やる夫が山形城に生まれたようです 番外編四 ローカル軍記物語の世界

391◆4SX9iJDihw11/10/08 23:10:37 ID:u/Ydt7cI

   ○  番外編四 : ローカル軍記物語の世界



・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・
                 /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:`ヽ
                     _/::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.`¬
                {::.::.::.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`¬/.::.::.:.:.:.:.:.:{_
                j::.::.::.::.::.::.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,ヘ }::.::.::.:.:::::::::::::}
               〈::.::.::.::.::.::.::.::/.::.::.::.::.::./`ヽ/"ヽ::.::::::::::〈
                ゞ:::::::::::::{::::{:: !::.::.|::{::ト、{      }::::::::::::: }
               ミ::::/`ヽ:: !-{,xニl_土‐ 、,xニ_二l::::::::: ハノ
                 `レ{ r'} \{八_ノ_` }ァニ{_ノ_`ハ}/}/
                  ム.__.  ゝ'_ ' .ノ { t.'__'/ノ     そろそろ僕もいい年だな……
                _.. イ/   、  、 ̄  ,\`く.√i
             _|   {   ヽ   ̄ ̄/^ヽ. \{
            _ノ |  ヽ    >-イ´─-   ハ\
         , ' ´     |   \   { _| j -‐      } ヽ
        /         |  ヽ,ィ 7 ` '´ j { 、__,.    /   ',
       /  ̄`ヽ      |   } 〈‐-‐…'  >‐{     ,'     、
     /    ハ    |__/ヽ  ̄|   / { !    ノ1     ヽ
    /     ノ  }          /  / /八    ヽ     \
                  [野辺沢満重]
・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・

 昔々のこと。出羽国東根には、平氏小田島長義が地頭として勢い盛んであった。
 やがて、その子孫で野辺沢郷に生まれた満定は、尾花沢の北に移り住み、その地も「野辺沢」と命名して館を築いた。
 これが今の「延沢」となる。
 満定は北条軍学を極めており、それは代々受け継がれていったそうだ。

 そして、時は戦国。当主は満重の代―――



392名無しのやる夫さん@URLを貼る時は"h"抜きでttpから11/10/08 23:11:09 ID:plwybU02
はじまた


393◆4SX9iJDihw11/10/08 23:12:07 ID:u/Ydt7cI

・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・
               _ _-、f(/       `¨丶、
             /    ''              ` 、
            /                     \_
          /                ,,        ~ヘ
          i                   ~ 'Y        ヽ
             !                       l´~       ゝ,,
         /       /  /   /   /⌒) /, ヘ、        l
     .   (      / /  /   /   / ヾヽ/ v´ゝ、       l
       、ミ     l  i   |  i,  |  i |       ヽ       ノ
        ゝ、  _..._ い \ 丶 .!、 i\ .i\!     _ i  ノ     ノ
        ∠_ f~  ヘ\irtへ-tー\f- 、   , - =,~‐-ノ イ /! ノV
          ∠._l fん ´`へr´       rt-、ィ      i!ノ ///    そろそろ跡継ぎを考えなきゃね
            \ い  ヘ       ノ i しi       /〆 '’
           Σゝ-t   ヽ、__/ ゝ \___.∠_          けど この天才的な僕の跡を継ぐんだ
           /i /  丶   ,_  _  ’\ \ノ./  i         凡夫であることは許されない
         r'~  y'    \    ̄   ̄,ニ`ヽ_ ヽ- y'
     / ̄' }   丶      丶._    ,../_  ̄ 二ー `!、、       神仏に願い奉り マイワイフを選定してもらおう
  _ <    {    \        て ~ /~    ̄    I\` i
- ´         l 、  . \     i´  >(_,,.. - '        ) \
・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・

 このとおり満重は変n××

 満重は、「もし不器量の者を跡継ぎとすれば、御家に傷をつけることとなる。尋常の妻ではいけない」と発起した。
 精進潔斎して観音菩薩に祈ると、果たしてお告げがあった。


