000方舟の名無しさん2019/09/04(水) 19:42:00.89 ID:C4Qn8E9a
蟲お爺ちゃんと呼ばれるようになるんか。


1001◆aZtyQTMW122019/09/04(水) 19:42:39.74 ID:Olb9qyQa




                       : | : : : l: : : : : : : ∧: : : : : :l : : : : : : : : : : l
               ∧: : : : : : : l: : : : `<: : : : : ∧ : : : : |: : : : : : : : : : :|
       |: : : : : :///ヘ//∧: : : : : : | : : : : : : \: : : : : \: : : l: : : : : : : : : : :l
    | : : : l: : : : : ∧      l : : : : : l : : : : : : : : :`<: : : : ヽ: : : : : 人: : : :∨
.   / : : : : : |: : : : l: :∧     `ヘ: : :.人 _: : : : : : : : : : ヽ; : : |: : : :/ / ヽ; : ハ
  /: : :|: : : : l: : : :.|: : :∧      l: : : : : : 〉、 : : : : :「`ヽヘ: : l: : : :{. ∧.  ∨
. l: : : l: : : : :| : : : l: : : : :ヽ     `ミ、: : :/ /}: : :/  }/ }ソ八: :.l { .〉 ./
. |: :./ : : : : :l : : : `<、: :{       `}: |/ .ケ≧-、- 、 /   }: :} /  ∧      有名人になろうとして、パイロットになんぞなったのが間違いだったんだ!
. 人: } : : : : : :|..: : : : : .| Ⅵ       {: l  .∧   C /    Ⅵ|   /: ∧
.   }ハ: : : : : l: : : : : : :|  >ミ、    人{ / ∨__j斗.       : :.r ィ: : : ル       今度は政治の舞台で活躍して、僕を見下している連中を見返してやる!!!
  ヘ `¨ ¬:`¨>、人 《ヽ ̄ヽ,      `≦三彡´      l |: :∨ /
        {: : : : : : : : \` `つノ          `¨´        / /: : :∨
         〉: :∧: : : /` \ `¨´ .| z、             .∧: : : : /
        ヘ:./ .l: ハ{    \   l 三        ィl     /: : : : : /
.           〉′ `        \   ̄  _ z 七 ノ   . イ : : : : /
                    `≧ュ _  `ー― ´  / : : : /
                         ≧ 、 三 / : : : /
                            ≧´〈: : : :/
                            ノ  |::l::| ̄
                           /.   Ⅴ∧
                        -= ´      ∨∧  /
                 _ -=≦´         \  ∨∧ /
              / ̄               \ |::l:::〉
.              /                     //:/
             l                     /:::/


政治家としての成功度【1D100:93】+55(運営補正)
かませ犬度【1D100:46】




1002方舟の名無しさん2019/09/04(水) 19:44:14.50 ID:nsztH4cH
滅茶苦茶成功してるw


1003◆aZtyQTMW122019/09/04(水) 19:51:27.59 ID:Olb9qyQa



           l;:;:;:;:;:;:;:;:;:l;:;:;:;:;:;:/;:;:;:;:;:、;:;:;:;:;:;八
       _斗;:_ ;:;:;:;:!;:;:;:/;:;:;::;:;:;:;:寸;:;:;:;:;:;ム
       〈;::;:;l;:;};:;:;:;:;:;:;:;:;:;/;:;:;:;:;∧;:;:;:;:;:\;:;:;:;:;:;`丶
.        Ⅵ|;:;l;:;:;:;:;:;lヘ;:;:|/∧;:;:;∧;:;:;:/;:;:;\;:;:;:;:;:;:;ヽ
       |;:l;:/,;:;:;:|;:;|ミヽl/″〉;:;:;:;〉;/;:;:;:;:;:/;:;:;:;;:;:;:;:l
       l;:;//;:;:; |;:;l    /;:;:;:;/:人 .〈/;:;:;:;:;:;:;:;:;{
         斤;{;:;:;:;:;|;:;≧、  \;:;N 孑 ´ 〉;:〉八ル八
.         | .|今、寸;:、};:;〉    `}〉≦z_ {リ }ハ 〉ヽ `
      人,l;:;:;:;};::l l >孑'  `フ  ヒ;:シ  ″ 〉 ./
        `¨了/} 「 ヘ;ソ      `¨´    ト ./      ハハッ! 見たか!! これが本来の僕の実力なのさ!!!
          {、ヘル、`¨´  j    _    l;:八
              ム    、 -  ノ    イノ
              人   >- ´  / .l _
                 今ュ、   /  ,ア |
                 | >> _ 七 ´  l 、
                 _/l     |::l::|  孑  ヽーz ュ _
   > - ――――≦´   ` <  |::l::|   /_  / ノ   ,ヘ- ュ ____
. /- 、                -ニ三 彡´孑 ,}/ / ./ /、     l ヽ
/   \                 |::l::|/ /  / /. / ./      / .|
|     \        l         l::l/ /   ヒ´ /  /      /  l
l.       \  l   |         |/ ´      /  //      /.   |


【圧倒的活躍度である。いったいどういう感じで活躍しているのでしょうか?】

【1D10:8】
1.ルルーシュの反乱で故郷を失った多くの難民の救済に大きく寄与する
2.右派系政党の大物として、左派系政党の大物であるアッテンボローと議会で激しく論戦し、右左双方から高く評価された
3.対帝国外交第一人者として、ラインハルト率いる色々とアグレシッブな帝国の動きに的確に対処していく
4.ルルーシュの反乱で故郷を失った多くの難民の救済に大きく寄与する
5.対帝国外交第一人者として、ラインハルト率いる色々とアグレシッブな帝国の動きに的確に対処していく
6.右派系政党の大物として、左派系政党の大物であるアッテンボローと議会で激しく論戦し、右左双方から高く評価された
7.ルルーシュの反乱で故郷を失った多くの難民の救済に大きく寄与する
8.対帝国外交第一人者として、ラインハルト率いる色々とアグレシッブな帝国の動きに的確に対処していく
9.右派系政党の大物として、左派系政党の大物であるアッテンボローと議会で激しく論戦し、右左双方から高く評価された
10.上記全ての経歴を経て、最終的に最高評議会議長に就任し、歴代の中でも飛び抜けて有能な指導者の一人として同盟の歴史に名を刻む




1004方舟の名無しさん2019/09/04(水) 19:55:47.29 ID:MWF6Px7t
ということは間桐が外交に携わっていた間は同盟は間違いなく存続したのか。


1005方舟の名無しさん2019/09/04(水) 19:57:16.49 ID:1+D6VaRh
本業以外の手腕がパネエ原作感


1006◆aZtyQTMW122019/09/04(水) 20:07:20.48 ID:Olb9qyQa





【間桐は伝説的武勲を残したリバティ空戦隊の元隊員としてのネームバリューを提げて政界入りをする】
【そしてその民衆人気を土台に政界に強固な基盤を築き上げ、主に外交の分野で頭角を現してくのであった】








                       / / 乂\   ヽ  ヽ\    \ \
             _  ,-==≦/ イ トヽ ヽ ヽ 、 ヽ ヽ `       \ \
        x≦  ̄       //| |  ', ヽ ヽ Y > l  乂 `     ヽ.人_
       / /__        /__ ヒ、.! 〉 ヽミx` \イ<ラ |  | `>、    ヽ  ≦ミ、
        / ー/     ,,≦     ス ,  ヽ"l.  \ |  | rイ \ >     ヽ  \
        チ___ ≦          λ  l、! 、.  \!  !リ____  ⊃ /    ヽ
  __ ====><             | |ヽ ´ー ´ |ト、レ|:::::::::::::::::::ヽ`ヽー'       ハ    陛下、画期的な国家再建策を閃きました!!
/      <    <      /   |::::!  |::::∧   .ノ」 ノ\::::::r-<::::l::::|       /    (同盟に自然な形で負債を与えて)これほどの民衆を救済できます!!
     <   <               |:::,  ノ::::::::::ー "  | / | |:У /^ー弋ー<=="
   /  <    ーーーーー ーーーノチ /  Υ::/ | ,イ|'  _|/ /  ィーーー'う
 / <           __ x<  , /〉   ,::/ /| //レ≦。。" ィ ´  / ̄\\_
, /        ー フ  ></   / '/| / |VW"レ" ̄メメE}  ,<__ゝー __\\___
|/      <   <  「//     , /"::::::/:::::|:::::レ  レこリ/ヲ  ー  ̄ ー<ーー\__
     /   /   /./   /.//::::::/::/ ̄ ̄`ヽ不_-≦/   イ|:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::\
  _ フ  ../ "  /./   / //::::::::|:/       \    /:::::||::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::〈
<     ./   ././   ィ::::|::::, , |::::::く            \=≦::::::::::::||:::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
      ./   ././   /::::::::::Ⅵ | 乂 ⌒ヽ             \:::::::::::::::||:::::、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
     し  ././   /::::::::::::::::::Ⅵ"     \        /|:::::::::::::::|:::::::::、:::::::::::::::ーーーー≠
      ././   /:::::::::::::::::::::/        \      / |:::::::::::::|::::::::::::、::::::/イテニニニニ
  ≦ ././   /::::::::::::::::::::<              〉、  /|    |:::::::::::::::|:::::::::::::::://  | /ルル \
/  ././   /::::::< ̄<            <`ー´ ´  | 、x.|:::::::::::::::|:::::::::://    、!<六> ヽ
/././  ィ "<   "            ィ    ≦    | ∧ |:::::::::::::::|::::::::::\!     \\不フ ノ
././  / /               / | ≦        .|   ',::::::::::::::|:::::::::::::::\      ー・・・く
|/   ' ./|                 /< !         | ー▽ 、::::::::::\::::::::::::::::\     ≦ / |
    | '  ,              /| < ,           |    |:::::::::::::::::\::::::::::::::::\ ≦  /:::::::;
    |  |            /.. | ≠ |            |    |::::::::::::::::::::::.ヽ:::::::::::::::::\__/::::::::::::|





                      ⌒ ー-、
                /         、_}´`ヽ
               /         ⌒ヾ'r'   \
            、_ノ        i   rミ、   、 }
            フ ノ ;  i  _ノ;   ( {ノ:;   乂
            ( /;//  ノ l l フ′;}   Y /  ! \ヽ
            }'//; ; < ノ} }八 (/ /;  ){! { ト-ィ )ノ     素晴らしいぞシルヴァーベルヒ!! いますぐ実行に移すのだ!!
            ∨// / イノ厶、_V∨/ /__乂ヽ‐ァ (
            {〃八 /(_たtッ‐≧{/(f'tッ ラ イイ{ ト
             V {ヽ(ヘ(´     ′{    ノノ/ノ
                ヽ乂 `Y       |    イイ/´
               _ )ノハ、     ー '   /乂_
               7/ | \  ´ ̄`  ,イ)ト- `
               Ⅵ(ー、  ヽ    /|Vノ
                    _ハ} `ーぇ≧、r'彡イ{、    yx───-   _
        -─-x、  ィ代 ト、_)Yr‐、Y|!| r‐(ぅ)ー‐rく  \_____
  ─ ´      ノノ}くヽ  `ミx〈_ノノ{[ト`¨゚/  / ノノ\ |
|ヽ_    ─   ´ ̄ 人 \ー==ミヽ\/r=ヽ{ レイ彡'゚丿 「::「::「T‐r-r-r‐r‐
| |        ィ个|::|\   ̄`ーx)__}! | } |> ´ /   |:::|:::|::|::i|::i|::i|::i|
|ヽト─r::T::「:「:|::|: |: |::|::|  \       ̄ ̄   ̄    |:::|:::|::|::l|::l|::l|::l|








         r::::::::::::::::::彡´:::::::::::::::::::ゝr-ー- - 、
          l:::::::::::::::、::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::)
      __ノ:::::::::::::::::\:::::::::::::::\:::::::::::::::\:::::::〈
     r´::::::::::ゞ::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::\::::::::::::::::ゝ、`ヽ、
     ',::::::::ゞ、:::ヽ::::::::::::::::::\:::::::::::::::\::::::::::::::::}:::::::::ヾ
     r::l:::::::ヽ人 (::::::::ハ、::::::人::::::::::::::):::::::::::::::):::::::::::::)
    (:::j:::::::::l   `ヽ:(  ノ.ヽ::) `ヽ:::::ハ::::::::,___、::::::::::/:l
    .):i:::::::/     ):)´-ー´、  .ソ {::::/ rk.ヽ::::::/::::l     ちょ、シャレになってねぇぞ! なんて悪魔的なこと思いつくんだ!!
    ノ:ノ:::::::lー - 、:::::::::::{ 0   }    .ン rlk 〉:/:::::::l    すぐに本国政府と連携をとって、こっちのダメージを可能な限り減らしてやる!!
   {::::l::::::::::l斗ー.:::::::::::::::ミニ 彡       .Yノ /リ::::::::::l
   `ゝト(:::::l::{ 0 }:::::::::::::::::::::::::    U      ./:::::::::::::::l
     (::::::::/:::ミ 彡   ,::   __        γ´Y:h:::::::::l
     ゞツ  l  __,,,,,--=''-‐''''ゝ        /  {:l ゝ:::ソ、
         ':, \''(′  _,,-)       ,:'      li : :\. _     __
          ゝ、`ー===-‐''′    /     /.: : : : :/: : :>-ー・´: : : : :
            ' .、        /    /: : : : : : /: : : : : : : : : : : : : :,:
               >、 _  ._/    / : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : :/::
             /: : : : : : : : : : \__./.: : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : :/: : :
           /: : : : : : : : : : : : : : : :ll: : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : :/: : : ::
          /: : : : : : : : : : : : : :≪≫ll: : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : :/: : : : :






                  _,. -ニニ ̄≧ー--、_
                へ´ __,.-三//,.イ三三ヽヽヽ、
              ////  // イ |三ニーテ ̄ -ヽ、
         、__// ´   / // /  |  // , ,   ハヽ
         >ー イ _,.イ / /  /   | | // ///    ノノリヽ、
         // /ヽ__// /  //川 |i | ! ! | | | | | // ヽ
        // /  >三/ /〃/  / // ノ六ヽ、 ヽヽヽ! !/ /// |i
        Y / /// / ハ( /// / /,.イ_r'´ ̄,,ハ ト、  \   !レ リ       ちっ! あのマトウとやらの活躍のせいで
         ヽ!//////りト、)从(乂_ノィr' rテ_チ )ハ ヽ  ̄ く´| 从                    想定を下回る経済的ダメージしか与えられなかったか!
          ヽ//   _ソ,.≧テゝヾ、ー^¨´ ´   _ノノ从ヽ\ヽヽ(
           | !ト、_ィ彡r'_ゞヌ! )ノ        て/ 人ヽ ヽヽ、ヽ _
           !ヽ  ̄(乂´  f、 _          メYヽ _タ、   !´
           ゝ ソハヽト `  ーヽ `         )ハ´  ハ  /
           ト-' 人ヽヽ     ,.ニ‐--、      / / ィ´ ||//
             ̄  ノノ)、  ' ィ_ニr         |ヌ| ! ハ(
                  ヽ   ´           レイ //`
                   ヽ          /  /イハ (
                    ヽ      ,. '    〃_上-、)
                   -イヽ____  イ  __,. -ニ--‐ヌ、            __
                  冫イ/∠L_, -ニニ-<´: : : : //´|     r== ̄ ̄
                  !ハゝ--、. | r'´-‐‐ Y(: : :ノノ_ 久___  /        __
                    ゝ⌒Y| | | ( : : : 乂_ニイ/ _,// ̄ゝ--――T¨下ヽ ヽ
              ____ し::ノ.| | ト、ー-―  /_,// ,.-‐'二レ|ヽト=! ヽ ヽヽ/
         ,... -テ ̄    r-、イ`ーノ! | |: : `テ´/-'´_,. - '´  //| |ヽト、/ヽ/ ヽヽ/ヽ/
     _,.r==- ´ |  _,. -≦く::::| r'/ム、ヽ: / /´_,.-‐'´   // ハ/ !∧ Y/ヽ//ヽヽ
   _/'´     _,.不´::::::::::::__ヽV///⌒ヽヽ-Y-' ´   / / /  / レ/ト ∧ヽ /ヽ//ヽ
  r'     ,. ィニr!=ト、__/_/_/_|,.ヒ匕´    .,///  /   /〃 .V | V/ヽヽVヽ
  入_,. -‐!三!ヲ/ F| 三              _,// // ニ=//   ー! ヽ-ヽ_ヽ/ヽ
 /=/7/=!=レレ/ r' ト、三三        _,.///   / 三ニ//     ヽ \ \ ̄´ヽ
/ニ/!/ |__| レ|/ ハイ|三ニー--、__,.-―''´ //  /  ´ イ彡       ヽ   \ ヽ、
 /z| |ニ|ニ| / /|  | 三二ニ             /    三二         ヽ   ヽ `ー
/ニ| |ニレ|= | ハ ー入ヽ 三二ニ         /     三二       \    \   `ー
/|| | | | r-'/////メ、ー、_三二    _,./     三三二        \\   \
 r| ||: レ!-'/// ////ヽ、三二二 ̄ニ=    三三二         ヽ ヽ\\  \
//|__! ー 7 //////三/ィュ≧ーニー、         ̄ ̄     ミミr-、ヽヽ\\\\\  \






                               ____
                          _ -‐  ̄:::::::::::::: ̄\
                     /:::::::::::::::::/::::::::ー=ミ::::::\
                   /:::::::::::::::::/:::::::::::‐‐─=ミ彡'⌒ヽ
                     / ::::::::::::/::::::::://彡‐===ミV/⌒ヽ
                      ,' :::::::::/:::::_,,ノ///        `⌒ヾ:::}
                  {::::::/:::::::::::::: ///          i:}
                  {/:::-―==彡/'′            }:}
                   /:/::::::;jI斗=彡′-─- .._        }:}
                     {::{::::::ん⌒V:/   ーtァーミx、 ,x-─jノ       陛下、あのマトウなるものの手際には見るべきものがあります 
                     {::{::::::{ { う }:{  、   ̄ 彡'′ {tァーi′         私が幾度か講じた妨害策にも平然と対処しており、帝国にとっては嬉しくない存在です
                  V:::::::\ー'    }         {   ′
                  }:i::::::::::::iーイ  .:       _.:  」 /
                  }:}:i::::::::ノ            `゙′/
                  }:}:{:::::: |    、    -‐ー‐- /
                    从{:::::八  :. \     ¨¨ ′
                     \{ .. \     ≧s。. ___/
                      , -/..\_.......二ニ==──hァ
                  人〈 ...................... `Y⌒ヽY ||{、
                _ -‐ ^ー=ミx _ ...............人__,人! ||{「㍉、
         _ -‐ ^ー===ミx、   〉〉   ̄二ニ=ー==<⌒Ⅵ\,}}>┬=ミx、、
       こ二二二二ニ==ニ二二二¨ ‐-  _...............\....V⌒V....ノ┌┴=う
      /=二三三三三二\ニ二三三>。、\..... /⌒ヾ|i   |⌒Y'} Ⅳニ}
.     /‐=二三三三三三=‐ハ二三三三ニ‐\\.{.........人....人_丿} }∧=}
     i‐=二三三三三三二=‐i二三三三三二 \\_彡'⌒Y^ミー//ニ∧}
     |‐=二三三三三三二=‐|二三//二三三ニニ\`゙'<...||.>'´/ニニハ}
     |‐=二三三三三三二=‐|/三//=ニ三三三三三>x、|| ,x<三三ニ}
     |‐=二三三三三三二=‐|三//=ニニ三三三三三三∧||∧三三ニニ}
     |‐=二三三三三三二=‐|///二二三三三三三三三∨三三三ニニ|
     |‐=二三三三三/二=/|Ⅳニニ二二三三三三三三三三三ニニニ|
.      〉‐‐=二三三/三三//Ⅳニ二二二二三三三三三三三三ニニニ|








                 /  /      〃/      l.l     i;/,...,_ヾ ,. _,.. -  、ヾ. ヽ
            , ' //"       /〃        l.l     !{!, ,.´,: -_ 、     ヽ、;  i;
              ,:/ '〃,      ,  ,'/,         l       l:i:,' ./ , ヾ ヽ ヽ  ヾ };!   !
              ; '  ,'/〃' ,    , '  !,l       '       l ヽ.i ,' ヾヽ   !   l !  ;{
          i  〃/ /// 〃 /  . l! ,       /   i     i ヽl .| l!l   l    !    、
           {   l,' '  /  /  l ,! {、丶.__;:ノ '     !    !l. ヾ ; l    !.!  l    ヽ、
          ゙;               '   ー;. ‐;/ ,,  ,;l!   ,; l.}   !      !{        、ー'
            ヽ;  ;        /     ;  ////  /  ,;〃,'/  i:l }    、 ヽ\    ,)\      まったくだ。
         (、.ノ /   (、_ /   , /{  !;./'〃 / //'" / / l:!j!l、   ヾ、\. ` ー,.ノ 丶\      この世で余と互角の駆け引きができるであろう者は
          >' ,.  〃  > 、ー  _/, ',ノヽ;.{.l '/ , '    ,  / ノノ人、ヽ、 ヾヽ丶 、     ヾ  ヽ             軍事面でヤン・ウェンリーがいるのみと思ったが、
         ,. ' /"゙ /  /  /`"'ー;ー-=._  `{ / . ,  ,/' ,/_,.-‐'"´´ヽヽ ヾ}   i       i|}  }    政治の分野でこれほどまでに
        // ,  /    { ; ! 、i /<""マ.ァ;ー、-ヾi.,' / , ,:'/,..', -ャ.ァ;"`>"   };) '   ; ,      !l ,. ;           余を滾らせてくれる存在がおったとはな!
      , '/ /      ,.l : 、ヽ{  `         ヾ ! : l{        ´ 、_.ノ" , '    ノ,'   ,' {l !  '
    /  /.,   .  ./ ヽ. 、ヽ ヾ、、       ヽ、.._,ヽ         >ー'゙  /"     { { !. l /     だが、余は負けぬ! もっと強くなって、奴を出しぬき、
   ;  , ' ./  ,.'   / ,.'   丶ー.、ヽ`           |:::`ヽ       ,'´    /,:'     : 、 l 、,'               同盟に政治的打撃を与え続けてみせる!
.   . ./ //  /   / /,'  i  }  li,ヽ}            |:::::::.         {   ,.'',.'"   ,'    、 、 {、
.   i/ ,'/ /    l l !l  !l  /  l;.i.              {::::::::.        !  ,' ,;'     .!    ヽ丶   ヽ
.   ;  ;'' /     ! 'l l;! | / ./  ,'∧           ‐   ‐        /ヽ  :i!    |!     ヾ 、   \
   {  /    l !  ! ;l! / /  /,' i 、      __ - __      , !  ヽ l!     l!     、ヾ\   丶
.   ! ,'     , l ,    / /  ///.! 丶    ´  __ `       ' l`ヽ i; ゙、    ヽ   ヽ ヾヽ \   ヽ
.   : '   , /,',' i  ,.'  /  /,.'/゙(  ゙、. \            , '  ./,ィ ; }  丶   ヽ  } i; ;l },  ヾ 、  、  
   ソ / /,'; / ,;'   .{ ./  , '!,'/'/ l`ー `.-.._ 丶            ' .,..',.' l/ ;    !ヽ   l j ! l !.}.; l    ヾヽ.  .
  / /, '/  ,' /  .l ,'〃 / .l;l;!'/ !   `ー`._-.`. 、    . ,. -_.´ ´   ノ '   ,';  l.   } ,' ! ; l ! l. ;    ゙、ヾ  ;
,.´     , '/    ',.l  ,'; :l !; ' r‐-、.   ,.‐ `ー.、` 、ー ,.´,.._'...゙ヽ.  /  / ,/  ! }  ,' /   ' ,  '     ! ; ! }


【こんな成長することをやめない天才どもの対処をやらされることになるわけですから、残念ながら間桐は不憫枠から脱却はできなさそうです】




1007◆aZtyQTMW122019/09/04(水) 20:08:36.23 ID:Olb9qyQa
ちょっと晩飯食ってくる。食後に元気あったら、もう何人かやる


1009方舟の名無しさん2019/09/04(水) 20:40:34.62 ID:Tw8Gbi1S
超すごいのに不憫w


1010方舟の名無しさん2019/09/04(水) 20:41:13.07 ID:Ec5n0B6B
後に彼は呼ばれた…アドリアン・フビンスキーと…


1011方舟の名無しさん2019/09/04(水) 20:44:36.27 ID:UYtKfXdy
帝国は虫の息なんだろ! ラインハルトもうちょい自重してよ!!


1012方舟の名無しさん2019/09/04(水) 21:34:25.76 ID:WUx2RgOo
で、では慎二きゅんは結婚できたのかダイスでつね?
・実は嫁候補の地雷義妹が
・その妹の実家の地雷姉が
・幼馴染の世話好きの地雷親友が


1013◆aZtyQTMW122019/09/04(水) 21:45:43.89 ID:Olb9qyQa

              _
          。          ≧s。
       /             \
        /                 ヽ
       /   __________ム
   \/    | // ̄ ̄\ / ̄ ̄\|
   ̄∥    .|∥ /      ∨      |
   ∥     .| | |     ●│●    |
    {      |.-‐|        ∧  _   /ヽ
    Y''¨゚゙ヽチ   \__/  ´ )─ "ヽ丿
      l ( ヽ                }
    人  ソ           __     /
      `‐''ゝ、             /
          丿゙''‐-     -‐''"
           _/\___, ゝ‐┬‐-、
      /  \    ∧     /   \
      {     ゙'‐-‐" ゙‐-‐"     }


野比退役准尉は数合わせでリバティ空戦隊に配属された新米パイロット・・・・・・


































              _,:'" : : : : : : : : : : : : :: : : :: :゙'::、
                ,:' : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `、
               ,' : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ゙:
           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :i
            i: : : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : |
            l: : : : : : ,-;:;;:i´ ̄;:;;:;.´`` ̄``!;:;;. : : : :|
            i: : : : :r´,!;:;;l ;:;;:;;,      !;:;;lヾ: : :i
            |:、: : r l:;;;:;;:;l            !;lヽ、゙i : l
          /ヾ::/ソ l;:;;l‐--、 ,  ,  ,_ノ^\ヽ l::l"゙ヽ
          '、 (ヾ,, l:;;:;,l;;;;;   _`il,i゙__-‐‐==、  |lヽ l
            ヽ、`| \ミ  +/;;i=i    c )゙/|l'ノ/
                ヽ|;:;;:l弋_/⌒⌒). ヾ____ノ´ /l.,/
          __,∠|¨、 ../ / / )       / 入─、、,,_
       _,.-´'"  |.r- |./゙ ,/ /  /_!/`   / .l /./    ~\
  _,、-‐´'"     |.| / /  /   /    /ヽ / / ./         `:,,、_
‐'"          |.| ノ / .ノ  /  ̄ ̄` .ノ / / /          ゙''`,,、_
.            ノ/ ノ  /  / ./ ./  / _/               `
           /    /  /./ / _/ /
          ノ   ,    `゙  /―''' /
          |             ノ ̄ ̄


【リバティ空戦隊撃墜スコアランキング10位 野比退役少尉 通算撃墜スコア375】
・・・・の、はずだったのだが、直属の上官スネークがチートにしては教育者として優秀だったこと
きめえ夫の期待を受けて個別指導を受けたことや、やる夫のぶっ壊れ性能に謎の共鳴でもしたのか、立派なウォーモンガーに成長
配属初期に「撃墜スコア1桁が自分だけというのは肩身が狭かった」などと言っていた面影は今やどこにもなく、間桐に200以上のスコア差をつけてデカイ態度もとれるように
そんな彼だが、講和成立後に軍を退役することを決め、そして・・・・・

【1D10:5】
1.高い運営能力(96)を評価した間桐から誘われて、同時期に政界入りをする
2.起業
3.治安が悪い地域の警察に就職
4.高い運営能力(96)を評価した間桐から誘われて、同時期に政界入りをする
5.起業
6.治安が悪い地域の警察に就職
7.起業
8.治安が悪い地域の警察に就職
9.高い運営能力(96)を評価した間桐から誘われて、同時期に政界入りをする
10.熱烈歓迎





1014方舟の名無しさん2019/09/04(水) 21:48:28.45 ID:C4Qn8E9a
花火はするなよ!?


1015◆aZtyQTMW122019/09/04(水) 21:50:09.40 ID:Olb9qyQa


     , -   ̄ ̄ >
    ////////////////ヽ
   ////////////////////ヽ       【うん? 起業って、これはもしかして、ドラえもん原作ルート?】
   i////>----- 、////////∧
   f ´; ´ーニ=ミ.  ∨////////}      お、おい冗談を言わないでくれ・・・・・
   ,t≦ ./ ´r, ヽ L__.∨/-/////       
   L {6Yヽ.._¨__ ノ   }´`)///
   ゝxノ     u   ニr////
    ',` ゙       /¨  Y
     \ t==、         ∨
      ヽ ̄´       __ ∨_
       ` -- ´ヽ x<     {
            У-=¨¨` =←=、

【1D10:1】
1.そうだよ
2.そうだよ
3.そうだよ
4.運営力96だから会社で花火とかするわけないだろ?
5.運営力96だから会社で花火とかするわけないだろ?
6.運営力96だから会社で花火とかするわけないだろ?
7.運営力96だから会社で花火とかするわけないだろ?
8.運営力96だから会社で花火とかするわけないだろ?
9.運営力96だから会社で花火とかするわけないだろ?
10.熱烈歓迎




1016◆aZtyQTMW122019/09/04(水) 21:50:46.16 ID:Olb9qyQa
馬鹿野郎!!!


