やる夫が光武帝になるようです まとめ

              ∩                     _  ∩  _
            i |                      j j  .i |  :! !
  i、        i |         ,,i      ____,ノノ   i |  `、丶__
  | !       __i |__       ! !     ´、,,,,-‐'´     i |     `‐--、,,,,ゝ
  | 二ニニニ---- : : ----ニニニ二, {    __,,,,,,--------' --------、,,,,,__
   ! |          i |          | i     `''''''''''~~~~ ̄ ̄i | ̄ ̄~~~~''''''''''"
   !, !       i |       ,! !        _,,,..---─'__`‐----、_
   丶,------‐;二 二;;‐-----"ノ      /,-''''" ̄ ̄   ̄ ̄'''‐‐‐;ヽ
     '''" ̄ ̄  i |   ̄ ̄''''"       i {    _,,,,,,,,..---------┘i
            i |                 | }    /, '''''''''~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´
            i |                 } |   ( (__
            i |             i' |   `‐-ニ;;-、___
            i |             i, |       ~`'''‐`ニ;;-、.._
              ∪               ∪               ~'''''‐‐、ン

  ∩     ,,-‐'二二;;‐、_      ∩    ∩         ∩
.   i└''''ニゝ j i´ ___. `i .i ∠''''''┘!    { {        .} ,ニニニ二二二ゝ
.   i | ̄   i .ニ-----ニ !    ̄`! {     `i {______,,-‐'└------、__
.   i |    || ,、_  ,,,_ ||    | |.     ~''''''''''''''''''''''''''i. i''''''''''''''''''''''''''''''~
.   i 二ニゝ | | ,! !.-、! !.|| '、ニ二. !      _,,--------' `──‐-----、
.   i |    || ! i ̄^! }. ||    | |     ,;',,'" ̄ ̄ ̄ ̄i. i ̄ ̄ ̄ ̄~""~
.   i |    || ! i  | i ! |    | |     i {  ∩     `‐ニニ二二ニヽ、
  `└---.; || i└‐┘; ! ! 、---┘,'     ! }  i |    ∩       `i !
   ~''''^~~ ∪   ̄ ̄ ∪ ~^^'''~       ! !  i |     .i |      ∩   } !
   _,,,,,,,,,,,,,,,,,,,---------、,,,,,,,,,,,,,,,,,,_     | !  i |     .i |     i ;'  } }
  `‐‐‐‐‐‐┐i''''''''''''''''''''!┌‐‐‐‐‐‐"     } i.   i |     .i .ニニニニン  |{
        .ノ,ノ      i '、            | |   ! i   ||           } !
   ,,,,--‐',ノ         `、`‐--、,,,      ∪   !_`'‐─┘`──‐--.、 ∪
   `''''' ̄           ̄~'''''"           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~^'"
やる夫が光武帝になるようです
題材『光武帝 劉秀』

◆過去記事◆

第一章   南陽豪族

第二章   王莽失政

第三章   赤眉大乱

第四章   陰麗華

第五章   愛別離苦

第六章   家族

第七章   更始帝

第八章   英雄誕生 前編

ミニ幕間一 「王莽軍百万」の実数は?

第九章   英雄誕生 後編

ミニ幕間二 「王莽軍百万」の実数は?

第十章   陰謀

第十一章  劉秀

ミニ幕間三 「王莽軍百万」の実数は?

第十二章  王莽最後

第十三章  群雄

ミニ幕間四 「王莽軍百万」の実数は?

第十四章  旅立ち

ミニ幕間五 「王莽軍百万」の実数は?