394◆4SX9iJDihw11/10/08 23:13:38 ID:u/Ydt7cI

・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・
          x,          x,
           } 、\___// }     /
           厶- }      {‐ く    〈{_____
        / /         \ \   \     \     君の願いはしっっっかりと聞き届けたよ
        _/   i{ (C)    (C) }i  '.  _  7^     丶    僕と契約してよ
      〃7   八   、_,_,   八   V^)) /         '   霧山に観音堂を建て 仏像を千体ほどつくってほしい
  _/{{   /  ` ァ    r '   {{、  〃'く__      }
 (__.:.:゚。:.ヾ=彡     .′     '.    ゞ=彡.:.:.:.。゚-く       ′  そしたら生贄……じゃなく
  ーt__゚/      /{      ト,     \゚_r'′    /    理想の聖女を君にあてがってあげよう
            .' } ト ┐ l f⌒丶,_/⌒'      /
             {  } l   | { }               /
             丶 し'  し' 厂 ̄  ー----=彡
         / ̄「 ̄ ̄ ̄j ̄}\
         |ヽ : :|: : : : :/ ̄〉: :i|
         |: : \〉_/: : / : :i|
          |: : : 厂: ̄l/\: : : :i|
・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・

 満重は大喜びで観音様の仰るとおり、館の裏手にそびえる霧山に観音堂を建てた。
 すると、なんと不思議なことであろう、妙なる音楽が天より聞こえ、こんこんと山上に泉が湧き出したのだ。
 観音様はそこで女人を待つように、と仰せられた。

 満重がお言葉を信じて待つこと、数日―――



395◆4SX9iJDihw11/10/08 23:14:36 ID:u/Ydt7cI

・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・
          ,、.'´,.>ーv- 、
         (,.'´_;;;;;;;;ヽ_;;、、\、
        /ム, -''"¨;}三;;;;;;;;;;;ヽjヽ           _.. 、、 _、
        {;;;;;/;;;;_'ニ;、、l_;;;;;;;;\ノ};;;゙、         ,':r' ̄   `、
        レ'´;;;/    iゝ;;;;;; \;;;}   __.. - 、_ _/::/ラヘヽ、  `
       /;;;;;∠、 r‐ t  } ヽ\;;;;;;;;;{ /〃ミゝ、::レ::/>'ー-\
      ,´N;;;;/riuヽヽノ 'ニ__- |;;l;;;;;;;;;,.!'´'〃`>丶、V///⌒ヽ_ゝ、   (⌒ヽ
     / /;;;;;;;;;!└゜'    fi::d⊥;l;;;r'/::::ll/``丶、//⌒ヽ¨三`ヽトヽ、    rーナ>、_
    ,' /i;;;;;;;;;;{    〟   ¨'´V;;;;//!/:::::ル-‐''ァ二V/ - '' ")::::::::ヽリー'´ ` V、〃r-- 、、`ュ
    イ//;;;;;;;;;ハ  fニ ァ   ,イ;;;;;j/ レ/イレ'´/ ,'  ̄`ヽ、/ヽ::ヽ、ヽ__二ニ>Yト/⌒ヽ、  ヽ,
   / 〉〃!;;;;;;`''ヽ、 `''´_..-'´/;;;;/lレイ:::/' V   i _    ハ:::`,:::::ヽ:リ_,,,,, √V/ヘヽ  ``丶、
  /   j;;;!、| ハ;;;;;;;;;;;/7∧ /;;;;;;{/1;レ´/:::/=_≡  ∥ =_=ーヽ::i::::,';;::}ン  ̄/r->-ーヘヽ`、  V
 !  ,';;;;;;;;;;/Vl;;;/ /::{  V|;;;;;;;八N;;/:::::{<〔|il}     fiilゝ、i:::::l/;;;;;j:l //ll/,'    ヽ、ヽ、__〉
丨  ,';;;;;;;;;;ll;;;;;|/  {:::rV/ユ|;;;;r:':::/;;;/:::/:!7 ¨¨      └’'- }::::l::,';lj;;'i/ /ll!,' ,,-,= ヽフ,rヘ `i
|  i;;;;;;;;;;;;| `l   ; }/  O/;;;l:/;;;;,':::/::ハ     ;;     〉'!::::l/;l',;;;:::'、/ / f'´,ィi'¨_ヽ (カト、 ヽ
|  !};;;;;;;;;;;ト、 l  `、   〈 !/::;;:::::;;{:r 、:ハ    ー     /j:ll::::l::;;;l:',;;;:::'、/ l> ̄    〉 } `、 !
   |/v;;;;;;;;;l ヽゝノ`、; O':::;;;;:::::::::;;;l \>≧ラ    _ィj:/:::リ:::l::;;;;l::',;;;:::::', ヽ!    ー=' /;; ノ ,'
   l;;;l/;;;;;;;;ヽ \:\  / ,:;;;:::::::::;/::l⊂ニ/ニく≧ー '´ レ::〃:::|;;;;;;;l::::',;;;:::::'i丶,ヽ,    / 〔  /
   !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\_`=ラ ,. '::::::::::::;;;/::::l`ァ〉r'´ーニ〔   /:/:::〃:l¬,,L::::i;;;:::::::l l ヽj r tーi〔,_ノ/
   ゙、;;;;;;;;;;;;;;゙、\/:://:::::::::::;;;/::::rl:〈/フ´_rt<´〉  /:/:::::/;;ノ/,. '´`ヽ.;;;::::|ミ丶ッ'´::人  `ヽ、
    ヽ;;;;;;;;;;;;;V´::/,':l:::::::::;;;/`t'´i l:l  '´!、|`' lr'7:/:::::/;;;/,. '´  _}::l!;;;:| 八 /,'八`-、}
     \;;;;;/::,ィ ,'::l:::::::;;;r'´  ヽl l::`,   {  ,' /:/::::::/;;;/   , ‐'´ ,'::;}!;;:|'´  ト 、  ノヽ、 j
       〉'::::/ :,':l::::::::;;;;ト-、、 r卅::::::}   }  レ::/::::::/;;/ , ‐'´    /::;,'l;;;:|  《`、ヽ/   ソ
        /::::/  :,':l:::::::;;;;,'   ヽミュツッリ   ト、 `,:::://⌒ヽ    /::;;/ |;;:lノ /  |V  r'{
     /::::/ !  ,' l:::::::;;;/    {≡シ;;;/   トヽ  )、イ〔  ,、‐'´  /:::;;/ };;;l;;V   ハ  { {、
・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・

