とある酒飲み達の話 まとめ

                     
                        |                        | :. \\.|   |.\\ :l  :|  :|   :|  :|   :|   :|
                      _|────────────┘::..   \\ | | \\  :|  :|  〈二二二二二二
                       |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;              /7 \      \\.|   |.\\ :|  :|   ||      ||
                       |;;;;;;;;;;;;;;;   l|  三三  <>//|l  \      \\ | | \\ ..:|   ||      ||
                       |;;;;;;;;;;;   ||==============||::..   \      \\.|   |.\\:|   ||======||====
                       |;;;;;;      ||┌─┐ 日巛□ ||::::::..    \      \\ | | \\ ||      ||
                       |;;;;      □============□::::::::::..     \      \\.|   |.\\_、    ||
                       |;;                :::::::::::::::::::::::      ...::::\      \\ | | \:」二二二二二
                       |            .<二二二> <二二二> <二二\      \\.|   | l  :|   :|   :|
                       |         ...::::::| :l :l :l :l.:| | :l :l :l :l.:| | :l :l :l :l゙\      \\ | l  :|   :|   :|
                       ̄|_______.::::〈 ̄ ̄ ̄_〉〈 ̄ ̄ ̄_〉〈 ̄ ̄. ,. -‐==、、  \\.l_:|__:|__:|_
                      _|::.. 「 ̄ ̄|     | :l :l :l :l.:| | :l :l :l :l.:| | :l :l :l :.lf^k   :::i-‐==、、..
                          ,.|__:|___.、 「 ̄| ´ `. ,. ===、、     / l(^l  .:::!    :::ト、
                         (___ ___) |  i|.  _,/      `ヾ´´`ヽl  l(^i  :::i    :::ト、\
                          |l ̄ "l|||      rー─i| //      .::::/  :::,| ノ ...._:::|    :::|ス. ',
                           __||__  |! ̄`l|././       .::::/   :ク´ ̄゛''、、`)  __ ....._::::|} ヽ l-、
                             ` ̄ ̄ ̄´    ..,ィク ,'..__    .::::/   /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:| :l '´   `)'`ヽ ヾ;\
                                  /::{゙ ヽ、 ``丶、;/‐‐ /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/  `'::─‐-<_   } . /;:::::\
                                /::::::::!   ,>---‐'゙ー /;:;:;:;:';:;:;:;:;:/_ ..... _::::|} ヽ l-、 |l::ヽ /;';';';';::::\
                                   /|::::::;';';'\/} (ヽ、 /';';';';';:;:;:;:;:/    `)'`ヽ ヾ; ヾー'´;';';';';';';';';:: /ヽ、

とある酒飲み達の話

 題材『中世フランスを中心にして人々の間で語られた 民話・俗話・昔話』


◆過去記事◆

導入編

一週目

第一話   ロックは斯く語る  『ラテン語を喋る戸棚』

第二話   シロジロは斯く語る  『神様のお返し』

第三話   モリーチカは斯く語る  『王の試練』

第四話   ロレンスは斯く語る  『我らが聖遺物』

第五話   トルネコは斯く語る  『ネギの葉』

第六話   モグロは斯く語る『四つの願い』

第七話   アズラエルは斯く語る『口にしたくない名前』

二週目 『亡霊』
 
第八話   モグロは斯く語る『骨笛』

第九話   モリーチカは斯く語る『婚約者の訪問』

第十話   ロレンスは斯く語る『青髭の花嫁』

第十一話  ロックは斯く語る『不実の報い』

第十二話  シロジロは斯く語る『ブールの球』

第十三話  アズラエルは斯く語る『天国がほしい』

第十四話  トルネコは斯く語る『金の髪』

三週目
 
第十五話  ロックは斯く語る『神託の子』

第十六話  アズラエルは斯く語る『朝から夕方まで』

第十七話  シロジロは斯く語る『本当の利口者』

第十八話  ロレンスは斯く語る『都会人になりたい』

第十九話  トルネコは斯く語る『薔薇色の泉の水』

スポンサーサイト
[タグ未指定]

とある酒飲み達の話 商人トルネコは斯く語る 三周目『薔薇色の泉の水』

285◆fkZ3R9WM0A2017/08/12(土) 21:07:36 ID:HG8aBiPA

.,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;