第十五章  虚像皇帝

第十六章  薄氷

第十七章  政略結婚

第十八章  烏丸突騎

第十九章  反側子自安

第二十章  長安乱脈

第二十一章 蕭王

第二十二章 火種

第二十三章 大樹将軍

第二十四章 運命 [2014/03/15]

第二十五章 義士報恩

第二十六章 更始最後

第二十七章 郭聖通

第二十八章 亀裂

第二十九章 親友

第三十章 蝗

第三十一章 司隷激震

第三十二章 赤

番外編 やる夫が姉を紹介するようです

第三十三章 南陽豪族・二

第三十四章 非情

第三十五章 卑怯

番外編 美食戦隊薔薇野郎

番外編 マジカル経歴詐称・魔女ッコ盧芳ちゃん

第三十六章 流浪

第三十七章 馬援

番外編 いろいろなやる夫

第三十八章 防壁

第三十九章 虚々実々

第四十章 疑心暗鬼

第四十一章 鏡面

第四十二章 韓信二世

第四十三章 優柔不断

第四十四章 隴西侵攻

番外編 東漢紀事 完結

第四十五章 事業再構築

第四十六章 來歙猛攻

第四十七章 病魔

第四十八章 名将帰天

第四十九章 忠臣無残

第五十章 光武中興 前編

第五十一章 光武中興 中編

第五十二章 光武中興 後編

第五十三章 性欲

第五十四章 功臣

第五十五章 後継者

番外編 酷吏

第五十六章 徴姉妹

第五十七章 猛将帰天

第五十八章 孝廉

第五十九章 緯書

第六十章 封禅

第六十一章 宦官

第六十二章 挽歌

最終章 光武帝

参考文献・年表

  あとがき  
スポンサーサイト
[タグ未指定]

やる夫が光武帝になるようです あとがき

6341 ◆r.lduuWrXE2010/07/18(日) 23:06:46 ID:nzm4Dngg

      ,. ―――-      
   /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ、.  
   /i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l:.:.ヽ. 
.  i:,イ.:.:.:..:l/-―- 、__,ヽ.:.:ヽ.   穴埋め企画
   lr:l:.:.l::.:.| '叨¨ヽ `ー-、 :j:l:.|  すこしずつ
   ik:l::::i:.:.:.| ` ー  /叨¨) :i:!| 
   `ー-、」:.:.|    ヽ   |.::::l    主要登場人物を振り返るよ!のコーナー!
     ト.N `ヽ.___´, ル_ノ
.     |. ヽ   `ニ´   
     」、 ヽ、_/        今日はこの人!
   イ´|  ヽ、__」 ヽ


6351 ◆r.lduuWrXE2010/07/18(日) 23:07:11 ID:nzm4Dngg


       , '´ ̄ ̄` ー-、                              
      /   〃" `ヽ、 \                             
     / /  ハ/     \ハヘ                          
     |i │ l |リ'´    `ヽ}_}ハ                   
     |i | 从 ●    ●l小N                             
     |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ                              
     |  i  ノ、     ノi|                               
     |  l  x>、 __, イl |                            
     |  l( ⌒ )..::::V::/ ( ⌒ )   

     朱鮪=ちゅるやさん(にょろーん ちゅるやさんより)


[タグ未指定]

やる夫が光武帝になるようです 参考文献・年表

11 ◆r.lduuWrXE2010/04/10(土) 20:20:00 ID:AswzKNMg

                  ___
                    /\:::::::::/\.
                   /:::<◎>:::<◎>:::\       ギリギリ〆れたお……
                  /::::::::⌒(__人__)⌒::::::\
                  |     ` ー'´  u   |
                  \  u   :::::     /
                  /    :::::::::::::::::::    \
                /                 \  〈〈〈 ヽ
                               (〈⊃  } }


            参考文献とか、後で書いときます。

            雑談とか、ご自由にどうぞ。


[タグ未指定]