1017◆aZtyQTMW122019/09/04(水) 21:57:29.23 ID:Olb9qyQa




              ,;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;,,,,
              ,;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;,,
          ,.;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';.
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'.
         ,/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ.
         ∧..:::::::::::::::::::::シ'´`゙¨''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''"":'.
         !::::::::::::::::::::::::ミ                     :|
       l:::::::::::::::::::::::::/`  --,三-ミ、_      --.、i|   退役後、一般企業に就職しようとしていたが、尖りすぎた能力もあって中々内定をとることができず、
        l:::::::;:'-~、ヽ-‐=ニ´ィチ''"´゙ヾゝ、 ヽ    イ .ノ/メ.       ならばいっそと思い、今までの貯蓄を一気に使って、自分で会社を起業する。
       |:;:::i   ', ≧=-l  マ''''''''モォミ  |===|゙,ィャォ‐. l
        ヽ:l   / '"   '.   `¨""ニ´ l   ,"='''",' j
        ゙ゝ. 、゙)    ` .      ノ  l. ー┼゙
           ヽ、_       ー── `     ',   l
           Y`               _. ',  /
             l  ヽ.              ''゙ /
                l   ヽ      "''‐'-ー―‐-ジ
              l    \       ''"´ /
          ,.イl      \         /
          } >.,_      > ..,_,ン
          /   > ,_      l、
           /     、  > .,_   lハヽ
               ヽ    `>-'、ヘ.
                ',    ,/'"⌒''ト.ヘ
                     λ




            ,,.......................
            ,,;;':::::::::::::::::::::::::::::;;;,,
         ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'.
         ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'.
         |:::::::/¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨ヽ::::::|       野比の高い運営能力もあって、会社は凄まじい勢いで急成長を遂げ、
         |:::/'>ー、、,,.ィー .. .l:::::|                      野比は有頂天になったが、それがよろしくなかった
         r、|ーl   lYl    l-l::::::| 
         {(,| `'''7、,. `'''''''''  |/ニY      会社起業五年にして、年商【1D100:46】兆ディナールというふざけた規模に
           ヾ|   ^'^ ′-、 ,ノr')リ           成長をしたことを祝って社内で花火大会を開いて大火事になったのである
           |   「匸匸匚| '"|ィ'(
    , ヘー‐- 、 l  | /^''⌒|  | |
  -‐ノ .ヘー‐-ィ ヽ  !‐}__,..ノ  ||
 ''"//ヽー、  ノヽ∧ `ー一'´ / |              大火事の被害規模【1D100:54】
  //^\  ヾ-、 :| ハ   ̄ / ノ |
,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)ノ:l 'ーー<.  /  |
/    <^_,.イ `r‐'゙ :::ヽ  \ `丶、
\___,/|  !  ::::::l、  \  \





1018方舟の名無しさん2019/09/04(水) 22:03:43.02 ID:1+D6VaRh
ルビンスキーの火祭りかな?


1019◆aZtyQTMW122019/09/04(水) 22:05:03.39 ID:Olb9qyQa




              ,;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;,,,,
              ,;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;,,
          ,.;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';.
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'.
         ,/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ.     【本社の社屋が全焼した上、周辺の高級ホテルやオフィス街も
         ∧..:::::::::::::::::::::シ'´`゙¨''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''"":'.          火事の巻き添えになり、大きな負債を背負いこむことになったのである】
         !::::::::::::::::::::::::ミ                     :|
       l:::::::::::::::::::::::::/`  --,三-ミ、_      --.、i|     【その賠償や修繕費を含めると【2D100:106(66+40)】×10兆ディナールもの損害を追ったのである】
        l:::::::;:'-~、ヽ-‐=ニ´          ヽ    イ   メ.        
       |:;:::i   ', ≧=-l          |===|゙,    l
        ヽ:l   / '"   '.         l   ,"   j
        ゙ゝ. 、゙)    ` .+.     ノ  l. ー┼゙    なぜだ。どうしてこうなった・・・・・
           ヽ、_       ー── `     ',   l
           Y`   U           _. ',  /
             l  ヽ.              ''゙ /
                l   ヽ      "''‐'-ー―‐-ジ
              l    \       ''"´ /       【そんなの私(スレ主)が聞きたい】
          ,.イl      \         /
          } >.,_      > ..,_,ン
          /   > ,_      l、
           /     、  > .,_   lハヽ
               ヽ    `>-'、ヘ.
                ',    ,/'"⌒''ト.ヘ
                     λ







      /_____ ヽ〟
      | -、 - 、ヽ|  i    【それから二年ほど会社は存続させることはできたのが、
      |  ‘|‘   |- |__ノ             失った信頼や利益を取り戻すことはできずに、倒産を余儀なくされた】
     | ーo ー ′  )
      ヽ└─   ノ       ・・・・・・・・
      / ▽▽ \
      | |   |  |
      | |   ノ  |
      _|/ヽ─/\/、
     / ヽノ/⌒┬ ヽ    【それからは、かつての軍人仲間と付き合いつつ、細々と暮らしているそうな】
    ...`─┴(__ ノ┴─′




1020方舟の名無しさん2019/09/04(水) 22:05:18.98 ID:mCeh/e6K
規模的にはアレだ、周辺の街並みには延焼しなかったが持ちビル自体は丸焼けになったぐらいか


1021方舟の名無しさん2019/09/04(水) 22:06:59.21 ID:mCeh/e6K
>>1019
思った以上にひどかった、もしかして慎二が奮闘して防いだ経済的損害を台無しにしてしまったのでは・・・



1022方舟の名無しさん2019/09/04(水) 22:08:59.39 ID:1+D6VaRh
規模50の火事で1000兆ドル級の被害が出るって…90近く行ったら同盟その物が燃え尽きたんじゃね?


1023◆aZtyQTMW122019/09/04(水) 22:10:36.34 ID:Olb9qyQa
>>1022
その時は、>>1018になる予定でした
ちょっと数字の桁間違えたかなとは思ってる。兆じゃなく、億にするべきだったかも


1024方舟の名無しさん2019/09/04(水) 22:15:12.84 ID:1+D6VaRh
「戦後のガタガタでインフレが起きた」って事で良いんじゃないですかね?
実際原作でもルイだかレベロだかが「生産年齢人口減り過ぎだしフェザーンに借金し過ぎだし、このままだと紙幣の価値じゃなくて重さで支払いする事になんぞ!?」とか言ってたし


1025方舟の名無しさん2019/09/04(水) 22:17:13.99 ID:8PPyZaAn
シンジが頑張って守った帝国からの経済攻撃を内部から実施したのび太


1026◆aZtyQTMW122019/09/04(水) 22:17:59.51 ID:Olb9qyQa


         ,.‐'"´         ``丶、
        /                \
        /                   ヽ
     〈_,,.. --‐──―--- 、_        i
     ./.:.:.:.:.:.:    jノ     ``丶、 毬  }
     /j/ノ.:.:.:Nノj  jjノ   /! j | |、! .j`ヽ__,イ
    /..:jノ从  _ノ.:./ノjノjノjノjノ jノj从  ト
    !.:.:.:.:.:.:.:.:≦=TZ二ニ_‐-_ァ  r-_‐ニヽ り       最近、僕の保護者が結婚したのですが、祝福するべきなのでしょうか?
      !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:: : .'゙{:*9`   /イ*9` ノ:.ノ
     ).:.:.:.:j川.:.:.(:: : .   ̄ ´  .:〈  ̄ f::    
    ムイ.:j从从.:.:.し, : .      .: :`、  {:.:「´   
     {.:{!.:.:.:.:.:.:.:.:く: : .      ‐フ   j    
      ゞ、.:.:.:.:.:.:|:.|: : .    、..,,, _,  /     
       {.:.:.:.:.:.:.:jノ、: : .    ==   /      
      _」_{__ リ ゝ、 : .     ∠___   
      |     ̄`i  > 、 _,, ∠ヽ   ハ.|
     /  __ _   |ン´...ヽ      〈 / | |
    _/   |H!{   |    ヽ     V .| |
 ̄ ̄      ̄

【リバティ空戦隊撃墜スコアランキング9位 ユリアン・ミンツ中尉 本編終了時点での通算撃墜スコア502】
トリューニヒトが過激派への牽制兼ヤン元帥へのパイプ欲しさにリバティ空戦隊に送り込んだ士官である。
一応、初陣で巡洋艦一隻を含む撃墜4を記録するなど、パイロットとしての優秀さの片鱗をみせていたが、リバティ空戦隊の空気に染まり、立派なチートへと成長
元下士官組としては、ベジータと同じく軍に居残ることを選んだ少数派であるが、その理由は・・・・・

【1D10:10】
1.ヤン元帥と共に戦いたいというのが、僕の願いなんだ!
2.まだまだスパルタンを乗り回したいという欲求が湧いたため
3.ヤン夫婦と接するのが気まずいのでヤン家に戻りたくなかった
4.ヤン元帥と共に戦いたいというのが、僕の願いなんだ!
5.まだまだスパルタンを乗り回したいという欲求が湧いたため
6.ヤン夫婦と接するのが気まずいのでヤン家に戻りたくなかった
7.ヤン元帥と共に戦いたいというのが、僕の願いなんだ!
8.まだまだスパルタンを乗り回したいという欲求が湧いたため
9.ヤン夫婦と接するのが気まずいのでヤン家に戻りたくなかった
10.熱烈歓迎



1027◆aZtyQTMW122019/09/04(水) 22:18:34.31 ID:Olb9qyQa
えぇ・・・・


1028方舟の名無しさん2019/09/04(水) 22:24:52.38 ID:1+D6VaRh
「軍で活躍して僕も幼女と結婚しゅりゅ!!」とか?


1029◆aZtyQTMW122019/09/04(水) 22:24:59.89 ID:Olb9qyQa

                _.. - '' "'''''' ' ヽ、
               /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
              /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_____L
             i;;;;;;∇;;;_..-'' "       ヽ
             〈;;;;;;;;;/      ヽ  `ヽ. ゙、
              〉'´ノゞ从ゞヾ_ハ_ヽ,`ー、,,   }
             ヽ人'ィテiヽ 〉ーィてjヽ     {
              彡l `¨´}     ̄く   リハvj     いったいどうして軍に残っているのでしょうか?
              {ハ l  <       ゙iノノ  レ
               ヽ!  _ ,, ..    人  /
                八、 -     /ハ从ヽ
                  \    /_/_.. - ''i
               r‐;';;´;;;l`llllll" l;!  __ ゙、
               |;;ヽ f/r'7⌒ l;;;l llb__| /ヽ- - 、 _
            _,,,.-十;;;;ヽ /{/  /;;;;;ヽ ̄/        `ー 、
        r- '' "_.. - '' "  l二二二/                 ヽ
       / l ̄       l                       l
      ,'  |        l                        l
      i   |        l                        l
                                         l
【1D10:4】
1.ヤンに対する英雄崇拝の煽りをユリアンもくらってるので、民間に戻りたくない
2.きめえ夫が「逃してたまるものか」と退役するのを全力阻止した
3.軍内恋愛やってるんで、今辞める気持ちはない
4.ヤンに対する英雄崇拝の煽りをユリアンもくらってるので、民間に戻りたくない
5.軍内恋愛やってるんで、今辞める気持ちはない
6.きめえ夫が「逃してたまるものか」と退役するのを全力阻止した
7.軍内恋愛やってるんで、今辞める気持ちはない
8.ヤンに対する英雄崇拝の煽りをユリアンもくらってるので、民間に戻りたくない
9.きめえ夫が「逃してたまるものか」と退役するのを全力阻止した
10.ヤン元帥をお救いするために武力を蓄える必要を感じたので




1030方舟の名無しさん2019/09/04(水) 22:29:49.19 ID:MWF6Px7t
納得した。無理もないな。


1031方舟の名無しさん2019/09/04(水) 22:31:16.29 ID:1+D6VaRh
ヤンは死んだ方がマシだったんじゃない?(辛辣)


1032◆aZtyQTMW122019/09/04(水) 22:32:24.56 ID:Olb9qyQa



        
                                            ,rrテ≡=
                 ,r=ヽ、            r';;;:;:;;:::;;;;;;;;;;;;ヽ、.(〃彡三ミ
.     ,r=ヽ、      j。 。゙L゙i     rニ二`ヽ.   Y",,..、ーt;;;;;;;;;;;)./"~´   i
.    j。 。゙L゙i......r-=、 l≦ ノ6)_   l_,.、ヾ;r、゙t   lヲ '・=  );;;;;;;;{ f:、 ‐-:、 (     見ろよ! あれがヤン元帥の養子だぜ!!
.r-=、 l≦ ノ6)_`゙ゝヽ、`ー! ノ::::::`ヽ、 L、゚゙ tノ`ゾ`ー ゙iー'   ア::::::/.ノ゚ヲ ''・=
.`゙ゝヽ、`.rfニ、ヽ.  にー `ヾヽ'":::::::::::: ィ"^゙iフ  _,,ノ ,  ゙tフ  ヾ;;;/ .l (-、ヽ'"  ゙'
. にー `...l。 。 f9i ,.、 `~iヽ、. `~`''"´ ゙t (,, ̄, frノ   ゝ-‐―イーlィー-、
.,.、 `~i t≦_ノゝ、..ヽ、__l::::ヽ`iー- '''"..゙,,....,,,,__. ,/   /       t_゙゙   _,,.. :: "  おお・・・・ヤン元帥の偉大なパワーの残滓のようなものを感じるぜ!!1
.ゝヽ、__l::::.`ブ´,,:: -- ::、 ::::,->ヽi''"´゙,r''"''''''ヽ:::`ヾ‐テ-/ i      `ユ゙"
.W..,,」:::::::゙,rニュf::r-‐t::::::::ヽ.ミ__ィ'{-...f´,,..、 r"::::::::::i. ,/`ヽl : :` : : ,.r‐(´::::〉   ,.ィ
.  ̄r=./,,, Y.. -‐ ヾ::::::::l / f´.ノ゙ f・=  7:::::::::::l゙''"  ,:イ`i : : ,f´:::,::ヽfト--テ:::::::
.   lミ、.゙ム゚゙゙' く、'゚`  ゙'"):::l.゙il  l..ヽ''    ゙'⌒リ:ノ  ,:rニテ三ミゝ、::::::ゝ!r7/ー一'
.   !   l=,,;;:. l=、  ..::" ,)ヽ、.  l j⌒    ト'"fノ ,r"彡彡三ミミ`ヽ、゙/://:::::::::::::      ミンツ中尉も我々の救世主になる素質を有しているに違いない!
   l. /`ゝ-''^ヽ''"  ,/: : : :\..゙l...ヽ、: : : '" ノ^i,  ゙ゞ''"´   ゙ifrミソヘ, ://:::::::::::::::
    /rf´ i′  ,f^ヽノ:,. - - 、 ヽ,,. -テ) ,/  `ヽ:,i ,,.,...、  ヾミく::::::l.゙/::::::::::::::::::
. r'": ゙'゙  l   l: : j :f´: : : : : ヽ,/   '''"´  ,,.: -  lヲ ェ。、   〉:,r-、::リ.゙::::::::::::::::::::
. ` ̄´... !   /: :ノ l: : : : : : : ノ,      ,:'"   / ,, 、   '"fっ)ノ::l..'::::::::::::::::::::::   まったくだ! でなきゃ、ヤン元帥の養子なんてできるわけがないもんな!!
      /-‐-/: :/: l: : : : : : ,/ /     /       `i- 、ヽ  ,.:゙''" )'^`''ー- :、
. _,,..::-,テ   /`7: :(: : : : : //'´ミ)ゝ^) 〃      i、ヺi .:" ,,. /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`゙
`_,:ィ''"  _,r''" f: : :ト---ヲ ト、つノ,ノ fノ       ノ゙i  ,,.:ィ'" /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
-‐-‐'''フ"  ,.ノ,:::::」、,:r'"  i _,,.:イ  /      ,r''";;;;;;`゙゙" ヽ_,,ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
、..、く´_,,∠"ィ''"´ /    ,ヽ  ゙:、 /\、   /;;;;;;;;;;;;;;;;;r-'"´`i,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
´  ,ヘr:、-、=---/    ,:イ ヽ  \  `ヽ〃_;;;;;;;;;;;;f´'     ll;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
ーフ´ > ヽ`ー、/    /く _,,..ヽ   ヽ ,/  `゙''ーハ.     l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
/ / ,,ゝヽ, )  ,./ ィ'"   ゙t    `'     /^t;\  ,,.ゝ;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;



i:廴__                                      _ r‐、
少'´ ̄‘¨}               __                    イi:i:i:iゞイ≧=-、
‐f=r‐、/             イi:i:i:i:ゝ\__  _ ‐r‐、           {:i:i:i:i:i:i:i少'´ 丁¨
¨乂ヽ¨  _ -‐<7ァ、_    /i:i:i:i:i:i:i:i:i:少'´ ̄ノ イi:i:i:i:ゝィト__     i:i:i:才"´  ゜ 〉      見ろよ、あれが俺たちの将来の救世主候補なんだよ
 `゜‐7}/i:i:i:i:i:i:i:i:i`⌒i:i:\  {i:i:i:i:才''" =。zフ7 ./i:i:i:i:i:i:i:i:少'´ ̄ノ     ∨{`ヽ    r‐{
 _zヨュ}i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/_ ̄ ̄ノ(,ri|       ,〉 {:i:i:i才''"´゚ ゝ、         |从¨ \___フ
  ̄ i}i:i:i:i:i:_,,..- ''´rァ、 rァイV|`ヽ     __{  ∨^ヽ   `ーイ     /、 \≠¬ ̄`ヽ   なんという!お目にかかれるとは、なんと望外のこと……
: : : : :八アイヽi}     〉、   ヾ  \  'こ}  |::トノ廴   r‐}    /‐-、 \  \∧   i}
:ーイ`ヽ∨ー'i       r‐イ  {ト‐-、_` ―   从丶、 ̄ ―'    /    ヽ \  { i{   i
::/ iム  \  、    {__〈 _イ\/////イ、‐‐ 、圦 \込z/- ._  {     i   ヽ:{ i{   ト、     
//ii 〉    、 \   `ー{  \ \///i} ム   \丶、 `ヽ}\ \ i     :l    i{。}   i ム      ヤン・ウェンリー元帥万歳! ユリアン・ミンツ中尉万歳
ヽ¬'   i、  ',   ┬少'´   个 、≧イ}  〉、 /\  \/  }  、ム      }    {。}   } ',
  }{    gt\ム冖斗ヘ 、      ⌒} \/ {  ∨  仆、  `ヽム   Vi     i}    {。}、  i__〉
  ¨       i///}  ', ヽ、    i   ヽ。}、 i}r{/}'7 ヽ   ヾ}  ト、_________i}   \。}  i|   ',
          l\_i  }  i     \   \i || |ノイ厂⌒ヘ   }{、  ハ ___}     \  }  i
           i / /  i l      \r‐-宀、¨     i}  ヽム }∧    :i        }丶、   i
             | }。{   } i   少'´ ̄ヾミ.::.:.:.:i} ‐-  _ノ、  {。}イ/ヽ    l      儿__ノ、 i
            } }。{   | |、/       `¬-┬≦¨///\ \\ \ :i__ イ ヾ   \




          __
             ,. ,;≦ニニニニニ=- ,,_
             /ニニニニニニニzz≦=≧;,、
            /ニニニニニニ=≦三三三三ム
          iニニニ≠‐''"´ ̄    `'' =:三;}
            {ニニシ´                `ヽ
          ∧ 从ゝ ヽ \ 、ヽ       ハ
          '{ ハ从乂戈\,,`          }
          ゝ{ z≦,,   `丁`            リ
            〉 マ,.    厶 i           {    ( )
             /         {  ', :.   ..  ''  }
              /__         い. ',     ::    ソ
            └‐ァ     \ ゝ  ヽ    i
                (_,     / `ヽソ 从 i リ
              l    , ′   ソ  ル'彳     【民間はこんな空気なんで、養父同様民間に戻りたくなくなった模様】
              ゝ .,, イ_,,.. -=ニ二三三三ム
               _,ムZニニ=-‐iニニ三三三三i
              ノ /:lニL=-‐'ニニ>-ニ三;ム
             /  i::ムニニニ≧ニニ≡≡ニニヽ
                /   リニヘ<ニニニニニ==ニ三ム
            ├=ニ彡'ニニニ\ニニニニ=-=ニニl
            /-≦,,_ニニニニ\ニニ/ニニニニヾi
             /ニニニ7 //.ニニニニ\/ニニニニニニl!
             /ニニニ/ // ニニニニシニニニニニニニl!
             /ニニニ/ // ニニ,イニニ/ニッニニニニニニ;l!




1033◆aZtyQTMW122019/09/04(水) 22:35:47.26 ID:Olb9qyQa
                       ____
                    _,.-  ̄ミ   ̄ ヽ
                  //  ミ {     ヽ
                 / イ         ヽ ヽ
                 | ミ    r从 ,ィい  ) ) ',
                 j ! _,.ヘゑソ乂し'こ_, ン ノ         さすがにちょっとユリアンがかわいそうになってきたし、
                 て  (/´ネ_r'  ノィタYメ (               原作における恋人と初恋の人がフリーなこともありますし、
                 !r'r し_´     `、_j り7
                 ヽ! jト-'   `__"  冫 Y´            やりますか。結婚ダイス!
                  )イ ヽ  '=`   ノ (´
                  ´ ヽ_/ ヽ、  /ィj ノヽ
                   _/|´ヽ、  ̄/イ|ヽ、
             _,. -‐ ´/ ト、  ,不´ /ト、::::ー..、
           /´|     /  .| ∨  ∨ / :ハ   ` - 、__
          /   |    /   |   >ー{   |  ',      ハ
          /   |    メ、  |   | :|  ,'   :!      |  ',
           /   |    ::::::> |   ! :|   | イ       !  |
        /   ! iY    r'   |  |  :|  ,'   ヽ----- ,'    !
        /   ヽ!|    |   |  |  ! |    / ̄ ̄ ´ ,'  i |
       /    .::ハ    |   |  |  | |   /     :! // ',
       /    ::::::::',    !   |  |  | |  /     ::∨/  ヘ
       /    .:::::::::∧    !  |  |  :! |  /     .:.//:   ハ
     /    .::::::::::/ ',    !  |  .|  :! | /     ..::イ:::::::    :::',
     /  _,.イ.:::::::::/  |    | i|  i   | | /     :::::ハ::::::::.   ::::',
    / r'r'´-::::::く   !    | /   |   ! | !     ::::| ',:::::::::.__,.  :::',
    !      ::::::',  /    レ   ! ____j  ! `     :::| ヽ:::r――、 :::',
    ',      ::::::', i|  //⌒ヽ、___,-ヽ   \ ::',  y    .::::::i
     ',      ::::::',|レ'/ /:::::::____t{__jj__:::\   ヽ...ヽ i    ..::::::::::|
     ヽ      :::Y / /      `7 ̄     \\ \:∨   ..:::::::::::/
      ヽ      :::ヽ /       ̄ヽ_二-'´     \__/  ..:::::::::::::/
       \     ∧|     _,. イ    〃/   Yヽ .:::::::::::::/
         \    /∧|    {    ヽ          ヽヽ:::::::::/
          ヽ  |ム .|    ヽ     |         ...::::レ|_/
           \ト-ヽト、    |    |    ............::::::::::::::::::|

さて、ユリアンは結婚できたのか?【1D4:4】
1.できたよ
2.できたよ(カリン確定)
3.できたよ(フレデリカ確定)
4.熱烈歓迎



1034方舟の名無しさん2019/09/04(水) 22:39:28.70 ID:8PPyZaAn
お前もロリに走るのかwww


1035◆aZtyQTMW122019/09/04(水) 22:42:22.88 ID:Olb9qyQa

         /.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.、
        /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.ヽ
        !::::::::::<コ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`,
         ヾ.:.:::::::::::::::::,,、-‐'''",ィ, ィ  ̄``ー .:.:::::::!
        ,.イ`ー‐ィィシハji! 川イ从仆,'  .:;、  ``リ
        l/ iii! /´ 二ニミl/l/ ミーl/-、ト ト';、';、  I!         【え、熱烈歓迎いってしまいます?】
        ヽji .! ヽ(・)_.::〉  .:::、二'''``ヾ .:;:;:;:;' l!
         ル,;'|     /    、(・)ヽ j!  .:.: ,!
        /,ィイ!    /      ̄  ノ   .:; /      【原作主人公どもは仕方がないなーもう、じゃあ、ね。やっちゃいますか】
        l/ヾjj    ヾ;:;:、     ノ ,ィイ :;:;j!      
          ゙、j',   r===、    ,イ     .:;/ 
         __Vハ  `ー--'    リ  .:.:';:':;'ノ'′  
        /.:::::::Vト、 ー    , イ.:;' ,:;';;イ         【デンジャラスダイススタート!!】
        _ノ.::,r''¨フ > --- ィ´,′)ノィイイ
    /.:.::::::::/ ,r'´  / ``Y.:.:.:.:::::::::::::::|
  _/.:.:::::::://  , イ   //.:.:.:::::::::::::::::::|
 .:.:.::::::::::::::::::`ー ------ '゙ .:.::.:::::::::::::::::::::::::L
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::¨`''ー
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

【1D10:3】
1.シェーンコップやポプランみたいに多数の女性とやらかしてるそうな
2.同盟法に一夫多妻を禁じる字句は存在しないのだ
3.帝国に亡命してアンネローゼと結婚
4.シェーンコップやポプランみたいに多数の女性とやらかしてるそうな
5.同盟法に一夫多妻を禁じる字句は存在しないのだ
6.帝国に亡命してサビーネと結婚
7.シェーンコップやポプランみたいに多数の女性とやらかしてるそうな
8.同盟法に一夫多妻を禁じる字句は存在しないのだ
9.帝国に亡命してヒルダと結婚
10.尊敬する養父の悪影響を受け、幼児趣味に走る





1036方舟の名無しさん2019/09/04(水) 22:44:51.25 ID:MWF6Px7t
なんてことだ。ラインハルトが良く許したな。


1037方舟の名無しさん2019/09/04(水) 22:52:11.99 ID:4CF+7uox
金髪のメンタルダイス降らなきゃ…


1038◆aZtyQTMW122019/09/04(水) 22:55:42.35 ID:Olb9qyQa



   ,/               ヽ
  /         ,,、-~_二二,」   (⌒)
 ,i゙      〈K)  _,、-''"´     ゙ヽ、 /
 |ー~ヽ、 _,、 ,,、-'" , ,; j'ト、 ヾ;.i ヾ;)
 ゙ト、__,ニ-ァ"/ ,イ,ク グハハNハ リ i, ソ
 /';';';';' ,ノ,ノノイ∠幺ダ 'ェェ=キレ|l;, ;レ゙
 | ;;;'' ='イ ''"'〒テ~`'  .i 'Tフ` ,!''ソ        もう同盟のこんな空気には耐えられない!!
 ヽ、 ;;''イ   `¨´     !:    | ト       ヤン提督や皆には悪いが、僕は一人の人間として暮らすために帝国に亡命する!
  ネ ;;''  ヒ      , _. 〉   ,|イ,リ  
   |   ;;い           ,i゙,ナ゙ 
   ヾミ   iト、   ー''二 ̄ ./ツ         【こんな感じで同盟から帝国へと亡命し、】
    )ぃ,l リ ヽ、       /ト-:、
   ,, -'^;;ゝ|ヽ  `''ー、___,,ノ_」'''ァ ゙i,
  .|.n '';;;〈 >'"~>''"ニ=F".:::::,ノ'!:!_
_,、-| |:゙i, ;;l゙Y゙ r'ア{  . |,ィ'|.|:::::::l;_ノ:::::::::`ー
  | |::::゙i::|`!  ゙( |   | リ::::::::::::::::::::::::::::
  レ゙::::::''ヘ、  `    マ゙ノ::::::::::::::::::::::::::::







【帝国軍人として活躍しているうちに、皇帝の目に止まってお気に入りになり、】

    .|   f    ヽ           \
    八   }  i            ヽ
 . /  ヽ/:  |   、           ハ
 .{ /  ノi {  |八  ゙゛ ‐- 、      }
  ∨-=彡ヘ八 N \      ヽ   ,′
  { (  | /  ヽ 「`ヽ 、  ヽ   }  八
   ` ` },fア   }丿V)〉         ハ     おまえは余が失ってしまった親友に似ているな
      /         /:i      、   jノ
     ー┐     |八     、 ヽ .イ          まったく、われながら、感傷が過ぎるというか・・・・・
        r‐      }  `¨¨`Y: i   |
        }    /     八N、 ノ
        人 __/}   _ .斗‐=ニ く
           「 ̄´    ___ }\
               | 廴___∠ニ=孑' ⌒ ニ=ァ:..._
          / ̄     ___      ∠_jハ
      _ r<: ̄ ̄ ̄ ̄  __  ̄ミ:..、/:::::::::::::::i|
    _∠、\ ヽ   _ 斗‐=::::::::::::::>.、_/::::::::::::::::::|}
   /::::::::::::`ー::T:¨´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|}
  ./:::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|}
【失ってしまった親友(キルヒアイスとかミッターマイヤーとかロイエンタール)とかと重ねて見られ、】