 なんということであろうか。
 泉に数人の天女が舞い降り、その羽衣を木にかけると、水浴びをなさったのである。キャッキャウフフ。

 満重は、天女の美しさに呆然とし、これこそ我が妻なのだと思い定めた。


396◆4SX9iJDihw11/10/08 23:15:46 ID:u/Ydt7cI

・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・
                    _,,.‐一ー、__
                 __-ー       `ー― 、          r‐‐00
               _/               `'、        く,勹|  [][]「l
               | 、               │        く_ノ    くノ
              〃 |                  |
                 |, - ‐|                 |
            _ノ′ _r'、                   l,
            _l   /:::::入               ヽ、
         _,.-‐'フ _/´::::/  ヽ                `'ー 、_
    ___.,r一'  _/  /::::::(_                       `'ー 、
   ゙゙      〃   ゙ヽ:::::::::ヽ                          `
              ゙'、::::::::\        _
               ヘ:::::::::::::`――――'´:::::`‐--__
                \::::::::      ::::::::::::::::::::::::::::
                  ヽ、::



               _ _-、f(/       `¨丶、
             /    ''              ` 、
            /                     \_
          /                ,,        ~ヘ
          i                   ~ 'Y        ヽ
             !                       l´~       ゝ,,
         /       /  /   /   /⌒) /, ヘ、        l
     .   (      / /  /   /   / ヾヽ/ v´ゝ、       l
       、ミ     l  i   |  i,  |  i |       ヽ       ノ
        ゝ、  _..._ い \ 丶 .!、 i\ .i\!     _ i  ノ     ノ
        ∠_ f~  ヘ\irtへ-tー\f- 、   , - =,~‐-ノ イ /! ノV
          ∠._l fん ´`へr´       rt-、ィ      i!ノ ///
            \ い  ヘ       ノ i しi       /〆 '’
           Σゝ-t   ヽ、__/ ゝ \___.∠_
           /i /  丶   ,_  _  ’\ \ノ./  i
         r'~  y'    \    ̄   ̄,ニ`ヽ_ ヽ- y'
     / ̄' }   丶      丶._    ,../_  ̄ 二ー `!、、
  _ <    {    \        て ~ /~    ̄    I\` i
- ´         l 、  . \     i´  >(_,,.. - '        ) \
・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・

