やらない夫は人気者のようです やる夫番外編 アイツにちょっかいをかける理由

170◆2k1ML.3QRw09/03/16 02:34:09 ID:OF6udVAP
  \  /
   X   
  / ∩
/ ( ⊂)     ____
   | |.    /⌒  ⌒\
   トニィ'  /( ●) (● ) \     やる夫番外編
   |   / :::⌒(__人__)⌒::::: \
   \ |     |r┬-|      |   「アイツにちょっかいをかける理由」
     \\_  `ー'´    _/
      / イ( /  /   \
     /  | Y  |  / 入  \
     (   | :、 |  / /  ヽ、 l
      j  | :   | / ィ    |  |
     くV ヽヘ_ ヽ  \  仁 」
          ー 〕   \  〉(⌒ノ



171◆2k1ML.3QRw09/03/16 02:34:25 ID:OF6udVAP
────────────────────────────────
やる夫は、寂しい人間だお
────────────────────────────────


       ____
    /      \     
   /  ─    ─\    
 /    (●) (●) \   やる夫は、何をしてても楽しいと感じたことがないお。
 |       (__人__)    |    
 \     ` ⌒´   /      
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


172◆2k1ML.3QRw09/03/16 02:34:40 ID:OF6udVAP
          ____                
        /_ノ  ヽ、_\              無理やり面白そうに振舞っても………
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o      ミ ミ ミ 
/⌒)⌒)⌒. ::::::⌒(__人__)⌒:::\   /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|    | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒)    | |  |   /  ゝ  :::::::::::/
|     ノ     | |  |   \  /  )  /
ヽ    /     `ー'´      ヽ /    /
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


          ____               
        /_ノ  ヽ、_\               常に何処で虚しさを感じてるお
 ミ ミ ミ  o゚((○)) ((○))゚o      ミ ミ ミ 
/⌒)⌒)⌒. ::::::⌒(__人__)⌒:::\   /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|    | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒)    | |  |   /  ゝ  :::::::::::/
|     ノ     | |  |   \  /  )  /
ヽ    /     `ー'´      ヽ /    /
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


173◆2k1ML.3QRw09/03/16 02:35:06 ID:OF6udVAP
────────────────────────────────
この寂しさを理解してくれるヤツは、誰もいないと思ってたお。
やる夫は、一生この虚しさを抱えて生きてくと思ってたお。

でも、高校に上がって”変なヤツ”を見つけたお。
────────────────────────────────


        ll _  . / ̄ ̄\
    ...  `ll´ ./   _ノ  \   ┼
          |    (⌒)(⌒)     ソイツは常に眩い笑顔をしてたお。
       十.. |     (__人__)      その笑顔の周りには、常にたくさんの人がいたお。
             |     ` ⌒´ノ ll _
              |         }.`ll´   運動も勉強も出来て、
           + .ヽ        }      誰にでも優しくするいけ好かないリア充野郎………
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\:::::::::ヽ|||||::::: /::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||::: /::::::::::|:::


────────────────────────────────
最初はそう思ってたお。
でもある日、やる夫は見たんだお
────────────────────────────────


174◆2k1ML.3QRw09/03/16 02:35:20 ID:OF6udVAP
【二年前 VIP高校 昼休み 1年B組】
_______________________,,..-''"   , 
               ...__           ...|  .,,..-''| 
__________ ||(l||l)| ______  | ||,,..-''   
              ||.└─┘ l|         ||  | ||二l.
 もう恋なんてしない  ||     || ま       ||  | ||  |
              ||     || た   始 ||  | ||  
  どんなときも     ||     || 冬    ま ||  | ||  
          _ ...... ||     || が    る ||  | ||  
______[l_l]___||     ||_ ___よ_.||  | ||  
___________]    .|]______]...| ||  
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|                      | ||  
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .「  _______    _______|_..||  
        |  L   ___  \  \   ___ "''-..
        |__..|| ̄[     ]  ̄||__..||、|| ̄[     ] ̄|
        |   || ̄ || ̄ ̄||  ̄||   || .l| ̄ || ̄ ̄||.. ̄


175◆2k1ML.3QRw09/03/16 02:35:35 ID:OF6udVAP
  | |            rィZぃ
  | |          _弋二ソ_ 、、、_
  | |      ,. '´_, ---- 、 ̄ヽ`ヽ、
  | |     //       `ヽ \ ハ
  | |    /´   l    l  |  l \| ハ
  | |    /  l | !   lヽ |ヽ_| |\l/| 
  | |    !   l | ル、  l / l ! !/\jl 
 __j__j__  | l l/l ̄「 丶j ィ⌒ヽ| |l l  !  
 !rーォ |  Vl l z:=ミ    ゝ 丿l! !l |  i   それじゃ、やらない夫
 !辷:チ|   l| ト ,,,,,, 、   ,,,,,,,ノ| l|| ', 
 TxxxT   ハ  ト、  r ¬   , | |     ヽ  また後でね♪
  !xxxj ー―┐、|> 、 ー'  イ | l     ヽ 
   ̄i       l/\ ー く 氷 ゝ」ー!/ー‐ 、    ヽ
    |      |   l  ト/ | _ノ / /      l    ヽ
    |      l  l  l 薔 /     / ̄ )_  l
    └「 ̄ヽ. 」  /  l l /  ヽ  / / ̄__丿 ll
     /  ノ」   !    ゝ'     ,/    '´ , `!  l|


        ll _  . / ̄ ̄\
    ...  `ll´ ./   _ノ  \   ┼
          |    (⌒)(⌒)    おぉ
       十.. |     (__人__)    また後でな
             |     ` ⌒´ノ ll _
              |         }.`ll´
           + .ヽ        } 
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!