 ____     _   ____     _
..Lr┐ !  ,ノ /  Lr┐ !  ,ノ /
  くノ  └1_|     くノ  └1_|
  |                _,n_00  _n__   _,n_00  _n__.|  :|   :|  :|   :|   :|
_|─────── └l n |   └i┌z」 └l n |   └i┌z」  O O O   O O O
 |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;         .U U     U     U U     U  :|  :|   ||      ||
 |;;;;;;;;;;;;;;;   l|  三三  <>//|l  \      \\ | | \\ ..:|   ||      ||
 |;;;;;;;;;;;   ||==============||::..   \      \\.|   |.\\:|   ||======||====
 |;;;;;;      ||┌─┐ 日巛□ ||::::::..    \      \\ | | \\ ||      ||
 |;;;;      □============□::::::::::..     \      \\.|   |.\\_、    ||
 |;;                :::::::::::::::::::::::      ...::::\      \\ | | \:」二二二二二
 |            .<二二二> <二二二> <二二\      \\.|   | l  :|   :|   :|
 |         ...::::::| :l :l :l :l.:| | :l :l :l :l.:| | :l :l :l :l゙\      \\ | l  :|   :|   :|
 ̄|_______.::::〈 ̄ ̄ ̄_〉〈 ̄ ̄ ̄_〉〈 ̄ ̄ ̄_〉_:\      \\.l_:|__:|__:|_
_|::.. 「 ̄ ̄|     | :l :l :l :l.:| | :l :l :l :l.:| | :l :l :l :l.:|  ̄.\___\_」
    ,.|__:|___.、 「 ̄| ´ ` ̄ ̄ ̄´ ` ̄ ̄ ̄´
   (___ ___) |  i|      (  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ )
    |l ̄ "l|||      rー─i|       ` ̄ ̄`||´ ̄ ̄´
     __||__  |! ̄`l|         __||__
       ` ̄ ̄ ̄´                  ` ̄ ̄ ̄´






       ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
    <                                      >
    <             乾杯ッ!!!               >
    <                                      >
       ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨
                          ,. -‐==、、       _,n_         __
             ,. ===、、 o   ○o.  i       :::ト、    └l n |   ,⊆.己 └┘/7   [][]「l
           _,/      `ヾ´´`ヽ、 ゚ .l       :::ト、\   ....U U   `フ_厂   <ノ     くノ
           //      .::::/  :::::!===l      :::|ス. ',
             /./       .::::/   ::::l    |  __ ..... _::::|} ヽ l-、
.           ,ィク ,'..__    .::::/    ::::l    :l '´    `)'`ヽ ヾ;\
       /::{゙ ヽ、 ``丶、;/‐‐- 、::::l     `'::┬‐--<_   } ./;:::::\
     /::::::::!   ,>---‐'゙ー- ...__)イ ,. -‐‐-、ト、   |l::ヽ /;';';';';::::\
.     /|::::::;';';'\/} (ヽ、  _/|   (´    _,.ィ!::ヽ.  ヾー'´;';';';';';';';';:: /ヽ、
   / ,ノ:::;';';';';';';';';'/  /ヽ、二ニ-イ   ヾT ¨´ ,/;';';::`、. \';';';';';';';';';';〈::...
. /  i::;';';';';';';';';';'/ ,イ.:::::::::::::::::: !    ヽ`ー‐'";';';';';';';ヽ   \';';';';';';';';';!:::::


.,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;


[タグ未指定]

とある酒飲み達の話 商人ロレンスは斯く語る 三周目『都会人になりたい』

201◆fkZ3R9WM0A2017/08/06(日) 21:02:07 ID:wYfHG7PA

.,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;


 ____     _   ____     _
..Lr┐ !  ,ノ /  Lr┐ !  ,ノ /
  くノ  └1_|     くノ  └1_|
  |                _,n_00  _n__   _,n_00  _n__.|  :|   :|  :|   :|   :|
_|─────── └l n |   └i┌z」 └l n |   └i┌z」  O O O   O O O
 |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;         .U U     U     U U     U  :|  :|   ||      ||
 |;;;;;;;;;;;;;;;   l|  三三  <>//|l  \      \\ | | \\ ..:|   ||      ||
 |;;;;;;;;;;;   ||==============||::..   \      \\.|   |.\\:|   ||======||====
 |;;;;;;      ||┌─┐ 日巛□ ||::::::..    \      \\ | | \\ ||      ||
 |;;;;      □============□::::::::::..     \      \\.|   |.\\_、    ||
 |;;                :::::::::::::::::::::::      ...::::\      \\ | | \:」二二二二二
 |            .<二二二> <二二二> <二二\      \\.|   | l  :|   :|   :|
 |         ...::::::| :l :l :l :l.:| | :l :l :l :l.:| | :l :l :l :l゙\      \\ | l  :|   :|   :|
 ̄|_______.::::〈 ̄ ̄ ̄_〉〈 ̄ ̄ ̄_〉〈 ̄ ̄ ̄_〉_:\      \\.l_:|__:|__:|_
_|::.. 「 ̄ ̄|     | :l :l :l :l.:| | :l :l :l :l.:| | :l :l :l :l.:|  ̄.\___\_」
    ,.|__:|___.、 「 ̄| ´ ` ̄ ̄ ̄´ ` ̄ ̄ ̄´
   (___ ___) |  i|      (  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ )
    |l ̄ "l|||      rー─i|       ` ̄ ̄`||´ ̄ ̄´
     __||__  |! ̄`l|         __||__
       ` ̄ ̄ ̄´                  ` ̄ ̄ ̄´






       ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
    <                                      >
    <             乾杯ッ!!!               >
    <                                      >
       ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨
                          ,. -‐==、、       _,n_         __
             ,. ===、、 o   ○o.  i       :::ト、    └l n |   ,⊆.己 └┘/7   [][]「l
           _,/      `ヾ´´`ヽ、 ゚ .l       :::ト、\   ....U U   `フ_厂   <ノ     くノ
           //      .::::/  :::::!===l      :::|ス. ',
             /./       .::::/   ::::l    |  __ ..... _::::|} ヽ l-、
.           ,ィク ,'..__    .::::/    ::::l    :l '´    `)'`ヽ ヾ;\
       /::{゙ ヽ、 ``丶、;/‐‐- 、::::l     `'::┬‐--<_   } ./;:::::\
     /::::::::!   ,>---‐'゙ー- ...__)イ ,. -‐‐-、ト、   |l::ヽ /;';';';';::::\
.     /|::::::;';';'\/} (ヽ、  _/|   (´    _,.ィ!::ヽ.  ヾー'´;';';';';';';';';:: /ヽ、
   / ,ノ:::;';';';';';';';';'/  /ヽ、二ニ-イ   ヾT ¨´ ,/;';';::`、. \';';';';';';';';';';〈::...
. /  i::;';';';';';';';';';'/ ,イ.:::::::::::::::::: !    ヽ`ー‐'";';';';';';';ヽ   \';';';';';';';';';!:::::


.,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;


[タグ未指定]

とある酒飲み達の話 商人シロジロは斯く語る 三周目『本当の利口者』

134◆fkZ3R9WM0A2017/08/02(水) 21:34:05 ID:90C1DYdk

.,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;


 ____     _   ____     _
..Lr┐ !  ,ノ /  Lr┐ !  ,ノ /
  くノ  └1_|     くノ  └1_|
  |                _,n_00  _n__   _,n_00  _n__.|  :|   :|  :|   :|   :|
_|─────── └l n |   └i┌z」 └l n |   └i┌z」  O O O   O O O
 |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;         .U U     U     U U     U  :|  :|   ||      ||
 |;;;;;;;;;;;;;;;   l|  三三  <>//|l  \      \\ | | \\ ..:|   ||      ||
 |;;;;;;;;;;;   ||==============||::..   \      \\.|   |.\\:|   ||======||====
 |;;;;;;      ||┌─┐ 日巛□ ||::::::..    \      \\ | | \\ ||      ||
 |;;;;      □============□::::::::::..     \      \\.|   |.\\_、    ||
 |;;                :::::::::::::::::::::::      ...::::\      \\ | | \:」二二二二二
 |            .<二二二> <二二二> <二二\      \\.|   | l  :|   :|   :|
 |         ...::::::| :l :l :l :l.:| | :l :l :l :l.:| | :l :l :l :l゙\      \\ | l  :|   :|   :|
 ̄|_______.::::〈 ̄ ̄ ̄_〉〈 ̄ ̄ ̄_〉〈 ̄ ̄ ̄_〉_:\      \\.l_:|__:|__:|_
_|::.. 「 ̄ ̄|     | :l :l :l :l.:| | :l :l :l :l.:| | :l :l :l :l.:|  ̄.\___\_」
    ,.|__:|___.、 「 ̄| ´ ` ̄ ̄ ̄´ ` ̄ ̄ ̄´
   (___ ___) |  i|      (  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ )
    |l ̄ "l|||      rー─i|       ` ̄ ̄`||´ ̄ ̄´
     __||__  |! ̄`l|         __||__
       ` ̄ ̄ ̄´                  ` ̄ ̄ ̄´






       ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
    <                                      >
    <             乾杯ッ!!!               >
    <                                      >
       ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨
                          ,. -‐==、、       _,n_         __
             ,. ===、、 o   ○o.  i       :::ト、    └l n |   ,⊆.己 └┘/7   [][]「l
           _,/      `ヾ´´`ヽ、 ゚ .l       :::ト、\   ....U U   `フ_厂   <ノ     くノ
           //      .::::/  :::::!===l      :::|ス. ',
             /./       .::::/   ::::l    |  __ ..... _::::|} ヽ l-、
.           ,ィク ,'..__    .::::/    ::::l    :l '´    `)'`ヽ ヾ;\
       /::{゙ ヽ、 ``丶、;/‐‐- 、::::l     `'::┬‐--<_   } ./;:::::\
     /::::::::!   ,>---‐'゙ー- ...__)イ ,. -‐‐-、ト、   |l::ヽ /;';';';';::::\
.     /|::::::;';';'\/} (ヽ、  _/|   (´    _,.ィ!::ヽ.  ヾー'´;';';';';';';';';:: /ヽ、
   / ,ノ:::;';';';';';';';';'/  /ヽ、二ニ-イ   ヾT ¨´ ,/;';';::`、. \';';';';';';';';';';〈::...
. /  i::;';';';';';';';';';'/ ,イ.:::::::::::::::::: !    ヽ`ー‐'";';';';';';';ヽ   \';';';';';';';';';!:::::


.,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;;#..,::;;


[タグ未指定]

