やらない夫は医者をやるようです まとめ

                                      / ̄ ̄ ̄\
                                     /
                                      |
                                      |⌒  \_     |
                                     ( ● ( ● )    |
                                     ⊂⊃⊂⊃    |
                                      (_ 人_ )     |
                                       }     /  ト、
                                        `┬―"   / , ヘ、
                                          ―,<|    /  /  |\
                     V>s。           //\7{_z<   /    i   \
                      V   >s。        /  ,>/ ( ̄ 〉 \/   /    \
                      V      >s。  〈  | / | 〉7i  /   ヘ    /  ̄`┐
                      V        ∧  }   .| / |/ ' | /   /  / / / ̄ {
                       V        ∧  〉  |i  |  / /   /    / '_    /
                       V        ∧/   |   |./  / ∠ニ[]]ュ < ̄       {
                        (二⊃      ∧ ̄\|   o   //|    | }       }
                        〈 二つ     ∧> \  /  L__ j /      /
                          ゝっ       ∧フ ,  \,iヘ、―==二__/_     /
                          ヘ >s。      ∧/∠  )  }      \    /
                           代__ノ>s。___V`ーヘ'  }        \   |
                            \       } | ヘ  ̄|         \ /
                                  \    〉  |/ ∧__/_____   _」
                               ´ノー< |  |            ̄ ̄{
                                   |  |              {


やらない夫は医者をやるようです

原作 夏川草介 『神様のカルテ』

◆過去記事◆

予告編

第一話   満天の星

第一話   満天の星 その2

第一話   満天の星 その3

第一話   満天の星 その4

第一話   満天の星 その5

第二話   門出の桜

第二話   門出の桜 その2

第二話   門出の桜 その3

第二話   門出の桜 その4

第二話   門出の桜 その5

登場人物紹介

第三話   月下の雪

第三話   月下の雪 その2

第三話   月下の雪 その3

第三話   月下の雪 その4

第三話   月下の雪 その5

外伝   蒼星石は冬山に登るようです

短編   【昼間はバールで】BAR追分【夜はバー】


◆関連記事(同一作者様の別シリーズ作品)◆

【完】やる夫は浪速の商人になるようです まとめ

【昼間はバールで】BAR追分【夜はバー】 まとめ

できる夫達は百万ドルを取り返すようです 原作『百万ドルをとり返せ!』やる夫叙事詩やるやら書庫嗚呼! やる夫道

━━━COCKTAIL  STORY━━━ 原作『オキ・シロー作のショートショート作品』やる夫短編集 (,,^ー゚)<すさまじい程に!阿修羅編
スポンサーサイト
[タグ未指定]

短編 【昼間はバールで】BAR追分【夜はバー】

838◆8epcM/V4rs2015/09/20(日) 23:35:03 ID:EgE7uV3g0


         .:.:.:.:.:.:.:.、.:.:.:.:、.:.:.、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、.\
        .:.:.:.:.:.:.:.:λ.:.:.:ハ.:.:.:メ:.:.:.:.:.:.:.::.:メ:.:.:.:.,ィ:.::.:.:.ヘ\',
        .:.:.:.:.ト、/ ',.:./ ',:.:.i ':,:.:.:.:.:.:./ l:.::./ .i:.:.:.:.:.:ハ
        .:.:.:.::|し__V-=ヽ|=',:.:.:, '  |.:/  .!:λ.:.,、!
        .:.:.:.ij          V   .レ.゛ ̄!ナ.j.:ノ   スレ埋め用にひとつでっち上げてみたので、
          .:.:.| .-‐=======≧     ≦==- /
       .γ⌒v. 三三三三三       三三三 {     ゲリラ投下なぞしてみる。
       i i⌒.〉                     i
      ,八.廴                     }
          ` - ヽ                     ,     レス数が結構ギリギリなので
           ヽ          ⊂⊃     /
             > -        , <        合いの手などはご連慮いただけると幸い。
               /;;;;;;;;;;;;;;;弋 ゙ `.-, <
          /;;;;;;;;;;;;;;;/\\_ノ/ヽ;;へ
         〃;;;;;;;;;;;;;;;/   \/   ',;;;;;;;ヽ


.