176名前なんて無いだろ常識的に考えて09/03/16 02:35:46 ID:BCKLHFTo
お なんか始まってる


177◆2k1ML.3QRw09/03/16 02:35:59 ID:OF6udVAP
────────────────────────────────
アイツが水銀塔を見送る瞬間を、
やる夫は「リア充とかマジで死ねお」と思って見たんだお。
心の中でアイツに呪いの言葉を呟いてたお。
────────────────────────────────

          ____
        /      \   
       / ─    ─ \  
     /   (●)  (●)  \ 
     |      (__人__)     |   (リア充とかマジ死ねお
      \     ` ⌒´    ,/    エロエロエッサイム
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ     エロエロエッサイム)
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |

────────────────────────────────
でも、振り返ったアイツの顔を見て、
やる夫は呪文を唱えるのを止めたお。
────────────────────────────────

         クルッ / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ○)(○)
          |     (__人__)    …………
             |     ` ⌒´ノ
              |         }
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!


178◆2k1ML.3QRw09/03/16 02:36:43 ID:OF6udVAP
────────────────────────────────
さっきまで笑顔だったその顔は、
この世の全てを憎んでる様な歪な目をしてたお。
────────────────────────────────

        ll _  . / ̄ ̄\         でも次の瞬間には、
    ...  `ll´ ./   _ノ  \   ┼     何時も通りの笑顔になってたお。
          |    (⌒)(⌒)
       十.. |     (__人__)
             |     ` ⌒´ノ ll _
              |         }.`ll´
           + .ヽ        } 
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!

────────────────────────────────
不思議だったお。

どうして、あんなに恵まれてるヤツが、
あんな無機質な目をしてたのか?

この時、初めて”やらない夫”と言う人間に興味を持ったお。
────────────────────────────────


   _____________   やる夫は、やらない夫を観察してみたお。
   |__/⌒i__________/|   得に深い意味はなかったお。
   | '`-イ   ./⌒ 三⌒\       |   ちょっとした好奇心だったお。
   | ヽ ノ  /( ●)三(●)\ジーッ |
   |  ,| /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  |
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


179◆2k1ML.3QRw09/03/16 02:37:14 ID:OF6udVAP
────────────────────────────────
そしてやる夫は、四つの事に気が付いたお。

一つ目は、アイツの笑顔は常に同じだと言うこと。
二つ目は、アイツは不自然なまでに親切なこと
三つ目は、時折、この世の全てを憎むかの様な目をしてること

そして四つ目………
────────────────────────────────


           ll _  / ̄ ̄\
         .`ll´/   _ノ  \   ┼
           |    (⌒)(⌒)     アイツが、やる夫と同じだと言うこと―――
 .      十   |     (__人__) ll _
            |     ` ⌒´ノ`ll´
 .           |         }   
 .        +  ヽ        }
               ヽ     ノ
            _,/(  `' 、 _゙T
   _, 、 -― ''"::l:::::::\   ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!


180◆2k1ML.3QRw09/03/16 02:37:30 ID:OF6udVAP
────────────────────────────────
普通、笑顔には何種類かあるお。
────────────────────────────────

           /:.:.:_:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.l:.:.〉:/:リ:ヽ、
           ノ:.'´_:._`:.、:.;、ヽ:.:./:/:/'ノ:.:.:.:.i   ちょっと嬉しい時の笑顔や
          ノ:´:.:.:,:/:rゝ/;tYl:Vム;.Y、ー':.ヽ;!
            l:.:,r:'´Y/   l:l ``′ ';.l ヽト:.:.:.:',
         )k/:./l;'.__  l:!     リ ._リ';.`Y
         〉-;.:'l l _`ヾ、 _, 、, r'´_/. !r-!
         l 'Y';.l ´ 赱〕``    '近l ` リ< !
         ヽ.ヽヽ.       l     ,'-,ノ
           `';Y',     l,     ,' ´
           ,.rハ'´`丶、__ _  , ' __
             /: ヽ \   ヽー  /〉′.〉
        /:ヽ: : ヽ l  .!- ィ' 〉′ /ヽ、
        /: : : : ヽ: : :,ツ__ ...'`-'.、'  /ヽ: : :`:、.、
    ,. :':´:-: 、: : : : :ヽ:〈       !ヽ .l:_: : :>: : : !:.',
   f'´: : : : : : : :\: : :',:ノ ` ̄ ̄ `ヽ,' li: :`丶、: : :l: :l
  i: : : : : : : : : :-: :_ヽ: '、 ー----、ノ,イ l: : : : l: : :!: :.l
  !: : : : : : ; :-:-: : : `/:.!l     ' ,ll!:::', l: : : : !: :.l: : :!
  !: : : :./: : : : : : : /: : ',ヽ、ー ''ノ:!l::::',l: : : : l: :l: : : i


