Fate/Parallel Lines - 聖杯無用 -  21 エピローグ その2

4463◆oa1lT4DTRs2014/08/21(木) 12:19:36.76 ID:cTbLsu+W


                 /:.:.///ヽヽ-----/_//.|:.:.:.:V
                /:.:.:.:./´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ|:.:.:.:.:V
                /:.:i.:.:/:/´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:|:.:.:.:.:.:.:V
               ./:.:.:|.://:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.',:.i:.:.:.:.:.:.V
  __________i:.:.:.:|:/:./:.:/:.:.:.:.i:.:.:.:.:|:.:.:.:|:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.i:.:.i|
  |            ヒi:.:/:.i/:.:./:.:.:./ .|:.:.:.::|i:.:.:.|:.i:.:.:.:.i:|:.:.:.|:i:.:|
  | (秘)         ヒ|/|:.:.ヽ_/:.:.:/- |:.:.:.:|.|:.:.:|Lj..-'"|:.:|:i:.:|:|
  |  計 画  書    .ヒ|:i:|:.:.:.i:./~´    ̄  ̄ .|:.:.i:.:|:.:i/:.:|i
  |         .(`´) ヒ|:.:|:.:.:.|:| r==ミ    r==ミ |:.:i:.:|:.i/i:.:リ     さて、今日の更新ですが
  r'-、         '"ri_.ヒ|:.:.i:.:.:.:|     ,     .|:.:i://:.:.i:.|      【21:00~21:30】からを予定しています。
 ,へ、.j        i" ,..._ヽ、:.ハ:.:.:|    __    ム|:.i/i:.:.:ハi
./ .ムi .|        |‐'´.,... 〈.i;ヘ i;ヽ、  {   .}  /;;;;|:/:|:.:./  ゙    和尚の描写にも絡むので、
i -,、j´        i二,...  |.i;;N;;;;;;;;;ヽ _ イ;;ii;;;;iii/|:|.V       【最初にささやかな願い】を安価で取る予定です。
\{/         { ,.ィ  .| リ |;;,;;ij-リ    i> ヽ__リ
  |________ヽ-i   .|,.ィ-':7  .{   ./ /:.:.:.:/_ `ヽ      準備していただけると助かります。
  ヽニニニニニニニニニニニニ',  .V:.:.:.:|  ,.> r"_ /:.:.:.:/ ‐" ̄`V
      ヘ   V     〉、  ' ,:.:.:i_/7二i;;;;V:.:.:.:.ム"-‐-、 ./
       ヘ   V   ./ ヽ.',  ヽ/;;ノi;;ii;;;i y:.:.:/ -‐‐‐、 .|/
       .ヘ   V  /´ヽ、 ハ   \i;;;|.L./:.:ム------、 リ
        ヘ   V==== /:.ヘ    \/:.:.レ" ̄ `ヽ、\ |


              ,..-‐‐、
            /:.:.:.:.:.ハ:.V"´:i
           /:.:.:.:.:.:.:.i" `゙゙‐-.|
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:,.-:.:.:`ヽ、
         /:.:.:./:.:.:.:.:.:.:|:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:V
        /://:./:.:.:.:.:.:.|:.:/:.:.:.i:.:.:|:.:|:.:.i:.V
       ムイ:./:/:.:.:.:.:.:.:.:.i:.i:.:.:.:.|:.:.ハ_j.i__j..j
         |:.//:.:.:.:.:.:|:.:.:.:ii|:.:.:.:.:| ./ii i
        |/;;;i:.:.:.:.|:.:.|:.:.:.|i:.:.:.:.:.| i ij 、
        "リ;;;|:i:.:.i|:i:.:.i:.:.|.|i:.|:.:リ    /
        //.|//;;;|i:.:.ハ:j゙‐i:.|:.|   -ァ            え? どれくらいならOKですかって?
       ム' //i;;;;;|i:./;;;;;i .|:|:i> -"
           ム'ijレハ   ,V  V                ……【ささやかはささやか】です、OK?
         ___,/|  ,>./、  ./:.ヽ、_
        /i____./:.:.レ";;;V;;;;;V"/:.:.:.:./  ̄ヽ
       /i |  /:.:.i{;;;;;;;;ル;;;;;;;} /:.:.:.:/ /二i
        i i /:.:.:.i {;;;//|;;;;;;i ./:.:.:.:/ / / /i
        /:.:.:.:.:|/;;;;;;|.|;;;;;;i/:.:.:.:.:.|.//./,..-‐}
         i:.:.:.:.:.:.ヽ;;;;;j L/:.:.:.:.:.:.|//"´  |
         |:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ/:.:.:.:.:.:.:.:.:.リ"´   .{



.


4464隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 12:26:36.78 ID:KuuQnP9f
この世全てのメシマズに幸あれ、っと…


4465隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 13:27:39.56 ID:M5+zcNR2
ささやかか・・・自分の死後の相棒に良縁あれとかか
どんだけ頑張っても後40年位で寿命だし和尚


※この後、作中のラストバタリオンについて議論が白熱しますが、中略。 ※まとめ管理人

4480◆oa1lT4DTRs2014/08/21(木) 21:14:13.85 ID:cTbLsu+W


     /ヽ、     /:.:.:.:.|;ヘ:.V
    /:.:.:.:.:.:iヽヽ-‐‐'‐‐‐‐'‐‐゙‐‐-、
   /:.:.:.:.:.:.:.:|/:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:ヽ
  ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:',:./:.:.:.:.:i:.:.:.:i:.:.:|i:.:.:.:.:.|:.:',:.:.:.ヽ
 /:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.i:.|i:.i:.:i:.:.:.:.|:.:.:.|:.:.:.|.|:.:.:.:.:|.i:.:i:.:ヽ:.V
/:.:.:/:.:.:.:.:.:.|:.:.||:.i|:.|:.:.:.:.:|:.:.:i|:.:.i:|-L.....j ゙‐' ゙ i>/
:./:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ:.:|:ii|:.|:.:.:.:.:L..j  ̄      |:.|
".i:.:.:.:.:.:i:.:|:.:.:|',:.iii:|:|:.:.:.:.:.:.| r==ミ    rミ |:.:.|
|:.:.:.:.:.|:.i:.:.:.|:.:', Vi:|:.:.:.:.:.:|          i:.:|
|:.:.:.:.:i:.|:.:.:.:|:.:.i:ヽヽi:.:.:.:.:| ////    ' //i:.:|
|:.:.:.:,':/|:.:.:.|:.:ハ:', .',:.:.:.:|    、_ ,  /:.:|    はい30分より再開いたします……っておおぅ。
.|:.:/:./:.|:.:.:|:i:i:.:.:ヽヽ_j:.:.:.| U       /i:.:.i
. |:.:/:./i:.i;;|:.i:.:ハ:.:.:.N ヘ:.:.|ヽ、     /;/i:.:i    こんなに雑談が(汗
|/:/:.i i;;;|:.i/;;;;;;iヽ:.j-..._ヘ:.i  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ .|:i
./:./ |:| ij;;;|/_,..-‐ヽ、   `ヽi- 、 |`゙ヽ<.リ  リ
ム/ |:|.-‐‐"  `ヽ:::::\    N|   ハi、_
  /-‐- ...__    \:::::\  |;;;ヽ / |:ヽ ',、
  ./     ヽ、   ヽ:::::::ヽjヽ、 j__j>、i:::::ヽi ヽ
 / /´フ=‐---ヽ、  ヘ::::::::ヽ 7;;;;;;;;;;;`ヽ::ヘ .|\
  V/~        \ ',:::::::::::V;;;;;;;;iヽ;;;;;;;〉:::ヽi /7、



.


4481◆oa1lT4DTRs2014/08/21(木) 21:28:11.60 ID:cTbLsu+W


                          __ _
                  . <. . . . . . . . . . .> .  γヽ
                /. . . . . . . . . . . . . . .iニニニヽ./ニニ}
                   〃. . . . . . . . . . . . . . . . .Vニニニ.}{ニニノ
             「/. . . . . . . . . . . . . . \ . . . ` ーイト\ _/7          Q.ラストバタリオンって倫理的にどうなの?
                . . . . . . . } . . . .\ . . . . Y. . . . . .|:| `ー―'
             ′. . . . . .|\ . . , ≠"´._.lハ . . . . レ. . {>,            A. え? 彼ら凄く倫理的な存在よ? ここまで
                ,{ . . . . . . . ト.、\  ィ笊爪「 |. .|. . . . . .|///>,           兵隊の意識って高まるんだと私は大変感心したわよ。
              八 . . . .- ≠ \   乂zソ !. ′.. . . ..|//////>,
           /| V . . . ィ笊ハ         j/ . . . . . ∧//////// >,   Q.……どの辺りがですか?
             //|. .Ⅵ .く 乂ソ ,      / .| . . . . ///////////// ハ   A.1.私の命令に絶対に従うし反逆しない
.            ///{ー― ̄}`ヽ            /| . . . /////////////// ∧   2.功を焦って抜け駆けしないし嘘をつかない
.           \ ∧ :::::::: Ⅵ 丶   、 ¬   ./ .|/ . //////////////////.〉   3.「よしあの街を襲って金目の物や女の子攫おうぜ」
.            ヽ∧ ::::::: ゝ. . .> .      / イ . /////////////////./      と言いだして暴れる奴がいない
       ,. -=≦ニニニニニノ\ . . . . ≧ーイ´ ̄l .////////////////./
       fニニニニニー――、′.ヽ. . . .!| ∧   ///////////////.イ、
      }ニニニニ´ ̄ヽ¨¨¨´////_ !|/ ヽ∠/////////―=≦.//ノ
       ニ二Ⅳ´ ̄ `ヽ 〉|//////)  `∧´ ̄ (///―=≦//////// ≧=-
        ニニニ「   ノ    Ⅵ//// `ヽ ∨ γ´///////////////////////≧=-
.      ニニニ:! Y´     V///////⌒| |⌒/////////////////////////////
.       ニニニ:l  {       ヽ/////  .| |∨//\/////////////////////////
.       ニニニ:| ∧        ヽ.//   | |. ∨/////=-/////////////////////
      ニニニ|  /\      / ∨    | |  ∨////////=-/////////////////
.      ニニニ.} 込   \  /        .| |.   ∨///////////=-/////////////







4482隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 21:30:12.34 ID:RdACZncH
倫理的(修羅の国基準)


4483隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 21:30:33.95 ID:J0WksTPq
強盗集団のような軍と呼べるかさえ怪しい連中に比べればまだ大分マシと・・・・・・・


4484隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 21:30:41.50 ID:B0eP3HfX
ヒャッハーでないだけマシだと


4485隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 21:32:31.23 ID:G1fdMcAr
仕える国の無い傭兵ですらない集団何だけどなあ。
軍と言っていいのかどうか…
まあ、ヒャッハー連中よかましかなあ?


4486◆oa1lT4DTRs2014/08/21(木) 21:32:49.18 ID:cTbLsu+W


    ____/:::ハ:::::::::::`=-、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::"""""":::::::::/
    .i:::::_,,::::∧',:::::::::::::::::::::`=- ,,,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,'
   .,':::::',::::::::::',:i:::::::::::::::::、:::::`=-、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.イ
   ./:::/:::',::ヾ:::!i:::::::::::::::::::::::::''==-、_`''=-..,,,,,,__:::::::::::::/   , 7
  /:::/:::::::ヘ:::ヾi!::`ヾ、::::::::::::::::::::::::::::::""''"=-二,,_-='--=''":::/
 ./:::/:::/:::::::i| 、:i!`ヽ、:::`ヾ、-,r=--、 r,、=、=::'':::"::::::::::::::::::::, イ
  !::,'::::i!:::::::::!i `!、\/彡 ≧!,,_  ',| 、  }:::::::::::::::::::::_, イ
  ',:i |::ハ::::,:::|',__ | ` '、イ ゝ-ソ.   .! ' }./:::::::::::::::<、,,______
  i! ',i!:',::::',::', 、r..、  \''"      _,/:::::::::::::::,,_____,,.. イ
  .! i ',ヘ::::',::`,'=ヲ    `      ハ:::::::::、::::ヘ             戦士ではなく兵卒なのだろう?
     ',::`、',` ',く             / .',::i:::::',`ヽ、' 、
      ヘ:', `i、:`、  , --    ,   .' ハ::i、'.、  `           それならば確かに彼らは大変優秀で、
       `' i:::::i:::\     ., イ , -=' i! ` ', `            兵隊としては「相当にマシなほう」だと言えるだろうな。
         |::/.i::::::::`::、_, .く r='"   , -='":`、
         !:' }::::::∧:r'  V}   /::::::::_, -='"` 、
        .'   !/, }:|.',  }|! ./:::::::,r'r'":::::::::::::::::::`=-、,,_
              !'| |'V,'|!/:::::::::/,イ:::::::::::::::::::::::,r='""::::ヽ
            ,r//,v'/'./::::::::://:::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::ハ
           /::/::/ .,' ./::::::::://:::::::::::::::::,:::::/:::::::::::::::::::::、::::',
          ,':i::,'::/ ,' /::::::::://:::::::::::::::::::i:::/::::::::::::::::::::::::::\:',



     |ト、     彡  ∨ハ     `、`ヾ、\  ヽ `ヽ  ヾ/    .| /
  ヽ\}      /     ∨.ハ       ヘ   ヽ \. !乂 \ .イ   乂 リ′
   ∨     z      ヾ、\.      ゝ、     `メ _`ヽ   |  リ//
    `ヾ   ミ    ̄ `゙ ‐ - -     \斗‐ヘ' ´\    从  /l{
      ∨r-、   、ー-rcュ-z 、      z-rcュ―‐ァ   イ , -イ .リ
       Y `ヽ     ̄ ̄ ̄          ̄ ̄ ̄   彳}  .|./     ああ、皆この国の軍隊を
        ゝ  ハ                        /}ノ リ      イメージしているから齟齬が生じるのだろう。
         ∨ .ヘ           /:Y           /  /
           〉、ヘ          ノ::::|           /  /           軍隊というのは、言っては何だが
          }  ハ        /:::::::!             /ゝ '            ゴロツキと犯罪者の集まりだ。
         ノ    ヘ         ` ´           /
          _/_    \    ‐- - - --     ,ィヘ\              少しでも目を離せばタガをゆるめ、
     , -<   >- 、  \     _       //:::::.、\          どこか適当な村々を襲って金目のものや食べもの。
ー-<´         >t }`             / /::::::::::\ .ヽ- 、      女性などをひっさらってくるどうしようもないクズどもだぞ。
    `ー-----t      .| ト、: \      /   /:::::::::::::::::ヘ ∧ >- 、
          |      .!  }: : : :>   イ   /:::::::::::r'´  ヘ `Y   >- 、






4487隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 21:34:40.19 ID:tsj+m4Bd
ジェネラルさんの軍勢みたいなのが異例なのよね


4488隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 21:35:01.42 ID:91z9Ms9C
まあ、そうでしょうね。軍隊なんて好き好んでいく人なんて少数派ですし


4489隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 21:36:17.02 ID:J0WksTPq
実際前近代の軍基準ならあいつら親衛隊、近衛兵レベルのかなり優良な連中だからね


4490◆oa1lT4DTRs2014/08/21(木) 21:40:42.77 ID:cTbLsu+W


                     /ヽ
                       ///ハ
               , イ x:<//////ハ
              /'/レ///////////| ./|
             ///////////////////,|
          ト ////////////////////,|
          |ハ,|////////////////////! ,
          |//////////////////////:イ
          |/////へ//////// .Y/////       円卓やランサーの所の赤枝騎士団のような所はまぁ別だがな。
         \V///   ヽ///   |〃///
           ヽ| ,Y,へ.  `´  x;;、yf //ャ         騎士団というのは、時に素性を隠して「傭兵団」として敵国の領土に入り込み、
              ヽ<ハ弋爻ミ.ルォ爻ヲ !ノ          村や町を襲撃する賊徒と化す事例などいくらでもあるのだぞ。
             ヽ',    ト.   .,イ´            場合によっては、自国領土の民を襲撃することすらする。
                |> 、 一 ' ./ ト
               ,ッェ/|  >-<   l\ッ.、_       ランサーを襲ったコノートの強奪部隊の話を覚えているか?
       _,..-‐7/八=----= v =-- フ /////777ォ    アレはそういう連中だぞ。
       l/////////>ー ,,,,,,,,,,, -<///////////ヽ
      /V/////////////////////////////  ト
.       /.  V///////////////////////////,.  ; ヽ
     l     V///////////////////////////゙丶、. '、\
     ` 、 / .V/////////////////////////   ゙丶
      |   ;  V//////////////////////// > 、  ', `



                 /三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ヽ
               /:三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三:ム
            /三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ヘ
           ,'三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三!
           |三三三三三三三ニニ==マ毳毳毳毳毳毳毳毳毳毳毳毳;|
               l三三三三三ニ-‐''     〈三三三三三三三三三三三三i    この国では軍隊を「暴力装置」と言って
               ',三三/| /  ェォ彡气ヤ  \三三/^ヽ、三三三三三/       失言扱いされる国と聞いたときは私は感動したものだよ。
             ',三/;;;|   ァア___ヽ     \/ ;;;;;... ヽ三三三三/
              ヾ'ヾ'〈 ゝ   リ__,             ゙゙゙゙゙   }三三三/        ついに国の民に愛される軍隊というものが
                   〉     ミ  ″              /三三三/         この世に生まれたのかと。
               /                   _/\;.三三;/
                  l                   |      \三/         諸君、君たちは大変に幸せものだ。
                   |    ヽ              |.       ̄ヽ          その幸運をしっかり噛み締めて欲しい。
                    |      `'ー-、         |        ヽ _,,..-‐、
                   ー―┐;;;;,;,;,,.,.,.           .|        _,,..-‐''_,,..-‐''\
                       `ー──、        ./    _,,..-‐''_,,..-‐''     \
                    ___冫      ./  , -'"_,,..-‐''
                     i            /  ,-", -'"
                   `l          / /./
                       |         /././
                         ヽ、__/l/./
                          /./


.


4491◆oa1lT4DTRs2014/08/21(木) 21:43:37.37 ID:cTbLsu+W


             /`ヽ       __
               /:.:..へ:.i___/:.:.:.V
              /:.:.:ム"´:.:.:.:.:.:.:.`ヽ`ヽ|:.:.:V
            /:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.|:.:.:.:V
          //:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:i:|:.:i:.:.:.i
         ム':.:/:.:.:.:/:.:.:.:/|:.:.:i:.:.:.:.:.:.:|:|:/i:.:.:.|
           i:.:.L_i_/i___./ |_/|___j_j__j:/:.:|:.:.:.|
           |:.:.:.:.| ´ ̄    ̄` |:.:.|:.N:|:.:.i:.:.:|
            |:./:./| r=ミ   r=ミ .|:.:|:i:.i:.:.:.:.:i:.i
         |/ i:/;;|        |;i;i:/|:.:.:.:ハj     とまぁ、彼らの反応はこんな感じですね。
            ij;;;;;i   ____   |:.i/;;|:.i:.:.i
             V"\ {  ノ /|:i;;;;;|:.i:.:         まぁあくまでも「マシ」なだけで
         ___j´ ̄i  .>‐r‐"  |/ ヽリ_V       セイバー含めて好ましいとは皆思ってませんけどね。
     / 三三}7 ̄ ̄ィ"´ 7 .{  /  /:.:.:.:i_
     {  -‐i /  イ .|:.:.:.i r-.V- 、 /:.:.:.:.:.i  i     さて、45分より点呼を取ります。
     ヽ  V  .ハ .|:.:.:.i/三三三V/:.:.:.:.:.:i ,..}
     ヽ  | /  V:.:.:.:.:V} ー‐ {ノ:.:.:.:.:.:///  i
        ヘ  .V   /:.:.:.:.:.:.i ;;;;;;;;;;;;.i:.:.:.:.:.:././   |
         |  .',ニニ {:.:.:.:.:.:.:|<.、;ri;;;;;}__:.:.:.:i/    .|
       |  .',~` |:.:.:.:.:.:.| | .|| V i:.:.:ム ニ `゙ヽ i
          |   ',  .|:.:.:.:.:.{i ', ヽ .ヽ|:.:.i/  ヽヽ j


.


4492隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 21:44:40.03 ID:G1fdMcAr
軍を動かす大義名分はどっちにしろ無いんですよね。


4493◆oa1lT4DTRs2014/08/21(木) 21:46:39.20 ID:cTbLsu+W


                      i\
       八     _  ―…..........|  \
        i  \ <.............................../   / 〉厂 ̄}
        |   >.................................... ̄ ̄\\  <
.       れヘノ...........................................................\\ \
      / <........../.............../|..............|........................〉 》   >
    <      〕 /............../ |..............|.......................L《 \\
     厂}\/../............../  .|..............| H-|―|.........〉》   Y
.    /  |.....〃....H―./ 、 l..........´ | |.l...!.....|......//    {
   /   从./..´...|.l.../     |..............| l _!_!.....¨¨厂 ̄
.  /     ./.....|....|.|..|     |..「 ̄ ィ ̄んrハ〉.........|
   7   .∧.....|....|.「_    , -_ ノ  ゞ- ム......八          ? 聖杯戦争に勝つためって立派な大義名分でしょ?
   ∨ 「/  Ⅵ|....|.H`¨¨¨´ ノ } `¨¨¨¨¨7................\_ ノ
   ¨¨/¨¨¨ ∨.. !ハ.-‐ ¨´        /.............l..........\_ ノ
         }.....|......圦      _      /......八 ̄ ̄ ̄
        ノ〉.八.....|....ゝ    /:::〉  イ}...../.  \ _____
.        /.イ.....\.......ハ.>/:::::{ <_ノ\}__ _ ノ::::::::::::::::
         }/\/}...//:::ノ:::::::::}::::マハ厂|:::::::::::\::::::::::::::::::
             /.............................Ⅳ} |:::::::::::::::::\::::::::::::
           _/::::::;:::::::::::::::::::::::r ┴< ̄`ヽ::::::::::::::::\::::::
         /::::ハ:::ん/::::::/:::::/}   ∨::::::∧::::::::::::::::::\
        /:::::::/ /〈. 〈::l⌒|⌒{:::::|〉⌒Y::\/:::::\::::::::::::::::::
        :::::::/ /:::::ヽ.ヽ\\ \::::}  |::::::::::::::::γ\::::::::::::
       {:::::/ .ノ:::::::::::ヘ } ` ̄¨¨::::!  !:::::::::::::::::ゝ___.\::::::
       l:::::`´::::::::::::::::::ゝ':::::::::::::::::::|  |:::::::::::::::::::::::::::::::::\



      __ r―――‐‐彳   ___.
     / \  .イ  ̄ ̄  ̄/
    //  ,|   :′    ∠ __
  / /// ./|l ||∨  \_   /
  / //,{ |x|l ||/__\  < <_
   |/.|lゝ{ゞ'八 匂フγj\―<
   | }| 仆 ′ `  r_ヘく___>
    /}ノ| |>丶 ,ォ~_  \          うむ、何も問題ないな
_x‐―{  .}ノ") 「//└x___  `i
   / `T´ {/ .{ { ノノ  「`ー`―1
ヽ} \ |  /  ./^T | ハ、__」
ー} =/|  |  /\.![_  ∧    ∨
  | |  .|  |  |  |/=  ∧    ∨____
. ハ l  |  |  |  |   ∧ ∧    ∨
/  } l |  |  | /.|   /  ヽ∧    〉
   ) l .|  |  | / \/  ___(`> .__/
  く .j }  |  レ   / /__./\ \ _
 ノ  / (  \ /  ____   .|.|>\
イ /__ ∠\.  ∨ /___/, < |_| >、ヽ
.//^     \/ __ {         }



.