 なので、ひとつの羽衣をこっそりと隠し、帰れないようにした。


397◆4SX9iJDihw11/10/08 23:16:40 ID:u/Ydt7cI

・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・
               ,,.. -‐ ¨¨ ̄¨>.、i,.
           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
          /::::::::::ハ:::l\ト、;、::::、::::::::::::::゙、
        //::::,レl,/ '、! -‐‐''''ヾへ:::::::::::::',
         ,';:::/,.-,.    ィハiヽ   ヘ::::::::::::i
           lハ Iヒi    ゙' ´    ,レ-、::,'    母上 今日はどうかしたのですか?
             ゙i ¨ヽ         )'´)'
             l   、r''".i     ,.、ノ
            ヽ、 ヽ_.ノ    /l┘        i¨l ,.-,...
      ,.、       > 、    ィ ,,..イ¨i--、    n ! l_/ / ノ _
    (ヽ ヽ丶     ,イ´   i ¨´uニ"   l   \    i ヽ   ' .''´ノ
   (丶ヽ` ' lj¨i /     l  /l。l \   l    ゙丶、.l       /
  r-`ヽ     i'´       l/ .l。l   \l      ,〈 >-  ..ノ
   `¨゙ヽ   ,.イ   i        .Ll       / /ィ./   .,'
      l    l    ',               l / / /    ,'
      l   l\\ i             lヽへ    ,.'
 .      !     ! /ヽ'ーl             l   ヽ- "
              [月若丸(後の満延)]
・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・

 その後、いろいろな大人の事情によって、満重と天女様の間にたまのような男子がお生まれになった。

 それが武略羽州一と名を轟かすことになる、満延なのであった。


398◆4SX9iJDihw11/10/08 23:17:45 ID:u/Ydt7cI

・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・
              i l      _,,,.-―''''" ` ''‐、
             ,' 1    ,.'´ / ,,,,,,,,___ ヽ、
             { i  __,.,.'´ / r'      ` ヽ、
             l ト-'i  У ̄` ヽ 、へ _    ハ
            ハl iヽ/γ ⌒ヽ_,,,.-―''''"`ヽ`' ー- 、`、
       ,-一---r.'´l l k //⌒ヽ`i、 _,,,.-―`''ー{--t \ `;
     ,.'´,.'´ ̄i''ー-、,V彳/ノ へ i j`''ー-、,    <  ゙; ` 、
    イ /    1//`、レ ^`ヽ、`' ー- 、, ` 'ー- 、, |、 `、`、
   //     / ,,,,,,,--‐'''八、`ヽ、   `''ー 、   }  `、`、
   1i    /, -'",-'"~  /  `- \ `''ー-、,  `''ーイ`、 `、`、
   l l   〈 //  i   '     `、 メ    `''ー-、, 7`、 `、`、
   | |   / イ '  '   '      i / \      `フ `、 `、`、
   ,i l  // ` /  '   '    i`、 _ _\     i   `、
   l1 //  〈   '   '    1|  一--一 ヽ、   l`、`、`、`、`、    ごめんなさい 月若丸
   `v ,'    `、/   1, -'"      _,,.=―''。》    | `、`、`、`、
    , i     〈    ' ,=-            ゜ ' `、 j  `、`、`、`、`、  知ったからには戻らなければならないの
    i l      i   l ャ            / _,,,.-―、 `、`、`、`、`、
    1 {     `、  `、    、    ,.‐'´‐'´     ` 、 `、`、
     ` l      `、   ヽ、   _.. ,.-'´ /    _,,,.-― ,\ `、`、`、`、
     1 {      1    `r''t-、, _ /  ,/   ,.‐'´     `ヽ `、`、`、`、
      ,1    / |  / ̄ニ`''、 /  ,/   /         ` `、`、`、`、
       `、  /  l  //`,l,.‐'´` /  / |l  /           i `、`、`、`、
・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・・━━・・

 だが、一家の幸せは長くは続かなかった。

 かの天女は羽衣を隠し持っているのが満重と気づき、七夕の夜に天空へと帰っていったのであった。


399◆4SX9iJDihw11/10/08 23:18:43 ID:u/Ydt7cI

           ____
         /      \
        / ─    ─ \     あのー申し訳ないっすけど
      /   (●)  (●)  \
      |      (__人__)     |   その日本昔ばなしはまだ先が長いかお?
       \    ` ⌒´    ,/
       /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      /      ,⊆ニ_ヽ、  |
     /    / r─--⊃、  |
     | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



            ,、‐ ''"  ̄ ``'' ‐- 、
        /イハ/レ:::/V\∧ド\
       /::^'´::::::::::::i、::::::::::::::::::::::::::::\
     ‐'7::::::::::::::::::::::::ハ:ハ::|ヽ:::;、::::::::::::丶
     /::::::::::::::/!i::/|/  ! ヾ リハ:|;!、:::::::l
    /´7::::::::::〃|!/_,,、   ''"゛_^`''`‐ly:::ト
      /|;ィ:::::N,、‐'゛_,,.\   ´''""'ヽ  !;K
        ! |ハト〈  ,r''"゛  ,       リイ)|    これからがいいところだよ
          `y't     ヽ'        //
         ! ぃ、     、;:==ヲ  〃
         `'' へ、   ` ‐ '゜   .イ
              `i;、     / l
                〉 ` ‐ ´   l`ヽ
            / !       レ' ヽ_
         _,、‐7   i|      i´   l `' ‐ 、_
     ,、-‐''"´  ノ,、-、 / 、,_ ,.、- {,ヘ  '、_    `ヽ、_
   / i    ,、イ ∨ l.j__,,、..-‐::-:;」,ハ、 '、` ‐、_   ,`ヽ
  /  l ,、‐'´ // ',/!:::::::::;、--ァ' /  `` ‐   `'7゛   ',
 /   l  i  ´  く   ';::::::l  / /         /     ',