              /.::、:;::::::::::::::::::::::::;:;::.ヽ
  ┏┓  ┏━━┓  ,!:::;/゙l:/゙l:i''`'゙ヽ;:f'ヘ;;:::::〉.   ┏┓┏┓┏┓   凄く嬉しい時の笑顔
┏┛┗┓┃┏┓┃ 〈::ミl. |L,_|:l    _}!__.lミ::{    ┃┃┃┃┃┃
┗┓┏┛┃┗┛┃┏.}_;{. l|__.|!ヽ  '゙,|!_ l;:::}━┓┃┃┃┃┃┃
┏┛┗┓┃┏┓┃┃{ ゙i| ' ・`    ' ・ ` |!'゙!  ┃┃┃┃┃┃┃
┗┓┏┛┗┛┃┃┗.ヽ,|  ̄ 、l,   ̄ i,,ノ.━┛┗┛┗┛┗┛
  ┃┃      ┃┃   .l、゙ |ー==.=-イ`.,!     ┏┓┏┓┏┓
  ┗┛      ┗┛    ,ゝ レ.⌒⌒.リ ,/     ┗┛┗┛┗┛
        __,,,  -‐'''7~:.i ヽ.゙ー==‐'゙.∧`、ー- ,,,,__
       /゙: : : : : : :./: : :| ,ィヾー‐イ゙ |: :ヽ、: : : : : ヽ.
       /: : ヽ: : : :./: : : .l /iヘ;}_ ,,/;;゙、 l : : ;ゝ: : : :/: : ヽ
       { : : : :`、 : : \/|!. ゙'、{;;;;}ィ゙ ヘ}\/ : : : :/: : : : i
        ! : : : : :ヽl: /.: : l  l::::|.  l : : :\: i/: : : : : l
        l : : : : : :ヾ:.}: : : : |  |:::::|  .|: : : : :/: l: : : : : :.|


181◆2k1ML.3QRw09/03/16 02:37:56 ID:OF6udVAP
でもアイツは違うお。
────────────────────────────────


        ll _  . / ̄ ̄\       
    ...  `ll´ ./   _ノ  \   ┼
          |    (⌒)(⌒)
       十.. |     (__人__)     アイツの笑顔は、何時だって同じだお
             |     ` ⌒´ノ ll _
              |         }.`ll´
           + .ヽ        } 
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!


        ll _  / ̄ ̄\
      `ll´ /   _ノ  \   ┼
         |    (⌒)(⌒)      どんな時だって、その笑顔は眩いまでに輝いてるお
      ┼ |     (__人__) ll _
         |     ` ⌒´ノ`ll´
         |         }    
       +  ヽ        }
           / 、  ヘミ|
        /,` 、` -`,--` ,
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;::::: `l|、
;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l
;;;く   ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;/


182◆2k1ML.3QRw09/03/16 02:38:32 ID:OF6udVAP
────────────────────────────────
でも、それは裏を返せば
”どんな時だって同じ感情”だと言うことだお。

それに気付いた時、やっとやる夫は理解したお。
────────────────────────────────


        ll _  . / ̄ ̄\
    ...  `ll´ ./   _ノ  \   ┼
          |    (⌒)(⌒)
       十.. |     (__人__)      アイツの笑顔が………
             |     ` ⌒´ノ ll _
              |         }.`ll´   
           + .ヽ        } 
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\:::::::::ヽ|||||::::: /:::::i:::|


            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ○)(○)
          |     (__人__)   嘘で作られた虚しい仮面だと言うことに
             |     ` ⌒´ノ
              |         }
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!


183◆2k1ML.3QRw09/03/16 02:38:51 ID:OF6udVAP
────────────────────────────────
アイツとやる夫の共通点………
それは………
────────────────────────────────


  \  /                 \  /
    X   / ̄ ̄ ̄\           X
  / ∩ / _ノ   ヽ、 \        / ∩
/ ( ⊂) |  ( ○)(○ ) |      / ( ⊂)     ____     人生を楽しんでないと言うことだお
     | |.|  (__人__)  |         | |.    /⌒  ⌒\ 
    トニィ'|   `⌒´   |        トニィ'  /( ○) (○ ) \
    |    |         }         |   / :::⌒(__人__)⌒::::: \
    \   ヽ        }         \  |     |r┬-|      |
     \  ヽ     ノ           \\_  `ー'´    _/
        ン ゝ ''''''/>ー、_           ン ゝ ''''''/>ー、_
       / イ( /  /   \        / イ( /  /   \
       /  | Y  |  / 入  \     /  | Y  |  / 入  \
      (   | :、 |  / /  ヽ、 l     (   | :、 |  / /  ヽ、 l
       j  | :   | / ィ    |  |      j  | :   | / ィ    |  |
       くV ヽヘ_ ヽ  \  仁 」     くV ヽヘ_ ヽ  \  仁 」
        ー 〕   \  〉(⌒ノ        ー 〕   \  〉(⌒ノ


184◆2k1ML.3QRw09/03/16 02:39:36 ID:OF6udVAP
────────────────────────────────
自分と同じ虚しさを抱えてるアイツに、やる夫は親近感を持ったお。

そして、アイツにちょっかいを掛け始めたんだお。
これが、やる夫がアイツにちょっかいをかける理由だお。
────────────────────────────────


      ____
    /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\    や~らない夫♪
 / ::::::⌒(__人__)⌒:::::\ 
 |        ̄      |  やる夫と一人将棋を一緒にやるお
 \              /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、. 
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |


        ll _  . / ̄ ̄\
    ...  `ll´ ./   _ノ  \   ┼
          |    (⌒)(⌒)    ハハッ、なんだそれ?
       十.. |     (__人__)    やる夫は面白いヤツだな
             |     ` ⌒´ノ ll _
              |         }.`ll´
           + .ヽ        } 
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\:::::::::ヽ|||||::::: /:::::i:::|