                             .  -― ‐‐- .
                             /   、 v,       \
                           /:〃:/.ニ、 ,:/ヘ. 、   ヽ
                           /}':/〃/ {ミミ,.ゞ-ーラ/ } !   ',
                      ,r1 {:::;::::::.  } {!  リ {{ {i:|{:、  ヽ
                        〈 | l V:::}::::ノ,リ ` ( -‐\ヽ: ::..   、\
                      〈 }   V:::/'"´_ヽ.   rぃtヾヽ 、::... ヽ.ヽ     【なにかのパーティーで偶然アンネローゼと出会い、ユリアンが一目惚れ】
              . ‐_二 ‐-、__\__ _ Y{.zゞ-'` }  ´  ノ,   }::::  i ',
             //::_::-‐:. .. _,.-f´:;/~ハ ヽ\  ノ   ーァ,   ノ:::/.:. } }
               i..:::;: -‐ニ:_:::>'´ ̄ヽ:::},ノ ヽヽ ` ´   〃   !/:::〃// ,'
                 j/:::::::::;>'´     ノ〃 :.:リノ ー==' {{   {{::{::i: l{:{  、__ノ
          ト、___ノ::;. -‐'´     ..::://  :::/:\     ヽ   . ヽ::::. ヽ.  \
        . -‐  ̄.::/      ..:::://::ハ   ::/i:::::ハ`ー-‐'´/   :} }}:::::.  ::::.. ',
      /.:_;.--‐:::; '         ..::::/ーf^ヽ}   :{:!|l〈_'ゝT:ト-_.'ノ .:/:;〃:/::}::}:川:: }  【紳士的に付きあいつつ、時たま淡い思いを零しているうちに、
    / //:::/::/       .::::/l:::::ヽにフ/ .: ::}ー¬fー>'´ ..:::::::/`ー- .:__」. -‐=、                    アンネローゼからも悪からず思われるように】
     l i  {::/::::r':::....   ...:::/::{:::{::::;. -‐''´..::/::ノヽ::、ti'::: 〃/::/:/-'´  :/::__;:}`ー- 、
      !|   { ::::ハ:::::::::__;;.-‐'´::::::::ノ/ .::/.._;,.イ::\  ‘、:.  {:{ V '´-‐'://〈:::,       ',
          !::::{::i`ー-、:_::::::::::::::::{://〃:/ /´//::ヽ 、     ヽ: !  ヽ -‐://ァ'´/       i
        ヽ:ヽ::::::::::{:´>ー-_,ハi::i!:::{. {-〈〈ヽ:::  :: ..ヽー'ノ , ノ .://、{::/         }
           `、: ::::i:V^ヽ./、__:}:::::::ヽV:- ヽヽ  ::/:/ /'´ -_‐'/ _,ノ:{:        .:::: {
          ノ::!::リノ  /へ._ノノ:ノ::ノr_‐::::=::\ーニ/ ./"´ ̄/:{く::::::/      _..::::ヽ
        ー' // //::,.イ/::,.イ´:ヾ⌒ヽ::rく´  {:.:{ {__.::/-‐-、.ノ:::/  ...:    ー‐' /
          /  /.::/ / /::{i::/:::ハ::::::::::::: ` `ー' ヽ:::トー`    ::::/ ..:::::  .:: ...: .. 〉     【そして初接触から【1D5:4】年後に、ユリアンが勇気を振り絞って告白を決行】
                i::/{ :{ {:/:!:{::::::::::ヽ::::::::..    _.. `ー-    .::ヽ: /: /_,r‐'T~ヽ
              l:{ ヾ {::/`ヽ:/;.-‐\:‐-‐:::::::―‐`ー::::... ...:::::_;:::イ::>ァ'7 ̄/ ! , -、}
                }!   } }i:::/: /′  {::i!:::/'::::::::::::::,ri ̄`ー:'"´// ::/; -‐;r¬、_ノ ̄´
         ト、_ _,ノ′ ´ _八{::: j    }::{:/:::::::  ::::':::: /::::::/: `>ーァi':::::::::::  |        
         ` ̄    ´  }::./  _.ノ^i':::::::: .:::::: /  ./   / ::/ .|::::::::    |
                  ノノ       l::::::..::::::     /   '  /  |::::::::    l     【それに対し、「弟が許せば」という肯定的反応をもらう】
                  ´        , 、!:::::::::: ..::  ..::   ..:   , {   l::::::::   l
                      / /:l:::::::i ..::/  .::   .::  _∠-ヽ !:::::::::... _,}
                   . -‐/  ,ハ:::!:::::!:::/    _;.-‐'´    ハ |::::::: ̄ /,ハ
                     . '´::::::/  /   ヽ::!:/ _, -‐'´         }!::::::    i
               /  .::::::/.......::::::::ノ `ー''´       ..:/     i:::::::..   |
              /   .:::::/:::::::; - '´   ....   ....:::::::::::::/    ::!::::::::    l












                                    "´  .::..、`ヽ
                            ‐ ´     ,.      ー- 、
                       '"  ,..::,::.  ,.:::/
                      ' ,:: ,..::::/   '" ,   ,'´,..:::.、 .},.´  丶
                         } ' ," ´ ;::  .:::j   ; (::::. ソ´⌒    ヽ
                 {、 .ノ  '    :'  ,ノ  ;    ハ::. ':.   ヽ;
                      ヽ ノ  ト、  ノ  .{ヽ .ノ   :'  .',  ::..    :.  :. }
                     .:'  .:  .人 _,.  '   、_, ィ .'   j.}  :.、   、  .'       【そして「陛下の姉君下さい」と言われたラインハルトは・・・・・・】
                   { ,::  .::' 乂  -ー,.ノ_ { i   ノ/ヽ.、 .::.. 、 ゝ. (
                    jノ   .:'  ,:  (,.'"-‐tッーゞ、 ./ ‐ tッ‐ ソヽ  ソ  、 ゝ、
                /  ,  ! .:;:/ :{'        ヾ(         ハ ノ   ) ヽ;
                    ;  /  ', ::{'人 :、_,.      .:: `       、ノ イ:.   .::j
                、' ,:   ヽ(   :.      .::::          '{ .::.   ノ ; jノ
                 {ノ   '::.. ヽ.  :,       ` ´     / ゝ  ;   {. ノ
                   /    .:} ,ヽ ヽ. j 、   -‐   -    ' }:;   (   乂
              ,   , '  .:ノ ハ.;   ソ.!  .     ̄     イ .: ノ    ヽ  .ヽ
                  / ..:::::ノ  リ ,イ .:l   \      / l ,. '   ::..  ':,   )
.               {, '  .::':::;:'   ノ ノ {:. ;|.       _    l':;:'     丶    、
.               (,: ,:' .::' ., " .::{.(:::!  ̄  ‐- 、 ,. -‐ (;:   ヽ   ヽ  :.. }
.           __  --{ / ノ ,:     ヽ ー.ノ  r',ニヽ Y ./ ,ニ.ヽ. 、  :. 、':,  jヽ ソノ―-   _
 -―     ̄      |:::::{ ;' ' { .:i   .:.   ヽ. 、 '.{ 'ー! | lー' )ノ.',.ヽ ;. 、;: ヾj )ノ':::::::!       ̄   ‐-
           __, ‐┘、.{ 八 ハ   .:::   丶. }ヽヽ.ヽ ! ! ! ノ '/ .ノノ)  } .:. ソノ L:::::::∟  _
_ -―= i. Τ l  l ` `_  乂,::'      ヾニ_ `,...!..,´ _-=-./  ..;:: ノ '/ ! .| l  .! Τ.T T=―--
.|   l   l   .|  .l  .l  ト    ` ー-/.::   ヾ、 ', ー, ' , -‐- ,ヽ,.-―´'  .:::;'./ "    .!  ! l  .!  ! .!  !  !   !
.|   l   l   .l   l  .l  ! \      ' :{     :..ノー--'__ ; .} -‐.{ { ::::(       l  .! l  .!  ! .!  |  l  l
.|   l   l   .l   l  .l  l     、   { 、  :.   }         ̄ ̄   、 :. ヽ:::.、     .l  .! l  .!  ! .!  l  .!   !
.!   l   !   .!  .l  .l  l      > ヽ 、ヽ :,  .j              ー 、;:::}     .l  .! .!  ! .l  |  l  .|  l
l   .l   !   .l   |  .|  l 、        ー-ヽ; ノ_         _   -  ノハ丿  /.l  .!  ! .!  ! .l  l  .l   .|
!  l   !  .l   |_,. -ー' 丶 、         ソ     ̄ ̄   -‐'"    _ ノ<   .l  .!  ! .!  ! .! .l  .|   .|
!_ 'ー ' '" ´ ̄´       ヽ \                _   -‐ ´    _, -└ー--'ー'--∟.!_l_ ,!   ,l



【1D10:1】
1.姉上が良いというのなら、良い
2.本当は嫌だが、おまえならば、かまうまい
3.ゴメンちょっとまって。感情が整理できない
4.姉上が良いというのなら、良い
5.本当は嫌だが、おまえならば、かまうまい
6.ゴメンちょっとまって。感情が整理できない
7.姉上が良いというのなら、良い
8.本当は嫌だが、おまえならば、かまうまい
9.ゴメンちょっとまって。感情が整理できない
10.結婚して夫婦生活エンジョイしててもシスコンは拗らせたままだった





1039方舟の名無しさん2019/09/04(水) 22:56:21.76 ID:1+D6VaRh
これにはトリューニヒトとワカメもニッコリ


1040方舟の名無しさん2019/09/04(水) 22:59:16.41 ID:8PPyZaAn
色々ありすぎて精神的に成長しまくったもんな。君主としての容赦のなさと共に


1041方舟の名無しさん2019/09/04(水) 23:02:50.42 ID:WUx2RgOo
あれ、ラインハルトの姉とヤンの養子が結婚したってことは
ヤンとラインハルトが義理の親子?


1042◆aZtyQTMW122019/09/04(水) 23:07:29.25 ID:Olb9qyQa

                           _,. --- 、_
                            ,. '´ ,. -=ミ、'´`ヽ
                          /       ,ィ    \
                         /        {ミ{  ヽ  ハ
                       ー=チ  /        ヽ!       ヽ
                   _ノ  | / イ } i!  |  i  {  ヽ  ヽ`
                   て 、_jノ  | ハ !| /ト、 ト、 ゝ  > }ノ    何を緊張しておるのだ。
                        { ハヽ  jノ_乂jノjノ ハj_}Lヽ_、_ ノノ      私も結婚して幸せを手にしたのだ。
                    乂 }  代伝ミ`ヽY 戈ムイ / ハ{       姉上も姉上の幸せをつかもうとするのを私が阻むことなどないさ。
                      }人爪 ゞ-    ) _>‐' _ノ 八
                      jイーヘ    、,.  、_フ_,.イ       しかも姉上の相手が卿だというのなら、この上ない喜びだ。
                       乂{{ \ ‐ _ ‐ / ,从
                        从rく >  イ j人く
              ______ ムイ::::`ヽ  /::::::{    ______
             〃({____})/〈ー=≦ニ、{{::::V::::}},. ≧=rく〈ヽ({____})ヽ
            _j{______} /ヽ`ーミ、:\j{_/::__ノ::::〉ヽ}______}-- 、
         {二二 イ/ /乂/ // /ハ〈   \:::::`:Y⌒Y::::: ̄::/  ノ/// } }ハヽヽ ヽ }
         〈_〈/〃/ / / // / 乂}\ \ `ー┴-┴=彡{二イ / // /ハ Y〈 } } } }ノ
          〈_// /、〈_〈 〈/ /く/   \ `ー――    / {_j_j〈乂/ {_j_j /くノ
            {_} 「  `ー'/ |\     `ー―   __/ // /    | くノ  |
            /  | /    ∧  \ `ー=ニ二_/ //  /     | ト、   !
          /'   /    /  ヽ  \_____//   /     |  ! |ハ  |
         / /  ./  / /    、   \     /      /  ! , /  i   |
          / /    /  /      i     ヽ.__/        /    , / /   |   |
       / /   /    /        |     |      /              |   |
         | 〈_/     /         /       !       /      ,' /     !  |\
         !       /      /         |     /       / /           !
    _ /|         /     //        |   /      / /
  /  / |      /    / /           |  /        /
/   /  /      /   /  /         | /           /
   /  /     /  /   //         !/          /          |
  /        /  /   / /         /        /             |
 /           /  /   / /         /        /             |
/         /  /   / /         /      /            |
{        /  /   / /          /                     /








                  __
             ,. ,;≦ニニニニニ=- ,,_
             /ニニニニニニニzz≦=≧;,、
            /ニニニニニニ=≦三三三三ム
          iニニニ≠‐''"´ ̄    `'' =:三;}
            {ニニシ´                `ヽ
          ∧ 从ゝ ヽ \ 、ヽ       ハ    へ、陛下! それはつまり・・・・・・!!
          '{ ハ从乂戈\,,`          }
          ゝ{ z≦,,   `丁`            リ
            〉 マ,.    厶 i           {
             /         {  ', :.   ..  ''  }
              /__         い. ',     ::    ソ
            └‐ァ     \ ゝ  ヽ    i
                (_,     / `ヽソ 从 i リ
              l    , ′   ソ  ル'彳
              ゝ .,, イ_,,.. -=ニ二三三三ム
               _,ムZニニ=-‐iニニ三三三三i
              ノ /:lニL=-‐'ニニ>-ニ三;ム
             /  i::ムニニニ≧ニニ≡≡ニニヽ
                /   リニヘ<ニニニニニ==ニ三ム
            ├=ニ彡'ニニニ\ニニニニ=-=ニニl
            /-≦,,_ニニニニ\ニニ/ニニニニヾi
             /ニニニ7 //.ニニニニ\/ニニニニニニl!
             /ニニニ/ // ニニニニシニニニニニニニl!
             /ニニニ/ // ニニ,イニニ/ニッニニニニニニ;l!





         _.. - ― - _
      . ´          ̄  ー- 、
    /  ´/"         ,;'"  ,〃 ヽ
   '  "                   /´; 、 :}
  / ,;        /〃         l  | ミ 、
. / ,/   ,;' /    ,.,',' /   ; ! i. ! }!.ヽ
 { ! ",: 〃/,'/,     / ,'/    ,// ノ; } ;!l! ; ,}
. !.l! 〃,/ " /;       /, ' ,,/ ノ, ' ノノ ; iリ    ああ、結婚を認めるとも
  },'      /",,, ,// "´ _ ../' ノ/ /,.' ノ     卿は軍人としてはおろか、政治面でも大きな才覚があるし、
., ' /   /   "" /       ―/-/''"i'"'"       結婚話にしてはやや下世話だが、卿が皇室に加わることは帝国のためにもなると説得させることは容易かろう
 /,    /    ,//     / /{ 、(   !
 ,/   /   ,//,  ,'〃,/,/l : !.!: !).  ,      ただ続柄上、卿は余の義理の兄ということになってしまい、わずわらしい面倒ごとに巻き込まれることだけは覚悟しておいてくれ
 〃, ./,   ,/,;' l!  ;!!lii!  .{.!、.!.}ノ'
  /'〃///'" l  l!" |  ヽ、ヾ '   '
  ,/ '"    !/    ,.l     } ヽ    '
 /       /'   ,./ ;;  ; /! }   /__
/ ,..     / ,..//,'ノ, /〃 ノ-.、.',/゙!
〃' -‐ "-‐''"_,,./,' ,  / ,/;、\`.、  !
/,. - /´  ̄;;;;;;;;;;;{ {!  ;l (;;;;;l;;;iヾ \、'!l
'≧=-.._;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、ヾ、゙. ヽ:::::l::` .、 ヽ }!l.l
二二二ニニ- 、;;;;;;;;;;;ヽ ヽ  }:::::::!::::::::ヾ、!、!l!
二二ニニニ/ !:::::::::::::::',!  ,l:::::::::r‐、:/ '゙ lヽ|
二ニニニ/   |::::::::::::::::}! ,ノ:::::::::{l.,/   ! ゙,
ニニ./    ,ノ! 、__ ,'/_,...-'"     } !
_/     ./! |ー.、_            _,ノ  j
      /.| l .|_   ̄ ー―--―'"     lヽ
    / | | ! .! ` - 、   __         ; !
. /! .! .! ! ! .!    ` ー-- =‐    ./  !
'| .|  | .| | l !             / ヽ l



                _.. - '' "'''''' ' ヽ、
               /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
              /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_____L
             i;;;;;;∇;;;_..-'' "       ヽ
             〈;;;;;;;;;/      ヽ  `ヽ. ゙、   と、当然です!! その覚悟もあって、僕はアンネローゼさんに告白したのですから!!
              〉'´ノゞ从ゞヾ_ハ_ヽ,`ー、,,   }
             ヽ人'ィテiヽ 〉ーィてjヽ     {
              彡l `¨´}    ̄く   リハvj
              {ハ l//// < //////   ゙iノノ  レ
               ヽ!  _ ,, ..    人  /
                八、 -     /ハ从ヽ
                  \    /_/_.. - ''i
               r‐;';;´;;;l`llllll" l;!  __ ゙、
               |;;ヽ f/r'7⌒ l;;;l llb__| /ヽ- - 、 _
            _,,,.-十;;;;ヽ /{/  /;;;;;ヽ ̄/        `ー 、
        r- '' "_.. - '' "  l二二二/                 ヽ      【ユリアンは銀河一の美女を嫁にしたぞ!!】
       / l ̄       l                       l
      ,'  |        l                        l
      i   |        l                        l
                                         l






1043方舟の名無しさん2019/09/04(水) 23:10:48.27 ID:kbCffbfe
この二人、何歳違いなんだろう?


1044方舟の名無しさん2019/09/04(水) 23:18:30.21 ID:mCeh/e6K
アンネローゼとラインハルトは5歳違い
ユリアンとラインハルトは6歳違い

つまり11歳違いですね まあヤン提督ほどはやらかしてないから


1045◆aZtyQTMW122019/09/04(水) 23:19:40.42 ID:Olb9qyQa



                         \ \ j |_____
                    ___/ ̄ ̄ \  /     \
                     /  /    __  ̄|\___   \
               /  /    /     │ ヽ \    \
               /    /   j/        j  ノ   \   ヽ
               /     /   /   /    / /     ヽ   ∧
           /   /  /    /   / |  _//  \        ∧
.            ,   /  /     |    |  |   |    /    |  l       ∧
            ′  |  |    |   |  |  |  | |     |  |    \ ∧
         /    |  |    l!   /|  {   l|  | |     |  |  }i     ヽ    それで茶番も終わったようだし、本題に入りましょ!
          /    |  |     |{ / | ∧ ∧  | |     | ∧ ハ    | ‘,      義姉上の結婚式となれば、盛大にやるんでしょう?!
.        /    /  l|  |   | ∨―∨==V==∨\|   /} ナ ∀ |     |  i
.         /    /  l| │  | 、__,z竿竿ミ、 ∨ |   ,ィ勿ヶく__|     | │   帝国もある程度立て直しきたとはいえ、
 、____/  /     l| │  | _)ノ{心(__} ヽ  \{  / {心_}  狄   ,{  |           まだまだ厳しく倹約だらけなのが現状だし、
  \_/ /       l| 八  {_゙ 弋立ソ__     `Y 弋Zソ__ /  | ,小     ここは祝事を機会に、臣下臣民のためにも
..   /          l|  ∧  {_                    / /j/ |∧           ちょっと息抜きにパーっとハメを外す良い機会だわ!!
    /  /      /    l|    \ {_              {     //   | ∧
.   | /|      //   /l |     \{            /   __//´   /   |\
.   | { | /   | |   /イ{ |    │\    ____      イ   / /|│
    ヽ レ'l   /| |  レi´ | |    l |      \__  }ノ   ィ |   // |│
.      \ { |│  ∧ | | |  l | \        ゚二   / l| |/ イ  /|│
        ヽ |人  | ∨\ |  l |  `        //  リ //l │ / ∨
            \|/ ̄ \  \     >  __ イ /  /  / j/
.               /  \  \__\       //j_/ \//__
              |    \_/_____         /        /   /  \
             |       /    \     ′        / / /
            人     | / ̄\  |    i         / /{ /




                       ,,,..-―---、
                ,.-‐ '''" ̄`メ     ヾ ~`、
              /                ヽ
             ,:'"     /            ヾ:、
         ,.-=ニ...,,,彡  / /         /    :!
          /, ''" ,. -    / /     l i'   l l:i     それはそうかもしれないが、第一子誕生時に派手にしようと言っていたのではなかったか?
      ゝ、_,,.-'"   ィ'"~三         /       ミ ゝ
 ,.-‐''"     ,,..--  / -― 三 _ノ// / ノノノヽ `i
/  /    ''""      r‐、  r"ヽ=・= `ヘノソ=・=ノ  ,.ィ"
  ゝ  /         | (  l        l::.  ///
   )  / /    ,.. '"\_) ヾ:、     _ !:  ゝ  i、
 ̄`'''ー-、,,____,,.-‐'"   / 彡"    __  /:lヽ  ヽ
      ___,,...   '" / , (\    ̄ー‐‐ /,ィ" ノ  )
  ,.- ''"          |\  ヽ `ー、     / ,.-'"  /
          ,.-―――'"    )ヾ::、_` ー‐' r" ,. -'''"
                        `Y"



                    /   __
                       / /  /. ___\
                   { { / /
                   >‐人 ∨/‐‐-ミ
                    ヽ!
            / /      `Yヽ   ヽ   ヽ
            '       /   } ノ        v
              /      /'   ノ'   Y.      V
           ' /     '  {.       }\.    ∨
.             '     /.   {/   \} }  ∨/.   ∨      そうなんだけど、私たち結婚して何年も経つのにまだその気配がないじゃない?
          i{  i.   {ー.'―‐´{ {     /}/ー‐}‐∨ ', V..
.          i.{      乂|   ∨\  レ'.      i  l  v
          从 . |:   |三三三    \{  三三三}   |  v       毎晩毎晩あんなに激しく何回もやってるのに、どうしてなのかしら?
          /   |  八                   ノ'.  |   v
.       '    |:    {\//       ,    ////}.  从  \
      / イ   |: v:  {                    八./   } ̄    宮廷医の診断ではどっちも問題はないって言っているのに・・・・・・・
.         {   | ∨从.      `    ´.     '. / ∧. /
.         ∨ ∧|/ V..个s。,,.         ,,。s个 / / }/
         ヽ{ \ | {ヽ|/ヽ. ≧=‐-‐=≦_}__}/}/
.              >< ̄ ̄ ̄}    {  ̄ ̄><
            '⌒> ,.   ∧   /  //⌒Y
           {     ∨\  ∧  / . //}    }
              ',    乂 \  ∨ // /.  ∧






           ,r'′                     `ヽ 
       .ィイ゙        ,′ ,jiii! !ミミ;;y′ jii!  ',   i!、 
       ィイ 〃:.   :   ,′ ,jiii! !ミy′  jii!:.  i:.   i、 
      , イ.:.〃.:.:.:.  人 __ノ .:.;′'゙゙′ V    jiiii!!.  !:.   ,! 
      ノ.:.:.〃.:.:.ト、_ノ  /.;r'.:〃 〃   'V   .::j11.:.  !  Ⅵ 
    /ハイ.:.:彳.:.:.:ト、 .:彡/.r'.:〃 〃    ,小 .:ノ川.:i    Ⅵ      バ、バカ!!
     レイ.:.:jiiii.:.:.:ゞニ彡l∧ィイ 〃   ,.イハハ斗ムi.l.トト、,ィ彡..::!       こんな時と場でそんな話するんじゃない!
      レイ.:.jiiトトV゙゙゙`ニ≧:、、,,,V  ィイイノ,,、ィ≦´十トトィ彡.::.:〈 
     `ヾ.:.:.:N(  弋モ弐㍉ ト イィイ<モテラ¨゙乍/1i.:.:.:.:ソ    
       ゙{.:.:.い     ̄   '、(      ̄    ,リ 11.:.:ノ 
         ゙{.:.:.い  ////  .:.:;;i   ////    リ ノノ:〃      
        ゙{.:.ゝ',        .:.::l         ,'レイ:( 
         )ハ:ハ       ヽ r'         ,'.:i.::トハ      
           )ハ       _ _         ノイ.:.ノノ 
           ,小、   ´  ̄  ̄``    / いリ 
          _ノ/`ヽ\    ´ ̄`     / / ,.イ 
  ¨ニニ二二二7/     `ヽ、       /_//;;l にニニニニニ 
      .:.:.:.:.:ヾヽ      , ミヽ、__ ,...イ, ‐.<:;:;:;:i. !.:.:.:.:.:.:.:.:. 
       .:.:.:.:.:.\ヽ  ((⌒) いY レイ⌒)ノ;:;:;//.:.:.:.:.:.:.:. 
        .:.:.:.:.:.:.\\  ノノ ∧1 .j(;:;:;:;:;:;:;://.:.:.:.:.:.:.: 













         /.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.、
        /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.ヽ
        !::::::::::<コ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`,
         ヾ.:.:::::::::::::::::,,、-‐'''",ィ, ィ  ̄``ー .:.:::::::!
        ,.イ`ー‐ィィシハji! 川イ从仆,'  .:;、  ``リ
        l/ iii! /´ 二ニミl/l/ ミーl/-、ト ト';、';、  I!
        ヽji .! ヽ(・)_.::〉  .:::、二'''``ヾ .:;:;:;:;' l!
         ル,;'|     /    、(・)ヽ j!  .:.: ,!
        /,ィイ!    /      ̄  ノ   .:; /
        l/ヾjj    ヾ;:;:、     ノ ,ィイ :;:;j!    ・・・・・・・・・皇帝皇妃両閣下万歳!!!
          ゙、j',   r===、    ,イ     .:;/   
         __Vハ  `ー--'    リ  .:.:';:':;'ノ'′  
        /.:::::::Vト、 ー    , イ.:;' ,:;';;イ
        _ノ.::,r''¨フ > --- ィ´,′)ノィイイ
    /.:.::::::::/ ,r'´  / ``Y.:.:.:.:::::::::::::::|
  _/.:.:::::::://  , イ   //.:.:.:::::::::::::::::::|
 .:.:.::::::::::::::::::`ー ------ '゙ .:.::.:::::::::::::::::::::::::L
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::¨`''ー
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



【なお、ユリアンが加わったことでラインハルトの同盟征服の野望に変化はある?】

【1D200:165】(80以上で変わらず、30以下で完全に諦める)




1046◆aZtyQTMW122019/09/04(水) 23:20:13.81 ID:Olb9qyQa
尽きぬ皇帝の征服欲


1047方舟の名無しさん2019/09/04(水) 23:22:00.78 ID:8PPyZaAn
性欲はCV的に横島ぐらいありそうなカイザー


1048方舟の名無しさん2019/09/04(水) 23:22:56.81 ID:MWF6Px7t
ユリアンも同盟に攻め込んでヤンと戦う覚悟はしているというわけか。


1049◆aZtyQTMW122019/09/04(水) 23:37:41.72 ID:Olb9qyQa


                ,.'"´  ̄ ̄ ``ヽ
             ,、-''´           \
              /;:::.: . . .        _ _ ノ,
             /;;:;:;:;:;:.:.: . .<カ〕.  ,.' ´  ``ヾ
          !;:;;:;:;:.:.: .:. . :. . ,,、 '´      .:..::`,
          ゙、;:;: ;:.:.:.:.: .::,、‐'´;、ィイム、;、 .:.、;.;.;.;ヾ!
          ,イ>--‐''゙´.;,ィイノン'i'`ヾトヾ,,::.::::.ヾノ
          7;.;.;.;.;.;.;, ,ィシ'7_ ,,,、' ゙ 、_,,>トヾ、;::;:.リ     ユリアンが帝国に亡命した時も驚いたが、まさか皇姉と結婚して皇室入りするとはね・・・・
          _」;;;:;:;イ;;j"´,r-デ:;> ,イ^モ7 `i;;;;:;ソ      まかり間違えれば、ユリアンがローエングラム王朝の第二代皇帝になるかもしれない可能性がでてきたわけか
  _ , - ー'''´,ハ;;;;;;!/j;;;ト    ´ .  i ´  ,イ;イイ     
.:.:. :.:. :.:. :.:. :.:.:./;:..ゞ仆ヾlリ      ,   ,!   jソ/′          そして私が軍人を続ける以上、ユリアンと殺しあう可能性がさらにあがるわけだ、と。
;;:.:;.,. -─一'/;;:.: .:.`゙ゞヘ_ト、      `ー'   / ヽ ̄``ー- 、       
:.:.:.:;.:. :.. :.: . . i;;;;.: .:. .  Yj '、    -ー‐:- /  i   ー - 、_`ヽ、
:.:.:.:.:. :.:.:. :. :.. .\.:.: .. ,ヘ \ヽ __ ´ ̄ ,イ ハ _」;,      ¨``ヽ,
:.:.:.:.:.. .:.:. .: . .:. .:. \:./ -‐'"´    ``ーrァ'ー'-、_,::;:;          i     可愛がった子どもと殺しあう可能性がでてくるなんて、やっぱり、現実って辛いことばかりだね
,. -‐ ─ ''''"´ ̄             ij||       ̄ ``ヽ     |
.:.: .:.: .: . . .:. :. . . . .           1||.   ¨` ー -、 、`,     ヽ
.:.:.:.:::. :. :. .:.: ..: : : : : : : . . . . .,     j i!         i i,1 /   j !
.: .:. :.: .:. :..: .: ,,r'"´  ̄  ̄ `ヽイ;:'´  _,レ^ー-、_   ,r‐y `i j,リ /     ! |
.:.:.:.:.:..:.:.:;:;:;/     `,   ヽ:;: ;:,イ.: .: . . . . ̄`ゝ‐'T二レ'゙ /    ,! 」
:::::::::.::;;:;:;:/        j     ト、''´.: . .: :. : :.: . . .: . . ,.   /    | 1



                    __   > ´ ̄ ≧s。
                      /                 <
                     /                     、
                    /                          ヽ
                /
                   ′     ./     /     .l         ∨
                  /     /    .′ .イ / {       |    ∨
.              /       .′   、{ /l / l/ 八    ./l    |.  ',     ヤンおじちゃまのいうお通り、ユリアン兄様もずいぶんと遠い存在になってしまいましたねー
          /       |   ヾ斥芋ミ   \  /.| / |  {
           ー=≦/    ′   |     l乂 シ     イ芋く|/  l  |       それでもヤンおじちゃまは民主主義がかかってるとなるとユリアンとも戦うんでしょ?
.            /    /     |      {         .乂 シ八 .∧  l      
           /   イ     .l      |          ′  ∧ ∨ 八 乂     自由惑星同盟に幻滅しているくせに、相変わらず面倒な性分はまったく変わらないんだね
.           ム ´ .|/ |  /八  ∧|     _    /      /\{      そんなに辛いなら、全部捨てて逃げ出しちゃえばいいのにさ、バッカみたい
              〃 .|_/  ∧    ト、    ( )  イ   |.   /
             Y        / \  | \     < 八 ィ/ |  /
                |        厂  ヽ.|─  て´  |/   ヾ. {/
.               八 {   乂      ∧ ト {=- _  /
               / ヽ  _ ノ-=ミ    ∧x=ニ\\    ̄ `ヽ
                 {   -=   \  \ .∧ニニニニ {  \       .
             γ´      込  丶  ≧- 〈ニ:\  \    ∨
             .′       ∧.        ∨ニ \  `  .  }
            l            ハ        ∨ニニ \      .、
              /|          }         \ニニニニ\     \
          { 从          |         ヾニニニニ \     ヽ
         / ∧       ′  |           ∨ニニニニ }         .
            {    ∧       {   l              }ニニニニニ|       l
           | | ∧    从  .八           |ニニニニニ|        .从
         /  {  ∧    込 /               /|ニニニニニ{       /
        /   l.   ∧     \           /人ニニニニ/    .イ
       ′         ハ     |ハ >       イ.    \ニ /  -=≦
     /|  ./       .    | ∧    ̄ ̄         ヾ     l
    / | /    厂 ̄ ,     { ∧            l       {
   ′   /    /         .|   }                {      从
  //    {  ー=彡     .     乂 八              l       ',
//    .ノ   /       .ハ    У            |      |
     /   ./         ',   /                 |      {
   /   -彡          .|  /                    l.      八
 / ィ ´                } ./                 {         ∨
   ノ                 |/                    |         ∨
 /                 /                 |        イ
                      /-=≠===≠≠==-   _ .| _ -=≦ 八
                  / ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ∧
            【青年女性へと成長したシャルロット・フィリス・ヤン】