やる夫が山形城に生まれたようです まとめ

                                   ,ー;
                   _             //
  __、              _廴ハ,,,,   ,-、       //
      ̄== == ‐- _     (___    ̄ ̄r_;ミミミッ 夊/
                 ̄==、ヽ、_ ̄ニ=ェ  ミミミチ兜/戌ヽ、
                       ̄= ̄\  ゛弍ニェ (● ●) ̄ハ
                      ̄(,r'\_,,...-‐ ミェ(人__)ノハ=ヽ
      .r─ー--‐ー-、__           ̄/::::::::::.:.:.:ミェ`‐'___直垂气         「 義光公―――
   / ̄ゝー――ヾ、:::::::::`'ー-、/´ ̄ ̄'''":::::::::::::::.:.:.:.:.:.ミ〈_j_j_ノ≡甲ノ
   (:::::::::)  / ̄\\::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:     ====ll=============         ―――例の鉄棒提真先に進給ふ 」
   ゙ ̄゛ ./ /^\::\ヘ:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.       ァ⌒マ圭圭气
      )  ゝ    \::\::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.__    /´ /;;;;寸三圭ヘ _
      |:::::/     \:::::::::::.:.:.:.:.:.:.:..:.:.(  (ー--'′ /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ :.:ヽ
      ゙ ̄       `ー、:::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ \___/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ              『最上記 地本』より
                  \::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、__/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::)  ,ィ⌒ヽ、
                    77\:::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄ ̄`:::::::::::::::::::::::::::::ノ ̄;;;;;;;;;;;;;;;`、
                    / `ー\:::::::::::::::::::::::〈:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/´\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ハ
                   `ー――'`ー‐-ォ:::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ   入;;;;;;;;;;;;;;;;;ハ
                            ノ::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::ノ´       ヘ;;;;;;;;;;;;:ハ
                        (::::::::::::::::::::__):::::::::::::.ン´        (;;;;;;;;;;;;;ハ
                         マ:::::::::::::::廴 ):::::::::::::く         {;;;;;;;;;;;;;(_
                          \:::::::::::::/::::::::::::::::::)         ヘ、;;;;;;;;;;;;;;;⌒`、_
                              /´::::::/:::::::::_,,.-‐''"           `ー--‐‐‐-、_彡

やる夫が山形城に生まれたようです

題材『最上義光もがみ よしあき


◆過去記事◆

第一段   羽州探題 最上義守

第二段   戦のならい

第三段   高湯遭難

番外編一  なぜ和歌がえらいのか?

第四段   立石寺より来る

第五段   水の街道

第六段   乱世京洛

第七段   転機と起点

第八段   再度の崩壊

第九段   そえぞれの憂鬱

第十段   ふたりの新時代

第十一段  彼を取り巻く人々

番外編二  山科言継のたそがれ

第十二段  台頭、胎動

第十三段  信じ切れる人

第十四段  天正最上の乱 (前)

第十五段  天正最上の乱 (中)

第十六段  天正最上の乱 (後)

第十七段  次に来るもの

第十八段  威権錯綜

第十九段  挫折の先

第二十段  血統、流血、血統

第二十一段 禍福縄のごとし

第二十二段 昨日の敵と今日の敵

第二十三段 攻防反転

第二十四段 道、通ず

番外編三  最上やる夫の悪謀

第二十五段 乱世に掛ける橋

第二十六段 千里を走る

第二十七段 狂想曲は突然に

第二十八段 天正十二年 (前)

第二十九段 天正十二年 (後)

第三十段 今そこにある悲劇

第三十一段 決裂の秋

第三十二段 奥羽隔つ流れ

第三十三段 奥羽逐鹿

番外編四 ローカル軍記物語の世界

第三十四段 峠の攻防 (前)

第三十五段 峠の攻防 (後)