やる夫が光武帝になるようです 最終章 光武帝

4251 ◆r.lduuWrXE2010/04/10(土) 15:05:59 ID:AswzKNMg

太古の中国
のちに黄河と呼ばれることになる河のほとりで、農業が始まった。

              ヽ \
            ./ \ \  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ∧_∧/     ̄  < エーンヤコーラ!
      (;´Д`)     i i i    \______
      /    ヽ _   i i i--、
     ./| |   | |   ̄ ̄ ̄ |:::::|.
    / \ヽ/| |       ノ__ノ..
   /   \\| |
   / /⌒\ し(メ    .i i i . .
 / /    > ) \  ノノノ
/ /     / /    .\_  ザックザック
し'     (_つ   /:::::/::...   /ヽ
          ; "ノ・ ./∴: / )i iヽ-、_へ    ,ヘ
          '',, : :―― / / i i i iヽ . ̄ ゙― ノ /
    n_    _/;    i  .ノ / /ノ-' ̄ ゙ ― 、__ノ
  _ノ 二二二、_( _Д_ ;)-ヽ_ノ-'



最初の内、人々は洪水が引いた後に残される肥えた土を利用した。
年月を経ると、川から水を引いて田畑を耕すようになる。


[タグ未指定]

やる夫が光武帝になるようです 第六十二章 挽歌

151 ◆r.lduuWrXE2010/03/28(日) 15:04:54 ID:zcjCt3DA





    年をとると、

    昔の思い出ばかり脳裏をよぎるようになる。

    それはやる夫も例外ではなかった。







[タグ未指定]

やる夫が光武帝になるようです 第六十一章 宦官

6211 ◆r.lduuWrXE2010/03/20(土) 15:04:30 ID:67gKpmC2

 /:,.:.:.:.:.(ili!l).:,::,.(ili)ヽ
 i:,イ.:.:.:.i/__,:::::;.:;」、l:j:l
 lr:l:.:.l::「 -ー   -、l::i:!   今回も、テーマに沿った進行なので
 ik:l::::i:.|    | .l:::l   一気に時間をすっとばします。
 `ー-、」    '  i_ノ
    | `ー  ̄ , '
  ,,rへ、_ ` 〔´
/l :ヽ、==゙7'r'Yヽー、_
:‘,:|‘,<'^__i__,〉,ヽ‘\
‘,>'`7┷┿┷<‘,;.ヽ


[タグ未指定]

やる夫が光武帝になるようです 第六十章 封禅

3231 ◆r.lduuWrXE2010/03/13(土) 15:03:26 ID:A9gKUR9s

前漢王朝の成帝・哀帝・平帝・劉嬰、

「新」王朝の王莽、

更始政権の更始帝。

三つの王朝と六人の君主に仕えてきた
桓譚の、最後の主君が
後漢王朝を開いたやる夫だった。


              ┏━┳┳━┓
               ∫(((哀)))∫  
                 (´Д`) 
                 .[888888]
                /::::::つ  (つ
                |::::::/-=-)::|

            /、_:;:;:;:;:;:;:;:;:;|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|   
               |:;:;:;:`:;――┼-----------{   
           /互7―- 、__|______|   
            {三,ゝ <三)   (三>  ,ノ三ヾ   
             r!ミ´ _,. .. 、   _ 、,..,_  `ヾ三ミ!   
              |{ミ' .:'イ(;;)ン'、 : ' ィ'(;;)>.:.:. }三ム  
            ゙ト{,  `三シ' .: :::.`三彡:.:.:. lシ/り   
             {j!     ,r'.: :ヘ,:.     fミ/、リ   
             `!    / `^ー '^'ヽ    liにソ   
            、  r――‐┐ ',    /朴   
               ヽ.  レ,二二ェ! ノ  イ〉ヽ、   
           ,. -‐代、`ー-―-' '  / /:.:.:.:.`ト、  
       ,. -‐/ /:.:.:.l ヽ丶 ___,' ィ´//:.:.:.:.:.:ノ /‐-
     ,  '´  〈{、'、:.:.:ヽ ヽ  ,-、 //:.:.:.:,. '´/   
 ,. '´        `ト、`ニ==ゝ‐'―'´≦ニ=‐'´_,. '′   


  ,-、           __
     \_ ___ /⌒―、ヾ
  / \/# / #  Σ| 〉 ○| ミ         へ、
    ̄ |  |#  / #.人_〉_'±ミ/       ┌―OO
  ――└ ξ_ヾ /