      / ̄二ニ= 、     __, --―==ニ二≧.__
.      / /   、  \  // ス、   -=○≠‐ゝ,-‐ `ヽ
     レ'/   ヽ\\ `< .イ / -‐=≠ニ二_ / ̄ `   }
     レ'  , -‐  ハハ ト、 ':. |-‐ _,.=ァテ从:. (_、 ̄`  '.
     |  // //  |li ト、,(] |.ィ=彡'/ル'‐-ハト、ヽヽ    >―=ァ‐―--
     |/// /    | l 川ト、ソ ル'.:://(  行㍉ヽ ノハ_;ハ  _/  r‐'   ̄
     |//       | l' ムィ斗くハ:l八   `ニ=  (fハリ:j:;>く.{  ノl\       まったくもってその通りなんだが、それでも帝国に比べれば同盟の方がマシと信じてるからね
     |/      | ト、::::V人ゞ リ          _、〉/:イ   \ニ{ ヽ\
     '         | |',ハ::::)ノノフ′     __ 、_ ´/人ゝ    `ヽヽ\\
     ,         | |'i 川'((.:/      ´ ¬` /         \ ー==ミヽ     ・・・まあ、あれから何年もたってるのに、
     |        , リ/{/ ̄ ̄`ヽ\     /               ー=、 ヽ                   自分を「万古最大の大英雄」と持ち上げることをやめない
     |       ,' //     //lト.\_ ..ィ_              \       同盟政府や民衆には控えめに言っても、
     |       , //l\ー-=// | \_|_,ヘ ∧ー‐≠ニフ ̄ ̄ ̄ フ77ア广                  文句と罵倒が数千億ほどあるんだがね
     |        l l/ |ヽ \ //、__,l`ヽ   ノ}/ ハー-=ニ、     / // //
     |         l ; /|  \{{  ー-=二ニ=-く'_/_}ー-、  ヽ_/ /// /'
     |        /, |   ヽ   \\  爪     \ {  | /// /
    |     l // |i    ',      \{ l,ハ      ';i  |'/// /
.      l     ///  ||     ',  l      \ヽ}     ハ |'// /     /
      .    //イ i l||      ヽ. l         | ̄ ̄ ̄「' | l|i/ /   /
       ',   / 八ハ l||       \       |      | | l|   /










1050方舟の名無しさん2019/09/04(水) 23:40:36.54 ID:mCeh/e6K
まあラインハルトに息子がいるのは確定なので
ユリアンは摂政か宰相として後見するルートになりそうか

揉めるとしたら、ユリアンとアンネローゼの子どもの扱いかしら


1051◆aZtyQTMW122019/09/04(水) 23:42:54.30 ID:Olb9qyQa

================================================================
【ヴァルハラ(死後の世界)】


                   i 、( _, --- 、、
                r‐::''"  ̄   r‐''::7 ヾヽ、
                  l:::.   ,    ´ l::(   ` ⌒ヽ、
               /.:::....::.l l    、l 、_        ヽ
                l:::::::::::_jノ从、八ハ:::::<         l
                >::::_!        ̄フヘト、l`ーァ   `!
                /::/"_二、 r''_二_ ̄`ヽ 「ィ´´     }
                  ヾ:| 代ラノ) !:. 'てvフ^   lリ   `ニ" (
                    ,′ `/     ̄    }! , -、::‐、  〉    ・・・・・・・・アンネローゼ様
                l   ト- 、,          l/∧ |:::::l  l′
                 |   _二__        イノ /ノ:::ノ! ノ
                l  ! ___  `       / トr '´ r'´
                    l   ""         / , |リ   ノ′
                 l         , ィ / ク i、ノ
                    ヒ_‐_--..-‐:::''"::/ / イメ、
                   r‐}::r ー_ ニ"´-‐‐_ ニ"イ
                   _ト、レ'´, -‐=、'""「 |::::|l. |
                 | | l! / r'⌒ヽ.) l. |::::|レヘ、
                 _r'.リ | l l     _l.└'゙ ,∠=、_` 丶 、
    __  ,..、 _r‐、..-‐_ニィ 、/ l| |ヽ`ー…'"´, - '' ´     二_‐- ニ7⌒>‐、,-、
   / r‐゙7 r'´/ r'""´´  //,'⌒ヽヽ/, ‐' "´   ---- - - / /"/ /´_>
  ,ト、_`┴'‐┴く  , 、  / l {  l|| /  r‐、  ,..-─────‐'‐┴‐┴'…"_/.:
  /,|:::.. ̄ ̄`ヽ. Y r'´_ノ ,!ゝヽ._.ノ ハ  〉 l/ ,.- ''."::´::: ̄::: ̄::: ̄::: ̄::: ̄.. : : :
 //l:::::::::::::::::::..||ヽ`_ ノ ヽ` ̄/\`ー' / /..:::::::::::::::::::.::.::.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : :





           /             ヽ、
          / ,ィ, ,r'ヽレ'ミ、、';  、  、   ゙!
          ,レ i i 「 ̄`⌒ヾ i i , 、゙、 、゙!   |
        / ,ィ | l l |     | ト,'; '; ゙:、゙、ヾ!   |
       l/,ィン'ソ,ノノ/      !ト、ミ、ミ, ゙、㍉\ 、|          なあ、ロイエンタール、キルヒアイスはどうしたんだ?
       ソ 7´Y-ぐ≧  ェェニ,三Fゞ=ミーッ-  、ヽ,
        ゙〈l i | '゙セ)`i   '´セ)`:   l,`ン-、  i':、|
         ヾ,」 `´ ,ノ..    `´     トf,イ゙ ゙、ミ゙i リ
           `!   (  ,.、       ア,レ゙,ノ ゙'iリ
          ハ   _`ニ__       ,、r'゙ ゙、 ソ
           | ト、 └--‐''      / |   |ノ
          ゙、ド、  `=''"      /! |   ,!
           ゙>ト、     ,,-''゙ / 从り'
             ト,`-`ー─''゙ _,.、-‐''",.イ
           ,〃_,>ー-.、`Y゙ ,r‐=ニ、 ,ト,
    ,,_,.、__ィ-| !) ト''⌒) | | | i⌒ソひ ト,_
    ,!-==! 'r==゙! ゙、_ノ   ノ ,! :| | ゙、 ゙'ー'ソ ,ノ ̄!^ト`エ^ト、_r、_
   ,!_  `、\ \ `'--''゙,/| :| |\ `'ー''゙/  ,/ /  || ゙、 「
    ‐-、 ̄ヽ,\`ヽ、\ く  ,! :| l, 冫 / _,.-'゙/,.、-''"二二ニ-
      `ヽ`、 `ヽ、`゙ヽ ∨r'⌒ヽヽ! f゙''".-''゙ /r'゙ ̄






                   ,r'彡;;;;;;;ミ彡圭;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミヌツゝ、
                  /ツ彡;;;;;;;ミ彡E;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミ三ゞ;;;八
                   ,'シ彡;;;ヒ,、韭ミ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ゞ三ミ;;;;;;゙i
                 /彡;;;;;;;;;;;ノ:::::: `'弋N;;;;;;;;;;;;;;;;;ミ≒;;;;;;;;;;}
                 {ソソ;;;;;;ノ::::::::    ゞ`'-、,;;;;;;;ミベ;;;;;;;;;;j
                 レイノイイ::::::::::::        `'ー、;ミャ;;;;;;リ
                ノ;;;;;;;;;ノ'ー- 、,::::          `''iミ;;;;l     なあに、現世にのこしてきた女に裏切られただけのことさ
                イシ∧ソ:::::tェr- ミ、; 、 ,〟 _,,,,,、、.、|;;;;;ノ 
                乂 リ:::::::::::`゙''''゙ノ:::> <rtテニ,;ィ' ,レi゛       さほど意気消沈することでもあるまいに。女とは男を裏切るために生きるものなのだからな
                 〉{ルト::.......   .:::.;;   ....     レイj
                 ハ j:゙、::   :::::::;;        ノノj'
                 ヒ;;;リ:::::::   :::、:ゞ:r:       レ'
                 ゞシハ::::     ;;;       /イ
                  `Y´:゙、::  ¨、ニ二ニ;`'   イジ
                  ノ :::ヽ   ゙゙^^゙    ,. ','リ
                 斤'ー、,_::\       /  |
                /_;__;;;;;;;;;;`-;;;ヽ,,,,_,/;;.../ ト>
                ,f…::;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;`''ー;;、_ / r'〈| |
_,、-‐─t、__,,,,,,............/ミァ;;;_;;ヽ\;;;;;;;ヽY´,r'ヽj`Y仁ミi |
二\\二\lllllllllllllllllllllllllllllllliiiii-、,`'-、,≧ニン{ (:::::::;|: | |::::::八
━━\\━\llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllliii㎜、ミ、_`';;: | レ' ,,人`'ー-、,__
\:::::::::::\\:::::\llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllliiiii㎜><_llllllllllllllllllllllllllllliii㎜w、r:…-、_     _,..-
 ヽ::::::::::::::ヽ.ヽ:::::::ヽllllllllllllllllllllllllll__,..-ー''"´三二-ァイ⌒゙i、i'ー-、,lllllllllllllllllllllllllli㎜、━゙i゙iニキ≦、_
  ゙i:::::::::::::::゙i. ゙i::::::::゙illlllllllllllllllr'"r-ー'''7〔 ̄:::::::::⊂´( (ノ^リち:::::::::i t-、llllllllllllllllllllll゙il:::::| |::::゙i   `''




                 ,,、、、、、、     ,,,、、、,,,
              ,〃´        ´    ``ヾヽ
             〃     ミヽ  .:.:;,     . : .:.:.`ヽ
            〃´    `ミミV彡'´       .: .: .:.:`ヽ
           〃´     `ヽミV彡'´     .: .: .: .: .: .: .::.ヽ
          j j      `V//'"´        `ヽミミミミヽ
          ノノ      `V/'´     `ヽヽ   `ヽミミミミヾ      何をいうかロイエンタール! 夫婦の絆をバカにしているのか!
        ,〃   .l:l:l. !.l:ミヽ ,.ィ彡ノノ.:.!.:.:.i.:.:.!.:!    .: .:.`ヽ.:.:.ミミ;、 
         ,〃  .,:.!.l.:l.l:! l l:l ノ゙゙リ゙゙゙゙゙´j.:.::!..:.:i.:.:.!.:!  .: .: .:. :. :. `ヽ.:!.:!     現にエヴァをいまだに俺を慕って、毎日墓にやってきて色々話してくれるぞ!
      ,〃 .l.:l!.l.:l.:l.:l.l:! l l:!′ ハ  川j!.:.:.:i.:.:l.:lトト、.:.: .: .: .: .: .:.:.kl.:i!
      l/ ..l.l.:l!.Nイイ_リ j リ      トト、.:.:.:.:.トト、ミミヽ.:.:.ニ彡彡ノノ!l
      l l.:.川.:.l!.l.::.``ミミ;:、   ト、,,,__,,.ィ彡公ミミヽ\ミミミニニ彡!!.!Ⅳ
       VⅥ.:.l!.l.:ハ ,ニミミヽ ヽミミミ∠二_   ``ミj!ハヽ:j.:!!.:V
           Ⅵ:j:州`ヽ(:・:シヽ  .:.:. 、_(:・:) ヽ   lミj!j i i.:j.j.!.:;′
     二ニ二二ニ`ヾ州!   `゙゙7 ;: . ``   `    iミ!j i i.:j:j:i ハ
     l i     !.:.:.:.:.:.',    ,′ ;.:..           ノ ノハ,:ji/ ト、
     l i   !.:.:.:.:.:.:.:',    ( ...;;;:'´          /   ji!イ /!.、`丶、
     l i   .!.:..:.:.:.:.:.:.:',    r===== 、        /  ノノ / !:::::`丶、
     l i   !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゙.、   V/    ',      / /  / /:::::::::::::;:;:;:
     ! !  l.:.:.::::::::::::::::::.:.゙、   !.ニニニニソ     /:/   / /:::::::::;:;:;:;:;:;:;
     ! !  l.:.:.:.::::::::::::::::::::::ト、  `二二´   /:/   /7. /::::::;:;:;:;:;:;;;;;;;;;
     ! !  l.:.::::::::::::::::::::::::::ヽト、      ,.ィ´/ `ヽ\// /;:;:;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;
     l l  l.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::ヽにニニ〒〒``YY1  l 1/ /;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
     l l  !.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ 州jj!ゝィイノノ ノノ/;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;



                     , -── - 、
                    / ̄へ\ 、   \
                  /       へ\`三   ヽ
                     l     _     厂lトi、     ',
                /  三_彡 _ノ  l| l|ヽ、 i l|
                   l   ,ニ、   / _ ヽ `ー ∨/l|       いや、決して卿の奥方を侮辱したつもりはなかったのだ
                〉 / ヘ l. ハ! ‐tァ=ミ _≧-┘      すまない。許してくれ
                〉 ヽ`! ミ′    ̄ " 〈 イ
                  l、/`┐        _ ∨      (未亡人とはいえ、毎日夫の墓参りをするって、それはそれで問題なのでは?)
                /\   ヘ     _ _7′
               /=く \ l \    ー /
              /\ ヾ:、 `ヽ、_\ _ / ,-─-、
           r<_   \ ヽ\_))r=ミT「<ヽ\ヾ、`ー┐
         r<_ `ヽヽ、  `ヽ、¨´ ゝ l.|.| |`i l トi ヽ /
      _,∠ ̄`==、ヽ 、 ヽ   ̄`ー==┻/ :レ 〉l トil|=ヽ
     _|         \、 l| l|  , -イコ7《|      |l| ノ
    |ト、      //\l| l|  ト-へノヘ|、_     l∥ 〉
     | \`ー一 '" /  /l\l|  |ト、    〉     / ||V)
    〈ヽ  `ー ' ´   / 〉>!  ∥l|   / ̄ ̄`ヽ/l| ||'〈
     |ヽ  `丶、 _/ /ハ(_》  ∥l| ∠ニ、ヽ、   〉Y!リ/
     | ∧ヽ-、   一'  / Xlヘ  l|ル/   Jト、ヽ/(dノ┘
     | ト、\ `ヽ、_// /ハ¬_/ ̄ ヽ、   てソ  l |
     | l ハ \      /   l | 「`ヽ、 !    /  l|
     | l | l、   ` ー‐ '       | | |    /    l |
      | l || ヽ  \        !  |  |     /     l|


===================================================


1052◆aZtyQTMW122019/09/04(水) 23:54:45.26 ID:Olb9qyQa



【そしてユリアンの帝国亡命からの結婚でおそらく最大被害を被った不憫な人】

           /: : :/ : : : : : : : :/´_`ヘ|: : : :/}: : :/  1≧- ― -l: Ⅳヘ.     }: : : l: : : :{    | : : : : : : : : : : : : : :
            l: : ∧: : : : : : /, '゜  ヽ.|: : :/ .l: :./   {´       ヘ: }ヽヘ,  /: : :/{: :/.     .l: : : : : : : : : : : : : :
           Ⅵ{ l: : : : Ⅳ ./_ }´ /.l: :/  l: /   . ∧      }'  i1ヘ {: : : {/:/     / : : : : : : : : : : : : : :
            `ヘ Ⅵ: : ::{ _   -/ }/   _}/    }\   o    }'∧\_/Ⅳ    _ノ: : : : : : : : : : : : : : : :     あのさあ・・・・・・・・・
.               Ⅵ: :ヘ ゚. ̄,  /  _三      .ミ`¨ -= - ´  〈: :∧:{    .}: : : : : : : : : : : : : : : : : :   
               /:/: : :∧ l  }    _三        -=≦三彡´  }/ }'    _ノ : : : : : : : , : : : : : : : : : :  
             -_彡’: : : : : { `ヽ´     _三: :                /      ,}ハ: : : : : /: : : : : : : : : : :}  
              /: /: : : : :.人 _l    _=三: : :     _,-             ≧=- 、,}: : : : : : : : : : : : : : : :.∨  リバティ空戦隊の同僚の中で、
.             l: /: : : : : :///   _=三::: : : :  ./ \_          .1{    ー=ヽ彡´ .}: : : : /: : : : : : :∧    きめぇ夫さんに次いで
              Ⅵ: : : :/  /{.   U三::: : : : :  .l\__   \       丶 j;{∧。     i!   ,': : : _: : : : : : ∧{   組織運営の才があった
             _Ⅵ:/     .∧   _三ニ::: : : : : . |   `ヽ 、\        寸、   _7 /: : : :{/: : : : Ⅳ       ミンツ退役中尉が帝国に亡命したってだけでも、
 \_        /  }/      .//∧   三::: : : :   l.    < \ \       寸≧- /: : ∧: : : : : : :/      僕としては結構辛かったんだよ
.   \  ̄\/   三\      //∧  三: : : :    Ⅵ    ヘ \ \_,,        .'}: : : ∨: : : , ' ´
       /         、.     //∧  三: : :.     Ⅵ     l  ∧/´        . ' \: : : : Ⅳ
        、         \    /// 、 三      `寸 、.  l,  ´         人   }: : :∧{        感情的な問題じゃなくて、仕事の負担的な問題でね?
        \           、   ///∧ ニ           寸_/       u  <     ヘ〔          ミンツ退役中尉ってば、
          、           \.  ///∧=                 .  ゚          `            優秀だからドンドン出世していくもんだから、
          \              、///// 、            .  ´                        彼の活躍の二次災害が僕のところにくるわけでさあ・・・・・
            、            \///// \    .  ´}'
              、           ,\//   ー ´
               \.          /:::::::≧- 、
               \      /:::::::::/ /
.                  \.  /::::::::/ ./







      /:::::::::::〉:::::::Ⅴ::::::.∧゙::/∧:::::::::::::::::::::::::::Ⅴ::::::l:::::::::::::::::::::::::::: ハ
      }:::::::::::::∧::::::,r'::::::: ∧゙i//∧:::::::::〉::::::::::::,r':::::::::|::゙i:::::::::::::::::::::::ヘ
     ,r':::::::::::∧::::::::l::::::::::|fヽ,レ ″ |::::::∧:::::::::::l::::::::::::::l::::\:::::::::::::::::::::ヘ
     \:::::::〉::∧:}::::∧:〉:l     i|::::::∧::::::/::イ:::::::::::l:::::::::::゙i::::::::::::::::::ノ     それだけでも十分お腹いっぱいだったというのに!
      〈:::〈:::::゙i//ミfx_´{:   _斗匕::::::::::::::::::::::: 〉}::゙i:::::::::l::::::: l:::::::::::)イ   皇帝の姉と結婚して、帝国の権力中枢の有力者として台頭とかふざけてんのか!!
  .     {::::゙i::::::/:::::::::::::::`刈i!i!\::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::}:::}:::::弋/ 弋_ハヽ:}
   .      ゙i::::〉人::::::::::::::::::/ !i!i  \斗匕⌒ー=´},,r',r'::::,r';;'  r'. ::} ヾ    正直、今の帝国首脳陣を相手するだけでも
       ヘ{,r'  斗¨´  /               { ,r'}/   }   ,. ソ. /         後手にまわりがちなのに、この上、ミンツ退役中尉だと!!
           f    \                   /  .,r'/ ,.,r'    今の対帝国外交って難易度って、
           {                 ,        λ  ,r'::::/         ゲームモードだとルナティックとかインフェルノとかつけられるレベルだぞ!!
            i   r‐==≡二三三ハ            /´゙i〈 ノ
            ',   ヽ         ∧         / | ハ }        同盟政府は真剣に外交方面の人材をもっと充実させるべきだ!
             ヽ  ∨    /¨7¨ ̄ ∧       /. | 丿                        このままだと無理ゲーにもほどがある!!
              ヽ ∨.  /      ∧   /   {
                ∨ {   i    /|  /.       {        【やはり、彼は不憫枠から抜け出せそうにないですなぁ・・・・・・・】
                 `ー-===一'_/,’:::: : : : : : __ l>`l
                  `ー==-‐==--- ―´     |
                   , - |: : : :|三|三|             |-ヽ
               ,,,, --´   .|: : : :|三|三|        , -´丿ヽ--  、_
     ----――― ´´       `ヽ :|三|三|_ , , -― ´  ´          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\






1053◆aZtyQTMW122019/09/04(水) 23:55:51.00 ID:Olb9qyQa
ちょっと予想外の展開すぎて、思わず被害者の会的な反応をのせちゃったところで、今日の更新は終わります
間桐さん、マジ頑張れ!


1054方舟の名無しさん2019/09/04(水) 23:57:02.29 ID:C4Qn8E9a
乙でした。
フビンフビンフビン


1055方舟の名無しさん2019/09/05(木) 00:07:01.50 ID:kNmlT74s
乙でした
後世ではきっとコアなファンがつくよ間桐さん


1058方舟の名無しさん2019/09/05(木) 06:06:47.32 ID:NtD0bbxd
シンジくんに癒やし系の嫁さんがくることを祈ります


1059方舟の名無しさん2019/09/05(木) 06:36:03.59 ID:x8dcMQlM
乙です
慎二には無茶ぶりが似合うw


1060◆aZtyQTMW122019/09/05(木) 19:07:53.80 ID:2DV2Yh0N




              ′>チ<  -‐-    v‐ァ'´       ヽ
             |/ /   `     >'´ /{‐ 、       !
              /   ′     i   /   /ⅵヽ     │
          /     !    ハ ト,ヽ   \‘,      ′
            |     A     斗㍉ ∨',    ',l
            |ハ  { ヽ  /__  リ } |_____i! !    │
            { 〉  V=ミ∨ ィ=ミy'  ,.ィ!>、  | |   │    私もリバティ空戦隊の伝説を形作った一人として、英雄の仲間入りよ
           ∨ !ーr' ''〈   '' ''ー‐'´ リi|  >| |   │
            | | i  、   , o   ∠ツ '´  | |   │
            | |  \  ̄    /゙Y'´    | l   │
            | |   |>=‐r    __i>、     |      │
            | |   ト、 ,i/ ̄     /     !       |
.       ryミ、_jy=ミ<´¨り 〃        ` ‐-=ミ!       |
.       |_`Y___ソ   x'´              Y      |
      r'/〃「h{  /  ,.イ7ハ              |       ,
      |'〃ハ| ! ヽ∧イ7〃う'.             |     '
      l   '.   ヽ|に〃う '.             ,       ,
     rく',_  }、   レァj{=う   \         ′     '
      \ ⌒7ア⌒Y゙=ミ、ノ     iヽ       ′     |
      〈 ̄⌒ヽー=''´   ヽ    } | \           |
        ヽ   \     \_r'´ ∨', ヽ  |        |
        |\   「\       \   |/| iヽ!         |



【リバティ空戦隊撃墜スコアランキング8位 マイン退役中尉 通算撃墜スコア647】
リバティ空戦隊の紅一点である女パイロット
高飛車でややミーハーなところがある性格の持ち主であり、リバティ空戦隊に入ってきたばかりのユリアンにキツイ態度をとったり、
内戦中にイゼルローン要塞へ行くことが決まった時に、ポプランに興味を持ってたりもした。
帝国との講和条約締結後、彼女は軍を除隊し、そして・・・・・・

【1D10:5】
1.結婚しました
2.政界入り
3.民間企業に就職
4.結婚しました
5.政界入り
6.女優デビュー
7.結婚しました
8.民間企業に就職
9.女優デビュー
10.熱烈歓迎



1061◆aZtyQTMW122019/09/05(木) 19:15:49.85 ID:2DV2Yh0N


      | | | | |
      |    │/〉
      |  ̄ ̄  ´ /
      |  /   ,′
      ∧ ′  ,イrう
     (___ヽ r‐っ_yリ    ‐、__,. -‐'^ ー-  __, -‐、
     \)_,yヘ  ,〃 ヽ/ / /          ∨`ヽ \
         「 ̄¨¨    ∨ { ,′  |i  |   i   Vヽ \ ヽ
          \       ∨ヽ|   乂', |  ,_乂l   }/   ,′ '
            ヽ        '. ∧ ├┰Ⅵi /┰'リ  ハ__/〈     '
           〉、     \ ゞ、ー  ´ ームイ__)__ノ     ‘,
.          /  ヽ      ヽヽ  / ̄ヽ  '^'´ ̄'.       ∧     どうやら間桐と同じように、英雄としての名声を奇貨として政治の世界に進出した模様
         /   ∧      ヾミぇ、  rく      ∨ 、     ∧      伝説的武勲で彩られたリバティ空戦隊唯一の女性隊員、しかも綺麗で美しい女性である
          /   /  ヽ       } ヽ ヽ !r‐〉     ∨ /ヽ     ∧
.        /   /   {\    i   \_/ {___    ∨ /∧   ∧       これは大量の票獲得を望める話題性がある逸材ですよ
       /   /    ∧i \   l      ト,   ヽ   ∨//∧    ∧
.      /   /    /  7  ヽ八    Ki,     yヘ ',/         ヽ
     /        ,′ 7i  | 丶    L||      } :
.    /            ゝ、 ハ   \ l=||ハ     /  !            \
.     //           :      L、∧    Ⅵ=||うーr―く´  |    i         '.
   //           |        )ヘ}    に||う !   、  |    i           i
.  //       ∧│         ,′   に||う ∧   \j   i           |


マインの政界での活躍度【1D100:25】+96(運営補正)



1062◆aZtyQTMW122019/09/05(木) 19:25:27.02 ID:2DV2Yh0N

          / ̄ ヽ__r-v、      -‐‐ァ、-      __
            /     }   }/    /  ヽ  \<___ ヽ
        /       /    /     /    ',   ヽ \  ` 、
          |    〃    ,′    ,′     |    '.  ヽ  ヽ
          |    八__rイ    /|       |     i /   /
          |    | │ | ;     / │ !    ∧ }  | i     /
          |    | │ | |   /_ ∨   / ∨!   | |   {   やや出目が腐りましたが、元々の固定値も高いため、合計121と結構活躍してます
          |    | │ Ⅵ  K巧㍉ミヽi ,ィ巧㍉ァ  リイー'´Y^    まあ、それでも間桐の活躍度(148)には及ばないのだけどね(あんな活躍の仕方は嫌だろうが)
          |    | │  |ハ  ',` 辷リ  ∨ 辷リ' | /ー゙ ̄ ̄|
          |    | │ __ヾ \ヽ       、     /イ      |
          |    | │/ ヽ `ー、     _    ムイ      |     さて、そんな彼女の政界での立ち位置は?
.         /|    | | {   }    \  └‐′   |   i    |
        /    │ |_.i   ,  r<`   -イ\   .|   i    |
.       /       _|/  |   !‐- |   `   l_/7  .|   i    |
      /      / 、  ∨  ヽ\ヽ   丶 / /゙ー┴ミ    ∧
.     /       r'  |   {    \ヽ\__ ∨      ヽ    ∧
    /     │ヽ \  ,>‐'´  }'.    ハ         _j    '.
.   /         |   \__フ>、_, イ ‘, /,イ!>、      \   '.
   ′       ̄(___/      /   ヽ/に||ふヘ      |     '.
  i        i  |  ゙ー‐个'      に||う   `ーr-,   ヽ    '
  |         i  |/|     |         に||う    ′ `==-',   i





【1D10:6】
1.トリューニヒトの懐刀
2.国内の戦災難民救済の旗振り役
3.トリューニヒトの懐刀
4.国内の戦災難民救済の旗振り役
5.右派政党の大物
6軍事力早期再建からの帝国攻撃論者(軍国主義傾倒度64感).
7.熱烈歓迎
8.国内の戦災難民救済の旗振り役
9.軍事力早期再建からの帝国攻撃論者(軍国主義傾倒度64感)
10.間桐「同じリバティ空戦隊のよしみで一緒に地獄を見ようぜ」





1063◆aZtyQTMW122019/09/05(木) 19:42:57.89 ID:2DV2Yh0N


           /     (  /   /    │    |      |           ヽ  /  /
            /      ゙7   /      ,|    |      |ヽ         ∨  /
           ,        ,′         /│    |      | ',       !    !   /
           ,′       |   i    / ̄¨゙',  |         i|/ ̄`, |   |    |_/
           ,         | |  {    /  --‘,|i      リ--  j__ハ       |
        ′       | |      {=rf'¨屶ミ㍉ 、    ,.ィ'´屶ミ¨リifア       i  / ̄
         ,′        ' ∧     '八{ {i:::lj::i} ヽ\i /  {i:::lj::i} リ }      〃 ̄  |   帝国はカイザーラインハルトの手によって急速に再建が進んでいるわ
        ,          ヽ \   ',  乂;シ    }/   乂;;シ   /    //     !    彼の皇帝が同盟との講和条約を
       ,′          ∨ |\  ヽ//              // /   ,.イ      |                今後も守っていく意思があるかどうかはわからない
.      ′            /  \ ==ー-      ′      /  ,〃│ i     |   帝国政府は常に「条約の条文には違反していない」と
      ,                ′   ーヘ               7―'´   | i     |                       解釈できる行為しかしていないからね  
.       ,               |         ヽ      ´ ̄`       ′     | i     i 
      ′              |        >            ,. <        | i      
      ,             |     ,. '´   | `        ´|     `     | i         でも彼の今ままでの施政から推察するに、
      ,′             |  |    r'´     |           |      >, | i                      帝国内に民主主義の理念を取り入れる意思がなく、
     ,         !    !  !     | ー―--v′        v-――'´  ′| i          また機会があれば同盟にさまざまな負債を負わせようとしてくる以上、   
.    /       │    |  |    ‘,     ヽ       /       /   | i         自由惑星同盟という存在自体に好感を抱いていないのは明らかなのだわ!
   /           |    |  |    _,.>、     \       /       く   | i
.  /         |    |  |_,.  '´   \     ヽ   /        `┴-



          たとえ、独裁者ルルーシュの反乱で傷ついた祖国の再建を後回しにしてでも、

     軍事力を早期に再建して帝国に一撃を加え、オリオン腕に民主主義の価値観を植え付けるべきよ!

     そこまでいかないにしても、絶対に軍事力の再建だけはしておくべきなの。手遅れになる前に!!