[タグ未指定]

やる夫が山形城に生まれたようです 第八十段 裏切りの夜明け

278◆4SX9iJDihw★2015/09/23(水) 15:10:18 ID:???0
では投下します。



 ┏━━━━━━━━━━━━━┓
   慶長五(1600)年 七月二日
   武蔵国 江戸城
 ┗━━━━━━━━━━━━━┛



.                  {}
                 ,r'A':、
               ,r:'"/\`':.、
.         、_____,、.‐',,、_'___n,n__`_、,,`-、,_____、
.         ゙l、,!_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l,!、l゙
           |:::::::::::::::::::::::::::::n::::::::::::::::::::::::::::::|,
          ';王王王王王八王王王王王ヨ
           ]*;;r--.、;*r;"へ`':.*;;、--.、*;[
        _、,,,,,f'''*;;;^r:'",r'"' へ:'`' 、`':、^;;;*、L,,,,,.、
        ゙、=┴'ァ゙'"r'"´.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:..`'-、`'=t┴=',゙
        ゙r:''",r'"..:.:.:.:.:.:lコ:lコ:lコ:lコ.:.:.:.:.:..`';;,、` ‐!、
    ゞェェtエ゙┼┬i┬┬┬┬rハ┬┬┬┬i┬┼┬t'ェェブ
     ゙,~~i~~~~~~~~~~~~~~~~~{n}~~~~~~~~~~~~~~~~~i~~゙;┐
     「;、.|  .冂 冂  冂l:''"..へ`' .l,冂  冂 冂  .|.. .|Ti
ゝ,、,,,,、、!‐''"┬┬┬┬;、‐'":'"::: ヘ:::`:.、`‐、┬┬┬┬┬`ーf-、、ィ,
ソ;゙、ニ┴┴┴┴┴ァ'"r:'´。 ......::.. .:....... 。'‐、`'t┴┴┴┴┴=゙7
ヽゞz、:|;ヘ「]「],r'"r'´、z、r、、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. `': 、`'-.「]「] .|_,'、
Y;;ゝヾi彡〉''"r''";ヾ;ゞ::::ゞヾヽ]「バヘ,'z]「:]:.:.:.:.:.:...`''‐`、':-.、,|l l l.゙i
ソ ヽ;; i;;ゝソ ヽ;;ゝ彡ソ ヽ;;ゝゞヽi;ゞ::::ゞヾ;ヘ――――,rz、;ヘz、`''ー-、;;ソゞヘ
ヽ;;;;ゝヾiヽ;;;;ゝヾゝヾ;ゞ::::ゞヾ;iゝヾ;ゞ::::ゞヾヘソ;ミ^ゝヾ;ゞ:::ゞヾミヘtz彡ヾ;ゞ;ゞ
ヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾ
ゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ソヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾソ;;;;ゝヾ


[タグ未指定]

やる夫は戦場の日々を語るようです まとめ

                     ____________________
                     ヘ                            ` 、
                     ! ( 西部戦線 異状なし )               ヽ
                 _ ..| Im Westen nichts Neues               |
               ./゚¬‡ .|                                  |イヽ
              〆 冂 ||__卅┬┬┬┬卅┬┬┬┬卅┬┬┬┬卅┬┬┬┬卅_.斤冂
                 |..|二_________________________ニ| |
                 凵. '  ̄ `ヽ      彡∧三∧三∧三∧ ミ 、   ,. '  ̄ `ヽ凵
                 /       ',l  , 彡  丶丶ΜΜΜノ丿  ヾミ 、 /       ',
                 |、        ,'|彡 .|    ,ili丶ミ三三彡ili,     | ヾミ|、        ,'|
                 !、ヽ . _ .. ' ,'   |  /ii|||||||||||||||||||||||ii\  |.   !、ヽ . _ .. ' ,'
                  ヽ . _ . , '    _|/ii|||||||||||||||||||||||||||||||ii\|    ヽ . _ . , '
                    |    _ /. ,ii||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||ii, \ _    |
                    |  _ /     '!!|||||||||||||||||||||||||||||||||||!!'     \ _  |
                    |/        '!ll||||||||||||||||||||||||||lll!!'         \|
                    | ○            ''''''''''''''''''''''''          ○ |
                    |_____________________________|
                    |±|| 2 || 3 || 4 || 5 || 6 || 7 || 8 || 9 || ß || e || :   |
                    | .Q || W || E || R || T || Z || U || I || O || P || Ü    |
                       ○|| A || S || D || F || G || H || J || K || L || Ö || Ä .|
                     |   ○ Y || X || C || V || B || N || M || ? ||1/|| ! || ○ |
                     ├────────────────────┤
                     │                                  │
                    `────────────────────.´




