できない子はなにもないコンビニの店員のようです FILE 03 バーンナウトメイジ 茨木華扇の追憶

4377水都 ◆tb6lBW/wicFl2014/12/10(水) 00:40:43.53 ID:YgYDQ0rb








         「背中に気をつけろ。ためらわず撃て。弾を切らすな。ドラゴンには絶対、関わるな」

                                                     ―――― ストリートの警句













4379水都 ◆tb6lBW/wicFl2014/12/10(水) 00:43:00.41 ID:YgYDQ0rb









             実際の所、安定した稼業なんて、そうそうあるもんじゃないのですよ。

                                      特に、私のような者にとっては……。













4380隔壁内の名無しさん[管理スレ455参照]2014/12/10(水) 00:43:01.95 ID:M1jwEg4N
生投下だと!


4382水都 ◆tb6lBW/wicFl2014/12/10(水) 00:44:27.61 ID:YgYDQ0rb


                         /   ...:::::     \
                       /  .::::::::       \
                       /   .:::::::::           }
                         /  ._,.:::::::::::          i
                     /_,,..ィil.Aヘ::::::        .: .i
                     ヾ:: :::::リ!7>\:       .::::: ヽ
                    /!、 :i ト、   ヽ      .:::: /
                       /  \〈/,ベ、   >、.....:::::::::..::ノ
                   i  .:: : 〈\;;;`ー=イ .∧:::::::::;イ
                    |  ::  ヾ-ヽ.,__/ /___i:::/:ノ:}`ー 、
                     |  :   くフ‐、 二 ̄// /    ヽ
                      |       >,、/...           i
                       |       {..i               i
                     ,|      |::|       .:         .}
                  /:       i::|     .:::       .:/
                    / ::       ノ./:_|_    .:::       ..::/
                / :   .:  /:::レ′   .:::     ..::::::::i
                  /     .::  ./:::::ノ      ::::      :::: i
                    / .:    .::   /::::::{      :::        :: |
             / .:    .:: .. /:::::::::i     :::         !

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   雇われメイジってのは楽な仕事、ってよく言われる。

    現実問題として、魔法使いってのはそれだけで希少価値だし、

              企業側としても、最低限言うことを聞いて仕事してくれれば……

                        というスタンスらしいので、それは間違っていない。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



4383隔壁内の名無しさん[管理スレ455参照]2014/12/10(水) 00:45:14.50 ID:fPr4ki8C
wktk


4384水都 ◆tb6lBW/wicFl2014/12/10(水) 00:46:35.04 ID:YgYDQ0rb


.    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
.    |______________________|
    |::::::::                          ::::::::|
    |::::::::     ○   o    。            :::::::::|
    |::::::::        。     o    。       ::::::::|
    |::::::::   o          。 o           ::::::::|
    |::::::::        _,, -‐'''゛゛'''‐- 、.   o  。     ::::::::|
    |::::::::     /´: : : : : : : : : : : : : :.\         ::::::::|
    |:::::::   /: : : : : :          : : : :\        ::::::::|
    |::::::::  /. : : : : :            : : : :\.       ::::::::|
    |::::::::  i : : : : :           〃ヽ : : : :..\       ::::::::|
    |::::::::  l: : : : :            廴 ;;;;;;;;;;;  ヽ...   ::::::::|
    |:::::::  ヽ : : :     -=-   ;;;;;;;;/     ハ....  ::::::::|
    |::::::::    ヽ、     _,, - ''"  ソ  /   r     i   ::::::::|
    |::::::::       ` ̄´ ゝ‐---イ  /   /    l.  ::::::::|
    |::::::::           { ‐-  ̄ ´   /.     l  ::::::::|
    |::::::::           r=二二l ー-イ      l  ::::::::|
    |::::::::.           { 冫‐--l           .l.  ::::::::|
    |::::::::          ゝ''    l.          l.  ::::::::|
    |::::::::               ゝ            .l.  ::::::::|
    |::::::::                \ _      l  ::::::::|
    |::::::::              r‐‐.r‐''"   ̄    l.   ::::::::|
    |::::::::             / /  /ゝ、      /.... ::::::::|
    |::::::::         r‐‐'r=" /  /   ` ー─イ...  ::::::::|
    |::::::::         ` ̄`  ̄ ̄ ´               ::::::::|
    |::::::::                          ::::::::|
    |::::::::                          ::::::::|
    |::::::::                          ::::::::|
.    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
.    |______________________|

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 そもそも魔法使いであるというのは完全に才能であって、

   企業ではクローンによる魔法使いの量産、という計画が昔からあるのですが、

      今のところそれに成功した、という話は聞こえてこない。私が知らないだけかも知れませんが。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



4385水都 ◆tb6lBW/wicFl2014/12/10(水) 00:48:31.39 ID:YgYDQ0rb


                                     , -――ー-
                                   , ィ          > 、
                               -=≦ /     /       .\
                                   ′/-― /   ./ /  // ミー― '
                                //____ /-― ./ /  .//! 、 ヽ
                             ー=ニ≦,   ///! |i ./ /  .///  \',
                              /ォ――'/ 〃土リムイ  ///,| i リヾ
                             〃././ ム孑州ヽ弋ッ/ ////| i  |
                              /イ斗</ イ i!    ////、ッヽ! !ヽ !   中学生は
                                乂 }ヽ/ ,  /{ャリ! .!   /  j/   ´; 小 i |ゝ
                               ヾ`.//ム,/彡ヘ ヾ 、_    ´  イ::ノ}ハ i/     ババァなんだよ
                        _彡⌒ミ  : : : :i{ :イ i\   ` _ ユ ー=≦V彡ミ彡ミ_
                      -=≦   : : : :、ー‐―┴┤ ::..、  、ー―/゙" "      ≫
                         ≫   : : ∧ i i i i i i !  ::::::`.ー | i i/    `      ≧=-
                            ーミ   ヽ: : ∧ i i i i┏━━━「 ┴/>从ヾ彡≦ミ_ヽ
                             ⌒≫ ー:_ -`i i i i┗━━━! | ´ | |    ∧∨/ ̄`
                          ̄彡 : :ヽ  | i/'_i   _ :::::| |   .| |    ∧V
                               〃/イ从" } `′____,| |  .//      } }
                            i  i |   .! /:: :: :: :: :: :: :: :: | |_/, ' ヽ   .,-‐' ,ヽ
                             |  i |   /:: ::_ェ―ュ_ :: :: :: :! |/  〃  // ̄ ', ',
                          」  i | /:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::| |  //  .//   ', ',、
                             i__`',| /:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ヽ\ | |  //    ', ', }
                 , -―- 、____!/ //:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :; | ! !   ! !,    .: ', ',V
             ___ノ   : : : : : : : : / //:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: i |//  i ハ  .::  ', ', V
          <          : : : : : ,' /:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: | |'    / ∧ ..:::: ..: ', ', .V
      /               : : / /:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::| |   /  .∧  .::: ', ', V
     /                      :/ /:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :| |  ./    ∧    ', '  V
   /                  //:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::! !/     ∧   | |   }
  /                       /ヽヾヽ:: :: :: :: :: :: :: :: _:: ::― ― ―:|/           i   | |   i

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  結果、魔法の才能があれば企業は目の色変えて確保しようとするし、

    魔力持ちの中でも高い能力を示す者、となると宝石より希少な扱いをされることも少なくないのです。
                                      メタヒューマン
      性格面は度外視されますし、世間では差別されがちな亜人でも、ということすら無いわけではないくらいに。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



4386隔壁内の名無しさん[管理スレ455参照]2014/12/10(水) 00:48:52.59 ID:bqQv7Huc
なんでこのAAえらんだwww


4387水都 ◆tb6lBW/wicFl2014/12/10(水) 00:50:20.23 ID:YgYDQ0rb


     {: : : : :く´ ̄ ̄ ̄`丶 : : :〉: : :_;ノ _   ` ┬: : : : : : : : : : : : : : : : _.⊥ 、
 ̄ ̄ ̄`\: : : :ハ { ̄`丶   `V: : :/ ヘ、 {    丶┬: : : : : : : : : : : :_:ノ  /ヘ
         ヽ: : :ハ    ヽ  /: : :/  〃ヽ ヽ     丶--、: : : : : :_;ノ  /: : :〈
 ̄ ̄ ̄ ̄`\l: : : l   / 」_/: :/  \{   \ \        ̄`(._,/: : : : : :}
        ヽ: : ',  { _r': : : :{     \ (○ \ \_ノノV      /: : : : : : : : : :〉
/´ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ: :.\r'´: : : : : ハ、   ― ≧=ー'^/⌒ヽト __)>、: : : : : : : : :〈
             ',ー」: : : : : : ノ    __             |ヽ ___,ノ : : : : : : : : : 〉
  ,  -―――- 、 } {:_: : : :.ノ/   / /  /⌒      /ゝ○)_ノ _ノ: : : : : : : : : イ
/         \  厂´ /ヽ /  /   ヽ -、    〈 \  〈/ ̄`丶: : : : :ノ
            } /      \ l         -, ノ       } ̄`丶ノ: :_ノ
    . <´ ̄ ̄ ̄`> 、      丶、            rイ   /:ノ´
  /, ////////,     \    、  `  、        /} |: :〉ニ´-‐'´
 〃///////////,      ヽ   \     `  ー-<__ノ 〉ノ
////////////////      ',      丶.. _        ̄フ^ヽ
////////////////,      }  \       ̄ ̄   __/   }_
/////////////////     ;'> . _ 丶、          /   ヽノ<>、
////////////////     /   ̄ ̄`ヽ、ー-   /- 、   } _」_ \
///////////////     /        } ̄三二´    }  .ノ |   `丶\


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

   その辺りの事情は、亜人差別を行っていたこの日本でも変わりませんし、

     靖仁帝が即位されて、開放政策が施行された以降は特に意図的に採用していた、

                                ということも強く影響していたのでしょう。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                      .. -‐━━━‐- ..
                   ...::::::::_:/::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                      /::::::::::::;::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::\
                /::::::::::/::V:\:::::::::::\:::::::::::\::::::::::::::::.
              /:::::::::::/::{::{^"\:::、:\::::‘;::::::::::::‘;::::::::::::::::.
.             /:::::::::::/:::::〉:,   \:. _ :ー‘;::::::::::::‘;::::::::::::::::.
                ,:::/::::::::{:::::::∧:、  _,ノ≦、 ̄;:::::::::::::‘;::::::::::::::::.
             .::/::::::::::{:/:/、_ \ ー'^Yん心Ⅵ::::::::::::::‘;::::::::::::::::、
                |::{::::::::::::{::/r恣     _)刋 }}::/:::::::::::::|:::::::::::::::::::\
                |::{‘::::::::::Ⅵ _}i{     Viツ //::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::.
.            Ⅵ‘;:::::::::::\V        / }ハ:::::::/::::::::::‘;:::::::::::::::::}
               \‘;:::::::::\::.、 ' __      { `「:::::::::::::::::::‘;:::::::::::::/____
                 ‘;::::::::::::「`  {/ \      ,::::::::::::::::::::::::‘;:::::/..................ヽ
                     }\ー::::ヘ 乂__,ノ    /‘;::::::::::::::::::‘,{ ‘,゙.........................../
                    }:::::}ハ:::::::::::::.、   ,、 '   ∧{:::::::::::::::::‘; ;......................../
.               ‘;::::::::}:::::::::r= ≧=く{   //八ハ::::::::::::‘;‐-= ................/
                  ‘;::::::::::::::////> '"\_,ノ{/////‘;:::::::::」^      =-  _
                  ‘;:{\::::{////{ / / { ̄ ̄  }=ニニ=‐-- _
                 ,. ` 〕ニ=‐  { /   >-=ニニニニニニニニ}



