やらない夫は人気者のようです 水銀燈番外編 彼を好きになった理

119◆2k1ML.3QRw09/03/14 04:04:52 ID:R1PI93GW
/>-'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー-、\
/ x‐^=^=^=^=^=^=^=^ーx \
〆                 \ハ
  |    |     | |    l  ヽ  、ハ
  |  ||     | |    |   |  l l           
  l |  l|    ノイ    |   |  | ト、二丶       水銀燈番外編
  | |  l|      |l   |l   ハ   | | |\} |   
  | 斗-┼ 、    |l   斗-/ } | ;  ||ヽ\      「彼を好きになった理由」
\l_,x≦三メ、   |l  /厶≧xj_ノ /  |└‐' _丿  
  代¨丁 l ヽ\  jl /イ l 厂}「イ   |`TT、 ヽ     
 |   `ー‐'   ヽ/  `ー'   /  /| | | \ヽ    
\ l  /////        ///// / / l | | /{ /          
  l\        '      //´ / ,   ^//    
  l l、    、_.      イ 〃 厶 -―ヽ      
   l| ト          イ ′〃 /.::.::.::.::.::.::.::..` 、  
::l   l | |::.::.::> _ <::.::.:|┤〃 /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.: .\ 
::.:l  l |ーヘ ::.::.::.::/〔_〕二 ヽ | ″/\::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:: .\ 
::.::l   |》  \/イ ハヽ_ノ丿! /l::.::...\::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:.ヽ 
::.::.ハ |》  〈 〈ノ /| `TT  | /《|::.::.::.::..\::.::.::.::.::.::.::.::.::./.::.::.:〉
.::/.:: }ノ》   ー イ |  |弋 l/ 《|::.::.::.::.::.:..\::.::.::.::.::.::./.::.::.:/
/.::.::.::.:|》  _∠.ノ⌒Y⌒ヽr―‐v'゙´ ̄〉.::.::.::.ヽー― '.::.::.:/
::.::.::.::く ̄`〈  ヽ   |   l|  |  /.::.::.::.::.::.:.゙, ::.::.::.::.::厶
::.::.::.::.ト   ヽ         ___    ′ 〈::.::.::.::.::.::.::.:l::.::.::.::./小\
::.::.::.::.|         jイ仁ミ┐   |::.::.::.::.::.::.::.ト-::.::.:{ { |ヽノ
::.::.::.::..\        <{弋ヾイノ>    〉::.::.::.::.::.::.:|::.::.::.::.ト-ハ l



120◆2k1ML.3QRw09/03/14 04:05:42 ID:R1PI93GW
────────────────────────────────
初めて彼を見たのは、一年生の時だった。
────────────────────────────────

        ll _  . / ̄ ̄\
    ...  `ll´ ./   _ノ  \   ┼
          |    (⌒)(⌒)
       十.. |     (__人__)
             |     ` ⌒´ノ ll _
              |         }.`ll´
           + .ヽ        } 
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\:::::::::ヽ|||||::::: /::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||::: /::::::::::|:::

────────────────────────────────
廊下で見た彼は、眩い笑顔で友達と話していた。
第一印象はそんなによくはなかった。
かっこいいけど軽薄そうな人、そう思った。

それから何度も見かけたけど、
話したのは結構後だった。

彼と初めて話したのは、
鶴屋に無理やり連れてかれたカラオケだった。
────────────────────────────────


121◆2k1ML.3QRw09/03/14 04:06:24 ID:R1PI93GW
【カラオケ】
|         |                       
|         |
|         |     _____
|         |     |      |
|         |     |      |;     ___
|         |     |      ,,|;:     . |┌──
|       / ̄'\      ̄ ̄ ̄ ̄      |│;
|     /     |               ||;;::,..  ,.;;
|    /      |               |└──‐
|  /        / ̄ ̄ ̄\  .___   | ̄ ̄ ̄ ̄
| /        /      ./|./'======' ̄ ̄\
|| ̄ \   /      ./ / [:二]        \
||   |  /      ./ /l二二二二二二二二二 」
||   |/      ./ /   | |          | |
||     ̄ ̄ ̄\/ /    .| |          | |
||          |/      ̄              ̄
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´゛゛゜


          ノ:´:.:.:,:/:rゝ/;tYl:Vム;.Y、ー':.ヽ;!
            l:.:,r:'´Y/   l:l ``′ ';.l ヽト:.:.:.:',
         )k/:./l;'.__  l:!     リ ._リ';.`Y
         〉-;.:'l l _`ヾ、 _, 、, r'´_/. !r-!
         l 'Y';.l ´ 赱〕``    '近l ` リ< !
         ヽ.ヽヽ.       l     ,'-,ノ   WA♪WA♪WA♪
           `';Y',     l,     ,' ´   
           ,.rハ'´`丶、__ _  , ' __     忘れ物~♪
             /: ヽ \   ヽー  /〉′.〉
        /:ヽ: : ヽ l  .!- ィ' 〉′ /ヽ、   君と忘れ物~♪
        /: : : : ヽ: : :,ツ__ ...'`-'.、'  /ヽ: : :`:、.、
    ,. :':´:-: 、: : : : :ヽ:〈       !ヽ .l:_: : :>: : : !:.',
   f'´: : : : : : : :\: : :',:ノ ` ̄ ̄ `ヽ,' li: :`丶、: : :l: :l
  i: : : : : : : : : :-: :_ヽ: '、 ー----、ノ,イ l: : : : l: : :!: :.l


122◆2k1ML.3QRw09/03/14 04:06:55 ID:R1PI93GW
────────────────────────────────
正直困ってた。
男の人がいるカラオケは初めてだったから、
ノリと言うヤツについてけなかった。

親しい人も鶴屋だけだったし、
早く終わってくれないかと思ってた。

あと谷口がウザかった。
アイツ、なんで連続でいれてるのよぉ?
しかも同じ歌。
────────────────────────────────

           / {{l:::::/ノ  i |  ∥| l|  |l |   l | |l   ハ
             /  {{l:::/ノ  | | l  | | ||  |l |   | | l| l |lハ
         /  {{|:/ノ l| ∥| |l | | |l  ハ.∥  | | 斗‐| |l |
           /   イ小、 |l 丁 T¬l┼l l| / |∥ イ丨∥ ; l | |
.          / , // |:||:トヽ lヘ |r=┼=ミヽ'j/  ノj >=fT7// ハl |、
         / / 〈〈. |:||:| 〉〉、ヽヾ弋ゞ'ノヾ     ''ゞ'シ // / | ∧ヽ
  |i、   / /  ゞ=イ|ト =〈ヽ \\" ̄     l!     イ / l |/| 〉〉   (早く終わらないかしら………)
  l:i:i:.  / / 〈〈  /∧ヽ 〉〉 \_         ′  u // ′l ::|.//
.  ヘ:i:i.∨ / ' ゞ=イ/ l:l\厶 -イ   \   ____,.    // /  l |:l'/|   _,,、
\ ヽ:i:i∨ /   // ノ:| ィ / ∥ トr ヽ ` ニ´   イ ,  / /∠゙イ|:ト、xイi:i:i',i:≪,,_
:i:i:i\_〉i/ /   /イ∠ イ | |  }レ' {  ヘ  __, < / / / / ; | |:|.|:|:i:i:i:i:i:i:,i:i:i',i:i:≪,,_
i:i:i:i,'i:i:i/ /   // |<⌒ | | |_丿  |   ',::::::::::::::: 厶./ / / 厶| |:|.|:|i:i',i:i:i:i:i:,i:i:i',i:i:i:i≪,,_
:i:i,'i:i:i:i' /   〈// ̄\ ゝヘノ⌒ヽ       V⌒ー┐::/ ///-/::::..\iヾi:i:i',i:i:i:i:i:,i:i:i',i:i:i:i:i:i:≪,,
i,'i:i:i,:i:i/    」::::::::::::::::`丶、      /` ┘、 |/..://::/:::::::::::::..\:i:i:i',i:i:i:i:i:,i:i:i:i',i:i:i:i:i:i:i:i


123◆2k1ML.3QRw09/03/14 04:07:20 ID:R1PI93GW
────────────────────────────────
彼が話しかけて来たのは、その時だった。
────────────────────────────────

        ll _  . / ̄ ̄\
    ...  `ll´ ./   _ノ  \   ┼
          |    (⌒)(⌒)
       十.. |     (__人__)     水銀燈さん、歌入れないのか?
             |     ` ⌒´ノ ll _
              |         }.`ll´
           + .ヽ        } 
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!