185名前なんて無いだろ常識的に考えて09/03/16 02:40:52 ID:BCKLHFTo
やる夫は知ってるんだな・・・


186◆2k1ML.3QRw09/03/16 02:42:45 ID:OF6udVAP
────────────────────────────────
最初の内は、笑顔で接されたお。
どんなことにも笑顔で答えるアイツとは、正直話してて虚しいだけだったお。
まるで地蔵に話し掛けてる気分だったお。

だから、やる夫はこう思ったお。
────────────────────────────────


       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  / o゚((●)) ((●))゚o \
  |     (__人__)    |  常に笑顔で話すヤツなんてつまらないお………
  \     ` ⌒´     /



       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \  地蔵に話し掛けてるのと同じだお
  |     (__人__)    |  馬の耳に念仏、犬に論語だお!!
  \     ` ⌒´     /



       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  
  |     |r┬-|     |  だから、アイツの笑顔をぶっ壊すお!!
  \      `ー'´     /


187◆2k1ML.3QRw09/03/16 02:44:44 ID:OF6udVAP
────────────────────────────────
結果的に言うと
やる夫の作戦は大成功だったお
────────────────────────────────


    |┃三 ガラッ
    |┃  ____
    |┃/⌒  ⌒\   
    |┃(●)  (●) \    やる夫のちょっかいがエスカレートしだして
――‐.|┃:⌒(__人__)⌒:::::\   
    |┃  |r┬-|     |⌒)  
    |┃   `ー'ォ     //
    (⌒ヽ・    ・ ̄ /
    |┃ノ       /
    |┃   つ   <
    |┃  (::)(::)   ヽ
    |┃/    >  )
    |┃     (__)



    |┃
    |┃  ____
    |┃/⌒  ⌒\       
    |┃ (―)  (―)\      アイツが限界を迎えた時………
――‐.|┃:⌒(__人__)⌒:::::\   
    |┃           |
    |┃          /
    |┃ヽ・    ・ ̄ /
    |┃ \    ,.:∴~・:,゜・~・:,゜・ ,
    |┃ヽ_)つ‘∴・゜゜・・∴~・:,゜・・∴
    |┃  (::)(::)  ヽ    ・゜゜・∴~゜
    |┃/    >  )    ゜゜・∴:,゜・~
    |┃     (__)    :,゜・~:,゜・゜゜・~.


188◆2k1ML.3QRw09/03/16 02:45:00 ID:OF6udVAP
────────────────────────────────
やる夫は、
初めてやらない夫と言う人間と話したお
────────────────────────────────


   / ̄ ̄\
 /ノ( _ノ  \ 
 |,'⌒ (( ●)(●)    
 |     (__人__)     いい加減にしろッ!!!
 |     ` ⌒´ノ ,rっっ                    ,
/"⌒ヽ   ソ,ノ .i゙)' 'ィ´                `    ,. ____
      ゙ヾ ,,/ { ) 丿             ,  ゜;,/⌒    ⌒u:::\ 。
 ィ≒    `\ /'ニ7´     スパァァ────/(◯.;); :::::、;(;.◯));:'::::ヽ‐─────‐‐ ン
/^ヾ      \ ./              ゚ ;i`、 ⌒:(__人__) ⌒:::::;;,´:::|   .
   }      __\___ ___   ____´_;;{   ;` j|r┬-|:;〉::,,゚, 。;;:;;|ミアミーゴッ!!!
   )ンィ⌒ ̄" ̄ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄ニ≡┴‐ー-,==ー--ァ人て゜ ゚;:,::|: ゜ .
   ノ/             ≡''        ;;;;(( 三iiii_iiiiiii)))))て,,;;/  。  ;
   ヾ         _____=≒=ー────;‐‐ ̄/i'只 ̄/ ̄|Y‐-<` `
    \、   ー ィ⌒ ̄            //   > |≡| / <〃  ヽ


                             (
                 / ̄ ̄\        )
               / _ノ  ⌒ \      (,,
               | ( ●) (●) |     .l;l    
              . |   (__人__)  |  _,_,|,|_,    毎日付きまとって来てウザイんだよ
                |   ` ⌒´  |, ト-=y  丶   いい加減にしてくんないか?
              .  |         }  ヽ `i, ̄‐^l   
              .  ヽ        }   ヾ~ `  i, 
                 ヽ     ノ _   ヽ、   ;i,  
                ,,_,i     y,ソト,,__  ヽ、   ;i,
               ,/r-'"j  / / ii, `ヽ、-x,,゜r  ;i
            ,,/'/__.L、    /ヾ、"i   `ヽ `;i  i,
          ,/  /_iーヘ,ヽ、 , /i" ヽ、 i     `、'i   iヽ、
         _,) ヽ "   ネメ、_ii"~        _Yri   l, ヽ、
        _,,,>t 、ヾ、    ゞ;;/         /  ,¬    V⌒l
       ,y`;,,__   ,i     /ii'         / r-/|    l l
    _/^,,,  ヘ  l    /iil        /  l"v' y     }  l
 v=4⌒ヽ、 j  --,,,if   /iii|       ,,  〈-ヘ_,、 <、    /  i|


189◆2k1ML.3QRw09/03/16 02:45:47 ID:OF6udVAP
────────────────────────────────
蹴られたのは痛かったけど、
それ以上に嬉しかったお。
────────────────────────────────