番外編五 政宗が親戚紹介を試みるようです

第三十六段 統一さるべし

第三十七段 走れ走れ 進め進め

番外編六 沙耶が奥州探題の歴史を学びます

第三十八段 失墜のふちから

第三十九段 大崎合戦

第四十段 春がくる

登場人物紹介 最上な仲間たち

第四十一段 春がくる

第四十二段 親愛または陰謀

第四十三段 北へ、北へ、北へ

第四十四段 十五里ヶ原

第四十五段 あずまの群像

第四十六段 秀吉裁き

第四十七段 その時、迫る

第四十八段 統一の時

番外編七 彼らがあのネタについて雑談するようです

第四十九段 宇都宮御仕置

第五十段 寄り来る波

第五十一段 楯突く人々

第五十二段 謀議、都を目指す

第五十三段 天下在るところ

第五十四段 次なる相克

第五十五段 終わり、始まり

第五十六段 抵抗の行方

第五十七段 火種

第五十八段 誓いのことば

第五十九段 西部戦線異状ナシ

第六十段 後方のひとびと



第六十一段 治乱同舟

第六十二段 英雄失国

番外編八 納涼企画

第六十三段 帰ろうか、帰ろうよ

第六十四段 羽州再乱

第六十五段 正夢

第六十六段 唯独

第六十七段 秀次事件

第六十八段 殺戮

第六十九段 誰そ彼

第七十段 動揺の日

第七十一段 どこへいく

第七十二段 足音

第七十三段 天下の終わり

第七十四段 狐狸の都

第七十五段 去る者、追う者

第七十六段 助走区間

第七十七段 家康台頭

第七十八段 そして決裂へ

番外編九 「直江状」について

第七十九段 しばしの別れ

第八十段 裏切りの夜明け

第八十一段 鐘を鳴らすのはあなた

第八十二段 ちぐはぐ行軍歌

第八十三段 開戦

第八十四段 焦点の地

第八十五段 動転

第八十六段 未明の戦い

第八十七段 横槍

第八十八段 長谷堂城の戦い

第八十九段 追い討ち

小ネタ

番外編十 最上御陣さ行ったんだど

第九十段 奔流逆巻き

第九十一段 平定へ

第九十二段 天下呑分の盃

第九十三段 山形藩、誕生

第九十四段 継承



[タグ未指定]

やる夫が山形城に生まれたようです 第九十四段 継承

275◆4SX9iJDihw★2017/08/15(火) 21:31:03 ID:???0

           │.          前田利長     金沢/百十九万石
       、_  _│.          結城秀康     北庄/六十七万石
     ィ-‐ ` Y <__        伊達政宗     仙台/六十二万石
 _≦―'´__ _二z<_.       蒲生秀行     会津/六十万石
  >ヾ  ̄, -‐ ´ ̄`┴<.       最上義光     山形/五十七万石
<戈、 Y  /        \..   小早川秀秋..   岡山/五十五万石
. >{ /   l, 、 ,  ,l_   、  丶   .島津忠恒     鹿児島/五十五万石
 | ゝ{   l`寸寸T ハT寸7 } , l   黒田長政     名島/五十二万石
. ∨ヾハ ∨ゝ (●) (●)|ハ| 。.加藤清正     熊本/五十二万石
.   ヽヾi∨|     ,   |´   / 池田輝政     姫路/五十二万石
    ヽヽT、,_  ―  _ ノ   /
        / lヽ介/lヽ、 ,rE)
.        | | ~ヾ/~ |. ソ◇'
       | |  ゚|  |\/____E[]ヨ______________
     _ | |  ゚|  |__
     |\  ̄ヽ⌒ヽ⌒ヽ \
     |\\  ⌒  ⌒ 甘 \
     |  \| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|


[タグ未指定]

やる夫は彼女と「終わり」に立ち向かうようです まとめ

                          |            |
                          |i            i|
                          |li         l|
                          | i        il|
                          | li         ill|
                          | li        .illl|
                          ! :ト、. ゝ、     / ll l
                           |L|||liX、 l|=-l|‐'l| ,イl 」|
                           L三二=ィL..仆、」.ニ二」
                          ||||| ,ィ|!!!!!!!!!!!!!} |lll|
                           ̄レ7/|||||||||||||||V ̄
                          |、///l !!|||||||!!!|ヘV|
                          |,゙///l : !!||||!! :|ヘヘ|
                          7///l____|ヘヘ|
                           7'//l_門_ll_門|ヘ「
                               ¨|イl||''元'll_門|ヘ|
                             |||||| ∪゙|| ̄:||||
                             ||!!!| : ||  :||||
                            /| /| l |l l |ヘヘ
                               / ../.゙| l |l | |: ヘヘ
                             ∠t∠t土〈}.土.{〉Lニゝゝ
                           | |||| |  |  |||| |
                           | |||| |∧|  |||| |
                         |L.| |||| || :||  門 | 」|
                         L」| ||||ィ====ァ|||| |i_」
                         | :|| |||| |∧|  |||| | |
                          「 ̄'|||| || :||  |||| | |
                          l__ト‐r====x―tL_|_,」
                          |_  l | r‐i | ̄||||| :|
                          |   l | l | |  ||||| :|
                          |   l | l | |  ||||| :|
                          |   l | r==x..|  ||||| :|
        .□□□   □□□□   ■■.   l | l | |  ||||| :|/|
        .□    □       □  ■    ■. r===冊====t==/_|,_|
        .□□□   □□□□  ■■■■..| | |l|l| |  |  l | :|
        .□             □  ■    ■..| | |l|l| |  レ=,l | :|
        .□       □□□□  ■    ■..| | |l|l| |  |iiiil | :Fi
      .─────────────────..!lll| |  「「「,.ィ=、.|
        .P e r s o n a 3 : A l t e r n a t i v e |,.ィ⌒`ヾニ彡´⌒ー¨L_
      .─────────────────   彡ィァ     >'
                       | | ̄「ノ   イ三シ´  ___>''
                        |L| | r'   rイ三シ  ,/イ|||| l !
                        lー| |ヾリ    彡'  Y=ィ''γrzx、」|
                      |「|γ´  彡イ ィ仁i ,.ィ彡三 リ:|
      i  i. .i i             |/  _彡’/ィ彡/彡’zzr=’」
      |i |i i| |              /   ´   /ーィ彡’    .リ || ||
      |∪゙∪゙i|           /      ィ=イ77=r三三シ||| || ||


やる夫は彼女と「終わり」に立ち向かうようです

原作『ペルソナ3ポータブル』



◆過去記事◆

予告編

第1話 そして時が動き出す

第2話  真夜中の迷宮

閑話  お手上げ侍!