              ∧::.::.::.::.::.:/   イ | |       l |    ヽ
                / ヘ ::.::.::.:/ l 斗┼十    j⊥」 l    l
            /   ヽ::.::.:l | | 厶≠ミメ    〃」_ノ`'|l ||
              /     ∧::.::| l |仏'::::}丨ヽ   /ィぅ心ミ|| ∥|
          /    /  Ⅵ   |弋辷ソ  j/  ヒ::ノバリ ハ|
            /    /   /小、 、        , `"' lノイ  }ノ
         /    /   〃|| |l\_>U    __   ∠/|l       えっ、あっ………
      ̄ 二≧- _ /   /|l_儿l|  |\    (_У  イ  ハ
    -一 ニニ二二三三≧ }ハ{ | ト、 `   _, < ∠|  仁三  ̄   こう言う場所あんまり慣れてないのよぉ
   -一¬ ニ二三孑…ー<ヽ l |::.::.` ーrヘー-<三| /三二ニ=ー-
      / -‐ ¬ア´/    ∧ \ヽト、::.::.::.:イ{}トヽ::.::.ヾj/=ミ、
.     /    /〃/   _/.::.:.V^i:.ヽ \::/|{儿}トヘ.::.::〈   l \


124◆2k1ML.3QRw09/03/14 04:07:41 ID:R1PI93GW
────────────────────────────────
始めて話した彼の顔は、
やっぱり眩い笑顔だった。
────────────────────────────────

        ll _  . / ̄ ̄\
    ...  `ll´ ./   _ノ  \   ┼
          |    (⌒)(⌒)
       十.. |     (__人__)     
             |     ` ⌒´ノ ll _  じゃあ、鶴屋さんと一緒に歌ってみたらどうだ?
              |         }.`ll´  同じ料金を払うんだから、歌っといた方が得だろ
           + .ヽ        }     
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!


             ,. -ュ,ニニ弌垳ト、
             /r'^ _rヘ-ヘ/^ヽr宀、
           /!7ト、7′ 〃    l ヽ ヽ
   、    / l//L」| ∧l | ! |l  | ! ヽ
    |:l    / 〃 ||丁l トH、lV| |l  /l  } l |
    ヾヽ  / 〃 |l | l抔卞`ヽ{ /-ト/ //リ
 \  ヽ:∨ |」 /l| lトヽ ̄   レ'戎シ' / ′   
⌒ヽ!ヽ._j\\ / 八 |ヽ   __ ' ∠r1=彳    そ、そうねぇ………
::..::..::..::..::..`::..::ヽ/ ハ ヽ‐ >、  ,. イ| }::..`ヽ、 
::..::..::..::. /⌒ヽ、ヽjノヽ.∨r 芥、/:./ /::..::..::.、\  どうしましょう………
::..::..::.::./:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ⌒Tlヽ}l,ハ/-/ 〈::..::..::.`ヾ\ヽ
::..::../:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨_ || ヽ:レ':.:ヽ::..::..::.くヽ.j
::.r'´.:.:.:..::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ ||ーrヘ.:.:、:.:.\ヽヽ:〉
仆、 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨_l〉 ri心:.:',:.:.:.:.:ヽ}
′ \_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ∨_ ゞ=仆ヽ.:.:_ノ
 ,   〉个、:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ l  }〉:.}'´


125◆2k1ML.3QRw09/03/14 04:08:11 ID:R1PI93GW
────────────────────────────────
私は意外と人見知りするタイプだ。
人に何かを頼んだりするのも苦手だ。

だから、すぐに鶴屋に頼むことは出来なかった。

そんな私の心を察したのか、
そうじゃないかは分からないが、
彼は私の代わりに鶴屋に頼んでくれた。
────────────────────────────────

        ll _  . / ̄ ̄\
    ...  `ll´ ./   _ノ  \   ┼
          |    (⌒)(⌒)
       十.. |     (__人__)     鶴屋さん、
             |     ` ⌒´ノ ll _  水銀燈さんが何か一緒に歌わないかだって
              |         }.`ll´  
           + .ヽ        }     
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!


           // ,=vシ== 、 ヽヽ ヽ
             // //     ヽ ヽ ! l l
         〃{ i{ {‐-、   ィ尢ハl i| |
           {仆 f ィ=ミ     ィ≠ミ  | |
           |ハムヘr;_j ,  jr;_リl  |)l|!   もちろんオッケーさ!!
           l `∧  r‐‐v   li  l l |l
.            ,'  i ゝ、 ヽ ノ  ィ'l   l l !   適当に大塚愛でいいかい?
          /  ,'  l _}>‐匕!_ /  ,'l l |
         /rt/   ィf< _ _ `/  /_j | l
        ノ |l/   ,' llニニ二ニ/  /  >、|
       /  /   /. ├ ¬ー/  / // ヽ
.     /   /   /  |   ,/  /´,/    ヽ
   , イ    /  ∧  | fA./  //レ''´    \


126◆2k1ML.3QRw09/03/14 04:08:50 ID:R1PI93GW
────────────────────────────────
人によってお節介と感じるかも知れないが、
私は純粋に嬉しかった。

その嬉しさの中に
”谷口の歌を聞かないで済む
”と言う思いが混ざってたのは秘密だ。
────────────────────────────────

                  , -──‐- 、
                   /.::::::::〈{薔}〉:::::.\
                 /.:::::;. '"´  ̄``ヽ、::.ヽ
               l ,.ィ´,  l l|  |l l l `ヽ:::l
             にl/コ l 」_|_|| /LLl_ l ,リ
                 に|コl. |´ヽlヽll // リ |/`l llト、
       . :. :;.:.:.ヽ   / トト、ヽ´ ̄`  ´ ̄`7 /| ∧   
     .: .:.:;:.::::;:.:::::.ヽ/  l ト、\l  ┌┐  / //|/ ∧  ,, ,、、、.:::.,、、      あ~たし さくらんぼ♪
  .: .:.: :.: .:.:;:.:::.:;:;:.::.:/  / /l. .\ >、 _二_ イ //,⊥./ ∧ィ.: ;: ;:; :::::.:; :;. :.、、
  '"´ .:. :;:.:::.:;:;::;:.:/  / /.:.:::::::.ヽヽ.::::lil:::::| //.::::::::::.\l.::;::::::::::;:;:;::::::.:. :. :. .`ヽ  もう一回♪
   .:. : .: :;:;.:.:;:;:;/  /ノ.:.:::::::::::::::〉 〉.:liil::::|//.::::::::::::::::::.\;:;:::::::::.::;;:.::. ` `
   ' "´  ̄``:/ ,.イ.:.:::::::::::::::/ |〈 ⌒ヽ|/^ヽ:::::::::::::::::::::::〉´  ̄ ``
         / /〈.:::::::::::::::::にこj ハ(⌒ l〈こコ7.::::::::::::::::/ \
       / / / `ヾ::::::::::::::l ∧爪  〈〈:.\l.::::::::::::::/   ',
         l. l l l l .l::::::'"´::|/^V.:.:.`Y^ヽヽ.:.::::::``ヽ〉  |  |
         | | | | /.::::::::::::/   〉  〈   l乃:::::::::/1  |  l
         | | | | 〈.:::::::::::/  〈    〉  ,イノ::::l:::/ |  | /
         | | | |  ',:::::::::',ー‐'^ヽ /, ィイ/.::::::::|/ | / /l/
       ト ト、 ト、ト、/|::::::::::i ヽ  _)ノノ.::i.:::::::::::::|ヽl/ l/
      _   ___ ノ.::::::::::Lノ  /.::::::::::::|.:::::::::::/(
 ,.  '"´.:.:.::::::::::::::::::::::/ .::/.:.:〃ハ::::::::::::::|.::::::::/.::::.\
 .:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::/ .::/.:.:::/:/  i:::::::::::::|.:::::/.:::::::::::::.\
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|.::/.:.:::/:/   |::::::::::::|.::/.::::::::::::::::::::::.\
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|/.:.:::/:/     |::::::::::::!/.:::::::::::::::::::::::::::::::.\
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::/7::::::/:/   i  |::::::::::::::.\\:::::::::::::::::::::::::::::
 ::::::::::::::::::::::::::::::://::::::/:/     |  |:::::::::::::::::::.\\::::::::::::::::::::::::


127◆2k1ML.3QRw09/03/14 04:09:22 ID:R1PI93GW
────────────────────────────────
散々恥ずかしがったけど、いざ歌うと凄いノリノリだった。

………

今思い出すと少し恥ずかしいわぁ。
────────────────────────────────

        ll _  . / ̄ ̄\
    ...  `ll´ ./   _ノ  \   ┼
          |    (⌒)(⌒)
       十.. |     (__人__)     めちゃくちゃ上手いだろ
             |     ` ⌒´ノ ll _  もっと歌ってくれよ
              |         }.`ll´  
           + .ヽ        }     谷口の歌ばっかじゃオレも辛いだろ
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!


