やらない夫は人気者のようです 薔薇水晶番外編 私が虐められた理由


83◆2k1ML.3QRw09/03/11 02:35:53 ID:K//kk+lK
          _  --- 、/^ハ __
    ,、  , -‐ァ´    _ 二V∠ -<
__く`レ-      ̄ ̄ \´〈 トー-、-\
` ァ‐ィ^ー/    l    l   ヽ| | \ー- _
// ′ l      ! |  l    トj   `ト-二 ‐ 、
´  |  l   |__ |  ! | ||| |  :    |、  \\
  | ‐ト、_ l{⌒j}.: | l |_L.L!|: |  :   トヽ   >>
   |   !:ト、` 7ド、∠lAAA|ハリ     |ヽヽ//    薔薇水晶番外編
   |!| l.士l土メ、|ハ{ }マ{リィjリj|′    ヽ |/,、く
   l小|小_迷j` ヽ ヽー'‐メ 小     / / ヽヽ   「私が虐められた理由」
     |.バ´ 〈      ̄イ ト.| l |:.  / ハ| _l |
     ! .:ヽ、 -_‐  _/l |ィ! l l   {_‐ 二二二_ー 、
   / ,、_ノ_ノ>  _ j |!| |ノヽヽヽ:.    ヽ  || > >
.  / {_: : :  ̄ヽてソァj´ ヽ ヽイ \ ヽ:...    ヽ//
  / /´ノヽ、: :ryjァiヘ´{ / >ー--`---ァ―_ニ ヘ||
//{: :{:.. ヽ ヽソ‐イj:._ : : : : : : : : : <<`ヽ.  ヽ
/ |: :ー{__ノス⌒ノ 、: : : : : \: : : : : 、 \\:\ ヽ
   ハ : : /{ rー{´  rヽ: : : : : :_ヽ: : : : : >j,\ヽ'  ハ
 / ノ: :/: :`〉: : : ̄: : :{__: :ノノ--- ⌒`´: : /ヽ\ i
/ //: : {: : : {{ _ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /´イ  ト、
/ /: : : :l : : : :j `ヽ: : : : : : : : : .:.:...: : : : : : :/ /ヽ ヽ.  l ヽ、
  i : : ヽハ: : : :!_ノ : : : : : :...〈:.ヽ`_ニ_: :イ /:l  l .ヽ l ヽ、
  {: : : : : ` ー┴- 、: : : : :..:/}:. : /小: : :| / :|  l  i |
  >:- _: : : : : : :` ー-: :{_..:l: ://ハ:.ヽ!j  :!  |  l |
/: : :ヽ:ヽ 丁 ー―――ァ-ヽ{{ /.:..:.ト/ハ  | | | |
: : :...:..∧ .ヽ l .:..: :ヽ: : : :/ `ヽ、== イ ヽ   j!  | |
: :..:/ :ヽ ヽ .:.. : : \∧: : : : } ヽ.:..:..:.|       l!  | |



84◆2k1ML.3QRw09/03/11 02:36:09 ID:K//kk+lK
────────────────────────────────
お父さんは優しかった。
────────────────────────────────