                    ┏───────────────────────┓
                      この書は訴えでもなければ、告白でもないつもりだ。
            
                      ただ砲弾は逃れても、なお戦争によって破壊された、
            
                      ある世代を報告する試みに過ぎない。
                                               レマルク
                    ┗───────────────────────┛


やる夫は戦場での日々を語るようです
.
原作 エーリッヒ・マリア・レマルク 『西部戦線異状なし』

◆過去記事◆


第一話

第二話

第三話

第四話

第五話

第六話

第七話

第八話

第九話

第十話

第十一話

第十二話

第十三話

第十四話

第十五話



◆関連記事(同一作者様の別シリーズ作品)◆

やる夫で学ぶ第一次世界大戦  泳ぐやる夫シアター


[タグ未指定]

やる夫は戦場の日々を語るようです 第十五話

128◆WW.IweeeIE2015/09/18(金) 21:38:33 ID:t4ddWugY0



      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ llヽ
      | ┏─────────┓ || |
      |. .│戦場での日々を記す │ || |
      | ┗─────────┛ || |
      |                        || |
      |                        || |
      |                        || |
      |                        || |
      |                        || |
      |                        || |
      |                        || |
      |                        || |
      |_____________|| |
       ) 三三三三三三三三三三三三 )
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


.


[タグ未指定]