4388隔壁内の名無しさん[管理スレ455参照]2014/12/10(水) 00:51:14.19 ID:hm0lkPVK
たまに橋蔵みたいなとんでもないのもいたりするしなーw


4389水都 ◆tb6lBW/wicFl2014/12/10(水) 00:52:19.52 ID:YgYDQ0rb


     /    /            \   \
     '     /   ヘ{V^ヽ    \、__ ヽ     ヽ
.    /      ′/ 厶=ミrヘ', }     ` ミハ
   /       :    ′     :〔\ 、     }       .
        |   i      |レ公トミ,__ 」   :.   :
  ′  '     |  ,}{-‐っ     ||´   ≧=-=ニ|    ::.   i
 :    i{ :   | /仄⌒’    |!  7´,ィ笊ヌヽ|   ハ : |
 : :{   i{ :{  |ノソ ,, -=ミ       f‐ぅ ハ j〉,  .: : | : ト、
 | :{: .  i{   |k 〃,ィ笊ヌ       く^ー'リ l{{ .: : :j : : :ハ
 | |{: : . { :i{: . |{ {{ f‐ぅ ハ         `¨  爪{ .: : : ′|: : }
 | | : : : : .  : :八.儿.く^ー'リ           /;  .: : : /: :i|/
 | |. '; : : : : : : : .\  `¨´   '       u / .: : : /: : :|「 ̄
.八{  ' : : :∧{: : : : . \_,        _,. -  厶イ⌒´ ア : リ
  \ \{ /|\{\/⌒ 、    ´   ,, -‐ァ′. : /_/
      : /|  : : |{\: :≧=-   . _/    /. : : : / >__´
        :{ |  : : |lア´ ̄ ̄`ヽ /   /: : : : //´/⌒
        |l |  : : |ヘ __   } {   ,/厶斗ァ' /
      八∧  : : ∨/   />'「 ̄ ̄    / /
     ,., -‐ヘ  : : \  //   |       {  {

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  だから、私がシアワセお抱えになった時も、

    そういった開明政策の一環であって、喜ばしいものである――

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                 };;;;;し;;;/
               ,;;ィ、;;;;;(
             く;;;;U;;;;;;ノ
              );;;;;;;;;;{
            _/,;;;;;;;;;/
           _ノ;r‐1;;;;;;;ノ
        n_,ィ;;/_,ノ;;;;;(
         ノ,;;t-‐ァ';;;;;ぐy~,ゝ
    、_,ノ);;ハ;;) 'ー~'ゝ〕{,ィ
     つ,、´        r' ,
    ´_,ノ///,     ∨
     ) n             V
     〈r' V          }
         ∨        !
        ∨          イ
          \        |
          \       ∧
            ヽ     V         >―;
              ト、      ∨  /`V  /″. '´
            ∧ヽ   />‐イ   }⌒´_/
                 ∧  /〃  ` _丿  ヘ\__
                 ヽ /        ィ /  、__  \
                   ∧   ,. ==‐' /  ハ_ `ー‐'
                \,      |  {___、\
                    ^ーl――く_/ く   \_)
                          \ ∨
                             人_〉

    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          ウ ソ
      そんなことを、素直に信じこんでしまっていたのです。

    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



4390隔壁内の名無しさん[管理スレ455参照]2014/12/10(水) 00:52:29.25 ID:fPr4ki8C
>>4385
???「おまえ変態だから魔法使いだろ」


4391水都 ◆tb6lBW/wicFl2014/12/10(水) 00:54:19.85 ID:YgYDQ0rb


                               /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                            /  | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                          /    | |          |||||||  |||||||
                          |    | |
                , ――――――┴――――――――――――――――――
              / .|
             /  .|     llllllllll          llllllllll
           /    .|    ______   ________
          /        |   |:::::::::::::::::... .. .i|   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц  γ |~ヽ
        /    /|  |   |:::::::::... ... . ' ..|   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |  |  |
       /    /:::: |  |   |::::... .. . ''    |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||    |  |  |
     /    /...........|  |   |__..,        |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |_|_|
    /     , 1.|..,;;;, .,;;;,|  |   |;;.i|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||
  /    /:::| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; | ;;;;;;;;;||
  |.  ,,;   |......i| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц  γ |~ヽ
  |  /|  .| . ...| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |  |  |  ヾ;ゞ
ヽミゞ;;  |  .| . .| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||    |  |  ヾゞ:;ヾ
ミ ゞ;;ミゞ;;.. ;. |  ..| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |_|_| ヾ;/ゞ
ゞソミゝミゞ;;ヾ;:;;: . | | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||        ;ヾ ゞ;
ヾ;:;;:ヽミゞ;;ソゝミゞ;;. | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||      ヾ;;;ゞ ;;ゞ
ヾ;:;ミヽミゞ;;ヾ;:;   | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц   ヾ;;; ;;ゞゞ:;ヾ
;ゞゝヽミ;ソミゝミゞ;;,| | | ̄ ̄.|  |   |~''|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||     ヾゞ:;ヾ ::ソゞ
ミゞ;;;:;ソソミヾ;:;;:   | | ̄ ̄.|  |   |~''|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| ゞ:;ヾ  ゞゞ:;ゞ:;ヾソ
iソ ヾ;: ;;:ヽ_;:ゞ   | |⌒l⌒|  |   | . |      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||   ゞ:;ヾ;ヾ ゞゞ:;:ゞ;;
 ;i;:ヽ_;:ゞミゞ |    | |i.__|___|  |   |__,|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;; ヾヽ::ヾソ;;;: ;ヾ ゞゞ;.;:ヾ
;ゞil|;;;;;ヾヾヾゞ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ::ヾソ;;;:;ヾ ゞゞ:;:: ;;:ヾゞ ゞ;

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  さて、私のことですか。私は亜人でありながら魔法の才を認められ、

     修行期間を経て、シアワセ系のある施設の魔法警備を担当していたんです。

        実際、黄泉島勅令が解除された少し後のことであって、大抜擢と言って良いものでした。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



4392隔壁内の名無しさん[管理スレ455参照]2014/12/10(水) 00:55:49.20 ID:hm0lkPVK
…これは…焼き切れ?


4393水都 ◆tb6lBW/wicFl2014/12/10(水) 00:56:17.84 ID:YgYDQ0rb


           > ´i
        > ´:::::::::::|                               > ´i
       > ´:::::.==ニ<l_.             > ´i         > ´:::::::::::|
       ¨ヽ> ´イⅥ  ゞ       !!...... > ´:::::::::::|.      > ´:::::.==ニ<l_
        ∧:::::::j マヘ  ;      .|ト.  ´:::::.==ニ<l_    ¨ヽ> ´イⅥ  ゞ       !!
          }::::ノ マヘ¨      ||...ヽ> ´イⅥ  ゞ       !! :::::::j マヘ  ;      .|ト
        >¨ベ 、i      {¨:」.゙∧:::::::j マヘ  ;      .|ト...}::::ノ マヘ¨      ||
          ,:::::::ヽ::ヽ ヽ      i::::|.   }::::ノ マヘ¨      ||. >¨ベ 、i      {¨:」
       , 7 ¨ ヽ\::ヽ::\     |::::l   >¨ベ 、i      {¨:」゙:::::::ヽ::ヽ ヽ      i::::|
       ,'7::::::::::::ヾ`:.、<ヽ   |::::|......,:::::::ヽ::ヽ ヽ      i::::|. ¨ ヽ\::ヽ::\     |::::l
       i::::、::::::::::::::\ヽ >}   .|::::|..., 7 ¨ ヽ\::ヽ::\     |::::l ::::::::::::ヾ`:.、<ヽ   |::::|
       ∧:::::、:::::::::::ヾヽ::::::iハ 广iⅣ¨}...::::::::::::ヾ`:.、<ヽ   |::::| . ::::::::::::::\ヽ >}   .|::::|
      ∧:::::::、:::::::::::::Ⅵ:::lハ iヽi彡,:::、::::::::::::::\ヽ >}   .|::::|::::、:::::::::::ヾヽ::::::iハ 广iⅣ¨}
.       ∧:::::::::、::::::::::.Ⅵ::::::}トi:::::¨|゙:::::、:::::::::::ヾヽ::::::iハ 广iⅣ¨} :::、:::::::::::::Ⅵ:::lハ iヽi彡,
         ∧:::::::::\::::::::. 、::::l |::::::「 :::::::、:::::::::::::Ⅵ:::lハ iヽi彡,.:::::::::、::::::::::.Ⅵ::::::}トi:::::¨|
          ¨i  ̄¨¨∧::::::::::.、i |::::::ト 、゙::::::::、::::::::::.Ⅵ::::::}トi:::::¨|..゙:::::::::\::::::::. 、::::l |::::::「
          ハ___.∧::::::::::∨ |::::::| !」 . :::::::::\::::::::. 、::::l |::::::「.゙i  ̄¨¨∧::::::::::.、i |::::::ト 、
       ,:::::::::::::::::::::::∧:::::::::::Ⅵ:::::{  ¨ ー.,.¨¨∧::::::::::.、i |::::::ト 、 . __.∧::::::::::∨ |::::::| !」
       7:::::::::::::::::::::::::::∧::::::::::i.l¨゙゙.l>一<゙__.∧::::::::::∨ |::::::| !」゙:::::::::::::::∧:::::::::::Ⅵ:::::{  ¨ ー.,
.     7:::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞイ´ ヾ |..゙,:::::::::::::::::::::::∧:::::::::::Ⅵ:::::{  ¨ ー., :::::::∧::::::::::i.l¨゙゙.l>一<
      ¨i  ̄ ||| ̄ ¨> 、_::ヽ  ∧i..゙:::::::::::::::::::::::::::∧::::::::::i.l¨゙゙.l>一< ::::::::::::ゞイ´ ヾ |
.       l:::::::.|||:::::::::::::;:::::::::i::∧  .∧ヾ:::::::::::::::::::::::::::::ゞイ´ ヾ |. ||| ̄ ¨> 、_::ヽ  ∧i
.       |:::::::|||:::::::::::::;:::::::::.l::::::ゝー ´゚゚.  ||| ̄ ¨> 、_::ヽ  ∧i゙::.|||:::::::::::::;:::::::::i::∧  .∧ヽ
.       |:::::::|||:::::::::::::;::::::::::j::::::j   l:::::::.|||:::::::::::::;:::::::::i::∧  .∧ヽ |:::::::::::::;:::::::::.l::::::ゝー ´゚゚