4494隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 21:48:05.18 ID:RdACZncH
戦争がごく身近にあった人達だから価値観が現代の、それも日本人と違うのは当たり前だわな


4495隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 21:48:35.85 ID:tzcLswnk
なんせ万能の願望機だからねぇ……
そりゃ手に入れるためにはあらゆる手段が正当化される


4496隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 21:48:58.21 ID:J0WksTPq
割と現代のお方 「そんなもの勝者が正義であり敗者が悪なのだ」


4498◆oa1lT4DTRs2014/08/21(木) 21:53:07.17 ID:cTbLsu+W


     、双ヾヘルヽ双了W/ // 、彡レクく/// /、 ノソ/イ´
    ー、双` |Y /   | X   |     ', /// //イレ´~
     `ヽ乂! !    ',  X  .i      ', レイ/  /レ
       ∨  、    X X ./      ', イ7 /イ彡彡
       〃',二`― _ `  ./_ ――二_L レ//イ´
      〃 ,`ゝ-l@l`- ,   ー´ ̄l@l イ  ´ri ∨イ´     大義も突き詰めれば私欲。
       |.  ',      ,:;|           イ' | !
       .X. ',     ,:;:;|           /iノ j        そもそも大義があるものが正義なのではない。
        `  ,   ´ヽ:;|          /´ ./
          X    `          /クイ´         勝ったものが正義なのだよ。
           \  `―  ―     イ イ´
             \  ~      ./  |}ヽ          それが武将としての当然の心構えだ。
           x彡介x      /    レ /i
          /V三三/ゝ____/    / / |`ヽ、
   __  x<./ ∧三三三三フ    ./ /  〉  `>―
  /      ./ / ∧三三三イ   / /   //      \



              _,.....::::::::::::: ̄:::::::....、
            ,..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         ,..:::´:::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /::::::/:::,:'::,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
      ,::::::/::::/::::::/:::/:::/::::::::::::::::::::l::::::,:::::::,::::::::::::.
      ,::::::/::::/:::::/:::/:::イ:::::::::::::::::::::::|::::::}:::::::,::::::::::::::.
      /::::/::::/:::::/:::/::::::j::::::::::::::::::::::::|::::::l:::::::::,:::::::::::::.
     ,:::::/:::::{:::::::{::イ:::::::::|!::::::::::::::::::::: !::::ハ:::::::::,::::::::::::::l     ま、冷たいこというとそういうことだね。
     {::::l::::::::|::::::|:::l:::::::::ハ:::l:::::::::::::::::::|rリ-}:::::::::,:::::::::::::|
     |::::|::::::::!::::::!:::',:::::リ/∧、::::::::::::::::|///!:::::::::l::::::::::::;     負ければどんな理由があろうが、
     ',::::!,::::∧::::ト,:::::{/////∧:::、:::::::|-_!:::::::::|::::::::::::l     私たちやアーチャーみたいに敗軍の将として記録される。
     ',::l:::/::::从!ハ::::|//////,\:\イ弋z(ソア::::::::::::,
      ヽ/!::::::::::、/Ⅵ///// l `\ `  ̄ /::::/::::::::,      故に私たちは大義を振りかざしはしない。
       /`|::::::::::::\////  '      /::::/::::::::::l     自分たちの抱える願いのために闘うのさ。
     /  {:::::::::::::::l 、´     _       ,イ:::/::::::::::::,
          |:::::::l::::::::,  ヽ、   ´ ´  ,..イ/::/::::::::::::/       それが大義と=になるような場合も勿論あるけどね。
        ',::::::l:::::::::,   | ` - < ト, /:,イ:::::::::::/        私なんかはある意味最もたちが悪いかな、
         、::l',:::::::::, { `ヽ、_,.../ }'イ/:::::::::イ
         、| \:::::,/   /∧    ∨:::::::://         暴れるだけ暴れたかっただけなわけだし。
            ',/ \!  ///∧   /::::::/`ヽ、
           /}    //////\./:::/     \



.


4497隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 21:52:52.40 ID:G1fdMcAr
なんだかなあ…
価値観が違うって言っても自分の欲叶えるために何やってもって良い言うのはなあ…
昔のエライ人だから有象無象の命なんてどうでもいいってことでいいか。


4500隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 21:54:30.02 ID:91z9Ms9C
?何を言っているんだ彼らは生前から誰かを殺すことで己の望みを果たそうとした者たちだぞ


4501隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 21:54:50.66 ID:GLZLjB5z
>>4497
というか、それこそ今の時代と昔の時代の違いだと思うよ
ぶっちゃけ、今の時代の感覚だと絶対に推し量れないものがある
それこそ本当に紛争地帯にでも行って戦争を体験してみないと


4502◆oa1lT4DTRs2014/08/21(木) 21:58:23.15 ID:cTbLsu+W



三三三三三三三三三三三三三三三ヱ   |三|
三三三三三三三三三三三三三三ア     .|三|/⌒\
三三三三三三三三ハヽ三三三ア ィ彡气ミェ \/ /` }
三三三三三三三三| |/|三ア ェェエア   ヽ   `、/  .i     >>4497
三三三三三三三ア    /  / _____,   |   |    冷たいことを言うとその通り。
/|三三三三三ア  ヽ           ゝ-'  ,ィ    |   /
. |三三三二ニ メ          ヽ ̄ ̄ ̄    /   /     国家を動かす以上は、優先順位というものがあるからね。
   ェニ二三豸 ヽ     ヽ               |  ./      そしてそういう横暴を少しでも減らそうと
.ェ彡ア    _//          ヽ          |__/      今の自然法や人権の概念で国家をしばってるのさ~。
弍ァ  ,-‐"ゝ'/  /          ヽ           .|
、       ̄ ̄             ヽ    ヽ    |\       どれだけ私の理念が先進的だったか分かってもらえるんじゃないかな。
.i      ̄           /        / ,:,:,:゙゙    |\\     というわけで、きみたちちゃんと選挙とか行き給えよ?
弋             __/  ──‐‐' ;,;;, /´ .   |  ヽ \
  \       / ,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:    _,-‐'.    /   |.  |_
──\        _____,.-‐'       ./|  / ./|;:;:;:`'ー-、___
      `、       y´                / .|/ /  .|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:`'ー-、_
    / ̄\             -‐‐‐      i/ /   .|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;::;:;:;:;;:;::
_,,..-‐'';:;:;:( ̄\_          ,-‐-、_    |_/__,,..-‐'' ̄ ̄ ̄ ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;
-――--`ー--、>ー-、,__,,..-‐''      `''ー‐‐' ̄ ̄)          \;:;:;:;:;:;:;:;
     ( ̄`'ー'.´     ` `‐-- 、 _____,,.. -‐''                \;:;:;:;:;:
      丶、___ィ-、___,__,,..-‐-、_                ,、    \;:;






4503隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 22:01:08.05 ID:RdACZncH
このキャスターさんちょっと生まれる時代間違えちゃった感w
まあ、この手の話はどう説明したってモニョる人は出るものよ


4504◆oa1lT4DTRs2014/08/21(木) 22:01:54.71 ID:cTbLsu+W


 //////////////////V
 ///////////////////V
 ////////////////;;///V
 //////////////´   ヽ./V
 ////////,,_ ///      '/V
 /////>.´ミ Y/ヽ  刈ト. ミ
 ////|  ,,,_ヲ レ'   下圦 ミ
 ///∧ !         | ミ,
 ==ハ ゝ.        ハ .tミ,.!      ま、それを全て良しとしているのか、
      ゝ ´           `´¨斗      と言われると苦しいがな。
    〃.              V
    ; >、        、 _.ゝ      和尚も言っていたであろう、
    ; ;;>、         ー          この世は弱肉強食の修羅の世の中であると。
    ;  ;;;;;>、.     /
  ヽ  ; 〃`ヽ _/               故に我らは武を磨き、騎士の誓を守り、己を律し、
 ト ヽ /                      かくあるべきという存在になろうと皆が努力していたのだ。
 /∧ ヽ
 ///>、 ヽ                     まぁその感性は大変健康的であり、健常的なものだ。
  V///>- 、                忘れずにいてくれることを願うし、
  Y//////ハ               それが許される社会であることを俺たちは祈っているぞ。
   }///////ハ
  '/////////ハ               ……さて、点呼の時間だ。
 ////////////!               今日付き合ってくれる者はいるか?
 ////////////|
 ////////////|
 ////////////!
 ////////////
 ///////////


.


4505隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 22:02:20.96 ID:KuuQnP9f
ぶっちゃけ昔の人に今の倫理を守る理由なんてないからな


4506隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 22:02:39.19 ID:QcIl6A6k



4507隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 22:02:50.64 ID:tzcLswnk



4510隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 22:04:03.13 ID:CszT60/Y



4511隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 22:05:24.36 ID:RdACZncH



4512◆oa1lT4DTRs2014/08/21(木) 22:06:18.93 ID:cTbLsu+W


                      i\
       八     _  ―…..........|  \
        i  \ <.............................../   / 〉厂 ̄}
        |   >.................................... ̄ ̄\\  <
.       れヘノ...........................................................\\ \
      / <........../.............../|..............|........................〉 》   >
    <      〕 /............../ |..............|.......................L《 \\
     厂}\/../............../  .|..............| H-|―|.........〉》   Y
.    /  |.....〃....H―./ 、 l..........´ | |.l...!.....|......//    {
   /   从./..´...|.l.../     |..............| l _!_!.....¨¨厂 ̄
.  /     ./.....|....|.|..|     |..「 ̄ ィ ̄んrハ〉.........|             どうもありがとう、あと少しお付き合いよろしくね。
   7   .∧.....|....|.「_    , -_ ノ  ゞ- ム......八
   ∨ 「/  Ⅵ|....|.H`¨¨¨´ ノ } `¨¨¨¨¨7................\_ ノ     まぁ、略奪なんてやらなくていいなら私だって別にやらないわよ。
   ¨¨/¨¨¨ ∨.. !ハ.-‐ ¨´        /.............l..........\_ ノ     貢物だって、兵隊からの行為なんだから受け取ってたわけだしね。
         }.....|......圦      _      /......八 ̄ ̄ ̄       喜んでもらってる振りをしてるわけ。
        ノ〉.八.....|....ゝ    /:::〉  イ}...../.  \ _____
.        /.イ.....\.......ハ.>/:::::{ <_ノ\}__ _ ノ::::::::::::::::    さて、まずは和尚のささやかな願いからよ。
         }/\/}...//:::ノ:::::::::}::::マハ厂|:::::::::::\::::::::::::::::::    【今から】【10分まで】好きな願いを書き込んで頂戴。
             /.............................Ⅳ} |:::::::::::::::::\::::::::::::    作者がチョイスして、その中から選ぶようにするから。
           _/::::::;:::::::::::::::::::::::r ┴< ̄`ヽ::::::::::::::::\::::::
         /::::ハ:::ん/::::::/:::::/}   ∨::::::∧::::::::::::::::::\
        /:::::::/ /〈. 〈::l⌒|⌒{:::::|〉⌒Y::\/:::::\::::::::::::::::::
        :::::::/ /:::::ヽ.ヽ\\ \::::}  |::::::::::::::::γ\::::::::::::
       {:::::/ .ノ:::::::::::ヘ } ` ̄¨¨::::!  !:::::::::::::::::ゝ___.\::::::
       l:::::`´::::::::::::::::::ゝ':::::::::::::::::::|  |:::::::::::::::::::::::::::::::::\



.


4513◆oa1lT4DTRs2014/08/21(木) 22:07:23.76 ID:cTbLsu+W
【どのような願いでも構いません、適度に調整します】
【あと、トイレに行きたいので15分まで延長】


4514隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 22:08:07.84 ID:tzcLswnk
GUN道がオリンピック種目になりますように


4515隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 22:08:37.24 ID:KuuQnP9f
全人類メシマズに…なったらいいなぁ


4516隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 22:08:39.49 ID:69fw/Wce
俳句がナウでヤングな若者に大ブームになりますように


4517隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 22:09:43.20 ID:G1fdMcAr
「あの道を踏み外した愚か者が次産まれるときはまっとうな生を生きられますように」
という願掛け。
効果無いだろうけどやるだけやってもいいよね。


4518隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 22:12:15.16 ID:91z9Ms9C
自分のを含めた知り合いの方々の健康


4519隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 22:14:41.29 ID:RdACZncH
遥か未来、果てなき闘争に身を投じる相棒と、共に行けぬこの凡夫の身を恨めしく思う
願わくば、彼女の旅路が良き友との出会いに満たされんことを

訳:アシュνの友達運アップを頼む

和尚が輪廻転生した先でアシュνと巡り合うとかも考えたけど、転生は二番煎じだしw


4520隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 22:14:56.23 ID:J0WksTPq
諸事情で未完に終わってるマハーバーラタの原典訳が完結しますように(色々迷ったがアシュヴァッターマンはじめ皆様の活躍をより良い形で多くの人が目にできるようにw


4521隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 22:15:36.69 ID:QcIl6A6k
「永い時を戦い続ける相棒に、自分の死後も良き縁、良き友人が出来ますように」
和尚の場合、多少の願いなら生きてる間に自分で叶えそうなので
自分の手の届かない死後の心残りをここで消してしまおう。


4522隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 22:15:39.10 ID:CszT60/Y
仕置人にももっと手厚い福利厚生が
必要と思わんじゃろうか?のう、聖杯よ


4523隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 22:16:13.71 ID:G1fdMcAr
>>4522
裏稼業に福利厚生とかあるのかww


4524◆oa1lT4DTRs2014/08/21(木) 22:16:13.87 ID:cTbLsu+W
一応ここまで~さてさてと


4525隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 22:19:21.67 ID:CszT60/Y
>>4523
無い・・・と思うw
だからささやかに、願わずにはいられない1


4526◆oa1lT4DTRs2014/08/21(木) 22:24:17.03 ID:cTbLsu+W
えーとまずはこれ


>>4514
和尚)流れ弾で人が死にそうじゃからのぅ、辞めておこう

>>4515
アシュν)メシマズにするの!? 絶対に許さない(カチャッ


                  _,..-――.< ヾヘ、
               ,. <´  _    `  .`ヽ
           , /ア´  ,ィリ:ハ   ̄ ̄`ー-、   `ヽ、
          バトj   ,ィt:ハ彡ノリ       `ヽ.   ヽ
            rト川ミz:イトt升tヲ≦'..__           ヽ.  ハ
          ヾ≧ミミY¨.)Z:ノ_== z `ヽ          マ  i
            レ´>イ`.´`ヽ.`ヽ、 `ヽ.ハ         l  .ト、
           __ノ // .i! ヽ、   ヽ `ヽ、.ヾ_ー--ァ     l  i ヽ
           >ィァ'   ト、ヽヽ>z.ヽ、  i r-<        |  l j
          ̄ /j .l tートz、.j ¨.トzソ`iヽ:ノ .ハ  i      j  i i
.           /,ィt ハ,イ iソ   `´ | .i! /  チラッチラッ  .,'    i    >>4516
         ´ .|ハ/イ|ハ¨、     l,ィ、i! _ノ      /     j    俳句がナウでヤングな若者に大ブームになりますように
        8        lイi!ト._  、  ,.ィ/フレ'  _    ノ    /
      /iヽ       l   `アフ /    〉/''ヽ_ /    /
     ム_l _.>      .l  .Xイzレ'    ノ;/    ヽ     ノ
  ((  ( o ) ))   `ii/:i!ヽー≠´;;/      .ヽ  ./
      (o)0O()      /i、ノ傘;;;;ヽ;;;;;;;/ .|     i i!__i
       ̄ ̄     / .lアi!;;i!`¨¨;;;;/  i!    ./.i ヽ
             ノ .j;;;;`;;'';;;;;;;;;;」_,z=|   ./ .l   \
            / iイz、;r=、.-';;l¨ ̄.i  ''   j     ヽ
               /   .ヾz>=≦zzzリ.-=/マ  ノ      ヽ                    /
            /    .ノ、ニ≡三 >''''´ _i_             ハ                 /:::/
             j_,rrノ¨≒   ̄,...ィ≠´  i!          i                /::::/
            /〈:ハ  zzx___xz_ ム> '':i!             ヽ           /::::/
.           /ヾハ:ム  、 ≧_イ ≦:ノ ;:アハ    、      ヽ          /::::/
           ノ,.ィ'ーヾ__≧=<z___,.ィアアノ;;i!    ヽ..      ヽ      /::::/
.        /'';;;;;;;;;;;;;;'ー‐''´¨¨¨ヽ二Y、.ノ´;;;;;;;i!       `''- .._   ヽ ./::::/
       ,イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i!          ̄   .ヾ::::/
   ,.イ´リ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i!                   ̄ l
   |  ヽ,;;;;_ノ¨ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r、_r、;;;;;;i!                   ノ
.    l   し'    ヽ;o;;z=人__;;;;r、;;;;;ノ   `¨¨ー--、          

>>4517
和尚)……うむ、やるだけやってもいいじゃろうな。

>>4518
アシュνちゃん)うん、実に全うで正統派だと思うよ。僕はこれを支持する

>>4519 >>4521
アシュνちゃん)? なぁに? どうしたのマスター?
和尚)……いや、なんでもないぞ。 ほれ、ダースでも食べるか?

>>4520
楓)一応山際版もありますが、欲しいですよね(遠い目

>>4522
神龍)その願いは聖杯の願いを越えている!!


.


4527隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 22:25:48.18 ID:G1fdMcAr
神龍www
おいこらポンコツww


4528隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 22:27:36.59 ID:CszT60/Y
そんなのってないよ、あんまりだよw
神龍w


4531隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 22:28:50.61 ID:LUZ39oWX
しおき人福利厚生アップがそんなに難易度高いのかよwww


4529隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 22:28:29.95 ID:69fw/Wce
今こそHAIKUだいぶーむのきざし


4530隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 22:28:39.55 ID:RdACZncH
なんで俳句奉納が宝具の対価になるんだよ神様適当過ぎwww
と思っていたが、これまでを見てきて神様が和尚に加護与えてる理由がよくわかりました


4532◆oa1lT4DTRs2014/08/21(木) 22:29:06.98 ID:cTbLsu+W




                  .{ \       ,.- ..._
     __     ./´ヽ     .ヘ  V    / ;;;;;;;;;,,ー、
   /:.rヽ   // ヽ:.',:.ヽ    .ヘ V__,.ァ ,;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;V
  /:.:.:.:i,.-‐゙ニ ̄ニニニヽ:.',:.:.V     >/ /,;;;;;;;; ,,;;;;;;;  ;;;;;;ヽ、
  //i:.:.:i:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:i:.i|ヽ:V  ///  ;;;; ,,;;;;;,  ,;;;;;;;;;;;  ;;;i `ヽ
,.ム' i:.|:/:.i:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:ヽ',:.|:.iヽj  ヽ 、;;  ;;;;;;;;   ,;; ;;;;;;;; ;;  _>'.ノ
  |:.:.j:.:|:.:|:i:.:.ハ:.:.ハ:.:.i:.i.:i:.N',:.i:|   ヽ`゙ >=‐----------‐"´ /
  |:.i:.|:.L」___j .|_j ',__i_i_j:|:|:iN     ヽ i  ヽ  ;;;;;;;; ;;;;;;;;/.}    ……この3つですね。
  |:i:/ii:.:.|イ_j   r=ミ i:.:.||:|i       |   .|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ /
  リ:i:.',:.:| ,,,  ,  ,,, i}:.i:i:.|   _/´ .|   |;;;;;;;;;;;;;;;;/ /.}      >>4517
    .Vi:.|ヽ、 、___,  /:iリiN  ./  .|   |   |ー-‐/__ム‐."      1.骸ダインが生まれ変われるなら、まっとうに生きられるように。
     .i;;;;;;;>   ´|>ヽi|__ノ|   |   |   i;;;;;;;/ /
      W./ {リ  / //7/  .i  .|   |   .| | /          >>4518
     _,..i| 〉 /_  /;;;//    |        | | /             2.自分のを含めた知り合いの方々の健康。
     .i ./|/;;;;;;;;;;;V;;;;;;/ i  .i   ヘ     _、__,.| |
     iv;;ii;;;;;;i;;;;i,V;;;;;;;i.|i.|  \___二="´   .| .|             >>4519 >>4521
     /;;;i;;;i_i;;;/:::::::::| i .',...-‐".7/     ____/‐‐V___          3.長き戦いに赴くアシュνちゃんの友達運アップを。
    i:::::::i_/:::::::::::::::::|i ',',;;;;;;;//   ,.//  ー-‐ ヘ\




             .ノヘ     /ヘ   __
           i、/!  |,,-─''/   |ア"´ /
           | |ィァ'‐=、ィ=、  /   /`\
           ,|`‐!´   ><´ ̄/─<   \
         / \'、__,!‐'─へ_/       ヽ
        ./ / / |     ヽ    \    ヽ\,,__
      _/ 〈   |  ヽ  |、  __L\   ヽ   ヽ-‐''´
     ̄`フ  !  l\  |ヽ !:ヘ´ i:::::::ヽ.    ',    ',
     <ィ   ハ ,ゝ-ヽノ::::)':::::イ'´ ̄jア::::Y、  .l \_i_
_∧,、_ ノ /ノィ'ヽ|::ィ´ ヽ::::::::::::::::::''"::::::::::| ヽノへ_,,ィ´______
 ̄'`'` ̄,イ/ ./!  ヽ`-ィソ  ::::::::::::::::::::ノ !イ   |. |\ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ヽ( ∧   )ヘ:::::ヽ       (,ノ .ノヘ、 .ハ l.  )'                     そんな顔しても駄目です>楓
        イ ,ヘ i  ハ::::::::::ニ--    /::::::|/ )'
        ノ' 人.\ \:::::::"´   /::::  ,へ
            ヽ)\iソヽ;;_,,.イ:::::::  /   ヽ
                    ∧:::: /     ∧
                    / ノ/    / ヽ
                   ノ /´     /´ ̄`\




.


4533隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 22:29:45.81 ID:69fw/Wce
くっ…!w


4534隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 22:30:38.17 ID:RdACZncH
神ww


4535◆oa1lT4DTRs2014/08/21(木) 22:31:35.09 ID:cTbLsu+W



                 /:.:.///ヽヽ-----/_//.|:.:.:.:V
                /:.:.:.:./´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ|:.:.:.:.:V
                /:.:i.:.:/:/´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:|:.:.:.:.:.:.:V
               ./:.:.:|.://:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.',:.i:.:.:.:.:.:.V
  __________i:.:.:.:|:/:./:.:/:.:.:.:.i:.:.:.:.:|:.:.:.:|:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.i:.:.i|
  |            ヒi:.:/:.i/:.:./:.:.:./ .|:.:.:.::|i:.:.:.|:.i:.:.:.:.i:|:.:.:.|:i:.:|
  | (秘)         ヒ|/|:.:.ヽ_/:.:.:/- |:.:.:.:|.|:.:.:|Lj..-'"|:.:|:i:.:|:|
  |  計 画  書    .ヒ|:i:|:.:.:.i:./~´    ̄  ̄ .|:.:.i:.:|:.:i/:.:|i
  |         .(`´) ヒ|:.:|:.:.:.|:| r==ミ    r==ミ |:.:i:.:|:.i/i:.:リ
  r'-、         '"ri_.ヒ|:.:.i:.:.:.:|     ,     .|:.:i://:.:.i:.|
 ,へ、.j        i" ,..._ヽ、:.ハ:.:.:|    __    ム|:.i/i:.:.:ハi
./ .ムi .|        |‐'´.,... 〈.i;ヘ i;ヽ、  {   .}  /;;;;|:/:|:.:./  ゙    はい、では36分ぴったしまで多数決。
i -,、j´        i二,...  |.i;;N;;;;;;;;;ヽ _ イ;;ii;;;;iii/|:|.V
\{/         { ,.ィ  .| リ |;;,;;ij-リ    i> ヽ__リ        お好きなの選んで下さいませ
  |________ヽ-i   .|,.ィ-':7  .{   ./ /:.:.:.:/_ `ヽ
  ヽニニニニニニニニニニニニ',  .V:.:.:.:|  ,.> r"_ /:.:.:.:/ ‐" ̄`V
      ヘ   V     〉、  ' ,:.:.:i_/7二i;;;;V:.:.:.:.ム"-‐-、 ./
       ヘ   V   ./ ヽ.',  ヽ/;;ノi;;ii;;;i y:.:.:/ -‐‐‐、 .|/
       .ヘ   V  /´ヽ、 ハ   \i;;;|.L./:.:ム------、 リ
        ヘ   V==== /:.ヘ    \/:.:.レ" ̄ `ヽ、\ |


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.骸ダインが生まれ変われるなら、まっとうに生きられるように。
2.自分のを含めた知り合いの方々の健康。
3.長き戦いに赴くアシュνちゃんの友達運アップを。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

.