やらない夫は時空を越えるようです 第59話

906◆WA7v9LK4w62015/09/16(水) 20:59:52 ID:2WjD9CIM


【ラグナ城・最上部】



;';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';':':':':':':':': ' : ' : :  :               :  : : ' : ' :':':':':':':';';';';';';';';';';';';
;';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';';':':':':':':':': ' : ' : :  :          -= 、‐ 、        :  : : ' : ' :':':':':':':';';';';';';'
;';';';';';';';';';';';';';';';';';';':':':':':':':': ' : ' : :  :          /     '., ゙::,          :  : : ' : ' :':':':':':':';';'
;';';';';';';';';';';';';':':':':':':':': ' : ' : :  :            ∧      ! :.:!            :  : : ' : ' :':':':':':
;';';';';':':':':':':':': ' : ' : :  :                   ! ゝ,,   / .:.::|             :  : : ' : ' :':':
':':':': ' : ' : :  :                       ,    ̄   . ..::;/              :  : : ' : '
:' :  :        __  ,,,,........ /:`ー-イ       \:... ... .:..:.::::/                 :  : :
      r=ニ二::::::;;;;;;;;;___r‐''''"゙ :.::.:.: .: |           ` ー- ‐ ´
      ト、:.: .::...:.:..:.;::.:::.::.:.::.:..::.:.゙':..:.:: : ;|
      | :.\.:.:....::::.::.::;,::::.::..:.:::..:.::..:.:.;/:|
      | ...:.:..ヾ:.::.::.::.:::.::.::::.::.:.::..:..:. /ト、|
.        k;. :..:.::.:.:.:::::.゙'::::.:::.:::::.:::.:.::.:.,..:..: |
.        | .:.:...: :..:;.:::.:::.::::.:::.:':::.:::..:..,:. :.:.: |
 ̄""""" | .:..: :.:.::.::::.::':::::::.:::.:.;;:::.::::.:...:.: : |""""''''''''  ─── ------------───   ''''''''''''"""""゙゙゙゙゙
 .    .  .! :. :..:..::.:::.::::.:.:.:::.::.:::.::.;:.:.:..:: :. : | .    .    .      .    .      .        .
:    . .   | .:..:.: .:;:.:.:'::.::::.:::'::;,::::.::::::.:.:...: .: |.  :     :  .  .    :   .     :    .   :   .   .
. :   :  . : | : ..:..:.::.::.:::'::::.:::.::::::.:::.:::::::.:.:.: :. |. :  : .  : .  :    . . : : .   . : .  : .   : : . : : .  : .
: : : . : . : : :| : :,.:.::.:.:.:::.::::':::::.::::.:::::::':.::.::..: .. |: : : . : : : . :  : . : . . : : . : . . . : : .  : : : . : . : . : . : . : : . : .
. : . : : : . : .| .: .:.::.::.:::.::::.::::::.::::;::::.::::.:..::.:.:. : |: : : : : : . : : : . : . : : . : . : : . : : . : : : . : . : : . : . : : : : : : . : : : . : : : .
: : : : . : : : :| : :.:.::::.:.:::.::::::;;.::::.::::;:.:::.::..:..:..: : |: : : : : : . : : . : : : : : : . : : . : . : : : : . : . : : : : . : : : . : : : : . : . : : : . :
: : : : : : : : :| : :. :.:.:.::.:::;,::::.:::.::::.:::::::..::..:.:.:...: | : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : :| .:..:.:.::::.::::.:::::.:.::::::,:::::.::.::::.:.:: : : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ∠二二ユ二二二ユ二二ユニニ7''ニニ
"",,.゙"゙゙''"_,| .: :.:::.:::;::::.::::.:;.::::::::::::::::.::::.::.: .: |""'''゙" '''""'''゙゙"゙" ""゙", -----!;;:,...____:;L;;:.:.......:.:_|_.....,;;i;:...._|;;:..__
,    ..,;/:::: ̄"""'''''''''''''''''''''''''''''''''''''""" ̄ヾ;:.,. ""    "゙ ゙"  「 ̄...:,:;;;i_.......,;;|__.:i;:._.:.:::_|;;.:....,;;i;:.._|;;:.:.
   ~"゙"''''‐---- .::.::.;;;;;;;;;;;;;.::.:..:. ---‐''''""~ """゙   r‐''''"丁..;:;;; ̄.:::;;;;! ̄;;,..,:;i;;:,,. ...,:::;;|;;;:.:.:..,:;;l:;;:,;;」;;::.:..,
,.,   . : : :''' . : . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .  ,,,.,.  ""゙: : :,,, ~"゙: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :


[タグ未指定]

やらない夫が南北戦争を戦いぬくようです 第45回 【東部戦域】 両雄激突(その1)

5魚度 ◆AoyrKqDbgc2015/09/13(日) 22:00:04 ID:a8FZGpL20


┏                                                                    ┓
┃                                                                       ┃
┃                       物語の舞台は、東部戦域に戻る。                       ┃
┃                                                                       ┃
┗                                                                    ┛


.