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  同僚とはそれなりに上手くやっていたと思いますし、

    他社から襲撃されるほど重要度が無駄に高いわけでもなかったですから、

                          言うほど厳しい環境ではありませんでした。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



4394水都 ◆tb6lBW/wicFl2014/12/10(水) 00:57:15.63 ID:YgYDQ0rb









                      ┏━━━━━━━━━━━━┓

                          ただ――そう、ただ。

                      ┗━━━━━━━━━━━━┛











4395水都 ◆tb6lBW/wicFl2014/12/10(水) 01:01:31.07 ID:YgYDQ0rb


                    ___
.                 / ̄     ̄\
                  /           ヽ
               /              ハ
                |         ∩      |
                |    ,____| |,_      |
                |  ,〆 nnn| 「`ヽ、  │
               ヽ <,   | 、__, │   > /
                ヽ ヘ (<_◎_>) / /
                ヽ \ | ´T`│/ /
                 ハ、 '`===´ ,ハ
                  ノ | \       ノ ト、
              / j |.  ヽ、__/  ハ `'ー、_
        _,,.-‐''"´,..-‐''´ ||   /jゝィヽ、 ,|  `'-、_ ``丶、_
    r-r''´     /     |ヽ、/ l⌒l   V |      ヽ    `i`ヽ
    .i  i     ヽ.      |  /:⌒;`i   |        /    i  |
    /  i      ヽ     |   |:;:;:;:;:;:;|   |      /     i   ヽ


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  私達亜人が、息をしていることすら汚らわしいと考えるものがいる、ということを

                                  忘れてしまっていたのです――。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



4396水都 ◆tb6lBW/wicFl2014/12/10(水) 01:03:09.79 ID:YgYDQ0rb


          :.         /  :.
 _         :.         ,   :.
 ヾ r- ____:.        ′   :.
   \ |  |  | >ヘ         ,.    :.       ∧
    `''ー┴一´  .      ′    .       ′:.
            .       ,      .        :.
            :.       ′      :.       ′  :.    ∧
             :.    ' ヾー┬┬┬ァ.    ,    :.   , :.
               .    ,  `'┴┴‐'  .    ′   :.   ,  :.
             :.    ′        :.   ,     :.   ′ :.   ∧
              、   ′         .   ′マェェェア .  ,   :.    .
              ヽ/           . ,       . ′   :. ′ .
                `ー,_       V       V ャェェェァ. ′  :.
                 l: : : : :ニ=-_    ヽ       :.     〈 tェェァ:.
 ニ=-_            ,<: : : : : : : : : :ヽ    \_     :.     :.   :.
 : : : : : ニ=-__   __ィ: : :\: : : : : : : : :}    /: : :  ̄`ヽ \_   :.   :.
 : : : : : |: : :\  「 ̄、  |: : : : : ヽ: : :、: : : :l__,.ィ´: \: : : : : :Y  /: ニ=-_\   、
 : : : : : |: : : : :\. |   、 :|: : : : <: : : :.Y: : :> ヽ!: : : : :ヽ: : l: : | ̄、: : : : : :}< ̄ニ=ミー
 : : : : : :ー-,: : : :ヾ   Y: : : : : : :>: : : :l: :.〈   |: : : :<: : : l: : 〉:<: : : : :〈_ヽ: : :ノヘ
 : : : : : : /: : : : : :\  |: : : : :/ : : : : |: : : .   !: : : : /: : : :|: :l: : : 〉: : :|: :{:\: : l: :〉: :
 : : : : : : ニ=-_: : : : : :\/: : :./: : : : : : :.|: : : l / : : /: : : : :|: 丶: /: : : |: : l: /: : |: :l: :
 : : : : : : : : : : : ニ=-_: : ヽ:/: : : : : : : : : |: : : |Y: :/: : : : : : :.|: : 丶: : : : |: : :l': : : :!: :l: :

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                  ヒューマニス・ポリクラブ
 彼ら――そう、シアワセ内の人間至上主義者からすると、私の存在は随分と目障りだったのでしょう。

             それは知らないわけではなかったのですが、同じ社内のこと、警戒が甘かったは事実です。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


4397水都 ◆tb6lBW/wicFl2014/12/10(水) 01:04:23.34 ID:YgYDQ0rb


ー .._,;ゝ..,,、 `'-、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.l- i、、゙ゝ、,、ヽ、   .i〉;;;;;;;;;;;;;;;;;;/゛  '"  .,..-/!彡'".りシ',゙_      _..-
    ゙'''-、`'-、  `'-_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ`'ミ〟 `'''.lシ、  .l.;;;;;,i∴;;.″ ,- , ;;ソ」彡"  .,ノ".`--│  _..-'";;;;;;;
       `'''''≒  .`'-、;;;;;;;i..、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ ゙〈ヽ、  .゙'、"x. l;;;;;|. ..!./  / .,rシ",il'"    亠    ._iir㍉;;;;;;;;;;;;;;;
...,,、            `''-_ヽ`'-、;;;;;;;;;.;_;;;;;ヽ,  ゙'ヘ   . l;;;丶;;;;} `  .,;;ソ゛               ´  /゙;;;;;;;; /
ー 二゙゙ヽ ,,、         `'!‐ `'-,;;;{. `'-、;゙!、    .l-'、.l.;;;;;;;;;.!  .,il″               _,, -'";;;;;;;;;;;`¬
..,,..........フ;;;;;;;;`''‐ ,,、             ,゙li/、  `'、.l,    .`'/'./ ;;;;;l゙゙ ./               , r二-''''" ̄ ̄´゙''y;;;;;
^゙゙゙゙゙゙'''''".'''''.'''ヽ-..;,゙ニ_        `゙゙''''>x, ゙ ll、    .!、/.l;;;,! i'               ''"          `-¬'''
             `'''`-ヽ,,       |、`''ニi几     ″|;;'!
..,......xi,            `'''ミ;;x、    ´   .` l、     l、;.lz'ア   .,i;;|lrl!!!!¨'″   ,,,
  ̄  ..,,u..-..、          `''スッ、  y ..、   !li     `l/ l/   ..il′       ,,il'"´
:ニニ;;;;ュix..,,,,,_. .`'s、           ゙''く、 |;,_}   .ゝ    .″,l′.,,         .,.″ .=  .r!″ '.ly
      . `''-゙二;;;;`゙''''、             ゙" ″          iリ.,〃          , .` j,i′         l!
___,________i;;;;;;;;;;;;"― ..,_                       l;;リ"  i、    .,ij" _,/.l_、 ,,irー     .∧ ._.
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.xッ----`-=- ..               i|'" -`--ミヽ、..,,ノ;フ'"゙'-ぃ〈 ̄.コ;;-、___,.. -";;;;;~゙ィ
.,ン;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,..一'''''''ー、,;;;;;;;;`'ー- ..,,、                 ゛      `'.lミ,゙゛      \;;ヽ \ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;./       `くv-¬'''"゙゙´                      !.i''~lュi,,、     ヽ,,,,゙' \ ;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i‐′                                      !;ヽ   `'L     ゙".! ! `ぃix,;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/       : _,i〟                _..〟              |;;;;;;;゙''-、、.リi    !>   ゙'i lヽ.;;
;;;;;;;;;;;;./      ,..r/「″         ,,rj″     Y''フ'´  .▽       ,i";;;;;;;;;;;;;;.l'!ミiv 、   ,.l|x,    ヘ.l.ヽ
;;;;;./     .,r彡'"           '!レ'"      .//   .,r、           f'"`''./ ;;;;;;;;\.゙'-、''-..,,,};;;;;ヽ    l"l,.
/       ´            、     ,ノ;/    ¨゛     .,,〟    .ヽ;;;;;;;;.l゙'!)i、`\;;;/'''''-\,  ∨
                  ,,、   ,,〃   .,..;;ニi /              ´       ヽ;;;;;;;゙;;、 `   ゙'ミ、   ゙゙'ニ;;、
             ,i彡   /│    ″.,〃   .,i;;    .,-、   .i;;;;;i     .l.;;;;;|..゙'|l、   ゙'li、    ゙'ミ
               ,iク゛    l";!I ., ―--グ  .n /゛    l/     .゙‐'"     .l;;;;;.l .゙'f、   ゙.lx    ゙'
     .,l    .,ング  ,.  / ;;;;゙‐',,、;;;;.;i′   :!┤ .lL  .`               l;;;;;.l  ゙|''、   . lヽ
     .,l|   ../ ;/  〃  ./ ;;;;;;;;r'" !" .l゙l    : |;;|  `               ゙lュ   !;;;;;.!  ゙'i;ヽ  i、 ゛
 ,    !}  ,i";;;;l゙ ,iリ ,/;;_ン-/    |;l    l´;;;.l               l;ヽ 〟l;;;;;;.l   .`┤ .゙┘

    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

      ええ、私が甘かったのでしょう。

        データの改竄で、自分の勤めていた施設が重要な施設であるとされ、

                 他社の突入計画に対する警告や警備の増強すら握りつぶされ。

    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



        _
       /:::::::ヽ___
      /:::::r ´::::::::::::::::::> 、
    r‐':::::/:::::::::::r=== 、:::::\ :∴: :;. ;. .: :`:: ∵:゛
    |:::::::〈:::::::.::: :―:::::、:::::::::::::::ヽ` ;`: :゛;:`´..;.∴;.`:':
.    !:::::./∨: : : /: : : : ∧:::::::::::::::ム: :゛;. :∵゛ ;. :'-、
    .|:::/;;;;;l:: : : : : : : : : : |:::::. -―::ム;.: ::゛;.゛;.
    </.ム《.|: : : l: : : : : : :::::::/::::::::::::::.|:゛;∵゛ ;
.    /.ムk/∨: : : : : : : :/:::::l:::::::::::::::イ`,  ・
.    〈_ム∨. >_ ―<::::::::::ヽ::::::::::::ヽ
     .ム∨ rf:::::::::`ー--―- '::::::::::::::〉
     ム∨  `ー 、::::::::::::::::::::{:::::::::/
    ム∨     _}¨:::¨:::¨::¨:`゙:::¨l
.    ム∨    /:::::::::::::::ー―::::^|
    ム∨   ./:::::ヽ、::/:::::::::::::/
   ム∨  /::::::::::::::::/::::::::::::::::::f
   .ム∨ ./:::::::::::. /::::::::::::::::::丿
   ` -' /::::::::::::::::/|::::::::::::::::::/
    ./:::::::::::::/ i::::::::::::::::`ヽ

  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

     気心の知れた同僚たちが、警備の手薄な点を突かれ、

                  草でも刈るようになぎ倒されていった末――

  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



4398水都 ◆tb6lBW/wicFl2014/12/10(水) 01:06:40.74 ID:YgYDQ0rb


                 };;;;;し;;;/
               ,;;ィ、;;;;;(
             く;;;;U;;;;;;ノ
              );;;;;;;;;;{
            _/,;;;;;;;;;/
           _ノ;r‐1;;;;;;;ノ
        n_,ィ;;/_,ノ;;;;;(
         ノ,;;t-‐ァ';;;;;ぐy~,ゝ
    、_,ノ);;ハ;;) 'ー~'ゝ〕{,ィ
     つ,、´        r' ,
    ´_,ノ///,     ∨
     ) n             V
     〈r' V          }
         ∨        !
        ∨          イ
          \        |
          \       ∧
            ヽ     V         >―;
              ト、      ∨  /`V  /″. '´
            ∧ヽ   />‐イ   }⌒´_/
                 ∧  /〃  ` _丿  ヘ\__
                 ヽ /        ィ /  、__  \
                   ∧   ,. ==‐' /  ハ_ `ー‐'
                \,      |  {___、\
                    ^ーl――く_/ く   \_)
                          \ ∨
                             人_〉