                             (
                 / ̄ ̄\        )   アイツの仮面を崩せたことが………
               / _ノ  ⌒ \      (,,    
               | ( ●) (●) |     .l;l     
              . |   (__人__)  |  _,_,|,|_,   な、なんだよ?
                |   ` ⌒´  |, ト-=y  丶  そんな見つめたって許さないぞ
              .  |         }  ヽ `i, ̄‐^l   
              .  ヽ        }   ヾ~ `  i, 
                 ヽ     ノ _   ヽ、   ;i,  
                ,,_,i     y,ソト,,__  ヽ、   ;i,
               ,/r-'"j  / / ii, `ヽ、-x,,゜r  ;i
            ,,/'/__.L、    /ヾ、"i   `ヽ `;i  i,
          ,/  /_iーヘ,ヽ、 , /i" ヽ、 i     `、'i   iヽ、
         _,) ヽ "   ネメ、_ii"~        _Yri   l, ヽ、
        _,,,>t 、ヾ、    ゞ;;/         /  ,¬    V⌒l
       ,y`;,,__   ,i     /ii'         / r-/|    l l



         ___
       / ⌒  ⌒\    たまらなく嬉しかったお
      / (⌒)  (⌒) \  
    /     (__人__)   \   
     |    .   `Y⌒y'´    | 
      \       ゙ー ′  ,/  
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ 
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |


190◆2k1ML.3QRw09/03/16 02:46:36 ID:OF6udVAP
────────────────────────────────
それから、
アイツはやる夫に厳しく接してきたお。
────────────────────────────────

   / ̄ ̄\           ___
 /   _ノ  \        /⌒  ⌒\   ふざけた行動を取れば
 |    ( ●)(●)  プニ   (● )  (● ) \
. |     (__人_(ニ~`ヽ、 /:::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     ` ⌒´(((_⊂>ヽ|     |r┬-|      |    
.  |         }    \ \   `ー'´      /
.  ヽ        }      ゝ-|          ヽ
   ヽ     ノ        \        ヽ   \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \



        / ̄ ̄\        // // ////
       /ノ(  ゝ 、_,ノヽ      ___,--、   容赦なく蹴ってくるし
      | ⌒(( ○)(○)      ( ) ) ) ) )
.      |     (__人__) /⌒l   |    ⌒`i   
       |     ` ⌒´ノ |`'''|  |     '、  |
      / ⌒ヽ       }  |  |  /    /   
     / へ  \    }__/ /  /      |    
   / /  |          ノ ._/       |
   ( _ ノ    |   .   ⌒ヽ_/          }   
         |        _____\    ノ   
         i     / ̄       `ー-''  _
         \_/ /     _/⌒  ⌒\_
          _ノ   /    /:●))(__人__)((● \ ぐぇあ
         (   /    |     |r┬-|      |


191◆2k1ML.3QRw09/03/16 02:47:07 ID:OF6udVAP
       ____
     /⌒  ⌒\   普通に話しかけても
   /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-|     |  や~らない夫♪
  \      `ー'´     /


            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \    眩い笑顔と優しい態度による接待はしてこなくなったお
          |    ( ●)(●)   
          |     (__人__)   なんだよ………?
             |     ` ⌒´ノ
              |         }
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!


192◆2k1ML.3QRw09/03/16 02:47:25 ID:OF6udVAP
────────────────────────────────
やる夫と接する時のやらない夫は、”完璧な人気者”じゃなくて………
────────────────────────────────


                             (
                 / ̄ ̄\        )
               / _ノ  ⌒ \      (,,
               | ( ●) (●) |     .l;l    
              . |   (__人__)  |  _,_,|,|_,     ただの平凡な高校生だったお
                |   ` ⌒´  |, ト-=y  丶  
              .  |         }  ヽ `i, ̄‐^l   
              .  ヽ        }   ヾ~ `  i, 
                 ヽ     ノ _   ヽ、   ;i,  
                ,,_,i     y,ソト,,__  ヽ、   ;i,
               ,/r-'"j  / / ii, `ヽ、-x,,゜r  ;i
            ,,/'/__.L、    /ヾ、"i   `ヽ `;i  i,
          ,/  /_iーヘ,ヽ、 , /i" ヽ、 i     `、'i   iヽ、
         _,) ヽ "   ネメ、_ii"~        _Yri   l, ヽ、
        _,,,>t 、ヾ、    ゞ;;/         /  ,¬    V⌒l
       ,y`;,,__   ,i     /ii'         / r-/|    l l


────────────────────────────────
でも………
たまに………
本当にたまにだけど………
────────────────────────────────


                             (
                 / ̄ ̄\        )
               /  ノ \ \      (,,    たまに見せる笑顔は、
               |  (⌒)(⌒)) |     .l;l    眩い笑顔の何倍も輝いて見えたお
              . |  (__人__)   |  _,_,|,|_,  
                |  ` ⌒´   |, ト-=y  丶  
              .  |         }  ヽ `i, ̄‐^l   
              .  ヽ        }   ヾ~ `  i, 
                 ヽ     ノ _   ヽ、   ;i,  
                ,,_,i     y,ソト,,__  ヽ、   ;i,
               ,/r-'"j  / / ii, `ヽ、-x,,゜r  ;i
            ,,/'/__.L、    /ヾ、"i   `ヽ `;i  i,
          ,/  /_iーヘ,ヽ、 , /i" ヽ、 i     `、'i   iヽ、
         _,) ヽ "   ネメ、_ii"~        _Yri   l, ヽ、


193◆2k1ML.3QRw09/03/16 02:47:59 ID:OF6udVAP
────────────────────────────────
ここからは、やる夫の勝手な推測だお。
当たってるかどうかも正直微妙だお。
だから軽く聞き流す程度にして欲しいお。
────────────────────────────────