400◆4SX9iJDihw11/10/08 23:19:35 ID:u/Ydt7cI

,iillllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllif;
.,illllllllllllllllllllllllハiillllllllllllllllllllllllii
,;illlllllllllllllllリハll  'lllハlメllll'llllllllllllir
;illlllllllllハlll'--lリ'  リ -ト-lリlllllllllliii'
..illllトlハl ",,..._     ,,..   iilllllllルi   空から名刀が降ってきたり
. 'iiトii、 ,; ;''"`'''     '''"`''ヾ /ii"    妻に逃げられた満重が霧山に城造ったり
 '{、<`,        ,      /"/
  `ヾ、_、    , _ "    ,//     あとは僕が十六で盗賊団を粉砕したり(文字通り)
     '\    ヽ、_ブ   ,/        伊達輝宗を追い散らしたり
      l゛ 、      /
      |   ゛' ..,_,, r "
    ェ‐‐ー-----―rl、
   /_,,       `ー- 、
   ノ   '''¬- 、..   √7
   l"       ヽ   〉 |
   /         `ヽ,くヽ,,L,,__
  l      _,,_ , y ^ \\  /
  ,,     /    へt-,,,._ ヽヽ/__
  ,"    /         7「 ̄;;;;`l
  l    ,     \   | 'l;;;O;;;;l
  '    "       丶  l l;;;;;;;;;;;;l
  ゛  /          \/;;;;;;;;;;k'



             ____
           /ノ   ヽ、_\
         /( ○)}liil{(○)\
        /    (__人__)   \    なんかいろいろチャンポンしだしたーーッ!?
        |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
        \    |ェェェェ|     /


401◆4SX9iJDihw11/10/08 23:20:35 ID:u/Ydt7cI

         ____
       /      \
      /  ─    ─\
    /    (●)  (●) \    まずこれはなんの話なんだお?
    |       (__人__)    |
    ./     ∩ノ ⊃  /     満延が書いた同人誌?
    (  \ / _ノ |  |
    .\ “  /__|  |
      \ /___ /



      /:::::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::ヽ、
     _ラ::/ソイ〃:::::::::ィ:/|:l ゙l::|ヽ:::::;、レVwリl
 .   7:::::::::::::::、:ハ|/ リ l!   l! _lハLl,i::;::::::::}
     |ハ:::::::iⅵ_l!‐_二`ヽ.  ` r≠、、`lイ:::::!
       ⅵ:ヽ  / l!寸`      弋リ冫 1:::ト    同人誌って呼んでいいだろうね
       ヾ;ヘ  ` ´           /ヾ'
          { fヽ.     `´      /ソノ     ただ 僕が書いたわけじゃないよ
          `ヽゝ.    ー ─‐   _'/      『延沢軍記』と総称される軍記物語なんだ
           ム、      /
              |`ヽ、_ __,/ |
              |       |
 .          .'`ー┤       |`7ヽ
          _/  i /!        ト l ,ト、-、_
     _,. -‐'"´/,.ヘ \ ‐‐、  ,.‐‐  / i^| ヽ `‐- ._


402◆4SX9iJDihw11/10/08 23:21:32 ID:u/Ydt7cI

             ,、 -- 、i!__
          , '´       ``ヽ、
      _ ,/            \
       ∠     li  ト、 、  、    ヽ
       /    , , |ヽlヽ!ヽ、|ヽ!ヽ     l
        レ!  ./Viレ'  , -ーニー-、レ、   .l       成立時期は江戸時代 主人公は僕になるのかな
       |  |i ,-ー、   '⌒iTッ   .| /`ヽ!
       ヽ, ', ハT:}     ゙´   ` ソノ      内容は まあ想像できると思うけど
        `ヽ', ''´ノ         _,イ-、      序盤は神仏をからめた縁起譚や起源譚を中心に
          {l  `         / ヽ┤ |``ー- 、
            /入   ̄    ,   ./  |     `ヽ、   後半は先行してた軍記物をなぞって創作されている
          ト、 ゝ>-ー'  ̄`ヽイ   /  .|    ,、 '" \
          了、_       .〉  ./    |   /      ヽ
            /ヽ``ー-l'    |  /__   |  /       l
            |  \  ,'     l`ー''| ヽ、. |  ノ         l
           |   `,'     .lヽ::::ノ   ` l    /       l
          l    ./    ト-辷      `Y /       l
           l   ./    |  ト、_  _-/         |
            |  /     |    lヽ `  l             l
          L_../       ト,    | l.   l          |