[タグ未指定]

やる夫が光武帝になるようです 第五十九章 緯書

551 ◆r.lduuWrXE2010/03/06(土) 15:04:37 ID:1KoyO1og


    緯書。



   ,========、、
  │            ||||
  │ ISYO NOTE.   ||||
  │   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .||||
  │ _______. ||||
  │ _______. ||||
  │ _______. ||||
  │ _______. ||||
  │ _______. ||||
  │            ||||


     「儒教の経典の一部」ということになっている、
    ようするに予言書である。

    
     正確には予言書のことを「図讖」または「讖」と呼び、
    なかでも儒教の経典と関連があるものを
    「緯書」と呼ぶが、まあ大体、「図讖」と「緯書」
    は同じものと考えてもらえばよい。


[タグ未指定]

やる夫が光武帝になるようです 第五十八章 孝廉

7361 ◆r.lduuWrXE2010/02/21(日) 15:01:56 ID:lttndVn2
それでは、投下します。


                           ':::゙':.,':., : :,..,__ : : : : : : : : : : : : :
                    ,..:-'",゙.゙-゙‐"''‐-:::゙':,゙:,;゙ .,.._゙:, : : : : : : : : : : : :
  . :                ,:,':-‐'"゙;;;;;:::;;;;;::::::::::::::::';゙. .,゙::::i::', : : : : : : : : : : :     l_  、  __i_ `` i
   :::.              ..:::::::::;;;;;:'',,::-,‐,::,,_''::::::;;;;:::',.:i;;;;'::';::゙, : : : : : : : : ,.:'゙   /"l  `i ヽ.  O|   二lニ  i  ヽ
:, _ ':::.     ,,.:-‐','.::;,::::::::::::::::::;;::::;;;;:.i.;'゙.;;;..;.゙; .゙/.;;;;;;::::::',;':,:;;;;::;:l : : : : : : ,:''゙     .  |  |    ノ   ヽ.,_ゝ  ヽ   ゙
:',':', '::   ,:‐,゙-''"゙゙::;;;;;;:::::::::::::::::::;;::;;;:::.!..',;_._.ノ〆.::::::::::::::::;:.,;゙;;;::.i : : : :,...:'゙
:::',::'゙, ':.  ,.;゙‐゙::::::::''._,.....,.';;;;;:::::::.'"'ヽ.:::''';;;;;;;:::,,,,,::::::::::::::::::::::;;:.i;;:::::.l‐‐=:゙.,
::: ',.:::', ,.゙'゙:::::::;::.,,‐:;;;''::.,゙'::、.::;;::.l  . ヽ':::::::..'' :::' ::::::::::::::::::::;;;;:.!.::::::!゙':,  '':;;;;;;;;;;:;;
: : ::',:::', ::::::::::::.,;゙.!,'::;;;:.,.!/゙:;':''::.',   ゙':,, :::::::::....   ::::::::::;;;;::.';;〆,;; ':,..;;, ':;;;;;;;;;;
: ,:''‐::;;', ::::::::::::..!‐-゙'=''゙''゙.:::;;:::::::.'i ..  . ゙.゙'':;-;,.::::::::::... ::::::;;;::::゙ i;;;;,':;..;;;,':;..;;;;;;;,':;;;;;;;
::','、-:,_゙' . ''〆:::::::::::::::::::';;'':::::::..,.l ':    :,:'゙::::゙ '‐.,,_.:::;::::...::;;:::::..',.;;;;゙:,..;;;;;,'::,.;;;;;;;;,';;;
::,゙,:゙:;.;;:::;;..;.,´     '''' ,; .::::::..;.'ー-::.....,.:'.;:::::::::::::::::゙ _:.,..;::::::;;::::..',.;;;;;;.!',.;;;;;;;,':,.;;;;;;;;;
: : ':,.:':,_::;;;',゙':.,_::...  .,   ::::.., ,;..::::::::::::::::::::::::..,....:‐,゙ '.::::';;::::::::::::..,'.;;;;;;゙;.゙:,.;;;;;;;;.',.;;;;;;
: : : :'ー:,`ー:゙.',_.:':;;;;;;;;::::::  :::..,'..;.:::::::::::::...,.=゙ -'".,.:‐"::::::::::;::::::::::..,'.;;;;;;;;;.',.;.',.;;;;;;;..':,.;;;
: : : : : :',゙゙-:.,_::::.':,.:::;;;;;:::::. :..;:;;;.:::..._,.:-'゙ __,...::‐゙.::::::;;;:::::::::::::::..,.:'.;;;;;;;;;;;;..',.;;;.':,.;;;;;;;..':,.
_ : :.,:'゙"'':,':;;.':,`ー -':,..::':;;;,:::..':.':;;;,''"゙゙゙""゙.::::::::::::;;;;;;;:'':::::::::::::,:';..;;;;;;;;;;;;;;;;;;.',.;;;;.',..;;;;;;;;;
:゙゙"゙.;;,::';;;.゙:,.;;;.',.;;;;;;;;.゙ ':,::::::';;,:::. :'':;,...:::::::::`'':::::''''".:::::::::::::...,'.;;.i..;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..',..;;;..',..;;;;;;;
:::::.゙ '-.,.;;:;;;.':,.;;;.',..;;;;;;;;..゙ ':,...:::::::::::::::':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...,'.;;;;.!....;;;;;;;;;;;;;;;;;;..',.;;;;;.',..;;;;;
::::::::::::..':.,.;;;;.゙ ',.;;.':,..;;;;;;;;;..゙.'ー:.,,,,,,,,,,,,____.....::::::::::::::::::..._,.:'゙..;;;..,!"':,...;;;;;;;;;;;;;;;;..',.;;;;;.',.;;;;
::::::::::::::::;;.゙ '‐:.,.゙:.,.;;':.,..;;;;;;;;;;;;;;;..゙'-.,..;;;;;;...゙゙'ー -----'゙..;;;;;;;;;;..;..;;;;..゙':,..;;;;;;;;;;;;;..',.;;;;;;.',.;;