               _ -─ ─- ,- 、
            rメ´── 、::::::::::::::`ヽ \
            〆     /  `ヽ;:::::::::::\ ヽ
          // / / /      \::::::::::l  ',
         ,イイ | メ、 l   ,イ  l  }_::_}  !
     _, -ー' /ル| l ァ=ミ、!   // | /! //`l|ヾ》  i
    // ̄ {| | l ト、ヒソ | /二Zナ | ヾニソヘヽ   !
         、__}ハヽゝ , `´  r'::ンヽ}/ }| | ヾ\ i    
         `ヽ:::| ∧ 、 _  `´ /  /| |   `ヽニゝ  そんなことないわぁ………
        < ̄:::|  |\`__  ,ィ//  ハ| |   l  ',   
       -=ニ´::::::|  l^`}ノ}バ7/  /!_ノ}/l__ ,ィヽ ヽ   普通のレベルよぉ
        /ィ/:l  |::/、/l| ∨ / ̄`ヽ::::::∠ __\\
         /::::::::l  !{/ .ト=/ /::::::::::::::::l:::::::::::<__ヽ ヽ
         ヽ:::::::| ハーr'゙Y//:::::::::::::::::::}:::::::::::::::::< ! \
         ノ 〉:::| /:::: ̄`/:::::/:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::\  ヽ
        / /::::::{ハ::::::::::/::::/::::::::/::::::::{:::::::::::ト、:::::、ー-ゝ  ',


128◆2k1ML.3QRw09/03/14 04:09:44 ID:R1PI93GW
────────────────────────────────
”いい人”だと思った。
同時にもっと彼と話をしたいと思った。

でも、この時、それは叶わなかった。
────────────────────────────────

             __t─-v-─ァ__
            <:::::::::::::::::::::::::::::::>
          <´:::z-r─--v、:::::::::>
           く:::::{  |    }ハ::}:::::〉
      ,...:::' ̄ヾ<::::i  ィ=z  z=く 〉:::>
   ,...::::´::::::::::::::::::V:::レ´ !   u   `!::/   (会話に入れない………
  /:::::::::::::::::::::::::::::::}rj ≡≡   ≡≡|<    歌も何入れればいいか分からないし………
. 〈:::::::::::::::::::::::::_::z-┤ u '''  i   '' |ノ    ど、どど、どうしよう………)
  ヽ:::::::::::::::::ス_r- 、`¨l、  、__   ノ
   ヽ:::::::::::::::::::ヾ:::::`ー-{ヽー--‐ イ_..:-─::.、
    \:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ-{チ-<::::::::::::::::l
     \:::::::::::::::::::\:::::::::::|o::::::::::::::::::::::l::l
       \::::::::::::::::::ヽ::::::::|::::::::::::::::::::::::l::l
.          入::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::l:〈


        ll _  . / ̄ ̄\
    ...  `ll´ ./   _ノ  \   ┼
          |    (⌒)(⌒)
       十.. |     (__人__)      どうした白石?ヒマしてんのか?
             |     ` ⌒´ノ ll _   だったら、オレとデュエットしようぜ
              |         }.`ll´  
           + .ヽ        }     
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!


129◆2k1ML.3QRw09/03/14 04:10:28 ID:R1PI93GW
────────────────────────────────
彼は、私が話しかけるよりも早く
私と同じく場の空気に馴染めなてなかった白石くんに話しかけていた。

白石くんが空気に馴染めてからは、
同じく空気についてけなかったカイジ君のフォローをしていた。
────────────────────────────────

        ll _  . / ̄ ̄\
    ...  `ll´ ./   _ノ  \   ┼
          |    (⌒)(⌒)     カイジも曲いれろよ?
       十.. |     (__人__)      
             |     ` ⌒´ノ ll _   一人は………!!恥ずかしい………!!って?
              |         }.`ll´  
           + .ヽ        }      だったらオレとデュエットしようぜ
            ヽ、.,__ __ノ       オレも一人だと恥ずかしいからさ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!

               / jf7::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \:::::\
            / {i7:::::/  i            \:::::ヽ    
            ;′ {|::::/    l i    |       ヽ:::::    私はそんな彼を眺めていることしか出来なかった。
 ト、           ,′ {|:/ l  | ||   | |      |  | Y|    彼の邪魔をしちゃいけない、そう思っていた
 |:::\      |  {|| |  ||l十¬ |   /| |  |
\\:::\      |   ゙| |  斤==ミハ ||  /ト、j  |  ||
::::::\\:::\.    |    | |   | {  |  リ| /癶〈| |   ハ ジーー
::::::::::::\〉 ::::\  |   | | ヽ \ ̄       〈_,バレ | ,∧|
:::::::::::::::::::::::::::::::\|   || \ \      , ` /! |〃ハ_! -―
::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    l   |  ̄ ー=;-  "/|/″/::::::::::::::::::::::  ………
::::::::::::::::::::::::::/ 厂 ̄\   l   l\      イ|l/ーく::::::::::::< ̄ ̄
:::::::::::::::::::::::/ /::.::.\  \ l    l:::::::::r‐<ヘ l 〈::.::.::ヽ\::::::::::::\
::::::::::::::::::::: | l::.::.::.::.::.\__ ヽ l   l::::::::ト\__∧   Y::.::.:l  \::::::::::::\
 ̄>::::::::::::| l::.::/::.::.::.::.::\|::l   l:::::/ ̄ >ヘ    l::.::.j_   :::::::::::::::
::::::/ ̄ ̄j j/::.::.::.::.〈 ̄ ̄}レヘ   ∨       ヘ   l::.l::.::.::〉 〉:::::::::::::
/    〔 L::.::.::.::.::.::.j___ノ::::::ヘ  ',____ _jヘ   V::.::./ /\[\::::
         ` ト  /::.:: ヘ :::::::∧  ∨ー┴;ヱ、::',  ';:.:/ /


130◆2k1ML.3QRw09/03/14 04:11:03 ID:R1PI93GW
────────────────────────────────
ずっと眺めていた私は、色々なことに気付いた。

一つ目は、彼が歌が上手いこと。
二つ目は、なのに一人じゃあまり歌わないこと。
三つ目は、微妙な人とのデュエットが多いこと。
四つ目は、彼が一人で歌う時は”場が盛り下がってる時だけ”と言うこと。
────────────────────────────────

        ll _  . / ̄ ̄\
    ...  `ll´ ./   _ノ  \   ┼   そして
          |    (⌒)(⌒)
       十.. |     (__人__)      彼がとてつもなく優しいと言うこと―――
             |     ` ⌒´ノ ll _
              |         }.`ll´
           + .ヽ        } 
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!


131◆2k1ML.3QRw09/03/14 04:11:42 ID:R1PI93GW
────────────────────────────────
カラオケが終わってすぐ、
私は鶴屋に彼のアドレスを教えて貰いメールをした。

恥ずかしい話だけど、
直接聞く勇気はなかったからだ。
────────────────────────────────

           {{   |'      |'   |'       /  / r=、/!
           ',!   !      !   {!       {!  {! {! }ハ,'
           >―‐┴―――┴―┴――――‐┴‐┴{`イ! |
           / /`T  ̄ ̄ ニニニニニニ  ̄ TT '' ┐ !_ll ,'`丶、
          / /〃 ̄ヽ  ' -―――- ' 〃 ̄ヽ  l  llr ゙! _,.  `丶、
            l ! ゞ...,,_ノ  _,.==;-、     ゞ..,,,_ノ l  /l_ ll/
          l l  /   , '/    `ヾ,ヽ     ll   l llゝ、/
         l l  /  〃'{      ヽヽ   ll   l ll / l!
         l l 〃 ̄ヽll ト、     ノ  `ヾ ̄`ヽ ! l ∩ l!
        | ! ゞ...,,_ノ','、ヽ \  /     ヽ_ノノ'| ll H' l'!,. -
          l ! { {____ヽヽ\` ´   , / ̄  ', / ll// l//
       ,| l,ィ―――、 `ヾ='、  /       \/// l, '
      /l ! ゞ____ノ   f´`ヾ',           `ヾ{..,, -
   ,.-'´  ! !          `¨´ ヽ            `ヾ―-
  /    l l f ̄ ̄ ̄ヽ r――- 、 >、
 {     l ! '、.....,,,,,_ノ '、.....,,,,,,_ノ '、_',
. '、   l l ,―――、 ,.―― 、  _.....,,,,,,ヽ
  `ァ、__l l '、____ノ { シスコン } { スケベ ',
. /  ! l ,-――-、  , ニニニ´,  ,ニニニ´|


132名前なんて無いだろ常識的に考えて09/03/14 04:12:43 ID:q46+o6Sd
断言しよう。実際にはこんな高校生はいない。


133◆2k1ML.3QRw09/03/14 04:13:09 ID:R1PI93GW
────────────────────────────────
彼とのメールは楽しかった。
彼が聞き上手なお陰だけど、
盛り上がって朝までメールしたりもした。
────────────────────────────────