嘘予告  ペルソナ-アンリミテッド・ソウル-

第3話  夜を駆ける 前編

第3話  夜を駆ける 後編

第4話  ラーメン、4人目、怪談

第5話  わたしにできること 前編

第5話  わたしにできること 後編

番外編 監視カメラは見ていた

嘘予告  やらない夫は霧を晴らすようです

番外編  マヨナカシネマシャッフル

第6話  疑問と回答 前編

第6話  疑問と回答 中編

第6話  疑問と回答 後編

第7話  夏の日差しの下 前編

第7話  夏の日差しの下 中編

第7話  夏の日差しの下 後編

第8話  空っぽの音 前編

第8話  空っぽの音 中編

第8話  空っぽの音 後編

第9話 残照 前編

番外編 月光館学園巌戸台分寮殺人未遂事件

第9話 残照 後編

第10話 毒の花 前編

第10話 毒の花 中編

第10話 毒の花 後編




[タグ未指定]

やる夫は彼女と「終わり」に立ち向かうようです 第14話  時よ、止まれ 後編

843◆2GmnOgJb6o2017/08/06(Sun) 21:01:13 ID:ed2ca2cc

  l:|iTi|TTi | |=〔_〕           ,/| ̄\/」|  /\ ̄ ̄ | / |__| |  ,。s≦       |    |
  l:| ̄| ̄`'| |─冂          _,| :|¨¨¨l/|¨| /::/ `|¨¨¨:| | | :| | | jI。s≦          |    |
  l:|  |___ | | ̄凵      /´| |´|¨~| l/| :| /::/  ,|   | | |_」斗 '"           _|__|
_l:|  |¨:|`'| |ニニ」        |  ]| | :| i| l/| :|.¨丁,.イ|   | |_j         _ -  ̄   :|
=:=:|  |‐:|.._| |]| 冂     |/ | |¨|立==「i| :| ||| | _|_|    __ -  ̄   _ -  ̄ |
  |_| | |_| |__|┘    イ   l |_」[] |''"|::| :|  l_」⊥ |'⌒ヽ ̄|__ -  ̄   _,、r''"´   _,⊥
i]i]|Π| | | |¨|:|^T    「|'´|¨:l ||_⊥-|''|_」 - ''"|  | _|_,,⊥-─   ̄_⊥-‐  ゙ ̄|  |
 ̄丁¨丁 ̄Ⅵ_|:|T′ ../| | | |ー|┤|_」__,||    |癶|¨¨~丁L -‐=冖'T¨|-‐rr¬冖T¨|  |
  |: : :||   :| |:|:| ト., r:|_| |[| |=i|ー|::|└:┬||___/  \  |   ||:::::::| | | |  ||   _||_i|  |
¨¨| : ||¨二|」」」_|: :〕iト| |_| |ィiニi|ニ|::| l¨:|丁L__∠___\|丕_||:::::::| | | |  ||    |___i|  |
  |:: : ||//¨¨¨¨¨ヽ」⊥| |_|_|::||::|||::| l |┴:::||_|_||: |   |弖 ||__,x=x| | |  ||__,, || i|  |
__,,| ||_|TニTTニニTi  ⌒ ー└⊥||::| ̄,,,|ニニ||_| *※*|   | |  ̄ |  || | |  ||  :|| || i|  |
__,,| ||_{ニニニニニニニ}|    ⌒ ー L|==|_|ニニ||TTT「冂xXXXX|___|  ||_| |  ||  :|| || i|  |
i||/||| ||_凵 ̄ ̄ ̄凵 |        ⌒ ー _  r些些‰‰‰‰i|o゚|il|  || | |  ||_____|| ||‐|.._|
i||/||| ||      | .| |            ⌒ ー _└L二二二⊥⊥|_||_|_..⊥=._|| _,,,||]||_i|  |
i||/|||_||       |  | |                ⌒ ー ``~、、 ̄         || ̄| || || :|  |
:||‐||/       |  :| |                    ⌒ ー _``~、、   < ̄ ̄ >└ _|__
() () _‐_‐_‐_‐_ー_| : : |‐|‐_          _            ⌒ ー _``~、、 ̄
ー_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_| :.::.:|ニ|‐_        (:::::::::::::::::::)              ⌒ ー _``~、、
‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐|: : :|ニ|‐_        `¨¨¨¨¨´                  <⌒ ー _``~、、
‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_|: : : :|ニ|‐__                                  ̄ ̄``~、、
‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_|: : |ニ|‐_‐_
‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_|: : |ニTiiiiiiiiiiiiii