4536隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 22:32:06.34 ID:tzcLswnk



4537隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 22:32:10.28 ID:CszT60/Y

36分か


4538隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 22:32:35.97 ID:LUZ39oWX



4539隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 22:32:36.94 ID:G1fdMcAr
1.骸ダインが生まれ変われるなら、まっとうに生きられるように。

ちょっとくらい救われたって良いじゃない。
散々笑わせてくれたんだしwww


4540隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 22:32:42.80 ID:91z9Ms9C
2.自分のを含めた知り合いの方々の健康。


4541隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 22:32:55.73 ID:RdACZncH



4542隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 22:33:42.34 ID:QcIl6A6k
3.長き戦いに赴くアシュνちゃんの友達運アップを。


4543隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 22:34:32.46 ID:tsj+m4Bd



4544隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 22:35:22.69 ID:J0WksTPq

和尚その他は所詮100年くらいだけどアシュνちゃんはね・・・・・


4545隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 22:36:01.83 ID:G1fdMcAr
和尚はもって40年位じゃない?


4546隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 22:36:13.99 ID:69fw/Wce

がんばれνちゃん


4547◆oa1lT4DTRs2014/08/21(木) 22:37:03.87 ID:cTbLsu+W



                 /:.:.///ヽヽ-----/_//.|:.:.:.:V
                /:.:.:.:./´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ|:.:.:.:.:V
                /:.:i.:.:/:/´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:|:.:.:.:.:.:.:V
               ./:.:.:|.://:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.',:.i:.:.:.:.:.:.V
  __________i:.:.:.:|:/:./:.:/:.:.:.:.i:.:.:.:.:|:.:.:.:|:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.i:.:.i|
  |            ヒi:.:/:.i/:.:./:.:.:./ .|:.:.:.::|i:.:.:.|:.i:.:.:.:.i:|:.:.:.|:i:.:|
  | (秘)         ヒ|/|:.:.ヽ_/:.:.:/- |:.:.:.:|.|:.:.:|Lj..-'"|:.:|:i:.:|:|
  |  計 画  書    .ヒ|:i:|:.:.:.i:./~´    ̄  ̄ .|:.:.i:.:|:.:i/:.:|i
  |         .(`´) ヒ|:.:|:.:.:.|:| r==ミ    r==ミ |:.:i:.:|:.i/i:.:リ
  r'-、         '"ri_.ヒ|:.:.i:.:.:.:|     ,     .|:.:i://:.:.i:.|
 ,へ、.j        i" ,..._ヽ、:.ハ:.:.:|    __    ム|:.i/i:.:.:ハi
./ .ムi .|        |‐'´.,... 〈.i;ヘ i;ヽ、  {   .}  /;;;;|:/:|:.:./  ゙    3.長き戦いに赴くアシュνちゃんの友達運アップを。
i -,、j´        i二,...  |.i;;N;;;;;;;;;ヽ _ イ;;ii;;;;iii/|:|.V
\{/         { ,.ィ  .| リ |;;,;;ij-リ    i> ヽ__リ        ですね……ふむふむ?
  |________ヽ-i   .|,.ィ-':7  .{   ./ /:.:.:.:/_ `ヽ
  ヽニニニニニニニニニニニニ',  .V:.:.:.:|  ,.> r"_ /:.:.:.:/ ‐" ̄`V      謎判定【1D100:77】
      ヘ   V     〉、  ' ,:.:.:i_/7二i;;;;V:.:.:.:.ム"-‐-、 ./
       ヘ   V   ./ ヽ.',  ヽ/;;ノi;;ii;;;i y:.:.:/ -‐‐‐、 .|/
       .ヘ   V  /´ヽ、 ハ   \i;;;|.L./:.:ム------、 リ
        ヘ   V==== /:.ヘ    \/:.:.レ" ̄ `ヽ、\ |



.


4548◆oa1lT4DTRs2014/08/21(木) 22:38:34.64 ID:cTbLsu+W


     /ヽ、     /:.:.:.:.|;ヘ:.V
    /:.:.:.:.:.:iヽヽ-‐‐'‐‐‐‐'‐‐゙‐‐-、
   /:.:.:.:.:.:.:.:|/:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:ヽ
  ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:',:./:.:.:.:.:i:.:.:.:i:.:.:|i:.:.:.:.:.|:.:',:.:.:.ヽ
 /:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.i:.|i:.i:.:i:.:.:.:.|:.:.:.|:.:.:.|.|:.:.:.:.:|.i:.:i:.:ヽ:.V
/:.:.:/:.:.:.:.:.:.|:.:.||:.i|:.|:.:.:.:.:|:.:.:i|:.:.i:|-L.....j ゙‐' ゙ i>/
:./:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ:.:|:ii|:.|:.:.:.:.:L..j  ̄      |:.|
".i:.:.:.:.:.:i:.:|:.:.:|',:.iii:|:|:.:.:.:.:.:.| r==ミ    rミ |:.:.|
|:.:.:.:.:.|:.i:.:.:.|:.:', Vi:|:.:.:.:.:.:|          i:.:|
|:.:.:.:.:i:.|:.:.:.:|:.:.i:ヽヽi:.:.:.:.:| ////    ' //i:.:|     おーこれはまた……
|:.:.:.:,':/|:.:.:.|:.:ハ:', .',:.:.:.:|    、_ ,  /:.:|      ではこれを元にED書いていきましょうか。
.|:.:/:./:.|:.:.:|:i:i:.:.:ヽヽ_j:.:.:.| U       /i:.:.i
. |:.:/:./i:.i;;|:.i:.:ハ:.:.:.N ヘ:.:.|ヽ、     /;/i:.:i       ……アシュνちゃんの項目、まだ書ききってないんだけど(ボソッ
|/:/:.i i;;;|:.i/;;;;;;iヽ:.j-..._ヘ:.i  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ .|:i
./:./ |:| ij;;;|/_,..-‐ヽ、   `ヽi- 、 |`゙ヽ<.リ  リ
ム/ |:|.-‐‐"  `ヽ:::::\    N|   ハi、_
  /-‐- ...__    \:::::\  |;;;ヽ / |:ヽ ',、
  ./     ヽ、   ヽ:::::::ヽjヽ、 j__j>、i:::::ヽi ヽ
 / /´フ=‐---ヽ、  ヘ::::::::ヽ 7;;;;;;;;;;;`ヽ::ヘ .|\
  V/~        \ ',:::::::::::V;;;;;;;;iヽ;;;;;;;〉:::ヽi /7、



.


4549隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 22:39:03.87 ID:J0WksTPq
結構高いなw


4550隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 22:39:56.61 ID:RdACZncH
やや高めの数字だけどこれは…?


4551◆oa1lT4DTRs2014/08/21(木) 22:42:33.11 ID:cTbLsu+W



                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・







4552◆oa1lT4DTRs2014/08/21(木) 22:43:07.05 ID:cTbLsu+W




                     助け人走るBGM:涼風
            【BGM:ttp://www.listenonrepeat.com/watch/?v=vRo-PawI_Is


           

【都内某所・某月寅の日】

         、,,                           ,
        `、`゙'''ー=============================ー'''゙´ノ
         `ゝl!i!li!lil!il!ili!lil!i!li!lil!il!ili!lil!i!li!lil!il!ili!lil!i!li!lil!il!ili!イ´
          |=|_|^|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|^|=|
          |=|_|^|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|^|=|
          |=|_|^|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|^|=|
          |=|_|^|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|^|=|
        ,.r''"=|_|^|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|^|=`゙'、,,
      ,.r''"=/^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|ヽ=`''、,,
   __,.r''"=/^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|^|=`゙''-、__.;i;';.
:、;;`、エ@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@=@エr''´.;i;';.
;i;';.:;;:、;<__人__>-------<=二二二二二二二二二=>-------<__人__>.;i;';.Y;:;;::
:;;::、;;:。; |□|田田田田田||.(;;;)(;;;)(;;;)(;;;)(;;;)(;;;) ||田田田田田|□|;:。;:;;::。;:;;::、
`;`;;i`.:;:i..''|| :田田田田癶||ロロ|    .§. .   .. . |ロロ||癶田田田田 .||'`,:'':'`:Y:'';;::,:'':';:
`;i`.;` ;;i`´.||〒〒〒〒(:::::)ロロ|   .,--§--.、   .|ロロ(:::::)〒〒〒〒';.,,;;`;;i':';:;..,,:'':';:;"
`;;ii|!:;. ,,;...;)}{{.|llll|llll|llll|llll|┃||ロロ|____.| ̄ ̄ ̄ ̄||___|ロロ||┃llll|llll|llll|llll|.}}ヾ':';:;..,"i|!i|!,:'':';:;..
─-==-_─三─≡-=─-==-.::::; ̄ ̄ ̄ ̄ヽ、:::..─-==-_─三─≡-=─-==-_
二三_-==-_─ ̄三─≡ ̄-:::::/: : : : : : : : : : : ヽ::::.-==-_─-==-_─三─≡-==-_
,,,,_,,ー,,,- ,,,- ,,,, _,:,, ,,-  ,,,::::r'' : : : : : : : : : : : : : :゙''、::::..ー,,,, ,,,,,,ー ,,,,- ,,,,,, -,,,,,,,- ,,,,ー ,,,, ,,
::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::\:::::::::
_______________|____________________|__________________|________________|_____________________|______________|_______
::::/::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::
__|__________________|_____________________|_______________________|_____________________|___________________|______
:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::
_____|____________________|__________________________|________________________|_______________________|______________
:::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::
__________|__________________________|_______________________________|___________________________|________________________



.


4553◆oa1lT4DTRs2014/08/21(木) 22:48:40.10 ID:cTbLsu+W


        ∽∝∞∝∽∽∝∞∝∽∽∝∞∝∽∽∝∞
      ..::/||====================================
  ...:::/|  ||三三三i三三三i三三三i三三三i三三三i三三
...: :/|  |/||三三三i三三三i三三三i三三三i三三三i三三
/|  |/|  ||三三三i三三三i三三三i三三三i三三三i三三
  |/|  |/||三三三i三三三i三三三i三三三i三三三i三三
/|  |/|  ||三三三i三三三i三三三i三三三i三三三i三三
  |/|  |/||三三三i三三三i三三三i三三三i三三三i三三
/|  |/|  ||三三三i三三三i三≡≡i≡≡≡i三三三i三三
  |/|  |/||三三三i三三三i三≡≡i≡≡≡i三三三i三三
/|  |/|  ||三三三i三三三i三三三i三三三i三三三i三三
  |/|  |/||三三三i三三三i三三三i三三三i三三三i三三
/|  |/ ..:::||□■□■□■□■□■□■□■□■□■
  |/...::::::/     /     /     /     /
/.....:::::/     /     /     /     /
...:::::::/     /     /     /     /
..:::/     /     /     /     /



       |    ,,-''"//彡彡彡彡彡彡ヽ、/               |  
     /  ',__,,-"ミミl| l| //彡彡彡彡彡彡彡、             |
     ',  /ミミミミミミミl|/''"  /    彡彡彡'.             .|  
     \/ミミミミ''゙゙      /     彡彡彡',---、        |
      lミミ゙゙ ヽ、      |  _,,,==-  ミミミミ:',_________,---    .|  先日の件に関しましては、
   ,--- |彡    ` ---  、_,,=='_,,,--、,  ',ミミl_____        |
   /   l彡'.   __,,,,   :::::::/´匕ノ "   彡/-、 \        .|  頼み人が死亡いたしましたので、
       '彡.,==_,,,-、゙ヽ ::::::::'‐'':::::      ', l´ヽl         .|
        ',:| /´匕丿'::::|  ::::        /;;ヽ| /         |  無かったことと相成ります。
      / .',:: ゙‐‐'"   l、_/:::::       ./ > l |____       .|
     .(   ',      l_ヽ  '       /  |丿 l          |  
        〉、',       ゙-       /  l-''"----'      |
       ./ ヽヽ     ,-´ ̄ ̄`     /',::|\       ∠   
       |   ヽ ',    ゙ ::::::::::::::     /  ',|  \____,      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       |    `ヽ           /   |ヽ___,
        \    `ヽ、_   ,,,,:::::::::/     ',-、
               / ',` ‐‐‐        // `ヽ、
              ./  ',           //    `゙ヽ、
             (  ___',   `゙'''    .//       `ヽ、
                ∧ヽ     :::::::  //          ヽ_____
               / ', \       //               ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼読み手 藤木源之助


.


4554隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 22:49:41.87 ID:RdACZncH
読み手の人、今度の人ははいつまで保つのかな…


4556隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 22:54:54.15 ID:G1fdMcAr
そういや、こういう場合ってなんか保証金とか出ないの?
向こうのミスで無駄に命かけて危険犯す羽目になったんだからなんか出てもいい気がする。


4555◆oa1lT4DTRs2014/08/21(木) 22:52:12.38 ID:cTbLsu+W




                            /,   /              \\          f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                         //   /           ,、 ,、    \\        | 雨情の~まこと泣くや~ホトト~ギ~ス~
                      //   /            /  ̄ ヽ    ヽ ',       ヽ__________________乂_
                        '  /        , /    '.      Yニニ丶.
                           |l  l        / / /     l¦     ! |    \
                           |!  |      / /| i      l l、     `_ー_-. -
                           |   ! l  |  /| l l !        _i| \     \
                           |   N  |,メ..」 | li     / l |/\    \
                           |   l |  |干lモ幵 l  ィ斤lモ幵ア1i | > 、_   丶._
                           |   l |  ト `ニ´ィ、l    `ニ´ィ、 |' 丿/      ̄
                           |   |‐ヽ |____,ノ 〒弋____ノ !´ ′
                           l   | ハヽ ̄ ̄    !    ̄ ̄ /  〈
                          | / \            /、__/
                         ヽ ∨   / 丶.  ´ `   . イ !  \           ………………
                      /\ '. ¦  | ` ー ´   ! |   l \
                     _/   ! ヽ. |  |        l  !   ¦  \
                   , ´     l     |、 ヽ___     __/  |    !    `丶
                   /       l    | ヽ  ヽ `   ´ /  イ   l        \
                    /      l   |    |   \ ヽ  /  / |     .          \
               /      ¦   |    |      、 ∨  /   !     ヽ       l   ヽ



                           ┌───────────────┐
                           │                        │
                           │    ┌─────────┐    │
                           └──┼─────────┼──┘
                           │  ┌─────┐  │
                           └─┼─────┼─┘
                               └─────┘
                                ┌───┐
                                └───┘
                                  ┌─┐
                                  └─┘
                                   □



.


4557◆oa1lT4DTRs2014/08/21(木) 22:55:03.05 ID:cTbLsu+W


【都内某所・地下アジト】

_,,,,,,,.........7 ,'   ,ム===== =ー-   ...,,,_,.イ ,. '゙ _,.<;;;;>''"   ,,.:≦彡'''"´‐''"::;;≦;;;;;
_,,,,,,........7 ,'   /===''''====ー-  ,ッ'" ,. '゙_,.<;;;>''"   ,,.:≦㌢'"‐''",..≦、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
‐===''7.,'   ,ム========ェ..,,.イ , '´,.<;;>'"1ヽ ,,.:≦=''"‐''",,,;;≦イ: : : :};;;ァ=ミ:::;;;;;
,,..ニ¨~~7.,'  ,/ェニ゙===゙ニェァ'",. '゙ ,.<;>'" _,ィ| l :;l''"r::、"::≦;;;,.='''、='ゞ.;,,ノY゙: : : :Y:::;;
-= =''7.,'  /'""¨¨ ̄ ̄¨¨/,.イ, '゙,.<>'" ,,.:≦ゞ'゙1.!.:;|'"1 :|:;;r'"゙Y,´: : ヾ::::;;;;;;;;{l: : : : :リ;;;;;
,三二゙7,'  ,ム-====--:'゙.イ,. ,'゙.<''''" _,,.:≦'''"_,,,;;≦;! !..:|ハ;| .:!::{!:.:.:.}{! : : : }}::::;;;;;;;弋; : ;ンィ≦
≡='7.゙ /;;;;;;;;;三三;;;㌢"ィ"<''"-rァ'升''::f '"´!|::;Y;'´ ゙! !..:l: :}!..:|::;ゞ:,;从;.: : :,リ;;_;:ニ=-;;三r'´: : :
三≡7. /≡;;;;;;;;;;;;;イ,.:'",;:''"_,;;'_''1.:f;;;;;;;;!.:.:lll.:.:.:.l.! .:{l : : | l .:| ノ| .:!::;;,r;;=ュ、¨ア´~:゙ヾ:::;;ヾy゙: : : : :
川川ー''川川川川川 :|゙ l l l l l''"|..:|r'".:l_,,,..!.;;;;;;!| ::弋ン! !..:|~,ォ..:|Y;': : : : Y,゙: : : : : :Y::;;;;;!l.: : : : :
川川川 川川川川川 :|! l l l l l,,,..!..:!::-‐|:/:'''" !|:Y~YY:| l ::|,'.:| .:|:l:l.: : : : :l.l.: : : : : : !::;;;;代 : : : :
川川川 川川川川川 :|! l l l l lテ| 、__人_人_人_人_人_人_人_人_人_ 人 从: : : : : :从;;;;;;;ゞ、: :_:
川川川 川川川川川 :|! l l l l l..:::! )                        ( ;;;夂,,_少;;;;;;;;;;;;;`"'';;;
∧川川 川川川川川 :|!:r==ャ;;;;; ) ……大変だよ大変だよ!!  ( ; ̄~ヾ.二二三三;;;;;;;;;;
\\川 川川川キニ7;F丑三::;;;rシ  )                     ( i ̄!:;;;i;;;;;ア゙ ̄ヾヽ;;;;,r=
\\,夂,,丈丈丈弋'ゞL_」;_三ヒシ= ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ Y...l.....l.;;;;!;;;f.!: : : : ゙! !;i゙: :
、 \夂ミヘ、゙ヽ、゙丶、`丶、`丶 、゙  ', .,`゙ ' ‐- ..,,_''  ''Ll__j`"ー'' ー''代i T:::T;;リ;;;;l.!: : : : リ;,!;l : :
:::\ \,夂ミ::.、 ゙ヽ、.`ヽ、. `丶、 `丶 、' ",'' ‐- ..,_ `゙ ' ‐- ...,,,_¨""''''゙''ー‐''゙::'''''夊,,_,..夕从: :
;;:::::::\, \,夂ミ≧、. ゙ヽ、 `ヽ、. `丶、 `丶 、"' - ., "'' ‐ ..,,_   `"' ‐- ...,,_  ¨"'''' ー-'' `"
::;;;;;;::::::::\, \,゙'ミ≧:.、 ゙ヽ、 `丶、  `丶、. `丶 .、 `"' - ., `"' ‐ ..,_    `゙ ' ‐- ...,,_
:::::::;;;;;;;:::::::::\, >.,,ミ≧::... ゙ヽ、  `丶、  `丶、.  `丶 .、  `"' ‐ .,  `"' ‐ ..,_      ¨



      /  /  /       / , - '´: : : \: : : : : : : : : : :\
    ::l  , '  :;:/      ::/, -'――‐- 、: : ',: : : : : : : : : :
, -‐ 、::| / :://    :::/:/      ,ィ_  ',:l:|: : : : : : : :
, へ  l| , / :/    ::/ー'〈       {弌i  l:|: |: : : : : : : : :
 :::::ヽ l// :/  ::/ / ハ ト、     ゝ-' /: : :!: : : : : : : : :          八丁堀が……八丁堀のやつがいないんだよ!!
::::::::く //| /  :::/      ヘヽヘハ、、ー-  '  : :":ー ':/___
  :::::}'´   l  :::/            ヽ丶ヽ\ヽ:ヽ: :ト: . , ィ´ ̄ヽ:/       庵に行ってみたけど、何も残ってないんだ!!
、      l ::/                 \丶\ヽヽi弋シ  /:/
:|`ト 、   l ::/              , -'- 、    \   丶' /:/         お前ら、何か知らないか!!
:!/: :|   l /            /     ヽ   ‐  /‐ ':/ /:
/ : :|  |'           /ー '´`'ー-、 \   ´  :/イ:::
   ::ハ                /         ´゙ヽ_丶、  '´: ::/:::/



.


4558◆oa1lT4DTRs2014/08/21(木) 22:58:00.33 ID:cTbLsu+W


             /     ,  ,     ,,`` 、._
            /, , .: .;: ,:| .: |:|.: ;:| :||::.:i . :::',
               /:///:::/:/::|,/:::::':.'::|./:::::::::|.|::.::::ヽ
.            ,:::i,::|i|:::i:::i/:/:::/::::::|::,'.::i|''´|:::!:i:;::::{ヽ
          /::::!:::':|:::|:!:!:|::!::!::::ii::::|i::::イ {:::i:::!:';.:ト、
          /|:::::::::::::::|::||:;:::ハ::|、::::i::::/ノ 」;::!:::::::';{. ヽ
          /ム::;::::::i::::::j二ス'=;A|:ハ:f|j二´、リ:::::::::从
           ' ハ'}|::::::ヾヾl亠'┴' {! |!;i┴'亠'}:;:::|';| ', ',
.           ′ム::i:;:';:'::ヾ      {′   //::::||}',′'
              ノ ヾ!ト::'::ヾヽ     ゙    '/::リヾ:‐:.、,_
           _,..:‐':"´!iト::i:ヾ     --   イ:リ;:;::;:;:;::;;:;:゙;'=:、._
     _,,:=';";;::;;:;;:;;::;::;::}!;;ヾ:;l\     /;;:!;;;;:;;:;;:;;;;;:;;;;:;;:;;;;;;>'`i   ……聞こえてるよ都。
   ,.ィ'<:::;;;;;;;;;:::;:;;::_,,..ェ:-ゞ| 、>-- ' |三二ニ7:::;;::;::;::;:/: : {
   ヾ : \:;;;;;;:::;;:;;:ヽ   `下コ冖¬冖 ̄´   ,.ム;;::;::;::/: : : ::ヘ   こっちも今、その話を知ったところだ。
.   /: : : : :\:;:;;:;;;;;;;〉、_  { |              ``ゞ/ : : : : : : ヘ
.   / : : : : : : : \:/^ーニ三三{       ,      /.イ : : : : : : : : ヘ.
.  / : : : : : : : : : : :\ヽ  _} /\   .〆 ,   /.ィ′: : : : : : : ;.%;"
   \: : : : : : : : : : : : :\''" |・  「 ̄Pィ´, _,,/: : /: : : : : /: %:`!