               / jf7::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \:::::\     彼とメールすること自体も楽しかったが、
            / {i7:::::/  i            \:::::ヽ  それ以上に、こんなにメールに付き合ってくれるってことは、
            ;′ {|::::/    l i    |       ヽ:::::    
 ト、           ,′ {|:/ l  | ||   | |      |  | Y|    ”彼も私に気があるんだろう”
 |:::\      |  {|| |  ||l十¬ |   /| |  |  
\\:::\      |   ゙| |  斤==ミハ ||  /ト、j  |  ||    そう思っていたからだ。
::::::\\:::\.    |    | |   | { _:|   リ| /癶〈| |   ハ      
::::::::::::\〉 ::::\  |   | | ヽ \xxx      〈_,バレ | ,∧|    
:::::::::::::::::::::::::::::::\|   || \ \     , xxx /! |〃ハ_! -―     絶対私に気があるわぁ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    l   |  ̄ ー=;-  "/|/″/::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::/ 厂 ̄\   l   l\      イ|l/ーく::::::::::::< ̄ ̄   告白されたどうしようかしら?
:::::::::::::::::::::::/ /::.::.\  \ l    l:::::::::r‐<ヘ l 〈::.::.::ヽ\::::::::::::\  
::::::::::::::::::::: | l::.::.::.::.::.\__ ヽ l   l::::::::ト\__∧   Y::.::.:l  \::::::::::::\
 ̄>::::::::::::| l::.::/::.::.::.::.::\|::l   l:::::/ ̄ >ヘ    l::.::.j_   :::::::::::::::
::::::/ ̄ ̄j j/::.::.::.::.〈 ̄ ̄}レヘ   ∨       ヘ   l::.l::.::.::〉 〉:::::::::::::
/    〔 L::.::.::.::.::.::.j___ノ::::::ヘ  ',____ _jヘ   V::.::./ /\[\::::
         ` ト  /::.:: ヘ :::::::∧  ∨ー┴;ヱ、::',  ';:.:/ /
        | i く::.:/::.::.::.\/:::::',  i 匸{〈匀}くl|  |〈 〈


134◆2k1ML.3QRw09/03/14 04:14:03 ID:R1PI93GW
────────────────────────────────
でも、すぐにこの楽しさは消えてしまった。
気付いてしまったから………

”彼からメールをしてくれたことは一度もない”

と言うことに。
────────────────────────────────

        ll _  . / ̄ ̄\
    ...  `ll´ ./   _ノ  \   ┼
          |    (⌒)(⌒)     彼は、メールをすれば何時までも付き合ってくれるが、
       十.. |     (__人__)      メールをしなければ何もして来なかった。
             |     ` ⌒´ノ ll _
              |         }.`ll´   鶴屋の提案で「焦らし作戦」と言うことで
           + .ヽ        }      一週間全くメールをしないで見たが、
            ヽ、.,__ __ノ       それでも彼は笑顔だった。
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!


135◆2k1ML.3QRw09/03/14 04:14:43 ID:R1PI93GW
────────────────────────────────
この時、私は既に気付いていた。
”彼に取って私は、その他大勢の一人に過ぎない”と言うことに………
────────────────────────────────

        ,' /   /|  ||  | |  |  | `L>、::::ヽ:::::V! !   
      l l ! | ! | | | | ||  ||  | || (>、:::ヽ:::}). !      それでも私は諦め切れなかった。
        | l! |  |l  | |l| ! || ! | |_ |  |  `L_;::イ勹\!       何とかして彼を振り向かせようとした。
        || |!|  ||  | |!| | |lイ「 レ1 /| l| {>||<}\\  
       || ', 、 l|ヽ. l! |lリ´」斗ヤ刋 /! | |   〈\\ ヽ \
      ヽ ヽヘ {>ヽ{リ ´ `辷'ソ //l! ,'. /  | 《. \\ ヽ `ヽ、
         ヾ<ヽヘ';)     ノ' ,'./ /  || 》\ \\ ヽ  `ヽ、
           |:! |lハ〈    _    // / ,  | l《  》 《  》 ヽ   `ヽ、
          |:! ! |l ヽ、 ´ー   //'´| /  | |  《   》 《   ヽ     \
           〃 | /! |/ ||`iヽ-//'⌒| / /⌒''⌒ヽ.  《     ヽ     ヽ
        /〈 ノ' | | || | |://:::::::::l'′/::::::::::::::::::::ヽ    i     ヽ       ヽ
          //l:|  | |ヽ V /'´ハ、:::/ /::::::::::::::::::::::::::::ヽ   l.    ヽ      )
        {/ リ   ! ト、_// / 〉//{::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ   |    ヽ
       〈     L_,し'´./ // /:::::::::::::::/::::::::::::::::〈   |     ヽ


136◆2k1ML.3QRw09/03/14 04:15:12 ID:R1PI93GW
────────────────────────────────
私は積極的に彼にアプローチを掛けた。
一緒に帰ってみたり、
ワガママを言って家まで送って貰ったり、
お昼を一緒に食べてと駄々をこねたりもした。
────────────────────────────────

        ll _  . / ̄ ̄\
    ...  `ll´ ./   _ノ  \   ┼
          |    (⌒)(⌒)     彼は何一つ断りはしなかった。
       十.. |     (__人__)      やっぱりただ笑っているだけだった。
             |     ` ⌒´ノ ll _
              |         }.`ll´
           + .ヽ        } 
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!


137◆2k1ML.3QRw09/03/14 04:15:46 ID:R1PI93GW
────────────────────────────────
そんなことをしていたら
何時の間にか私たちはカップルだと思われていた。
────────────────────────────────

           ノ:.'´_:._`:.、:.;、ヽ:.:./:/:/'ノ:.:.:.:.i
          ノ:´:.:.:,:/:rゝ/;tYl:Vム;.Y、ー':.ヽ;!
            l:.:,r:'´Y/   l:l ``′ ';.l ヽト:.:.:.:',
         )k/:./l;'.__  l:!     リ ._リ';.`Y
         〉-;.:'l l _`ヾ、 _, 、, r'´_/. !r-!
         l 'Y';.l ´ 赱〕``    '近l ` リ< !
         ヽ.ヽヽ.       l     ,'-,ノ   く~、羨ましいぜ、やらない夫!!
           `';Y',     l,     ,' ´    オレも学校一の美女と付き合いてーよ!!
           ,.rハ'´`丶、__ _  , ' __
             /: ヽ \   ヽー  /〉′.〉
        /:ヽ: : ヽ l  .!- ィ' 〉′ /ヽ、
        /: : : : ヽ: : :,ツ__ ...'`-'.、'  /ヽ: : :`:、.、
    ,. :':´:-: 、: : : : :ヽ:〈       !ヽ .l:_: : :>: : : !:.',
   f'´: : : : : : : :\: : :',:ノ ` ̄ ̄ `ヽ,' li: :`丶、: : :l: :l
  i: : : : : : : : : :-: :_ヽ: '、 ー----、ノ,イ l: : : : l: : :!: :.l


         ヾ:::ヽ-‐ '´ ̄`ヽ、
        ,-‐ヾ:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        ∠::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        i/::: : !!/!/リ\!\!、::::::::::::!
          〃 {_{\    / 〉::::::::/
          レ!小l●    ●j. ヽ:::/
            ノ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃|/    水銀燈の彼氏いいな~♪
      /⌒ヽ__vヘ  ゝ._)    /⌒il  
        \ /  ヾ.,>,、 __, イァ./  /   私もあんな完璧な彼氏が欲しいよ
         ヽ   i;;;;;| ,| / /{ヘ、__∧
           ヽ. i;;;;;;レ''只`ソ;ヾ  ノ


138◆2k1ML.3QRw09/03/14 04:16:15 ID:R1PI93GW
────────────────────────────────
周りからは”カップル”だと思われてるけど、
お互いに相手を好きだと言ったことはない。

彼と私の関係は、凄く曖昧な物になっていた。
────────────────────────────────

             ,. -ュ,ニニ弌垳ト、
             /r'^ _rヘ-ヘ/^ヽr宀、
           /!7ト、7′ 〃    l ヽ ヽ    現状が良くないことは分かってた。
   、    / l//L」| ∧l | ! |l  | ! ヽ   でも私はそれに甘えてしまった。
    |:l    / 〃 ||丁l トH、lV| |l  /l  } l |
    ヾヽ  / 〃 |l | l抔卞`ヽ{ /-ト/ //リ   確かめるのは簡単なことだろう。
 \  ヽ:∨ |」 /l| lトヽ ̄   レ'戎シ' / ′   ”私はあなたの彼女なの”
⌒ヽ!ヽ._j\\ / 八 |ヽ   __ ' ∠r1=彳     そう聞けばいいだけだ。
::..::..::..::..::..`::..::ヽ/ ハ ヽ‐ >、  ,. イ| }::..`ヽ、
::..::..::..::. /⌒ヽ、ヽjノヽ.∨r 芥、/:./ /::..::..::.、\   でも私は聞けなかった。
::..::..::.::./:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ⌒Tlヽ}l,ハ/-/ 〈::..::..::.`ヾ\ヽ 聞かなかったと言った方が正しいかも知れないけど、
::..::../:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨_ || ヽ:レ':.:ヽ::..::..::.くヽ.j  それでも”聞けなかった”だ。
::.r'´.:.:.:..::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ ||ーrヘ.:.:、:.:.\ヽヽ:〉
仆、 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨_l〉 ri心:.:',:.:.:.:.:ヽ}
′ \_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ∨_ ゞ=仆ヽ.:.:_ノ
 ,   〉个、:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ l  }〉:.}'´
 |  く_/^ト、>:.∧:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨_リ 〈|:.ハ
 |  //:.:.:||:.:./ ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨┐r':.:{ 、ヽ
 !| //:.:.:.:||:./   }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨.:.:.:.| l 