403◆4SX9iJDihw11/10/08 23:22:36 ID:u/Ydt7cI

          ___
        /   ヽ、_ \
       /(● ) (● ) \     ふーん……
     /:::⌒(__人__)⌒::::: \
     |  l^l^lnー'´       |   家臣なのに主役の物語つくってもらえるなんてすげーお
     \ヽ   L        /
        ゝ  ノ
      /   /



     /:::::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::ヽ、
    _ラ::/ソイ〃:::::::::ィ:/|:l ゙l::|ヽ:::::;、レVwリl
.   7:::::::::::::::、:ハ|/ リ l!   l! _lハLl,i::;::::::::}
    |ハ:::::::iⅵ_l!‐_二`ヽ.  ` r≠、、`lイ:::::!
      ⅵ:ヽ  / l!寸`      弋リ冫 1:::ト
      ヾ;ヘ  ` ´           /ヾ'   実際 最上家中では僕だけだろうね
         { fヽ.     `´      /ソノ
         `ヽゝ.    ー ─‐   _'/
          ム、      /
             |`ヽ、_ __,/ |
             |       |
.          .'`ー┤       |`7ヽ
         _/  i /!        ト l ,ト、-、_
    _,. -‐'"´/,.ヘ \ ‐‐、  ,.‐‐  / i^| ヽ `‐- ._


404◆4SX9iJDihw11/10/08 23:23:35 ID:u/Ydt7cI

               ,.ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙丶.
            ./:::::::::::::::::::::::::::r‐-ュ,,_:::::::::::::::::::::ヽ.
          ,イ:::::::::::::::::::::::::::::::::\ //`丶;::::::::::::::∧
         .,イ::::::::::::' :: '' ::::::::::::::::::::::ヽ.ヾ、,_ ゚ヽ:::::::::::∧
       /:;ィ´!.,'i. . . . .::::::: . .:: :::::::::::::`<ト、_i::::::::::::∧
     _,.ァ',イ. /il,' . . . . . . .. ... . .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
    ̄ ,ィ〈 /..ll:: :: :; ::; ::::::::l、:::::::ハ,:::::::::::::::::ハ::::::::::::,ィャ.ソ
      ,化ムヽli:::::::::::::::;.へ::l'ヾ、::\ヽ メ、::ヘ ゝ、:::::l /ヽ`;
      ';il::::::::::::ヘヘ:::i ';、  `   -‐ '´,.‐ャュ.、  `Y >, .i   創り 書き伝えたのは 延沢の人たち
       'ヘ:::i、::::::ト、`ヽ.、      ヾ、"ヘリ lア     //   特に もともと野辺沢家臣だった旧族郷士階級
        ` ヾ、ヘ、 イ゙リュ,       -─'"    、il>
           ` ハ ` ー゙              lN     ご先祖の勇姿を思い描き それを僕に仮託する
             ヽ.  ノ              liリl、    地域の口伝 伝説もそこに盛り込もう
               ` 、 `  ,. '"ア     / ノノ∧    いやいや原本のここはこのほうが面白い―――
                    > 、  ` ´    ,ィ_ ,.ィ"ィ  ∧、
              ,ィ ´   >、  / -‐ャ'´   .∧ヽ.
                  /        /`斤/    ト,   ,.ソヘ ∧
             f' 、    ,ィ´ ,.ィ `'   l彡ム   /    ヽヘ.
             ト l ,イヒヾ,イ'  ',     _,. -` ./  >'". \
              ヘ .l ,佳圭lil.   l-, ,.>'"    '〉 f'     ヽ.
              `、.l圭圭リ   l_!/       // l!       `ヽ.
               ∨寸'∧ ,'ア li       //  .i!         ∨