         , -‐ァ '´ ̄ ̄>‐ 、
          ( /  冫 '⌒ヽ   丶    「いつも私のことを考えてくれていた。
         〈/ , l|   、ヽ 、   \    今思えば、この時が一番幸せだった。
         ,イ/ / 八   ! ハ \ヽ /
           { l| ,' 厶--、 l ィ弋 | K
          `丶! 八x=ミヽノ r= 、Yl !ハ
           |ハ 〃  j〉 〃 リ从ノ
             ヽ ハ r‐--‐っ / r-y'⌒ヽ、
              /::|lヽ  ̄ ̄,イr=┴'=―<ト、
             /:|:::| \`ニ彡'´jl    `丶、∨ハ
        ,...::'::´::.::.:l::.:レー¬彳 /lト、丶、  `ヽ`Yl
     /:::丶::.::.::.:::|::.:V 人{  l|」」_ヽ、`_ー-ッ l| }:〉
      |::.::.::.::.:`、::.:: |::.:::∨ | ト、lリr去ミ 7芯XTル'::|
      |::.::.::.::.::.::l::.:: |::.::.::∨ l|}ハ`ゞ' , ヾ= イ l::.::.::!
     |::.::.::.::.::.::|::.:::|::.::.::.:∨! ! | ヽ、 - ,.イ! レヘ:::|
    〈::.::.::.::.::.: |::.::ヽ、::.:::>ーへ、:::〕 ー 〔_:八 / 〉、
      !::.::.::.::.::.:|::.::.::.::`::/ ,二ヽ、_)'´\/: K^ヽノ ハ
      |::.:;'⌒:;斗-‐ァ-y' _ 二)‐┘|: : /: : : L_: :| ト(_/
     |:/::;::.::.::.::.:::/ /  /^l | (fう}左ニニ{fう):| |: 、
     |:::/::.::.::.::.:::l ├ァ7 : ヽ〉r勿: : : : : :`爪 リ : `、
     ∨::.::.:.:_:_:_:ヒレ'::/: |: l : :.乢}: : : : : : :{」」〉 l: : :ハ
        ` ̄_ }::.::.:/:.: :l: ! : {! : l: : : : : : : : : l}:|: :/:ハ
       ,.:'´::.::.:`丶::/: : : :l:|: : {!: .:| : : : : : i: : :.l}:∨ ;': :ハ
      /::.::.::.::.::.::.::.::ヽ: : : :|l:.: :{!: : l : : : : : l: : : l} :レ′: : :〉
    {::.::.::.::.::.::.::.::.::.:::〈\:_:〉 : {!: : :l: : : : : :l: : : l} :| : : /
.    l::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::〉‐-|: : :{! : : |: : : : : :!: : :.l} :L/|
    !::.::.::.::.::.::.::.::.:八ュ イ: : :{!: : : !: : : : : |: : : l}: :l_ ノ


85◆2k1ML.3QRw09/03/11 02:36:24 ID:K//kk+lK
────────────────────────────────
小学校に上がる時、
お父さんとお母さんが別れた。
────────────────────────────────

         l    .:/   , /  i .::|:::.:l  |
        ノ    ,.ィイ.:::/  .::l.:|:|::::::|:::. ト、 
        彳  ,ィイ 1:|::,'  .:;ィイハi::::::|::.:.:.ヽ|
       |.:.:|, イ‐リ-トト、::.;ィイ仁=ト-ヾ::::.:.:.ト、
       ト、:i { r‐ェテ ヽl/ ''テェ‐ァ .:!.:ト、:;!/
          ヾ::、    ,        !/::/   薔薇水晶、ごめんな
          仆    :j 、      イ:/
             `、   _ _     /i,ハ    お父さん、お前とはもう会えないんだ…
            ヽ  ー `   / .|;;;:;:|
             `ト、 ___ /   !;;:/、    薔薇水晶、お願いだ。
              /.::::| ヽ   /   l::::.:.L   これから大変だと思うけど、
          , .イ .:.::::|    ,/  /.:.:::,! ``i::.、 強く優しく生きてくれ!!
     _,,、-r‐イ  1 .:.:.:::|      /  .:::/   |:::::.lー- 、
   / _,, |:::::|   |/^ヽL_  _ノ /\/    |::::::|   ``'' 、
  / ,r'´   |:::::|      /ヽ  / l         |::::::|`¨`ー-、 ヽ

────────────────────────────────
原因は分からないけど、
恐らく母さんの浮気だ。

離婚した直後に”桜田さん”が来たから間違いない。
────────────────────────────────


86◆2k1ML.3QRw09/03/11 02:36:57 ID:K//kk+lK
           /   /     /::::ヽ _,斗:.:.:.: :   |   !  :...   \
            〉   丨    ::ー‐^´¨ |:.: : !:.:.. ト、  |   :.:.:... : :..`ー-、
              |   |  il  ::|       ! ::∧:. :.  ,=‐i   :.:.:.:.:...:.:.:..:.:./
             / .:.:.:.:|  i|   ::|       | / ,ィ|,.イ´__ ∧  ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
         / :::/イl|  l|  ::|=、>ー=、 i′|:rレ弍¨ヽ ト :.:.:.:.:.:.:.:.:./
        ./::/  /   |  |´戈¨T |ト==、|| 弋__ソ‐|/.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
        レ'゜   / /  iヾヽ! 辷_ソ」|   ヽ=====' マヽ.:.:r-‐'´
 rr‐、           レ' レ'〉 ! ヾニ=== ′〈           'ノ::;;;>   君のお母さんと結婚した桜田ジュンだ
 ト' |                  ̄ヾヌ、      `       ,/‐'´
 |  |                 ̄ヽ       ー‐      /       気まずいとは思うけど、よろしく頼むよ
..ノ  l'⌒!                \           _, ィ´
´ ノ^ヽ '、                  `¨ニt-  -‐' ト-┐
  /`ヽ.ヽ、          _   /´iイ      |/ ヽ―-- 、__
   ‐'´`ヽ. i、          /i  ゞ7″ | ′    /    |     `ヽ、
\   イ-'  ヽ       /  i  / ,ヘ |____,_/ |―、  |    /  ヽ.
  ヽ.  ″    l     /-‐'´ | ./// ヽト-―/ニ,ノ  \|     /   \'、