【こうした主張をして、彼女は議会に一定の勢力を築き、そして・・・・】

【1D10:3】
1.対帝国開戦派の創始者にして指導者になりおおせる
2.議会を主な舞台としてエドワーズやトリューニヒト、レベロやアッテンボローと凄まじい政争を繰り広げる
3.「クーデターの首班になりかねん」と多くのものから恐れられるように
4.議会を主な舞台としてエドワーズやトリューニヒト、レベロやアッテンボローと凄まじい政争を繰り広げる
5.対帝国開戦派の創始者にして指導者になりおおせる
6.「クーデターの首班になりかねん」と多くのものから恐れられるように
7.議会を主な舞台としてエドワーズやトリューニヒト、レベロやアッテンボローと凄まじい政争を繰り広げる
8.「クーデターの首班になりかねん」と多くのものから恐れられるように
9.対帝国開戦派の創始者にして指導者になりおおせる
10.本編終了時から10+【1D10:5】年後に本当に一方的に条約破棄して帝国を滅ぼすべく、一撃を加えに行く





1064方舟の名無しさん2019/09/05(木) 19:44:57.34 ID:lCK5819k
ワカメお前の同僚だろ。ちゃんと面倒見ろよ


1065◆aZtyQTMW122019/09/05(木) 19:59:26.73 ID:2DV2Yh0N

                        , .:;;:゙゙";:;;;;;;;;::`;...、
                      , ィイ',:.::::::ノ.:jィ:イ;;;:;:.:゙;、
                     ,';:;:,'´ ``゙゙゙゙゙´  `ヾミミ',
                     !イj ,,..    _ ..,,,  };;;;;;;}
                      y′,,,,  ´ ,,、、、、 ,.::;;;;;′     なあ、トリューニヒトよ
                       i ''t式 `''tェテ,、` }r イ      巷では「マイン代議員がクーデターを起こす」と広範囲で噂されているが、実のある話なのか?
                      ! `` ,′ ` ゙゙´ リハ} 
                      ',  {..,, ,,、  イ イノ
                ,.  -── ', '゙゙゙ニ_ニ j!  / /ト、         
              //´     / ゙、 `゙゙゙  ,. ´/ ! ',丶、      
              / /      / /i` ニニシ'´  / l  .  `丶、   
             / /       / / l /^ヽ  /  /   !     `丶、
             / /       _フ/ l/l::::::,ハ /  ∧   l        \
            ノ i     「  ′ /::::イ V  /  ヽ/         `.
            {  l i    l  ′ /::::::/   /   \  , ´      i
            ,ハ: : ', l    l  i /:::::::/    /   /  /        l
            /. :';: : リ    l  l /::::::::/   /  /   /        l
           / . : : : i     ',  l::::::::::/  / /    /  /       l
           { : : : :.l      ', l:::::::::// /     /  /       l
           i : : : : {      ヽヽ:::/  /ニニニニニコ /  /        l
          /    ',       `y'´/      `./ /          l






             /. : : ''´ニニニ ミミミ ヽ.:`;、 .,ji i 、j!;i;i;ヽ
            /, .: :'"´ -‐=ニ 三三ミミミヽ ', j i i i!Ii;i;i;!i',
         /'′: :  '"´彡ィ´゙゙゙゙゙゙゙゙゙`ヾ';いj川ノソソノ;ミ!
         ,レ'′: :  ,.彡,イ       ``j ))´ `ヽiミ!   実のある話かどうかは判断しかねるな
         !レ': : ,. '´彡彡イ        ' '′    iN!
         !.:.,r'´.:.:ィイイノノノ ,.        、 .._,    N!   ただ事実として、彼女はリバティ空戦隊に属し、
        Vィ⌒ヽィ彡ソ: : : ,. -─- 、       , .-.リ     救国軍事会議にも積極的に参加していた経歴のある筋金入りの過激派だ
        /i:レ'⌒ヽi彡′: : :'"´  ̄``ヽ;;、,,   ,.ィ 二V      クーデターをやりたがるような「お友達」は彼女にはたくさんいることだろう
        Ⅳ {: : :くi彡: : : : : : ーtェテッ: :. `` 斤ェッ /    
        Ⅳ、`ヽ( : : : :i.    ``  ̄´   `ト ~´1    いささか血なまぐさいがたしかな政治手腕と議会での勇ましい主張
        ゞミヽ _,: : : .:l          .:.; !  ,!    そして大衆をひきつける演説力と美貌をも兼ね備えていて、彼女のシンパも多くいる
         V川( i: : : ::',          ,. .:.::;;. }  ′
        _j!`゙゙::::!: : : : :.        `ー、;; ,,/ ,′    企んでいるかどうかは知らんが、マイン代議員が決意してしまえば、クーデターはたやすく起こせるのではないかな
        /.ハ::::::::',ヽ : : : :   { 、.. _ _   _ , ,′
       ,/.:::', '、::::::.:.\: : : .    、 .. _  ̄   /
      _/.::::::::',  ヽ :..、:.:.\: : .     _二´ ,′
   ,.ィ´.;.:::::::::::::.',  \;;;.:.:.:.:\:. .        ,′
 ´.:.:::i.:;;;;.::::::::::::::::',   `ヽ::::::::.`ヽ、    _ノ
 :::::::::l.:;:::;::::::::::::::::::',     `丶、  `゙゙゙゙゙/ \:.、
 ::::::::::l.:;:;:;;;:::::::::::::::::',        `丶、 _/_  ト、:.:.:.`` ー- 、、
 :::::::::::l.:;:;:;:;:;.:::::::::::::::',         /:.:.:.:`ヽ l:::.\:::::::::::::::::::.:.:.``:.:.
 ::::::::::::l:;:;:;:;:;;:::::::::::::::::',          /.:.:.::::::::::i l:::::::::.\::::::::::::::::::::::::::::::




                   ,._-====- 、、
                ,. .:'´.:.:.:.:ニニ二三ミミミヽ
                (r'"´      ̄`` ヾミヽ.:.:.ヽ
               /  、 _ _,       ,ト、ミミヽ
                ノ,. -‐ 、   '"´  ̄ `  ト、ミミヽj!
              { ,r‐--、  ,、==ニミヽ  ト、ミミミji!
                V ,:==シ { く===:、  jミミミ:川   本人の意思はどうかは知らんが、クーデターをやろうと思えばいつでもできるわけかい
              ,′`゙゙7 ,.:.:` `` ´  ,: ト/⌒ヾリ    だからといって、可能性だけで彼女の政治的自由を封じるのは民主主義の原則に外れる行為だしな
                 ',  〈 ...;.:.:.、    ,.: ` ) ) l:/
              !  '`ヾ.:'' `ヽ   ′ ノソ イ      ・・・・・ヤン元帥と違って、彼女は独裁者たりうる素養がありすぎるからな
                ! { -===‐- }    iY川/        必要とあらば俗物とも表面上仲良くできるし、なにより彼女はちやほやされるのがとっても大好きなんでしょ?
                  !  `ニニ゙´   . : .:::ノノノノ
               ',        . : ,.イ/ イ′
                ゝ、 _ _ ,. '´ /  ノ`ヽ、
               ,r1 ',       / '´   /.:.ヽ
             /.:./^ヽ ___,.'´      /.:.:.:.:.i.:.``ー
         ,. ‐ '´/.:.:.:/  ,r‐ 、       /.:.:.:.:.:.:.l:::::::::::
     ,. '"´..:.:.:.:.:.:/.:.:.:./ /  .:.ヽ     ,.イ.:.::::::::::::::l::::::::::
    .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:./l /   .:.:.:ハ   / /.:.:::::::::::::::::l::::::::::






                    _,,、、、、.,,__ _
                    ,r'゙イィ二三二ニニ'ー-、
                  ,jいノイ,ィミニ=-、二`ー、\
                 メ厂 ̄ ̄`ヾミ三二ニニヾ,ヽ
               /   、   ji!``ゝニニ ‐-、j゙、
              ,!、,,,._  ヽ 〈lト、,三二ニ、ヽ、 !
                  ,j rェッ、``  ヾミ,r'⌒!ニ、,ヽV
              /   ゙`    !ミ! ,ヘ,ト、ヾヽi゙    そこが最大の不安要因なんだよなぁ・・・・・・
                !  _,    ,'  'ヾ' ノ,イ!`i  V     
               丁__ 、   /  ,「``´) jトリY.    
              }  ` ′    /    リ)从イ、      
                 7´    ,ィ´   ,     / \
              `ー‐''i"´    ,'   ,/    \
               , イ´!    ,'   /     /`ー 、
         _,,、r-‐''"´/ / /ヽ     /     /    `ヽ、
        /  !   /  / /     ,イ        /       ``ー- 、
         /   !  /  / !    //       /          ,  \
      / /  !  /  ,'、 |  /,/       /          /     \
       l/  l  ,'  ,! \!/ ̄/       /          /      ゙ヽ
      /    | ,!  ,!  /  /        /          /        i
     /     | l  ,!  l  /           /          /         i
      i     | !  !  j  /           /         /         |
    ,/rー===== -、  | ./ /       /         /  !         |
   / 」:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  | ,' /         /         | ,/   ,!         i!
  ,/∩ ,/ i.:.:.:./ヽi^!ヽ | /      /      ヽ   | /   /           i′
  / ヽY  l:.:.:.l | ! !ノ l/     /           ゙i  l /, /,           ,!
, /  / |  |ー,ノ | !/  /    /           | i レ'ノ'/         ,!
























































              ′>チ<  -‐-    v‐ァ'´       ヽ
             |/ /   `     >'´ /{‐ 、       !
              /   ′     i   /   /ⅵヽ     │
          /     !    ハ ト,ヽ   \‘,      ′
            |     A     斗㍉ ∨',    ',l            【なお、肝心のマイン本人の意思は】
            |ハ  { ヽ  /__  リ } |_____i! !    │
            { 〉  V=ミ∨ ィ=ミy'  ,.ィ!>、  | |   │
           ∨ !ーr' ''〈   '' ''ー‐'´ リi|  >| |   │
            | | i  、   , o   ∠ツ '´  | |   │
            | |  \  ̄    /゙Y'´    | l   │       
            | |   |>=‐r    __i>、     |      │   
            | |   ト、 ,i/ ̄     /     !       |
.       ryミ、_jy=ミ<´¨り 〃        ` ‐-=ミ!       |
.       |_`Y___ソ   x'´              Y      |
      r'/〃「h{  /  ,.イ7ハ              |       ,
      |'〃ハ| ! ヽ∧イ7〃う'.             |     '
      l   '.   ヽ|に〃う '.             ,       ,
     rく',_  }、   レァj{=う   \         ′     '
      \ ⌒7ア⌒Y゙=ミ、ノ     iヽ       ′     |
      〈 ̄⌒ヽー=''´   ヽ    } | \           |
        ヽ   \     \_r'´ ∨', ヽ  |        |
        |\   「\       \   |/| iヽ!         |


【1D200:158】
1に近いほど考えてすらない
100でそう思われてることは理解しているが、いまのところやるまでもない
200に近いほど軍事革命目指してのクーデターをしたい







1066方舟の名無しさん2019/09/05(木) 20:03:28.33 ID:kNmlT74s
おおうw
やる理由が来たら悩まずやるって感じの数値かな


1067◆aZtyQTMW122019/09/05(木) 20:05:37.12 ID:2DV2Yh0N


         ,―-   __  -――-  r<⌒ヽ
          /    Y  | /⌒ヽ '´ヽーミ   ┴ ミ
          ,′     |  '´           ヽ   /
       i   /   |/     |    i   ∨ /〉   【おい!かなりやばいくらいクーデターしたがってるじゃねぇか!!】
       |  i    |    /{    ハ i  '  ,′
       |  i    |     /ー一、j.  /‐∨  |  〉      
       |  i    ト、  {c== }/=ぅ′/イ        当然よ、帝国の脅威はまだ健在だというのに、条約締結できたからって皆浮かれすぎなのよ
       |  i    | ヽー'   /⌒ヽ 「¨   |        平和ボケもここまでくれば、頭にくるし、時たまクーデターやろうかなーって思うわよ
       |  i    |  {`iヽ  ′  iノ    |
       /       |__j`゙ーミ=|     ヽ   ト
.      /      /  Ⅵ\__,/ !    \  ! '.
     /     ′   Ⅵ  { │_, -ァ__/
.    /       |       Ⅵ  アTi「   ヾ    i
..   /     │       }i}  にj!う、    \ │      
   ,′      ′     |i|  にj!う ヽ     ヽ|


【でもクーデターやれる下地十分あるのに、どうしてやらないの?】
【1D10:5】
1.ボロボロだった救国軍事会議のトラウマが強すぎる
2.元同僚の間桐が「自重しろ」と煩いので
3.元上官やる夫と生ける神ヤン元帥を敵にして勝てる気がしないので
4.ボロボロだった救国軍事会議のトラウマが強すぎる
5.元同僚の間桐が「自重しろ」と煩いので
6.元上官やる夫と生ける神ヤン元帥を敵にして勝てる気がしないので
7.ボロボロだった救国軍事会議のトラウマが強すぎる
8.元同僚の間桐が「自重しろ」と煩いので
9.元上官やる夫と生ける神ヤン元帥を敵にして勝てる気がしないので
10.熱烈歓迎







1068方舟の名無しさん2019/09/05(木) 20:05:50.17 ID:lCK5819k
普通に憂国騎士団的な団体を作ってそうだ…


1069方舟の名無しさん2019/09/05(木) 20:10:46.58 ID:isVyWL1a
わかめここまでこいついないと同盟滅んでる可能性さえである活躍をしとる


1070方舟の名無しさん2019/09/05(木) 20:19:57.56 ID:BcMLJw08
このままだとわかめがストレスで早死にする未来しか見えない


1071◆aZtyQTMW122019/09/05(木) 20:22:23.62 ID:2DV2Yh0N




.              /          _,,.、丶´:::::::::: \
      | -|-     {.     ___/::::::::::::::::::::::::::::::∧
      レd、.     {.  _.厂:::::::::::/:::::::::::::/::::::::::::::::::::::∧≧s。._
       七_.     {.厂::::/::::::::::::::,:::::::::::::::,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉
      (乂 )    {.:::::::/::::::::::::::/::::::::::::::,::::::::::::::/ミV::::::::::::::::::::::: /、
       七_.     {.::::::{:::::::::::: /::::::::::::::::{:::::::::::::{⌒ヾ:/彡V::::::: /:::心,.       |
      (乂 )    {.::::: }:;;:::::::/::::::::--/乂:::::::圦   ⌒ヾ}::::::〈:::::::::沁,.  \、ノし / ’
       七_.     {.::::才:::: /:::::::::::::/ `㍉ ̄ヾハ U  /:::::: ∧:::::::::: }.     ⌒)(___
      (乂 )    {./:::::::::::{:::::::::::::/____`㍉ };/    /:::::::::::::::\:::::,'    /^ ̄ ̄
       七_.     {.乂:::::::ハ:::: 癶´  ぃ ヽ ∥   _、+'”^マ:::::::::Ⅵ
      (乂 )    {.⌒ヾ::|  \:::}  ー  =彡 ...:::::../ c\\;:::::::::::ハ        テメェ! クーデターやりたいとか馬鹿なのか! 馬鹿だろう!!!
       七_.     {. ^ ヾ!.   ヾ              {\_メ, /|::::/\:}
      (乂 )    {.   {               ∨  ./: |/:::::::{ ”
       七_.     {.、    U   / ̄ ̄~"''*、  ′ /::::::::::(”V
      (乂 )    {.::≧|     ,:'::::≧=‐-    \ ij/ ⌒\)
       七_.     {.:::::∧     ,'::::::::::::::::::::::::::::::::≧/ ,:'    /
      (乂 )    {.从!沁、   ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::: / イ
       七_.     {.  |  \ ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
      (乂 )    {.  |    \::::::::::::::::::::::::::: /
       七_.     {.「 ̄≧s。._ \:::::::::::::::::/
      (乂 )    {.|      ≧s≧==≦
     | ´).     {.       /////ミメ、
     ! !.     {.\      /////  /
            \    /////  〈






         / ̄` 、     __  -‐ァ、‐-        ―、
          /    \___/  `   ′ ヽ ⌒ヽ7゙ ̄   、 '.
                / /      , ァー=ミ、    ヾ\_/ }
        |       |_,/_, ‐‐v‐く こニ  \___  ∨   /   |
        |  _,   '´   Ⅵ }__ノ ̄\,ィ' }} ` 、jー--〈  │
        |/        __√  \ト、 }' ゙   `    > │
       {      ,.ィfー' |-ぅ≧=' ヽ=ぅ≦ミー、       ̄ヽ|       なんでよーーー!!!
          ト,   \{ \ {。廴ノ    廴ノ。ムイ\____   ,|         あんただって「帝国はヤバい!」って何度も上に
          |∧   ∨ 乂「///     ///〃__ノ/\   / !                   報告してるのに軽視されてるの不満持ってるくせに!
          | .∧   ∨i  ヽ             ′ /}    / ハ
       ハ ∧    \   >  ∠ヽ   <    / l   / / '.        私が同盟の独裁者になったら、ちゃんとあんたの意見も
         |│ ∧     ヽ f}ー┴, ,┴=イー'ヂ    ,′,′                      聞き入れて帝国滅亡のために頑張るって言ってるのに!!
         |│  .∧、    Vij   ∨    〃    ,イ       i
         |│  ¨ハ '     ,Ⅳ  /||   /     /j       |
         |│  /__'. ヽ  ,Ⅳ', ,仏||ハ  ,′    / |     │
         |│    |i'. i Ⅳ ∨に||う∨     / }.|     │
         |│    ||_'. | Ⅳ    に||う        /「 |     │





.           /}  ,、
.           V::}_/::::〉
..    /`ヽ、  \:::> ' , 、 :::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::`::::,、::::、::::}
.       `'、::∧   ¨   /:::/゙::::::::::::::::::::/:::::::/::::::/ヾ::::/;;∨ム圦、         そういう問題じゃねぇんだよ!!
.         V::::}     {::::'--、::::::::::::::/:::::::/::::::/--''゙゙´ /:::/:::∧ア       なんで僕が紛いなりにも皇帝ラインハルト以下、
        }:::::}   __ ` ─‐'{:::::/:::/:::::::人:::八    〈:::/∨::/                頭おかしい化け物どもと互角に張り合えてるかわかるか?!
       /:::/  /:::∧..:::::::::::|::::{:::人:::::\ 〉::::/     7/}''゛    /{/    先の内戦で帝国はありえないレベルで荒廃して、
.        '- '  /:::/ V:',..゙:; --Ⅵ∨/ `---{≧s。.  八/ /..   /¬/             国力的に同盟がかなり優位な立場にあるからだ!
.           {:::/  {:リ ::{ ⌒ ∨ `  \    フ″ ゝ- ' !     ___     
              厶乂        `¨¨¨´.。sセ升|  }     `7└―    そこに同盟でクーデターなんか起こしてみろ!! 
                ヾ ≧=、        //////:| /.         ̄ ̄                  同盟の国力は大きく減ってしまうぞ!  
              /:::::∧:::::\      ///////:|.イ}...   \ 、      あの頭おかしいラインハルトのことだ。 
             '´:::::::::::::∧::::::::≧s。.  .|/////Yノ::::}....   <く                 「おっしゃ、内乱中を狙って同盟滅ぼしたろ」と殴り込みかねない!!  
             :::::::::::::::::::::≧s。.::::::::::::≧|^V>'゙´::::::::|        \      同盟政府のバックアップがなければ、ほぼ百%僕はそれを止めることができない!!
             :::::::::::::::::::::::::::::::: ≧=‐--!''":::::::::::::::::::|
             :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|               そして同盟が滅びかねないんだ!! わかるか!!? わかるだろう!!? 
                                               頼むからわかったと言って、「クーデターなんかしない。自重する」と言え!!!!



           /     (  /   /    │    |      |           ヽ  /  /
            /      ゙7   /      ,|    |      |ヽ         ∨  /
           ,        ,′         /│    |      | ',       !    !   /
           ,′       |   i    / ̄¨゙',  |         i|/ ̄`, |   |    |_/     ・・・・あんたがそこまでいうなんて、よっぽどなのね
           ,         | |  {    /  --‘,|i      リ--  j__ハ       |         わかったわ。しばらくは自重して、まっとうに政治やってる
        ′       | |      {=rf'¨屶ミ㍉ 、    ,.ィ'´屶ミ¨リifア       i  / ̄
         ,′        ' ∧     '八{ {i:::lj::i} ヽ\i /  {i:::lj::i} リ }      〃 ̄  |
        ,          ヽ \   ',  乂;シ    }/   乂;;シ   /    //     !
       ,′          ∨ |\  ヽ//              // /   ,.イ      |     でも特に混乱なく、同盟にクーデター政権樹立できる目処がたったら、
.      ′            /  \ ==ー-      ′      /  ,〃│ i     |        また相談ついでにクーデターに誘いに来るから、そのつもりで
      ,                ′   ーヘ               7―'´   | i     |
.       ,               |         ヽ      ´ ̄`       ′     | i     i
      ′              |        >            ,. <        | i
      ,             |     ,. '´   | `        ´|     `     | i
      ,′             |  |    r'´     |           |      >, | i
     ,         !    !  !     | ー―--v′        v-――'´  ′| i
.    /       │    |  |    ‘,     ヽ       /       /   | i
   /           |    |  |    _,.>、     \       /       く   | i
.  /         |    |  |_,.  '´   \     ヽ   /        `┴-










           r..イ.:.:.:.:.:.:.:.:;.:.:.;.:.:.、:.:.ヽ.\
         ′/.:.:.i:....:.:./`"'i:.:...ヽ:.:.:.::`:.\
        ノノ.:.:.メ::.:.ノ   乂:.:.:.;メ::.:.:.}:〈    (それってまったく諦める気がないってことじゃないか。ちくしょう)
       /(:.:./、(_厶ノ   、__ヽ:{_`ィ:.(:.:.\
      ´ム:.:.廴 {: ̄:}      {: ̄:} Yノ::::...:)      (どうして同盟には政治的無能の馬鹿が多いのに、帝国はチート級の政治的人材が多いのか)
        W´|  ゙ー ′     ゙ー ′ |`;ヽ(       
         八_|   _ .-――‐- .    |_八{`     (なんかもうやだー。自分だけの世界に閉じこもりたい。このままだと過労死しちゃうかも)
           l∠___ー‐'__`ヽ ノ!        
          ヽ            ノ
           >,____ _ ィ<        【間桐さん、正面の帝国の政治的攻勢のみならず、後背の同盟本国の政界事情に心配事が多い模様】
            /i: : : : :`゙f|l!´: : : : :i‘,
            ,': |: : : : : : ||l!: iニニコ:!: :',
             {: :|: : : : : : ||l!: : : : : :|: : }            【そして、相変わらず不憫である】
            ト=‘,: : : : ||l!: : : : : ,'==j
           `ーマ‐- __M__ : -イ‐‐′
                ‘,: : :| .|: : : :/





1072方舟の名無しさん2019/09/05(木) 20:22:27.41 ID:uFJP4Nah
変異性激症若布病。


1073◆aZtyQTMW122019/09/05(木) 20:34:43.96 ID:2DV2Yh0N
これの主人公って間桐だったっけ? 
そんな感情が最近スレ主に芽生えてきた。本編でイマイチだった鬱憤をはらんがごとき活躍ぶりである


1074方舟の名無しさん2019/09/05(木) 20:39:37.87 ID:kNmlT74s
この銀河英雄伝説は続編に間桐が主人公のスピンオフありそうw


1075方舟の名無しさん2019/09/05(木) 20:46:08.43 ID:x8dcMQlM
慎二は苦労人ポジになると輝いて気付いたら主役級になってたとか割とよくあるからな


1076方舟の名無しさん2019/09/05(木) 20:49:16.50 ID:lCK5819k
ワカメのクローン作って政治的有能を量産すりゃ良いじゃん!


1077◆aZtyQTMW122019/09/05(木) 21:14:16.24 ID:2DV2Yh0N

'//////レi/⌒\  \  /  /⌒ヽ トJ'////////
\//i⌒Vレイ⌒` \    / ´⌒`トハ/⌒!///
__ \|  '!  |.     Oト  イO    |   ! / |/ __
:::::>|.   '! └ニ ̄ニ┘  └ニ ̄ニ┘ /   |<:::::     この俺様が宇宙最強のベジータ様と自称してたなんてお笑いだぜ!
:::/ ̄\ ,ム '"""""´  」ヾ`"""""゙ ,'   / ̄ヾ
/   /\__'、    ;仆‐--‐1フ    /ニイ
――‐|::::::::::::':、     | ⌒ヽ|    /:::::::::|―――
.     |:::::::::::::::\    |   |    /::::::::::::|
___,l::::::::::::::::::::::\  L,_,」  /::::::::::::::::::|_____
.     |::::::::::::::::::::::::::::>..ニ..<:::::::::::::::::::::::|

【リバティ空戦隊撃墜スコアランキング7位 ベジータ大尉 本編終了時点通算撃墜スコア793】
かつて「宇宙最強のパイロット」を自称し、自分を上回るスコアがあったカカロットを一方的にライバル視していた。
しかしリバティ空戦隊に召集され、やる夫やキリコという、カカロットを上回る存在を知り、自分のスコア順位が4位だったことに衝撃を受けた。
それでも上を目指して頑張っていたのだが、カカロットとは大差をつけられ、きめえ夫、古代、スネークなどにも順位を抜かれて、リバティ空戦隊解散時には7位に落ちぶれた。
とはいえ、7位でも一般人感覚すれば十分チート級の化け物なのだが、彼は諦めずさらに上を目指すために軍に残って・・・・・


【1D10:5】
1.宇宙海賊出現多発地帯の部隊に派遣されて無双する
2.なんか勘違いされて軍官僚ルートへ
3.イゼルローン要塞に配属され、ポプランの部下になる
4.宇宙海賊出現多発地帯の部隊に派遣されて無双する
5.なんか勘違いされて軍官僚ルートへ
6.イゼルローン要塞に配属され、ポプランの部下になる
7.宇宙海賊出現多発地帯の部隊に派遣されて無双する
8.なんか勘違いされて軍官僚ルートへ
9.イゼルローン要塞に配属され、ポプランの部下になる
10.熱烈歓迎




1078方舟の名無しさん2019/09/05(木) 21:17:40.59 ID:uFJP4Nah
超だっけ? ペーパーテストでは普通だったような。


1079方舟の名無しさん2019/09/05(木) 21:19:42.89 ID:lCK5819k
政治の道に進む奴多くね!?