   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

      私自身も侵入者の襲撃で片腕を失い、生死の境を彷徨い――

   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




4399水都 ◆tb6lBW/wicFl2014/12/10(水) 01:08:17.69 ID:YgYDQ0rb


                      !L
                      l l
                 、    l ..l
                  リ、   l  l  |.l
                  }ヽ. i、.!  . l ! l
                   ! ヽ.|゙i}  .l│ !
                   |  .゙'! ″  ...ll .l _
                   !       ″ .l ,!|
       _ィ'⌒゙''ー-、,,_      l            l,! .l
_,,. r‐'''"~         ̄`''ヽ、,│        ″ .!
:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :. :. :. :. :. :. : :、      !           l ..:    . ...  ...
:.:.::::::.:.:.::.:.:.:.::.:.:.:. :. _,,.ィ~゙lヽ,  、  .!              !  .!l   ..:        . ..
´~ ̄~~"^´ ̄~゙^´   _,,,.l,.\ 'ト、 .l              l l .l            _,,. -ー'''
 .... . .. :...  -─-= 二、..,,_l. ..ヽ l'、 .l              l ! !..     -='、'゙´:.::.:.:.:.:.:.:..:.:
...  ...         l、   l.  ヽ l.ヽ|           ネ .!./|        ~`"゙''ー- 、
. :;:;'r-=´へ  .. ... .. .゙ぐ、,  .ヽ  .゙'レ'l|                |" l
/ / '::... `:.\、    ヽ \ ヽ  ゛               l .、. .. ..   ..:    . .
.::"/::..`._ ;'".へ'´`yヽ√´ヽ \ ヽ                / /lゝ . : .:,ハ. .. ..   .. : :
 "`''''''ー――-´--------ヽ  \'、    .. /⌒i           |./ l  ,iリ,フ;:,'ゝ------‐―
   . : ..: .:. 、,、w..:、,、、,、wヽ,  .\、_,,..、 .|  / ,..-、     ″ ! ,i'゙/ フ.:;ilゞ,ハ.:.....:.,ヘ..::::
,、,、,、wリ゙W゛jリwj从リj"W゙リwリ゙W\  .゙ l   l | /´ l,、_ノ ,        l゙./ ./ヘ;;ハバゝ;>.:,ハ';'ヽ、
 从;: `:、リ゙W゛jリw''、`'.、,:`:,,‐'゛\ヽ,  |  i' '´_,,、           ド  !ノハil;:ヽゝ ノハil;:ヽゝ
`wリ゙W゛jリwj从リj`'.、-='´  _,ywj\' !、 .|  し''´ 」           !  ,, ノノ ノ'ノ,'ハハゝ
.wj从リj`'.、 ,:,-‐'゛,,vw-‐W゛w从 Wヾ'!l|  ,,.-''´  .         l .,/ !ハ';'ヽ..::...,ヘ、ハ.:;>
 ̄~^ ̄^ ̄ ̄~`^゙'、,゛jリw :;.:".:;.:'、,,,_ `'、| .|      ,、 r‐'l .r、、'"  ^フヽハil;:ヽハ,ハ';'ヽ、
'' ゚   ;~ ,;    ww:,、v、从リjw`'-,`"".l、_ノ     i ゙l.| ゙l / l゙    ,i′ハl; ノハil;:ヽゝフ
           `゙''、::wj,、,、,、从リj`'-、      │ ゙l | |/ l゙    /l;:.'ilハil;: ノ'ノ,'ハハ,ゝ
  ~' ',;   ''"'     、,,'.、゛jリwj__ミッ      ゙l,,ノ '"│ /    ,,,,,ニ=-ハl;:.'ilゞヾベ .:;
~              ``'‐;.:".:;.:'"゙:`'''ー┐ .___´  .l゙ l゙__z-⊥';'ヽ、 .:;>ヘ:..::ハ::
     ~' '  ,;''        ~'ー:;.:;;wリ゙、从リj"::.:;.:'lilベ: \,l゙ツノノ;:'ハ;;:.ノハil;:ヽゝ li>ノハハ
           ~'   '      ``リ゙ jリwj从jr、'^  シハノシ;:,';:, ノノハハl;:.'ilゞヾノvノ;:,l'
~         '゚   ;  ~' ',;''       `゙''、:w从jリ 彡ハハノ;;:, フノ;:,'ハノハハレ;;:ノノハハ
   ~' ',;''                     `゙'':::..wj 彡ヾ;:ノハハレ;:,.'ilヾ ノノハハノノ;:'ヘ;;ハハ

  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

    トドメの証拠隠滅とばかりに、侵入者ごと施設を爆破されたというのは。

  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



4400水都 ◆tb6lBW/wicFl2014/12/10(水) 01:10:16.62 ID:YgYDQ0rb


                      ―――--
                 _ /        ' ⌒ヽ `
               _//           \  \
             //                     ヽ
             / /  /    i|
.            / /  ,  |     |i    i i  |i    |Vi
.              '     |   八   | | 从 ,,  } 人| 、
            i i    i  、   |i  \  l,斗t≦ミ  ハ,ソi \
            | ハ  八__|_\从\   /,xぅ'' Y´ /{,,Y 人  ヽ
            l'     ヽ|x=≠ミ ヽ/   乂ソ / ,xしミ、 \ }i
                \ 、 \乂ソ       / (〃/}:.\):)  从
                トー≧、    ' _  ,  乂_ ー┐:. Y i/
                |  { 、 ゝ   `    //つ 人へ\
                |  >⌒) } ≧  -イ/r''"/ } }  ⌒
                `¨´  )}'人ノ/ }¨´::::::人 ∨´ ≧=- 、
             __r― ミ/ / イ / /ヽ::::/  ヽ }    ―...\
           (----- ¨   \ { , /::: /  / ノ   /:.:/:∧_:.:i
             ゝr―-__    __∨:::: /  /  ―┐{:.:.:{>∇<:.|
             `¨ゝ---/ __)-彡-=彡/:.:/{:.:l八:.:.≧彡へ
               / / / _ヽ――:.:.:.:./   \:\_/:.:.:.イ
                 /  ∨ /::::::::\\ ̄ ̄    /:.:.――=彡 |
.                //  人'':::::::::::::::::ヽ:::ヽ  \/:.:.:./    / 人
             ,  / / / }::::::::::::―::∨:::\_  \:.:.\    /
           /   '⌒ヽ   |:/:::::::::::::/::::::::::::: \ \::::\      i
           /  ,'    } ―|:::::::::::::::/::::::::::::::::::: }   \:.:.ヽ       |i
.        /   /     /:::::::: |::::::::::::::{::::::::::::::::::::/'    }:.:.:.}     八
..     /     '     /::::::、、_\:::::::::::::::::::::::::/:::/    /:.:./         \
     /     /     /:::Ⅹ::::: ̄::\:::::::::::::/::::: /     /:.:./ !          \
.  /      /}   ノ::::/:::::\:::::::::::}≧=彡:::::::: /      {:.:.:{  |         \

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  実際、よくもまあ生き残ったものだと思います。私が生き延びることが出来たのは、

          裏で暗躍していた者達の動きを掴んだ人が手を出した結果ですし、

            その人が派遣したシャドウランナーが、たまたま私を助けたからに他ならないのですが。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



4401隔壁内の名無しさん[管理スレ455参照]2014/12/10(水) 01:11:53.55 ID:M1jwEg4N
キャー、ベルさまー


4402隔壁内の名無しさん[管理スレ455参照]2014/12/10(水) 01:12:13.19 ID:d9alA3bz
うひょおお


4403水都 ◆tb6lBW/wicFl2014/12/10(水) 01:12:24.07 ID:YgYDQ0rb


         /: : : : : /:./ : : : : : : : : : :,.: : : : :./: : : :/: /!: :':ヽ、_.. __/ |
        {: : : : /.イ/: : : : ,.: : : : : : /: : : :/: : : :,./: : :/.{: : : : :ヽ.``ー'
        j: : : : :'´,.-/: :,/:.:/: : : : : :::/: : :.イ: : : :〃/: : : }..} 、 : : : : ゝ.
       j.:.:.:.:.:./う{.:.:./:.:/: : : : :/// / :.:///: : : : .}.} : \` ^ヽ ヽ
         j: : : : { ,.-{: :/:./: : : / 、/'_ヽ、/:/ /ィ : : : ::://: : : : :`ヘ,、 、 ヽ
      ノ: : : : :ヘ 、 レ |/i: : :./   |ス心イヘ /イ: : : : ://: : : } : : : :: ヽ}\\
     ノ,: : : : :.:.:.t.ゝ  { {: :/    `"< !' ヘ j:: : :/ノ/ : : :./: : : : : : : i  ` `、
    '´/:/:, :.:.:.:ン `j   ヽ{           l: :/_'メ.j.: : :./: : : : :!: : :.j
    ノ:,イ.:{: :.:.:{   i               レ;;タ`》': : /: : ,: : ./: /:.!
   ',,ィ-{.:.{::::/|:|  ハ                  i ` /: : /.: : /: :./: /'|.j
  /  \::{ {|         iヽ、.     _」  /.:.:.:/.:.:/.: /}.:./ l:|
 -、      \   , 、     ヽ.、`ヽ,  ´ .イ:.:.:.イ:.:イ:.:. .:/ |/  リ
´  :`ヽ      `ヽ!  ヽ、    ヽ`"´ , '  // // |:.: ./  ノ'
: : :. ヽ       ` 、 ヽ、    , '´   '´  'イ r' ̄`ヽ、
: : : : `.         ヽ〈  、, <`. ー----、__   \   〉.、,、-‐'" ̄
: : : : : 、         ゝヽ  ヽ: : : : : 、ヽ.   \/::::/  ヽ::::::::,.
: : : : : .ヽ        / /   , ヘ: : : : ヽ .}   ヽ:::::/ : : : :〕/:::
: : : : : : ヽ      /  /   /  | : : : : } : :|    〉:::::ヽ、/ヽ::::::
: : : : : : :  、   /  /   /  l : : : : .l : .|   {:::::::::::(   ヽ/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