────────────────────────────────
”桜田さん”とはあまり馴染めなかった。
私も”桜田さん”も活発のタイプじゃないから仕方なかったんだと思う。
でも、ある日私は、少しだけ勇気を出してみた。
────────────────────────────────


              ,  -‐─‐- 、
           ,. '´,. '"´ ̄~   ``ヽーyrァ
        く⌒ヽy′   .l.:l.l  .:.l:.. .  `V/L_
          _>, イ:|.:. | .|::|:.|:| .:::|:|:::::::! .:!`Lミ>
      / / ノ:l:|:.:.⊥:|┼|:ト、 .::トト、:::| .:l::::く
     ////ハ.:.l:|:.:. |:.ハ/_lノ ト、/ ノ Vハノ.:.:/
        / / Vハい, ィト‐イ1   {(Ⅹミ}:.:./
       ノ / .:.:.:Vハ ヽ弋ニソ    `ーくハ/   お…お…
          / .:.:.:.:l.:.:.ハ:.ヽ ' ' '   ' ' 'ノ ヽ
       / .:.:/.:.:l.:./ ノi::. L__  ゚_.. イ:i .:.:.ヽ  お父さん…
        / .:.:/.:.:.:l:/_ノ  ト、 V´フ ``1 .:.:.:.:l
     / .:.:/.:.:.:./ ⌒ヽ、  | {薔}   ノ .:.:.:.:.!
      / .:./.:.:.:.:/    `ト‐‐く(公)-イ ヽ .:.:.:l
      ! .:/.:.:.:.:ハ    |    `Y´ j   ハ .:./
     V.:.:.:.:./::八    {     ハ j  ノ.::l /


87◆2k1ML.3QRw09/03/11 02:37:28 ID:K//kk+lK
|||||||l'     ||||||,ヘ|||||||||||||/=|||||-=ー‐_'´ ヘ|ヽ‐--::::――┴―‐|/
||||||l      |||||/ |||||||||||/-,,'´|||l''´' ´  ̄_  l|||0.|======ヘ||||/
|||||l'      |||l/  |||||||||/r '´イ||l==r ̄`ヽ ̄T|||r'       |||/
||||||l    /|l/  |||||||ハ|l.   ||'| ,' , ○ヽ ゝ||,        |/
|||||| l  /,-|l/=、 |||l/ l||l.   |ヘ l ゝ、ノ l /´||||       /
|||||| l/',´ 'l/,=ヽヽl/ ,,-ゝ|l:   ヽヽ_,,,==ゝ-' |||'          '´
ヽ|||| r r'´ r't ̄0ヽ||l〆,,, --ゝ|l=、   ̄ ____, -‐'´,'          7、
|||T|| ||l.l、 || l l ヘヽ||l' ̄   ヽ`ー--―',--―´ ̄//          |
|||||.` ヾヾ- ヽ ゝ`'´ノl|l       ̄ ̄ ̄  / / / /       |
||||||.  ヾハ ヽゝ'´,// l             /   / /        |
|||||||.  /ヾ ヘ_, -'´‐'´ /               / / |        /
\||||. /  T-‐' ´   ヽ                  / |      '
  \| l'   ||||ゝ           _,,,、、                    ………?
ヽ   |l    l|||ハ         t=-‐'´
 ヽ||||l    ||l  ゝ
  ヽ||     ||    ヽ                   /    /
   ヾ           ` -、              〆    /
                   ` ‐、      , ‐'´  \ /
                       ` ー'´    / /

