やる夫はにせものの生まれた意味を知りたいようです まとめ

                     __________
                  r´ ´\                \
                  (    \   D I A R Y   \
                   \     \              \
                    \     \                 \
                      \     \                 \
                        \    \  ルーク=ヤルォン=ファブレ\
                        \    \_________\
                              \   r´=========r´
                               \ 《 三三三三三三三三三=
                              ヽゝ==========ゝ


やる夫はにせものの生まれた意味を知りたいようです

原作『TALES OF THE ABYSSテイルズ オブ ジ アビス

◆過去記事◆

プロローグ やる夫誘拐事件―やる夫が引きこもりになったわけ

 第一章 師匠暗殺?~音素にまたがってやる夫は急上昇!?

 第二章 どこだおここは? ヒッキーとメロンのぶらり旅~家を訪ねて三千里

 第三章 食料庫荒らしは誰だ? 名探偵は探し人 ~それでもやる夫はやってない

 第四章 やる夫とシェリルとシロウのチーグル観察日記 ~喋るチーグルは嫌いですか?

 第五章 クイーンは五月蝿いのがお嫌い? ~やる夫にペットが出来ました

 第六章 和平は道連れ世は情け―シェリルの派閥は好戦派? ~やる夫実は打たれ弱いとです

 第七章 守護天使がハイジャック――合言葉はYYS? ~やる夫はじめてのさつじん

 第八章 親友との再会―ストーカーはアヴェンジャー? ~やる夫の覚悟は…………

 第九章 城壁の街で待ちぼうけ―六神将は変人揃い ~やる夫は真紅の王子様?

 第十章 川の途中で待つ人と国境砦で待つ人は……… ~月夜ばかりと思うなよ

第十一章 思い出の場所は誘拐現場? 復讐のサクラと謎の譜業 ~音素の上手な使い方

第十二章 他人の空似は偶然か? 甦る罪と今の罪 ~やる夫ムウに何かされたっけ?

第十三章 蛇の道はヘヴィ? 交易の街はぶっちゃけカオス ~やる夫は英雄になるお!!

第十四章 薔薇と死神とハナタレ? ムウの幼馴染は六神将 ~カオスは続くよどこまでも

第十五章 陰謀渦巻く首都バチカル――誰が為に謁見は踊る? ~やる夫の婚約者はどんな人?

第十六章 フィアンセは思い出が大事――負けない事、投げ出さない事、逃げ出さない事、信じぬく事 ~やる夫が親善大使に!?

第十七章 親善大使の供は増え―逸る想いは誰の為 ~隣のあの子は見てみたガール?

第十八章 嵐の中で見た顔は―鏡合わせの剣合わせ ~シロウを追って砂漠を越えろ

第十九章 運命の交錯点―気づいた人、気づけない人…… ~リングに刻まれた力・第二音素

第二十章 失言は失望の種―孤独な操り人形は預言と踊る…… ~魔弾の将はシェリルの教官?

第二十一章 妄信の代償は――愚かな模造品の価値 ~やる夫は落ちて、堕ちていく

第二十二章 汚れちまったこの両手―真実の重さと現実の冷たさ ~預言を踏み外した日

第二十三章 聖なる焔の燃えカスの意地―それぞれの微妙な距離感 ~フォミクリーの生みの親

第二十四章 思い出は約束と共に―被験体の運命は…… ~ルークとルークは意外と似てる?

第二十五章 本当のめざめの時―髪で全ては変わらないけど…… ~はじめてのありがとう

第二十六章 やり直しの第一歩――名誉は無いから汚名を返上? ~本当の親友とは

第二十七章 囚われの二人を救え――再び集いし仲間たち ~やる夫のお礼は天災かお!!

第二十八章 満身創痍の守護天使――漂着したのはムウの故郷? ~フォミクリーの誕生秘話

第二十九章 森の見張りにご用心!? ―水の都への道険し ~やらない夫の本心は……

第三十章 ムウと皇帝は同級生!? ――やっぱり謁見は踊る ~やらない夫の正体は

第三十一章 過去を捨てた軍人と過去に固執する学者 ~少年は変わろうと努力する

第三十二章 新しい翼を求めて―頑固で愉快な職人の町シェリダン ~最終兵器、その名もシロウ?

第三十三章 守護天使は太陽に―落ちる前に救い出せ ~ホッホ、ありゃ愛じゃよ、愛

第三十四章 報われた努力の芽―摘めなかった戦乱の芽 ~超振動で木を紡げ

第三十五章 広がる戦火、血に染まる両手―停戦の鍵は誰の手に? ~戦場を駆る番犬と徒花

第三十六章 解かれた任務、かけられた疑惑―妄信者の倫理とは ~ラグーンに閉ざされた国境線

第三十七章 灰は人知れず焦燥す――砂漠の下で大地を降ろせ ~カガリの思いは空回る

第三十八章 魔界に落ちた戦場で―番犬と徒花は恋に落ちる ~やる夫は恋に休戦にと奔走す

第三十九章 託された短刀と指輪―その意地は誰のため…… ~民に尽くす王族たち

第四十章 捕まる貴族、奮闘する導師―もがれた翼は誰の手に ~矛盾する預言

番外編 主要キャラ解説

第四十一章 守られた約束―イツワリノ姫君の帰還 ~血筋で世界が救えるか!!