139◆2k1ML.3QRw09/03/14 04:16:40 ID:R1PI93GW
               ll _      __
              `ll´    /   \
                 .  / ノ  \ \  ┼   彼と過ごす時間は、
                  | (⌒)(⌒) |      私に取って掛け替えのない物になっていた。
               十  |  (__人__)  |
                   l   ` ⌒´  |      ”何も言わなければ、この時間が永遠に続く”
                    {.         | ll _     そんなことを考えていた。
                  + .{       /  `ll´ 
                        {     /         早い話が、私は勇気のないヘタレだと言うことだ。
                   _ __{-`ーrr一'´ -}、___
              〃-──ム、___}{__, -<`ー─ミヽ
              /    _/__-う__とこヽ ヽ   }>l
             ,′ l  { ( l三三三彡'}  l   /l l
              /   ヽ_〉 ヽ/ ∥  ヽ{  {_ /  } }
            j    =/ヽ___/> ∥   \/ヽ_  { {

────────────────────────────────
でも、それも終わりだ。
私は決心した。
────────────────────────────────

        / ̄ ̄\   
      /       \   逃げるのは止めて、
      |::::::        | 本当の彼と向き合うと
     . |:::::::::::     |
       |::::::::::::::    |
     .  |::::::::::::::    }
     .  ヽ::::::::::::::    } 
        ヽ::::::::::  ノ    
        /:::::::::::: く   


140◆2k1ML.3QRw09/03/14 04:17:04 ID:R1PI93GW
────────────────────────────────
決心した理由は二つある。
一つは、ばらしーの存在だ。
────────────────────────────────

          _  --- 、/^ハ __
    ,、  , -‐ァ´    _ 二V∠ -<
__く`レ-      ̄ ̄ \´〈 トー-、-\      みんなは気付いてないし、
` ァ‐ィ^ー/    l    l   ヽ| | \ー- _       彼も私が気付いてるとは思ってないだろうけど、
// ′ l      ! |  l    トj   `ト-二 ‐ 、   私はある事に気付いてる。
´  |  l   |__ |  ! | ||| |  :    |、  \\
  | ‐ト、_ l{⌒j}.: | l |_L.L!|: |  :   トヽ   >>
   |   !:ト、` 7ド、∠lAAA|ハリ     |ヽヽ//
   |!| l.士l土メ、|ハ{ }マ{リィjリj|′    ヽ |/,、く
   l小|小_迷j` ヽ ヽー'‐メ 小     / / ヽヽ
     |.バ´ 〈      ̄イ ト.| l |:.  / ハ| _l |
     ! .:ヽ、 -_‐  _/l |ィ! l l   {_‐ 二二二_ー 、
   / ,、_ノ_ノ>  _ j |!| |ノヽヽヽ:.    ヽ  || > >
.  / {_: : :  ̄ヽてソァj´ ヽ ヽイ \ ヽ:...    ヽ//
  / /´ノヽ、: :ryjァiヘ´{ / >ー--`---ァ―_ニ ヘ||
//{: :{:.. ヽ ヽソ‐イj:._ : : : : : : : : : <<`ヽ.  ヽ
/ |: :ー{__ノス⌒ノ 、: : : : : \: : : : : 、 \\:\ ヽ
   ハ : : /{ rー{´  rヽ: : : : : :_ヽ: : : : : >j,\ヽ'  ハ

────────────────────────────────
彼は”ばらしーをプロデュース”している。
────────────────────────────────


141◆2k1ML.3QRw09/03/14 04:18:02 ID:R1PI93GW
        〃/  / ! ! ヽ、l|  l| }i|  | |∥ ! i :  j  !    〉 }
         〃/  ,′| | ¦`ヽ、 jjハ||  ! }i|| |¦i i :   ハ     /   
        {L{..__,′ { { {_j_j_L≧xl|{ j}、ji|| ||| | }l ,′ . / /    予感は、ばらしーが家庭科室に来た時からあった。
.        `¬7メ、、 \ 云=弌 从メ≪卅ナナノノ从ハ   ∨/
          ,′}ハ i  i l}{戈::::!:::}    ヽ≧≪j乂i| |ハ  / /      優しすぎる彼は、あの娘を放って置けない。
          ,′ノノ }i  i 从   ̄       `~フノ| i| ¦  y /ハ    
         ,'/ / i  l/j l|ヽ、   _'_   `ナ| i| i  / / ハ     そんな確信じみた予感があった。
         / / i| i  i¦l| j}>。、    ィァ| i| ¦ { { / ハ  
        //  __」..⊥ /¦l| `ヽ≒ `Y´ア≠ア¦ i| i _≧ニニミ、
     /〃,'   ハ    `ヽ j| __ノ^ヽ`'~'゙^≠ヘ、j__j|_ノ´    / )メ  
     `≒=、 { ヽ、 _      ‐- 、,≧zく           -‐ f´}//∧
        ,'\\    )  ̄ _ 二ニ=  {f必) }  =ニ二 ̄   / // ハ 
        ,′ ヽ ヽ   ̄ {    /^}゙¬{ヘ、`ヽ、  / ̄  // / ハ

────────────────────────────────
その予感は、やっぱり当たっていた。
────────────────────────────────

     _____      ________
          //========\                  ばらしーの「ZIP堂立ち読み事件」………
        //======\                 私には、彼が関わっていると言う確信があった。
  『美男美女以外立ち読み禁止なZIP堂でおじゃる!!』   根拠はないから女の勘としか言えないけど。
_____| | _______________________| | | 
         | |    /       //                | | | 
  _Λ_  | | ┌――┐ ┌――┐ ../ ┌――┐   // | | | 
 |l____l| | | |___。| ,/|___。| //  |___。|  ,/   | | |   
      //  | |   _____      _____   | | | 
//        | |___|__|__|__/|____ |__|__|__/|__..| | |
./         | | |  |  |   ||/|  | .|   |   |   ||/|  | .| |
_____|_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |_|__.| |
.          |______|,/::::: |______|,/:::    ̄


142名前なんて無いだろ常識的に考えて09/03/14 04:18:07 ID:q46+o6Sd
なん・・・だと・・・?


143◆2k1ML.3QRw09/03/14 04:19:12 ID:R1PI93GW
────────────────────────────────
でも、本当の意味で確信したのは、
やっぱり「私服騒動」の時だ。
────────────────────────────────

             __,._,
          _rj_',.-‐ ,i  ヽ
         / f´ i i、 ,/j,_iリiソ\    薔薇水晶さんの私服は、
        /   / ヾソ/ィッ tj:、,ノ   どう見ても彼が考えた物だった。
       '-=、/   メli   -'.! ト.、
        ,.イ   /::j/ヘ,ニ,´.:! リノ  そもそも私に女の服を聞いた次の日に
        ー, r<´ヽ  ijr´`>、   薔薇水晶さんが、あんな服を着て来たのだ。
       /! 入:::. ` 弋\Y イ
       / ,/ /ノjーi::   ` fイト、  彼がバレないと思えるのが、不思議な位だ。
     /  / /:::::i i|,j     |、!:|! ヽ
.    /  j/.:::::::::;i !´   r-イヾ!:l  !  
    l! /! ::: .::::: ゝ'`ー─′j/ !ヽ,ノ
    l!/ ,/|  ::::// ::/   i  l  \
    ! !. |ヽ /       | ノ   ヽ
    !ヽー, ソ       く      ,.
     jノ   |        ヽ i!    |
      | ,ィ.::|      |,  ノ ヽ  /
      レ ゝj  :.    r/ !`:ーi /
        くヾ j::.  /!  イ::::::|/


             /  {{l:::/ノ  | | l  | | ||  |l |   | | l| l |lハ
         /  {{|:/ノ l| ∥| |l | | |l  ハ.∥  | | 斗‐| |l |
           /   イ小、 |l 丁 T¬l┼l l| / |∥ イ丨∥ ; l | |
.          / , // |:||:トヽ lヘ |r=┼=ミヽ'j/  ノj >=fT7// ハl |、
         / / 〈〈. |:||:| 〉〉、ヽヾ弋ゞ'ノヾ     ''ゞ'シ // / | ∧ヽ
  |i、   / /  ゞ=イ|ト =〈ヽ \\" ̄     l!     イ / l |/| 〉〉
  l:i:i:.  / / 〈〈  /∧ヽ 〉〉 \_         ′  u // ′l ::|.//          もしかして私………
.  ヘ:i:i.∨ / ' ゞ=イ/ l:l\厶 -イ   \   ____,.    // /  l |:l'/|   _,,、
\ ヽ:i:i∨ /   // ノ:| ィ / ∥ トr ヽ ` ニ´   イ ,  / /∠゙イ|:ト、xイi:i:i',i:≪,,_ バカだと思われてるのかしら?
:i:i:i\_〉i/ /   /イ∠ イ | |  }レ' {  ヘ  __, < / / / / ; | |:|.|:|:i:i:i:i:i:i:,i:i:i',i:i:≪,,_
i:i:i:i,'i:i:i/ /   // |<⌒ | | |_丿  |   ',::::::::::::::: 厶./ / / 厶| |:|.|:|i:i',i:i:i:i:i:,i:i:i',i:i:i:i≪,,_
:i:i,'i:i:i:i' /   〈// ̄\ ゝヘノ⌒ヽ       V⌒ー┐::/ ///-/::::..\iヾi:i:i',i:i:i:i:i:,i:i:i',i:i:i:i:i:i:≪,,
i,'i:i:i,:i:i/    」::::::::::::::::`丶、      /` ┘、 |/..://::/:::::::::::::..\:i:i:i',i:i:i:i:i:,i:i:i:i',i:i:i:i:i:i:i:i