────────────────────────────────
私の勇気…
それはあまりに残酷な形で帰って来た。
────────────────────────────────

           /   /     /::::ヽ _,斗:.:.:.: :   |   !  :...   \
            〉   丨    ::ー‐^´¨ |:.: : !:.:.. ト、  |   :.:.:... : :..`ー-、
              |   |  il  ::|       ! ::∧:. :.  ,=‐i   :.:.:.:.:...:.:.:..:.:./
             / .:.:.:.:|  i|   ::|       | / ,ィ|,.イ´__ ∧  ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
         / :::/イl|  l|  ::|=、>ー=、 i′|:rレ弍¨ヽ ト :.:.:.:.:.:.:.:.:./
        ./::/  /   |  |´戈¨T |ト==、|| 弋__ソ‐|/.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
        レ'゜   / /  iヾヽ! 辷_ソ」|   ヽ=====' マヽ.:.:r-‐'´
 rr‐、           レ' レ'〉 ! ヾニ=== ′〈           'ノ::;;;>    薔薇水晶ちゃん、
 ト' |                  ̄ヾヌ、      `       ,/‐'´ 
 |  |                 ̄ヽ       ー‐      /       ぼくは君のお母さんと結婚したけど、
..ノ  l'⌒!                \           _, ィ´        君のお父さんではないんだよ?
´ ノ^ヽ '、                  `¨ニt-  -‐' ト-┐
  /`ヽ.ヽ、          _   /´iイ      |/ ヽ―-- 、__
   ‐'´`ヽ. i、          /i  ゞ7″ | ′    /    |     `ヽ、
\   イ-'  ヽ       /  i  / ,ヘ |____,_/ |―、  |    /  ヽ.
  ヽ.  ″    l     /-‐'´ | ./// ヽト-―/ニ,ノ  \|     /   \'、
   \      l. ,.-‐'     : レ' ′  く !  //          /       ヾ、

────────────────────────────────
恥ずかしかった…
この世から消えてしまいたかった…
自分が凄く惨めな存在に思えた…

考えて見れば、
この時から私の価値観は変わったのかも知れない。
────────────────────────────────


88◆2k1ML.3QRw09/03/11 02:37:48 ID:K//kk+lK
            /ヽ /  / / //ヽ,.'ヽヽ ヽ \
             〉 / ! 〈  {  | |゛゛"''''|│ 〉  !
           〈 ヾ| i ヽ_lyz七リ>   | | /  | l
           /`ハレレ|,,r==ミ     ム,Lハ / ! !
           //,' r | l |`V::ソ       ~∨ / /
          // | ヽ|│!.  ̄    , r=z、 /∨l/
          // │ ヽ! |    rーy    / 〃   あなたって生きてる価値あるの?
         //  !  `、!>、  r、`´   ,ィ / | 
         //   !!   !  `ノノ )7 </ル'  !    死ねば?てゆーか早く死んでくれないかしら?
          rヾ  ̄ ||   lr‐ 'フ, '/ |ヾ| !  |  !
        ,',ヘ ヾヽ||  /   ∠- ァ! \|  !__ヽ
      /!  ヽ | |||/     r--'ヽヽ `ー、ヽ ¨ァ
      ,' 〉  ヽ !_/    ,、┬、二ゝニ \   ヽ!/│
      ! /   / |   ィ´ ! !    | \_   |_ !

────────────────────────────────
小学一年生の時、急に虐めは始まった。
急にと言ったけど、実際は当然のことだろう。
この頃の私は、毎日死んだ魚の目をしていたのだから。
────────────────────────────────