        /                             !
        /         /     , -ノ ノ   ,       l
       /       ,.イ_∠_,. -‐'´ ム∠. -‐'´j,イ      |
       /  , へ、 |─‐-ミ.、  ヽ  /  , -─‐-|  /ヽ |
        /  | fヽ | |, ,.===。ミゝ、j 厶イr.。===、 | l/^ヽ! ',
     /   .| {´j〉| ./  ー─‐彡`  ´ミー‐一' ヽ |こヽ|  ヽ
    /  ,r‐l iゝ |〈    ‐' ´  } {  ` ー    〉 ノ j\ \
  / _,. ィ‐‐k\ーt| \     '/    ヾ    / |.ィ' ∧‐<\ \
-─''"´ r'‐‐、ノ  \| K|  / ̄`ヽ--'"´ ̄\ /f  | / ( _) `ー- 、_ 安心せい、ちゃんと奴の伝言がある。
    ノ- 、.ノ    |iゞー一'   , -──- 、  `ー-イ   (  )
    !    }    |l ヽー一'´   ー─一  `ーァフ'「l   >⌒ヽ       ……ほれ、これを見てみぃ
    >‐-<       |.l  |\       ,、     // | |    ゝ--<
   {    )      | |  !  \、_ィノレ' ゝMィ/ / | |    ( _ }
   f ⌒ヽ     | |  ゝ   }       {  ./  | |    /  ヽ
   ゝ-‐く     ゝゝ    イ          ト    ノ/   ゝ--く


.


4560◆oa1lT4DTRs2014/08/21(木) 23:04:28.32 ID:cTbLsu+W





         ,ィ、
       , '    ヽ、
      ,.イ      ヽ、
     /         ``ヽ、
   /              `ー 、                            ┌―┐
 /                    ``ー 、_                  `フ∠   [][]「l  O O O
 ` 、                        ` ̄ ̄ ̄ ̄/            └'^ー┘   くノ
    ヽ、                            /、__
     ` 、               ,---、        〃     ̄`ヽ
       .` 、             l/´ /ヽ、   /_  ,ィ     ',
         `ヽ、           ヽl    `ヽ/   〃      ',
            `ヽ、           ヽ、〃/  ``ミ=-、__,    .',
               `ー- 、       .ヽ、               ',
                    `` ー―-,-/`r、               ',
                         ヽ_ノ、 ヽ、           ヽ
                            `Y, ヽ            ヽ
                              `‐ヘ
                                ヽ、
                                      `ヽ、
                                     ヽ、


              __ _
           , . '" .:.:.:.:.:.: ヽ__
      .   , .';ノ"".:.:.:.:.:.:.:⌒ゝ.:.:.\
       / ;/.:.:.:.:.:. _ ,,, --へ┐.:.:.:. ',
      ,".:.:,/ ,'ヽ、/       ヽ:λ: !
      l,:.:.:|.:.┬ァ`           !'_j.::,!
      !、.:.!.::| l  \     / .l'',!:,.′
       ヽ:.ヽヾ----ヽ、_,-‐'‐ー-=l/,)-‐'7
      _ヽ:lヽl`ー--‐' .`ー--‐" !ノ-、/
      ヽ "ヽ|,'`、.    __   ,ノ ! | `"~!、      _, 、
       `>:,rヘ、 ` ‐ー┬‐ "l   ! |/ ! | \.  /´ ," ',              っと、置き手紙かい……
       'ーイ 'ヽ、 \ ヽ ∨`|  /ノヽ ノ,/   ! ./  ,'  厂~/|          おう、確かに字は八丁堀の字だが……菊の花?
        l,     ヽヽ ヽ|/L/ 「/ `  / /  /  / ,.' /'='、_      何で署名部分にそんなもん書いてんだい?
         ヽ、   . __. |、イ`"L_」 .〃    , ' ./ ./ ./ /./ 〃, '┐
          |_,-'"___ !. └'". , イ'  /  / / ./ /././, 'ン, 'ゝ    え~と何々? 西へ転勤になった?
          ,ノl'イ,   ',  ノ   ト、 ,'   / ,/ /.///, 'ン' /
        ,-7  | l    ',       | !〉 ./ ,/////, '/', '      おう、八丁堀とっくに
       /, |、    !.    \      !l.}/ 〃//, '/,"/         山手中央警察署の定年迎えてたじゃねーか
     / / | l.    ヽ、   ヽ ,-‐-、,l l/〃,",'∠"二-‐"
     / /   l、\   ヽ、  . '. 、ヽ .|メl|-‐''". ̄               なんだよ転勤って。
    l、 !  / .\ .     "‐t=、_ヽ)ィl \ .|
     ヽl   l  ', "'''‐ァ''`ー<´ /   .\_/
      `r、    l    l   `' 、   / |
.      | "'''‐ 、_      ヽ  . ヽ/"  |
       ',     ''ー`‐- 、,, __r‐'"~   .  |
       !        !   \        |



.


4561隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 23:05:30.02 ID:RdACZncH
寅の会とは別の仕置き人組織に行ったのか?


4562◆oa1lT4DTRs2014/08/21(木) 23:09:50.46 ID:cTbLsu+W



                                ___
                                ,. ‐.:´::.:::、:.`ヽ、
                              /.::;ィ:ノjノj,ム::.::::ヘ
                           {:.:r‐,,く・ニ  !:,ヘ::',
                            Y´〈′    リ ,ノ:::.、
                           _」,ィタ¨`ニ=-‐'j´、:::::::ヽ             さてな……まぁあいつは常々言っておったからのぅ。
     __,. -、                   ̄j! '⌒  /  ゝ::_::.::\
  (´ ̄     ̄ヽ                  /::V:::::`::イ /  ノ.:.:.゚8、:ヘ          「オレが死ぬときはある日ふっといなくなるよ。
    ̄ノ  /´   }                  _,/;rイ{:::::::::ノ ,.'  /.:.:.:.:.8.:.`¨::ー- . ..__      家も警察署も大騒ぎになって……
   _/,  /  _,.ハ             ,.o゚‘// ``¨´_,. -/.:.:.:.:.:8.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`
 (´ //, ' ,. イ   ヘ            _,. イ8:.:.:| |`` '´ /.:.:.:.:.:.:.8.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:     しばらくして顔半分がドブに浸かった姿で
 (´,.ィ´//  !   丶.       /¨´.:.:.:.:.8.:.:.:.| | { /.:.:_,.ィ´`丶:__::.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:     死んでいるのが見つかるだろう」
   `¨ ´    |     `、    ハ.:.:.:.:.:.:.;8:.:.:.:.| | /.:.:.:.:.:ゝ-イ´``ー-ヽ:_::.::.:.:.::.:.:.:.:.:.:
           !.      \  /.:}.:.:.:.:.:i:8:.:.:.:.;レ´.:.:.:.:.:.:.:.:.o/´\  ‐-、V:::.::.:.:.:.:.:.:.:     ────とな。
         l       `く.:.:、ノ.:.:.:.:.:i:.:8:/.:.:.:.:.:.:.:.:.o.:,.イ\   \  ヾ:::.::.:.::.:.:._;;
            |        ヽ.;'.:.:.:.:.:.ハ;.:.'8:.:.:.:.::.:o:.゚:.:.:.{ ヽ ヽ  、   ヽr‐''¨´
          ヽ          /.:.:.:.:.:/^):.:.:.:.○:゚.:.:.:.:.:.:.:.:\ `    丶   ヽ



                              ---
                       : ´       `   .,_
                       ィi:彡〃   ,     ,      ̄ ヽ
                     //:i:〃///i:////i:イ⌒! !.     ′
                  /:i:/:i:/:i:i:i:i:i:i:i:/〃:i:/:i:i:i:i:i:i| l:iⅥ|i   . ′
                   /:i:/:i:/:i:/:i:i:/i:/:/:/:i:i:lヾv厶| l:i:iⅥl: i. !.从 ′
               /:i:/:i//:/i:/i:/:i:!/:i:i:i;    !:l:i:i:i:i:i:i:!:i:l:i:i|:i:i:.′
             /::/:i:/:i:i:i:i|:i:i:i:i:i:i:i:l:i:i:i.′   !:i:i:i:l:i;:i:|:i:|:i:i:i:i:、:i:′
             /:イ:i:i:i:i:i:i:i:i|:i:i:i:i:i:i:i:|:i:i:/     | !:i:i:l/:i:i|:i:l:i:li:i:i:i:i:i:i:′    もし見つけたら「おう、八丁堀死んじゃったか?
.             /:i:/!i:i:i:i:i:l !:i:|:iⅣ|:i:i:/l|     | l:i:i:i:i:i:i:l:i:i:i:i|:i:i:i:i:i:\′              最後まで迷惑かけるしょうがねぇ奴だったな」
            //|:i:ハ:i:i:i:i|| Ⅵ:i:i| |:i:/ | __ ⊥∟:i:i:i:i:i:i:i:iリ:i:|:i:i:i:i:i:',`    でそれできっぱり忘れちまえ……でしたか。
             /  Ⅳ |:i:i:i:|厂`!ⅱΛ{ ̄l.,_    从:i:i:i/:i:i:i:i:i:i:i:i:lⅥ\,
                    |i:/从ミ≠}|/′| ミ===≠/∧:i:/:i:i:i:i:i:i:i:Ⅳ `'      いやはや、真っ先に出て行くとは。
               j/|i:i:i:゛、 l|   !      // }:/:i:i:i:li:i:i:i:i:/         出て行くのはまた最後なんだろうと思っていたのですけどね。
                   / ⅥΛ ノ        /′ /'/:i:i:i:|i:i:i:i:/_
                 l|  }:.`              /从;i:i:!:i:i:i{ⅰ i≧-= _
                        =-ヘ  、__、    //   {:i:i:i:i:i{ⅰⅱⅰⅱ i≧- _
               =‐ ≦ⅰⅱヽ        /    ノ:i:从_{二ニァi ⅱⅰⅱⅰ≧: .,
             rく/ⅰⅱⅰⅱ i 丶   ィ      -=ニ      {ⅰⅱⅰⅱⅰⅱ>:\
              l: :∨ⅰⅱⅰⅱ ir≦ ̄_jΛ,. ‐ニ            {__ ⅰⅱ>: : : : : : ′
                l: : :\ ⅱⅰⅱ } | ̄!ヽ            -= ´  {i >: : : : : : : : : : :′
             l : : : :\ ⅰⅱ/ゝ∟{ |            ‐ニ      >: : : : : : : : : : : : : : :i
                | : : : : : \"⌒\三三|     -=       >: : : : : : : : : : : : : : : : : : :|
                / : : : :. : : :.\´了`¨¨¨|   -= ,.       /: : : : : ________ :只_ :ノ



.


4563隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 23:12:21.76 ID:RdACZncH
まるで老猫みたいだな…


4565隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 23:15:37.13 ID:LUZ39oWX
寿命迎えそうだから、こっそり去って人知れず往生したい?


4564◆oa1lT4DTRs2014/08/21(木) 23:12:41.94 ID:cTbLsu+W



       /,γ /       ,          \  >、` \
      ,´,イ ,' /    /  /',   , ト、 、    ',   ,∧  ヘ
    '´ ,' , ,'    イ  イ,/|  ,ト、',ヘ `,、    ',   ', ', , ',
      ,',イ '    /i /'/ ,  ,' マ,>,ト ,´、   i!   , , ,i ヽ
       '´| ,    ,' ̄` ヽ , ,/ /',| ゙,上x、   |ト,   i '´ヘ入ト、
        , イ     ' ,ィ=-x、 ,イ   ,イ゚。利`'}  i! ヽ i! ,/;;',、′
      '´ V   {゙ト、乍ム゙       "弋z)ソ '',  仆/仆从;;;;;リ
        ',   '∧゙戈ソ            ノ ,'-メト、/  ヽ′
         ', ',、 ヘ;;;.            , イ /,/
         \ト、 ',;ト、u  `        / イ、x、          え、え~と……おふたりとも何を話しているんです?
              \ト、`   ー‐  '   /゙, \会itx、
                     >      イ/  }   ヽ寺圭会itx、
                      /  ̄ /  '    ',寺圭圭会itx、
                     イ' ,ヘ、 ' ,    /,、    }圭圭圭圭圭}\
               /i/ /ィⅣ\ ト、 // `、  /斧圭圭圭圭,'   ヽ



              _,.....::::::::::::: ̄:::::::....、
            ,..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         ,..:::´:::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /::::::/:::,:'::,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
      ,::::::/::::/::::::/:::/:::/::::::::::::::::::::l::::::,:::::::,::::::::::::.
      ,::::::/::::/:::::/:::/:::イ:::::::::::::::::::::::|::::::}:::::::,::::::::::::::.
      /::::/::::/:::::/:::/::::::j::::::::::::::::::::::::|::::::l:::::::::,:::::::::::::.
     ,:::::/:::::{:::::::{::イ:::::::::|!::::::::::::::::::::: !::::ハ:::::::::,::::::::::::::l       ん……頼もしくなったと思ったが、
     {::::l::::::::|::::::|:::l:::::::::ハ:::l:::::::::::::::::::|rリ-}:::::::::,:::::::::::::|      まだまだこの手の機微は疎いか。
     |::::|::::::::!::::::!:::',:::::リ/∧、::::::::::::::::|///!:::::::::l::::::::::::;
     ',::::!,::::∧::::ト,:::::{/////∧:::、:::::::|-_!:::::::::|::::::::::::l       まぁ精進するんだね、
     ',::l:::/::::从!ハ::::|//////,\:\イ弋z(ソア::::::::::::,      もうお前さん一人の身じゃないんだしさ。
      ヽ/!::::::::::、/Ⅵ///// l `\ `  ̄ /::::/::::::::,
       /`|::::::::::::\////  '      /::::/::::::::::l       ……お別れの時間って奴だよ、渚。
     /  {:::::::::::::::l 、´    _  _     ,イ:::/::::::::::::,
          |:::::::l::::::::,  ヽ、        ,..イ/::/::::::::::::/
        ',::::::l:::::::::,   | ` - < ト, /:,イ:::::::::::/



.


4566◆oa1lT4DTRs2014/08/21(木) 23:16:21.78 ID:cTbLsu+W


     -―く   \_    ∧
  / ____  ⌒'y___>-く '.
 _フ´   . /   ´     ⌒\\
´/ /// __/   /      `:、
//|::/|// ̄)' /   /      i|   ,
/^|: |/  / /  /__| /ヘ /ハ l| ′
  |i |   ′/   /⌒l/ ` | '/.:|i|| |
 八   /| .  ,: rf㍉  |/ 斗レ' 八_
   ヘ,  | | /|  |_ノ   {,ノj| /⌒
.     \|ヽ∨u\      ,  爪(
      И「\         八
     _|L___` .  ` ´/     ……え?
   -┴- __ \ | ̄
 / -‐- .   \∧:| ̄|__
       \   \\ノ  |\



                    _
               ,.:::'::::´:::::::::::ミ::...、
            ,.:'´::::::::::::::::::::::::ハ::::::::::::::ヽ
         ,.'´ :::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::ヽ
        /::::::::::::::::::::::、::\:::::::::::::::::l::::::::::::ハ::::ヘ
       /::::::::::::::ム::::::::::ハ、:::::\_:::ハ:::::l:::::::::::::::i:::::゙、
      i::::::::::::i::::::::::i:::::::::::゙ゝゝ_:ム--:::::|::::::::::::::|l:::::::i
      i:::::::::::::::゙、::::::::!::::::::::゙、´zェェ≧_、::|::::::::::::::|:l:::::::iヽ
     .l::::::i::::|::::::i゙、::::::\:::::::::メ い;;;;ガ7|::::::::::::::|::::::::::l
     l::::::|:::::l::::::::i\::::::,:\、::::゙、ゞー″ i|::::::::::::::|:::::::::,|      ほんじゃ先生、これが例の設計図ね。
     |::::::|::::::、:::::::i;;;;;\!、\゙、\、   .|.|:::::::::::::l::::::::i !
     .|::::::l::::::i゙、::;;:ハ;;;;;;ノ\. ゙丶 `  .!.|::::::::::::l::::::/ .|      まぁ上手くいくように考えて流してくれ。
      i:::::::l:::::|弋、;;;;;;;;;ヽ  `   マ'''ー.+,l::::::::,|:l:::/       多分これの扱いはアンタが一番上手く捌けるだろうからさ。
      ゙、:::i:::::l  i\;;;ノ    __  .∨/ l l:::::::i |/> 、
       ヾ、:::i  |ヽ ゝ、    ` ∨/ l::::::i/|//////>、
        `゙ヾ、> ´////> _, '´∨/|::::i/ |/////////
        , < \ /////// N´ヘ  ∨:/ /////////
      <//////////////r| Y .ヽ /:/ /////////



                   . : ´              ` : .,
                     //  イ{ ,   ,  ::..,         ミ:、
                  /〃イ //:i:i:イ/! /{ '| !i:i:i:i:`:´:i:i:i:.l:. li:. ′
                    /i:/i:///:i:i:i:i:i:i:l ':i:|/i| !:i:iミi:、;i:厶:i:l|i:. li:i:.:′
                    /i:i:/:i {:i{:il:i/|:i:i:!i:i:i:!:i:|.i:i:i|     l:i:||i:i:.!:i:i:i:′
              /:i:/:ノリ:i:i:i|':i:i:i:i:|i:i:リ:i|:|:i:l:il    |Ⅵl:i:i:i:i:i:i:′
              /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/l:i:|:i:/:i:i:i:i:il:i!    | }:リ:|:iⅥ:i:i:i:′
                //:i:i:i:i:i:|:|:i:i|:/ l:i:|i:{ |:i:i:i|:i|:j     l }:i:i:|:i:l:i:i:i:i:!i:′
             / !:i:i:i:i:i:il:li:i:/ l:i:|i:| |:i:i:i:iⅣ     リハ:i:i:i:i:i:i:i:i:l:i\、      これがキャスターの……了解したよ。
                  l:i:ハ:i:i:i:i:i:i:{'冖ド|ュx|:i:ハ:i〈 x‐==冖`}i:i:i:i:i:i:iⅥ|  丶
                   l:′}:i:i:i:i:i:<艾ア`'j/ Λi:', '"艾ア.>:i:i:i:i:i:i| Ⅵ         いつかこれが正しくこの世に出るように、
                   l{ / |i:i:i:∧     Λ \,     /:i::/:i:i:从 ′      きちんと取り計らうことにする。
                   l:i:i:i:i:∧    ′}       //://:i:i:{
                  ノハi:i:、:i:、     ′      //イ:イⅥ           出来ればアティやキーアにも
                 ´  从Ⅵ:、               イハ:{            会って行って欲しかったんだけど。
                   _   =-Ⅵ:\   ‐ ―   /{l:{ⅰ≧‐= _
          _  =‐ ≦i ⅰⅱⅰi }! }:i:|\      /|:i:{ |!ⅰⅱⅰⅱ≧‐= _
       =‐:: ≦ⅰⅱⅰⅱⅰ_廴⊥ニ}i:i|:  >  イ  |:iト ,! ⅱⅰⅱⅰⅱ i ≧: 、.,
    r≦<ⅰⅱⅰⅱⅰ ii {` <_   从}          {i{   _> 、i ⅰⅱⅰⅱⅰ\ : 、
    ヽ : : : : ` <i ⅱⅰ i Λ    ̄二==―----―==≦ ̄  /ⅱⅰⅱⅰⅱⅰ>: ´:.\
     `、: : : : : : : ` <i ⅱ__〉_   } i ̄{!              /_ⅱ_ i ⅱⅰ>: ´: : : : : : /
       ヽ: : : : : : : : : :\^く7⌒ト ⊥_! {!       _ =‐ ´ 〉  ̄,⌒> ´: : : : : : : : : :/
      〈 ̄ミ:rx:. : : : : : :.\` ┘三三_{!   _ =‐   '"    '" //: : : : : : : : : : : : :/
.     / ̄ ̄:ノ/、` : : : : : : : \.   |Τ {     '"     '"    /: : : : : : : : : : : : : :Λ



.


4567隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 23:19:06.20 ID:RdACZncH
キャスターの遺産はギー先生預かりか
これも骸さんの縁かね…


4568◆oa1lT4DTRs2014/08/21(木) 23:21:13.09 ID:cTbLsu+W


                   /  ̄ ¨   ─- 、
                  .   ⌒\//  ̄ ̄ \   \
             /   ,xz=く爪       \    \
            / ,.ィ! /-≠`⌒'ヘ、 ト辷,二 二\    \
           / / |/' /     ∧ | ⊂ニニ二二ヽ     ヽ
          ′/   l         i. |,斗-─ヽ ヽ   ヽ     i
        /∠  -‐1´       /| l   ∧  .    '.   |
.       /  /    |       /,ィ≦三≧ぃ!、i !   i 、  |
      /   ′   !    〈 `´ 〃 _ノ   `ヾミ:、|   ! '.  i
.     /   !  _|_,ノ     ″ {     、 }| }! |   |  }  !
      {   !   | ,ィz=、       ヽ.     ∨! ∧  | ,′ |
      ヘ   i    l {f _,ハ   {    ̄ ̄¨ノ | ′|   |/   ',       おう……ちょっと待て待て待て。
        '.   i |!¦ } __/廴_  -‐ ´  |/   i   !    丶
           小` ゝ-'/             ′ u |   .      `>    アンタら何を落ち着いて……
       ヽ    f } ,/                   /|  ′   、-‐ ´
          \ `:、` ヤ´       (⌒ヽ    / :! /     \
            \ ヽ `  .            /  j/ l.   、-─‐`
             \ト、   | ¨ T ‐--  イ     乂,r─┴───
                  \  |  /  /|  ,!      /         /::,
                ヽ|  ,′/ / /ノ       /        /::/
                      ,/   /イ 厶-─‐-、/        /::/
                         /  |/{⌒!'ミー 、!       /::/



        /                             !
        /         /     , -ノ ノ   ,       l
       /       ,.イ_∠_,. -‐'´ ム∠. -‐'´j,イ      |
       /  , へ、 |─‐-ミ.、  ヽ  /  , -─‐-|  /ヽ |
        /  | fヽ | |, ,.===。ミゝ、j 厶イr.。===、 | l/^ヽ! ',
     /   .| {´j〉| ./  ー─‐彡`  ´ミー‐一' ヽ |こヽ|  ヽ
    /  ,r‐l iゝ |〈    ‐' ´  } {  ` ー    〉 ノ j\ \
  / _,. ィ‐‐k\ーt| \     '/    ヾ    / |.ィ' ∧‐<\ \     ま……別れというのはこのように唐突に来るものじゃよ。
-─''"´ r'‐‐、ノ  \| K|  / ̄`ヽ--'"´ ̄\ /f  | / ( _) `ー- 、_
    ノ- 、.ノ    |iゞー一'   , -──- 、  `ー-イ   (  )        都も渚も十分一人前になった。
    !    }    |l ヽー一'´   ー─一  `ーァフ'「l   >⌒ヽ        なら、ワシらも、そろそろお暇させてもらってもよかろう。
    >‐-<       |.l  |\       ,、     // | |    ゝ--<
   {    )      | |  !  \、_ィノレ' ゝMィ/ / | |    ( _ }
   f ⌒ヽ     | |  ゝ   }       {  ./  | |    /  ヽ
   ゝ-‐く     ゝゝ    イ          ト    ノ/   ゝ--く



.