144◆2k1ML.3QRw09/03/14 04:20:07 ID:R1PI93GW
────────────────────────────────
今日ばらしーと話して、
私の考えが間違ってなかったことが証明された。
────────────────────────────────

.        /  | |l | l | | l   |l \!    |  l  | |   ! | l| l |      ヽ ヽ
       /  /||l | |Ll」_|_  |l| | \   ハ ∧ / l  / , j |l/|      l |
‐- 、  /  /  | ト、 | l |ヽ ト`丶」 |l  \/ 厶斗‐メ、/!l / / / {     | |
 ̄ヽ冫, ′, ′ ヽ! Nト|r=冖うミ、` ヘ  リr¬〒ryfz-{ |/レヘ j  \    l |
 //  ,    /  レ∧ ヽ {!}ヾ   ∨ Vヘ{(f卮}_) 〉ト、   ヽ  ヽ、 / /
´/  /    ,′ 八rヘ.  ゞニ-      ∨ ゞミYシ/ハ !`丶、 \  ∨ /
  /     /  /> 、_〉            `ー…く /_/ヽ、 \  \ `ヽ、   やらない夫………さんなら………
 '′     /  / ,   ∧       l    、_ノ/´ヽ   `、  `、  丶   l   朝、修三先生に拉致られました………
  ___ /  / ,′  / rへ、   rー-―ュ   / 〉 l|   l   丶  }  |   確か、その後も色んな約束が入ってるって………
 ̄: : : : : :.: ̄`丶、/   / /しヘこ> 、 ` ̄ ̄ r~'⌒r勹 l|    l|       /   |
: : : : : : : : : : : : : : \ /  \: : : : : : : >‐</⌒Y´: :/  |     |     〈  ∧

────────────────────────────────
彼女は、
やらない夫と言ってから、思い出したかの様に”さん”を付けた。

恐らく彼女は、
普段は”やらない夫”と呼んでるのだろう。

私の想像よりも2人の関係は進展してる様で………
私はちょっと悔しかった。
────────────────────────────────


145◆2k1ML.3QRw09/03/14 04:20:29 ID:R1PI93GW
────────────────────────────────
決心したもう一つの理由………
それは今日のお化け屋敷だ
────────────────────────────────
             ,r-――-、          
           /      ヽ_        お化け屋敷での彼には、何時もの笑顔がなかった。
          /     u   〉l^l^)      
          l        //ノ ソl   
          ハ_ノ   ヽ_ /   /   
         /(●)   (●)l    lヽ       ほっぱぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁああ!!!!
        /  ヘ(__人__) ム   イ  `ー―-、     
       /   / \⌒´<´ |   .l    /   ∨    
      /    /   ヘ     l   |   ,'     l
    .  /   ,'   ∧     |   | ノ     ハ    
      /    .l   / ヽ    |    レ'    ノ l.     
    /     l  ノ   ヽ   |        /  }


          _______
        /          \   怯えて余裕のない姿こそが、
      __/             \ きっと等身大の彼なのだろう。
    /.            、    |ポテツ
    |.         ,(⌒(○)ヽ    |
    l  lヽ      )>       /  ワカッテテモムリナモノハムリ
   /    ヽ\   `(__,(○) / /
   |      \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  \
   |     |ヽ、二⌒)、          \


146◆2k1ML.3QRw09/03/14 04:20:53 ID:R1PI93GW
────────────────────────────────
私は、もっと彼のことを知りたい。
笑顔でごまかされるのはもう嫌だ。

だから全てを明らかにすると決めた。
彼の本当の顔を見ると決めたのだ
────────────────────────────────

        / ̄ ̄\. 
      /      \.........:::::::::::...
      |::::::: :      | .... .........::::::::::...r‐ ' ノ.   例え………
     . |:::::::::::::     | .... .........::::::::_ ) (_    
       |:::::::::::::      |.. ..... ......:::(⊂ニニ⊃)   彼の本当の顔が私の望まない物だったとしても………
     .  |:::::::::::::::     }  ..... ......: ::::`二⊃ノ.
     .  ヽ____    }  ..... ......: :::: ((  ̄ 
        r'ニニヽ._\. ノ.. ..... ......: ::::::  ;;. 
      r':ニニ:_`ー三`:く._           [l、.
    /: : : : : : :`,ニ、: :_:_;>      /,ィつ
 .   /: : : : : : : : / : : : ヽ\     ,∠∠Z'_つ
   | : :.:.:.:.:.: . :/: : : : : : l : ヽ.   / .r─-'-っ
 .   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.,' ''" ̄: : :l: : : :l   /  ):::厂 ´
    |:.:.:.:.::.:.:.:l -─-: : /:_:_:_:_l / ̄`Y´
 .   |:.:.::.:.::.::l.__: : : :/::: : : : :l/⌒ヽ: :〉
    |::.:::.::.::l: : : : : : /:::: : : : : |: : : : ゙/


        / ̄ ̄\  
      /   _ノ  \.........:::::::::::.... .......
      |    ( ○)(○) .... .........::::::::::...r‐ ' _ノ.   
     . |     (__人__)| .... .........::::::::_ ) (_
       |     ` ⌒´ノ.. ..... ......:::ニニ⊃)       彼を嫌ったりはしない―――
     .  |         }  ..... ......: ::::`二⊃ノ.
     .  ヽ____    }  ..... ......: :::: ((  ̄ 
        r'ニニヽ._\. ノ.. ..... ......: ::::::  ;;.
      r':ニニ:_`ー三`:く._           [l、.     
    /: : : : : : :`,ニ、: :_:_;>      /,ィつ     
 .   /: : : : : : : : / : : : ヽ\     ,∠∠Z'_つ 
   | : :.:.:.:.:.: . :/: : : : : : l : ヽ.   / .r─-'-っ     
 .   |:.:.:.:.:.:.:.:.:.,' ''" ̄: : :l: : : :l   /  ):::厂 ´
    |:.:.:.:.::.:.:.:l -─-: : /:_:_:_:_l / ̄`Y´
 .   |:.:.::.:.::.::l.__: : : :/::: : : : :l/⌒ヽ: :
    |::.:::.::.::l: : : : : : /:::: : : : : |: : : : ゙/


147◆2k1ML.3QRw09/03/14 04:24:00 ID:R1PI93GW
────────────────────────────────
だって、私には確信があるから………
初めてカラオケで助けてくれた時から、
この確信は一度も揺れていない。

自信を持って言えるわぁ。
────────────────────────────────

:: :: {:: :|}}   /            ヽ ヽ    ヽ\
:: ::l :)::|}}  ./ ,     |        |  | l     l ハ
:: ::|{:: :|}} / | | | | |  l    |  | |  |  |||
:: ::| :}::|}} イ  | | | | |  ゙、     |  | |  |  |||
:: |:l〔:: :|}} | l | | | | ト、 、\  |  | |  |  |||
:: |:| ::}:|}} | l |_ L⊥.」_ l、\ヽ \ |  | |  |  ||| 
:: |:|::〔 :|}} | l | | | | ヽ\ \\斗、十 |  |  |∥|
{^ヾ::l}:| ィ ニニヽ >=ミXヘ \ \\|\ |  | ノハ| 
  >ヘ〈〈     |:|ヘ | しク ヽ       ィjT7ト 〃イ l__||
/⌒7:小\_ノ八┴‐'           ゞノ //  ∧:||
-―く∧ヾ` ーヘ、             / ∧ /  V
:: :: :: .\\ \ー-\         >   / / |∧   \   
:: :: :: ::. ..\\ \     、  __ ,   ' イ l| ヽ  \\    彼は”本当に優しい人間”よぉ
:: :: :: :: :: :: ..\\ \      ̄  ̄  へ :: :| ||-、 \   \\
:: :: :: :: :: :: :: :: .\二二丶    < 、  |:: ト. || ::ヘ  \   \ヽ  ̄ ̄ ̄
:: :: :: :: :: :: :: :: :: .. \:: :: :>>く:: Lノ 〉 |:: ハ|! :: .ヘ \ \\ \
:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::〉冖^ヽ>ー冖-冖>┐: リ :: :: .ヽ ヽ  ト ヽ ヽ
:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: : /    lヽ \ 、  冫 :: :: :: :: .\| ハ } ノ
:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: /   ー--|:: 〉_ヽ<  く:: ::/ :: :: :: :: : 〉|/  } /
:: :: :: :: :: :: :: :: :: :〈     ノ'´        〈:: ヽ :: :: :: :: ∧|
:: :: :: .\: :: :: :: :: ∧         r-=、ヘ:: ::l :: :: :: / }|
:: :: :: :: :..\:: :: ::/ /\         く〈与}〉 | :: | :: ::/〉
:: :: :: :: :: :: .\:: ::〈 :: :. \      `''^´ | :: | :: :: :∧
:: :: :: :: :: :: :: . \::.ヽ:: :: :. \         /. :: | :: :: :: ::|