            〃/  /     ||  l| i|  | ! |!  :   |¦   ヽ ヽ
        〃/  / ! ! ヽ、l|  l| }i|  | |∥ ! i :  j  !    〉 }
         〃/  ,′| | ¦`ヽ、 jjハ||  ! }i|| |¦i i :   ハ     /
        {L{..__,′ { { {_j_j_L≧xl|{ j}、ji|| ||| | }l ,′ . / /
.        `¬7メ、、 \ 云=弌 从メ≪卅ナナノノ从ハ   ∨/
          ,′}ハ i  i l}{戈::::!:::}    ヽ≧≪j乂i| |ハ  / /
          ,′ノノ }i  i 从   ̄       `~フノ| i| ¦  y /ハ
         ,'/ / i  l/j l|ヽ、   _'_   `ナ| i| i  / / ハ    ………
         / / i| i  i¦l| j}>。、    ィァ| i| ¦ { { / ハ
        //  __」..⊥ /¦l| `ヽ≒ `Y´ア≠ア¦ i| i _≧ニニミ、
     /〃,'   ハ    `ヽ j| __ノ^ヽ`'~'゙^≠ヘ、j__j|_ノ´    / )メ
     `≒=、 { ヽ、 _      ‐- 、,≧zく           -‐ f´}//∧
        ,'\\    )  ̄ _ 二ニ=  {f必) }  =ニ二 ̄   / // ハ
        ,′ ヽ ヽ   ̄ {    /^}゙¬{ヘ、`ヽ、  / ̄  // / ハ

────────────────────────────────
虐めは辛かった。
でもどうすることも出来なかった。
クラスメートは全員敵、先生は頼りにならない、
親は私に興味を持っていない。
絶望とはこの事だと思った。
────────────────────────────────


90◆2k1ML.3QRw09/03/11 02:39:19 ID:K//kk+lK
     ∠ィ-,‐'´l// ./ | .|   l      |  l  !    !、::_ヽ_、 ̄``
      /./   / l  !l| l!  l,イ  ∩ | ,l ,l !l |  l    !l ヽ`ー 、_
.   / /     | l | ! -l┼'ト ll ',  .`乂/|ノ廾ナノイ.!|| l !  ヽ、  `ー-、
.  /   /     ,!',! l | |ヾl‐!lニ、ヽ ヽノ/'´r'イΞトlィノ|ノ / !/ |   `i   /
 ,'   !     ,' ´ヽ|`ヽ! ` いソ`     ヽ)〈ヘ'ly''/'|/l ノ'   !   ,'  ./
 ヽ 、_.ヽ   /   .| ,l l   ̄       `ヾ='<´\||    !   / /
     \ヽ /    |  !〈|         ′     、ノ' /l |    レ' /
       )ヽ   l  l'ー、     ─-       /,r||  /.,ィ'    ………
      / 〉  |  |  |\              /|  ! |  / / ',
    _/  /   |  l|   ! _r‐ヽ、     _, -'ヽ、_|.  l|〈  \ ',
._, -' ,, -'" /    l  l.|  .Κ._ ヽ.__`ーィ'"冫 __,∠   l !  `‐ 、_`ー─ ----
‐''´    /     l  !.|  く :::`:´:::::::L 'y-, -': : _> |.l      `', ̄ ̄ ̄
     ,' ___.l  .! !   l``,ー、 ::::::::ヽ_:::::: .<ー|   l.l     ____L
. ┌―'匸__    ̄``ヽ、_,-'´  :::::::::._-、_!、:::::::::: `‐-、__|└' ´ ̄    ` ー/
  !     ヽ_ __      `   /`<y`t!\            `ー--、:_  /

────────────────────────────────
何年もの間虐められた私は、何時しか笑い方を忘れていた。
高校に上がる頃には、言葉すら失っていた。
そんな時だ。
親が私に転勤を告げたのは…
────────────────────────────────

           /   /     /::::ヽ _,斗:.:.:.: :   |   !  :...   \
            〉   丨    ::ー‐^´¨ |:.: : !:.:.. ト、  |   :.:.:... : :..`ー-、
              |   |  il  ::|       ! ::∧:. :.  ,=‐i   :.:.:.:.:...:.:.:..:.:./
             / .:.:.:.:|  i|   ::|       | / ,ィ|,.イ´__ ∧  ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
         / :::/イl|  l|  ::|=、>ー=、 i′|:rレ弍¨ヽ ト :.:.:.:.:.:.:.:.:./
        ./::/  /   |  |´戈¨T |ト==、|| 弋__ソ‐|/.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
        レ'゜   / /  iヾヽ! 辷_ソ」|   ヽ=====' マヽ.:.:r-‐'´
 rr‐、           レ' レ'〉 ! ヾニ=== ′〈           'ノ::;;;>   ごめんな、薔薇水晶。
 ト' |                  ̄ヾヌ、      `       ,/‐'´     ぼくの仕事の都合で転勤することになった。
 |  |                 ̄ヽ       ー‐      /       薔薇水晶には、VIP高校に通って貰うことになる。
..ノ  l'⌒!                \           _, ィ´        転校は辛いと思うけど、どうか耐えてくれ。
´ ノ^ヽ '、                  `¨ニt-  -‐' ト-┐
  /`ヽ.ヽ、          _   /´iイ      |/ ヽ―-- 、__
   ‐'´`ヽ. i、          /i  ゞ7″ | ′    /    |     `ヽ、
\   イ-'  ヽ       /  i  / ,ヘ |____,_/ |―、  |    /  ヽ.