405◆4SX9iJDihw11/10/08 23:24:38 ID:u/Ydt7cI

               ,、‐ ''"  ̄ ``'' ‐- 、
           /イハ/レ:::/V\∧ド\
          /::^'´::::::::::::i、::::::::::::::::::::::::::::\
        ‐'7::::::::::::::::::::::::ハ:ハ::|ヽ:::;、::::::::::::丶
        /::::::::::::::/!i::/|/  ! ヾ リハ:|;!、:::::::l
       /´7::::::::::〃|!/_,,、   ''"゛_^`''`‐ly:::ト    そうして何種類かの『延沢軍記』ができあがった
         /|;ィ:::::N,、‐'゛_,,.\   ´''""'ヽ  !;K     と考えられてる
           ! |ハト〈  ,r''"゛  ,       リイ)|
             `y't     ヽ'        //     どうして延沢だけだったか?
            ! ぃ、     、;:==ヲ  〃         これはそういうのが好きだったんだろうとしか言えないね
            `'' へ、   ` ‐ '゜   .イ
                 `i;、     / l
                   〉 ` ‐ ´   l`ヽ
               / !       レ' ヽ_
            _,、‐7   i|      i´   l `' ‐ 、_
        ,、-‐''"´  ノ,、-、 / 、,_ ,.、- {,ヘ  '、_    `ヽ、_
      / i    ,、イ ∨ l.j__,,、..-‐::-:;」,ハ、 '、` ‐、_   ,`ヽ
     /  l ,、‐'´ // ',/!:::::::::;、--ァ' /  `` ‐   `'7゛   ',
    /   l  i  ´  く   ';::::::l  / /         /     ',


406◆4SX9iJDihw11/10/08 23:26:15 ID:u/Ydt7cI

            ____
          /⌒  ⌒\       ふーん
        /( ―)  (―)\
       /::::::⌒(__人__)⌒:::::\    郷土 先祖の歴史を思う人たちがたくさんいて
       |             |    その人たちの営みがまた「歴史」として残って……
       \              /



            ___
          / ⌒  ⌒\
         / (⌒)  (⌒)\     なんかおもしれーお!
       /   ///(__人__)///\
        |   u.   `Y⌒y'´    |    うまく言えないけどおもしれーお!
         \       ゙ー ′  ,/
         /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
         / rー'ゝ       〆ヽ
       /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
       | ヽ〆        |´ |


ありゃ・・容量足りなかったらスレ12に行きます。


407◆4SX9iJDihw11/10/08 23:27:32 ID:u/Ydt7cI

          / ̄ ̄ ̄ \
        //     \\      ……と それはそうと
       /  ( ≡)   ( ≡) \
       | ///  (__人__) /// |    天女の水浴びとか「大人の事情」とか
        \__ `ー ' ___/     そのへんの詳細はないのかお?
       /    ヾ、 //  \ ヽフ
       ヽ_⌒)ハ //   | レつ||)
      i⌒l ミ゚Д゚,,彡⌒)  ヽ_ノ  ̄
      |  | ヽ__"" ヽ_ノ|  |
      ヽ  ̄ ̄ ̄/ ヽ ヽ_ノ
        ̄ ̄ ̄ /  /ヽ__)
           (__ノ



             _,.. -‐―-―-、_
          ,.. '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::...、
         , ':::::::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::`..、
      _,,,... ':::::::::::::::::::::::,::::::ハ:::;::::::::::::::::::::::::::`、
      ,フ゛::::::::::::::::/:::/;:::::l   l;ハ;;;;;;',:::::::::::::::::::.,
      ,.;::::::::::::::/l::/ l/ l人!  l; l::N l:l::::;:::::::::::::;_
      / l:::::::::::l. v ..__,.....,   -...,,,,_' j/ l:::::::::::l
       .l/l:::::r -'~_,,..._  ;.    ,- 、‐-l:::::::,''
          j::,  ,;' .f:::i   ゙    .f:::i ヽ  /:}'    なにを期待してるの?
         lヽヽ  '`        '"   /~.l
         `、(ゞ.      ;:      /) ,.'    っていうか創作とはいえ僕の両親なんだけど
          ` 、           //
            ヽ、  - --   ,. '~        想像するのも嫌だよ
              .i. 、     ., i′
             __,j `  _ ,.. '  l._
           r' ,. l       l 、~ヽ
           l .ゝt       lkl  l
        _,. -'/  l        /  ヾ';,
      _,..-"  /   _ l‐--、 .,-―/   ヽ、゙'':.,
    ,.-"    /  r~ l l    '  f .r~,  l   ゙'':.,