148◆2k1ML.3QRw09/03/14 04:25:15 ID:R1PI93GW
  \  /                 \  /
    X   / ̄ ̄ ̄\           X
  / ∩ / _ノ   ヽ、 \        / ∩
/ ( ⊂) |  ( ●)(● ) |      / ( ⊂)     ____
     | |.|  (__人__)  |         | |.    /⌒  ⌒\     
    トニィ'|   `⌒´   |        トニィ'  /( ●) (● ) \   
    |    |         }         |   / :::⌒(__人__)⌒::::: \   ┼ヽ  -|r‐、. レ |
    \   ヽ        }         \  |     |r┬-|      |   d⌒) ./| _ノ  __ノ
     \  ヽ     ノ           \\_  `ー'´    _/   
        ン ゝ ''''''/>ー、_           ン ゝ ''''''/>ー、_
       / イ( /  /   \        / イ( /  /   \
       /  | Y  |  / 入  \     /  | Y  |  / 入  \
      (   | :、 |  / /  ヽ、 l     (   | :、 |  / /  ヽ、 l
       j  | :   | / ィ    |  |      j  | :   | / ィ    |  |
       くV ヽヘ_ ヽ  \  仁 」     くV ヽヘ_ ヽ  \  仁 」
        ー 〕   \  〉(⌒ノ        ー 〕   \  〉(⌒ノ


149名前なんて無いだろ常識的に考えて09/03/14 04:25:31 ID:q46+o6Sd
乙ー
銀ちゃんがばらしーの服の件を疑ったりしてなかったのは
初めから感づいてたからなんか・・・


150名前なんて無いだろ常識的に考えて09/03/14 04:25:49 ID:cMacF2xY
イイ話すぎてるだろ…
つかドラマに対して抱いてたイメージがやらない夫のせいで
物凄い変わったぞ…


151名前なんて無いだろ常識的に考えて09/03/14 04:25:53 ID:yb33ymtO
乙! 銀様カワユス


152名前なんて無いだろ常識的に考えて09/03/14 04:26:54 ID:oKuuR5E+
乙!
これは起きてた甲斐が有っただろ水銀党員的に考えて……


153◆2k1ML.3QRw09/03/14 04:30:25 ID:R1PI93GW
       ,   __,,::-:..、__
     ./i__,,r''゙/::,,='''´:::.`''ヽ
    ∧゙、::i::〈::f::::::::_;;:-:::::、:.`:、
    /:::::ヾ;:!、:、i;::'ヘヽヽ;::::::::::、{
   〈:::::/'!i゙    |::|. |:ト;::::::::〉        これで番外編の投下を終了します。
   /:、{.-|ト、,,_ 、,,|;'-‐jノ'ミ:::、{         番外編とか言いつつ本編にめちゃめちゃ関わってますね。
   ヽ;:l i┬r ヽ ''~Tユ~`.},=〈         はい。すみません。
    .iヘ  ̄ ,!      !゙ビi.〉
    .{.「i  ヽ!.       _,,/         水銀燈がプロデュースに気付いてると言う設定は、
     `'ヽ.  iラー''^ヽ  /           実はドラマにも小説にもありません。
       ヽ、 '-‐‐'''゙ /|
        .iヽ、__ ,,/./ヽ、 __ ,,.、      ちょっと調子に乗ってオリジナル要素を入れてみました。
       ,.-|  __,,r‐゙‐''''i~`i. |. l,,,___
       /,f〈   | / ー{. l  | l  l;;r‐-゙、 、_   入れようと思ったきっかけは、
   ,,.::-///゙'ヾ、ノ/  r┴ ノ .ノ ノ./゙ ,,ィ''゙:::::::゙i、  ドラマを見ていて「あれっ?これっ?とだえり気付いてるんじゃね?」
-‐''゙:::::ヽ::/';:-y-;;/゙   .~''ラ`''`''゙~  ,,::''::::::::::::::::l::{  と思っただけです。
::::::::/;;r''::::::i¨ !゙     '    ,,x''゙:::::::::::::::::::::l::::l、
;;;='''~..::::::::::::|. l  '''' ,,:::--‐7'´::::::::::::::::::::::::::j:::::::}ヽ   オリジナル要素入れて先が不安ですが、
::::::::::::::::::::::::.ヽ.oヽ、_x''゙:::::::∠.:::::::::::::::::::::::::::::/::;:;::: :!:.ヽ  物語が壊れない様にがんばります!!
:::::::::::::::::::::::::::::ヽ''゙ .ソ:::::;;イ::::::゙゙''''ー-::;;_::::::::i゙;:;:;::::::::::::::..\
:::::::::::::::::::O::/::ヾ-{゙:::::/::l::::::,、_,r、:::::::::l::::;:;l;:;::::::::;:;:;::::::::::..\  こんな遅くまで付き合って頂いて本当にありがとうございました!!!
::::::::O::::::/..::::::::/l::::/::::|:::::/'^ii゙`i|::::::|::::;:;l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:::::::..\
::::::::::/..:::::::::/i .l:::/:::::l::::/'::::|l::::||:::::l::;:;:;l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::::..\


154名前なんて無いだろ常識的に考えて09/03/14 04:31:19 ID:cMacF2xY
ただなぞるよりオリジナル入れていいよ
原作知ってるって人が少ないだろうしw


155名前なんて無いだろ常識的に考えて09/03/14 04:33:35 ID:q46+o6Sd
この展開なら、むしろ気づいていたという方が自然じゃね?
そうでもないと服の件がちょっとおかしく感じる。

それにしても、やらない夫のパートナーと言えば真紅、朝倉さん
がメジャーだが、やはり銀ちゃんも相性良いと思いますな。


156◆2k1ML.3QRw09/03/14 04:35:09 ID:R1PI93GW
             __t─-v-─ァ__
            <:::::::::::::::::::::::::::::::>
          <´:::z-r─--v、:::::::::>  >>149
           く:::::{  |    }ハ::}:::::〉  疑うシーンはドラマそのままです。
      ,...:::' ̄ヾ<::::i  ィ=z  z=く 〉:::>  あのシーンを見て今回のオリナル要素を思いつきました。
   ,...::::´::::::::::::::::::V:::レ´ !       `!::/
  /:::::::::::::::::::::::::::::::}rj ≡≡   ≡≡|<   >>150
. 〈:::::::::::::::::::::::::_::z-┤ u '''  i   '' |ノ   やらない夫は最限度高い方なんですけどね。
  ヽ:::::::::::::::::ス_r- 、`¨l、  、__   ノ    台詞も行動もそこまで改変してないです。
   ヽ:::::::::::::::::::ヾ:::::`ー-{ヽー--‐ イ_..:-─::.、 自分で言うのも何ですが、やる夫が一番キャラ崩壊しちゃってます。
    \:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ-{チ-<::::::::::::::::l  気になりましたら是非一度見てみて下さい!!
     \:::::::::::::::::::\:::::::::::|o::::::::::::::::::::::l::l
       \::::::::::::::::::ヽ::::::::|::::::::::::::::::::::::l::l  >>151>>152
.          入::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::l:〈  >>1のデスクトップはエプロン姿の銀様です。


157名前なんて無いだろ常識的に考えて09/03/14 04:36:45 ID:q46+o6Sd
>>1よ、お前も水銀党員だったのか・・・

気が合うじゃねーか


158◆2k1ML.3QRw09/03/14 04:40:42 ID:R1PI93GW
           /:.:.:_:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.l:.:.〉:/:リ:ヽ、
           ノ:.'´_:._`:.、:.;、ヽ:.:./:/:/'ノ:.:.:.:.i
          ノ:´:.:.:,:/:rゝ/;tYl:Vム;.Y、ー':.ヽ;!    >>154
            l:.:,r:'´Y/   l:l ``′ ';.l ヽト:.:.:.:',   やっぱ少ないですよね。
         )k/:./l;'.__  l:!     リ ._リ';.`Y   このスレを見て原作を見ると人が増えれば>>1は大喜びなんですが…
         〉-;.:'l l _`ヾ、 _, 、, r'´_/. !r-!   オリジナル要素は物語が崩壊しない程度に入れれば良いなと思ってます。
         l 'Y';.l ´ 赱〕``    '近l ` リ< !
         ヽ.ヽヽ.       l     ,'-,ノ    >>155
           `';Y',     l,     ,' ´     服装はドラマを見て不自然だと思ったんですよね。
           ,.rハ'´`丶、__ _  , ' __     とだえりに服装聞いた翌日に掘北がオシャレして来ましたから。
             /: ヽ \   ヽー  /〉′.〉    銀ちゃんの配役は真紅と悩みましたが、趣味が勝ちました。
        /:ヽ: : ヽ l  .!- ィ' 〉′ /ヽ、
        /: : : : ヽ: : :,ツ__ ...'`-'.、'  /ヽ: : :`:、.、
    ,. :':´:-: 、: : : : :ヽ:〈       !ヽ .l:_: : :>: : : !:.',  >>157
   f'´: : : : : : : :\: : :',:ノ ` ̄ ̄ `ヽ,' li: :`丶、: : :l: :l  普通に予想できると思いますけど
  i: : : : : : : : : :-: :_ヽ: '、 ー----、ノ,イ l: : : : l: : :!: :.l  党員には辛い展開が待ってるかもです。
  !: : : : : : ; :-:-: : : `/:.!l     ' ,ll!:::', l: : : : !: :.l: : :!
  !: : : :./: : : : : : : /: : ',ヽ、ー ''ノ:!l::::',l: : : : l: :l: : : i


159◆2k1ML.3QRw09/03/14 04:42:16 ID:R1PI93GW
それではお休みなさい。
遅くまでありがとうございました。
さっきも書きましたが、次の投下は日曜以降です。

是非また見に来て下さい!!