  そして私は、私を助けてくれた彼の勧めに従い、

             今ではシャドウランナーをやっているんですよ。

                 事がああなっては、もう社にはいられませんからね。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



4404水都 ◆tb6lBW/wicFl2014/12/10(水) 01:14:18.98 ID:YgYDQ0rb


              , :'´ ̄`ヽ __         __
             〃   ,. :'´: : : :` ̄`: :.<〃    `ヽ
             l     /: : : /: :/: : : : : : 〈 !         :.
          ヽ  /: : :〃: : : : : : : : : : : :ヾ       l
          /V : : / l : : : i: : : : : : : : :〈ヾ       ,'
          〃 / ∧: !: :!: : : :|: : : : : : : : : :乙ヽ   ,.イ
        /イ .イ: :| _':;__ : : : : !__':;_ : : : : ∨:.7_jk≠ニニ二フ
          |:::/: |: :.|   ヽ:`: : :.ト、: : :\: : : : ∨: ';∧\
           7: : l:.从x示ミ\: :.| ,.rfてうト、: : : :!: :ハ: ヽ \    いや本当に、最初は大変だったんですよ。
.         /:イ: : : :从 V::リ  ヽ|´ l::::::::::ハ: : : : ヽ: : :\: :\j
         // l : : : : : l ー' ,    V辷ンヽ: : : : :\: : :\: :\     腕を失ったせいで魔力は低くなってしまうし、
      /´ _ >rっ:.人            〃7‐-: : :\: : :ヽ: :ハヾ
      / ‐<ニニフ:.ヽ `  ‐'    イ{::从: : : : ̄`ヽ ̄`ヽ: ソ     その腕を機械で補ったせいで、
     / ̄ヾ <_フ、: : : :)> -r‐< /三〉、: ヽ: :`ヽ : :)  ノ
.    / ̄>、/ ̄   >f三〉─ヾ="三ミ/  `ヽ: :_∧/               リハビリとか凄い大変でしたし、
    //ヽ ン , -‐イ  /てム-  ∨三ミイ      ) `ヽ
.   /´ ̄7´ /     7´ /- 、  )_ノ∨三|!          〉__            そもそも義手の代金とか……ああもう。
  / ̄ニ/ ̄`ヾ 、   〈 辷i弋ン<〉 /三ミl     / ̄ヾ< ̄ ̄`ヾ
. /二 7__  ∨  >‐〈   ノ7三三||`ヽ _〃/       \
.〃  /´   !   !  /三ニ三>- '三三ミ||   .::::∨   __r、--
   / ̄`ヽ|    ∨!三三 /三三三三三l! /::::::::l    !    ヽ
 ̄7" `ヽ/|  ,イ/ ll \三 l三三三三三<ヾ:::::: | イ\|、     \
\  >" レ|/   ヾ  `ヽ三三三三三三ヽ\:::.   \ \    \
 ´           \  ∨三三三三三ミ∨ヽ:_   >-ヽ     \
                     \三三三三三三ヽ\>" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄フ  ヽ
                  ∨三三三三三三\\ \`ヽ     / ̄~""''' ‐-
                      ∨三三三三三三ミ\\,.rz_\/: : : : : : : : : : : :
                     |三三三三三三三三\\  ̄: : : : : : : : : : : : : :




4405水都 ◆tb6lBW/wicFl2014/12/10(水) 01:16:19.03 ID:YgYDQ0rb


                       _..-へrァ'" ̄ ̄ ̄` 、_
                  _ -''"´,.へ/         ヽ \
                 '´    )、 /            ヽ(__
              /        (\'               Y ヽ
              '        )`|               |--ハ
             /         { ̄|                j ノハ
            '    !  ゙.    >‐、            ノ⌒): : :..
             /    |l   :.、 : . ゝ、,>、        ,.ィ、__/: : : : :.
          / !    !:! l  :.:、: : : : (  ノ/'7ハ-r‐、__ノ   }: : ヽ: : : :}
           |   !: |:|ヽ ゙.__..-: : : : :゙⌒ヽ/::|_|::|  | Yヽ-''’: : : l:.: : ト、、   ちなみに私は人間とそれほど変わらないですが、
         ,′:.:|:.: |,r|:r‐≦ヽ: : : : : : : :| : : | ::| |::|`"⌒’.:|: : : : : :|:.  |ヾ:、
           ハ: :.|: :.|:. :!  _ゝ|-、ヽ.    |   | ::| !::!:  : : : :        |  ゙.:l   遺伝子的にはオークの日本固有種、『オニ』なのです。
        | |!: : |   !:| |r''_、ィxXア、    !l  | :,' |::|:.   | |        l  |.l
        | | 、:::l   !:| |彡<ハc リ' l  ,'! l |::l |::|:.   | |      |  ト、  l.!    ――この血のせいで恨まれも、
        | | ゙.、 |::|ハ  \!/  |  :!:| l |::| |::|:.   | |      |: |ヾ..||
        ヽ!  ヽ| ハ:::::,'   ‘  |:.:.:.|:.! |l:::| |::|:.   | |      |: ! *:. ||         蔑まれも、襲われもしましたが、
          `ー‐Y |∨       l:.:.:,':.:|  !:::! l::l:   ,イ ハ.       |:. |   ゙ :||
             |:ハ`ヽ     ,' :.:|!:.:| ,'::,'  !::!: :,',' ハ |     ヽヽ   :|l      それでも……この血を、誇りに思っています。
               | :|:ヽ、__  | :.ハ:.| ,'::,'   |::|:. ///:.:| ゙.     l ゙. ゙. |!
               | :||: : : lヽ. ,':.,' |!:|,'::,'   !::!:///゙.:! 、     !゙.!\、/|
               | :|゙.: : | リ,':!/!リ:::l    |::|://:ヽヽ:ヽ.ヽ  || |  /、!
               |:リ ヽ.l: :.Vハ|:.:「/j:::j  ,イ :!∧ヽ::\\:、   |::| |/ / `ー‐
               |'_,r─\.|| |!:.:|'/::/ /,':/_..-ァ==-、ヽ  |::| '
            ,.‐ァf彡'⌒ヽ:/ノ|フ-//::,'_ィ;;//'//    ノヾ.、||'
             r〃{爻斥刈 ,イ{fr| r /:::,'´;;;;/ /'::/    / .'ハ.:|
            __Lリ人Y、ソノノ/)八/ 人 ::|;;;;;/_//    /  ,','  ゙.ヽ
         〈 L(≧=≦彡ク´{  ノ´::::::Y//_...-‐ /   /   } |
        / ̄`ー=⌒>'  ノ:::::, //' ̄   /    /     !:|
        `ヽ_..~、__ノ>‐チ’:, / / / _..-''"   _..-'     ,':リ
         /..............::::::::::::, /  _/..-─''"´ ̄ ̄ ̄       .::/
         ′.................:::::, / /                 //
          ゙  ... .. :::::::://   |                  ,イ,'
          l  .::...::......:::://     ゙          ...-‐' ̄ ̄_..-' :/!
        ゙.:::::: :: :,'.,'     ゙.    _....-‐'"´ _.. .-‐''"   / |
         | :::::::. :: :::| |      ヽr‐<             / !
         | :::::::::..::. :! !     /ヽ:::::::::≧:.、         / /



4406隔壁内の名無しさん[管理スレ455参照]2014/12/10(水) 01:16:52.93 ID:uswo503b
ひゃっはー俺の大好きなバーンナウトだー!


4407水都 ◆tb6lBW/wicFl2014/12/10(水) 01:18:16.80 ID:YgYDQ0rb


        /       /´: : : : :`ヽ,: -'": : : :`"'''- 、/ヽ‐-、
      /  .:     〃: : : : :/: : : : : : : : : : : :`ヽ: :/ ヽ/  ̄  ` 丶
.     / ..:    Y  ν´ : : 丨: `ヽ: : : : : : : : : : : : : :ヘ ,イ        .
    /!  / ヽ辷' : : : : : :∧: :'; : : : : : : : : : : : : : : _ム〈:|         .
    ,'  .::ゝ //: : i: : : : : : :\\ : : : : : : : : : : : /  ¦
__ヽ_/ ./:/: : : :/!: : : : : : : : :\ヽ : : : : : : : : : :⌒iヽ_|!:....          i
 ̄ ̄¨7⌒//: : /: :/: |: : : : : : : : : : :.\: : : : : : : :ヽ: : :L l|:::::::::::::..   : : :..|
   〃Zイ/: : /: :/: : |: : : :i: : : : : : : : : \: : : : : : : ';: :)  、::::.......     / .:::/
_/´ イ: : :/: :/: : :│ : : | : i: : : : : : : : : \ : i: : : ヘ`√l`ヾ、  ..::::/斗<
 ̄ /: /: : /: :/: : : :/!: : :i:| : |: : : : : :i: : : : : : : ! : : : l|: : :つ 7⌒l ̄ト、__ム____ノ!
 イ: :/i: : :l: : | `ヽ/,_|: : :l:| : |: : : : : :|: : : : : :./|: : : /:i: |: :ヽ_ム_ト、__ゞ\ー────'
 ̄ ̄l: :/: : :|: : !: : /、__ヽ、:|:!: :ヘ.: : : : :|ヽ: : : :/ .l: : / /: :l: : : : : : |: : : : : \\
    l ハ: : : ! 从 : |rfて心从ヽ : \: :_|x‐\7 ̄l :/:./: : :!.: : : : : :l: : : : : : : :\\     i!
    |:| !: : ハ: : ヽ|! {!/:::ハ  \: :\!,rfてうミX: :/: : :∧: : : : : :!: : : : : : : : : :\〉   /j   さあ、仕事を始めましょう。
    |:l ヽ: : : ヽ: :ハ ヽ::::ン     ̄7∨、:::::::/;;;;》|! : /: :ヽ.: : : : |ヽ: : : : : : : : : : :><<
  ノイ  \: : :\:l `          ゞ.  ン",イ: :/ヽ: : : \ :¦: \──‐<⌒ヽ  ヽ    大丈夫、私は復讐を果たすまでは
  ____  ヽ: : ハ ""   ,            //i  )、: : : ヽ:!: : : : >─ 、   ソ   !
 ̄`ヽ   \ ';、 ハ           """  リ: :l斗.' : :\: : : \ ̄ヽ: : : : :ヽ    ノ  死にませんし、貴方を裏切りませんから。
    ',    lヽム:\::\   ァ ‐,、         ,イ| : |: :ヾ: : : : \ : : ヘ : : '; : : : : :',
    ヽ   |/ ハ: :lヽ::::>′/ヽ\ _,,. < l八ヽ: \: :`ヽ: : < ̄ノイヽノ`ヽ: : /
   \ i  //:三|! |三ミ/ / 丁\\__   |三/:;イ⌒ヽ ̄ ¨⌒゙ヽ       !:/
_,、   ∨ //:三エj;人_ ./ /ィ/   ⌒ ̄`ヾx彡r=ニ二 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ j'
 / ̄7ー‐'-'、三彡イ\/ /二二二二二ニィ'三ミノ三}     ̄ ̄ ̄ ̄⌒ヾ
,/ // / /  ̄ 7‐<./ヽ三三三三三/三少´三ミ:、          ノ
l! ¦i // _,. イ′ /⌒゙<ヽ三三三/三<ミ__三三ミ>-、
ム_ り、イ! /  /   イ /  / ̄又 ̄l ̄l ̄l! ̄ ノ 三//⌒ヽ
彳三>、i  /  // /  / /ヾ、弋==‐─チ三//  ̄`  \_
三ミム-‐>-L  //    /´ゞ〃´\_ >、三三//         ヽ
三三三/イ! |!下二>- r   |\/  ヽ /ヽミ//          /   l
三三三三} L|! ヾ  ⌒>、/  !三ヽ  ゙v〉 ソ´ /     /    │