4569◆oa1lT4DTRs2014/08/21(木) 23:23:51.88 ID:cTbLsu+W


      ,、  / i   _   _ <  /  _
       / У _⊥´     /   / <
     く _=- ´      ̄ `>  _/    ∠
    /          \    \  /
   イ   i   Ⅳ     ヽ     ヽ
  / /   i    | ∨  Ⅳ  ∨     ヾ'´
 / ./   .i  i  } _V  l.i V Ⅳ V l     \
/ /     i ∠! /  `i ├‐Vト-}} l       ヽ
l  {    i /  v    i /  _!__ i  l      }
l/l   /リ u     v /! ,ヽ lll |  |     |       、__人_人_人_  人
  i   {  ニニ     弋’ノ  .i  l イ   iゝ        )         (
  V  ∧ll´{ ・.}      彡lll i   /iイヽ } /        ) 和尚!!   (
  V  l/ハ 弋彡       u  i イ  v ノV /         )         (
   ヽ l/ハ u  ,         レ   , ._ノi'_        ⌒Y⌒Y⌒Y⌒ Y
    `      `         u /   \
        ヽ u マ   ̄ヽ     //
            ヽ- ― '   ///
           >     <///   u
               ̄l   ヽ′
             / |   ! \
           /   |    ヽ       /
           i   / \   \__   '
           i  ヽ   \   丶 `
           i   \   \   \__ノ
           i     \   \  \: : : :



                  /::::::::::::::::::_:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
               /::::/ ̄::::ー::´::::`ー:^:ー:´: ̄丶
.               ./:::::/::::::::::::::′:::::::|:::::::::::\:::::::::::\
             ./:::::/::::/::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::\:::::::::::\
            /:::::::| 〃::|::::|:::::::l:::::::ト、::::::::::::::\\::::、
             ||::|{:::::∧. ', /:::::/ ヽ::::::::::::::::::\ヽ 「
.                |∧::::| |ヘ. | \|∨:::::::| ̄ ̄\ _::::\:::::N人
.               ′}::::l |::::N圭圭..ヘ:::::::| ,x<\|:::::lヽ|:::::::`¨¨フ
.               ノィ 、|:::::|..圭圭圭\|   x=ょt }:::::|:::::::`T ´
.             ./;;;;∨::::.从 圭圭圭 /   弋シ ハ/:::::::::ハ|
.              /;;;;;;;;;;;;∨ |::::ト ̄ ̄ ̄    `¨´ノイ:::::::::`く
.             …ー;;;、;;;;ヽl:::::ヽ、    '    , 〈:::::ヽ:::::::ヽ\  
.           /__;;;;;;;;;;;;;;\|;;;; ̄ >_´ イ./;;;;\.::::',:::::::| ̄  さ、これでお別れだね……
         / \;;;;;`ヽ、;;;;;;;;;\/\   | | /;;/ \| |::::|   
          _/   \;;;;;;;;;\;;;;;;;| .\/  /|\|/;;/   丿'∨
.        ,|.|\    .\;;;;;;;.\ .|\ .\∨ / |/
        /;;;;|;;;;;\    .\;;;;;;;;;ヽ、. \ ◆/  |∨
.      /;;;;;;;|;;;;;;;`\     \;;;;;;;;;;;;;;;;\.\ ./;;/;;\
      /;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;\    .\;;;;;;;;;;;;;;;;\ー|./ヽ;;;;;\
.    /;;;;;;;;;;;;;;;;..\;;;;;;;;;;;\    .\;;;;;´ ̄ ̄`ー、 |>、;;;;;\



.


4570隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 23:24:42.25 ID:RdACZncH
アシュνちゃんと一緒に和尚も世界を見て回るって言ってたしな


4571◆oa1lT4DTRs2014/08/21(木) 23:27:27.16 ID:cTbLsu+W



  \ ,'        ヽ
    ヾ         ',
 ,ヘ   |     ', ト、 i!
..,'  \ハ     ', l|', l
/ l| ',`',  、  l|、|',|ソ
  'ヽハヘ  ト |ヽ/
 /  ` / 〉、',ヽ! |
, '    |l i!  `  ',       す……捨てられた僕を拾ってくれた貴方たちが
      〉ヾ u  /
ヾ ,, ,, ≠`´',              今度は僕を捨てていくんですか!!
∨ _   _ヽイ
/'´ __ 二>,
≦二二二ニニニニ=、 _
二二二二二二二二ニ、 `ヽ



        / /\ /   {   \  \
      / /__ X     `ー―' ヽ孑} ヽ
     , |! !           ', ',  ',
     |  | | 才´ ̄`    ´ ̄ ̄`|〆|  |
     ',  ヽリ イヒハ    イヒミ .| ,  ,'
      ヽ  トリ_ 辷ソ 、 ___, 辷い / / /
       \ト、ヽ____ノ ̄ヽ__ノ/_/
      __/\          /ヽ
      `ー‐ ´}ト、  -  _, イ    >   私とは……もう組まないっていうのかい?
          <_/|` ― ´ト、ヽ「 ̄
      rf´ ̄    |    |   ̄`fヽ
      ∧!      !`  ´ソ    i∧






4572◆oa1lT4DTRs2014/08/21(木) 23:31:16.56 ID:cTbLsu+W



 ノ                     /\  _                   l.
  〉                    /   \[ ゛.\,,        __       |
  .l         /].    /\.   /  ./^^^,,3= ^ー、   ノ"./.\      |
 |        / .ll.   / r ]、. /.. / ./ ̄    .l、   ] /゚ ー |.     |
 |        .l   )、  / ( ヽ .l //5h]b。.    |  ] /r─ . ]      t
  .l        [ . l、/( .l!  )r"./)(")(庵゜J    .l、.ヽ  | l.ヽ| ]       l
  t     [\」   [/ ]t,,./xd"゛ __,,.。.-'     .ll. .l|  [/.//      .ヽ_
   l     |r;;;;;;;;;--[x_ L\ " ヽ--‐゚ --─    ./ |   | "/         ヽ
   \   〈r゛'"´ 沢)_[[゜     '^^^         /  r   /. /          .
    \、  \\。/,,p[                [   [  / ノ
     ^^--. ヽ  tf^゜|              |   〈し [^ヽ、___________           付き合いは短いほうが楽しいからのぅ
        .\J、   |    ヽ          |__ ./"]゜|ヽ.ヽ:::::::.\_________
          .ヽ   |  ,,gg..)ヽ-、。.,,,,__   __.r--)^ .l | ヽヽ::::::::::::::     ……長生きしろよ?
           ヽ   ]r/^"       ^^^^^ ./  / /  | .l:::::::::::::::
            \./"             __/  / |  / /::::::::::::::::
             J     ,,,,,,,,,,____r───"   ノ  | ./゜/:::::::::::::::::
          __,,./    ,,p[(゚^ー ^^^       ノ   / ./ /.::::::::::::::::::
          ゚ー-、。.____ノ゛   __ヽ-メ゜     /   ,/ /゛/:::::::::::::::::::
                 )、.\/ \     ,/   . / ././::::::::::::::::::::
              __/゚.ヽく/.   \─ヾ゜    /.//:::::::::::::::::::::



::/:::::::::::::::/:::::::::::::/::::::/::::::::::::::::|:::::::::::::::i:::::::|:::::::::::::::::l:::::::::::
/::::::::::::::/:::::::::::::/:::/:::::::i::::::::::::|:::::::::::::::::i:::::l:::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::/:::::::::::::/:://::::::::i::::::::::::::l:::::::::::::::::::i:::l::::::::::::::l:::::::::::::
::::::::::/::::::::::::/::へ、i::::::::::i::::::::::::::::l::::::::::::::::::::i:ll:::::::::::::::l:::::::::::
:::::::/:::::::::::://;;;;;;;;;l::::::::::i::::::::::::::::::l::::::::::::::::::i::l l:::::::::::::::::::::::::
:::::/::::::::://;;;;;;;;;;;;;;l::::::::::l::::::::::::::::i:|i::::::::::::::::HH::::::::::::::::::::::::::
:::/:::::::/;/;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::λ::::::::::::i;;;;l;;i:::::::::::::|'l'''l:::::::::::::::::::::::::
::i::::::::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;|;;|;;i::::::::::i _l__i:_::_::_i__|__l::::::::::::::::::::::::
:i:::::::i |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i:::::|;;'|´i::::::::i´ .|___.i:::::i  | |:::::::::::::::::::::::i
:|::::::lレト''、;;;;;;;;;;;;;;;斗l:::l .l .i::::::i彡=,=∨ェ_  |:::/:::::::::::::::::i
:|:::::lム i       .\i |  .i:::|´、f丈::::::::;`≧女:::::::::::::::::::i
:|::::l ゙゙、        ,` .|  .∨. `ー-女少_~.´::::::::::::::::/|
:|:::l| ゙ムヽ   i. 、       、、、、  /:::::::::::::::::::::/ l
..l::l.|  ゙ム.|ヽ  ゙. ` vッ‐        /::::::::::::::::::::::::/  |    渚、私や皆が認めた一人前の男が、泣き言いってるんじゃないよ!
 i:l \ ゙ム| ゝ    ´   , . -‐<::::::::::::::::::::::::::::/  |
  |  \><´ `'' 丶 ´∠ - ':::::::::/ノ::::::::::::::::::::/   |     アンタははもう、守るものが出来た一人の男なんだからね。
     r'( \,,  -゙>/゙  /::; </ i:::::::::::::::::::/ |  .l
―― 7 `> 、_ /゙  ./:; '´  / /:::::::::::::::::/ .|  l      グズグズしてるとあのおっかないセイバーが夢に出てきて、蹴飛ばされるよ?
\ /´      .i´ /      / /::::::::::::::::/i  |  l
  `' 、     /<      / /::::::::::://  i  | .l     ……じゃ、アバヨッ!!
    /`' i 、/ \   //  /:::::::::/ /   i | .l
,, ,, ,/  /   `'  ./_/  //// /     i .l l
  /.`' ''へ、        | / /  /      i|l
     \ \      .| ´/  /        |



.


4573隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 23:31:31.23 ID:LUZ39oWX
様子見にたまに帰るから、捨てるわけじゃないんじゃね


4574隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 23:32:09.28 ID:LUZ39oWX
年一で位は顔見せるでしょ


4575隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 23:33:21.56 ID:RdACZncH
お互い生きていればまたどっかで会えるさ
何せ和尚たちは世界中を旅するんだ。渚君達の元にだってそのうちふらりと立ち寄るさ


4576◆oa1lT4DTRs2014/08/21(木) 23:34:48.33 ID:cTbLsu+W



      ,、  / i   _   _ <  /  _
       / У _⊥´     /   / <
     く _=- ´      ̄ `>  _/    ∠
    /          \    \  /
   イ   i   Ⅳ     ヽ     ヽ
  / /   i    | ∨  Ⅳ  ∨     ヾ'´
 / ./   .i  i  } _V  l.i V Ⅳ V l     \
/ /     i ∠! /  `i ├‐Vト-}} l       ヽ
l  {    i /  v    i /  _!__ i  l      }
l/l   /リ u     v /! ,ヽ lll |  |     |
  i   {  ニニ     弋’ノ  .i  l イ   iゝ
  V  ∧ll´{ ・.}      彡lll i   /iイヽ } /
  V  l/ハ 弋彡       u  i イ  v ノV /      、__人_人_人_人_人_人_人_人_人_  人
   ヽ l/ハ u  ,         レ   , ._ノi'_      )                      (
    `      `         u /   \       ) ま……待ってよ二人共!!   (
        ヽ u マ   ̄ヽ     //           )                    (
            ヽ- ― '   ///            ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y  Y
           >     <///   u
               ̄l   ヽ′
             / |   ! \
           /   |    ヽ       /
           i   / \   \__   '
           i  ヽ   \   丶 `
           i   \   \   \__ノ
           i     \   \  \: : : :



                        -‐ …… -
                  . :                   : .
             /       /|  /|  , ;、、   `  、
.              〃       / //:i|l /:i:| /li:i:i:\、_', ., :,
             /  / '| ,:! /| ':i:i:i:i:i'i:i:i:l|/i:|l:irミv,__:i:i: l:l:.、′
              //〃!i !i|/:|/:i|/:i:|:i:i:i:|:i:i:|:i:i:i:i|!:|    Ⅵ:i:i:l:iΛ
          //|:i:/:!|l:i:|:i:i:il:i|:iⅥi:i:i:i:i:i:i|i:i:|i:!:i|    |:|i:l:i:i:i:lΛ
.          //:i:|/:|il|l:i:l:i:Ⅵi:i:i:i:'/|iⅣ|:i:iⅥ|:i:i:!    l:i:i:|:|:Ⅵi:;\        そこまでだ!! 二人共追ってはいけない!!
        ノィ:i:i:i:i:i:i:i:|l:i:!i:i:i:i:i:/〃 |:i:| |:i:| Ⅵi:i|     _l:i:i|:|i:i:i:ト、\、
       ´ j/|:i:i:i:i:i:il|:i:i:i:{iⅣ⊥≧zl、|:i:|,. }:i:|_z=≦二!:i:i:i:i:i:i:| ', `      君たちが一人前になるまで、
            l:i:i:i:i:i:i:i:i::i:i:i{ ∟ {逸}_` Ⅵ |i:l ´_逸} .ノ从:i:i:i:i{         彼らは出るのを待っていてくれたんだ!!
            ノ:i从:i:i:i:i:i:l:从        !| リ{     /'/:l:i:i:从
         "´ Ⅵ:i:i:i:i:i:i:i:\           '    / /i:i:i:lⅥ          いつまで彼らに頼りきりでいるつもりだい!!
                〉:i:i:i:i:i:i:i:\\       ;     '/:i:i:i:{
                /Λ:ハi:i:Λ \    ,-―:.     /:i:i|`ヽ≧ ‐= _
           =‐≦i/ⅱ Ⅵiム     ん::::::::::}   ∧:ハ|ⅰⅱⅰⅱⅰ≧‐=
       =‐ ≦ⅰⅱⅰⅱⅰⅥi:i:\   マ:::::::::ノ /' i ⅱⅰⅱⅰⅱⅰⅱⅰ ii≧:、、
   =‐:/ⅰⅱⅰⅱⅰⅱ iⅰⅥ:i:i:} ≫_` ̄´.∠.{ ___ⅰⅱⅰⅱⅰⅱⅰⅱ i Λ\
  /:/ ii ⅰⅱⅰⅱⅰ┌―=ニ二 ̄               ̄{ ⅰⅱⅰⅱⅰⅱ>: ´ :/
. 〈 ̄ ̄` : <ⅱⅰⅱⅰ|   |  { |                _{_ i ⅱⅰ ii>: : : : : : : /
  ヽ: : : : : : : : : : : <ⅰ i〉-――-=ミ{             ̄ { i ii>: : : : : :、: : : : /
   }: : ‐-: : : _ : : : : : : : '<三三三三!―===   ̄     >: : : : : : : : : \:\.:/
  _}ニ=-‐: : : : ̄: :=-: : : : : :` : :<{  }        _ ,.>: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: ヽ
  }: : : : n: : : ________ :, : : : : : : < ̄\_ 彡 ´: : : : : : : : : : : : : :_ : =-: }:/



.


4577隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 23:38:39.83 ID:CszT60/Y
うーん、この渚君の成長物語感w
やはり真の主人公は彼だったw


4578隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 23:39:19.08 ID:G1fdMcAr
和尚は愉快な兄貴分枠だよねww


4579◆oa1lT4DTRs2014/08/21(木) 23:41:57.27 ID:cTbLsu+W



: : :/      / /: :/               ヾ 、   | _ィ|
: : :|     / |: / _,, --‐‐      -- ,,_  ヽ:ヽ  |/ |
: : |    / _|, |ー'' ´             ´'ヽ |: : ,ィ',|'  |
: : |    /, -''| |                  |: : r' | |
: : |   /   ∥ -‐ニニニヽ、       , ィヘヽ |: : :  | /
: : |   i  ,-_| ォ ̄i \'ー-     ,ィ' { ヽ\ /: :|  |/
: : :|   l /,イ´::::::::|   |       |: :::| | ヽ,|_: : : : |
: : : : . : |__,, く |  l::::::|、  |       | l:::ヽ| /{: : : :イ: :|
: : : : : ::|_ _, 、|  ヽ::ノ ̄ | ==、、__r,,=|ヽ:ノ|__ =ヽ:/|: /
: : : : : :|― 、 、 ヽ____, ノ /r' '''ヽ 、 ̄ ̄´ ,r'ノ/ j:/
ヽ: : : : ヽ  ヽヽ 、_    , ィ'/     ヽ、ヽ- '/|/ /
ーヽ: : : ヽ   ´' ヽー--‐ '      、   ̄   | /
\_\: :ヽ               ヽ      l
: /: : :|、 ヽ,ヽ、                  /
/: : : |   ´'ゝ          __      /
: : : /     ヽ、          '     /         先生……だけどよ……
{´フ       '‐ 、 _        , ィ '
´\          ´'ィ- 、  , r '



                   .  :≦Ξミ:ー- .,
                 イ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\`: .
               /:´:i:i:i:i:i:/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|Ⅵ゛、 ′
            イ/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/:i:i:l:i//:Λ;i:`':i:i:i:i:i:′
         /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i://:/ハ:i:i:i:i:i:i:゛:i:′
           ´ /:i:i:i:i:|:i:j:i:i:i:i:i:i:|:i:i:':i:i:i:i:i:i:i:i:Λl:i:i:i:i:i:i:′
         '/:i:i:/:i|:/:i|/:i:i:i:i|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|:i:i:!|i \'
         /イi:i:':i:i:!:i:i:|:i:i:i:i:i:l:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:{:i:i:i:i:!:i||i: i.{ ゛、
            从:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:l:i:i:|:Ⅵ:i:i|:i||i:i !{          行かせてあげなさい。
       ニ=-: : : :  ̄ ̄ ̄: : : : :‐=ニ:i:i:i:i:i:i゛:i:i:i:l|:i从!          彼らを待っている者は、
   x≦: : : : : : : : : : : : _ : : : : : : : : : : : : : : ‐=:i:i:i/           この世にたくさんいるのだから。
  く: : : : : : : : : : : : : : : : : :ニ=- : :, : : : : : : : : : : : > .,
.   〉′.: : :>: :´: : : : : : : : : : : : : : >: : : : : : : : : : : : : > .,       仕置人はどれだけ上手く行っていても、
  /: :>: ´: : : : : : __ : : : : : : _ : : : : : :.> : : : : : : : : : : : \      いつかはこうして別れるのが運命(さだめ)なのだから。
 r' ´:  ̄ ̄: : : : : : : : : : : : : : : ̄ : : ‐-: : : : : : :丶 : : : : : : : : :/
 }: ィ: :、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :>==---:―:=ミ /      別れて、またどこかで出会って……別れて。
./ : :}: :{: ミ: 、:- : : __ : : : __ : =-: :´/´: : : : : : :>‐.: : : : :.\      いつか地獄で再会することだけを約束して生きるのさ。
j: : : !: :∨: : : ゛:、: : -=ニ>: : ´ : .: .:/: : : : : : : :/ : : : : : : : : !八
!': : :| : : `: : : : : -‐: "´: : : : : .: .:/: : : : : : : :/: : : : : : : : : : :ノ.:.Λ    じゃ、僕はまた巡回に戻るよ。
.: :.:': : : : :、 : : : : : : : : : : : .:/: : : : : : : :/: : : : : : : : : : :/: : : : :〉
: : : ,:ィ: : : : : >: : _____ .:/: : : : : : : : :/: : : : : : : : : : :/: : : : ://、
: : /: :{: : : : : : : : : : : :ア´ : : : : : : : .: .: / : : : : : : : : :/ : : : : : /:'ノ }


.


4580◆oa1lT4DTRs2014/08/21(木) 23:45:46.35 ID:cTbLsu+W



                          |:::::::::::::::::::::::::|  |::::::::::::::::::::::::i      __  nn             __  nn
                           |:::::::::::::::::::::::::|  .|::::::::::::::::::::::::l     └‐┐ |  UUノ゙7   [][]「l  └‐┐ |  UUノ゙7   [][]「l
                      |:::::::::::::::::::::::::|   |::::::::::::::::::::::::|    ┌‐┘ |   く/    くノ  ┌‐┘ |   く/    くノ
                      |:::::::::::::::::::::::::|   |:::::::::::::::::::::::::|      ̄ ̄                    ̄ ̄
                      |:::::::::::::::::::::::::|   |::::::::::::::::::::::::::|
                      |:::::::::::::::::::::::::|  /:::::::::::::::::::::::::::〉
                      |:::::::::::::::::::::::::| ./::::::::::::::::::::::::::y'
                      |:::::::::::::::::::::::::レ:::::::::::::::::::::::::::/
                      |:::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::/
                      |::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::/            、__人_人_人_人_  人
                      |:::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::/            )           (
                      |::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::/            ) 先生ッ!!  (
                      |:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::/                 )           (
                      〈::::::〈二二二\:::::/〈                  ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y  Y
                      /\/::/::/::/::∧ \:::::::〉
                        〈::::::::∨::/::/::/::∧ ∨ ̄\
                      `─‐∨ /::/:::/ /\     〉
                      .:.;::;.:;.; ..;:`ー─--- ───′
                   ...:;.:;.:;;:.;:::;;;;;;;:: :;;;...:;;..;;;...:;;...:;;
               ...:;:;:;.:.;:.:;.:;.:;.:;.:;:.;.:;.;. :;;;;;;;:::; ;;;;;;:: ;......:;;
            ...:;:.;:.;:;..:.;:;.:.;::.;:;.;:.;:.:;.;:.:; :;;;;;;;: : :;;;...:;;...:



.            ,,.-‐-,..,,
        ,イ::::::::::::::::::::::`ヽ
.         ,イ/:::::::"/::l://V ゙ミ  、
     ,.イ:::::::::::::::'|:::!'//l:|:! !}ヽ.'.
      '/::/|/:|;:::::|::::l:::::::::::V|!|!ヾ:、
     "ノ!:::'::::'::::::::!:::::::::::!、l:::::!: !l゙ヽ
    . ィ:"´ ̄ ̄`゙''‐-'、':_:゙'::::l:゙:|'!
  r<: : : : : : : :‐- : :_: : : : : :>'.'、
  〉' :/: : : : : : : : : : : : :ミ: : : : : : :>.、
. r′ー: : ―‐=¬=ー-: : : :ミ.、: : : : : :〉     心配しなくても、僕は消えないよ。
,イ个ー、、: : : : : : : : : _: :-‐≠''冖:ニ"ヽ/       僕の街は、帰る場所はあの新宿にあるのだから。
} : {:{i : :\ニ>":´ : /: : : : / : : : : };`、
′:!: : :、 : : : : : : : / : : : :,/ : : : : : :イ: : :〉    また、寅の日が来たら来るから、その時はまた頼むよ。
: : .: : : : ヽ:=::/´: : : : / : : : : : /: : ;./、     じゃあね二人共、今日はおやすみ。
: :j l: : : : : :/: : : : : : :/: : : : : : /: : : /://
:/: :l: : : : : : :/: : : : :,/ : : : : : / : : : :/:' /    そして彼らの旅に……常に良き青空があらんことを……
′: !: : : : : / : : : :/: : : : : /: : : : : /' : /{
: : : l!: : : :/: : : :,/: : : : /: : : : : : :/: : /: :!
: : : :',: /: : : ,/ : : /: : : : : : : : /: : :/: :/
: : : / : : : ,/: :/": : : : : : : : :/ : : /: ;イ
: /: : : : :,/イ": : : : : : : : : : :/: : : / : /i.{
": : : : :/: : : : : : : : : : : : :/: : : :/ : :/i.i.i!
: : : /: : : : : : : : : : : : :/ : : : /: : :/.i.i.i.|
:./: : : : : : : : : : : : :/: : : : : /i: : :,'i.i.i.i.i.!



.