  \  /                 \  /
    X   / ̄ ̄ ̄\           X
  / ∩ / _ノ   ヽ、 \        / ∩
/ ( ⊂) |  ( ○)(○ ) |      / ( ⊂)     ____     やる夫もアイツも”人生を楽しめない”と言う点は一緒なんだお。
     | |.|  (__人__)  |         | |.    /⌒  ⌒\ 
    トニィ'|   `⌒´   |        トニィ'  /( ○) (○ ) \   でも、その後の選択が違ったんだと思うお。
    |    |         }         |   / :::⌒(__人__)⌒::::: \
    \   ヽ        }         \  |     |r┬-|      |
     \  ヽ     ノ           \\_  `ー'´    _/
        ン ゝ ''''''/>ー、_           ン ゝ ''''''/>ー、_
       / イ( /  /   \        / イ( /  /   \
       /  | Y  |  / 入  \     /  | Y  |  / 入  \
      (   | :、 |  / /  ヽ、 l     (   | :、 |  / /  ヽ、 l
       j  | :   | / ィ    |  |      j  | :   | / ィ    |  |
       くV ヽヘ_ ヽ  \  仁 」     くV ヽヘ_ ヽ  \  仁 」
        ー 〕   \  〉(⌒ノ        ー 〕   \  〉(⌒ノ


194◆2k1ML.3QRw09/03/16 02:48:43 ID:OF6udVAP

          ____
        /_ノ  ヽ、_\                どうしようもない自分を………
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o      ミ ミ ミ    ふざけておちゃけることで誤魔化して逃げたのが
/⌒)⌒)⌒. ::::::⌒(__人__)⌒:::\   /⌒)⌒)⌒)    やる夫だお
| / / /     |r┬-|    | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒)    | |  |   /  ゝ  :::::::::::/
|     ノ     | |  |   \  /  )  /
ヽ    /     `ー'´      ヽ /    /
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


        ll _  . / ̄ ̄\
    ...  `ll´ ./   _ノ  \   ┼    
          |    (⌒)(⌒)      
       十.. |     (__人__)         どうしようもない自分を………
             |     ` ⌒´ノ ll _      笑顔の仮面を被って無理やりにでも楽しもうとしたのが
              |         }.`ll´     
           + .ヽ        }        アイツ………
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、        やらない夫なんだお
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\:::::::::ヽ|||||::::: /:::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||::: /::::::::::|:::


195◆2k1ML.3QRw09/03/16 02:49:59 ID:OF6udVAP
────────────────────────────────
この違いは些細なことに思えるかも知れないお。
だけど、やる夫にはとても大きな違いに思えるんだお。

やる夫は”逃げた”けど………
やらない夫は戦ってるんだお。
────────────────────────────────

       ____
    /      \
   /  ─    ─\     やる夫はこのままかも知れないお
 /    (●) (●) \    やる夫自信が変わろうとしない限り、
 |       (__人__)    |    ずっとこの日々が続いてくお
 \     ` ⌒´   /      
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||

────────────────────────────────
あ、ここからは予感じゃなくて確信だお。
────────────────────────────────

        ll _  . / ̄ ̄\
    ...  `ll´ ./   _ノ  \   ┼   でもアイツは違うお
          |    (⌒)(⌒)       嘘でも何でも前に進もうとしてるアイツは、
       十.. |     (__人__)  
             |     ` ⌒´ノ ll _    何時か変われるお
              |         }.`ll´
           + .ヽ        }       みんなに好かれてるアイツは、
            ヽ、.,__ __ノ       何時か本当に笑える日が来るお
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、      変われる日が来るお
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\:::::::::ヽ|||||::::: /:::::i:::|


196◆2k1ML.3QRw09/03/16 02:50:12 ID:OF6udVAP
────────────────────────────────
いや、もしかしたら………
────────────────────────────────


       //.   /─- 、∧   '   ` ̄∧/l. !  //
     //    /|\:.__r=≧ 、` ´ ,. イ´ |  ! | 〈 く     もう変わり始めてるのかも知れないお
    〈 く´     //|: : }: : : \} ノ´二/〈__l_,⊥L__ \\
     \\ -=/厶l: : {_-ー 「:} /´: :}/: : : ─-- 、/}. \\ 
     // / / ヾ: : : :〉: : :ヽ!./〉 /: :`ヽ: : : : :./ /  > 〉
    //   / / /: :、 /` ゙̄/ヾ´r─:.── ': : ´: : :/ .//  誰のせいかは、あえて言わないお
  //   / / ./: : :._{: : : : }/´: : : : : : :_{: : : : : ノヽ/ /    ちょっと悔しいし………
. 〈 く     / //: : :./ |: : : :〈: : : : : : : :/人: : : メ、 〈 〈
  \\ / / -ー/  l: : : : :',: : : : : : _:_:/ .|: : : ト、〉 .\\
    } 〉/: : :./___ノ: : : : : :}: : : :/: :/  l: : : | ',. \ \\
    |.イ: : : /∧: : : : : : : : :.//ヽ: : : : / l  |: : : :!  ヽ ヽ / /
   /} |; イ´ /  \: : : : _/: : }: : : : :\ヽ |: : : .}    //}
 /: ; イ´/ /  /: ̄´: :,.: : : : ∧: :\_:>l: : : :l   // 〉ノ
/: : :/: : ヾ / /: : : : : : /: : : :〃: :〉:/ヽ,  !: : : :',  \\<
`|  \: :/  /: : : : : : : /´ ̄/: : : : : : : : : \ ト、: : :\//   `ヽ
. | {_ノ ヾ! /: : : : : : : /ヽ_/: : : : : : : : : : : : '|: \: : : `ヽ\ / ノ
 ヽ ヾ、  /: : : : : :/-ー': : : : : : : : : : : : : : : : ヾ: :|\: : : ',> 〉 /