4414水都 ◆tb6lBW/wicFl2014/12/10(水) 01:22:33.83 ID:YgYDQ0rb









      FILE 03

          ―― バーンナウトメイジ 茨木華扇の追憶 ――













4408水都 ◆tb6lBW/wicFl2014/12/10(水) 01:18:34.97 ID:YgYDQ0rb






















4409水都 ◆tb6lBW/wicFl2014/12/10(水) 01:19:06.98 ID:YgYDQ0rb


     /:::::::::/:::::::::l;;':::::::::/::::::::::::/!:::::::l::::::l:::::`ヽ、::..
     /:::::::::,':::::::::::l::::::::::/l:::::::/::/ |:::::::l,:::::|::::::::::::::'、::.
    ,::::::::::::l::::::::::::|::__::/. |::::/l:/ .!::::::l l::::ト,:::/:::::::::l:::.
   l::::::::::::::|:::::::::::|:::::/ ̄l::ト、/   |::::/ l::/ l:::l l:::::::::l:::l
   l::::::::::::::|:::::::::::ト '‐--、/.     |::/ l/- l/‐l-::ト::l::::l
   |::::::::::::::|:::::::::::l トヘ:::ハ     l/  -r‐-,、l:::リ!::l::::l
   |:::::::::::__l:::::::::::| 込zソ     /    ト:::ハ }:/,l:/:::::!   というわけで当確者3人目、
   |::::::::::l/,|:::::::::::! , , , ,      、   ー '-/' ,|:::::::::|
    ,:::::::::l、 !::::::::::|            ' ' ' '  /|:::::::::|    >>4008より茨木華扇(東方Project)さんでしたっ!
     ,::::::::ヽ_::::::::::|         ー  ,        ,ハ|:::::::::|
    }:::::::::::::l:::::::::|               ,. './!:::::::::!   一応キャラ案の方ではミスティックアデプトということでしたが、
    l::::::::::::::',::::::::l> 、        _,....:<`´ |:::::::::|
    l::::::::::::::::,:::::::::、|  `  、 __ , - ´::::::::::/  |:::::::::|    採用案では元企業かつ、『バーンナウトメイジ』、ということにしてあります。
     ,:::::::::::::::::',:::::::::, ̄ `丶、__ l 、::::::::::::::,    |:::::::::|
    /:::::::::::::::::::',:::::::::.     lY/ ̄/::::::::l   |::::::::,   事故などで失った体を機械で補い、
    // ̄ ̄ヽ ヽ::::::::.  _ |.l|  /::::::::::{   |::::::/
   /      ヽ:.',:::::::.´////ヽ- 、 -‐-、::l    |::::,'        その為に魔力を失いつつも影の世界を駆ける魔法使いです。
.  /      ',  l/、:::::::.//////∨}/////`ヽ_. |::/
 /        ,  ヽ/ 、:::::./////-'///////{  l/
,/        l  ヽ/ヽ::::.、´// ll \/////! / ',
         l   `´ \:ヽ/__',',__',\//l ,/   ,
         |、     ̄ l/l      ',/l`´ ヽ   ヽ



4008隔壁内の名無しさん2014/11/29(土) 00:54:25.80 ID:LMnB2U+j
せっかくなので

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

     キャラ名:茨木華扇(東方Project)
     タイプ:3:魔法使いタイプ
     アピール:片腕をサイバーウェアで保管しているミスティク・アデトプト。魔法
            使いでも良いかも。種族は鬼がベストだげ、コンパニオンは未訳
            なので種族はお任せ。割と世話焼きで、説教臭い所がある。
            失われた片腕を探している。ジョセフとは義手仲間。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

片腕がサイバーな理由?ロマンだ!

>>3990
BigDが精霊になっている例もあるので、死んでも個体としての意識は失われないのかもしれない
肉体があれば精霊化→憑依で復活も可能なのかも・・・




4410隔壁内の名無しさん[管理スレ455参照]2014/12/10(水) 01:19:18.41 ID:Rs0EmZuu
バーンナウトメイジはなあ、サイバーウェアで戦力強化する為になるもんじゃないんだよ。魔法撃った後吐血する為になるもんなんだよ(目をぐるぐるさせながら


4411隔壁内の名無しさん[管理スレ455参照]2014/12/10(水) 01:20:40.95 ID:fPr4ki8C
うあ、採用されたw
なんだこれ、嬉しいw


4412隔壁内の名無しさん[管理スレ455参照]2014/12/10(水) 01:21:29.80 ID:uswo503b
バーンナウトとは死狂いなり・・・(ぐるぐる


4415水都 ◆tb6lBW/wicFl2014/12/10(水) 01:24:25.67 ID:YgYDQ0rb


     /::::::::::::::::: |::::::::::::: : ト、___::.、::::::::::::::::::...、
.     ′:::::::::::::::::|::::::::::::: : |ハ:|\::|\:..、⌒ヽ:::::..、
     |::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::: 斧笄ミ)|  ):ハ ハ::::::.、::..、
.    ‘::::/::::::::::::: |:::::::::::::::::| |::r(_      r抒:::|:::|\   >>4386
.    ∨::::::::/⌒{::::::::::::::::|└‐┘     , Lツ|: |:::|  )   いや、なんと言いますか、
      ∨:::::|   {::::::::::::::::|  ハヽ    〉  |丿 |
        }::::乂__{::::::::::::::::|              |:::::::|    性格に問題のあるメイジ、というのを想像してまず出てきたのがこれでして。
       }::::::::::: ハ:::::::::::::::|          .::::::::::|
       /:::::::::::::: Λ:::::::::::::.      ´`   仏::: /|
.      /::::::::::::::::/ Λ:::::::::::::≧   _ イ |::::::/丿



4416水都 ◆tb6lBW/wicFl2014/12/10(水) 01:30:30.90 ID:YgYDQ0rb


        /::::::::::/-―――――-:::、:::::::ヽ:::::::.
      /,::::::::::/::イ:::|::::::::::l::::::l:::::、:::::',:::::::::::::,:::.
      ,:::l:::::::::,:::::ハ:::|,:::::::::|:::::,!:l::::l::::::l:::::::::::::l::::l
      ,:::|::::::::|:::, l:::|_、:::::リl:::ハ_l::::!_,:::|::::::::::::|::::l
      |::|:::::::::|l/´T::l ',::::l リ l,ル::ハ::|::::::::::::|:::::!
      |::|:::::::::||'  レ'  ヽ:|   リ'  |::::::::::::|:::::|
      |::|:::::::│      |      │::::::::::|:::::|
      |::|:::::::::| r==ミ       ィ==ミ !::::::::::::!:::,
       ,:! :::::::|       ,         |::::::::::::|:::l    さて、残り2名ですが鋭意製作中です。
       |:::::::::|::.      _     ,イ::::::::::::|::イ,
      ,:!:::::::::|::ト 、    `  '   .イ::|:::::::::::::|::::::.     戦力的にバランスがおかしい気もしますが、開き直って気にしないことにしました。
      l:l::::::::::!:::::::::>   _   <::::!::,:::::::::::,::l::::::.
      |:ハ::::::::,:::::::r─‐r 、r-、―、:::::イ::::::,::/l:::::::.
      |:::::、::::::,::::l     Y     ト、_,::::::::/,::::::::::.
      ,:::::::::':,:::::',´- ――y-――-、/::::::/: `ヽ、:::.
    /´ ̄  l,:::::∨/////{}///////::::::/
    /      l 、::::::、/// ヽ/// /::::::/       l
   ,         '-\::ヘ/‐――‐∨/::/       l
   /           `\      //        l



4417隔壁内の名無しさん[管理スレ455参照]2014/12/10(水) 01:31:56.95 ID:uswo503b
しかしメンバー3~5人中2人が元企業人(下っ端)か
ある意味企業からすれば使いやすいランナーで良いね、色々了解取りやすそうで
しかしこーなるとほかのメンバーというか、リーダーには色々と小器用に立ち回れるタイプが欲しい感じ
コバートオペとか探偵的な便利ポジ


4418隔壁内の名無しさん[管理スレ455参照]2014/12/10(水) 01:33:37.58 ID:fPr4ki8C
ドローン・リガー、ジレット、バーンナウトメイジ・・・今んとこはまあ普通・・・かな
ランナーチームというか傭兵チームみたいだが


4419隔壁内の名無しさん[管理スレ455参照]2014/12/10(水) 01:39:28.57 ID:hm0lkPVK
てくまくまや…じゃなくてテクノマンサーは欲しいところだなw


4420隔壁内の名無しさん[管理スレ455参照]2014/12/10(水) 01:41:12.76 ID:HehfUAOo
所でオークメイジって強いんだろーか?


4425隔壁内の名無しさん[管理スレ455参照]2014/12/10(水) 01:52:39.78 ID:uswo503b
乙でしたー

>>4420
取得呪文にもよるけど弱くは無いってくらいかな
ヒューマンを基準に考えると物理戦闘寄りのステータスで、魔法関係はちょっと低くなる感じ
致命的に相性が悪いわけじゃないから、考え方的には頑丈な魔法使いができあがる
バーンナウトしてて銃撃能力やら直接戦闘系のサイバーウェア搭載してるなら戦闘力は結構高いって思ってもいいかも
まぁ後は魔法の得意分野次第かなぁ


4421隔壁内の名無しさん[管理スレ455参照]2014/12/10(水) 01:43:07.58 ID:PRKgbwLy
5人チームってランナーとしては結構大所帯の部類なのかな


4427隔壁内の名無しさん[管理スレ455参照]2014/12/10(水) 06:43:14.05 ID:ADWmDq4Y
単騎でドラゴンを殺したあの人と同じタイプの魔法使い?


4428隔壁内の名無しさん[管理スレ455参照]2014/12/10(水) 08:22:43.61 ID:fPr4ki8C
>>4420
実はオニの意志力はベースが2(ドワーフと同じ)
ドレイン面では人間とどっこい

>>4427
そっすね
ハッキングはできないけど


4429隔壁内の名無しさん[管理スレ455参照]2014/12/10(水) 09:18:30.85 ID:HehfUAOo
>>4425>>4428
魔法は人間よりちょい不利程度で済むのか、トンクス。


4430隔壁内の名無しさん[管理スレ455参照]2014/12/10(水) 14:42:26.64 ID:Vr1UzePH
これで3タイプは出そろったかな?


4431隔壁内の名無しさん[管理スレ455参照]2014/12/10(水) 14:58:11.54 ID:xfsaorM3
しかしまあ、差別感情というか、派閥闘争のためなんだろうが。
そのために施設一つぶっ飛ばして構わん!っていうのは豪快な連中だなあ。

華扇が回想出来てるってことは、この人間至上主義者の企みは露見したんだろうか?