408◆4SX9iJDihw11/10/08 23:28:40 ID:u/Ydt7cI

                             ___
                 ___,,..  -‐ '''" ̄: .: .: .: .: .: . ̄`'' ‐ 、
              < ,_: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: . : .: ./: .: .: .`ヽ
                  ゙''ー-、,_: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: ./: .: . _.- " : . \
                      7: .: .: .: .: .: .: .: .: .: /.: .: ./: .: ./: .: .: .ヽ
                      /: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .ノ: .: .:゙、
                       / : . : . : ./: .: .: .: ./: .: .: .: .: .: . _,.- ' , イ ノ: . :i
                    /: . : ./^ 7: .: .: .: ./------弋彡: ./ ノ , イ: .: .i
                  /: .: .: . 〈 k|.: .: . : ./Yニ=、、二 -ゞ- ' / / ,ノ: . ,ィ:}
                 _/: .: .: .: .: . ヽY: .: . // ヾミY ド、 :::::_/ /: ./ : .:/: i
              _/ : . : . : .: .: .: .: . |: .: .//        ::::::::::::: '⌒゙Y: .: ./: . |
          _ -<_: .: .: .: .: .: . : . : . : .i: .: ..! !         r'ラ2、/ ./ /: .: .|     そーだよ やる夫
         /     `ヽ、.: .: .: .: .: . : .,イ: .: .!         _ゝヾマン ./ ::人: .: |
        /        ノノヽ、_;_;_/ |: .: .|      ヽ、_    / //: ./ ヽ. |     変なこと聞くんだねっ
         /        //       i: .: .|  ヽ           ノノ./: ../   V
       /    i    //  ヽ  i   !: .i |   _ゝ、   _, イ: ./ /: . ./
      ./     ノ   /<    \    |: .|!| /: .: .: .  ̄: .: . : ./ /,イ::./
     /    /  / ト \    \  |: .| !ハ: .: .: .: .: .: .: .: ./ノ /: ./
     /   /  , イ   i \ \     |: .| !  \_: .: . : .: .// /: ./
   ./    / /  i    i   \ \.   |: .|ーー' )〉ヽ: /    /: ./
   ./  ./レ/   .i    ヽ    ヽ `ヽ |ハ.| ヽ ノノ  Y    /: ./
  ./  /      i     ヽ    r'=う㍉! | 、 .//   }     /: ./
  ./  /      ノ      ヽ  `イ/じ!  ! ヽ'/   /    /: ./
 /  /      /        ヽ //!|      ノ" ノ   /: ../
   /      /    ヽ、     // !|     /  /    /: ../
  /       /       ヽ、   { { !|   /  /     /, イノ


389◆4SX9iJDihw11/10/08 23:30:07 ID:u/Ydt7cI
不覚・・・1コマはみ出してしまうとは・・



           __v__,.._
         ,ィ'´::::::::::::::::::`ヽ.
        /ノヘイフ::::,、:::::rヘvハ、
       l'^´:::ィ!::ハ| lト、::ハ::::::::l、
       !::::::/-iナ ! l ‐ナ-!:::::トi                               やーる夫 向こうでお話しようか♪ >
         ゙l:::i -tテ    tテ‐|ハ!
        (r!    、    /ソ
         ゙ヽ、  _   ,.'′
          ,.-|ヽ、 ..ィ'!、
         l ヽl、   |、i`!                                ほぎゃああぁあああぁあああああぁあ >
        ,.イ ,ィ‐l_   _ノr゙ト、
        / レi::| ,ノ‐`-´‐ト|::!ヘ\
     ,ィ"   _|::|_>ヽ-‐'、_|::|_  ハ
    | `ヽ、 |:0:: ̄:::::::::::::::O::| !丿 !
     !    ヽ l:::::::::::::::::::::::::::::::::||'  |
    l     ゙|:::::::::::::::::::::::::::::::::|!   ゙l
   ,i      l::::::::::::::::::::::::::::::::::|    |、



                        ┼ヽ  -|r‐、. レ |
                        d⌒) ./| _ノ  __ノ


390名無しのやる夫さん@URLを貼る時は"h"抜きでttpから11/10/08 23:32:12 ID:YOJtZlpB

そりゃ親父とお袋が自分仕込んでるとこなんて想像したくもないわw


391名無しのやる夫さん@URLを貼る時は"h"抜きでttpから11/10/08 23:39:09 ID:GubyOD3o

そんな想像したくもないし他人にされたくもないわなあw


392名無しのやる夫さん@URLを貼る時は"h"抜きでttpから11/10/09 00:01:52 ID:jKUTJ11h
こっちでも乙
ケンスケ超勝ち組じゃんw


関連記事
スポンサーサイト
[タグ未指定]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yaruowohiroiyomi.blog.fc2.com/tb.php/228-1bd47a03