第四十二章 黒幕との再会―それぞれに悩む貴族たち ~やらない夫の亡命のススメ!?

第四十三章 闇夜の密会―右の騎士は剣を返上す ~い組の意地を突き崩せ

第四十四章 蘇える過去のトラウマ―サクラの仇と真紅のママ. ~十六年前の精神的外傷

第四十五章 広がる腐れ縁―最初で最後の共同作業!?. ~やる夫とシェリルの最終特訓

第四十六章 二人の始まりの場所―断ち切った心の鎖. ~やる夫はまだまだお坊ちゃん?

第四十七章 もう二人の始まりの約束―暁の邂逅はほろ苦く. ~守護天使最後の大仕事

第四十八章 十八年の時の重み―今のカガリに出来ること. ~首都から首都へ和平を紡げ

第四十九章 薔薇の部下は金糸の雀?――欠けた翼を取り戻せ. ~水精の都の伝道者

第五十章 けじめの和平会談―ホド消滅の真実. ~不器用な将軍の決意

 嘘予告 やる夫½

第五十一章 犠牲のもとの出発.―守護天使と惑星の中心へ ~帰ってきたら…………

第五十二章 アーチャーの素顔―惑星の中心で憎悪を叫ぶ ~ローレライとの邂逅

第五十三章 隠し切れなかった悲しみ―癒えない病に蝕まれ ~それでも先に……

第五十四章 男のロマンと譜業人形―生き残りと裏切り者 ~ほんもののミンメイの子孫

第五十五章 後悔と償いの科学者―拍子抜けの大詠師 ~挙動不審な真紅ちゃん!?

第五十六章 門外漢の天才と障気の隔離―シェリルの行方 ~クワトロの理想の世界

第五十七章 ロニール雪山の六神将―頂上付近の死 ~拷問マスタームウ!?

第五十八章 近くて遠い世界―決戦前夜の仲間達 ~それぞれの決意

サブイベント 第三のリングの力、その名もユキウイング!?

第五十九章 背中を預けられる相手―師匠との決別 ~アブソーブゲートの死闘

第六十章 仲間からの手紙――鬱な日々と空っぽの自分 ~不器用な将軍達の婚約

第六十一章 戦友達との再会―うじうじやる夫にイライラ真紅 ~閉じ込められたローレライ

第六十二章 赤枝の騎士の最期―栄光を掴む者は今…… ~彼も彼女も生きている!?

第六十三章 犯人はレプリカ兵士!?―真紅の真実 ~挙動不審の理由は

第六十四章 最期の預言――立ち塞がるレプリカたち ~シロウが解放したものは

第六十五章 悲しみの礼拝堂―すれ違いの二人 ~謎の預言士

第六十六章 ローレライの鍵―剣は被験者に宝珠は……? ~禁忌の代償

 番外編 誰が一番美味しいの? 旅の成果と元々の資質……

第六十七章 【新生ローレライ教団――預言士の正体は…… ~ペンダントの行方

第六十八章 サクラの故郷は流れ行く島―後手後手のやる夫達 ~禁忌の代償

第六十九章 衝撃の浮遊ホド―エルドラントの障壁 ~哀れな元大詠師

第七十章 女の意地、覚悟の戦い―決闘は出会いの地で ~シロウとの思い出

第七十一章 真の王女とは―歪む世界と憂う王 ~レプリカと障気の狭間で

第七十二章 七年越しの帰宅―障気を消すための犠牲 ~誤算を望む天才博士

第七十三章 バイバイジュドー―アッシュを追って天まで駆けろ ~自我を持つ者の想い

第七十四章 決断の時―やる夫とアッシュ、みんなの想い ~犠牲の果ての青い空

 嘘予告 やる夫は妹と遺跡船に難破したようです

 嘘予告 やる夫は前世を探しに行くようです

 嘘予告 やる夫とやらない子は双子のなりきりしのようです

第七十五章 やがて来る消滅の日―心の決別と新たな出会い ~約束と隠し事

第七十六章 血のつながり―残酷な事実と王女の決心 ~星の記憶を消すために

第七十七章 復活の主席総長―アブソーブゲートの死闘、再び ~さらば最愛の……

第七十八章 預言に支配された男―変わる思いと変わらぬ信念、再び ~名づけられた無垢なる者

第七十九章 大切な友に贈る譜歌――大譜歌と始祖の預言 ~戻ってきたペンダント

第八十章 本当の弟子―交じり合わない二人 ~このあともずっと…………

第八十一章 栄光の大地へ――大空の攻防戦 ~命をかけるべき相手

第八十二章 存在を賭けた戦い―『やる夫』の願い ~七番目の譜歌

第八十三章 六神将の終焉―アッシュの願いと心の行方 ~第二の超振動

最終章 届かなかった告白――誰のためでもなく…… ~再開は始まりの場所で



関連記事
スポンサーサイト
[タグ] ◆PQqFGhv9cc

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yaruowohiroiyomi.blog.fc2.com/tb.php/1496-bace7f29