4432隔壁内の名無しさん[管理スレ455参照]2014/12/10(水) 15:04:06.58 ID:Vr1UzePH
ばれたら自分らの首が飛ぶよな


4435水都 ◆tb6lBW/wicFl2014/12/10(水) 15:24:58.93 ID:YgYDQ0rb


                        -─--
                     , < /        > 、
                      /  / /        \
                /    / /           丶
                   // |  / / / /   / ̄     ヽ
            ____/  | ,'  i //_  /         ハ
           /  /    j i{  |l |l / / /  ___    /  l |
           __l__{ノ /| /ハ! |l│/l l/ / /     / / | |
         (  , -‐一' /|/ ∧',  i Nハ、从{ / /  /l / / j l!   他の方も考察してくれているけれど、
           )ノ / ̄レノ { ∧\l fT::ぅ、\l/ ,ィLレイノ/// l}
         '^V´ / ({_ノ  ヽ.∧ ヽヒ辷ソ  {∨ 二、彡'ノjハノjノj   確かにバレたら首が飛びかねないというのは間違いないわ。
             ∨ヽ/{_ノ {\ `∧ ',        込ソ^i く{
             ___|ノ从{ jハ  }  }   __   '   /l |   \      でも、この手の思想結社って根が深くてね。
           《__ノ{__》 ∨-jハ,/ /\ ー‐'’_,. へ-、-「ヽ}ハ)
           / /V /   ‘ーく_\ T´\〈_n    ∨       特に企業の重役層に巣食ってる場合はね。
                厶-‐ ‐-    \\  ヽ∧     ∨
              ノ`ヽ     `ヽ  |  ヽ } j\__|__      派閥の取引で事件をなかったことにしたり、
              /く{ハ│_____   \\ |// /    `ヽ
.              /___ノr1 j/ ───、____ ̄ヽ!一´| -──-- |    そもそも自分たちのやってることが間違ってないと
             /く二Jノノ 〈_         ̄{ |ト、 }'´ ̄ ̄ ̄`ヽ!
          /、二二´ へ、 /     __//ト、.ヽ|__,.ィ´ ̄ ̄\|    思い込んでるからもうタチが悪い悪い。
         /\.__     _//    ̄  // /| ヽ  |   l   |
.      _/  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/     /       \!   l   ト、
      |   ̄     /  /    /|    ハ   ヽ   |  '. \
.       ノ______/___/    イ  '⌒ヽ_L }__/´|   |  ∧`ー丶、
     /____ ̄ ̄   x<      /         |   |  ∧\  \
 ̄ ̄ ̄      ___x≦/´ / ∨  \    |         /|   l     }  ヽ   \
 / ̄ ̄/ ̄ ̄      ノ}  i   V       | o       o |       /   ' ,
.      〈       ̄ /\l   l }     │       |\ ___/



4437水都 ◆tb6lBW/wicFl2014/12/10(水) 15:30:53.52 ID:YgYDQ0rb


          /  ̄ ̄   ヽ
       / ̄  \   \ \
      /       ヽ   ヽハ
     /   / /      ト、   } |
     |  | .|| |\   |´l ̄ / | ̄}
     |  |´| ̄` \ノ 辷弐/ /::::< ヾ、
     r┤ー┴く辷弐  ,    | {_ノヽノ   それにこの件、私は本来部外者なのよ。
     |::: ̄j ヽ ヽ    _,  {__ ヽノ
    >::/ ) ) )  ´‐´  /l } )ノ      メタヒューマン隔離政策、所謂『黄泉島勅令』が撤回されてすぐのことで、
  .   \{ ( ( /{> . _ /|ノノ'´
       ヽゝ ゝゝ‐' ト(反) ┤   _     差別主義者共の活動がもう煩くってね。
       ___ , {二 介二}.rt<:::::::::ヽ
      /:::::::::::::::|.} 〈ノ ヽ_> {.|::::::::::::::::∧  その活動に掣肘を加えようとしたんだけど、間に合わなかった、ってのがこの件。
    /:::::::::::::::::::::|.}、____ .,{.|::::::〈::::::::::ノ
     ヽ:::::::::::::::::、:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ::::::::l::::::「   流石に、シアワセ内部の問題に、イーヴォ関係者が手を出すとなると、
       \::::::::::::l::::::::ー─::::::´::::::::::::l:::::::|
       く::::::::::{::::::::::О::::::::::::О:::::ノ::_ ⊥ィ   色々問題が大きいし、制限もあったんで事態が明るみに出てはいないの。
       ヽ:::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::_/ ̄\‐く、
         ヽ:::::::ヽ::::::Ο:::::::/ \   | }ノ   露見を嫌うのはシアワセの平等主義者側も同じだったから、
          ∨:::∧::::::::::/:::::::::::::::|〇//
          ∨:::∧_/:::::::::::::::::::/´ ̄|                                無理もできなかったしね。
          ∨::::::::::::::::::::::::::/l:::::::::::|
          ∧:::::::::::::::::::/:::::::l:::::::::::|
           /::::ヽ_::::-‐::´:::::::::::::l:::::::::::|



4436隔壁内の名無しさん[管理スレ455参照]2014/12/10(水) 15:30:39.60 ID:ML5GZ/Ba
クローン魔法使い計画が(華仙視点のみとはいえ)ばっさり否定されて、その辺設定に盛り込んだ俺涙目。
いや、まだ「だがここに例外がある」の可能性が……!
(バカは諦めが悪かった)


4438水都 ◆tb6lBW/wicFl2014/12/10(水) 15:36:42.44 ID:YgYDQ0rb


    .      / /   /         ,;         \
         ' / i  ′       ji            ,
 .       /| {  │ !        j:!     i       }  ヘ. '.
       / | v! |__  | { { │ i \、  !  │   l   } |
 .      | / } |V」,_从∧ | i {   `ト j |  ,ハ  } ′}   リ l
 .      丿》 {/ |=z-kAマLヘ .| l ./|_.ィ=kテZ斗イj/ ./  /| ,ハリ
 .    / ル !}│  {rイ心  、__ /x≦云示ア/⌒ヽ./ | /  )   >>4436
    /    {{ )'│\ Ⅵ::::j}    〃frイ:::::::::/'      }.  |/  (_   あ、説明不足の>>1に代わって補足。
    ん'´/  〃 刈,\ハ ヽzソ       vトーイ /      //j}  )' 》 ヽ
    イ  《  イ ノ / {.:.:.:.:.  、     ヽzxV    / 《_j__〃 ハ }  クローンで魔法使いは生まれない、ってことでは無いのよ。
    (  厶rゥヘ》 :个 、   f⌒ヽ   .:.:.:.{     i::::::::::〉 jノノノ
    丿ハ{::::::介::::}:    />- 、___ノ __ ...  -',    {:::::::::У ((´    生まれはするわ。ただし、『クローンが魔法の才能を
     ( ノ〉::/ |:::::|    :|/ :| | |  ヽ x-/ }    |::::::::」∧ )
     ハ∨ソ|:::::ト__ノ∧/| | . >ー{ ヽ/ ̄ ̄ ̄ヽ.  ,ハ     持って生まれる可能性は自然発生と変わらない』ということ。
    /}  }  Vリ  ___ \-ヘ ー ' {.:.:.:.:.:.{       ', ´ ィ }',
   /:::} } 「` ー-/ | .`-/ヽ   〉ーく /ヽ ヽ/⌒    |'" ! ! '.   遺伝させたい要素が遺伝しないクローンは、成功とは言えないでしょ?
   ′:} } | 「 / ̄ }  / ,/ /.:.:.:.:.:| {: : :} {        }ヽ.} i i }



4439隔壁内の名無しさん[管理スレ455参照]2014/12/10(水) 15:40:57.17 ID:uswo503b
つまり下手な鉄砲理論は可能なんですね
採算取れるかはさておき


4440隔壁内の名無しさん[管理スレ455参照]2014/12/10(水) 15:41:07.60 ID:49Rx2Nc2
なるほど。才能ある魔法使いのクローンを作っても魔法の才能自体は遺伝的要因に依るものでないから意味ないと。
超才能ある魔法使いのクローンを作りまくって、万が一で覚醒したらデカイリターンがある、ぐらいの可能性はあるかな?
大分金の無駄になるけど。


4441水都 ◆tb6lBW/wicFl2014/12/10(水) 15:47:48.26 ID:YgYDQ0rb


           r‐ 、,.  ´ ̄ ̄`ヽ _
.           /''"           ヽ
            /               ヽ  ',
          /       ((        ヘ  ハ
        /{       { ` ==       } い    ま、研究自体はどこの企業でもやってるんじゃないかしら。
         { {   { 丶、 |ヽ l } j.ムィ´从 j. ! }   イーヴォ
        ,ハ{ 从ト'"ぅト {ヘjリ/ ィ'ラ"'ト、/  | )\  ウチも例外じゃないし。ただ、どーも遺伝子の未解明部分なり、
       んィノ`ム ゝ_,ノ  ´  ヒ. .ノ /  | )') `ァ
      /()'/-┘⊂⊃      ⊂⊃′ 人 V{ {  遺伝子とは別の要素が関わってるんじゃないか――とは、よく言われるところね。
  ○  ({乂} {‐个 .   ー━   {  レ'´  {乂}八
   \  〈ハ〉ゝ. `ヽ j/ ≧‐-r f'" 「ヽ.`ヽ  〈ハ〉
     \__   ) ノ∧ー- 、Vr‐┘人 J.ノ⌒V
      (  )  ¨´/  }{ ̄〉ハ〈 ̄}{  ヽ



4442隔壁内の名無しさん[管理スレ455参照]2014/12/10(水) 15:50:14.06 ID:uswo503b
いや、魔法自体確か突然変異と変わらない(らしい)から、クローン元の才能は関係ないでしょ
仮に魔法が100万人に一人の割合だとすると、実際に100万クローン作ってみて覚醒するとして、さらにそれを実用段階まで教育できるとして
果たして100万クローニング+専門魔法教育(施設等含む)の元を取れる価値が出るかどうかって話なんでしょね

なお仮に覚醒しても教育したところで実用レベルに達するかは別の話の模様


4443隔壁内の名無しさん[管理スレ455参照]2014/12/10(水) 15:54:25.59 ID:S1JgsWl/
一般人から覚醒した人をスカウトする人たちの食い扶持がなくなることはなさそうだ


4444水都 ◆tb6lBW/wicFl2014/12/10(水) 16:05:47.04 ID:YgYDQ0rb


                  __  ___‐=…< ´ ̄` ミ
                ´     _⌒≧V-=…ヘ   \ 、
                 /    /⌒ ¨¨^"
           /                 ヘヾ         \
                   /              、V ミ  \  \
          /      /                   )}   \  \  ヽ
                    /       /        /    \       、
                    /  /
         ,:{   |   ィ          /  "                    リ
         {   | /'"i|      '  '  {  {     }_,斗-   Ⅳ     }
         / }   人( 从     |   ト  、       /} ル|   |  } , ハ}
       ,   } /  Y ノ ヘ    _|,, 斗-=ー<   j  ム,,ィxⅣ i| / / /
        /   ( Yjム   | Ⅵ __Vゝ\ / ,x斧弐刈 Ⅵ / /|/
     { / /   人り{い、  トxf竓チ芋茨ミ V/   k::ち /人( イ
     V  /    ( Y入 卜 〈  乂::r' り        `¨´ イ | \人    とは言え、世界には例外がつきもの。
       { 〈    ,,,イン厂,>| \ゝ `¨¨´       , ::::::::从 |  ` \
        、 \Y《;;乂;;;;;》イ  |   込 ::::::::::           人  { /    )  偶然『クローンが成功した魔法使い』がいないとも
       {^)   川イ⌒^〉 i 人   ⌒>      ィオ   ィミ \Ⅳ   /
       乂 ノ| (  ノ 从(  >ーミ   )ト  __  ..イへ )   }(∨/    限らないのよ。……ただまあ、物凄い争奪戦に
       ) ル^ソ(    >: : : : : ソ ノ:i:.:=ー:.:.:.:T/: : : :〈  人\ノ
             >: : : : (: : : : <辷⌒へ:.:.:.:.:.:.イ: : : : : :\(: : >     なるでしょうし、そうでなくても人体実験コースまっしぐら、
          . : : : :/:ァ: : : >:._: : : : \]:.:.:.:/:|: : : :/: : :): : : : : :>
        /: : :-‐: : >ィ⌒¨¨:.:.:^ー=ニ≧不<ニ=¬<: : : : : : : : : : :ヽ  というのは想像しやすいところよねぇ。
       : : : : ; : : : : / i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:《;;;;;介;;ヾ:.:.:.:.:.:.:.:.:\: : : : : : : : : : .
      . : : : :/: : : : /   j':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/;;;;/:.|;;;;;;》:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\: : : : : : : : :i.   だからこそシナリオのネタになるんだけどね。
      ∧: : : : : : : :/  V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〈;;;;/:.:.:レ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.V\: : : : : : :|: 、
      ∧: : : : : : : V  V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>…- ミ.:.:.:.:.:.:.:.ヽ, \: : : : :i:. :\
     : : : : : : : : V   .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.> ⌒ < ,ノー-  \:.:.:.:.:.:.:.:Y \: : : : : : :
    /: : : : : : i:/   /:.:.:.:.:.:.:.:.:/ _ ⌒\ Y:.:厂 ̄_  ∨:.:.:.:.:.i    \: :!. : : :
    /: : : : : :/     :.:.:.:.:.:.:.:/    \へ ):.:〈ノ⌒__    、:.:.:.:.:.:i      \: : : :
    /: : : : //,[ \ /i:.:.:.:.:/    \ Y /:.!:.〈 厂 ィ    :.:.:.:.:j、     i\: :
   ,.: : :./,///| ≫ ≪ :.:.: '     九 j j/:.:.:;:.:.:.V ノ     V:./ト \ _,/ ]//\:
   {: / /////i_/^\V      ノ.:.:ゝイ:.:.:.:.八:.:.:し:.:.ヽ     V 」 ≫ ≪ |//