1080◆aZtyQTMW122019/09/05(木) 21:28:07.64 ID:2DV2Yh0N



【リバティ空戦隊解体後】







/        _r~-'   | |
    r~ミz孟zzzz≧x  |ノ
。   |   }!     H! .L」     人事部のムスカ大佐だ。同盟軍に前例なき戦死せずしての二階級特進を祝福させてもらおうベジータ大尉
..ヽ   ゚。       `¨´ 〈
  }   >-┐      'T′       さて、早速だが、リバティ空戦隊が解体された後、君は軍内部でどういう部署につきたいと思っているのだ?
  ゝr ´  ゚。    ⌒ :f
  r┴ ..._ ヽ     |
/>ミ、_ `¨ =r---'
::::::::::::::::::`丶¨ー- .」ア
、:::::::::::::::::::::::::\  厂二ミ 、
: \:::::::::::::::::::::::::`¨{ 、  \ \
::::::::\:::::::::/::::::::::::::|. ヽ.   \ \
::::::::::::::\:::: ̄ フ:::: |  、    \ \
::::::::::::::::::::ヽ:/::::::: |   \.    \ ヽ
:::::::::::::::::::: : \ミx__|    \    \ノ
::::::::::::::::::::::::::::::\:: |      \ /´







            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
         ,  l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
         iヽ、l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l ,',
          i:::::::::::::,⌒丶:::::::/⌒i:::::' ´/
          ゝ:::::::i   ヽ/   }:::::::ノ      ・・・・・・・俺は、もっと上を目指したい
           \i`i≧、   , ≦i´i::::/
              ゝi '- ・` '・-' ,iノ ´
{ヾニ ̄ ̄"'''‐-- ,_   ゝ  ,,_   ノ    _,, -― ''――==ァ
 ゝ l `ヽ、_  l  l  l`iー''i´ `ヽ、ニ/ ヽi`i ''´l  l  l , - ''"´/
  ヽ  l / 、l  l   li、 ゝ、      _,,ノ /  l  l /、  l  /
   `ー-i:::::::丶、l  l ` 、,, ` ー ´   ノ  l  l/:::::::::i l/
      i:::::::::::::,_ニニ、 l  l` ー-‐ ´  l  l /:::::::::::::/´
      i:::::::::::'ニニニヾ-――''' ´ヽ` ー-、 /:::::::::::::::::::}
      ヽ:::::::::`ァ '" `i         /:::::::::::::::::::/
       i::::::::::::::::::::::::::i    _,,, ‐ i´::::::::::::::::::::::/
       i::::::::::::::::::::::::::i _,. -'''  i::::::::::::::::::::::::/
        ゝ、__,,, -  ̄ "'''- .._i_::::::::::::::::::/





     /  ,               \
    /   / l                 ヽ
  ,r'    /  ヾ,、               ゙,  (もっと上って随分アバウトな・・・・・ああ、軍中央で成り上がりたいって意味か)
. /   イ/    ` ` 、              }
 { i   | ゙      、,,`' 、 ,           j    そうか、それなら実にぴったりなポストが偶然にもあいているので、そこに君を配属しよう
 レ'、,  |      ,:r'"''‐ `'゙、  ,、‐‐、      l       (統合作戦本部中枢の事務職なので)とっても忙しい職場になると思うが、かまわないかね?
   ゝ」、 、 , ,、‐''゙゙、゙'、-――t'''/ / l     |
    ,ゝ‐、_,',.  ' ,O 〉     V .( ゙, j     i
    ',.ヽソ. '、,,、 -'"       / /     j
     '‐レ゙             .,r'    ノ
      l` `      、     i'" ゙ヽ、,/
.      ゙、  ,,、 -‐'"      ノ    ヽァ、
       ゙、'´ ..       ,r゙     ノ ヾ^゙ヽ、
.       ゙,        ./    ,、r'  /   \
        !、     /  ,、r'"   /      /`'ー-
         `'''"入 ̄ ,、r ''"   ,、/      /
          く  .Y'"   .,、r'"/      /
         /" ` 、', ,、r''" /_____/
     ,、 - ''"´ ̄ ̄`゙i zz,,,/ \
   ,、 '"  ,、 ''"    | /    \








                                   _、-''^~ ̄ ̄   ____
                                   /::::::::/  _、-''^~::::::::::::/ //
                              /|    /:::::::::::/ /:::::::::::::::::::::::/ /:::/
                             /:::|   /:::::::::::::://::::::::::::::::::::::::: // :::::/
                         /::::::/ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: / ::::::::::::|
                           / ::::: | ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
                       /:::::::::::|/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     /
                   /|  | ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /   //
                     |::|  |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: / /:::/ 
                     |::|  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://::::: /
                     |::::: |:::::::::::::/⌒∨::::::::::::::::::/⌒∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;′    
                     |:::::∨::::::::::/    ∨::::::::::: /    ∨ :::::::::::::::::::::::::::::::::′
                     |:::::::::::::::: /      ∨ :::: /      ∨:::::::::::::::::::::::::::::/
                  ::::::::::::::::::|      ∨::/        ∨:::::::::::::::::::::/      ほう、とっても(戦場で)忙しいポストなら願ったり叶ったりだ
                     _\:::::::::::::V_    ∨    _  |:::::::::::::::::/ ___     きっと(難敵だらけの)素晴らしい職場なのだろうな。望むところだ
                     ⌒\ :::::::::::::::/:::::::\   !   /::::::::∨:::::::::::::::::::::::::::::: /´
                       \/^V⌒Τ~'\\」 L//'~Τ⌒∨⌒Y :::::::::::/
                     | { {   _ O>Y Y<O _    〈ノ / :::::::::/
                       \<Λ    ̄ ̄/}  ̄ ̄   Λ」/ :::::::/
                      \ヘ      └   ノ    /./:::_/
.     _、-‐……‐-  .,_       \ー‐:个:..  '  ニ^´   ...:个:::::∠         _   --    _
.    r‐‐  .,_/   / `` 、、    \ :::::: }>     <{__/⌒   _  ''^~  \  \  \ `丶、
     ´_: : : : `'' .,/   /  `丶 ┐  ̄/    `'T´   Λ_ ┌ ,、 ''´    \    \   \ _,,  - 、
       ´ _: : : : : : ´ _/   /   { { { ̄     | |    /    } } }    \   \   _、 ''^´ : : : : _`
          ‐_ : : : : : : ´ _ /  /{ { { ̄~~ニ=‐-  -‐=ニ~~ ̄} } } \  \  _、 ''゛.: : : : : :. :._、 `
.          ´‐_: : :./.:.:.:.´ _  / 八 \__,,..ニ=-‐‐‐‐‐-=ニ..,,__/ 八  \  、<: : : : : : : : _、 `
            ´‐_{.:.:.:.:.:.: ´ _   >ヘ..,,__,..-‐=¬冖¬=‐- .,__,,.くヘ>\_、 ` .:.: }: : : :_、丶`
               {.:.:.:.:.:.:.:.:.:´ _∠           `Y Y´         \ /.:.:.:.:.:.:.:.:.}- ''`
               {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄~''く          |  |          >'^~.:.:.:.:.:.:.:.:.:. }
               ∨ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:rへ_ __ ,,.. 斗‐ '''^~ ̄   \/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /
              {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/く´          }  /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}   【運営能力9しかないベジータ少佐にとっては書類仕事は難敵でしかあるまい】
              └‐=ニ,,_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\        /_/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
                \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}        /.:.:.:\ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./




           /      / |             \
       ./     ./  / |              ヽ
      ./     ./〕/  、 ト、             l
     /     ,イ././´    V  ミー-ミ         |
      | イ   | |'            __  ヽ       リ
      |{ マ  .}           _. -¬   Ⅵ >ミ、 ./    ああ、(君の知名度なら実績次第で統合作戦本部長も狙える)素晴らしい職場だよ
      |! \ :| ,、     、 x≦三ミx:==キ7  }  {
        ゝヘ _>-ミ、__T  〈 の :||   i"   リ  l
          f「ヽ 〈_延厂`L__二...ノ'      ./  l
            マ、ノ__ノ}             / 彡'
            ヽ!   〈 _ ,、         fーく/        【ムスカ大佐は完全に善意のみで、ベジータを陥れようとか、詐欺にかけているわけではありません】
             ヽ        _, ヽ    ′ .
             、  ,.. -ニ= '     /    「 ツ{         【ただただ、致命的な齟齬にどちらも気づかなかっただけである】
              、  ` ̄_      /    / 〈 ̄\
              ゚。         /  ィ ´  . ノ:::::::::ヽ
                    }、   _.... ='- ´   ィ´:::::::::::::::::ノ^ー- .
                  > T        ィ ´:::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::ー----ミ
              く   }    _. ィ ´:::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::;:::::-::一::::::::::::::
          _.. ---=土ミ.L. イ>'::::::____:::イ::::::::::::::::::ィ´::::::::::::::::::::::::::::::
       . < > ´     L./:::::::::: |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ィ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     /  /         }/:::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::






1081◆aZtyQTMW122019/09/05(木) 21:33:15.56 ID:2DV2Yh0N


llllllii,,l!lllllllllllllll°: :::゙゙lllllll!゙:::,ill!!!!llllllllll,,: : : :::、::::::::::::::;,,i´;:;;;;;,,illllllllllll,、: ::'゙lllll!゙:_:、::::llllllllllllllll!゙゜::::
llllllllllllllllllllllllll|::: ,:'ュ、:゙!!°:'゙’,i´ .゙゙!lllllli,,: : : :゙i、:::;:::::.,l″;::;.,illlllllll!l゙ヾ′:::::゙!゙,il リ.,,>::::lllllllllll!゙゚l,;;;;;;;:
::゙!llllllllllllllllllllll::: l゙:iデ.゙i、:: : ::i、   ゙!lllllli,、: ::゙ヒ::!:::,″:::::,,illlllll!゙゜  .|: : :::::,レ"'i、″:::llllllll!゙゜:::,!;;;;;;:
;;;;;゙゙!lllllllllllllllll|:::: : ″,ヘ,゙l: : : |、   .゙!llllli,、:: :::、::`:::::::,,llllll!゙゜   .l゙:: :::::レ入::|: : ::::lllll!°: :::′;;:
;;;;;;;;;;゙l!!llllllllllll、: : !: ´,zル:: ::廴    ゙゙!llli,、: ::、::::::,,illll!゙゜    .,、:::::,广゙、:l: : ::::ll!l`  : :::";;;;;:    配属先が統合作戦本部の事務職とかいう、
;;;;;;;;;;;|:: .゚゙゙!!lllll::: : ゙l: :l゚'`゚゙l: : :゙l,      ゙゙!lli,,::,、,:::,,ill!゙°    .l゙:::::::,|、../`,!:: ::::,「;|  : :::‐;;;;;;:     前線で暴れまわることしか知らない
;;;;;;;;;;;}:    .l゙K:: ::ヽ:`x,:↓: ::゙く      ゙゙!llr:/lll!l゙`      ,": ::::j″:.、'":::::,r";,″ : ::::,′;;;;           ベジータにとっては地獄のような職場と知った顔
;;;;;;;;;;;;、:   .|;;;゚'r,、::ヘ.,,'゙ト:: : :`、.,、,,,、.,,,,,,,.,"::,!lレ、ヽ、--:ーー′: :,l゙:::`: :::,,x'″;,l゙  : :::.l゙;;;;;;;;;:
;;;;;;;;;;;;゙i、:   ゙l;;;;;;;゙\、: :`リ: : : ::+¬丶`:'''':‐::'!、:`ー'''"゙"''~:::::: : :,l゙: : _,r''√;;;;;,i° : : :,″: :、:
;;、: : : ゙l、   ゙l,;;;;;;;;''i,"-,,,_゙l: : : : : : :、、: : :::::,!]: : : : : : : : : : : : : :,l∠'"、,i″;;;;,″ : : : ,i´`'丶、
".,,,r‐" ヽ:    ゙┐;;;;;;゙=、:`}: : : : : :'ン'''―-、゙'''..、-‐'"゙゙彳: : : : : ,":::::,ィ°;;;;,r゚  : : :,,l゙
'"`   .゚i、:    ゙'i、;;;;;;;;`l,,,::|: : : : : ::|;;;‘ー-、,.、,,、-´;;]: : : : : ,!:,,,ll″;;;;;.,r″ : : :.,i″
      `'i、:    .゚'r,;;;'lllliii,,::: : : : ゙l-,,,,-…;;,,,/‐、,,‐;/: : : : :,,iiilllll;;;;;;,,r'″:  : :.,i´
        `'ι.   ‘'=,llllllllllli,,: : : :リ:l゙::::::::::::′:::::::,!│: : ::,,,illlll!゙゙,,,r・° : .:丶,,r




これからが |
ほんとうの /
地獄だ‥  \
∧_/∨\/ ̄
  _     ヽ / }レ  【それでも最初はちゃんと書類仕事をしようとしたのですが・・・】
/ヽ/<ヽ u ∨u iレ
ヒ`-) |\\ヽ) />/
ヽ ( U \ `。Vレ。7/     統合作戦本部中枢の事務職の激務の難易度【5D200:438(35+61+57+185+100)】
-ヽ〉"""`-ヘ=`-"/
U ∥ u u へ_-> /        ベジータの頑張り【1D100:22】+9運営補正
 iヽ   i(++-7 /
\i \  ̄ ̄/=、_
  \/ヽ_/ |  i ヽ
\ `ー/_ノ ノ  ヽ
   ̄ ̄





1082方舟の名無しさん2019/09/05(木) 21:35:52.42 ID:kNmlT74s
ダメみたいですね


1083方舟の名無しさん2019/09/05(木) 21:36:36.85 ID:lCK5819k
きめえ夫ー―――!!!!早く来てくれー―――っ!!!!


1084方舟の名無しさん2019/09/05(木) 21:42:47.87 ID:gbxNB/fJ
ベジータwリバティ隊で初の振るわないキャラ確定か?


1085◆aZtyQTMW122019/09/05(木) 21:44:16.12 ID:2DV2Yh0N



      ∧/∧ 'i/////////  ヽ//////////   ヽ/////////////////
..     ∧//\i////////      V///////      'i,//////////////,i'
.       ∧//////////i!       V////V         'i,/////////////i'
         ∧////////,i!       V//,V        i////////////,i'   【あまりのダメダメっぷりにベジータは白旗を上げ】
         ∧///////,i!       V/,V      ヘ  }///////////,i'
         ∧///////i  l      VV          ヘ////////////
          \////八 l _     V   /   _《// ⌒i////     もうやだ。こんな事務仕事なんかやってられるか!! 任務放棄してやる!!
.             \∧⌒ ∧三三≧x、    x≦三三、/く   ∧////ミ=-
          __ヾ {\ \  ォァヾ 川//tァ  / /   } ∧////< ´
          \//∧ ヽ ',  二=´   `=二   /   ノ//< ´
            ` >`> 丶     l       ,i' i<=-
                  ∧     し      ,i' l
                   l>   r ̄}   /   l
                   l    >  ̄   <     i
                 >'´≧―――――――≦"´へ
             ヘ//////////////////////////////<
      -=≦ヘ     i!///////////////////////////i'    //≧=-
    ///////∧    i!//////////////////////////i!    i!///////≧x
   ∧////////i!     i!//////////////////////////{    i!/////////∧




             _ -‐>-----ミ
           . : i:i:i:/i:i:i:_ -‐…‐-\
         /i:i:i:i:/i:i:i:/i:_i:i:i:i-‐…‐-ミ
        く___乂____//_  ‐=ニ=- _i:i:i:i:\
          〈i:i:i:「⌒^⌒´        }i:\i:i:i:i:\_
         Vi:i{          〈 _ノi:i:i:i:\i:(⌒
         {i:i{ _   / __ -‐  ^Yi:i:i:i:i:i:》      お待ちなさい。任務放棄などと、ふざけているのですか?
         乂 ‐‐ッヽ   ‐‐vッァ   .}/^}i:i:/
         圦    } `       }))ノi:/
                      ∥i:i/
          人  ゝ ‐      八Y
            `、 ー‐‐  ‘  . : : : {
           ____\   ____/______
         {^Y-_-く  ー/}|-_-_-_-_-_-_-_-_
         {/∧-_} Υ¨/. }|-_-_-_-_-_-_-_-人
         { /∧ノ..人//-}|-_-_-_-_-_-_-_-_-_〉
        ‐=ニノ ⌒∧ _ノ/-. }|-_-_-_-_-_ニ=‐  \ \
    //i:/-_-_-_-_ //-_-_ ̄ ̄ ̄-_-_\: : : : : \ \
   _-_./i:/_-_-_-_-く く-_-_-_-_-_-_-_-_-_ ⌒\: : : : : \ \
  _-_-/i/_-_-_-/-_-\\-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-\: : : : : \ \
 」_-ノi:/_-_-_-/-_-_-_ \\-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_ニ=‐   ⌒\
Γ.:i:i:i:/¨¨¨¨¨/-_-_-_-_〇〉 .〉-_-_-_-_-_-_-_-_/-_-_-_-_-_-_-_-_
_-/i:i:/-_}/-_./-_-_-_-_-_/ ./_________-_-_-_|-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-
_/i:i:/_-∥-_/_-_-_-_-_-/ ./くi:i:i:i:i:i:i:i:\-_ |/-_-_-_、-_-_-_-_-_-_-_
〈i:i:i{-_∥-./_-_-_-_-_-/ ./-_//⌒\ノ-_-//-_-_-_\-_-_-_-_-_-_
-_-_-ノ_-./_-_-_-_-_-/ ./-_//-____rく⌒\-_-_-_-_-_-_\-_-_-_-_
=_\_-_../_-_-_-_-_-/ ./___rへ⌒\ \  〉-_-_-_-_-_-_-`¨¨¨¨¨¨¨







     |:.:.:.:.∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ̄ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:レ' :.:.:.: |
     |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /   ∨:.:.:.:.: /     ∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!
     |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/     ∨:.:. /        ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   ,   ふざけているのはどっちだアーチャー中佐!
     i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ i  U  ∨ ,′       U ! V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/  ./!       
     ∨:.:.:.:.:.:.:.:. ′|      ∨     u   | V :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/  /:.:/      こんな難解な書類の山に四六時中埋もれていたら、こっちの頭がおかしくなるわ!
.   __ ∨ .:.:.:.:.:. i 〈___ ヽ |  / ___  〉 |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ィ.:.:.:´:.:.:./
   \:.`ヾ>:.:.:.:.:.: | /_,r‐、 ヽ ヽ.! 〃 /,___\  } :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/     俺はこの書類地獄から逃げ出す! 邪魔する奴には容赦せんぞ!!!
     ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i " {i   \\ ji   //   /´  j .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ′
.      ∨:.:.:r‐、:.fソ ∧    ’ヾY゙ーi‘     //   |:.:/⌒!:.:.:.:.:.:./
        ∨: |i´∨i   `ー一' j^ `ー―‐'´ヽ  |//´`!.|:.:.:.:ィ___
.       ヾji /〉!  ''"" ̄´ [_〉  ` ̄ ゙̄`  U "/ー  /:.:.:.:.:>''´
        ∨ {i ム      _ ―‐ 、      r、ソ:./:>''´
          \ヽ_j     !/ ̄ ̄ ̄ヾ」       r'ー_'/´
           ゝー.     | _r'´ ̄`ヽ_ |    /ー'´_     ___
             ヽ     ̄ ̄ ̄     ィi ̄`ヽ `¨ヽ ニニニニニニニ>、
           _ _/ .>、         . < | lニニ  \  \ ニニニニニニニ>、
.        ,,..ィ´/  '    `>、__ .ィ´    |!  ニニ. 丶  丶 ニニニニニニニ>、
      ,,.イ  ニ/      ∨  ̄ i     | |i   ニニ  ’,   ’,ニニニニニニ∧
    /   |  ニi           \  `ヽ     | |i    ニニ  ;    ; ニニニニニニニi_
   /    |  三>、/        ヽ        | \ /ニニ  !   iニニニニニニニニニニ‐




                      _,,..,..,,_
                 ,f´::/::{:::::::::>、
                  ζ:r‐‐ v‐‐t::、:::ゝ
                   }:::}!  |ニニ{ニ|:ノ     ・・・・いままで元リバティ空戦隊員であることを考慮し、仕事での無能ぶりには目を瞑ってきましたが、
                   Ⅳーtァ |ニp}ニ!}       同盟軍中枢で任務放棄の上、脱走を宣言など同盟軍の名誉に関わる問題だ
                     ゞl   |ニニ}Y
                  rヽ ー|二レ/}
                ,、イ:::::::ゝー<´:i:i:廴
              ,、丶`>'´\/::V }/:i:i:i:i:i:i:i:ア>、  ___   />、rzt ,
         ,、イ>``:}}:::::::::::::::::::::V:i:i:i:i:i:i:i/ / />イ二}_/  ∨ Y∨ゝ、
        〃:::::::::::::::::{{:::::::::::::::::::∥``ー< / /,、イj>'1 ! }/イ  }  V´    ・・・・・処分させていただく!!!
        {:::::::::::∨:::::}}:::::::::::::::::∥:::::::::o∥ { {_j>f´} | i!/ / ∧ b,′
         rj::::::::::::::∨∥::‐┼‐::∥:::::::::::::∥ V V V{ _j>'´  ノ / } {ヽ
       ,l:::::::::::::::::::∨::j>'´|:::::∥::::::::::::::∥、 V V V丕i}ゝ彡 ´    人/,
        {::::::::::::::::::::/:〃::::::|:::∥:::::::::::::::∥:i∨ V 廴,/  `ヽ      l /,
        i!::::::::::::::::::レ゙::::::::::|:∥::::::::::::::::∥:i:i:i∨ゝ-/      ゚,       | /,
       /::::::::::::::::::::}::::::::::::::|:込、:::::o:::∥:i:i:i:i:i:>′        ',      |  /,
     /::::::::::::::::::::::ノ::::::::::::::|:::::::::``~イ:i:i:i:i:i:i:i:i:/          人     \ /,        ベジータの蛮勇【2D200:246(77+169)】
     .:::::::::::::::::::::::介s。::::::::|:::::::::::::::::::::!:i:i:i:i:i:i:i/          } ー‐< } /,      統合作戦本部の警備【3D100:254(84+88+82)】
    .:::::::::::::::::::::::/ rトミ≧=====‐-O>:i:斗             ゝ r< ̄f>、/,
    l::::::::::::::::::::::l /::::::::::::/ /´"''~ー<:i:i:i:i:i|             ,V 廴___ノ ノ ト、
    |:::::::::::::::::::::У::::::::::::/ /:::::::::::::|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i!           /人` ー=彡 /ヽ
    |:::::::::::::::::::/::::::::::::::/ /::::::::::::::::|:i:i:i:i:i:i:i:i:iイゝ           {f/>ー=匕>、 }






1086◆aZtyQTMW122019/09/05(木) 21:48:09.40 ID:2DV2Yh0N

                   |∨////////////////////////// |  //
.            \  |///////////////////////////Λ///
              V\ |/////////////////////////////////
                ∨////////////////////////////////// /
              ∨/////////////////////////////////__
              __∨///////´⌒∨ ///////⌒\ ///////// /       ば、ばかな、このベジータ様が、こんな形で・・・・・・
              \//////////  } { ∨//// /    }/////// /
                \//////Λ ノ 人 ∨// / }   _ノ///////(_
           __\_) ////\Λ '⌒ヽ ∨ /  ∪ 〈///^Y////
         ノ^厂\////{ 「) ∨__    ∨;i;i;i: /ニV 」//∠二- _
        く,_く#;i;  >//{└ヘ.ニ\_ V /;i /イ⌒> /_ノニニニ厂、
          } ̄}i;! ー―ヘ ニ⊃⌒#i:トx」∠゚_ノノ/イ }二二二(_ :i:、
          }二L        { {ニΛ ;;⌒¨¨Y '^ ̄ / _ノ二二二乙   i#i:,____
       _√二二]    Λ ∨ニ\  t=‐ クノ /_)二二二二(⌒    厂(
        ⊃ニニニノ  /:.:.:.:\\二>`二 イ二二二二二二二二=--く二(
.     ⌒7二二 └‐</    :..:: :>―  ̄ ̄ ̄ ̄「[二二二二二二二二二Λ
.       /二二二二二\  」___      ̄| 「 ̄   ¨¨乙洲二∠}二二二二二}
     _/二二二二Λ{  \/⌒     ||     ,:i;洲洲ア:厂}二二二二二}
    / {二二二二(      {个  .,__ >''^~ ̄~^''<.__,.. ⌒个/  ∨ニニニニΛ
.   /  \二二//     {     // ‐-------‐ヘ    //}   } 二二二二 }
.   {     ̄,.i:i/     〈_    √‐--------‐ } }   イ    ノ 二二二二 }
.   トミ   #;i;/      √ニ=-   ..,,______,,..   -=ニ二{_   )/´ ̄ ̄\/
.   /⌒     厂       _{二二二二二二二二二二二二⊂_   {    i;i#;i:}
   | {  ┐イ」      ⊃二二二二二二二二二二二二二二 \{    i;i'' }
   L >匕ノ     ⌒7二二二二二二二二二二二二二二二二∨     ヘ
      ̄ ̄          /二二二二二二二∠二二二二二二二二 / V」ノ  ∨
               /二二二二二二二/  ⌒\二二二二二二{  }  / }
                 /二二二二/⌒フニ/     >二二二二/⌒トイ ̄   /
               {二二二二〈_,/二/     ⌒}二二/⌒V xi} {_   /
           /ニ/洲「二二二二{        /二二{   ;:i:i:i人 └―
             ⌒7 { i;#リ二二二二/      /{二二二⌒V^二(
              /ニ\ィ二二二二\      /  \二二二二/⌒
.             /二二二二二二二二}     {      ̄ ̄ ̄ {
            ⌒Z二二二二二二/    〈     ,.;i:i#/⌒
                {二二二二二/      〈 ニ=---=ニ7
             ー┬― ⌒\{  }      {       \
               {           し/   \       }
               {     ;:,.   (        ̄ ̄ ̄ ̄
               ∨    i#i:;! (
                〈 ^~ ̄~^''::'; }
               / ^~ ̄~^''  イ
                 /       __ノ
             〈_______,,.  '´








  、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  >=--::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\           /  /
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__:::::::::::::::::_::::ヽ!::,       /⌒Y´ /
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::_::>''´ /::7 `¨,  ̄ ,, ,, `ヽ::,     / r=ミ  {          だ、だめだ意識が朦朧としていてきたぜ・・・・・・
  :::::::::::::::::::::::::::::/  '' '' ヽ::{lト、{   `"''"_   \_,.. --彡 ハ |
  :::::::::::::::::::::::::::ゝ__      ヾ::}/! __ f¨r,,''_ '"´ ハ__   ̄ ̄{ }} |!
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ --==ミヽー' ! .| |,,-{!  {/ハ  ̄`  ノ!|l| |!
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /´ノ:7ト;  l -} !,,''- 、 V}   / | }} |!=
  ::::::::::::::::::::::::::::::::/,, / /:/。!ト、 ゝ彡==、;;.,,ヽ} _ - _,..-;| / ./
  :::::::::::::::::::::::::::::/   ;;';,,  /::::/  |l l| /´    ,ヾ;/ ,.,    j/ /
  :::::::::::::::::::::::::::::i    '' ヽ:::ゝ=彳、 /    У   l\ ヾ''  / ./ /
  ::::::::::::::::::::::::::::::\  ---= `ー,.- ゙''、ヽ  __ノ   ノ  \__ /__/__//
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::::::ー--:'::::::7ljヽ}-、 くヽ¨!''     `ー-=ニニ
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_/=--`-}`¨_,/::ト、   ノ
  `ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  _==、  _/ノ `ー'"  /
     \:::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ _,./   ヽ`¨¨  、      /   /
      ≧==--------/ / -、    }    〉   /   /
              /  {    }  .ノ    /.  /   ノ:









                      _,.。 *''"⌒¨´ー匕_
                      , //::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'ミx、
                 /V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\_
                 V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::才
                  ノ::::>i:、r 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::斗
                   ∨:{ ,:´ {; / >、;丶"~厂 ̄ }:::::::/          ベジータ大尉を軍刑務所に放り込め
                    {::「;'   }' /   |ニニニi{ニ{ニノ::::::l           軍中枢での騒乱罪で終身刑だ
                  γYj、  ! { V |ニ/ニニ}ニ}ニV:::/ __
                    | l.; \}__  V!/ニニニ{ノニニVヽ「{:i:}、
                 /! !  〈 rァ>ゝ, |ニニく(__) 〉ニニ{ }:iVハ
               ,、イ{{::人 l ', ノ¨´イ  [ニニニゝーニニY ノ:i:i}:i:}
          ,、イ.: .: .: }:::::::lハ  ;'     |ニニニニニ;|ニニ'ニ}i:i:リi:i:{> 。_
       ,、イ.: .: .: .:◯ _{:::::Λハ j; ゙    |ニニニニヽjニ/ニ{i:/:i:i:/:i:i:i:i:i:i:i:> 。_
    ,、イ.: .: .: ☆.:,、丶`.: }::::::Λハ{ ヽ、    |ニニニ/=!/ニニУi:i:/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/  > 。_
_ ,、イ.: .: .☆.: ,、丶` .: .:、丶〕:::0::人 ヽ 戈三三豕ニニ≠ニ/:i:i/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/      /
:::{.: ☆.: ,、丶` .: .:,、丶`::::::::{::::::/ヽ:::ゝ、\ }i |ニニニ/=/:i:i/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/      /
:Λ、丶`.: .: .、丶`!:::::::::::::::::Λ:::ヽ/::::::::/ヽ >ー‐<j{ニ{:i:i/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/     /
:::Λ.: ,、丶`::::::| |::::::::::::::::::::Λ:::::::::/::::Λ   }ニニニ|!ニ}:/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/     /     【こうしてひどい勘違いからベジータは散々な運命を辿った】
:::::Λ:::::::::::::::::::| |:::::::::::::::::::::::Λ/::::::::::::Λ j!ニニニ辷{:|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/     /




1087方舟の名無しさん2019/09/05(木) 21:48:46.66 ID:KtpACwtQ
ひどすぎるw


1088◆aZtyQTMW122019/09/05(木) 21:50:09.47 ID:2DV2Yh0N
今日はおしまい。なんて不幸なすれ違いだったんだろうか・・・・


1091方舟の名無しさん2019/09/05(木) 21:53:45.17 ID:gbxNB/fJ
乙でした
ベジータもう少しコミュニケーションを取ろう。カイザーと同じ声なのに情けないw


1092方舟の名無しさん2019/09/05(木) 21:53:45.94 ID:kNmlT74s

普通に異動願い出せやw


1093方舟の名無しさん2019/09/05(木) 21:55:43.19 ID:lCK5819k
乙です
ベジータの末路を見て、何故か「天才バカボンに出てくる惨い死に方するキャラ」を思い出した


1095方舟の名無しさん2019/09/06(金) 08:24:41.03 ID:GxCPVNOf

政治家目指したやつ以外で同盟でまともな人生送ったやついねぇ…



1096◆aZtyQTMW122019/09/06(金) 18:41:32.28 ID:NF8HAR4E

                  -=ニミ 、 ≦`ヽ、 
         =ニ二 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   `ヽ、 \ \ 
         , -‐¬ ̄             \ }  ', ,イ 
      ,z'´.:., -‐ '´ :  .  :  .  :  .  '┘: ∨ | 
     /.:.:/.. : . : . : . : . : . : . : . : . : 丿 
   ∠__/. : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :丿. : . : . : .`≧、、 
     /. : . : . : . : . : . : . : . : /. : . :/. : /!. : . : . : . : .`ヽ.: } 
   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/,廴彡'∠_イ´L_│:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:Ⅳ 
   l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,イ´∠/__/ ̄, -‐¬ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:} 
   |.:.:l|:.:.:.:.:.:.:.:∠-‐─┐ ド、__彡心ハ`ヽ L.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{     マイン退役中佐が政界進出を表明して以来、間桐退役少尉以上にメディアの注目を浴びてるな
   {.:.イ.:.:.:.:.:.:.:ハ厂テ心l{     ,イ弋_ツ _,   |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|      ・・・・・・あとユリアン、気持ちはわかるけど帝国に亡命するのは流石にダメだろ   
   ∨}.:.:.:.:.:.:.:.:∧ 代_ツ〉       ̄ ̄ ,イ '''"|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l 
     }八/\:.:.:∧  ̄ノ〃     ''"´〈 {   |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ、 
.           \.:ハ ''"〔_..       }\> `ー'′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ 
              ,小   `        \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.} :.:.:.:} 
        }\_ノ:ヘ   -- ‐一   _>.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:丿.:ノ.:.:.:丿 
          \_.:.:.:.ヽ.   -- '′  `ーz__,ノ.:./:/.:.:/ 
         \__.:.:ヽ.         /ー=ニ彳.:.廴/ 
            =ニ二厶     __ ..イ __-─'`ー'´| 
              ` ̄`T  ̄  _-‐ ̄      ∟______, -─-、 
                f´`ー‐ ̄        _-‐¬ _____/     `ヽ 
                _」        _-‐ ̄            /  r───‐ 
.       __ -‐二二─‐、      ,-‐ ̄ _ノ              /    L___ 
     /  / ̄    ーz__|    |_z彡'´            / 
    /7  /           |    |               ,′     「 ̄ ̄ ̄ 
   /ー'′ /____   __   |    |        ,イ      {     └─── 
.  /─ァ  〈´ \_`f´ \│    |         //    {  |     丿 
 /_/  丿/´   ``ー   \   |      / /      ', |   / 「 ̄ ̄ ̄ 
.〈_    {     r===ァ  ',  _」     /   /     {  Ⅵ _/  └─── 
│_/ 八  〉  //   //  / ̄ `ヽ、/    /      \ 厂 ノ 
│/   ',〈   //   // ./         ` 、   /          `ーz'´ 
厂     V\ゞ==彳 /         \/           〉 
|       |l  \     |       ト、   \            / 

【リバティ空戦隊撃墜スコアランキング6位 古代退役少佐 通算撃墜スコア901】 
リバティ空戦隊結成時点からの士官組の中ではスネークと並んでかなり常識的思考ができる人物
しかしながら、通算撃墜スコアは900超えというふざけた記録を持ち、7位のベジータと100以上の差をつけている
なのに当人は規格外の実力を持っている実感に非常に乏しく、第8艦隊時代の話をしている時にユリアンを何度も辟易させた
スコア上位陣の中では唯一除隊する道を選び、そして・・・・・・・・・


【1D10:2】
1.恒星間運送会社に就職
2.民間企業に就職
3.辺境開拓事業に参加する
4.民間航空教育学校の教師に
5.辺境開拓事業に参加する
6.軍需産業会社に就職
7.恒星間運送会社に就職
8.辺境開拓事業に参加する
9.民間航空教育学校の教師に
10.熱烈歓迎




1097◆aZtyQTMW122019/09/06(金) 18:49:34.06 ID:NF8HAR4E


              _,. -‐ァ _ ,. - - - - 、
          _   / ∠/     _ ,. - 二>
        ///             ̄`ー - 、_
        /  i/                    `ヽ、
     /! i                       ヽー\
     ! ト|                         \
      j                            \_
    /                               ヽ,
    !/      \ \  \   \            i  ',
    /        ヽ ヾ 、 ヽ、、  、、   ヽ、  、   ヽ、 i
    !         | `ー `ー-ヽヽ、_ ヽー、_ ヽ、_ ヽ.   i ソ
    .i         i ∠二 `ー - 、_  ̄ 二 ニゝ-、'、 ! |  !
    l          /   ァ ァテ=-、_ノ  L. r = ニヽハノ ! /
    ,'         !   ヾ ゚ツノ     彳ヾ゚ツリ i  ,イ"      民間企業ってすごいアバウトな。もうちょい詳しい情報を
   .!          |     ̄       ,   ̄   ,'  /
   |          \_ィ            ',    i  i
   ヽ |        、__ン         ヽ     '   フ
    \  !     、_  _/            ノ   /   ラ
      \|  | ト、 ヽ ̄       ___    /─ "
        ヽヽ、ヾ、_ \        -    ,.ヘ
          `7  `ニ、_`ー 、_       , ヘ.こ
          /     `ー- ニ= --┬'ー' ̄
         /\_             |
       /    `ー-、_         ト、_
                 ̄`ー─── '




【1D10:9】
1.科学製作所
2.電気動力会社
3.雑貨店
4.科学製作所
5.フェザーン商会
6.電気動力会社
7.科学製作所
8.雑貨店
9.フェザーン商会
10.なんか変な宇宙人と遭遇しましてね?