4581隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 23:47:47.88 ID:RdACZncH
ギー先生達も今回のような別れを何度も繰り返してるんだろうな


4582◆oa1lT4DTRs2014/08/21(木) 23:48:00.96 ID:cTbLsu+W

                  □
                ┌─┐
                └─┘
               ┌───┐
               └───┘
                    ┌─────┐
                  ┌┼─────┼──┐
                  │└─────┘    │
              ┌─┼─────────┼───┐
              │  └─────────┘      │
              │                        │
              └───────────────┘





                           |   |‐ヽ |____,ノ 〒弋____ノ !´ ′
                           l   | ハヽ ̄ ̄    !    ̄ ̄ /  〈
                          | / \            /、__/
                         ヽ ∨   / 丶.  ´ `   . イ !  \         てやんでぃ、アイツラ俺が嫁入りするとき
                      /\ '. ¦  | ` ー ´   ! |   l \
                     _/   ! ヽ. |  |        l  !   ¦  \        どうするつもりなんだ……全く。
                   , ´     l     |、 ヽ___     __/  |    !    `丶
                   /       l    | ヽ  ヽ `   ´ /  イ   l        \    ……またひとりぼっち。
                    /      l   |    |   \ ヽ  /  / |     .          \
               /      ¦   |    |      、 ∨  /   !     ヽ       l   ヽ



.


4583隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 23:50:47.93 ID:RdACZncH
そういえば仕置き人チームで唯一の独身に…


4585隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 23:52:44.91 ID:LUZ39oWX
>>4583
先生も結婚してるんか


4584◆oa1lT4DTRs2014/08/21(木) 23:52:44.80 ID:cTbLsu+W






               f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
               | ……世の中裏目ばっかりよ、か。 |
               乂______________ノ



          f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
          | やれやれオヤジよ、この商売因果なもんだな……ホントにさ  |
          乂_________________________ノ






.


4586◆oa1lT4DTRs2014/08/21(木) 23:53:04.23 ID:cTbLsu+W



                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・







4587◆oa1lT4DTRs2014/08/21(木) 23:55:00.47 ID:cTbLsu+W


      / / /       /     ! l\  、     、 ヽ
    /ィ 〃      /    ¦| ヽ i i     ¦  ゙,
   /  ///       ' /       ! !   `l !、   ! !-、い
.      ///       //      i l    _」|-ャ  l |,r ! !¦
    // ;  !    〃!___   } !-‐ニ- ||斗  l lノ¦ト{
.    i/ ′j| ! ,  ll_j___-ミ、ノ,! !ィr¬似|Z1   l レ ,゙ i `
.    ¦ ' ,'j | |  lトL上空f` 〃! !  ´ ̄j「 !!   ぃ( !
.    i / /¦ | |  !|¦      / , l |   〃  !!  小jⅣ
.    /, ゙  ! ! ! ,小|       , ! !l    /   /,  ' ! {Vー―x、
.     /´   ' |///l∧!      { { l'     /イ/八{ 从ー‐ッ' 〉
    / ___〉j/ ,゙ i/゙、      `ヽ ´     /'i/i `{> ´  /
    {  __/'l ハ i ,\   ,,___ ... ‐'゙  ,斗<     ,′
    ∨ハ    i'  ヽl /l  丶、  ー一  , {        {
      vハ  丿   l' ! {  ! 丶、   /  !         |_
  , -一ヤ∧      j 小 i!  `¨¨´   ¦       /j  \_
. /    ∨ハ___   /´ノ' i/ !          |      //
. , l    V___, /     /{ ′i ',         /L,  -‐ ´
. ! !      / /     / ヽ ノ 〉      //    /
¦|    / 〈    ∧   \         「   /
|¦    \ `、   | \    ̄ ̄ ̄ ̄|   /
|!      ヽ ヽ |  \____/|

【キャスターのマスター:六道骸】


┏┓                                                                                                        ┏┓
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛

   私のプロットを散々に叩き壊してくれた存在その2。                                                  
   こいつのやったことを挙げると、全て味方の有利になることしかやっていないという                              
   某トミーさん+骸ダインの間の子的な道化ダインさんである。                                        
                                                                                     
   仕出かしたことを、思いつくだけ並べただけで                                                     
   01.堂々と自分が黒幕であると告白する。                                                      
   02.まだ未入手だった情報をプレゼントする形で和尚に貢献する。                                         
   03.貴重な礼装を対価として提供したら、それを丸ごとアーチャーにプレゼントされて好感度を稼がれる。                 
   04.アーチャーに色々と仕込もうとしたら、和尚が先にインターセプトして行動を無駄にする。                        
   05.ランサーに貴重な令呪を提供し、盤石なセイバー閣下にブッパさせて弱らせる。                             
   06.その令呪は巡り巡って和尚たちのプレゼントとなる。                                               
   07.情報収集は優秀ですと啖呵を切りつつ、渚の情報ガードを抜けない。                                 
   08.それ所か、見事にファンブルで使い魔×2を失った上に、誤情報を掴まされてアサシンへの警戒を全くなくす。         
   09,ドヤ顔で素人を装った渚相手に自分から1vs3の共闘関係を提示。                                  
   10.なんか偉そうにSEKYOしてたら、相手に完全に動きの癖を読み取られて必殺確率100%にされる。                 
   11.相手がテンプレ戦闘の使い手だった、南無南無                                                
                                                                                     
   正直、これほどの逸材になるとは夢にも思いませんでした(白目                                       
   魔界都市〈新宿〉産ショッカーの凄腕エージェントという凄い(痛い)肩書のはずが、                              
   いつの間にか唯の骸ダインとしかいいようがなくなった、パラレルライン界隈屈指の不運ナップルさんである。               
   ぶっちゃけ、死んで新宿某研究所に飛ぶまで、裏切られたことに気が付かなかった(要は死んで初めて裏切りに気がついた)。  
                                                                                     
   スキルにしても、少し調整が足りず、もう少し強化したスキルを与えてあげればよかったと、                           
   戦闘なしで死ぬことが確定してからデータ改定を思いつく辺り、流石としか言いようがない。                          
                                                                                     
   そのあまりの道化っぷりに「こいつ何とか助けられないか?」という声が出てくるのも当然なほど                    
   色々と踊っていただきました……本当に何をしているんだ(呆。                                       

┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
┗┛                                                                                                        ┗┛





4588◆oa1lT4DTRs2014/08/21(木) 23:58:15.46 ID:cTbLsu+W



                 |!   /}
             ヽ, _ i:ヽ/:::/, -―z
             _ゝ:::`:::::::::::::´:::::/
             , >─┐,_zェ-::::_::: ̄二ゝ
  _∨ニヽ     //__/  /   `ヽヽ::/
<__ヽ ヾヽ   /|___/`i`~ ー / ∧
    .',ヾ, ヾ  /::::::::::::::::::/ヽ~::―=_人ヽヽ
     ',ヾ i', /:::::::::::::::/|  ヽ:::::::::::::::::::!_i .i
    |ヽi,〉,',// |::::::::::::::メ=, |   ,ゝ::::::::::::::::::::::.|
    `// 〉', |:|::::::::./- ,.   ~ .\ヽ::::::::::./
    // /∧',.',|i::::::/i i六i   斤フ`iヽ::::::::/
   |/ /  〉フ,ヽ::|,ヽゝノ   i iゞ| /::::/フ
   ,/ /   ゛! チ人   ゙_,,,` ̄~/i,/チ,
  / /    \',',`ゝニゝ ┬┬七ゝ/〉r‐〈
  | |       ヽr‐-―i ゙ ゙  `了〉i,,,人_
  | |       ヽヽ ./    |`了i   i/
  | |        ヽ∨     | ゞi  iヽ iz
  i i         〉 '=寸=~', `ヽ  >´
  ヾ丶        /.:ヽ',.:.ii.:.:.:.:.:.:',   .`゙
   ヾヽ      /:.:.:.:ヽ∨i:.:.:.:.:.:ヽ
    ヾ',      `/>r∧,|__ノ
     ヾ,     / /  ヾ, | |
      ヽ  __,ノ /    ヾ/ i,,_
       ! ヾゝ-―゙     ゝ――`


┏┓                                                                              ┏┓
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛

   ちなみにショッカーは洗脳などといった、脳を弄くることをしません。                       
   優秀な人材であるなら、そのようなことをしなくても、                               
   必ずショッカーの理念に惹かれるであろうことを、ショッカーがよく承知しているからですね。    
   (無論、本郷さんのような例外もいますが)                                  
   その辺りはショッカーの理念に関係するのですが、今回は割愛。                    
                                                                 
   骸さんは、大きな功績を立ててショッカーの大幹部に昇格し、期を見てこれをのっとることで、   
   ショッカーという組織を自己のものとし、闇の世界を牛耳ろうと画策していました。            
   それまでの被害は、自分が立身するまでの必要な犠牲であると覚悟して。                 
   世界を平和にするには、ショッカーという組織を自分が抑えこむことこそが正しいと。        
                                                                 
   「優秀な自分が、全てを終わらせるために」                                    
                                                                 
   これこそ、多くの先人達が陥った、ショッカーへの従属の第一歩であったことを知らずに。     
                                                                 
   しかし彼の魂は確実に救われました。                                     
   彼の旅路は短いものになりましたが、私はそれでも救いがあったと思いたい所です。        

┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
┗┛                                                                              ┗┛





4589隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 23:58:23.31 ID:RdACZncH
ここまでのファンブルは骸さんの魂が滅びを求めていたようにしか見えんよ…w


4590隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 23:58:36.90 ID:B0eP3HfX
見てる分には楽しかったけどなw>骸ダイン


4591隔壁内の名無しさん2014/08/21(木) 23:59:53.23 ID:G1fdMcAr
魂壊れたから地獄に落ちるのも転生も無理なんですよね?
それとも、砕かれた魂って比喩かなんかで地獄に落ちてるんでしょうか?


4592◆oa1lT4DTRs2014/08/22(金) 00:02:20.03 ID:mE+SveJ9
>>4591
完全にアウト扱いですね。
でも、世界は広いですから、いつか奇跡が重なるかもしれませんと濁しておきましょう。


         /三三三三三三三三三三三三三三三三三三ヽ
       .|三三三三三三三三三三三三三三三三三三三|
        .|三三三三三三三三三三三三三三三三三三三.|
.         |三三_,-‐ーァ三三三三三三三三三三三三三三/
       |三/  /三三三三三三三三三三三ニ三/ ̄
       | /   /´三ィ‐ー'フ/|三三ニーー‐'''"    |三/⌒i
      /.  / /゙´._,ネ'′        ェ彡气ミェ |互 /l. |
     /.  / /  /-=三ミェ   z少        |/´  |
    /   `''"   /´ ─‐・ー       ─‐・ー   |   /
  /          .{ヽ___  ̄ ̄/ |   \  ̄ ̄   .|__/`'ー-、_
/            ̄  \   |           /ヽヽ  |  `'ー-、_
            { ̄`ヽ___} ∧ |  /`ー、    .| //  |        `'ー-、_
\             . ̄\ヽ  ',,;;;`ー-'";;;;;;;,;,;,,.,    / .//   |
  \     ィー―‐、  \`、  f───‐ィ'   ./ .//   |
   \__/     \_) ヽ_ `'ー──'   / .//   /
     \        \   \_____/´.//  /
      \        `、  | |             /
\      /         `'ー-、_______/

【キャスター:ハンムラビ大王】


┏┓                                                                                          ┏┓
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛

   今から約4000年近く前、                                                       
   奇跡的に統治の行き届いた統治と法による支配を行ったメソポタミアのバビロニア帝国初代国王。       
                                                                       
   ハンムラビが父の跡を継いで国王になった当時、周辺諸国には強国や強力な蛮族が周囲を囲んでおり、    
   その前途は明るいとはとても言える状況ではなかった。                                      
                                                                       
   しかしハンムラビは慎重な外交を駆使して急場を切り抜け、弱小国と多く連携をして外敵を一つづつ滅ぼし、  
   富国強兵により国力を高めて徐々に強国への道筋を歩んでいき、最終的にメソポタミア地方を統一した。    
                                                                       
   その理念は慣習法を成文化し、法秩序の定まった公平な国家社会を構築すること。                 
   そして、言語統一による最低限の意識統一の基板を確保することの2つである。                       
                                                                       
   「目には目を」で有名なハンムラビ法は、刑法の機能だけでなく、                                 
   財産における紛争処理の解決方法や、婚姻についての定書といった民法典の機能。                   
   会社法や借家法などの概念や、利息制限法など多岐に渡った法典であり、                          
   その記録から、どのような社会体制が営まれていたかを窺い知ることが出来る第一級の資料である。      
                                                                       
   ハンムラビ法典のデータを提出したとき、                                               
   「それ強いやつを抑えられないじゃないか」というような合いの手が有りましたが、                    
   法の網を被せるにしても、その者が相手よりも強くないと、                                
   相手に言うことを効かせることができないわけで、そこはまぁ仕方ない。                             
   法の網を被せるということは、強いものを公平な立場へと落としこむことを意味せず、                 
   強者にある程度、その力の使用に一定の制約を課すことに意味があるわけです。                      
                                                                       
   ただ、あまりにも有名になった「目には目を」に対する反発心から                             
   使用制限という面倒くさい能力にしたわけですが、                                       
   素直に「相手が宝具を使用してきたら同じ宝具を撃てる」にしておいたほうが良かったような気もします。     
   私の下手な拘りにより、不遇能力になってしまったことは反省点。                                
   次回に生かしていきたい所。                                                 

┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
┗┛                                                                                          ┗┛





4593◆oa1lT4DTRs2014/08/22(金) 00:04:29.40 ID:mE+SveJ9



三三三三三三三三三三三三三三三ヱ   |三|
三三三三三三三三三三三三三三ア     .|三|/⌒\
三三三三三三三三ハヽ三三三ア ィ彡气ミェ \/ /` }
三三三三三三三三| |/|三ア ェェエア   ヽ   `、/  .i
三三三三三三三ア    /  / _____,   |   |
/|三三三三三ア  ヽ           ゝ-'  ,ィ    |   /
. |三三三二ニ メ          ヽ ̄ ̄ ̄    /   /
   ェニ二三豸 ヽ     ヽ               |  ./
.ェ彡ア    _//          ヽ          |__/
弍ァ  ,-‐"ゝ'/  /          ヽ           .|
、       ̄ ̄             ヽ    ヽ    |\
.i      ̄           /        / ,:,:,:゙゙    |\\
弋             __/  ──‐‐' ;,;;, /´ .   |  ヽ \
  \       / ,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:    _,-‐'.    /   |.  |_
──\        _____,.-‐'       ./|  / ./|;:;:;:`'ー-、___
      `、       y´                / .|/ /  .|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:`'ー-、_
    / ̄\             -‐‐‐      i/ /   .|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;::;:;:;:;;:;::
_,,..-‐'';:;:;:( ̄\_          ,-‐-、_    |_/__,,..-‐'' ̄ ̄ ̄ ヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;
-――--`ー--、>ー-、,__,,..-‐''      `''ー‐‐' ̄ ̄)          \;:;:;:;:;:;:;:;
     ( ̄`'ー'.´     ` `‐-- 、 _____,,.. -‐''                \;:;:;:;:;:
      丶、___ィ-、___,__,,..-‐-、_                ,、    \;:;


┏┓                                                                            ┏┓
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛

   作中でもコメントしましたが、バベルの塔には全くの不都合な機能はなく、               
   方言や言語特有の文化までフォローする、人類の幸福と利益に繋がる偉大な施設でした。   
   そんな人を幸福にしたり、争いを減らすための施設をショッカーは許すはずがなく、        
   多くの妨害工作を仕掛けてくることになります。                                 
                                                               
   キャスターはショッカーと全面的に対立し、最終的にショッカーを打ち倒すことに成功します。  
   しかし……今度は彼はショッカーになりました。 そう、ならざるをえなかったのです。       
   彼が何を見たかは、何年後になるかは分からない最終作で語られる予定。           
   今言えることは、彼がショッカーになったのは本意ではなかったこと。               
   そして、いつか、ショッカーを真の意味で打ち倒せる存在が現れることを、祈っていました。   
   彼は己のバベルの塔の設計図に託して……そして                               

┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
┗┛                                                                            ┗┛





4594隔壁内の名無しさん2014/08/22(金) 00:08:21.18 ID:tk/F+69I
かなり遠大な伏線がはられたみたいなんだがw
キャスターさん、実はこれから先の作品で重要人物になったりするの?


4595◆oa1lT4DTRs2014/08/22(金) 00:09:17.50 ID:mE+SveJ9


                            ___ __
                          _ <::::::::::::::>:、
                       ,,..-‐'′:::::::::::::::::::::::::::ヘ                         、__  、
-             _......-....,,_    .∧::::::::::::::..- 、::::::::::::::::...ハ,,                 ト、__ヲ三 ̄  `ヽ )!
 ゙' 、......,,__     _..-../     `''ー‐.!:::::::.,,_:::::'、 `' 、::::::/ .i:::ハ           __ヌ            レ'
   `    ̄"゛'''´   ゙ー        /乂_::l |::/-'''''ゝ、 ...../''!乂            `ヽ、    / , / ., ,   `ヽ
                    .// .. lマ 、¦ ゙''ー‐''´ f'ー‐'<ノ               ヽ  /////|ハ | ハヽ
                    .// 丿  ゙‐ゝ、    │  r'、               ト ≧ レハレ´〈   レうリ
                   //  /      `ー---i!メレ! ヽ、               `ヽ、_八 ―  / ノ
------..................................__    .// ,'/         `''廴l !   ` 、                     ン、 _/|≧、
             .!     .ヘ ヾ.イ            `¦    ヽ                  __| |r==> ´ヽ---、--- 、
             .i       _ .,|`             ヘ、    1         ,..-,---'  ヽ|r=メ       \\  ヽ
             i     l" -i               ン    /         / /     |` -'         `ヽヽ }
             1     ヽ.弋         _  ..‐'''丨  丿ノ         |/       | 、           ヽ|
              i      't⊥       Z´  .!〕  丿/‐´ _ゝ        |           |   、            |
.              '     ___ ヽ、   _,,,,_(   _」,' .ノ '   i          {           |    、               |
              〉   ''、‐ ヽ <、 /´ `'`ー' _ ニ I :'´   !            |        |    、            |
              /    丶....∪ 冖'+..,,_  」,,,,∟''´_,..`〉  !          |         |     、          |
             ./        丶-......-- ニl.. i し-'‐‐ 〉 .!         |        |      、          |
            .ハ      __       ''´  lヽ..--‐‐ 卜..ヽ、         |        |       、         |
            .ハ     /ゞ‐ ヽ        ..-l'v--―┼  /        |        |                   |


                 ┏┓                                                            ┏┓
                 ┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛

                    そしてその努力は後に結実します。
                    バベルの塔は全世界広報塔『BABEL』にその姿を変え、
                    大阪に建築されることが決定されたことで。

                    「この星で、初めて全世界に己の言葉を響かせるのは誰だ?」

                    そのBABELの初使用権をかけて、
                    学生間では華やかに「ネット戦争・BABEL争奪戦」が行われ、
                    全世界でその結末が如何なるものになるか注目されていた。

                    だが、その輝かしい平和の陰で激しくぶつかりあう8つの力があった。
                    BABELを簒奪せんと襲いかかる、闇の秘密結社。
                    BF団・ファントムソサエティ・黄金の夜明け団、そしてショッカー。
                    それらを迎え撃つ総長連合・防衛庁・神祇省、そして……仕置人。

                    後の世に「バベルの籠城」と言われたこの戦いで
                    ついにショッカーはその全容を明らかにする……予定。
                    多分公開は十年後とか、私がまだやる夫スレをやる元気があったら。
                    (あるのは構想のみ)

                    まぁ今は戯言ですが、私がやる夫界から去る時の最終作にしたい所。
                    あ、面子ですが変わったりするかもしれません、まだまだ構想だけです。

                 ┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
                 ┗┛                                                            ┗┛





4597隔壁内の名無しさん2014/08/22(金) 00:10:58.53 ID:tk/F+69I
スーパー超人大戦の予感


4600隔壁内の名無しさん2014/08/22(金) 00:17:00.92 ID:Jh4tJ4hy
最終作?
ヴァジュラライダーの次の作品のネタか?


4596隔壁内の名無しさん2014/08/22(金) 00:10:49.21 ID:YUDmJloA
OSAKAへ続く・・・だと!


4598◆oa1lT4DTRs2014/08/22(金) 00:13:53.44 ID:mE+SveJ9
>>4596
OSAKAの設定を見た時、BF団が飛んできそうだなと思いませんでした?
私は思いました、だから私の作品では飛んできます。
というかそのためにキャスターは彼にしました(ぶっちゃけ

                        __       ヽ、  `ヽ、、  、    、
                      γ´ .′      ___`_、ニ=`ニ≧`=-__   \
       へ                 7   .′      ``¬ニニニニニニニ三三三=-_  ヽ,
       {  丶、            |:   |  _  ー-=ニニ≦ニニニニニニニニニ三三三=_ !}
       乂   ` 、        }'   l /:ヾヽ、 `≫三-=ニニニニニニニニニ三三Λ}I!
.        ヽ、    \    ,-:‐:‐:-l    !_/: : : \\≠=ニニニアニニニニ/ニ彡イニアニニI|
           \   ヽ /: : : : : 7   l:‐: :_:、 : : ヽ7イム'ニアニ/ニニ//ニ/ア´ア三ニ|
            ヽ:    \二ニ=ノ    l :、 : `ヽ : :´:∨ニアニ/アニア/アアニ/シシニシ′
            ヽ    ` ̄ ′  |: : ヽ : : ヽ: : : ∨II'ヽ心ミ//'7/ア//アア三ハ!
     ......  ‐- .. _.イ゛             {ミヽ: :ヽ: : : 、: : ∧|!´ //'リ7/_‐-∠/ア三7ノ
> ´              _ ..,∠-―ヽi》ヽ: ゙、: : :ヽ: :Λ   / /' ゙' じ>彡イ/7'
乂__ ..ィー‐¬- ..,,.       ´/      ヾ、∨:.゙、: : ゙、: Λ  _   -=彡イ彡I{´/'
       _ .. イ‐    、              `ー 、: :゙、 :Λ ゝヽ _ ,,,,<彡イ《
      ,ィ ´     ,    ゛    _,,..===、      ゛: : ゙、 ', `≦./'ア'′´-=ヽ
.    (   _ ィー フ下~`:ー=ニ....、_.. ィ´/イi}`7= 、__ノ: : : ゙, ',   ヽミ、__-=-一-゙、
     ̄   ,/_:ノノ>ミ=_ニ二 =イィヘ}リイシノ ' / 7^ヽ : : ': {ヽ、    /-=ー=一、
__.. -‐:= : ´.:_: ィ'"-=‐/ヘミ≦ヘヾヾ='彡'///__7'__`ー-_}II{二 ̄: ̄: : ¬:‐-. ,_-゙、
: : : : : : : .: <-一‐=-‐/-=7ベ≡=ニイ': :/' ^ヾ三三三三三!゙=: :__: : : : : : : : : : : >
: : : .: <-‐=-‐一-‐-/=-‐!=‐\、: i、/,: : :,7`: ̄ ̄:`:´√ : : : : ,7`:'¬ ┬: /´
/´==-‐=-‐=-/-一‐}‐-=‐',`` {: : ''^ヽミ、、: : : : : : :' ' : : : : :,7: :/′:.| ̄
-‐-‐‐=‐‐‐-‐=-/-‐-=‐!一ー=∨: :} : : : :v′:`ヾ: : : : ' ': : : : :.,7: :/: : : ,{:、
-=‐‐‐-=‐-‐-‐/-一‐-‐-|=‐一-∨〈: : : : 7 `ヽ 、 : : ' ': : ,.: :,7: ;′: : イ\:. 、
-一=‐-‐=-‐-/-‐-=‐-‐l‐-=‐一{`!: : : : ′: : : : ゛ 〈〈、: : `>'゛/: - ‐ :! =\:. 、

【巡回医:ギー】


┏┓                                                                                ┏┓
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛

   初代テンプレ戦闘使いとして名高いインガノックのギー先生その人。                      
   霊的存在を除霊するなど、通常の物理攻撃では手に負えない相手と闘う場合に出張り、       
   治療や魔術師知識、魔界都市新宿に広く根を張る人脈網などで支援をする役目を負う。      
   この仕置人チームの最終兵器である。                                       
   モチーフとして、うらごろしの「先生」の成分を少しだけ注入したのは内緒。                  
                                                                   
   テンプレ戦闘=時代劇の仕置モードなら、ギー先生が仕置人で行ける!!                   
   というわけで、ギー先生仕置人化計画を発動。                               
                                                                   
   新宿を魔界都市化させてギー先生を作品に登場しやすくした上で、                     
   奇妙奇天烈、摩訶不思議な新宿を案内する役目を負わせようかな、と軽く考えていました。      
   しかしここで大きな問題が発生します。                                      
   そう、原作でギー先生が人殺しに忌避感抱いていたことを、ここまですっかり忘れていたのです。  
   ギー先生仕置人計画中断!!                                          
                                                                   
   こ、これは拙い、でもギー先生に仕置きをさせたい、どうしたら……はっ!?              
   そ、そうか、別に相手が人間じゃなければいいのではなかろうか!!                      
   それに、ギー先生が動かすのは最後の《奇械》ポルシオン。                           
   人間じゃ打倒できない相手を浄化させられる存在……これでいこう!                  
   この時、私の目に止まったのは、骸ダインの○六道輪廻の項目であった。                
   ……よし、魂を各地獄に置いてきたことで不死の存在になった骸ダインを                    
   人間ではなく、呪いという概念にしてギー先生に祓わせよう!!                      
                                                                   
   そういうわけで、骸ダインが最初から構造的に詰む下地が生まれたのでした。               
   存分にテンプレ戦闘ができて、大変楽しかったです!!                               
                                                                   
   嫁はアティ、娘はキーアの擬似家族を形成中。                                
   アティ先生やメディスンを当てようかと思いましたが、                                 
   ギー先生にはやはりアティでありキーアなのだという拘りが合ったので、                    
   AAが無くても声だけ登場してもらうことになりました。                                 
   ギー先生の脳内存在というわけではありませんので念のため。                         
                                                                   
   先生はこれからも家族を抱えて新宿を彷徨い歩き、巡回医として動き回ることでしょう。        

┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
┗┛                                                                                ┗┛


.