92◆2k1ML.3QRw09/03/11 02:40:34 ID:K//kk+lK
────────────────────────────────
正直、どうでもよかった。
今に未練はなかったし、未来に期待もなかった。
どうにでもなれ、どうせ何も変わらない。
そんな想いが私を支配していた。
────────────────────────────────

/' 丁|'  i l /   /// 〃/  \ ̄ \!     |\|
\/ j|  ,レ' _ / /.///./  _ \  |\. | |/ 
. /__」ヒ.´_彡'_>=,ニドノ'  //  'ァ,.'ニ=<} '  | |
/  {{ ̄ { \ P⌒!i  //    P⌒!i ノ ,'   /! /
,/  {ハ..  \__, ゞ冖^  /' !     ̄^` ブ ///
   ハ. \   く             __  ∠ イ ,ノ'
  ,/ ,ハ 7`ト _,>       __,. イ !   /〃/   ヒヒヒヒヒ…
f´ ̄ヽ ヾ、'.{}ヘ.     `'マ二..__ /   /{}ヽ》
_) >┴=く¨ヽ ヽ.、       --     , イ   }}   この無駄に長い髪を引っ張ってやるですぅ!!
/  '´   \レ-、V__. 、      _,. イ/{{ヽ{}/《
  .'      `て{ ヽ\ `  -- /  / {{-- -}}   
 '    '    __j| ,ヘ \.  ∧_/  {{ /{}ヽ }}
,'    ,'   (_ |ヽ{i,ハ   ヽ、」.  \ {{.    }}

────────────────────────────────
実際、転校しても何も変わらなかった。
何時も通りに一人になって、何時も通りに虐められた。
全てが何時も通りだった。

彼と出会うまでは…
────────────────────────────────


93◆2k1ML.3QRw09/03/11 02:40:51 ID:K//kk+lK
                             (
                 / ̄ ̄\        )   
               / _ノ  ⌒ \      (,,
               | ( ●) (●) |     .l;l 
              . |   (__人__)  |  _,_,|,|_,      オレが作ってやるよ
                |   ` ⌒´  |, ト-=y  丶  
              .  |         }  ヽ `i, ̄‐^l     お前が住める世界ってヤツを
              .  ヽ        }   ヾ~ `  i, 
                 ヽ     ノ _   ヽ、   ;i,  
                ,,_,i     y,ソト,,__  ヽ、   ;i,
               ,/r-'"j  / / ii, `ヽ、-x,,゜r  ;i
            ,,/'/__.L、    /ヾ、"i   `ヽ `;i  i,
          ,/  /_iーヘ,ヽ、 , /i" ヽ、 i     `、'i   iヽ、
         _,) ヽ "   ネメ、_ii"~        _Yri   l, ヽ、
        _,,,>t 、ヾ、    ゞ;;/         /  ,¬    V⌒l
       ,y`;,,__   ,i     /ii'         / r-/|    l l
    _/^,,,  ヘ  l    /iil        /  l"v' y     }  l


94◆2k1ML.3QRw09/03/11 02:41:06 ID:K//kk+lK

────────────────────────────────
ニューソクデ・やらない夫…
彼の存在は、私に取って突然過ぎた。
────────────────────────────────