1098方舟の名無しさん2019/09/06(金) 18:54:12.49 ID:r+QC81by
オリジナル古代って大砲屋かつ戦闘機乗りだから、民間商船に向かなさそう…
なお、一時期商船乗ってた島


1099◆aZtyQTMW122019/09/06(金) 18:59:54.01 ID:NF8HAR4E
            ,. -─…一‥-.、
          ,.‐'´  ゞ彡      `ヽ、
        /             :::::ヽ
       /               :::::::::゙i
       /       | !        :::::::::|
      ,' /     イl | liト、   :::`、::::::::|
      i {:〃j ノイ ノハi l ゙i llヽiハ::::ヽ::ヽ::::i:::|    【帝国軍進駐フェザーン自治領が荒廃した後、】
      {:::V/ノ/、ノ,_/  i '__i.、-゙i.ー`ヽ::::iゞ:ヽリ|         【フェザーン人たちは自由惑星同盟に根をおろすべく、単一商会を結成していた】
      `、W 'ヶtァョ`'i  ' ´ヶtァラ:::::ヽlレ^リノ:::|      
       }、{f!    ¦       ::|:|'〉::レ::::l    【どうやら古代はその商会からスカウトされたようだが、フェザーン商会はやや保守的で、】
       |八{     l       /::レ ノ:::::::|      【元フェザーン公民を優遇的に扱うところがあり、かつてのように利益重視の存在ではない】
        |l::::::ヽ    、v     .:イ::トー´::::i:::i:|   
         !:!::::l:::ヽ  -ー … '  .::::::/!::::|:::::|:::|i  
       |::l::::|::|::lヽ  ¨  ̄   :/:::|i:::|:::::|:::|j     【そのような商会が、どうして同盟人である古代をスカウトしたのか?】
       ヽ{:::|::|::l::i`、     //:::::リ::jノ:,'jノi'
        `|::|l::l」 ヽ__/:::/_,.. ヘ〃ノ
          >//`'ー、,_ _,..-'"´  〉\,,_
       __/ /  /⌒ヽ     / ,'  i `''ー-、,__
  _,..-ー''"´/ /  /ヽ  ∧   / /   |     `''ー-、,





【1D10:10】
1.単座式戦闘艇をデチューンした機体を使う新スポーツの考案があってね?
2.実は古代の曽祖父母の中にフェザーン人がいてね?
3.単座式戦闘艇をデチューンした機体を使う新スポーツの考案があってね?
4.星間輸送の護衛要員
5.男優として売り出そうかと
6.単座式戦闘艇をデチューンした機体を使う新スポーツの考案があってね?
7.星間輸送の護衛要員
8.実は古代の曽祖父母の中にフェザーン人がいてね?
9.男優として売り出そうかと
10.極秘プロジェクトである大和計画に必要な人材だ





1100◆aZtyQTMW122019/09/06(金) 19:00:26.32 ID:NF8HAR4E
え。ここで原作ルートいっちゃうの?


1101◆aZtyQTMW122019/09/06(金) 19:14:23.84 ID:NF8HAR4E




            /:::ミミミヽ:;;;:;:;;;;イ彡彡:::ヽ
           /::,r'⌒ヾ::::::::::::::,r'⌒ヾ、:::::::::.ヽ
          j;;;′    ``ー '´    ヾ::::ミ ::!
          |;;|      i        )::ミト|!
          l:;!      j   _,,,.、、、 〈:. ミ |!
            jソ      ′ _,,、、、、,,  |;;;.ミ |
           〉イこニ''ーイ  ゞー;:;;;- 、ミ、 |;;;;ミ :!
            ハ r ィモ='ン;. :;;<モ=ュ、   l:, ヘリ      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
            !u! ``  "´i  `~` ̄"¨ .:リイ/    | よく我が商会に就職してくれた
          `ト.、    ノ       j.::::ソ   _ノ まずはなにも言わずこれを見てくれ
           `l   〈 ‐r 'ヽ   ,イ::::「      ̄\________________/
            ! i r       ヽ  j.:.:/
            , ト、゙ "´二ニ¨ ノ ノ:,イL_
           /:/ハ  ´ ̄`   //^1::.`ヽ
    ,,、、-‐'"´/.:::::l ヾヽ      , .イ/  |:::::::::::ト 、、,,_
  "´.:.:.:.:::::::::::::/::::::::|  \ `"""´ ,/   |:::::::::::::i:::::::::::::.:.:
 .:.:.:::::::::::::::::::/:::::::::::|    `>==<      |::::::::::::::|::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::/.:::::::::::::ト、   /.::::::::::ハ    /|:::::::::::::::|::::::::::::::::
 ::::::::::::::::::/:::::::::::::::::| \ ハ::::::::/ ヽ   / !::::::::::::::|:::::::::::::::::







========================================================================

                    /    i´   ` 、        ヽ
                   /     ,ゝ、     \   ヽ     `.
                   ,'   /   i        \  `、    i
                   j i  ,'     l           ヽ   .  i  l
                    l l  i    l、    、  ` 、   ヽ i   l  l
                 i |  i  /   ハ    \   \    y   | .|
                   i |  j / //  ヽ.  ヽ\   \   i  l  l
                 i l  .| / //―‐-、\  `v‐\  ヽ l   | .i          随分と綺麗な人の立体写真ですが、これがどうかしたので?>古代
                  l |  .|/ -r゙,弋TRヘ  \  弋TRフ''r‐リ  .| .:i
                 j  |  | / / ` ̄´    i \ ヽ ̄´ ヽ、l   |  .:,
                ,'  j  .| /,イ         |  \ヽ   ハ  |   .:,
               ,'  j.  | /ハ        |    \ヽ/: :i  .|  .:.:,
               /  .j  |/: :i :ヽ      '     ヽ 、 :l  .|   .:.:,
               /   j |  .|: : l : : :\   ー―   /: :ヽ y .li i  :.:,
              ./ ,'  i. |  .| : i: : : : :| \   ´   / |: i: : ハ  |i: i  .:.:、
             / /  j. l   |: :i : : i: :ト、 `  - ´ ,r|: i : : :i|  |:i : 、   .:.:、
             ./ / . :j. : :i   |:/ : : j: :|ヽ\     /, '|: |: :i: :|  |:.i:   、   .:.:、
            / / . :/ : :/|   |: : : :j: :.l `i |    | i´ l: :i: :i: :|  |:.'、: : :ヽ: .:.:.ヽ
          / / . :/. : :/.:|   |: : :/: :ノ  l |    | l   ヽi: :l: :|  |: :ヽ: : : ヽ: : : :.ヽ
         , '  /   /. : :/.:/:|   l_;: '´   〈〈    〉〉   `゙ 、_|  |: : : ヽ: : : ヽ: : : :.ヽ
       / , '  , ' : :∠ -‐|  .|___  ___、`、  //__  ___.|  ト : : : \: : :ヽ.: : : :.\
      / /   _,,‐ヘ二ゝ   |i  トv-- 、    ヘ V /    ,r--v'| .|  `ソ二ソ、_: :ヽ : : : : :\
     / /  ,イ    / >  || .|`V´\\.   `-´   //`V | .|  <\   ` 、:\ : : : : .\
  /  /  /∧    ` '  /li j    < <        > >   .| |\  ´     ∧: :\ : : : : :.\
/  / ./. :∧ `、      ` ソ ノ /> \ 二二^二二 / <\ | |` '      / ∧: : :\ : : : : .:.\


========================================================================




                     _,..-- 、
                  ,. ‐'´     ゝ、
                ,r'´          \
                .i'  /⌒\   ノ\ ゙i,
                j   {゙:.    `''ー'´  ヽ. |
               i'   〉:          | |
              ,i゙   i':.:.          { l,
              { ∩、!:、、r_'''_- 、_  ,..‐_-、!|       ああ、たしかに美しし女性の立体写真だな
              ゙i iミ i|:.:.:手=・テ::, イ=・∋ 〃       だが写真にしては少々生々しすぎやしないかね?
               ゞ冫i:.:  "´ ゙゙   |゙"´ ゙゙ |j
                ヽ,_ゞ、      i   j"     この写真を収めた機械カプセルを調べたところ、
                 | |    `〒゙    !         われわれのまったく理解できない超技術がいたるところに使われている
                 | ゞ '―=━―' j
                /!ヽ、_ヽ   ̄  ,イ      うちの科学班の調査によると、どうもこれは、いわゆるエイリアンの技術、らしいのだ
               /{ ヽ、 \、  _/i'i\         この惑星から、おおよそ十万光年離れた位置から、この機械は流れてきた
              /  |   \    ̄  ,/| \_
        _,.、- '"/´   ト、   ヽ、_/  ,i  ヽ,`'ー- 、_       たしかな科学的証拠もある
  _,..-ー''"´    /    ゙i \   / \  /|   ヽ,    `'ー- 、_
           /     ゞ  \∧   ∧/ |    ゙i,        `'ー- 、_





              _,. -‐ァ _ ,. - - - - 、
          _   / ∠/     _ ,. - 二>
        ///             ̄`ー - 、_
        /  i/                    `ヽ、
     /! i                       ヽー\
     ! ト|                         \
      j                            \_
    /                               ヽ,
    !/      \ \  \   \            i  ',
    /        ヽ ヾ 、 ヽ、、  、、   ヽ、  、   ヽ、 i   
    !         | `ー `ー-ヽヽ、_ ヽー、_ ヽ、_ ヽ.   i ソ
    .i         i ∠二 `ー - 、_  ̄ 二 ニゝ-、'、 ! |  !
    l          /   ァ ァテ=-、_ノ  L. r = ニヽハノ ! /        ・・・・・・・・・!!!!
    ,'         !   ヾ ゚ツノ     彳ヾ゚ツリ i  ,イ"
   .!          |     ̄       ,   ̄   ,'  /
   |          \_ィ            ',    i  i       【この時、古代はなにかのドッキリ番組の収録かと思わず一瞬疑ったが、】
   ヽ |        、__ン         ヽ     '   フ
    \  !     、_  _/            ノ   /   ラ       【目の前の人物が、そうした低俗なことを好まないことを風の噂で知っていたので、】
      \|  | ト、 ヽ ̄       ___    /─ "
        ヽヽ、ヾ、_ \        -    ,.ヘ              【おそらくは真実なのだろうと思った】
          `7  `ニ、_`ー 、_       , ヘ.こ
          /     `ー- ニ= --┬'ー' ̄
         /\_             |
       /    `ー-、_         ト、_
                 ̄`ー─── '




1102◆aZtyQTMW122019/09/06(金) 19:22:14.39 ID:NF8HAR4E


                ,、-‐─‐-.、
               ,イ,'i;;;;;;l;;:!;::.i.:.\
              ,i';:;i;il;;;;;;i;;l;:;:;i:::イ.:.ヾ、
            ,r';,;、;;;l;;;;::;l;l:;_;:ゞ-、;イ;;:.`、
             ,r';'´ `ヽ、::!r'´    ヽ、イ:`,         地球を祖に持たない知的生命体の発見
             l;il            `)ミ;;::.'、     それは遥か昔から現在をも見続けている人類の夢だ
           ,!i|       l       ゙iミミ;.:、!      
           lil'      !         ゙lミ;;;、|.      その初接触の栄誉を我々のものにできる、それなりに実味のあるチャンスを逃すほど、
           ,l! ,r==:、_ ',、ィ===、  .|.r、::l           我々フェザーン人は冒険心を捨てていない。とはいえ、道の宇宙を十万光年だ
           iヾ,´でラ;ゞ, ''`;でラ> `  ,リ6,リ      
           l「i} `` '´ ,!   `` '´  ,'〈il/'   いったいなにが待ち受けているか想像ができないし、仮に相手方に接触できたとして、
           ヾl    l ,      ,ノゞ/        友好的関係を構築できるかどうかも未知数で、危険しかないと言って良いだろう
            `i     ヒ;;. .,      l ,r'´
             l i r‐─-、`ヽ   ! l
              ,ゞ、. `'二"´ ,'  .'ゾiヽ、        それでも、古代くん、やってくれないかね?
           ,.、/:l ,!'、      ,ィ'´/ |::::::\
      ,.、-‐'´/:::::,! ヽ `ー'─‐''´_,/  .l:::::::::::::ゞ-、.._
      :::::::/:::::::::::|  \__,,.、‐''´   /|::::::::::::::::ヽ::::::`ー-、
        ::/::::::::::::::::,|   / \      / ト、:::::::::::::::::ヽ::::::::::::
      ::\::::::::::,イ:|、 ,.イ    〉、.  / |::::\:::::::::::/::::::::::::::








  /.:.:.:.:.;.ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|           ヽ
  l /|:::::::::::`::..、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|            ',
  レ/ |:::::::::::::::ハ:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:, ' ´ ̄ `` 、        l
.   i  |:::イ::l::::f-,、ヽ::::\.:.:.:.:./  , ― 、  ヽ       |        わかった!!! やってやるぞ!!
  i  l/ ,lハ::| リ 〉ヽ:::/\/   /     ヽ  `      |       国父の偉業さえ超える、長征十万光年をやり遂げてみせる!!
.  i: r ´  ヾ  ̄  V  |  l , ^ 、   l  |     l
.  i: : ヽ         /   l ,  '´  /   /   ,'     ,'
.  i: : 〈     ∠/     ヽ   / __ /   /     /           
  i: : : :〉`ユ  </      \        /     /        長征十万光年に成功したか【1D100:45】
.   i: : : ヽ   /        ` ゙ T "´,,z -――ァ"         成功したとして、地球外起源種と友好的関係を構築できたか【1D100:74】
   i: : :/  _/   (〇)    _,,   '"       /          関係構築できたとして、同盟に帰ってこれるのか【1D100:27】
.  ィ' レ- ''´         _ィ_______/          
  | |   _,,,, -― ''"´              `l         (全部50以上で成功)
  └┴'''''"|――''Tl ̄ ̄「| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ` |
      └‐t―''' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|‐''
         |:::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;-――――-<










1103◆aZtyQTMW122019/09/06(金) 19:28:52.21 ID:NF8HAR4E

              _,. -‐ァ _ ,. - - - - 、
          _   / ∠/     _ ,. - 二>
        ///             ̄`ー - 、_
        /  i/                    `ヽ、
     /! i                       ヽー\
     ! ト|                         \
      j                            \_
    /                               ヽ,
    !/      \ \  \   \            i  ',
    /        ヽ ヾ 、 ヽ、、  、、   ヽ、  、   ヽ、 i
    !         | `ー `ー-ヽヽ、_ ヽー、_ ヽ、_ ヽ.   i ソ    十万光年まで後一歩! 後一歩足りない!!
    .i         i ∠二 `ー - 、_  ̄ 二 ニゝ-、'、 ! |  !
    l          /   ァ ァテ=-、_ノ  L. r = ニヽハノ ! /
    ,'         !   ヾ ゚ツノ     彳ヾ゚ツリ i  ,イ"          【そこまで行けた時点でスゲェよ】
   .!          |     ̄       ,   ̄   ,'  /
   |          \_ィ            ',    i  i
   ヽ |        、__ン         ヽ     '   フ
    \  !     、_  _/            ノ   /   ラ
      \|  | ト、 ヽ ̄       ___    /─ "
        ヽヽ、ヾ、_ \        -    ,.ヘ
          `7  `ニ、_`ー 、_       , ヘ.こ
          /     `ー- ニ= --┬'ー' ̄
         /\_             |
       /    `ー-、_         ト、_
                 ̄`ー─── '


古代の末路【1D10:1】
1.ヤマトは無限の宇宙を放浪することに
2.適当な地球型惑星に降り立ち、新国家建設
3.ヤマトが向こう側に発見された
4.ヤマトは無限の宇宙を放浪することに
5.適当な地球型惑星に降り立ち、新国家建設
6.ヤマト船内で生き残りをかけた生存闘争勃発
7.ヤマトが.向こう側に発見された
8.ヤマト船内で生き残りをかけた生存闘争勃発
9.気合いで同盟まで戻った(マジかよ)
10.熱烈歓迎





1104◆aZtyQTMW122019/09/06(金) 19:31:47.22 ID:NF8HAR4E





  /.:.:.:.:.;.ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|           ヽ
  l /|:::::::::::`::..、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|            ',    【フェザーン特製の長距離通信装置は壊れ、現在位置はわからなくなり、】
  レ/ |:::::::::::::::ハ:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:, ' ´ ̄ `` 、        l        【地球型惑星も見つからないので、宇宙船ヤマトは無限の大宇宙を放浪し続けるようです】
.   i  |:::イ::l::::f-,、ヽ::::\.:.:.:.:./  , ― 、  ヽ       |
  i  l/ ,lハ::| リ 〉ヽ:::/\/   /     ヽ  `      |
.  i: r ´  ヾ  ̄  V  |  l , ^ 、   l  |     l
.  i: : ヽ         /   l ,  '´  /   /   ,'     ,'      ヤマトの設備でなんとか食料は自活できるけど、それだけで状況が打開できないな
.  i: : 〈     ∠/     ヽ   / __ /   /     /          なにより、ワープ装置が故障というのが致命傷すぎる・・・・・・・
  i: : : :〉`ユ  </      \        /     /
.   i: : : ヽ   /        ` ゙ T "´,,z -――ァ"
   i: : :/  _/   (〇)    _,,   '"       /
.  ィ' レ- ''´         _ィ_______/
  | |   _,,,, -― ''"´              `l
  └┴'''''"|――''Tl ̄ ̄「| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ` |
      └‐t―''' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|‐''
         |:::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;-――――-<






1105◆aZtyQTMW122019/09/06(金) 19:32:38.49 ID:NF8HAR4E
一旦休憩。今回まともに古代が民間復帰してくれるかと思ったら、チクショオオおお!!!


1106方舟の名無しさん2019/09/06(金) 19:56:21.06 ID:ipJGtKHD
政界に進んだワカメはタカ派と金髪の御守、のび太は同盟を焼き尽くし、新しい道を進もうとしたベジータは終身刑、冒険の旅に出た古代は宇宙の迷子…
ドイツもコイツも碌な末路じゃねえ!!!!!!!


1107方舟の名無しさん2019/09/06(金) 19:57:07.70 ID:3pertEdv
なんか別の作品始まっちゃってるけどw
普通に幸せを掴むパイロットはいないのか


1109◆aZtyQTMW122019/09/06(金) 21:21:22.41 ID:NF8HAR4E
>>1106 >>1107
マインは政界で主観的にも成功し続けてるし、ノビも会社倒産後は普通の生活になってるし・・・・


1108方舟の名無しさん2019/09/06(金) 21:19:44.64 ID:9eNeuSp0
原作のほとんど全滅エンドとどっちがましだろう。今のところはトリューニヒトは原作よりは
善人かつ幸せに見えるが


1111◆aZtyQTMW122019/09/06(金) 21:27:58.72 ID:NF8HAR4E

                                 _,,..-―-..,,_ 
      ,,-┬.、_                       ,,-‐/ /   .,-‐-ヽ 
    ∧::丿 }.|.|ヽ                   / / | l⌒   l:::::o::l.l 
     lr l Y////|                      /  l ', .l ,-'  ヽ-‐' | 
    ζ三彡''´  |                /   ヽヽ ヽ、    lノ 
     ヽ=‐''´   )                  /    .//ヽ _`ニ='′    
        ヽ     ヽ             /  .__//__ ./       
         ∨     \_              /  /,-―-‐ /             
        ∨    / r‐ヽ         ,-''´  .| l    / |               
           ∨    ) )  `ヽ _,,-―''"    .,' ,'   / .l        
         `ヽ     ''"´        //   /  / 
              l /                   l 
           .|/_     ,,..-             |          
            /   ` "´           `ヽ     l .|ヽ、 
          /      |               ',   ノ丿 ,イ      
           l      |              ',     l ',        
        /       |                 |    .l/ /l 
        ヽ、      .人            /  .| ./  / .| 
         l`''--‐''"、::::`''-..,,       /  ..l/ .// ./ 
         ヽ、 ヽ、 . ̄ ̄´ `゙''‐-,-‐''´   //   / 
            `ヽ、.  ̄ ̄`ヽ-‐''´     ,,..-''" _/ 
             l `"''‐..,,____/-‐''"   /´ 

【リバティ空戦隊撃墜スコアランキング5位 きめえ夫中佐 本編終了時通算撃墜スコア938】 
リバティ空戦隊副隊長。パイロットとしてチートであるのみならず、運営能力に長けており並の文官官僚では相手にならないチート級の事務処理能力を持つ
いくら優秀な人材を集めたとはいえ、本来ただのお飾りだったリバティ空戦隊をやる夫隊長の権威の下にまとめ上げ、伝説の部隊へと育てた最大の功労者
ルルーシュの反乱末期、やる夫の直感的着想を(野比の助けも借りて)具体化した空戦隊を主軸に据えた艦隊運用戦術は、今までの固定観念を覆したものであった
ちなみにその作戦案は当初「オペレーションきめえ夫」と命名されていたことによって、ボロボロのルルーシュ軍を容赦なく撃滅したのは彼の意思によるものと一部から誤解された
講和条約締結後も軍に残り、そして・・・・・・



【1D10:9】
1.宇宙海賊多発地帯に勤務した後、フェザーン回廊方面軍司令官に
2.当然のように軍中枢で出世街道を爆走。最終的に統合作戦本部長に
3.宇宙海賊多発地帯に勤務した後、フェザーン回廊方面軍司令官に
4.やる夫の補佐役で固定されてしまった
5.当然のように軍中枢で出世街道を爆走。最終的に統合作戦本部長に
6.多方面に実績がありすぎることが周りから煙たがられ、士官学校校長が指定席に
7.当然のように軍中枢で出世街道を爆走。最終的に統合作戦本部長に
8.多方面に実績がありすぎることが周りから煙たがられ、士官学校校長が指定席に
9.当然のように軍中枢で出世街道を爆走。最終的に統合作戦本部長に
10.熱烈歓迎




1112◆aZtyQTMW122019/09/06(金) 21:30:50.79 ID:NF8HAR4E


     ,.⌒ヽ     γ⌒ ヽ
    〈 ⌒ ノ,\    人 ⌒ 〉
      ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
      )    Y  (         【安牌すぎてなにも言えることがねぇ】
     /γ⌒     ⌒ヽ  \
    /  |         | ヽ          さあ、頑張ってお仕事しようか!!
    |   ヽ__人__ノ    |
    \    、`ー'´,    /
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ 
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |

 きめえ夫が大将・統合作戦本部長になるまで【1D15:2】





1113方舟の名無しさん2019/09/06(金) 21:32:22.35 ID:QwHET2mI
めっちゃ早いぞw


1114方舟の名無しさん2019/09/06(金) 21:33:22.58 ID:ipJGtKHD
ついに真っ当な幸福を得るキャラが出るか…!?


1115◆aZtyQTMW122019/09/06(金) 21:36:07.63 ID:NF8HAR4E


 \    \ 
  ヽ\、  ^\ 
\ .\\ヽ、   ^\、 
 \ .\\ヽ \    |\ 
  \. \  \ \    λ\、 
   \  \  \ \      \、 
    \.  \   \ \      ^ー)\ 
     \  \.  ´⌒ヽ,⌒ヽ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ 
      \  \.    人 〈① ノ\   /\ ①〉λ 
       \.  「\    、 ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ  | 
        \ \ \    ヽ. )    Y    ()   て    【中佐から大将、しかも制服組トップまで二年って出世速度早すぎんだろ!】
         \  \ .\ . /γ⌒     ⌒ヽ\   (       
          \  \ ^/  |         |  ヽ r'"      【下手しなくもどこぞの金髪の孺子並の出世速度である!!】
           Z_ . ヽ、|   ヽ__人__ノ   |  て 
             Z_  \    |!!il|!|!l|    /  ( 
               Z_     |ェェェェ|       r'" 
                 Z、、            ( 
                  ⌒ゝ人/^ゝ人/^ゝ人/^ 

なんでそんなに出世するの早いの?
【1D10:10】
1.一部を除き問題児しかいなかったリバティ空戦隊の運営に比べれば、統合作戦本部の仕事とか簡単すぎた
2.「オペレーションきめえ夫」で証明された作戦立案能力の高さと凄まじい運営力の賜物
3.大物政治家がみんなきめえ夫を軍のトップにしたいと支援しまくったので
4.一部を除き問題児しかいなかったリバティ空戦隊の運営に比べれば、統合作戦本部の仕事とか簡単すぎた
5.大物政治家がみんなきめえ夫を軍のトップにしたいと支援しまくったので
6.オペレーションきめえ夫」で証明された作戦立案能力の高さと凄まじい運営力の賜物
7.大物政治家がみんなきめえ夫を軍のトップにしたいと支援しまくったので
8.一部を除き問題児しかいなかったリバティ空戦隊の運営に比べれば、統合作戦本部の仕事とか簡単すぎた
9.オペレーションきめえ夫」で証明された作戦立案能力の高さと凄まじい運営力の賜物
10.熱烈歓迎



1116方舟の名無しさん2019/09/06(金) 21:36:36.23 ID:QwHET2mI
あっ


1117◆aZtyQTMW122019/09/06(金) 21:47:01.07 ID:NF8HAR4E



                    γ⌒ヽ
              γ⌒ー―ヽ   〉
             /      ヾ○ノ
           /  /´` ̄ ̄ ̄
         /   /γ⌒\ γ⌒ヽ
       /   //  U `~\ ○〉
      / u  //  /⌒ヽ、_ヾ ノ
    /     Y    (
   / γ⌒     ⌒ヽ
  /   |       u | ヽ      ここで熱烈歓迎とか、ダイス監督はリバティ空戦隊をどうしたいというのだろうか
  |    ヽ__人__ノ  |.
  \.  u    ∩ノ ⊃  /       
   (  \ / _ノ |  |
   .\ “  /__|  |
     \ /___ /

なんでそんなに出世するの早いの?
【1D10:7】
1.きめえ夫が飛び抜けて優秀であること以上に、純粋に同盟軍中央の人材不足が深刻すぎた
2.軍中央の腐敗ぶりに激怒したきめえ夫が、組織運営能力をフル活用して上層部の大粛清したから
3.きめえ夫が飛び抜けて優秀であること以上に、純粋に同盟軍中央の人材不足が深刻すぎた
4.ヤン・ウェンリーから色々と高く評価されたせい
5.軍中央の腐敗ぶりに激怒したきめえ夫が、組織運営能力をフル活用して上層部の大粛清したから
6.きめえ夫が飛び抜けて優秀であること以上に、純粋に同盟軍中央の人材不足が深刻すぎた
7.軍中央の腐敗ぶりに激怒したきめえ夫が、組織運営能力をフル活用して上層部の大粛清したから
8.中佐としての初任務が士官学校の教師で、なんか生徒全員きめえ夫の崇拝者になっちゃったんだよね
9.きめえ夫が飛び抜けて優秀であること以上に、純粋に同盟軍中央の人材不足が深刻すぎた
10.ファンブル




1118方舟の名無しさん2019/09/06(金) 22:02:08.79 ID:ipJGtKHD
(おっクーデターのチャンスかな?)