197◆2k1ML.3QRw09/03/16 02:50:30 ID:OF6udVAP
────────────────────────────────
何時か訪れる変革………
────────────────────────────────

        t,ヘ∨/l:: /ヘヽ     / ,       、
      / 〉/ .|:: |  }::l   / /   /       l
.     / //  l:::ニ'彳′,/l ,イ   !         !   それは痛みを伴うかも知れないお
     / //  , /l::! /l / { l !l  l        l   
     / //   // l::l l l__,'ェ l」_|lヘ l     i  l    アイツに取っても………
   /,イ'  ,','{ // ,ヘ |l { -Y リ`lーl一  ,'  /    周りに取っても………
 / (::{   / | ∠/ /,ィ=リ==ミ ヽ }l   メ、,/ } l
'´   ヾゝ/ ハ {、 {   ||       |/ Y ノ._/ヽ/
    / l/ / ,ゝト、.!、 l|          |/jメ、ヽ.メ,
    / i / / ∨`トゝ/        ,ィ    `シ /
.   /  l /,イ   ,ヘヽ     , ュ      ,Z_/
- -/ /.|l´ハ|   ,/ ∧ヘ        ,. - ,二ニx/
:::::/ /::::リ/:::{   l:::::::::| }`ュ、_ ,/イ¨:::::::::::::::::ヽ/
/ /::::::|{:::::::l  i::::::::::l !:::::::::::://::::::::::::::::::::::::::::::ヽ

────────────────────────────────
でも………
やる夫は信じてるお
アイツなら………
痛みを超えて………
────────────────────────────────

             |  (__人__)  |   
             l   |r┬-|  |  心から笑える日が来るって―――
              {.   `ー`´  |  
               {       /
              {     /   .    
        _,,..r''''" ノ | \  , / /"''''./ ̄`'' 、_
      /´    ヽノ | /\   / 、│    ゙'、
      〉ヽ、  / |/ );;;;/\/   'く      !
        ',  ヽ. | /⌒| /   ゚/       /


198◆2k1ML.3QRw09/03/16 02:51:21 ID:OF6udVAP
       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  / o゚((●)) ((●))゚o \  それは………
  |     (__人__)    |  やる夫には出来ないことだお………
  \     ` ⌒´     /



       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \   正直、アイツが羨ましいお………
  |     (__人__)    |  やる夫も銀ちゃんとちゅっちゅっしたいお
  \     ` ⌒´     /



       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\   でも、それは無理だお
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  やる夫はやる夫でしかなお
  |     |r┬-|     |  アイツにはなれないお
  \      `ー'´     /



       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\   
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  だからせめて………
  |     (  (      |  一番近い場所で、それを見届けたいんだお
  \     `ー'     /



       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\ 
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   だから………
  |    mj |ー'´      |  この先なにがあろうと………
  \  〈__ノ       /
    ノ  ノ


199◆2k1ML.3QRw09/03/16 02:51:44 ID:OF6udVAP

             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ ) 
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\
    |    (⌒)|r┬-|     |   やる夫はアイツの横に居続けるお!!!
    ,┌、-、!.~〈`ー´/   _/
    | | | |  __ヽ、   /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄


200◆2k1ML.3QRw09/03/16 02:51:56 ID:OF6udVAP
  \  /                 \  /
    X   / ̄ ̄ ̄\           X
  / ∩ / _ノ   ヽ、 \        / ∩
/ ( ⊂) |  ( ●)(● ) |      / ( ⊂)     ____
     | |.|  (__人__)  |         | |.    /⌒  ⌒\     
    トニィ'|   `⌒´   |        トニィ'  /( ●) (● ) \   
    |    |         }         |   / :::⌒(__人__)⌒::::: \   ┼ヽ  -|r‐、. レ |
    \   ヽ        }         \  |     |r┬-|      |   d⌒) ./| _ノ  __ノ
     \  ヽ     ノ           \\_  `ー'´    _/   
        ン ゝ ''''''/>ー、_           ン ゝ ''''''/>ー、_
       / イ( /  /   \        / イ( /  /   \
       /  | Y  |  / 入  \     /  | Y  |  / 入  \
      (   | :、 |  / /  ヽ、 l     (   | :、 |  / /  ヽ、 l
       j  | :   | / ィ    |  |      j  | :   | / ィ    |  |
       くV ヽヘ_ ヽ  \  仁 」     くV ヽヘ_ ヽ  \  仁 」
        ー 〕   \  〉(⌒ノ        ー 〕   \  〉(⌒ノ