__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
        i 廴....、  _/ 、 ゛ ┐|       ヽ.ィヽヽ lノ `/ 八  |
       r''リ-、 `'、 '''´   、 ナ |  ..      ヘ\_|   i   lソ
       ヽ|¦ `'ン' ,,....-=" -∥         ヘ     ゝニ,'′
        ヽ┘ / `''''´ヽ、 ! -,,. !i   .        ヘ'    !              ___
        ヽ.ィヽヽ lノ `/ 八  |           ヘ    i             く,ニ !   [][]「l
          ヘ\_|   i   lソ             ゝ、,, -             くノ    くノ
            ヘ     ゝニ,'′ ....          / ̄‐ -l
             ヘ'    !               _ムユ 、  〕 :::::                       ___
              ヘ    i    .....        ..く- ∟..l/ ::;;::::                     く,ニ !   [][]「l
               ゝ、,, -                                             くノ    くノ
               / ̄‐ -l
              _ムユ 、  〕 ::;.:
             ..く- ∟..l/ ::;;;:
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━




[タグ未指定]

やる夫は彼女と「終わり」に立ち向かうようです 第14話  時よ、止まれ 前編

723◆2GmnOgJb6o2017/07/10(Mon) 22:00:31 ID:d0b62bd0
━━━━━━━━━━━
   2009年7月25日
  ラーメン屋はがくれ
━━━━━━━━━━━
:::|  | :| | :| | :| |¨:|Τi..┬=ニ=─      |`'< ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~:|::|   :|::::::|__| _」斗r≦⌒::::::::::::::
:::|  | :| | :| | :| | |::| :| | | ||  |┬┐   |  |≧=‐:┬──────,ヘ‐::| ̄|||::|‐─┘_-=¨ ̄:::::::::::::::::::::::::::_,,..
:::|  |_,| |_,| | ,| | |::| :| | | ||  |││   |  |/¨∨:::|     __| ̄|/_Ⅵ_|||::|_,,|::|i‐┬───── ''  ̄
¬=─-- 二_┘|_,| |_|_||  |⊥⊥   |  |/ ̄'.:: |    |_| |_||  | /_Ⅷ|=:||::|=:|::|::::::|
               ̄  |││   |  | | ̄ ̄|        ̄    .|::| ||::| |::|::::::|             |
                  |└┘   |  |_|__|________|::|_,,||::|_,,|::|::::::| __rー-ミ、__   |三三三
                  |       |  |i:i:i:i:i:i:i:i:i:ィニr‐ュ、i:i:i:i:i:マニニニム≧s。廴|::|::::::| |ー{≧==≦「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.              __ -=ニ|ニニニニニ:|ィi〔|zzzュ‐‐‐ァi:i|:::::|─‐_‐__‐───「」i:i:トミ ̄ ̄ゝ-ゝ|三三三|ニニニニヲ_
        _,,. -=ニl ̄ |i:i:i:i:i:|i:rzzzュi:i:|i:i:i:i|:|:|:|:|┬イ ̄|ーr┬:|:|:|:l:|┬rzzzzzz(_)|、i:i:i| |≧s。  ゝ-_--' 弋ニニニ乂__
   _ -ニ「i:i:i:i:i:||i:i:|_口_|─‐┴┴┴‐ァ|i:i:i:i|::::::::|フ    | r气‐ |:::::_:|__|_|_|_|_|\s。`|二T Ti:i:i:⌒≧s。  `¨¨´乂__
≦ ||i:i:i:i:i:i:||i:i:i:i:i:i||≦:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_,.。s1|i:|i:i:i:i|| ̄||v,    ∨:ヘ`T''圦: : : : : : : | ||i:i〕ト。└┘ミi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/¨7s。
i:i:i:i||i:i:i:i:i辷二二ニニコ‐┬i:i:i:i|:::|=== 彳i:|i:i:i/||¨¨||'v,   /:〉i∧|| ||ヘ: : : : : : \||`マi:i:i:〕iト  ``'<r‐ / /-ミi:i:≧s。
i:i:i:i||i:i:i:i:i|:|:|:|:|:|:|:|:|:| | | |i:i:i:i:i|:::||i:i:i:|:|∨i|i:/       {::,ィ∧'´ ̄ ̄ヘ: : : : : : : : : : r-マi:i:i:i:i:〕iト . |__|\{`¨´}i:i:i:i:
i:i:i:i||i:i:i:i:i|:|:|:|:|:|:|:|:|:| | | | ̄,.イ::|l ̄:|:|^:, ̄        ∨∧∧=====∧ : : : : : : : : ≧≦`マi:i:i:i:i:i〕|\\乂__ノi:i:i:i:i
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,.イl:|_|_|_|/xく:::|  |:|           ∨∧_ ̄ ̄ ̄ ゙v:, ; : : : : : : : : : : : : `'マi:i:i:|  \\  `'<
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,.ィi㌻|:|:|ー‐t彳 ゙v:, | ̄ /             ∨´ハzzzzzzz彡/,: : : : : : : : : : : : : : :: `マ|    \\
:.:.:.::.: .: ,.ィ〔㌻  ̄ ア==|:|/ヘ:,‐‐‐′              .{i:i八´ ̄ ̄ ̄ ̄∨, : : : : : :::: : ::: : : : : : :|       | |i:〕iト
:.:.:.:,ィi:i:㌻   /ヘ   |:|´  ┘               {i:i:i:iミh。::::: : : :::: :::∨,: : : : : : : : : : : : : : : :\     | |i:i:i:i:i:
ィ〔i:i:iィ=====彳| ゙v:,   |:|                   ∨i:i:i:ハ:__:_:_:_:_::ノ∧∨: : : : : : : : : : : : :::: :::__|\  | |i:i:i:i:i:




[タグ未指定]

やる夫が大海皇子になるそうです まとめ

yaruo-ooama.jpg


                                      ,-、        ./ ' ,\
                                    rくヽ }    , '/     ' , \
                                    f^ヽ_}と ) ./ /      ' , \
  {_                __ /{                 ド´__/ノ::)\/         i   >
    ̄\_       l::::ァ―'ー=‐`ー‐´ ̄l!                 ゞ.;;;;;;;::イ  / _ ,, ........... ,, _  | //
    、_  ̄ヽ   {_    `≠'     ノ               \ \レ'´: : : : : ∧: ;、: :\<|
    ` ̄`ヽ     V\    ̄    i{                    \/: : : /\: / へ!|\iヽ.-i
   ___ --       , |          ヽ                 厶!: ∧    ,-、ヽ: :Vノ: !
 / ̄´         |_/       /    ,ィ                   ∨: :〉へ   _  〉:\ :ヽ
            く__,-- 、__  - '\  //|.    /\              ノ: /ゝ、_<ノ ィ´: \:\\
                 |¨`    __ミ/ //...  / : : ::>        /: /: : \/下孑个,、:/: : :):\
                 |.  _,,.. - 、  ,, .....-‐....''―:::::,...-へ、_,../: :/:ィ: :.____  ´ ;,ィへ、: : \
             ,, -‐ ''   _,,,,丶::::::::::::::::::::::;;:::::::::::::;`;..゙: :_:_:_:_ : :.,   ´          ヽ..: ハ\ : : \
                 | . _,,-‐''/:::::::::::::::::ミ ;::::\__、:::ヽ. ー-'´::::/                \.. \ : : :\
                 |.  /::::::::::::::::::::::::::::ヽへ///仆 、;;丶::::_/_,    ァ、___           ヽ  \: : : 〉
                 /:::::::::::_:::::i ミ :::::::::::N                     l/:::::::::::::::| \「 ゙ \:::i  \。彡''´  ´/¬´      ヽ--'´ ____        ヽ..゙:〈
                 /:::::::::::::::::i ´,,..-∧ ゙゙゙     |..   ( ̄ {       ヽ  (    )       |..: :〉
                /::::|::::::::::::::i「/////∧    -.;.      ! ̄ヽ      /  ` ̄ ̄´        |.゙:/_
               /:/:{:::::::::::::ヾ///////   {:::::ト ´`丶/.ヽ  `¨´`' ― '′              /゙: : /
              //:::::丶:::::::::ト{\。/.    ___       ゝ                       /゙:./
              /::::::::::丶::::::::i ゙.       /ヽ   ヽ   /   `¨             __ イヽ
             ∠;::::::::::::::丶|\i へ___「 ̄ .|  `{     \´                        \

               ┏┓                                            ┏┓
               ┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
               ┏╋────────────────────────────╋┓
               ┃|           やる夫が大海皇子になるそうです           |┃
               ┗╋────────────────────────────╋┛
               ┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
               ┗┛                                            ┗┛
          
やる夫が大海皇子になるそうです

題材『大海皇子』


◆過去記事◆

予告編

第一話  「おおあま」

第二話  「わかたける」

第三話  「ひこふと」

閑話  よりぬき古代史 雄略天皇元年」

第四話  「うまやど」

第五話  「いっしのへん」

閑話  よりぬき古代史 皇極天皇三年

第六話  「たかみくら」

第七話  「たいか」

閑話  よりぬき古代史 万葉集巻一 第七歌

第八話  「かいしん」 前編

第八話  「かいしん」 中編

第八話  「かいしん」 後編

第九話  「かしり」

第十話  「とつくに」 前編

第十話  「とつくに」 中編

第十話  「とつくに」 後編

閑話  よりぬき古代史 敏達天皇元年

閑話  よりぬき古代史 敏達天皇二年

第十一話  「いまは」

第十二話  「すくせ」 前編

第十二話  「すくせ」 中編

第十二話  「すくせ」 後編

第十三話  「ほし」

第十四話  「うぶや」

閑話  よりぬき古代史 推古天皇二十年

第十五話  「しろきぎす」
 
第十六話  「あづま」

第十七話  「しひのは」

第十八話  「みほとけ」 前編

第十八話  「みほとけ」 後編

第十九話  「えみし」

第二十話  「あさくら」 前編

第二十話  「あさくら」 後編




     
[タグ未指定]