160名前なんて無いだろ常識的に考えて09/03/14 04:43:24 ID:P0tplILX
乙乙!!

かわいすぎる・・・


161名前なんて無いだろ常識的に考えて09/03/14 04:43:29 ID:q46+o6Sd
>>銀ちゃんの配役は真紅と悩みましたが、趣味が勝ちました。

バロスwww
何はともあれおつかれっす。
ゆっくりオヤスー


162名前なんて無いだろ常識的に考えて09/03/14 14:24:56 ID:M61gEki9
このやらない夫、ほかのキャラからも好感度高そう


163名前なんて無いだろ常識的に考えて09/03/15 00:30:11 ID:bTaCuOq7
乙 
見てるひともかなりふえてるね



164名前なんて無いだろ常識的に考えて09/03/15 03:10:21 ID:zn8CC0Vm
>>158
>党員には辛い展開が待ってるかもです。

ドラマ大好きだが、ドラマまんまじゃない分このスレの展開のほうが辛くならない予感
どんなアレンジが加わるのか今後も期待してるよー


165名前なんて無いだろ常識的に考えて09/03/15 21:44:49 ID:UBDhuP8o
ツンデレヤンキー須川のAAがあったとは驚いた
あのマンガのweb公開は来月あたまくらいまで


166◆2k1ML.3QRw09/03/16 00:00:53 ID:OF6udVAP
           /:.:.:_:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.l:.:.〉:/:リ:ヽ、
           ノ:.'´_:._`:.、:.;、ヽ:.:./:/:/'ノ:.:.:.:.i
          ノ:´:.:.:,:/:rゝ/;tYl:Vム;.Y、ー':.ヽ;!   多数のコメントありがとうございます!!
            l:.:,r:'´Y/   l:l ``′ ';.l ヽト:.:.:.:',  >>163でも言ってくれてますが、
         )k/:./l;'.__  l:!     リ ._リ';.`Y   見ている人が増えてくれて嬉しい限りです。
         〉-;.:'l l _`ヾ、 _, 、, r'´_/. !r-!   初めてのスレでこんなに見て貰えるとは思ってませんでした。
         l 'Y';.l ´ 赱〕``    '近l ` リ< !   本当ありがとうございます!!
         ヽ.ヽヽ.       l     ,'-,ノ  
           `';Y',     l,     ,' ´    
           ,.rハ'´`丶、__ _  , ' __    それと四話の投下時間が決定しました。
             /: ヽ \   ヽー  /〉′.〉    投下時間は、明日の9時頃です!
        /:ヽ: : ヽ l  .!- ィ' 〉′ /ヽ、    変更になる場合は、また書き込み致します。
        /: : : : ヽ: : :,ツ__ ...'`-'.、'  /ヽ: : :`:、.、 是非見に来て下さい!!
    ,. :':´:-: 、: : : : :ヽ:〈       !ヽ .l:_: : :>: : : !:.', 
   f'´: : : : : : : :\: : :',:ノ ` ̄ ̄ `ヽ,' li: :`丶、: : :l: :l それでは!!
  i: : : : : : : : : :-: :_ヽ: '、 ー----、ノ,イ l: : : : l: : :!: :.l
  !: : : : : : ; :-:-: : : `/:.!l     ' ,ll!:::', l: : : : !: :.l: : :!
  !: : : :./: : : : : : : /: : ',ヽ、ー ''ノ:!l::::',l: : : : l: :l: : : i


167名前なんて無いだろ常識的に考えて09/03/16 00:07:31 ID:y8gjVqdV
お、時間して生きた
毎度楽しみにしてます


168◆2k1ML.3QRw09/03/16 02:33:23 ID:OF6udVAP
              /.::、:;::::::::::::::::::::::::;:;::.ヽ
  ┏┓  ┏━━┓  ,!:::;/゙l:/゙l:i''`'゙ヽ;:f'ヘ;;:::::〉.   ┏┓┏┓┏┓
┏┛┗┓┃┏┓┃ 〈::ミl. |L,_|:l    _}!__.lミ::{    ┃┃┃┃┃┃
┗┓┏┛┃┗┛┃┏.}_;{. l|__.|!ヽ  '゙,|!_ l;:::}━┓┃┃┃┃┃┃   ヤバッ!!!保管されてますよこのスレ!!!
┏┛┗┓┃┏┓┃┃{ ゙i| ' ・`    ' ・ ` |!'゙!  ┃┃┃┃┃┃┃   しかもやる夫観察日記さんに!!!
┗┓┏┛┗┛┃┃┗.ヽ,|  ̄ 、l,   ̄ i,,ノ.━┛┗┛┗┛┗┛   めちゃめちゃ嬉しいです!!
  ┃┃      ┃┃   .l、゙ |ー==.=-イ`.,!     ┏┓┏┓┏┓   保管して貰えるだけで嬉しいのに
  ┗┛      ┗┛    ,ゝ レ.⌒⌒.リ ,/     ┗┛┗┛┗┛   大好きなやる夫観察日記さんに保管されるなんて
        __,,,  -‐'''7~:.i ヽ.゙ー==‐'゙.∧`、ー- ,,,,__           最高に嬉しいです!!
       /゙: : : : : : :./: : :| ,ィヾー‐イ゙ |: :ヽ、: : : : : ヽ.
       /: : ヽ: : : :./: : : .l /iヘ;}_ ,,/;;゙、 l : : ;ゝ: : : :/: : ヽ        やる夫観察日記さん、ありがとうございます!!
       { : : : :`、 : : \/|!. ゙'、{;;;;}ィ゙ ヘ}\/ : : : :/: : : : i       「やる夫は意味を探すようです」とか「何でも屋」とか楽しんで見てました!!
        ! : : : : :ヽl: /.: : l  l::::|.  l : : :\: i/: : : : : l        「YARUO」シリーズとかも楽しみに見てます!!
        l : : : : : :ヾ:.}: : : : |  |:::::|  .|: : : : :/: l: : : : : :.|        保管ありがとうございます!!


169◆2k1ML.3QRw09/03/16 02:33:44 ID:OF6udVAP
           /:.:.:_:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.l:.:.〉:/:リ:ヽ、
           ノ:.'´_:._`:.、:.;、ヽ:.:./:/:/'ノ:.:.:.:.i
          ノ:´:.:.:,:/:rゝ/;tYl:Vム;.Y、ー':.ヽ;!
            l:.:,r:'´Y/   l:l ``′ ';.l ヽト:.:.:.:',
         )k/:./l;'.__  l:!     リ ._リ';.`Y
         〉-;.:'l l _`ヾ、 _, 、, r'´_/. !r-!
         l 'Y';.l ´ 赱〕``    '近l ` リ< !
         ヽ.ヽヽ.       l     ,'-,ノ
           `';Y',     l,     ,' ´    保管されて嬉しすぎるんで、
           ,.rハ'´`丶、__ _  , ' __    調子に乗って「やる夫番外編」を投下しちゃいます。
             /: ヽ \   ヽー  /〉′.〉
        /:ヽ: : ヽ l  .!- ィ' 〉′ /ヽ、   明日の投下後には、まさかの「谷口番外編」を投下します。
        /: : : : ヽ: : :,ツ__ ...'`-'.、'  /ヽ: : :`:、.、
    ,. :':´:-: 、: : : : :ヽ:〈       !ヽ .l:_: : :>: : : !:.', それでは投下を開始します!!
   f'´: : : : : : : :\: : :',:ノ ` ̄ ̄ `ヽ,' li: :`丶、: : :l: :l
  i: : : : : : : : : :-: :_ヽ: '、 ー----、ノ,イ l: : : : l: : :!: :.l
  !: : : : : : ; :-:-: : : `/:.!l     ' ,ll!:::', l: : : : !: :.l: : :!
  !: : : :./: : : : : : : /: : ',ヽ、ー ''ノ:!l::::',l: : : : l: :l: : : i


関連記事
スポンサーサイト



[タグ未指定]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yaruowohiroiyomi.blog.fc2.com/tb.php/296-0faf8b33