201◆2k1ML.3QRw09/03/16 02:55:48 ID:OF6udVAP
       ,   __,,::-:..、__
     ./i__,,r''゙/::,,='''´:::.`''ヽ
    ∧゙、::i::〈::f::::::::_;;:-:::::、:.`:、
    /:::::ヾ;:!、:、i;::'ヘヽヽ;::::::::::、{
   〈:::::/'!i゙    |::|. |:ト;::::::::〉
   /:、{.-|ト、,,_ 、,,|;'-‐jノ'ミ:::、{
   ヽ;:l i┬r ヽ ''~Tユ~`.},=〈          「やる夫番外編」でした!!
    .iヘ  ̄ ,!      !゙ビi.〉         こんな時間に付き合ってくれて本当にありがとうございます!!
    .{.「i  ヽ!.       _,,/
     `'ヽ.  iラー''^ヽ  /           上にも書きましたが、四話後の番外編は「谷口番外編」です。
       ヽ、 '-‐‐'''゙ /|            谷口ってのが微妙な気もしますが、ご了承下さい。
        .iヽ、__ ,,/./ヽ、 __ ,,.、      個人的には一番重要な番外編だと思ってるんで。
       ,.-|  __,,r‐゙‐''''i~`i. |. l,,,___
       /,f〈   | / ー{. l  | l  l;;r‐-゙、 、_  お付き合いありがとうございました!!
   ,,.::-///゙'ヾ、ノ/  r┴ ノ .ノ ノ./゙ ,,ィ''゙:::::::゙i、 今日の9時投下の四話も是非見に来て下さい!!
-‐''゙:::::ヽ::/';:-y-;;/゙   .~''ラ`''`''゙~  ,,::''::::::::::::::::l::{  やる夫観察日記さんもありがとうございます!!
::::::::/;;r''::::::i¨ !゙     '    ,,x''゙:::::::::::::::::::::l::::l、 
;;;='''~..::::::::::::|. l  '''' ,,:::--‐7'´::::::::::::::::::::::::::j:::::::}ヽ  それでは!!
::::::::::::::::::::::::.ヽ.oヽ、_x''゙:::::::∠.:::::::::::::::::::::::::::::/::;:;::: :!:.ヽ 
:::::::::::::::::::::::::::::ヽ''゙ .ソ:::::;;イ::::::゙゙''''ー-::;;_::::::::i゙;:;:;::::::::::::::..\
:::::::::::::::::::O::/::ヾ-{゙:::::/::l::::::,、_,r、:::::::::l::::;:;l;:;::::::::;:;:;::::::::::..\
::::::::O::::::/..::::::::/l::::/::::|:::::/'^ii゙`i|::::::|::::;:;l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:::::::..\
::::::::::/..:::::::::/i .l:::/:::::l::::/'::::|l::::||:::::l::;:;:;l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::::..\


202名前なんて無いだろ常識的に考えて09/03/16 02:59:15 ID:8PmrRgsN
乙でした!
次回も番外編も楽しみにしてます!




203名前なんて無いだろ常識的に考えて09/03/16 03:06:52 ID:WgxEpkiL
乙!
こんな時間にリアル遭遇できるなんて嬉しい誤算

それにしても、やる夫・・・せつないなぁ


205名前なんて無いだろ常識的に考えて09/03/16 03:11:00 ID:agANX425


みんな何だかんだでや、らない夫の本質に気づいてるんだな


206名前なんて無いだろ常識的に考えて09/03/16 03:11:34 ID:agANX425
区切る場所まちがえたw


207名前なんて無いだろ常識的に考えて09/03/16 03:48:44 ID:GECFUMJh
まとめられたのかw
おめでとう


208名前なんて無いだろ常識的に考えて09/03/16 05:26:26 ID:6CcXcxpS
>>205
そりゃまあ高校生レベルの偽装能力だし「近い」人間にはばれるわな。
でも考えてみて欲しい、高校時代ちょっとした「仮面」をかぶったことが無い高校生が居るだろうか
ちょっとした背伸びや、特別に見られたいという思い、家に帰れば「本当の俺は誰も知らない」という
三流漫画の様な思いを抱いたことが無い高校生は居ないのではないだろうか。

とかなんとか。


209名前なんて無いだろ常識的に考えて09/03/16 11:06:36 ID:F1Qc09DY
乙です。
やる夫ちょっと切ないなあ。


211◆2k1ML.3QRw09/03/16 20:07:20 ID:Bjo2Rf1u
             __t─-v-─ァ__
            <:::::::::::::::::::::::::::::::>
          <´:::z-r─--v、:::::::::>
           く:::::{  |    }ハ::}:::::〉
      ,...:::' ̄ヾ<::::i  ィ=z  z=く 〉:::>   すみません。
   ,...::::´::::::::::::::::::V:::レ´ !       `!::/    私用で投下の時間が遅れます。
  /:::::::::::::::::::::::::::::::}rj ≡≡   ≡≡|<    四話の投下は11時頃になると思います。
. 〈:::::::::::::::::::::::::_::z-┤ u '''  i   '' |ノ
  ヽ:::::::::::::::::ス_r- 、`¨l、  、__   ノ     それと、容量の都合で分割させて貰います。
   ヽ:::::::::::::::::::ヾ:::::`ー-{ヽー--‐ イ_..:-─::.、 今日の11時からの投下は「第四話 前編」となります。
    \:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ-{チ-<::::::::::::::::l  ご了承下さい。
     \:::::::::::::::::::\:::::::::::|o::::::::::::::::::::::l::l
       \::::::::::::::::::ヽ::::::::|::::::::::::::::::::::::l::l  本当すみません!!
.          入::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::l:〈


関連記事
スポンサーサイト
[タグ未指定]

周りからすげえ想われてるじゃんwwwww
ほんとにつまらない人間じゃないっていう証明だな
[ 2015/08/05 15:06 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yaruowohiroiyomi.blog.fc2.com/tb.php/297-f8c6f83f