6魚度 ◆AoyrKqDbgc2015/09/13(日) 22:00:34 ID:a8FZGpL20


ー┴ー[__] ─┴||─┴─:[__]─┴─┴─┴[__] ─┴||─┴─:[__] ─┴||─┴─:[__] ─┴||─┴
 ̄ ̄ ̄||: | :|l  ̄ ̄ || ̄ ̄ ̄ ||: | :||:: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||: | :|l  ̄ ̄ || ̄ ̄ ̄ ||: | :||::: ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ||: | :||::: ̄ ̄|| ̄ ̄
      ||: | :||: {}={}个{}.={}   ||: | :||::.: .        ||: | :||: {}={}个{}.={}   ||: | :||::. {}={}个{}.={}   ||: | :||: :.{}={}个{}.={}
      ||: | :||:  `{}={}={}´   ||: | :||::.: .        ||: | :||:  `{}={}={}´   ||: | :||:  `{}={}={}´   ||: | :||::. `{}={}={}´
      ||: | :||::.         ||: | :||::.: .        ||: | :||::. :.        ||: | :||::            ||: | :||::.
      ||: | :||::.         ||: | :||::.: .        ||: | :||::. :.        ||: | :||::            ||: | :||::.
      ||: | :||::.         ||: | :||::.: .        ||: | :||::. :.        ||: | :||::            ||: | :||::.
      ||: | :||::.         ||: | :||::.: .        ||: | :||::. :.        ||: | :||::            ||: | :||::.
      ||: | :||::.         ||: | :||::.: .        ||: | :||::. :.        ||: | :||::            ||: | :||::.
      ||: | :||::.         ||: | :||::.: .     f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ         ||: | :||::.
___||: | :||:.______||: | :||:.___  |                       | _____||: | :||:._____
ΤΤΤ||: | :||::ΤΤΤΤΤΤ||: | :||::ΤΤΤ  |        ____        | ΤΤΤΤΤ||: | :||::ΤΤΤΤΤ
|||||: | :||::||||||||: | :||::|||  |      /⌒  ⌒\       | |||||||: | :||::|||||
⊥⊥⊥||: | :||::⊥⊥⊥⊥⊥⊥||: | :||::⊥⊥⊥  |    /( ●)  (●)\      | ⊥⊥⊥⊥⊥||: | :||::⊥⊥⊥⊥⊥
──‐l二二二l:─────l二二二l:───  |   / :::⌒(__人__)⌒::::\    |  ──── l二二二l ────
                           |   |     |r┬ i      |   |
          ゚・ *:  : *・           |   \__ `ー‐' __/   |
      *・ ゜゚・ * :  .。. .。.:  *゜     |   /::::::::ハ\/Vヽ/;:i:::::::ヽ     |
   * ・゜ ゚・ *: . .。.: *・ ゜゚  ・ *  :.. |   | :::r::l::l  ハ  |:7::::::l::|     |
 。. ・ ・*:.。 ∧,,∧  .∧,,∧   .:* ・゜     |                       |
    ∧∧(´・ω・`)(´・ω・`)∧∧        乂____________ノ
   (´・ω・`).∧∧) (∧∧(´・ω・`)
   | U (´・ω・`)(´・ω・`) と ノ
    u-u (l    ) (    ノ u-u
         `u-u' `u-u'


シャーマンがジョージア州を燃やし尽くす1年前の1863年12月。

連邦議会は、ユリシーズ・グラント少将がチャタヌーガの戦いに勝利したことに対して、

ルテナン・ジェネラル
 「陸軍中将」の階級を復活して与えることを提案した。

[タグ未指定]

Coμ-the Dark Dragon and the Kind Kingdom- 58  「I am here」

1小さな名無しさん@この板は300レスまで2015/09/11(金) 19:25:03 ID:mOJ/PlRE
                         ○
                     /\
                   /   \                                _
                  /      \                         ,.....:::::::::::::::::::>、
                /         \                   ,x<::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>、
  ┌─────────────────────────── く:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>、
  | l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ト、`Y´::::::::::::::::::::::::::::::::>x:::::::::::::::::::>、
  | l ・このスレは暁WORKSから発売された                マ>仆--=ニ三:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>、
  | l  「コミュ―黒い竜と優しい王国」の              〈〉.     /才   /  ィ   ̄不>x :::::::::::::::::::r-r┬'
  | l  二次創作スレです                     〈〉.   /イ/,イ   i  jイト、!    ,仏 \ >、 ::::::::l |i l
  | l                                    〈〉.  ll/,,才 刈从`ヽ|  /ムト、____ ヽ  >、:l |i |
  | l ・原作から10年後を舞台にしているので           .〈〉∠ィ  / i/|「 ̄ Yゝィ斤 ――┬'^刈rヘj |i i|
  | l  原作の重大なネタバレがあります。ご注意を        .〈〉.  ムィ ||l 込外--マ! 込ソ  ト-仆、 ` ノ |i i|
  | l                                       〈〉      代_ ノ   弋__ ノ んソrく   ー'
  | l ・このスレはエログロ注意です                 (二`Yヽ  jirヘ、  ∩    / /rf氏丿
  | l  苦手な人は見ないほうがいいでしょう             {   仏ノ\ij_r' ≧ ー― ≦ / 人
  | l                                   l`ー' / : :く{ト、.:\  l/\ ∠ィニ ム
  | l ・やる夫スレ初心者なのでよろしくお願いします        |   / : : : : : }:〉.: :\!ニニ7l    |:::\
  | l                   ……まぁ嘘なんですけど。  ト、/.: : : : :∠イ.::::/ /   (二>、_ |:::::::::',
  | l                                   `ー――┬―匕 :l |   (   ヽ::::`ヽ:::::',
  | l                                        l:::::/ . .::l |    {    /::::::::::::::丿
  | l                                        l:::/ . :::/ /     `マニ/:::::::::::;rく
  | l                                        l/.::::::/::/ー―‐‐| lー七::’:::::::::::',
  | l                                  ___       / .:::::::i:::lー――‐| l::::::::::::::::::::::::::',
  | l                               f「 ̄1 | ̄ ̄! / .::::::::::i:::|-―-r一| l:::::::::::::::::::::::::::',
  | l______________________j Lr┴―― / .::::::::::::i ::l    i   | l :::::::::::::::::::::::::::'
  └─────────────────────ヘ_______〈 .::::::::::::::i::::ト---仆- l l:::::::::::::::::::::::::::::j
                                           `ー--、 :j::::ト--‐1|ー└┼―――七 ´
                                                  ̄ト--‐1|--‐‐|