      / ,  l 、     l  l  ヽ  `、     〉
.      / / l l  |   l|  ヽ  ヽ   ヽ /
     |l ハ | l | | l |l  |ト、   \  \ ,.イ
      |l | l |l Nレ匕lヽ l| レヘ、ヽ  ヽ /ヽ |
     lN XヾV佖イ}LV | l廴}   \/ヽ、  |
     /   リヾ<メ、 ̄l r'´ヾ、 〈 \  \ ヽ、     ………
    /    <   , ′ ヽ\_入`―ーr――个-- 、
  └―‐- 、 / 冫く    ,.ィヘ、<:/ \  \ヽ  \_> いらないですっ…!!
.       // /!  `‐匕冖-: :`二ニ:-‐冖-..、} ヽ/ヽ
     / / / { l   r=〉: : : : : : : : : : : : : : : `く」_   \
   /  / ハ ヾニ=扱从} : : : : : : : : : : :_:r―冖‐ミ、  ヽ
.  〈  / /  \{>斤'′: : : : : : r―‐'´: : : : : : ::r‐ヘ\  \
   \ l l    7んヘ: : : _:_: r‐'´ : : : : : : : : : ::人  ヽ ヽ
     l| |    {: : : : `^´: : : : : : : : : `丶、:_:r'′ l  l  l

────────────────────────────────
差し出された彼の手を、私は一度振り払った。
でも本当は…
────────────────────────────────


95◆2k1ML.3QRw09/03/11 02:41:19 ID:K//kk+lK
::Y //r卅ヾ ヽハ ヽ 丶   `    ト、 丶 ヽ  \  ヽ
`l j l lリl リ リ l lヽ ヾ         | ヽ. \ \   \ ヽ
 ! V戈ニ少ン リ           ハ 丶 ヽ \ \  \ ヽ
 ゝ、匁辷k彡''      _      /ト、 \ \ \ \  \ヽ
V  ヽヽ `Y:!      ___ ノ   ,.'__ン /ヽ \ \ \ \  \    ちょっと嬉しかった…
. ヽ   \>l:}、           イ'´  /   \ \ \ \ \
  \  \ゞ= '≧ ─ -- < ̄l   辷=、  \ \ \ \ \
ヽ\ \  \弋,.イ ̄`ー' V'  !_   r'\  \ \ ヽ  ヽ
. \\ \  \7ヾ  ヽ l    丶 |   \  \ \ヽ  ヽ
 \ ヽ ヽ ヾ   { ハ   V      /ー'     ヽ   ヽ  ヽ ヽ


96◆2k1ML.3QRw09/03/11 02:43:29 ID:K//kk+lK
  \  /                 \  /
    X   / ̄ ̄ ̄\           X
  / ∩ / _ノ   ヽ、 \        / ∩
/ ( ⊂) |  ( ●)(● ) |      / ( ⊂)     ____
     | |.|  (__人__)  |         | |.    /⌒  ⌒\     
    トニィ'|   `⌒´   |        トニィ'  /( ●) (● ) \   
    |    |         }         |   / :::⌒(__人__)⌒::::: \   ┼ヽ  -|r‐、. レ |
    \   ヽ        }         \  |     |r┬-|      |   d⌒) ./| _ノ  __ノ
     \  ヽ     ノ           \\_  `ー'´    _/   
        ン ゝ ''''''/>ー、_           ン ゝ ''''''/>ー、_
       / イ( /  /   \        / イ( /  /   \
       /  | Y  |  / 入  \     /  | Y  |  / 入  \
      (   | :、 |  / /  ヽ、 l     (   | :、 |  / /  ヽ、 l
       j  | :   | / ィ    |  |      j  | :   | / ィ    |  |
       くV ヽヘ_ ヽ  \  仁 」     くV ヽヘ_ ヽ  \  仁 」
        ー 〕   \  〉(⌒ノ        ー 〕   \  〉(⌒ノ


97◆2k1ML.3QRw09/03/11 02:44:16 ID:K//kk+lK
             __t─-v-─ァ__
            <:::::::::::::::::::::::::::::::>
          <´:::z-r─--v、:::::::::>
           く:::::{  |    }ハ::}:::::〉
      ,...:::' ̄ヾ<::::i  ィ=z  z=く 〉:::>  
   ,...::::´::::::::::::::::::V:::レ´ !       `!::/   以上です。
  /:::::::::::::::::::::::::::::::}rj ≡≡   ≡≡|<
. 〈:::::::::::::::::::::::::_::z-┤ u '''  i   '' |ノ   短くてすみません。
  ヽ:::::::::::::::::ス_r- 、`¨l、  、__   ノ    間違えまくってすみません。
   ヽ:::::::::::::::::::ヾ:::::`ー-{ヽー--‐ イ_..:-─::.、
    \:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ-{チ-<::::::::::::::::l 
     \:::::::::::::::::::\:::::::::::|o::::::::::::::::::::::l::l
       \::::::::::::::::::ヽ::::::::|::::::::::::::::::::::::l::l
.          入::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::l:〈


98名前なんて無いだろ常識的に考えて09/03/11 02:53:18 ID:rDVXdfaR
乙乙
間違いあんま気にならんし大丈夫



100◆2k1ML.3QRw09/03/11 03:15:39 ID:K//kk+lK
こんな時間でも結構いるんですね!