4601隔壁内の名無しさん2014/08/22(金) 00:18:39.06 ID:tk/F+69I
仕置き人チームでもこの人だけ生きてる世界観が違う感じだったしなw
事情を知ってみるとひたすら憐れでならなかった骸さんは、ギー先生のおかげできっと救われたよ


4603隔壁内の名無しさん2014/08/22(金) 00:21:51.34 ID:Jh4tJ4hy
元ネタわからなくても楽しめるよう配慮されてた作品全体で、唯一わけ分からなかったのがギー先生の戦闘シーンなんだよな・・・
使い魔っぽいの召喚して、骸の魂消そうとして、それに地獄大使が何か干渉してたつー概略はわかったが


4609◆oa1lT4DTRs2014/08/22(金) 00:28:13.73 ID:mE+SveJ9
>>4603
1.骸ダインは魂を6つの地獄という名のサーバーにおいてアップデートしてた。
2.6つの地獄にある骸ダインの魂を同時に消さないと骸ダインは死なない。
3.でもギー先生が解析して、弱点を把握。
4.右手を伸ばしてポルシオンというスタンドみたいな奴が全ての魂を同時に殺す一撃を放って殺す。
5.骸ダインは完全消滅して救われる。


4614隔壁内の名無しさん2014/08/22(金) 00:32:54.23 ID:QcMqgDXe
魂消滅かあ…
救われたのかなあ…?


4599◆oa1lT4DTRs2014/08/22(金) 00:16:30.17 ID:mE+SveJ9


.            /,   /              \\
            //   /           ,、 ,、    \\
         //   /            /  ̄ ヽ    ヽ ',
.          . '  /        , /    '.      Yニニ丶.
        |l  l        / / /     l¦     ! |    \
        |!  |      / /| i      l l、     `_ー_-. -
        |   ! l  |  /| l l !        _i| \     \
        |   N  |,メ..」 | li     / l |/\    \
        |   l |  |干lモ幵 l  ィ斤lモ幵ア1i | > 、_   丶._
        |   l |  ト `ニ´ィ、l    `ニ´ィ、 |' 丿/      ̄
        |   |‐ヽ |____,ノ 〒弋____ノ !´ ′
        l   | ハヽ ̄ ̄    !    ̄ ̄ /  〈
.           .  | / \            /、__/
            ヽ ∨   / 丶.  ´ `   . イ !  \
         /\ '. ¦  | ` ー ´   ! |   l \
        _/   ! ヽ. |  |        l  !   ¦  \
      , ´     l     |、 ヽ___     __/  |    !    `丶
.   /       l    | ヽ  ヽ `   ´ /  イ   l        \
 /      l   |    |   \ ヽ  /  / |     .          \
/      ¦   |    |      、 ∨  /   !     ヽ       l   ヽ

【仕置人:念仏の都】


┏┓                                                                                    ┏┓
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛

   昔々、動画サイトで必殺シリーズをあさってる時に発見した「ぱにぽにだっしゅ!」の念仏の都を見て、   
   「……あれ、これ念仏の鉄のオマージュじゃない?」と気がついてから、                       
   いつか出してやろうと胸に温めていた秘蔵っ子。                                    
                                                                   
   必殺シリーズで聖杯戦争……よし、誰かに先取りされないように早く設定作らないと(使命感          
   そして彼女を念仏の鉄が遊郭の女を孕ませて出来た子ってことにしろという、                      
   天啓が降りてきた時、聖杯無用の企画が脳内でスタートしました。                         
                                                                   
   しかし彼女の設定は、放置していたら誰かに先に使われる可能性が高い。                        
   事実、廃村さんが剣客商売の秋山小兵衛に                                       
   主水を当てて時代劇聖杯戦争というネタを先にやられておりました。                            
   「何としても、私が必殺聖杯戦争をやるのだ!!」という先を越されるかもしれないという恐怖が、      
   設定を細かく煮詰めぬまま、orinnrinnをDLして2日で投下という暴挙に及んだ大きな理由であります。   
                                                                   
   その代わり、開始のプロローグは10日間くらい掛けて煮詰め、                               
   新仕置のDVDを片っ端からかけて、じっくりとOPを描写することで                           
   読者さんを最初からグッと引き寄せようと考えた次第。                                  
   あのOPはどうでしたでしょうか。                                              
                                                                   
   各エピソードから、色々とチョイスしてごった煮にした闇鍋ですが、                             
   新鮮な踊り機を感じていただけたら、幸いであります。                               

┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
┗┛                                                                                    ┗┛




4602◆oa1lT4DTRs2014/08/22(金) 00:19:44.56 ID:mE+SveJ9


   ,'    ,'   ::/ :/                 ヽ
    l    :l   ::l-/―‐ - 、              l
    l   :::l  :::|/   __  ヽ               |
    l  :::::l  ::/! , ´-‐z‐、丶     ―‐ - 、   lー
    l  ::/ハ_ ::l イ   /:::::/ )       __   ヽ   l
    l  :/ {::ハ´l    /!:::::{_/     , -‐z、丶 ヽ ,'
    l :l / ! ヽ!  、弋三シ      /::::::::ヽ',  ∨ ̄
   l :,' | \ ヘハハ  ̄ i_  __  /l:::::::::/ }l  /|
   ',:l ノ:',   ` ―― '´ Y´ 、 l ゝ-ヘノ| /::
    '| \:i             ',   ヽ、==' 」 /:::  ,
    / ̄/ハ          ヽ、ハハヘ   ,Y:::  /}
  /  ///, -‐… 'ー-、       ` ー-,‐'‐'; ィ´} ノ
 /  /_,/:: :: :{! ̄l}:: :: :ト-        -‐'´ ̄ _ 二 イ
/ / ̄:: :: :: :: ::  ̄:: :: :: j __       _,ノ´ ̄ヽ::\:::::
 /二XXXX ヽ::_::_:: :l_/  ̄ ̄    , -‐ヘ:::l\
7___XXXXXゝ-----ソ/        / /´ .ハ:l
´   }.XXXXXXXXX/´       / /   /  l
  /XXXX/´ヽXX/\    / /   /     |


┏┓                                                                                ┏┓
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛

   モチーフは言うまでもなく念仏の鉄。                                       
   必殺チーム内では、虎との交渉といった渉外や、アジト内での家事担当。                    
   家事能力全滅な男連中の世話を一手に引き受ける、肝っ玉姐さんである。              
   個人的に一番大好きなヒロイン、必殺必中仕事屋稼業のお春さんのイメージを               
   少し投影しており、割と真面目にいい女だと思うのだけど……                           
   まぁきっと、理想が高すぎるんでしょう、主水も色々と頭抱えてらぁな。                       
                                                                   
   AAも量がそれなりにあるので、大変重宝いたしました。                           
   しかし、その振る舞いや仕草、言葉遣いは鉄をイメージして書いてみましたが、              
   あの飄々とした問題児の態度は、私のつたない文章では、中々表現できないと悟り、         
   姐さんという立場を与えてみたら、そっちのほうでスンナリと自分の中で役に入って行きました。   
                                                                   
   基本的に必殺チームは出番を抑え、影は薄くあるようにというように配置していましたが、       
   彼女は、虎との交渉があるためわりかし出番が多かったように思います。                
   数日間で、どれだけ虎と取引してるんだろう……よく頑張りました。                       
   まぁ喪女だけどね。                                                 
                                                                   
   彼女はこれからも、どこかで倒れるまで仕置人として活動するのでしょう。                    
   彼女の父親がそうであったように、平和な世の中に馴染めないはみ出し者として図太く力強く。   

┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
┗┛                                                                                ┗┛





4604隔壁内の名無しさん2014/08/22(金) 00:22:34.04 ID:tk/F+69I
いい女 都の春は いつ来るや


4605◆oa1lT4DTRs2014/08/22(金) 00:22:55.86 ID:mE+SveJ9


   フ   / 。 ‘        ‘' ー 。
.  /./ .//  .::/   ,      ーニミヽ、 _
 //.  /y'゙.  //  /         ヾー‐-`
. j/ |  イ /  / 7  ./    / /     ‘。
ノ_. l ./ |/ー彡 ´ /  /    / /  ,     。
´  !/ j   /  /   / `ヽ 」/ /  /  ,    ‘。
     l f´| ./  / /l  イヽ/  /  /  ,.' .l }
    i !. l j  ./=≠ 、. |/ }.  /  /i  / . | i
    ヘ ヽ! リ  /灯 以 ヾ / / 斗-┼- j l l
     ゝ.|/|  {弋アル   / / /  iソ ./ / }
    -ーソ ヘ i      //'´だミヽ/ ./.::/レ'./
  / 〈 /  ∧ l         ㌘  / ./! / }/
_. /  ヘ     ヽ       '  ,.7 / :/
ニi    ヘ     ヘ  ` ー    //
ニ:l    ∧   /ヽ _ . ≦ 、
ニ l     ∧.  〈',     \  ヽ
ニ: l      ヘ  ヾ   ,//  :.∨
ニニ|  ,,.-'''〈" i  〉 イ´  |  ::.
ニニレ ´  ヾll〉 |./// ヘ  |  ::.
ニニニー   ///ー-//ニニニヽ.l     〈
ニニニニー  〉///// ニニニニ ,'     ::.ヽ、
ニニニニー /////´ ニニニニ ,'     .:::..  \
ニニニニ ー 〉ー-〈 ニニニニニ'ヘ         \

【アサシンのマスター:潮田渚】


┏┓                                                                                            ┏┓
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛

   今作聖杯無用の実質的な主人公。                                                   
   元々は仕置人チームの偵察・仕置の段取りの仕掛け担当の青年でした。                           
   学生時代、えりなと仲良くしていましたが、自身の転校により別れ別れに。                        
   その後、両親が詐欺師に騙されてネットワークビジネスに手を出し、その大失敗により一家離散。           
   見目麗しい彼は裏社会に売られる寸前まで行き、中村主水と和尚に助けられたという裏設定があったり。      
   物語的に、彼が一人前の仕置人になっていく話になり、                                        
   和尚たちの影が薄くなったことは否定しがたい部分ではあります。                                
                                                                         
   パラレルラインにおいて、どちらかと言うと不遇枠にあった渚をヒロインに!! が最初のコンセプト「でした」。   
   そう、最初は主人公に渚を攻略させ、【アハーン】で【うふ~ん】な感じに籠絡し、                        
   ドキドキしてもらおう、と思って主人公AAを漁っていたら……目の前に「タクアン和尚」の文字が!!         
                                                                         
   ……銃を撃つオヤジ……ああ、いい、彼にしたい……絶対に巳代松にピッタリあう。                  
   で、でも、おねショタも捨てがたい……ショタっ子に迫ってみたい。                                 
   ど、どうしたものかと頭を悩ませましたが「まぁいいか、安価で決めてもらう」                         
   そうして安価を投げ込んだ所、和尚がポンと投げ込まれました。                              
   これにより、渚攻略というシナリオコンセプトは破綻することに。                               

┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
┗┛                                                                                            ┗┛





4606隔壁内の名無しさん2014/08/22(金) 00:24:31.68 ID:Jh4tJ4hy
老人×男の娘のBLはちょっと・・・
主人公が女だったら恋愛の可能性普通に有ったが


4607隔壁内の名無しさん2014/08/22(金) 00:24:56.58 ID:Jh4tJ4hy
渚は両親探さないのか?


4608隔壁内の名無しさん2014/08/22(金) 00:25:07.30 ID:tk/F+69I
まだだ!まだジジショタの道が!のk(このレスはアシュνちゃんの介入で消滅しました


4609◆oa1lT4DTRs2014/08/22(金) 00:28:13.73 ID:mE+SveJ9


             __   _  _
          r―- 、l'/ ´ _    _  、 r;ァ
          r‐ァ'"´     ` ´   ` l/ ⌒  、
.         / ,l/'                 ヽ‐_./
      <   ,     /                V/> ヽ
      ,. ヽ     /      .  ,         V ,. イ
     </    ,  ,       /  ./.!   i     ,  ヽ
      /   /イ .!     , '  ./_.!   '       l _',
        ' , ! ./ / !  ./ / / l  /l     l 、
      ' l/l , { / ̄l,.イ、 //  /.! ./ l ,   . ト .l
        ハ :、.l.  {:r,'      '"ィ } `l .ハ ./ヽ! `
           ヽト、  `´         {:rノ ' /.ハ./
           ゝ       ;        //  '
.              、           '
            \ `  ‐    イ
             !  ー   {
        _ ,,,,. -   '        ー   _
.    ,    ';;;;,  -         _    ,;;;;'
   /       :;;;,      ` .     ´     ,;;;;'     ヽ
.   {        ;;;;                 ,;;;;'      .i
   ,.__   ', ;;;;               ,;;;';'_‐==-、
.   iニニ二ニ=―-___   _,..、   r‐!'イ二二ニニ}
.   !ニニ二>ニ、ニニニニニ二二l.〈 ヽ'"i .lニニニニニニ{
  /ニニニニ二{ニニニニ二二l 〈,.へ.>.!二二ニニニニ',
  ヾニニニニニヽニニニ二二二l .>,. <! .!二二二二二ニ)
   }ニ=-―‐-アニニニ二ニ>''"! }`ヽ {ニニニニニア'
    l      'ニニニニ,.'   / {_ハ ',二ニ=-ー7`゙'
      ,       'ニニニニヽ { !.{ j  ;       ,


┏┓                                                                                                    ┏┓
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛

   最初のうちはどう動かせばいいか自分でも試行錯誤でしたが、                                     
   ヘンリエッタさんを仕留めた時に「ああ、西順之助というよりは錺職の秀だ」とスッと入り込みました。              
   その後、ドンドン市松のような怪物的な仕置人に近づいていき、何かもう手の付けられない怪物に進化。               
                                                                                 
   多くの運も絡みましたが                                                               
   1.万全にセイバー閣下に向けて「貴女から覇王を引き剥がします」といって一日で達成。                         
   2.「この馬鹿騒ぎも、もう十分でしょう。」と言ったその日に、骸ダインにガセ情報を流して撹乱させてファンブルさせる。   
   3.その流れで演技をして骸に近づき、間近で観察することで必殺率を100%に。                         
   4.ランサー陣営を主水と連携で言葉責めで脱落させ令呪3画を引き出す。                               
   と、実質1日で聖杯戦争を終わらせました、渚くんぱねぇっす。                                      
                                                                                 
   全ては、あのセイバー閣下への挨拶会話によるクリティカルが発端なわけですが。                             
   セイバー閣下に釣り合うため、全身全霊をかけて挑み、結果的に届かなかったことで、                          
   漢レベルをバク上げしつつ、傷心の青年というアンバランスさが色々と女性を惹きつけるのかもしれない。             
                                                                                 
   個人的に閣下との別れのシーンが大変気に入っています。                                           
   あれにより、渚は一皮も二皮も向けた、プロの仕置人へと成長を遂げました。                                
   同時に、私の手から渚はもう離れていく感覚が……巣立ちですね。                                   
   「ああ、そうか、渚はもうプレイヤーキャラではなく、確固たる自我を持った大人になったんだな」                     
   彼はその才能を完全に開花させ、GMの手から飛び立っていきました。                                  
                                                                                 
   ……まぁそれはとても嬉しい事なんですけどね。                                               
   何だい? 君の真の才能は、女の子をたらし込むことなのかな?                                   
   なんでアイドルマスターを陥落させてるわけ?(白目                                            
   どんな女もたらし込む傾城の仕置人……君は一体何処へ行ってしまうのだろうか。                         
   というわけで、3股しつつも上手く御しきって何とかやっている模様。                                     
   まぁ何だ、お幸せに(棒。                                                            

┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
┗┛                                                                                                    ┗┛





4610隔壁内の名無しさん2014/08/22(金) 00:29:53.00 ID:tk/F+69I
【アハーン】力95!どこのハーレムエロゲ主人公だよw


4611隔壁内の名無しさん2014/08/22(金) 00:31:00.71 ID:Jh4tJ4hy
にじふぁんで連載してたら、ある意味覚醒型最低系主人公に成りかねなかったなwww>流れ


4613◆oa1lT4DTRs2014/08/22(金) 00:32:47.00 ID:mE+SveJ9





                                            rx        _                        __
                                            ゙ヾX、  ___   ,ソ                    _> ´/
                                             >u≦ニ≧x、                _,> ´ヽ,ィ´
./// :// , './/'/} ′: : ゙ヾ ハ 小 ハ}/リ __                ィ':>-ミ::::!::r-ミァ         ___ ,> ' ̄ ̄ヽ!r__/!ィ
/ / :// / // , ′:.:} i ニ=‐-ミ ゙≪ }. } j/ :斗 }                r':(  ノxヘゝ .ノ}     __,ィ升、      iーァ_ノ
 /// / / //\ヽ//:.:_.:.:.: `ヽ\:`ヾ イイ / ;′            iィ≧ァ!ニニニ!≦ミ'   x<::{、ゞ-'    >ー一´
´/ / / / //:=ミ // \:.>x:.:.}、.:.\:.: :} / /                ゞ/::::!ー'^ー!>=-<:::::::::::::::::\_> ´
/' , '/, ' //、゙\/∧  ∨、:.\:\:.:ヽノ / /              >=≧-≧z<´:::::::::::::::::::::::::::> ´
:/ // , '/: :゙ヽ//:___ヽ   .}:.:.:.: :\:ヽ′,./            /ィ/:/:/:::::::::::::::::::::::::::::::::::> ´
  // /./: ⌒://∧  `ヽ 廴_\:.:ヽ}// /             ,.'//:{:{:::!_j:::::::::::::::::::::::::::>イヽ`ヽ
/.ィ´ /: :  / ′;∧ ん ',  }:.::}:.、ノ/ /               ,' i i::::::::::::::::::::::::::::><´ヽ  }Ⅵ、,}
, / : : , ': :   i { : V∧ {リノ、_,丿:ノ:: }/ /              ! .! !、::::::::::::::::/リ  _ __ ',  !::ム',i !
,′/: : :.  j:リ 、 ヽ;_`¨升^ ーく.:.: j ,/              ! メ! >-一彡//-イノノ丿.} .ノ::} .!{ \
/: : : : :.  ;/  :\_;/ :.:.  _」¨´ i                ', マ{-≦---// ` ̄ ,ニ、.! ゞノ .!'ヽ ヽヽ
: : : : : : : /   ,:,ツ i;   ;.;.: i  / .|                 ',  ≧zz≦´ /:::::::::::}ノ   ,!_ ゝ、ヽヽ
: : : : : :/ , ,:,:,:イ  八  ;.;.: | ./ リ                \_,{升}_,,ィ____>イ ̄ヽ__/ ',  iヽ、ヽ
: : : :/: : .¨´   ;/-、:.:..:.:;.: |/ ./                   ',   ゙゙゙゙゙゙゙̄ ̄_    i| __  ヽ  ヽ `ヽヽ
: : : : :    _:; ィ´(:__  ヽ:.:;.;. }  /                   ',   ,ィ ̄ ̄ゝ'   ,ソ ,(_r-ミ、\ !   ̄
: : : : :>'"´j: :j: : }: 〉ミ、 ':;.;.; j /                        }-< / ̄`ゝつ__}-!(_`ヽ_!.  \!
: : :/ ;-‐=‐-ミ_:.j:.{: { `'ー一'′′                       !ニニy ,ィ==zzz=xir+-、`ソ
:.:.:.:/:.、: : : : : :.}-一′                         _!rz!i !-≦!>≦≧<!-ニ¨´
, :く:.:.:/:ニ=‐-ァ´                                / !--{ !i==!{!!ニニ! !ニ! .!=!}
: :.:.>:.r:.._/                               ,!=ゝ__リーz<>===< i__i|
/: : :.:}:.:.:.ハ                              /ー=====---!--' ̄`一' i|
:.:. : : :ノ:. /:.:}                                ,':::::::::::::::::::::::::丿       {
                                        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        ノ!

【寅の会の面々】


┏┓                                                                              ┏┓
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛

   新仕置をやるなら寅の会がいるな。                                         
   寅の会……なら虎眼流でいいか、元締「虎」だし。                              
   という理由で抜擢されました、我ながらまんまであります。                           
                                                                 
   原作で元締・虎は、元阪神の初代ミスタータイガースの藤村富美男が抜擢。             
   仕置シーンでは阪神現役時代の映像が流れたりと、                               
   温かみのあるシーンや笑えるシーンも多かったのですが、今作の元締は虎眼先生なので……  
   色々とシャレにならない感じが我ながらコワイ。                               
                                                                 
   死神はシリーズ中でも最強の仕置人という位置づけだったので、                     
   最強の仕置忍を配置して、威圧感を持たせることに。                               
   仮面ライダーヴァルゴのオマージュという意味もこめてゼクロスに担当してもらいました。      
                                                                 
   闇の俳諧師の連中は、裏稼業殺ってそうな連中から数人ピックアップ。               
   まぁちょい役であり、驚き役ですので、特に細かい設定はありません。                  
                                                                 
   関東近郊の裏社会に大きな秩序をもたらしていた寅の会。                         
   しかし一度叩き潰したはずのショッカーが台頭してきたことにより、                   
   また日本は混乱の中に突き落とされます。                                
   本郷猛なき現状、彼らがどうショッカーと戦っていくのか……それはこれからのお楽しみ。     

┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
┗┛                                                                              ┗┛


.