[タグ未指定]

できない夫は一年戦争を駆け抜けるようです 68 9月第2週 その1

1384太眉 ◆BSVL8zPtdg2015/08/03(月) 21:01:20 ID:VJ67WOR6
そろそろ投下します


1385太眉 ◆BSVL8zPtdg2015/08/03(月) 21:02:23 ID:VJ67WOR6

<特殊・任務>
 連邦軍の蒼いMSの撃破

<期限>
 9月第2週目まで

<拘束期間>
 自由行動 「2」ターン消費

<依頼内容>
 北米でその出現が確認されていた連邦の蒼いMSのが最近になって
 ここ、オデッサ付近で目撃されたという情報が入ってきた。
 件の機体は我がジオン軍のみでなく友軍の連邦軍にすら攻撃を仕掛けているという。
 何の意図があっての行動かは不明であるがこれ以上の被害は容認出来ない。
 北米で撃破されたタイプのMSと同型機であることが確認されているが
 こちらは損傷が激しくブラックボックスの改修もできず終いだった。
 よって、貴君らには極力損傷を避けた状態での撃破をお願いしたい。

 未確認ではあるが、赤い目のMSとも行動を共にすることがあるという。
 十分注意してほしい。



損傷を避けるといった理由でこちらのMSの動きに制限などはつきません。

<任務達成報酬>
 名声ポイント15点






<特殊・任務>
 連邦軍の赤い目のMSの撃破

<期限>
 9月第2週目まで

<拘束期間>
 自由行動 「2」ターン消費

<依頼内容>
 北米でその出現が確認されていた連邦の赤い目のMSのが最近になって
 ここ、オデッサ付近で目撃されたという情報が入ってきた。
 赤い目のMSの性能は凄まじく、鹵獲ないし撃破に向かった友軍の悉くが返り討ちにあってしまっている。
 貴君らにはこのMSの撃破ないし鹵獲をお願いしたい。
 噂ではジオンのエースパイロット「ニムバス・シュターゼン」がこの機体の撃破に向かったが失敗したらしい。

 またこの機体を撃破しようとすると、必ずと言っていいほど蒼いMSが妨害をしに来る。
 蒼いMSはこちらの支援部隊の妨害を行ってくる。 十分注意してほしい。


<任務達成報酬>
 名声ポイント30点








<任務>
 資料映像撮影班の護衛

<期限>
 9月第2週目まで

<拘束期間>
 自由行動1ターン消費

<依頼内容>
 ミッションの概要を説明します
 今回のミッションは総帥府から派遣された資料映像撮影班の護衛です。
 彼らはルッグンに搭乗し、必要な映像の撮影を行いますのでその護衛を行ってください。
 なお、今回のミッションでは細かいプランは撮影班に一任してあります彼らの指示に従って行動してください。
 概要は以上です。総帥府は貴官の忠誠を高く評価しています。
 よいお返事を期待していますね