コメントありがとうございます!


101名前なんて無いだろ常識的に考えて09/03/11 03:17:46 ID:jjtpqExl


他のキャラ視点は面白いな


102名前なんて無いだろ常識的に考えて09/03/11 09:19:01 ID:TQYdEbtP



103名前なんて無いだろ常識的に考えて09/03/11 09:30:27 ID:sfaaQIOk
なんとやる夫は空気とな?


104名前なんて無いだろ常識的に考えて09/03/11 12:16:15 ID:AhM1fW7J
>>95
節子!そればらしーやない!きらきーや!


105◆2k1ML.3QRw09/03/11 13:32:57 ID:lzxSbFhV
             __t─-v-─ァ__   >>101
            <:::::::::::::::::::::::::::::::> ありがとうございます!
          <´:::z-r─--v、:::::::::> これからはメインストーリーの後に
           く:::::{  |    }ハ::}:::::〉 番外編の投下を予定してます。
      ,...:::' ̄ヾ<::::i  ィ=z  z=く 〉:::> ちなみに次は水銀燈です!
   ,...::::´::::::::::::::::::V:::レ´ !       `!::/   
  /:::::::::::::::::::::::::::::::}rj ≡≡   ≡≡|<  >>103
. 〈:::::::::::::::::::::::::_::z-┤ u '''  i   '' |ノ  第四話では出番あります。
  ヽ:::::::::::::::::ス_r- 、`¨l、  、__   ノ     
   ヽ:::::::::::::::::::ヾ:::::`ー-{ヽー--‐ イ_..:-─::.、 >>104
    \:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ-{チ-<::::::::::::::::l  きらきーAAは見逃して下さい。
     \:::::::::::::::::::\:::::::::::|o::::::::::::::::::::::l::l  きらきーのが、感じのいいAA多いんですよね。
       \::::::::::::::::::ヽ::::::::|::::::::::::::::::::::::l::l  眼帯の位置は、脳内フィルターで何とか!!


106名前なんて無いだろ常識的に考えて09/03/11 21:47:07 ID:m38mDtJY
>>103
ここをどこだと思ってるんだ?


107◆2k1ML.3QRw09/03/12 00:42:27 ID:t2xaL9zA
第四話は明日投下します!
是非見に来て下さい!


109◆2k1ML.3QRw09/03/12 17:07:50 ID:QXjrh/ey
             __t─-v-─ァ__
            <:::::::::::::::::::::::::::::::>
          <´:::z-r─--v、:::::::::>
           く:::::{  |    }ハ::}:::::〉  今から投下を開始します!!
      ,...:::' ̄ヾ<::::i  ィ=z  z=く 〉:::>  容量の都合によりまた前後偏にさせて貰います。
   ,...::::´::::::::::::::::::V:::レ´ !       `!::/   ドラマの3話と4話を合体させたせいで結構長いです。
  /:::::::::::::::::::::::::::::::}rj ≡≡   ≡≡|<   本当、毎回長くてすみません。
. 〈:::::::::::::::::::::::::_::z-┤ u '''  i   '' |ノ   
  ヽ:::::::::::::::::ス_r- 、`¨l、  、__   ノ    それでは投下を開始します!!
   ヽ:::::::::::::::::::ヾ:::::`ー-{ヽー--‐ イ_..:-─::.、
    \:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ-{チ-<::::::::::::::::l
     \:::::::::::::::::::\:::::::::::|o::::::::::::::::::::::l::l
       \::::::::::::::::::ヽ::::::::|::::::::::::::::::::::::l::l
.          入::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::l:〈


関連記事
スポンサーサイト



[タグ未指定]

こんな家庭環境じゃあな・・・
お母さん出てないけどダメな大人っぽい
[ 2015/08/05 13:57 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yaruowohiroiyomi.blog.fc2.com/tb.php/293-a6d83bbf