4445隔壁内の名無しさん[管理スレ455参照]2014/12/10(水) 16:20:08.74 ID:Rgl7UwsS
「この人のクローンは魔法使いになりやすい」となれば、
文字通り細胞の一欠けらまで研究対象になるだろうし、
その情報を掴んだ他社はなんとしても髪の毛一本でも手に入れようとするだろう。

クローンを魔法使いとする可能性を上昇させる手段が発見されたとすれば、
情報争奪戦待ったなし。そういう分野の特許って侵害されてるかどうかの実証難しいだろうし。


4446隔壁内の名無しさん[管理スレ455参照]2014/12/10(水) 16:25:48.31 ID:mWaZkNCi
クローンで数打ちゃ当たるを繰り返すのと
そこら辺の魔法使い攫うのとどっちがリスクリターン取れるかかぁ
とある魔術のミサカとか忍殺のヤクザばりに低コストでも難しそうだなぁ

いや、大量の警備用人員確保を前提にクローン作って
偶に魔法使いゲット!感覚なら良いのか?
……ガチャかなんかだなこれ


4447隔壁内の名無しさん[管理スレ455参照]2014/12/10(水) 16:58:04.08 ID:xfsaorM3
企業相手の詐欺商材になりそうだな。
「従来の人間より8%魔術師になる可能性が高いクローニング用遺伝子配列」

…まあ、企業の方も馬鹿じゃないからばれたらランナーのお仕事まっしぐらだろうが。


4448隔壁内の名無しさん[管理スレ455参照]2014/12/10(水) 17:01:51.97 ID:4mL100oD
一応現行の設定だと魔法使いのクローンは成功してないらしい。
魔法使いは「覚醒」してなるもんなのでクローニングしても魔法使いにはならんとか
(ちゃんと15Bp支払ってなれってことだそーな)


4449水都 ◆tb6lBW/wicFl2014/12/10(水) 17:58:46.25 ID:YgYDQ0rb


        /::::::::::/-―――――-:::、:::::::ヽ:::::::.
      /,::::::::::/::イ:::|::::::::::l::::::l:::::、:::::',:::::::::::::,:::.
      ,:::l:::::::::,:::::ハ:::|,:::::::::|:::::,!:l::::l::::::l:::::::::::::l::::l
      ,:::|::::::::|:::, l:::|_、:::::リl:::ハ_l::::!_,:::|::::::::::::|::::l
      |::|:::::::::|l/´T::l ',::::l リ l,ル::ハ::|::::::::::::|:::::!
      |::|:::::::::||'  レ'  ヽ:|   リ'  |::::::::::::|:::::|
      |::|:::::::│      |      │::::::::::|:::::|
      |::|:::::::::| r==ミ       ィ==ミ !::::::::::::!:::,    そして、「魔力を持つ」というのは高いPC級のそれから、
       ,:! :::::::|       ,         |::::::::::::|:::l
       |:::::::::|::.      _     ,イ::::::::::::|::イ,    オーラやアストラル空間を見る程度の微弱なものまで、
      ,:!:::::::::|::ト 、    `  '   .イ::|:::::::::::::|::::::.
      l:l::::::::::!:::::::::>   _   <::::!::,:::::::::::,::l::::::.    ピンからキリまで全部ひっくるめてのお話だというから
      |:ハ::::::::,:::::::r─‐r 、r-、―、:::::イ::::::,::/l:::::::.
      |:::::、::::::,::::l     Y     ト、_,::::::::/,::::::::::.   博打にも程があるわけで。
      ,:::::::::':,:::::',´- ――y-――-、/::::::/: `ヽ、:::.
    /´ ̄  l,:::::∨/////{}///////::::::/
    /      l 、::::::、/// ヽ/// /::::::/       l
   ,         '-\::ヘ/‐――‐∨/::/       l
   /           `\      //        l




     /::::::::::::::::: |::::::::::::: : ト、___::.、::::::::::::::::::...、
.     ′:::::::::::::::::|::::::::::::: : |ハ:|\::|\:..、⌒ヽ:::::..、
     |::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::: 斧笄ミ)|  ):ハ ハ::::::.、::..、
.    ‘::::/::::::::::::: |:::::::::::::::::| |::r(_      r抒:::|:::|\
.    ∨::::::::/⌒{::::::::::::::::|└‐┘     , Lツ|: |:::|  )  とは言え、現実の科学でもそうですが、
      ∨:::::|   {::::::::::::::::|  ハヽ    〉  |丿 |
        }::::乂__{::::::::::::::::|              |:::::::|    「もう少し何とかならないか」「もうちょっとだけマシに出来ないか」
       }::::::::::: ハ:::::::::::::::|          .::::::::::|
       /:::::::::::::: Λ:::::::::::::.      ´`   仏::: /|    と無数のトライ&エラーが繰り返されているであろうこともまた。
.      /::::::::::::::::/ Λ:::::::::::::≧   _ イ |::::::/丿
                                実際、研究者ってこういう地道な作業が9割以上だそうで……。



4451隔壁内の名無しさん[管理スレ455参照]2014/12/10(水) 18:03:52.54 ID:gO1nbHSR
じゃあ『覚醒する環境とは何か』って研究して人力で覚醒させる研究はあるの?


4452水都 ◆tb6lBW/wicFl2014/12/10(水) 18:10:55.71 ID:YgYDQ0rb

            _,................_
        _,...::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
       /:::::::::::::::::::::l:::::::::::::::////ヽ
      /:::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::|::/:::::/:::lヽ
     ,::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::l/l:::ト、イ::l::::.
     l::::::::::l:::::::::::::,=、|:::::::::::::|/ ,t-、l/!:::ト,
     |:::::::::|:::::::::::::l {' |::::::::::::l  弋j {:イ リ   >>4451
       ',:::::::|:::::::::::::ヽ._|::::::::::::|    ` ,    無い、とは断言できませんね。
      }::::,'::::::::::::::::::ハ::::::::::::|    _ /
       ,:/::::::::::::::::/ l:::::::::::|   ( , '     そもそも作中で魔法が復活したのは2011年、そして作中の現代とされるのが
       l'::::::::::::::::::,_ !::::::::::!  _, /
      /:::::::/:::::::/ ̄`,::::::::::| ̄::::l      2072年ですから、まだたった半世紀ちょっと。まだまだ若い研究分野なわけです。
       /:::::::/-―'-- 、 、:::::::::!-、::::|
 .    /::::::/     ヽ  l 、::::l//!∧      また、魔法は科学技術と相性が悪く、観測すら一苦労な部分があったりするので、
    /::::::::{     ,   ∨,:::l//ヘ∧
    ,::::::, -'      ',   ∨、:,/ヽ/l}    これも研究が進まない一因かと。
   /:::::l、       ヽノ   ーヘ!-/ト、/!
   /:::::::::ヽ       ,}      l/l ヾ、



           _彡'     ,..-──‐</ / ヘ    ヘ 、\
        __,ノ /   . へ、 / ̄`  . `ヽ.  ',│   V) ノ
.          ̄ ¨フ  /           ` 、ノl | |     '.′
         / , /                  \ノ/.    八
          / /                  Vム       \
          ノ {′     /    |            Vj     ト 、\
.        |  |  /  ,ハ    |\      }    }   │  }ゝ ` `
         | | |  小: |≧ミ\  | ‐ -ヘ.ー-/ヽ.   /    ∧ ノ(
        Ⅵ. |. l |ィ=≠=ァ-`,j.  ィ=≠=ァ-} ノ  /| レ'  ヽ   あと、魔法使いに覚醒するのは何らかの切っ掛けで
         ヽj、 l |`弋;;;;ソ.       弋;;;;ソ j/|  /リi     |
           ヽ 小                 j//j/ ハ    ,'   本人が自然に覚醒するのと、あとは導師精霊という、
        fヽ    lヽゝ    ヽ          /イ ハ|ノ|.::|  j! /
        | |    |ハ                   イ:::| |:::| 八(     魔法使いへの覚醒を助ける精霊がいたりします。
        | |       \   -二ー     ,. ´レ |:::| |:::|/  ヽ
        | │       >; ._     <::ト;ー:八::し':ノ
    ノ⌒`(  ̄ヽ. , ‐ ¨::::::::::L::_:: ̄::::´::::::_ソ::::::::::::::::ヾ= 、
   /  `ヽ T  V:::::::::::::::::::::::::::::::~::::: ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.
    {  `ヽ ヽノ  }::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、:::::::::::::::::::';
   ヽ ゝ _)‐'  /j::::::::::::/ー -- _ ;;;;;;;;:::::::::::::丿::::::::::::::::::∧



4453水都 ◆tb6lBW/wicFl2014/12/10(水) 18:13:15.93 ID:YgYDQ0rb


                        /イ
                 -──  / ̄  \ _ ,ノ
           >─'´         \      \ー'
          /              \     !
        /                  ∨    \
.      /        \ \     |       |
.        ′  |      イ⌒>、\ ヽ  }     |
        |   i|.人  /Ⅴi. | / ,. ヽ_  \}⌒ハ     人
        |  八イ「`」、 ∨  ヾ="八彡 ノ   |.  !     とは言え、導師精霊もあくまで「才能のある人を導く」存在なわけで、
      八  ∨ヾ="           l .!     ヽ !
         ヽ  人         u ,|/       |  ̄   才能がない人に才能を付与する存在では無いらしいです。
              ハ    r‐ 、   イ仄㌃ 丶 /i
           / ̄ ̄ ー- _ _イ// -― ¬、
        ,!=‐-__      ̄ー=ニ三三三゙、
         /三三三三三≧=-_     ̄ー=三、
       / ̄ー=三三三三三三三≧‐-___ `ヽ
.     /==ー-_  ̄ー=三三三三三三三三三三ミ、
    { /´ ̄ ―‐- _   ̄ ̄ー======‐ ヽ



関連記事
スポンサーサイト



[タグ未指定]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yaruowohiroiyomi.blog.fc2.com/tb.php/2004-f2958a30