<任務達成報酬>
 名声ポイント5点





<任務>
 宇宙港制圧

<期限>
 9月第2週目まで

<拘束期間>
 自由行動1ターン消費

<依頼内容>
 ミッションを説明しましょう。
 今回の作戦目標は、北京基地より物資を運び出した補給隊の掃討となります
 連中はペキンから出撃した際に大量の物資を持ち出し、秘匿していた宇宙港からルナツーへ逃げ込むつもりのようです。
 ルナツーは連邦軍の宇宙における数少ない根拠地であり、
 緒戦で撃ち漏らされた連邦の航宙戦力の大部分がここに集結しているのは御存じの通りです。
 ここに物資が渡るのは重力戦線に戦力を割いている我らジオンにとって愉快とは言い難いのはお分かりでしょう?

 また、キシリア閣下はこの物資を確保し、潜水艦隊の拡充に使用する事を強く求めています。
 物資を奪取できたらそのままこちらに引き渡してください。
 ザビ家の覚えをめでたくできるまたとない機会です。そちらにとっても悪い話ではないと思いますが?

<任務達成報酬>
 名声ポイント10点





<任務>
 戦力補充

<期限>
 10月第1週目まで  ※期限まで複数回選択可能

<拘束期間>
 自由行動1ターン消費

<依頼内容>
 先のマドラス基地での防衛戦においてマドラス基地守備隊の戦力に無視できない欠損が出てしまった。
 事態はかなり逼迫している。 そこで君たちの部隊からもどうにか戦力を融通して貰えないだろうか?
 厚かましい願いだとは重々承知しているが、一考してくれると嬉しい。
 回してくれた兵士の実力に応じコチラも相応の対価を用意するつもりだ。


<任務達成報酬>
 ※マドラスへ転属させるパイロットのレベルに応じ名声点変動

 レベル10~19  → 名声点:10点
 レベル20~29  → 名声点:20点
 レベル30~39  → 名声点:30点
 レベル40~49  → 名声点:40点
 レベル50~59  → 名声点:50点
 レベル60~64  → 名声点:60点
 レベル65~69  → 名声点:70点
 レベル70~74  → 名声点:80点
 レベル75~79  → 名声点:90点






<任務>
 オデッサ基地の防衛強化

<期限>
 10月第1週目まで  ※期限まで複数回選択可能

<拘束期間>
 自由行動1ターン消費

<依頼内容>
 連邦軍のマドラス基地への襲撃における戦力の減少。
 ハワイ諸島攻略における我軍の戦力の損耗を鑑みるに、万が一オデッサ基地が連邦軍の攻撃を
 受けることになった場合は、独自の戦力で対処しなければならないだろう。
 そのため、基地内およびその周辺の防衛力の強化は急務である。
 「守るに易く攻めるに難い」の基本を貴君の類まれなる戦術眼でもって基地の改修で実践してもらいたい


<任務達成報酬>
 名声点5点

一回選択される毎にオデッサ基地で行われる戦闘に関して
戦闘勝率へ「+5%」の補正を加える。







<任務>
 哨戒任務

<期限>
 10月第1週目まで  ※期限まで複数回選択可能

<拘束期間>
 自由行動1ターン消費

<依頼内容>
 現在国境付近において連邦軍の軍事行動が活発化している。
 現在我軍は連邦の反攻に備え防衛力を強化することに全力を尽くしているが
 姑息にもその間隙をついて、我々の行動を妨害してくる連中がいる。
 一度や二度程度の嫌がらせでどうにかなる我軍ではないが、それが何度も続くと
 相手を調子に乗せてしまい実に不愉快―――厄介だ。
 貴君らには、連邦軍のネズミどもを見つけ出したら躊躇なく殲滅してもらいたい。


 遭遇成功チェック3回(確率30%)