4615◆oa1lT4DTRs2014/08/22(金) 00:35:17.50 ID:mE+SveJ9


                        _r─、_
                     , . '"´ }ilili{ `ヽ、
                    /{.    ⌒    }ミ、
                     //゛゛        "ミミ、
                      ;'ミ{            jil|
                      |ミ{ '⌒ヽ 、__, ノ- ,,  }ミj、
                  iソ{ ゛≧=、`⌒´,=≦‐゙ i/i |
                  リミ、 ヽ`゜シi  ヽ`゜彡`ノソ./、
              , .:.:'´:./:.iヾ、  /(、__ノヽ  .r'/Y:.i:.:`:.:.:. 、_
           , ..::'´:.:.:.:.:.:./:.:.:|: \ } , ___ } ;/: |:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、_
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:|: : ト\ -─- //: :|:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/}
         レ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:|: : ヽヽ ー─ ′/: : :.|:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.\
          /: :ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:i: : : ヽヽ   //: : : : |:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/: : : : :\
       /: : : :.{\:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.、: : : ヽ\ //: : : : : |:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:./: : : : : : 〈|
      /: : : : : |: : ヽ:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.i: : : : ヽ .//: : : : : /i:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:./:/: : /: : : :ヽ
     r': : : : : : : :|: : : :}:.:/ノ:.:.:.:.:.:|: : : : : ヽ/: : : : : /:.|:.:.|:.:.:.:.:.:.:/:/: : /: : : : : : '
   /: : : \::::ヽ:ヽ: : //:.:.:.:.:.:.:.|: : : : : :/: : : : : /: : |:.:.|:.:.:.:.:.:.i/: : /: : : : : : : : :、
  /: : : : : : : \:::ヽ://:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|: : : : :/: : : : : / : : :|:.:.|:.:.:.:.:.:.|: : /: : : : : : : : : :
. /: : : : : : : : : : : : //: |:.:.:./:.:.:.:.:.:.|ヽ、:./: : : : : /:./´|:.:.:|:.:.:.:.:.:.|: /: ; -- 、: : : : : : 、
/ , ====、: : ://|: : :.|:.:/:.:.:.:.:.:.:.:|`>、\r‐、/__/|:.:.:|:.:.:.:.:.:.|/r──: : : : : : : : :ヽ
i//r--'>'⌒//: i::|: : :|:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.|/: : : :/:.><イ´: : : :|:.:.:ヽ:.:.:.:.:.i/ -────- 、: i
レ'l ./ ∨三三.}: : : : |: : :i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|: : : :/:./: i、:ヽ: : : :}:.:.:.:.ヽ:.:.:/: : : : : : : : : : : : : :ソ
.{ i.i \ ∨三,イ: : : : :|: : /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ′: /:./: : i: |:.|: : : :ヽ:.:.:.:.:Yz=、ヽ: : : : : : : : : : : :}
.{ ヽヽ、彡'人/: : : : : : :/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/: : :.ゞ┘_レ-'´ ̄ ̄ ̄¨¨´  \\: : : : : : : : /i
 `ー<⌒Y/: : : : : : : :/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/: : : /: : /i}≧ミン′        _ヽ\: : : : : /: |
    |: :./: : : : : : : /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ -∠_ {彡彡'´       , -‐ヘヘ  ヽ、|: : : :/: : ′
    |: :{: : : : : : :./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/\: : : : :  ̄ヽ_∠_,ノ__,イ:.:.:.:.:.:.ヽヽ  j|: : :/: : /
    ∨: : : : : /}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧-、二 ー==‐: : : : : : ´:_,ノ∨:.:.:.:.:.:.トヽ<.j/: :/
    ヽ: : :/  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/: :\: : :  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄: : : : : :}:.:.:.:.:.:.:|: :|: : : : : ノ|
     `´   .|:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧: : : :\: : : : : : : : : : : : : : : : : :.∧:.:.:.:.:.:{: :|: : : /:.:|

【仕置人:中村主水】


┏┓                                                                                  ┏┓
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛

   のさばる悪を何とする……という必殺シリーズの顔である中村主水御本人。               
   シリーズを見たことがなくても、「必殺仕事人」「中村主水」といった名前を、                 
   一度くらいは耳にしたことがあるのではないでしょうか。                            
                                                                     
   彼についてはまぁ色々と語り尽くせぬものがあるのでだいたい省略。                     
   出張りすぎると主役を食う可能性が高いので、出番は少なめ。                       
   でも、一番美味しい所で意外な展開で登場してもらおうと思ってました。                  
                                                                     
   >>そろそろ女房とババァの命日だしな、他にも細々と用がある。                          
   とプロローグで語っていた細々とした用というのが                                  
   ジジットの代わりに孫娘の面倒を見て欲しいという頼みだったわけです。                    
   この登場の仕方は読めなかったと思います。                                  
   ……読めたらちょいと頭おかしい。                                            
                                                                     
   「中村主水というと、つつっと近づいてズブリだろ?」                              
   確かにお年を召してからはそういう殺陣が多くなりましたが、                          
   彼の本領は流れるように相手を始末する殺陣にあります。                           
                                                                     
   ネット上の映像を見ればお分かりになると思いますが、                            
   主水はガチ殺陣も大変多くこなしており、                                     
   商売人の頃はそれはもう豪快にバッタバッタと人を殺しておりました。                   
   今回の殺陣で多少なりとも、その頃の面影が出せていれば……さてさてどうでしょう。           
                                                                     
   必殺チーム内では御意見番&知恵袋としての地位を担当。                             
   といっても、今回は魔術に関する頼みであったことから出番は少なめ。                      
   渚が一人前になるまでは、渚の考えた仕掛けのフォローやその手の仕込みなどをしていた模様。   
   たまに彼を見て、西順之助を思い出していたとかいないとか。                             
   あと都の結婚についてはもう諦めていた模様。                                 

┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
┗┛                                                                                  ┗┛





4616◆oa1lT4DTRs2014/08/22(金) 00:36:47.53 ID:mE+SveJ9


      r===─-、__
      / _ '`i彡彡r┘
.     ' _, ノ,,,,,, 〈彡_ノハ
   / ='"x≦ ,゛ i;kヘ.〉ili|
   ミr。 =`゚´.′.: iゝソ彡{
   i`|_,^-\ i "___>┐
   ヽ j, -─'ノ'// ̄ ̄`i
    ヽ、' ̄, :.:.'´ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、
     ,∠--、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.\
    //: : : : \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:ヽ
.   /: : : : : : : : \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:';:.:.ヽ
   i:.:>─‐ 、: : ∥:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.',
 /: : : : : : : : \:i:i: : i:.:.:.:./.:.:.:.ノ:.:.:.l:.:.:.:.:}
ノ: : : : : : : : : : : : ハ: ノ:.:.:/:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}


┏┓                                                    ┏┓
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛

   渚がもう一人前になったことを確認し、主水は長い旅に出る。   
   西へ西へ、何処か遠い西の地へ。                   
   かつて彼が語った通り、ある日ふっといなくなった。         
   中村主水は永遠になった。                        
                                             
   藤田まことさん本当にお疲れ様でした。                    
   そして、ありがとうございました。                     

┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
┗┛                                                    ┗┛





4617隔壁内の名無しさん2014/08/22(金) 00:36:59.46 ID:tk/F+69I
寅の会の身内の始末をつけるシーンは怖かったw

>>4614
死に戻り方式で延々と災厄を世に振りまくよりはマシだったんじゃないかな


4621◆oa1lT4DTRs2014/08/22(金) 01:03:33.57 ID:mE+SveJ9


              ,..-‐‐、
            /:.:.:.:.:.ハ:.V"´:i
           /:.:.:.:.:.:.:.i" `゙゙‐-.|
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:,.-:.:.:`ヽ、
         /:.:.:./:.:.:.:.:.:.:|:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:V
        /://:./:.:.:.:.:.:.|:.:/:.:.:.i:.:.:|:.:|:.:.i:.V
       ムイ:./:/:.:.:.:.:.:.:.:.i:.i:.:.:.:.|:.:.ハ_j.i__j..j
         |:.//:.:.:.:.:.:|:.:.:.:ii|:.:.:.:.:| ./ii i
        |/;;;i:.:.:.:.|:.:.|:.:.:.|i:.:.:.:.:.| i ij 、
        "リ;;;|:i:.:.i|:i:.:.i:.:.|.|i:.|:.:リ    /         今日中に終わらせられますが、
        //.|//;;;|i:.:.ハ:j゙‐i:.|:.|   -ァ         アシュνちゃんと最後にお喋りしたい人もいるでしょう。
       ム' //i;;;;;|i:./;;;;;i .|:|:i> -"
           ム'ijレハ   ,V  V          よって今日はこれまで、明日【21:00~21:30】より
         ___,/|  ,>./、  ./:.ヽ、_         本作聖杯無用の最終回と致します。
        /i____./:.:.レ";;;V;;;;;V"/:.:.:.:./  ̄ヽ
       /i |  /:.:.i{;;;;;;;;ル;;;;;;;} /:.:.:.:/ /二i     どうぞ、よろしくお願い致します……。
        i i /:.:.:.i {;;;//|;;;;;;i ./:.:.:.:/ / / /i
        /:.:.:.:.:|/;;;;;;|.|;;;;;;i/:.:.:.:.:.|.//./,..-‐}
         i:.:.:.:.:.:.ヽ;;;;;j L/:.:.:.:.:.:.|//"´  |
         |:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ/:.:.:.:.:.:.:.:.:.リ"´   .{



.


4619隔壁内の名無しさん2014/08/22(金) 00:40:18.19 ID:tk/F+69I
渚君が一人前に成長したところを見て、満足してたのかなあ


4623◆oa1lT4DTRs2014/08/22(金) 01:06:51.48 ID:mE+SveJ9


               __
           , ∠三三/ilili}、_
.           /i´      ̄  \ヽ、
.          /ilili|          `ヾ、
        /il(⌒            ヾ}
       jミミj     ‐=、┬┬ノ  ,,,, };ヽ         ,、r、
       (ミ尨 ((ミ≧=‐、_ ⌒ _ ‐=≦彡jil|.         / j ├、
      /ニミ} -、弋.ッフ,゛::. 〈弋ッフ‐ .|イ        | i | ハ
      | ((リ;|  `"  ", 、   iヾー‐'゛  | i        } } {.| {
.       \`ヾ(   /└ 、_,ノハ   .:::レ′    /ヽ j j_ | i. `i        >>4607
      __/i} i {.`i  /        }  /ノ      i  )ノ  ` {  |       残念だが、もう二人共死んでおるよ。
    ノ´|:.:.:{ヽヾ、ゝ、⌒弋二二フ´ ノ/\      { '.j  {:::. _'  i       生きていたら仕置していたかもしれんが……
-─'´:.:.:.:.:|:i:.:.:i: ヾ  、`   __   /:.ヽ:.` ー‐-、_ .| ′ ヽ/   |
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:|:.:.:|: :ヾ\\       / |:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>\   /   ノ       まぁアヤツも一人前になった。
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:リ:.:.:.:|: : :ヽ \` ー──rイ: :.|:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i `ヽ`iヽ ヘ_,ノ {        都はもう嫁入りは自分でやれ、俺は知らん。
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:|: : : : ヽ. \   / /: : :.|:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|: : : ヽj `    }
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:|: : : : : ヽ  ` ./ /: : : : |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|: : : : : |.     |
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.|: : : : : : :ヽ  /: : : : :.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|: :./: /i     、
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|: : : : : : : :ヽ./: : : : : :.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i: /j: :|/      ヽ、



    x‐=≦三{_
__,ィ≦└─‐┐  _`ヽ
彡j三三三 {´  、、_二ヽ、
爪ミ三三三ヲ  ゞ≡'^゛ .i
ililiミ三三三i   、 r_j、,. ヽ
、iliミ三i (⌒Y  ‐=_` ‐' ,、 .i
.ヾミ三ヽ{_ゝ尨 \_   /‐r ′
 `>‐‐ `r‐i  {.   /.、_ヽ             あと俺があの二人に教えられるのは、
. ∠ ̄`ヽ ヽ.{ _   _   i              仕置人としての別れ方だけだからな。
´__:.`ヽ: : :\-、.`ヽ .__,ノ
`ヽヽ:.:.:.:\: :\\ {:ヽ:.`ヽ、          まぁ、俺はずっと置いてきぼりくらったんだ。
:.:.:.:.:`ヽ:.:.:.:\: :.\\ヾ、ヽ:.:ヽ           そろそろ俺が出て行ってもいいだろう?
:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:ヽ: : :\ヽi l: ';:.:.}、
、:.:.:.:.i:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:\_: : :`ヽj: i:.:.ヽ\
: ヽ:.:.|:.:.:.:.:.il:.:.:.:.:.:.ヽ\: : |: :|:.:.:.:|: :.ヽ
: : i:.:.j:.:.:.:.:.j:.:.:.:.:.:.:.:.:}: :ヽ:.l: :|:.:.:..{: : : j


.


4624◆oa1lT4DTRs2014/08/22(金) 01:09:34.92 ID:mE+SveJ9


                     /三7三三三≧、
                    , .レ'´/⌒´ ̄ ̄ヽミミシヽ-、
                     /ililililili{.         ∨//∧ \-、
                    /ilililililililil|、        ̄ ̄   ヾ;、
                /ililililililili彡ベ              ヾ\    `ヽ、
                  /ililililililil/                  "i;i    ゝ┘
               ′ililililili{                  {⌒V⌒ヽ、
.          //    iミミミミミ、  三=‐            /`ヽ、`ヽ、 `ヽ、  __
        〈/    |ミミミミミ〉,   , -─  `)`ー─r j、_二 >‐、 \ `ヽ  V  ノ
                  /,二ヽミ 彡'  、、、、    `ー┼ ノノ-┴ {ヽ人   \ `ヽヽ .i
             / ./ン.} |彡'  ミ≧≡=‐、__   、__ノミ、 \  \ `i ヾ,
           , -クi ./ r'ノ iミ{   ミ   二二 ヾ""´__  ン=<"ヾヘ_  `ヽ  i. │ .i     俺はおこうに言われたように、
  __, -──‐'´: :/八 ヽイ jミ{  ⌒  ' fツ  `  _,´  /ッ ヽ、 ` .ハ   i| 、    |     死ぬまで仕置人を辞めなかった。
/: : : : : : : : : : : : : //: :.{\⌒ミ 、   \ ー‐ 彡' .:::   }、ヽ--'.,=‐ /‐、}.    ` 、ヽ.',
: : : : : : : : : : : : : : //: : : |:.:.:ヽ-jヾ、         , ァ 、   i `ー '´  ハ: : :|      j 、.l     鉄の野郎に言ったように、
: : : : : : : : : : : : : //: : : :∧:.:.:\{ `ヾ.     / '_  `   'jヽ   //: i: : :i        |      ヨボヨボの爺になるまで身体張り続けた。
: : : : : : : : : : : : :.レ: : |: : : ∧:.:.:..ヽ、j   /   `ヽ、__,ノ j  / /: :ノ: : :.',        、
: : : : : : : : : : : : /: : :.|: : : :.∧:.:.:.:.:.ヽ ,;  { 、            i //}: : : : : : :\       i、    後は次の世代に任せるぜ。
: : : : : : : : : : : /: : : :.|: : : : :.∧:.:.:.:.:.:ヽゝ   ーr──r─r'´ ' /: : |: : : : : : : : :ト、_,    iヽ、
、: : : : : : : : : : : : : : : |/: : : : :∧:.:.:.:.:.:.:\  、,,,,\__,ノ,ノ/ {: : :.i//: : : : : :/:.:.} {    ',:.:i
:ヽ: : : : : : : : : : : : : : |//: : : : ∧:.:.:.:.:.:.:ヽ\       ノ:.:.::.:|: : :.|//: : : : :/:.:.:.i  `i.   ∨、
:.:.ヽ、: : : : : : : : : : : :|//: : : : : ∧:.:.:.:.:.:.:ヽ ヽ::::、__/:.:.:.:.:.:.|: : :.|//: : : :/:.:/:.:|   :    ∨`ヽ、
:.:.:.:.:ヽ: : : : : : : : : : : |//: : : : : : ∧:.:.:.:.:.:.:.:ヽヽー  //:.:.:.:.:.:.:.:.:|: : ///: : : /:.//,イ  .:     ∨:.:.:|
:.:.:.:.:.:.:i: : : : : : : : : : :.|//: : : : : : :∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽヽ //:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|: : : : : : : : i:.:.:/:/  .::     ∨:└、
:.:.:.:.:.:.:|: : : : : : : : : : :|//: : : : : : : :∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |: : : : : : : : {:.:.:./   .::      |:.:.:.:.|



.


4625◆oa1lT4DTRs2014/08/22(金) 01:14:43.63 ID:mE+SveJ9



      r===─-、__
      / _ '`i彡彡r┘
.     ' _, ノ,,,,,, 〈彡_ノハ
   / ='"x≦ ,゛ i;kヘ.〉ili|
   ミr。 =`゚´.′.: iゝソ彡{
   i`|_,^-\ i "___>┐           まぁこれで肩の荷が下りた。
   ヽ j, -─'ノ'// ̄ ̄`i
    ヽ、' ̄, :.:.'´ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、         あとは都や渚たちに頼んでくれ。
     ,∠--、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.\
    //: : : : \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:ヽ      渡辺の若旦那や涼次や匳たちへも応援よろしく頼むぞ。
.   /: : : : : : : : \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:';:.:.ヽ
   i:.:>─‐ 、: : ∥:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.',
 /: : : : : : : : \:i:i: : i:.:.:.:./.:.:.:.ノ:.:.:.l:.:.:.:.:}
ノ: : : : : : : : : : : : ハ: ノ:.:.:/:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}



        ,ィ\\、
.         /ミミー‐Yi)ヽ
       j;ハ彡彡`ilil|
.        ',ゝ、彡--<´
      _V∠二二ー─-、
    .ハ´:.:.:.:.:.:.:.:.:. ̄ ̄:.:.:.:.:.:iヽ、
   /'´}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|: ::、
   /: :ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|: : :',    さて、何処に行くか……
  /: : i: :ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|: : :{
 ./: : : |: : |:.|:i:.:.:.:.:.:.:.:///:.:.:.:.|: : : |    まぁ一人のほうが気楽なんでな、じゃぁな!!
. /: : : :.|: : |ノ/:.://:.////:.:.:.:.:.|: i: /
/: : : : :.|: : |/:.://:.://:.:.:.:.:.:.:.:.:|: V
\: : : :.|: :.i:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|: j
..ノ⌒jヽ: :/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.レ′
.`} .ィ)ヽ;/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:|
  ̄ \:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ




.


4626◆oa1lT4DTRs2014/08/22(金) 01:16:28.68 ID:mE+SveJ9



       , ""      ',ヽ , -―――――==フ
      //      l\lノ   /`ヽ、   ー-=ニ=-
    //      /l         \    、 、`ー-  _,
   ./ ./      / /l  、   、、    \   \\ー-― './             /  ∠__/      / / /ノ ,/ /〃/ /  }
   ./ /      / /-l  ト、  ヾ 、 \  .\   ` \  /       , --、     /-─- 、        //    // /〃/ /   /
  / /      l l l  ヽ、ヽヌヽ、.ヾ,ィ ヽ   .\  \ `.'       /r‐ 、 `l  |´ ̄二ミ.、_`ヽ、_    '   __ノ__/\〃/‐-!  /
  /./      / .l l ._ヽヽ/ ムヽ、ヽ_ i ヽ ヽ  .\  \ー `ヽ、.  / レ' ,}. |  |   ゝ   ftjー-ミ 、_.ノノ ノィ「oム/ /ヽ}  } /
 ,'.,'       ./ / .l l.f´_ヽ./  イ:じ:j/ l  ヽ,j \ .\ ',`ヽミ=- __,{   人. |   |   、  ̄ ̄ ̄二ニ='    ヽ/7ァLゝL/〈ヘ/ノ
 l l        / /  l l.l (\) .l.   `¨´ヽl| }  .|ヽ  `ー-  , -‐''"´ (_\ ゝ ヽノ   |    ̄ ̄ ̄       /// /フ77,.ヘ==〉ヽ、
 l |     / / / l l,l、`¨´ノ ,      l .l   l l ヽ  l \ ヽ、  ...(  `iヽ、`ー> > 、             /ヽ' / ////こ!} } ) \
 ',.l      / / /,リl  ',. ̄´        ル'  ,' ./  l  l  .\ ヽ,    >‐<  \Z  ゝ、\        /_   [ゝ/  ̄ ̄ ./j .j`ヽ、 \
  ヽ    ,' /l, /.  | l. .',   , -     ./リ ./ ./  ,ルl l   |\',.  ( _)  | |〉 ィZ   ヽ       / `ヽ/      _// /    )
       l/ .,l/  .| ト、 .> 、      /- l/===ー-l,l   l ̄`ヽ.(  )  | |ルィ_.彡   !    _/  ./   __∠「フ/ / ̄ 了
               | l ヽ  ,>=''´ ̄ ̄.  /    l|  lト、  ヽ   f"⌒ヽ   | |ー───‐ ''"´   _,./   ̄     \ノゝ - <
               | l l .|<´ -, 十 fニi /    .ノ  .l|ノ\__ \...ゝ_ ノ  | | `ー- 、  _, -‐'" | 、  -───‐ 、ヽ.(  )
           ル/ / l   ー 三 r p p    r'´>''´リ>^\ ヽ_.(   )  | |      \       |      ,. -‐─- 、ヽ〉'⌒ )
             / / .| q.q/\      >' >'''´     \  >─く   | |        ヽ\  |  i         \>-<
           〃〃/ヽi  / __.\  >'´>'''´         .\.(.    )  ! l        }  ` ー|   j    __入.__   }.  )
            /\.\/ /ry\.Y´ <´               r' ⌒ヽ  ヽ ヽ      〉     |      1´  ヽ .ト、ノ-<
           /   / ,r、 ././i)>'´ヽ  \.           /.ゝ, -‐<   \\     ノノイ  |        |   |  | |ゝ ノ
          /     ./ ./  (_{_/    \  .\  .,r .、 ,r 、/ヽ,l..(    )    \ \    ノノィ |        |O .ノ .ノノ(⌒)



                         Fate/Parallel Lines - 聖杯無用 -

                          次回、最終回


                                                                    │\
                      ┌┐                          ┌┐                    ┌┐│  \
┌┐┌┐┌─┐┌─┌┐───││──────────────┌┐└┘──────────││┘    \
│││││  │|┌┘└┬─┐│└─┬──┐┌──┬─┬─┬┬┘└┬┬─┬┬┐┌┬──┬─┘│        \
│││││  │|└┐┌┤│││ │ │──││┌─┤││  │├┐┌┤│  │││││──││  │          \
│││││  │|  │└┤│││ │ │──┤│└─┤│││  ││└┤││  │└┘│──┤│  │┌┐┌┐┌┐\
│││││  │|  └─┴─┘└──┴──┘└──┴─┴┴─┘└─┴┴┴─┴──┴──┴──┘└┘└┘└┘  \
└┘└┘└─┘└──────────────────────────────────────────────丶




.


4622隔壁内の名無しさん2014/08/22(金) 01:05:59.54 ID:tk/F+69I
乙でした
和尚とアシュνちゃんの物語りもついに終幕か


4627隔壁内の名無しさん2014/08/22(金) 01:20:34.67 ID:8wus6hb3

連載開始から約二ヶ月で完結か


4629隔壁内の名無しさん2014/08/22(金) 08:54:12.45 ID:u2HNV3fF
乙ー

…というか待て、バベルの塔編、神祇省の名前があるぞ
おい、あの出るとこ出るとこやらかしてる摩を出すつもりか!
やめろ!渚君よりもヒドいプロットブレイクを食らうぞ!


関連記事
スポンサーサイト
[タグ] 楓◆92oa1lT4DTRs

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yaruowohiroiyomi.blog.fc2.com/tb.php/1714-19cd2432