1119◆aZtyQTMW122019/09/06(金) 22:02:14.88 ID:NF8HAR4E

      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈 ● ノ\   /\● 〉
      ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
.      )    Y    (
     /γ⌒     ⌒ヽ\       僕たちが起こした救国軍事革命の影響で、かなりマシになってたはずなんだけど、
.    / u|         |  ヽ     ルルーシュの反乱と帝国との講和妥結で、すっかり以前のトリューニヒト政権並の腐敗に戻っちゃってるね・・・・・
.    |   ヽ__人__ノ U |
    \     `ー'´     /     
    /     ∩ノ ⊃  /       
    (  \ / _ノ |  |        
.    \ “  /__|  |
.      \ /___ /








         ノ L
         ⌒
      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈○ ノ\   /\ ○〉ノ L
       ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ ⌒
       )    Y    (
      /γ⌒     ⌒ヽ\      ま、ま、ま、まったくもって許しがたい所業だ!
     /  |         |  ヽ    い、今の平和は、 ぼぼぼぼくたちが前線で血まみれになりながら、てて手に入れたものだぞ!
     |   ヽ__人__ノ   |        それをなんだというんだっ!この無責任体制の腐敗具合は!!!
     \     `ー'´     /       
     /     `ー'      \ |i.    不幸中の幸いだが、一見したところ上層部はともかくとして、中堅将校は憤りを覚えている人間がかなりいるようだ
   /            ヽ !l ヽi    彼らと結託し、僕たちの流血の塊である平和の花を汚そうとする愚物どもを一掃してやる!!
   (   丶- 、         しE |.
    `ー、_ノ         ∑ l、E ノ >
                 レY^V^ヽ          【こんな具合で、上層部を一掃。二年後に統合作戦本部長の椅子に座ったようです】







































               __
        __,,,;:::-ー'ニ""  ゙ミー-:、
     ,;r'''" -ー = ニミ:、 ミヾ)) ゙ト、_
    ,;f" ''ニ" ̄ー ミヽ ゙'i,) ソ,レ',,ムノ,,} ゙i,        【なお、政治家の反応】
  ,;r' ,,ニ"-'',ニ=''""''''''''''''ヽ<"~    ゙ドl,
  ,l'  " .,i'"   u.    -'゙ゾ     ゙lミl
. ,l'   ,リ              u.  ゙l,゙i,
 .|,  ソ |   ,,        、.,;:'      .V
  `l 〃,|     _,,,,,,三三三三三==ー、}         あれ、これって軽めのクーデターみたいなもんじゃないの?
  ゙レ',ノ' }   ,-'''"_三二゙''''三三7,;'-tテシ ,i'          議会で過激な発言しまくってる新米のマイン代議員より危険じゃない?
   レー、|   .ニ三゙'ー'゙ ア''"ノ三 l;゙三三三 :{.
   {  ヾl, ,,    ゙三三三三三゙l;三三  }
   ゙l、 っ゙l.゙i,         ,,. ゙l:::.   ./ 
    ゙ヽ、_,, ヽ  u.   -''..,,,,___;:'::   |
     :{  ゙l、 `        _ニ_,,,   ;l
      | ゙i.|゙i;     :: ''''''~ー─'''".  .;|
     ゙ヽゝゝ\      ===='''"  ,/i゙l、      【残当な感想だが統合作戦本部長になった後、きめえ夫は極めて政治的中立姿勢を保ち、彼らの猜疑心を沈めた】
      ,イ゙:l、::::. ゙ヽ、    u.     ,r' ! ゙l゙l,
     /i ヘ :::.   `ヽ、,_  _,,,:r'  / ;l \
  ,,:::-'" l:  \  :     ̄     /  |  ゙''ー  
      |:    ゙\         /    |
  .    |.      ゙'ー-、,,__,;:-''"     |
      |        / ゙\       |








1120方舟の名無しさん2019/09/06(金) 22:03:11.13 ID:O9+Hoo3H
軍高官を粛清した上で自分が統合作戦本部長になるってある意味組織内のクーデターやな


1121◆aZtyQTMW122019/09/06(金) 22:06:34.15 ID:NF8HAR4E



              ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ 
             〈 ○ ノ\   人 ○ 〉 
              ヽ彡'  ヽ /  ヾ__ノ 
           .   )    Y    (      
             /γ⌒     ⌒ヽ   \      なお、きめえ夫統合作戦本部長の優秀具合【1D200:113】+【1D117:107】
           . /  |         |  ヽ       (50で平凡。100で非凡。それ以上で稀代の名本部長)
           . |   ヽ__人__ノ   | 
            >     `ー'´     ノ 
          ,r―''''''ヽ, 
      ,r‐' ,、;-‐''''""''ヾ、、 
     / ./     r''"ヽ, \, 
     j l ,. /    '    l   ヽ、 
    ,.Lj∠、'´   , i,    /     `ヽ、 
    l,      / 二'''"    ,;、,     `''ー゙--、 
     /゙ヽ-ッ-‐'´ ./`ツー-‐‐''"´``"'-、,_  ノ 
   /  / ,;∠∠,ノ´ 
../ノ ./ /、,,ィ'´ 
ヽ---ツ  / ノ 
   /  .//´ 
  ./、 ./ 




1123方舟の名無しさん2019/09/06(金) 22:08:22.13 ID:ipJGtKHD
…これひょっとして帝国に奇襲したら勝てるのでは?


1124方舟の名無しさん2019/09/06(金) 22:14:26.86 ID:zEXR0YDi
ラインハルトの銀河統一が事実上不可能になったのでは?50歳そこそこでいけるのだろうか?


1126◆aZtyQTMW122019/09/06(金) 22:17:15.61 ID:NF8HAR4E



    ,.⌒ヽ                  γ⌒ヽ 
    〈● ノ\                ./ヽ● 〉 
     ヽ彡'ヽ            /´ ̄  ヾ_ノ         __ 
       \ \         / /´ ̄ ̄          /ゝ⌒ 
        \ \      / /             ./ ゝ 
            \ \   (  (               .|  | ___      宇宙海賊多発地帯への対処はこのように
            \ \  \.  ̄ ̄ ̄ ヽ        .|  |´    \ 
   _         ヽ  \    ̄ ̄ ̄\ \     /|  |/´ ̄ヽ  \         軍隊の再編に関しては、書類に明記してある通りの点に注意して行うこと
  〃   ゝ        )  )        \ \ / ...|  |     \  \   
  \   ゝ       (  (          )   )'  /|  |       )   }   軍事予算は限られているから、大規模な軍事演習は困難だ
    \  ゝ       \ \        /  / // /       )   }       この新規演習で代替すれば、実質的意義だけを保てば9割方はなんとか・・・・・・
     \ ヽ_____ヽ  ヽ、゚ヽi i i i/゚ /  /// /         )   }           
       .ヽ______二二二ヽヽ//レ  /二_,/           )   } 
           __ノ  /           \            .)   }   退役軍人の不祥事問題? そんなのは法務部に一任だ
          /    ノ.| /     Y    .ヽ  |           /___/      最悪、政府に委任してしまってもかまわないから、軍務に集中して
       /⌒ヽ / ̄  |.(           ..). |          ´ 
       ゞ   )     .| |.           |  | 
         ヘノ     .(9|           .|9)   ゾワゾワ     【きめえ夫直属の部下だった者の多くが証言するように、】
                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ                  【どんな難題でも彼は打てば響く早さで答えを出し、それがだいたいにおいて正解だったという】
                 ヽ ̄ ̄ヽ ̄ / ̄ ̄/            
                  . >__ノ   \__< 








      イ ⌒ ヽ   , ‐ 、
     〈  ニ 人 人 = )
      !、_  ノ  Y /       
      _r j    i (_ ( ;;;;(
    /  γ      ヽ,);;;;)       【しかしここまで優秀な軍トップであるなら、不幸なすれ違い(笑)で軍刑務所に収容された元部下のベジータも救えるのでは?】
    |.   |        /;;/
    |.    !、 ___人_l;;,/      
    /      ∩ ノ)━・'
    (  \ / _ノ´.|  |
    .\  "  /__|  |
      \ /___ /

【1D3:3】
1.もちろん助けたよ
2.【1D10:2】年くらい牢屋で頭冷やせばいいんだ
3.そもそも収監されていることを知らない







1127方舟の名無しさん2019/09/06(金) 22:19:20.28 ID:AUJn3vkN
どんなに優れた人物であっても神ではない。ベジータにとっては不幸だがいい塩梅だ


1128◆aZtyQTMW122019/09/06(金) 22:19:27.55 ID:NF8HAR4E


;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,      ;;          ,,,,,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,
,;;;;;;;;;;;;;;;,,   ;;;;;;;;,,,,,,,    ;;      ,,,,,,,;;;;;;;;;;;;  ,,;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,  ;:
;; ;;;;;;;;;;;;;;;,,    .  ;;;;;,,,,,,     ,,,,,;;;;;;;           ;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,,, . . . ..,.  .;;,,, ,, ,,;;;;      .........,,,,,,,,,, ,,,;;;;;      【きめえ夫が大粛清やって本部長になる前に、
:::;;;;;;;;;;;;;,,,,,,,,,;,,,;,,..,..,....,,,,,,,,,..,;;;;;,,..,,,,;;;,.,,.,,.;,.;;;,,,,,........   ..     ,;        電撃的に収監されたので、きめえ夫は軍刑務所にいることを知らないようだ】
::::::::;;;;;;;;;;;;;;;,,,......    ..,,,;;          ..      .,,,;;; ,;
 ::::;;;::;;;::;.;;;;;;;,,,         ,;             .,,,;;;;;;;;;,,,,,:
;;:;,,.:...:::;;;;;;;;;;;;;;;;,,        ;;;;            ,,,;;;,,,,;;;;;;
;;;;;;;;;;;::::::::;;;;;;;;;;;;;,,,      ,,,,,;;;;;;,::.....               :
,,,,;;;; ,, :::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;,,,    ;,,,,,,.. .. .    .     ;;,,   ,;;;
,,,,;;;;;:::,,,,:::::::::::::::::::::;;;;;;;,,,,,,          .,,;;:::
,,:::;;;::::::::::::::::::::......::::::::::::::::;;;;;,,,,,..;,;;,;;,,....   ,,,::...




1129方舟の名無しさん2019/09/06(金) 22:20:55.11 ID:9eNeuSp0
ベジータに救いはなかった


1130方舟の名無しさん2019/09/06(金) 22:24:54.05 ID:ipJGtKHD
同盟の経済を文字通り焼き尽くし千兆ディナールの被害を出しながら、軍時代の仲間たちが会いに来てくれるのび太
一生牢獄で過ごし誰からも「部署が変わってから音信ないけどベジータどうしたの?」と気にも留められないベジータ
どうして差が付いたのか…慢心、環境の違い


1125方舟の名無しさん2019/09/06(金) 22:16:21.54 ID:AUJn3vkN
わかめにとっての味方がようやく誕生した


1131◆aZtyQTMW122019/09/06(金) 22:29:31.45 ID:NF8HAR4E



>>1125

           r..イ.:.:.:.:.:.:.:.:;.:.:.;.:.:.、:.:.ヽ.\
         ′/.:.:.i:....:.:./`"'i:.:...ヽ:.:.:.::`:.\
        ノノ.:.:.ノ!:.:.ノ   乂:.:.:.`ヽ:.:.:.}:〈
       /(:.:./ (:フ ̄`   ´ ̄了`_:.(:.:.\
      ´ム:.:.廴 {: ̄:}      {: ̄:} Yノ::::...:)     【間桐くんが仲間が欲しそうな目できめえ夫を見ている】
        W´|  ゙ー ′     ゙ー ′ |`;ヽ(
         八_|_            _|_八{`
           ト、 ¨¨ ー―一 ¨¨  ノ!
          ヽ\ _          _/ ノ
           >,二二二二´ィ<
          /: i: : : : :`゙f|l!´: : : : :i :\
          /、: : :|: : : : : : ||l!: iニニコ:!: : :/ヽ
       {\゙_/|: : : : : : ||l!: : : : : :ト、_,''/}
         ̄  ‘,: : : : :||l!: : : : : ,'    ̄
            マ‐- __M__ : -イ
                ‘,: : :| .|: : : :/





      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈 ● ノ\   /\● 〉
      ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
.      )    Y    (
     /γ⌒     ⌒ヽ\     ・・・・・・・・
.    /  |         |  ヽ
.    |   ヽ__人__ノ   |   
    \     `ー'´     /
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ     
    /      ,⊆ニ_ヽ、   |
   /     / r─--⊃、  |
   |  ヽ,.イ   `二ニニうヽ.  |

きめえ夫の反応
【1D10:9】
1.自分は政治家じゃないから、軍事関連のこと以外には関わらないよ
2.愚痴くらいには付き合ってあげるけど、政治家の猜疑心呼び起こしたくない
3.自分は政治家じゃないから、軍事関連のこと以外には関わらないよ
4.愚痴くらいには付き合ってあげるけど、政治家の猜疑心呼び起こしたくない
5.自分は政治家じゃないから、軍事関連のこと以外には関わらないよ
6.外交分野に携わる軍人の人選は間桐の意見を参考に選ぶようにはしている
7.愚痴くらいには付き合ってあげるけど、政治家の猜疑心呼び起こしたくない
8.外交分野に携わる軍人の人選は間桐の意見を参考に選ぶようにはしている
9.自分は政治家じゃないから、軍事関連のこと以外には関わらないよ
10.しょうがないなあ間桐くんは・・・・・





1132◆aZtyQTMW122019/09/06(金) 22:32:50.45 ID:NF8HAR4E


      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ
     〈 ● ノ\   /\● 〉
      ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ
.      )    Y    (
     /γ⌒     ⌒ヽ\       いや、いくら統合作戦本部長とはいっても、ぼくは軍人だよ?
.    / u|         |  ヽ     元同僚の仲とはいえ、特定の政治家と必要以上に親しくしてたらダメでしょ
.    |   ヽ__人__ノ U |
    \     `ー'´     /     
    /     ∩ノ ⊃  /     
    (  \ / _ノ |  |        
.    \ “  /__|  |
.      \ /___ /






           r..イ.:.:.:.:.:.:.:.:;.:.:.;.:.:.、:.:.ヽ.\
         ′/.:.:.i:....:.:./`"'i:.:...ヽ:.:.:.::`:.\
        ノノ.:.:.メ::.:.ノ   乂:.:.:.;メ::.:.:.}:〈
       /(:.:./、(_厶ノ   、__ヽ:{_`ィ:.(:.:.\
      ´ム:.:.廴 {: ̄:}      {: ̄:} Yノ::::...:)
        W´|  ゙ー ′     ゙ー ′ |`;ヽ(     【光明が見えないけど頑張れ間桐君!!】
         八_|   _ .-――‐- .    |_八{`
           l∠___ー‐'__`ヽ ノ!
          ヽ            ノ
           >,____ _ ィ<
            /i: : : : :`゙f|l!´: : : : :i‘,
            ,': |: : : : : : ||l!: iニニコ:!: :',
             {: :|: : : : : : ||l!: : : : : :|: : }
            ト=‘,: : : : ||l!: : : : : ,'==j
           `ーマ‐- __M__ : -イ‐‐′
                ‘,: : :| .|: : : :/




1134方舟の名無しさん2019/09/06(金) 22:33:30.78 ID:AUJn3vkN
この場合軍事で足を引っ張ることがないってのがすごく重要よ。


1133方舟の名無しさん2019/09/06(金) 22:32:59.23 ID:ipJGtKHD
マインの方が仲間に引き込みそうだがスルーしてるのだろうか?


1135◆aZtyQTMW122019/09/06(金) 22:47:06.25 ID:NF8HAR4E
>>1133
きめえ夫が仕事以外の場で政治家を含めた政治活動をする著名人と会うことを避けているのをマインも察しているようです
ただし、マインは固定観念から「実際にやったら仲間になってくれるのでは?」と思い込んでいる節がある


1136方舟の名無しさん2019/09/06(金) 22:48:53.78 ID:ipJGtKHD
>>1135
オイオイオイ、ワカメが倒れるか失脚したら宇宙の平和死なせるわアイツ


1137◆aZtyQTMW122019/09/06(金) 22:48:56.12 ID:NF8HAR4E





 ヽ\ヾx、_\ ヾ ヾ 、ゞ\\ヾ\V从j从j//_ 厶-z从K
  、ヾ\j   | 丁゙゙゙゙!/〃イTー―――`ヽ \´  /从从
    |ゞミ!、ヽ 、 ト!  |从州 ヾi|        ヽ ヽ / /|从!
    从}| | ヽ` ヾ  ヽ \ヾ从         / } ' / / ,|/, !
    |州! ヽ ト、    ` ヾ川      ,/    {{/,/从/
  / / {、  ヽ \ 、       ヽ 、 , /   ,  //>'/从
/ / /、ヾ>x___ 、      ヽ  / / >i´///:从j
 //' , i Vミ彡`'ヾー、zッーァー――‐z::::≦z='イ':彡/彡
  / ∧r人 V彡   `¨¨¨´:::::::`ヾ  i:::::::::::::::::: 彡/::::/j
.../ / ∨ヾ、从'        ´: : :: ゙  : |;;    `:::::/:::/ /    _  z―z_, ―
  ../___V /`V/ :.            l;;.:::.     ::::::':/|/   /  o ◯  o
  /___ヽ  ∧ ゝ、          |;;:::::.   .:::::' j:/< ̄´ _, -   _ /ヽ__
. 厶-----イ`::iーハ ::::::.       、   );;:::::::.. ..:::::' /:ハ二二´_
   __  ミ:::::| :∧ : ::::.      `:::;;`;;:'' ::::::::::::::' !:j:::|ー- _r-、\
 - ''´  ̄ヾ::::!  :∧ .::.       __ :::::_;;;;::::::::::::' ':/:::|     `ゝ、 ` _ー_ , _
       ヾ::::!   ::∧ ヾ 、xー-'´ ̄::::: ̄::ヽ::;'.://::::::!        ヽ´ )゚  o
      从::|   :::::丶  ´ ...::`三三:::`..:::'//::::::::|、
     ,..</::`ーz-...ゝ:::`ー、     `ヾ::... ,.:' 〈:::::::::::i::::丶、
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ \.    _,.:':::::::::ノ::::::::: :::、::::::::丶__ _
  {::__, -、_::::::::、:::::::::::::::. \ ::: ̄ ̄:::::::::::/:::::::::::: ::::}:::::、  >‐::>‐丶、
 ´:::::::::::::::― ミ:::::::ヽ:::::::::::::::. ヽ::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::: :::::::::::::::ノ::::::ノ:::::::::::::::\
【リバティ空戦隊撃墜スコアランキング4位 スネーク中佐 本編終了時通算撃墜スコア967】
リバティ空戦隊にいた3人の小隊長の中では、一番普通の意味で小隊長らしかった軍人(残りの二人は部下に部隊運営ほぼ丸投げしている)
パイロットとしてチートクラスであることを除けば、一番軍人らしくもあり、本編では見せる機会がなかったが、白兵や艦艇運営も平均並にはできる
およそ、軍人以外の生き方が思いつかない人物だが、これといって軍国主義者というわけでもなく、かなり異なる思想への受容性が高い
かつて自分の小隊に居たパイロットが2人いたが、どっちもろくでもないことをしでかして元上官として頭を痛めている
なお、平和の世にあって、彼の軍内での立ち位置は・・・・・


【1D10:3】
1.国防委員会情報部の工作員
2.フェザーン方面軍警備部員
3.特殊作戦部隊員
4.フェザーン方面軍警備部員
5.特殊作戦部隊員
6.国防委員会情報部の工作員
7.フェザーン方面軍警備部員
8.特殊作戦部隊員
9.国防委員会情報部の工作員
10.熱烈歓迎





1138方舟の名無しさん2019/09/06(金) 22:52:07.42 ID:NQHe9MsX
ダンボール部隊員か。


1139◆aZtyQTMW122019/09/06(金) 22:57:34.48 ID:NF8HAR4E




                   ,、ゾ`´彡,
                   ミ_ミli|lli!!彡仁ヽ
                   }三テニzノ)ヾ:\
                 ,>-久ん゙´,、ミ゙ゞ,=ゞ、I_
            _,,r=´、__|i丶 ゙ヾli!ミ´ ヽ,::::::::::::.\    統合作戦本部直属の汚れ仕事専門部隊にて、活躍しているようです
           O`;゙ソーL  /ノl      L:::::::::::::.}     ・・・・間に何人か上司が挟まってなければ、ベジータの釈放をきめえ夫に頼めたかもしれない
                {ミ:彡}ニ  }ゝ、_______/ゝ_/
               ` ̄ {彡´丿圭圭ミゞ   ,)
                   ヘヽ>圭圭圭|il/´ヾ)、
                    |: : ┌-┐.┌-┬´o」
                     !O├[]┤├[]┤`´.|
                    ノ: : :|   |: .:|   i! ノ
                    ,}=! :└-┘:└-┼´
                  /..i:i  / ̄ ̄ ゙̄ソ
                   /:::::::ヾ /       /
                /´::::::::::/⌒ー-、  /
                l`:::::::::::::{::::::::::::::::::::ヽ/
               〈:::::::::::::::::|:::::::::::::::::;/
                ヽ、:::::::::::}::::::::::::::::ヘ
                 \;;/ k___{
                   \ゝ´IWNNMI
                    \ヽ ̄ ̄´|
                      ヽ!,   |
                    r=<゙ i,  |
                    `ー―-}  |
                       _∧   {
                     ノ´   __j!
                     `-=<´
平和な時代の特殊部隊のお仕事は?
【1D10:7】
1.犯罪集団を装っての間引き
2.政府および軍の高官護衛
3.少数精鋭での反社会的組織の首脳部暗殺
4.様々な仮面をかぶって国民の間引き
5.少数精鋭での反社会的組織の首脳部暗殺
6.政府および軍の高官護衛
7.少数精鋭での反社会的組織の首脳部暗殺
8.政府および軍の高官護衛
9.様々な仮面をかぶって国民の間引き
10.熱烈歓迎




1140方舟の名無しさん2019/09/06(金) 23:01:41.23 ID:ipJGtKHD
間引き多いけど大丈夫?軍部が暴走してスタジアムの虐殺起きたりしない?


1141◆aZtyQTMW122019/09/06(金) 23:02:38.37 ID:NF8HAR4E






           ,.  ' ´ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|         【ルルーシュの反乱の間隙をついて、雨後の筍のごとくに大量発生した反社会的組織の指導者たちを】
       ,.  ' ´     |                |
      |        |      ┌―――┐      |
      |        |      └―――┘      |
      |        |                |    【高度な気配遮断能力と変装力をもってして近づき、首脳部を排除する】
      |        |                |
      |        |                |
      |        |                |
      |        |                |    【それが対帝国戦争終結後の特殊作戦部隊の主な任務である】
      |        |                |
.      / ̄   ‐-  .,_|___________|
   /          / \                 \
    \         /: : : : :_\                \
..    \     /∧: : //∧ \               \
.       \/ //∧//////!|//\                \
          ヾVソ \///ノj///∧ 、                 \
                 ̄  `ヾ///〉  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                      ̄






           ,zlill|lミllk`ヾ;、
           ソ三ミヾlii!";彡l
          ミ;:ミミゝli!";__ン,ー―-z
           ,゙| ̄ ̄レ   ,k`ニニニ_
           | ト、__zkツ;ソ―-―--゙
         /´k.i:.`´ l{, ヽ..:トーヘ___
        /゙  ,/ヽ;...― -:../| `Y´::::/` `ー 、
        /   {  \;;;;;// i!゙::::/   /   ヽ
        /   ヾ、,{´ ,-―-<;;;;/   /     `k
       }   /l \_l  ̄7 彡ミヽ、  》      l     この種の作戦でのスネークの優秀度【1D200:23】(50で普通。150以上でチート)
      ,k__「ニに/olI ノ`゙´ーヘ>\   I      〉
     ∠,--zヘゞヘ |`´∨   |:ヽ::\\`゙<      }
      i/:::::::::::::::ニ{ \    r,´゙ヘ;::\\::::>、_,==ソ、
      |::::::::::三三{  ,}    |、 ヽ、\::ニ゙:::::::::::::.\―j
      ヽ―´゙´    「 ̄ ̄「ニヘ \ ヽ::::::::::::::::::::::::::::{
              |     |-[]--ヘ丿-[\_:::::::::::::::::丿
             └―-┤   | |     |ー―-´|
              」 H └――i_.|___|!   /
          ,<´ ̄ ヘフ    ヾ∥      ヽ+-´
        /      i/,i|  /\7         `l
      l´ ̄       く   ヽ´!         〈
    ,<           ヾ、 _//         |
  __,z彡ヾ             ヾ」           〉
/´:::::::::::::::.\          ____z´I         /
|::::::::::::::::::::::::.ヘ_____,z>-―´     ,{        {





1142方舟の名無しさん2019/09/06(金) 23:04:35.13 ID:AUJn3vkN
性欲を持て余しすぎたか


1143方舟の名無しさん2019/09/06(金) 23:05:36.59 ID:ipJGtKHD
表の空気を吸い過ぎて裏の技術が鈍った的な奴だコレ…下手したら死ぬ数字だ…


1144◆aZtyQTMW122019/09/06(金) 23:07:04.92 ID:NF8HAR4E

     ゞミミヽ;::;:;'';:;'ヾ,jk
   .:y`.::;;;:::::::::::.:. :. : .:.: .:`、
  `ヾヾ `、.;:;:;:;::;:::l:::.:.:.:::.:.`ヽ
  :.;:;`、ヽ  .:::;:;;;jj;;i.:;:;;;:;ノソソイ
 ゙ミミミヽ``.:.:;:;:;;:;川.::::::::;ィイイソ     【おい! ぜんぜんダメじゃねぇか!!】
  1`ミミミ''" ̄ ̄`¨`ー_-≦イイ
  ;:::::::::.:.:.:. .    ̄ ̄`二二!
  i;;;:;:.:.___,,,、、、--ー─〈
  !ミミヾ;:;::=zzrーr.:.:;:;rzェ;;;;: jリ     この俺が任務失敗どころか何度か死にかけるなんて、そ、そんなバカな・・・・・
  ゙、ヾ `::、``".:::i ``  ̄´ ,イ!
   `、 .:::. .::::::L    /レ!
   / ト、.::::::. .:.:::'′  / /jL
 ,.イ.:.::l:::、.:;;;;;;''ニニニ''ー' ,/.:i::::::ト、
 /|::::::1::.ヽ:;;;;:'""` .::;/.:.::|::::::j!::ヽ
 N::::::::ヽ:::::\;.:_, ..イ.:://::::/.::::::i`''ー
 !::ト、:::::::::\:::::::::::::::::::::レ':::Y.:.:::::/l:::::::







      イ ⌒ ヽ   , ‐ 、 
     〈  ニ 人 人 = ) 
      !、_  ノ  Y /        
      _r j    i (_ ( ;;;;(   
    /  γ      ヽ,);;;;)       【でもリバティ空戦隊だったということで、スネークの進退を消める決断がなぜか統合作戦本部長にまであがった】
    |.   |        /;;/ 
    |.    !、 ___人_l;;,/       【元同僚のダメっぷりに対するきめえ夫大将の判断は・・・・・】
    /      ∩ ノ)━・' 
    (  \ / _ノ´.|  | 
    .\  "  /__|  | 
      \ /___ / 
【1D4:3】
1.もうしばらく様子を見よう
2.配置換え
3.配置換え
4.解雇




1145◆aZtyQTMW122019/09/06(金) 23:10:07.77 ID:NF8HAR4E

      ,.⌒ヽ      γ⌒ ヽ 
     〈 ● ノ\   /\● 〉 
      ヽ彡'  ヽ /   ヾ_ノ 
.      )    Y    ( 
     /γ⌒     ⌒ヽ\     ・・・あきらかな人事ミスだね、これは
.    /  |         |  ヽ   スネーク中佐の次の配属先は【1D5:5】にしよう
.    |   ヽ__人__ノ   |    
    \     `ー'´     / 
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ      
    /      ,⊆ニ_ヽ、   | 
   /     / r─--⊃、  | 
   |  ヽ,.イ   `二ニニうヽ.  | 


1.イゼルローン要塞
2.フェザーン方面軍
3.イゼルローン要塞
4.フェザーン方面軍
5.駐帝国高等弁務官府駐在武官




1146◆aZtyQTMW122019/09/06(金) 23:12:59.59 ID:NF8HAR4E

     /::ノ ::::::: /::/:::::::: /_l ::::::廴     /::彡´ ヽ:::::::: }:::::::::::{、::::::: (
     `¨/ ::::::::::::::/ :::::: 〈   `ヽ;::: /    ヽ::: 〉_ ,,_  人::::::::::::ヽ::::::::::: 〉
.      /::::::::: / :::::ヽ、_::::ヽ -- l::/`.     ´〉/  _  ̄` `ヽ:::::: /:::: /
     `ヽ,::::::::::::::: 〈  }:ソzZ:≧{’_      /´ zZ三≧x   /:::: /:::::::{
       Ⅴ:::::::::::::::ヽ/《 ⊃:i:::/ `     ´ ⊃:i:::/  》 ./ハ::/ヽル′    軍から使える人材がきたぜえええええええ!!!
.         }ハ:::rヽ:::: /  ` `¨¨´.     /l    `¨¨´  ´   .// l        イェーイ♪───O(≧∇≦)O────♪  
.          j ヘl {:∨: : .       / :|           /′ |
            | ヘ:{ : : :       ヽ::::l           / / /
.          ヘ  `: : :  r-____ __ _ ノ,     /  ./
           ヽ  ',: :   l` v ー… - ― v /     /  /
            ハ、_、: . ヽ、___ _ ,彡 ’   /イ¨´
               }::.. : .     ー―      /::::}




  ▓▓█▓▓█▓▓██▓███▓▅
  ██▓█▓█▓▓█████▓█▓▌
▐███████▓█▓████▓██
 █▀  ▀▓▀▓▓▀▀▀▀▀▀▓█▌
▐▓    ▓ ▓█▓▓▓██▓ █
 ▀▓▆▅▃▂  ▓█▓▓██▓▅█▌    あ、俺、精神的にやばくなるフラグを感じる!!!
 ▓█ ▀▇▅▀█▓▆▆▀▇▅▀█▓
 ▌▓▊▓  ▃▓▀ ▓▓   ▓▊
 ▀▓▌▓     ▓█▓  ▓█▅
 ▅▓▓▍▓   ▀▅▓▀▓ ▓█▓▌
▐ ▓▓▌  ▃▅▅▅▅▓▓▓█▓▓
 █ ▓██ ▓▃ ▀▀▓▓██▓ ▌
▐▓ ▀▓█▆▓▂  ▓▓█▓▀ ▓
 █▓▅  ▀▓▓█▇██▓▀  ▓▌
▐▓▓▓▅   ▅▓██▓▂▃▅▓█
 █▓█▓▓▅ █▓▓█▓▓▓▓▓▓▌
▐█▓█▓▓▓█▓▓█▓▓▓█▓█▓
 ██▓█▓▓▓▓▓█▓▓██▓█▓▌     【きめえ夫の粋な計らいである】





1147◆aZtyQTMW122019/09/06(金) 23:14:34.60 ID:NF8HAR4E
今日はここまで。残るリバティ空戦隊員は撃墜スコアランキングトップ3の猛者ばかりですが、覚悟はよろしいかな?


1148方舟の名無しさん2019/09/06(金) 23:15:14.13 ID:ipJGtKHD
なんだっけ。ヤバくなったら機密燃やして軽いテロ起こして、適当な船に密航して逃げる仕事だっけ?


1150方舟の名無しさん2019/09/06(金) 23:18:22.03 ID:ipJGtKHD
乙です
いよいよ主役の登場か…(どんな酷い末路が待ってるのか)オラ、ワクワクしてきたぞ!


1152方舟の名無しさん2019/09/07(土) 10:44:59.32 ID:J//l+lev
乙でした。

古代が悲惨すぎる……ワープドライブが修理できて帰ってくることができればそれだけで人類の歴史に残る
偉業というか、マゼランやコロンブスに並ぶのに……。
(ハイネセンには並びようがない)


関連記事
スポンサーサイト



[タグ未指定]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yaruowohiroiyomi.blog.fc2.com/tb.php/3176-5115fb55