<任務達成報酬>
 名声点5点
一回遭遇に成功毎に反攻作戦に参加する連邦軍のMS部隊が
撃破したMS分だけ減少する。









<任務>
 工作兵への支援

<期限>
 10月第1週目まで  ※期限まで複数回選択可能

<拘束期間>
 自由行動1ターン消費

<依頼内容>
 新城大佐の案により予てから現地に潜伏させていた工作員たちをいよいよ動かく時が来た。
 連邦軍の一大反攻作戦が現実味を帯びてきた現在、工作員はレジスタンスたちに対し
 軍事訓練施し各地を奔走している。 貴君らには工作員たちが出す要望に応えられる人材や物資の搬送など
 裏方の手伝いをしてもらいたい。



<任務達成報酬>
 名声点5点

一回選択される毎に反攻作戦に参加する連邦軍のMS部隊が「-5」される。






<任務>
 強化演習

<期限>
 10月第1週目まで

<拘束期間>
 自由行動「3」ターン消費

<依頼内容>
 連邦軍の反攻作戦に備え各員一層の奮励努力せよ! 以上!


 演習成功チェック5回(確率30%)

<任務達成報酬>
 演習が成功ごとに小隊長はレベル「1」上昇。
 新兵は「!1d5」のレベル上昇のダイスを振ることができる。





.


[タグ未指定]

Coμ-the Dark Dragon and the Kind Kingdom- 57  「Maria」

1◆o6x5CRersU2015/08/28(金) 22:57:13 ID:Jl7CW0IY
                         ○
                     /\
                   /   \                                _
                  /      \                         ,.....:::::::::::::::::::>、
                /         \                   ,x<::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>、
  ┌─────────────────────────── く:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>、
  | l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ト、`Y´::::::::::::::::::::::::::::::::>x:::::::::::::::::::>、
  | l ・このスレは暁WORKSから発売された                マ>仆--=ニ三:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>、
  | l  「コミュ―黒い竜と優しい王国」の              〈〉.     /才   /  ィ   ̄不>x :::::::::::::::::::r-r┬'
  | l  二次創作スレです                     〈〉.   /イ/,イ   i  jイト、!    ,仏 \ >、 ::::::::l |i l
  | l                                    〈〉.  ll/,,才 刈从`ヽ|  /ムト、____ ヽ  >、:l |i |
  | l ・原作から10年後を舞台にしているので           .〈〉∠ィ  / i/|「 ̄ Yゝィ斤 ――┬'^刈rヘj |i i|
  | l  原作の重大なネタバレがあります。ご注意を        .〈〉.  ムィ ||l 込外--マ! 込ソ  ト-仆、 ` ノ |i i|
  | l                                       〈〉      代_ ノ   弋__ ノ んソrく   ー'
  | l ・このスレはエログロ注意です                 (二`Yヽ  jirヘ、  ∩    / /rf氏丿
  | l  苦手な人は見ないほうがいいでしょう             {   仏ノ\ij_r' ≧ ー― ≦ / 人
  | l                                   l`ー' / : :く{ト、.:\  l/\ ∠ィニ ム
  | l ・やる夫スレ初心者なのでよろしくお願いします        |   / : : : : : }:〉.: :\!ニニ7l    |:::\
  | l                   ……まぁ嘘なんですけど。  ト、/.: : : : :∠イ.::::/ /   (二>、_ |:::::::::',
  | l                                   `ー――┬―匕 :l |   (   ヽ::::`ヽ:::::',
  | l                                        l:::::/ . .::l |    {    /::::::::::::::丿
  | l                                        l:::/ . :::/ /     `マニ/:::::::::::;rく
  | l                                        l/.::::::/::/ー―‐‐| lー七::’:::::::::::',
  | l                                  ___       / .:::::::i:::lー――‐| l::::::::::::::::::::::::::',
  | l                               f「 ̄1 | ̄ ̄! / .::::::::::i:::|-―-r一| l:::::::::::::::::::::::::::',
  | l______________________j Lr┴―― / .::::::::::::i ::l    i   | l :::::::::::::::::::::::::::'
  └─────────────────────ヘ_______〈 .::::::::::::::i::::ト---仆- l l:::::::::::::::::::::::::::::j
                                           `ー--、 :j::::ト--‐1|ー└┼―――七 ´
                                                  ̄ト--‐1|--‐‐|


[タグ未指定]