[タグ未指定]

やる夫が光武帝になるようです 第五十七章 猛将帰天

3901 ◆r.lduuWrXE2010/02/14(日) 15:01:21 ID:V.Kyr4dA



    それでは、投下します。


  
           , -- 、  , -‐- 、
         ,, -'"   `V     `.、
       /               .\
     /                  ヽ
     /                        .\
    /.    /                   l   . \
  /  / ./  / ./ .l          | l |  |  l.  〉
  ∨ |  |  / .| ./ ./ l. l  .|  / / | ./| .l | ./
 .  |、. l. ./l ./ / //|.l l  ./ / /./ / l l |/
    l、 | |. l///ェ;、|/|/ //|/,,|,/,, ∠|/ / /./   ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
    l、| | -ー:ェェヮ`| //';;_-ェェ-ニ ゙|/ / |/  <                      >
     | l、l::    ̄´.::;i../ i `'' ̄    r';| /  .< 久々にワハハ                  >
    . ゙N l ::.  ....:;イ.レ'. l 、     ,l,フ ノ  .< 青眼欲しさに人殺しまでした     .>
 .    |_i"ヽ;:...:::/ ゙'''=-='''´`ヽ.  /i l"   < のが昔の俺なんだよな。今の俺は >
      .| ::゙l  ´ ヘー───.7`  ,il" .|'".    < 欲しいカードが無いから困るー! >
       .{  ::| 、  ヘ ̄ ̄ ̄/  , il   |      .<                       >
      /ト、 :|. ゙l;:  V´ ̄∨  i' ,l' ノト、      ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨
    / .| \ゝ、゙l;:  .`ー‐'´  /;;,ノ;r'" :| \
   '"   |   `''-、`'ー--─'";;-'''"   ,|   \_


[タグ未指定]